プロフィールPROFILE

ジョーさんのプロフィール

住所
カナダ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Java Joe
ブログURL
https://javajoe.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カナダで暮らすギター好きなオヤジのブログです
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2012/06/12

ジョーさんのプロフィール
読者になる

ジョーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 29,317位 31,404位 31,513位 31,359位 28,783位 28,645位 26,320位 978,209サイト
INポイント 10 10 10 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 10 30 20 0 0 10 0 70/週
PVポイント 10 210 250 130 150 200 130 1,080/週
音楽ブログ 259位 291位 289位 297位 252位 251位 216位 28,031サイト
ギター 13位 14位 14位 13位 13位 13位 12位 1,065サイト
海外生活ブログ 2,018位 2,106位 2,114位 2,104位 2,039位 2,039位 1,989位 35,267サイト
トロント情報 11位 11位 10位 11位 10位 10位 10位 274サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,423位 46,948位 53,079位 53,120位 46,813位 44,298位 46,952位 978,209サイト
INポイント 10 10 10 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 10 30 20 0 0 10 0 70/週
PVポイント 10 210 250 130 150 200 130 1,080/週
音楽ブログ 285位 375位 501位 494位 369位 328位 365位 28,031サイト
ギター 18位 23位 26位 29位 21位 19位 20位 1,065サイト
海外生活ブログ 3,641位 3,876位 4,142位 4,149位 3,882位 3,834位 3,901位 35,267サイト
トロント情報 27位 28位 30位 28位 24位 23位 24位 274サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 8,815位 8,883位 8,468位 8,640位 8,551位 8,529位 8,568位 978,209サイト
INポイント 10 10 10 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 10 30 20 0 0 10 0 70/週
PVポイント 10 210 250 130 150 200 130 1,080/週
音楽ブログ 83位 83位 80位 83位 82位 85位 86位 28,031サイト
ギター 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 1,065サイト
海外生活ブログ 614位 620位 608位 611位 613位 612位 619位 35,267サイト
トロント情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 274サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジョーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジョーさん
ブログタイトル
Java Joe
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
Java Joe

ジョーさんの新着記事

1件〜30件

  • Hole “Celebrity Skin”

    Holeの“Celebrity Skin”をカバーしました。知名度ちょっと低いバンド&曲ですがコレ、映画「キャプテン・マーベル」の劇中歌です。 映画見てたら途中でコレが流れて、聞いたことあるけど何だっけなぁと気になって調べたら、Holeというバンドの曲でした。何だかニルバーナっぽいなとも思ったら、Holeのボーカル、コートニー・ラブは、カート・コバーンの奥さんだった人なんですな。グランジ系に詳しい人なら常識なんでしょうけど、自分は全く知らなかったですスミマセン。グランジってニルバーナくらいしか聞いたことがなかった・・・そんなワケでグランジはよく分かりませんが、この曲は良いですよね。こんなハイゲ…

  • 石川さゆり「ウイスキーが、お好きでしょ」

    CMソングとしても有名な石川さゆりの「ウイスキーが、お好きでしょ」をカバーしました。 歌ってくださったのは、浜田麻里「Fantasia」に引き続き、K'coさんです。ちょっと前にこの曲を偶然耳にした時「あぁ、これはK'coさんだな」と思ったんですよね。K'coさんはヘビメタだけでなく、こんなおしゃれなバラード系もOK。お上手な方は何を歌わせてもお上手なのですな。早速ヤマハのMIDIデータを手に入れてオケのデモを作り、彼女にお願いしてみました。が、その時はとてもお忙しそうだったので、多分歌うのは無理だろうと思って、オケは作り込む前のデモ版で打診してみた次第。結果、やっぱりNGとのご返答でした。と…

  • 相川七瀬 “Break Out!”

    相川七瀬の“Break Out!”をカバーしました。 相川七瀬、良いですよねぇ。でも歌える人がなかなかいないのでカバーするのは難しかったのだけど、なんとotoharuさんが歌ってくださいました。 アン・ルイス (Honery Dripper)に引き続き、otoharuさんが歌う女性ロックボーカリスト・シリーズ(仮称)第2弾であります。男性が歌う、ということでキーを2音下げたので、ちょっとヘヴィーな感じが増しております。当初はそのヘビーなイメージで、前回のアンルイス同様、ルーズでラフな感じにギターを弾いたら、コレがまったく合わない!このリズム、ノリには、もっともっとタイトでシャープな感じじゃない…

  • ASIA “Don't Cry”

    ASIAの“Don't Cry”をカバーしました。G Forceさんとのコラボ第4弾であります。 プログレには疎い自分でも、さすがにエイジアの名前は知ってました。でも元イエスだとか、キングクリムゾンだとか言われても何のことやら、って感じ。エイジアにしてもヒット曲"Heat Of The Moment"が記憶に残っていたぐらい。いつもお世話になっているボーカリストのK'coさんから、この曲のリクエストを頂きまして、G Forceさんに打診したところ、これまたご快諾頂き、このコラボとあいなった次第であります。とは言え、この曲、鍵盤類がたっぷりのアレンジ。シンセもストリングス系とブラス系とベース系が…

  • Queenの名曲

    我々世代にとって、ブライアン・メイは音作りの教科書に載っているような存在ですよね。ギターを始めたばかりの頃、クラプトンもペイジもベックもすでに大物だったけれど、ブライアン・メイは(ヴァンヘイレン、ルカサーも)まだ売り出し中の新人。段々ビックネームになっていく様子を見ていたので、その分より身近に感じますな。そんなワケでクイーンも、いつかカバーしたいと思っていたのだけど、やはりボーカルの難しさがネックですわな。フレディさんの歌は、音程が高いし、早口言葉みたいな独特の言い回し。歌唱力に加えて英語力もある人でないと歌えません。そんな不安を解消して下さったのが、G Forceさんです。前回の“Separ…

  • 浜田麻里「Fantasia」

    浜田麻里の“Fantasia”をカバーしました。 浜田麻里さんのカバーは “Momentalia” に続き2曲目。歌ってくださったのはMomentaliaと同じくK'coさんであります。Momentaliaをやった時に、実はFantasiaも候補に挙がってて、両方やりたいと思ってました。が、Momentaliaのコラボに自分もK'coさんもかなりの労力を掛けたので、即2曲目を、という訳にもいかず機会を逃して今日に至る。で、ちょっと前にまとまった時間ができたので、これを機にオケを録ってしまおうと思い立った次第。取りかかったらコレが楽しくて一気に作ってしまいました。 ↑ この “30th Anni…

  • Journey “Separate Ways”

    ジャーニーの“Separate Ways”であります。 ’80年前後をルーツとする自分にとって、ジャーニーも避けては通れないバンド。当時の3大ギタリストをあげろと言われれば、ヴァンヘイレンとルカサー、そしてニール・ショーンだと思うのです。超絶テクという面では他の2人に比べ地味ではあるけど、ツボを押さえたバッキング、メロディアスなソロが素晴らしい!バンドに特化した感のある演奏もまた好感が持てます。今回カバーするに当たって思ったのだけど、例えばヴァンヘイレンならブラウンサウンドを再現しなくちゃいけない、ってのがある。でもジャーニー(TOTOも)にはそんなイメージ、縛りがないような気がする。ニール・…

  • Foreigner “Double Vision”

    フォリナーの“Double Vision”をカバーしました。 フォリナーも好きだったんですよね。昔、LPでアルバムを何枚か持っていたような気がする。でもフォリナーってちょっとマイナー?調べたら、フォリナーはデビューアルバムからいきなりミリオンセラー連発。デビュー即全盛期って感じで、ピークが短かったんですな。で、彼らの全盛期に自分はまだギター始めたばかりのエレキ小僧。周りはツエッペリンやパープルの信者、あるいはビートルズ世代の残党が多く、商業ロックなどと揶揄されてたフォリナーが好きだとは、ちょっと言えない雰囲気がありました。当時のロックは、反体制とか大人の音楽とか、そんなイメージがまだ残ってまし…

  • アン・ルイス「Honery Dripper」

    アン・ルイスの知る人ぞ知る名曲「Honey Dripper」をカバーしました。 歌って頂いたのは前回のLemonに引き続き、otoharuさんであります。otoharuさん、ハイトーンボイスが魅力ですが、さすがに女声Voの歌は厳しいとのことで、オリジナルよりキーを下げてカバーしてます。キーも下げたし、男性が歌うことで曲のイメージも変わるしってコトで、いつもは「オリジナルのイメージの再現」を至上命題としているのですが、今回は好きにカバーさせてもらいました。まぁ、ギターがコピー出来そうになかったというのも理由の一つ、ってかそれが一番の理由だったり。この曲、オリジナルは北島健二さんがギター弾いてるの…

  • 米津玄師「Lemon」

    otoharuさんにいろいろと歌ってもらおうシリーズ、米津玄師の「Lemon」です。 最近、ハイトーンボイスの男性ボーカリストが増えてますよね。otoharuさんの美声なら、そんな流行りの歌もイケるんじゃないかと思いまして、前から良いと思ってたこの曲なんかどうでしょう、ってことで2人の思惑が一致、今回のコラボと相成りまして候。オケにはヤマハで売ってるMIDIデータを使ったので楽勝だろうと思いきや、甘かった・・・。クリーン音で鳴ってるアルペジオがですね、やたらと高い音なんですわ。12~15F辺りを押さえてるようなんですけど、エレキでそんなトコ押さえるとチューニングが安定しない。短音ならまだしもア…

  • ロックンロール・ウィドウ / ANNA

    山口百恵カバー第二弾は「ロックンロール・ウィドウ」であります。相川七瀬と中村あゆみによるユニット「ANNA」版をカバーしました。前回のプレイバックPart2に続いて、この曲もやりたいなぁと思っていたのですが、時を同じくしてANNAのカバー版が発表されたではないですか!これがカッコ良いのですな。相川七瀬・中村あゆみグッジョブ! そしてTVで歌う相川七瀬の姿がK'coさんと、中村あゆみがきら☆さんとダブって見えたのです。それでK'coさん、きら☆さんにお願いしてみたところ、ご快諾頂きまして今回のコラボと相成りました。dailymotionにTVで歌ったビデオがあったけど↓ https://www.…

  • プレイバック Part2

    山口百恵の「プレイバック Part2」をカバーしました。山口百恵の曲もいつかやりたいと思っていたのです。 幼い頃、山口百恵主演のテレビ「赤いシリーズ」を毎週楽しみにしていたモノです。当時はテレビが最大の娯楽でした。当時はアイドル、歌手と言うよりも女優として見てたような気がします。歌手として良いなぁと思ったのは、この曲「プレイバックPart2」が出た頃からだったかも。その頃になると自分の興味は洋楽やフォークソングに移っていたので、見た目云々よりも楽曲をちゃんと聞くようになってたし。特に宇崎竜童の曲がカッコ良かったですな。そんなワケでいつかやりたいと思っていた山口百恵。やるなら絶対にこの曲だと思っ…

  • オリジナル曲「願い」

    またまた美姫さんオリジナル作品のリミックスでございます。今回もまた秘蔵の蔵出し音源。12年前に作った曲とのこと。タイトルは「願い」意味深な感じですけども、ご本人によるとタイトルに深い意味はないとのことでした。曲調はロックと言うよりクラシックでしょうか。コレまでのイメージとはちょっと違う感じですな。原曲はテンポが思いっきり速くて、長さも約2分という超高速ソングでした。そんなに速いとギターが追いつけないし、そもそもギターを入れられそうなトコがない!そんなワケで、曲の構成を切り貼りして尺を延ばし、テンポも落として倍の長さに、スペースに余裕が出来たところにギターのメロをねじ込んだという次第。テンポをか…

  • FRAGILE / STING

    スティングの“FRAGILE”であります。実は20代の一時期スティングにハマりまして、ポリス解散後、初のソロアルバム“The Dream of the Blue Turtles”、そしてこの曲が入ってる2枚目のソロアルバム“...Nothing Like the Sun”、その2枚をヘビロテしてました。 落ち込んだ時によく聞いていたような気がするのだが、なんで落ち込んでいたのかは思い出せなかったりする。ま、若者は意味もなく落ち込むものなのでしょう。それでもこの曲を聞くと、当時の心情がよみがえるような気がします。「琴線に触れる」ってヤツですな。ボーカルはアルコデさんです。アルコデさんとは久々のコ…

  • プライマル。/ THE YELLOW MONKEY

    イエロー・モンキーのプライマル。をカバーしました。イエロー・モンキー好きなんです。 18年前(もうそんな昔の話!?)に活動休止した時には泣きました。当時(今でも)、イエモンは日本でほぼ唯一の自分と同世代のロックバンド。自分にとっても唯一無二の存在でした。活動休止と聞いて、日本のロックは終わったと本気で思いましたとさ。今では他にも良いアーティストが大勢いると分かってますけど、当時は無知でした。それでも日本では、70~80年代の洋楽をルーツとする正統派ロックバンドとして、イエモンは唯一の成功例なんじゃないかと思うのです。そしてご存じのようにイエモン再結成!運良く、NHKのSONGSにイエモンが出演…

  • 星空のディスタンス / THE ALFEE

    ボっとしてるウチに平成が終わってしまいました。チコちゃんに怒られそう。そんなワケで星空のディスタンス by THE ALFEEであります。スピッツの「チェリー」に続き、otoharuさんとコラボさせてもらいました。 次はロックな感じでと言うコトになり、この曲をやることになったのですが、コレ、もう35年も前の曲なんですな。古さは感じなくても、ロックという観点だとちょっと物足りなさが否めない。発売当時はカッコ良い曲だと思ったんですけど、さすがに35年も経つとねぇ。そんなコトを考えてたら、otoharuさんがカッコ良いライブ映像のことを教えてくれました。↓コレです。お~ しっかりロック。ってかヘビメ…

  • ネオクラシック?

    美姫さんオリジナル作品のリミックスシリーズでございます。コレで何曲目だ?美姫さんに、他にも私がリミックス出来そうな曲はないかとお尋ねしたところ、古い秘蔵作品を蔵の奥から探し出してくださいました。蔵出し秘蔵音源リミックスというワケです。今回のお題は「テンペスト」これまでもクラシック調の作品が多かったのですが、コノ曲もまたクラシック調でロックなカッコ良さでございます。クラシックとロックの融合とか聞くと、リッチー・ブラックモア先生を思い浮かべる世代なので、この曲を初めて聞いた時にも、リッチー先生の雰囲気を感じたのだけど、具体的にそれが何なのかは分からなかったんです。オリジナルはかなり短い曲だったので…

  • 「六本木心中」アン・ルイス

    4年前に録った曲をリミックスしました。アンルイスの「六本木心中」であります。 この曲、好きだったんですよね。アンルイスのボーカルも良いし、北島健二さんのギターも良い!アンルイスと沢田研二は、歌謡曲とロックの垣根を壊したお方だと思うのです。このお二人がいなかったらJポップなんて言葉は生まれなかったかも。アンルイス以降、レベッカが出て来てその流れがJ&Mや相川七瀬に引き継がれ日本のロックはガールズのモノになったような気がします。大人の女性ロックボーカルが不在になりました。もっとロックを歌う女性ボーカルが出てきても良いと思うのですが、きっとニーズは少ないんだろうなぁ。と言うワケで歴史に残るこの名曲「…

  • スピッツ「チェリー」

    平成も、もうすぐ終わりですな。思い返せば平成初期、時代はカラオケブームでありました。自分の周りでもカラオケが流行り始めたのは、ブームに遅れること数年後。その頃はアフター5にカラオケに連れて行かれることが、月数回ありました。当時、メンズ達はミスチルやスピッツをよく歌ってました。ミスチルやスピッツは流行の最先端という位置付けだったような。ミスチルは結構好きでCD買ったりしてたけど、なぜかスピッツには食指が動かなかったんです。やがてカラオケブームが去って、スピッツも聞かなくなりました。そして時は流れ平成も終盤にさしかかった頃、スピッツを聞く機会がありまして、改めてちゃんと聴くとこれが良い感じ。アコー…

  • 神々の詩

    すっかり月一更新ペースになってしまったこのブログ、マズいです。でもギターはしっかり弾いとります。で、またまたまたまた美姫さんのオリジナル曲をリミックスさせて頂きました。今回のお題は「神々の詩」も~ですね、タイトルからして雰囲気たっぷりのカッコ良さなのであります。この曲は、美姫さんがOKMusicというサイトに投稿されたモノで、(残念ながらOKMusicは、先日閉鎖されてしまいました)ギターは打ち込みによるシンセで再現されていました。それでも十分なカッコ良さだったのですが、やっぱりギター弾きとしてはですね、リアルギターで弾いてみたいと。こんなカッコ良いリフなら尚更自分でやってみたいと思うじゃない…

  • 名前を取り戻せ!

    またまたまた美姫さんオリジナルのインスト曲をリミックスさせて頂きました。“Take back the name”という曲です。美姫さんによるオリジナルはコチラ↓ 美姫:Take back the name - ミュージック : musictrack コレまたカッコ良いギターインストなのですな。打ち込みによるギターの音がエグくてインパクト大!イントロからして強烈なギターが炸裂しております。さて、そのインパクトをどう再現したらいいのか、と悩むこと数ヶ月いや数日。美姫さんから原曲各トラックの音源を頂いて改めて聴き込んでイメージを膨らませ、なんとか形は見えて来たものの、メインの音色については最後まで悩…

  • ギターインスト曲 “revival”

    またまた美姫さんとインスト曲をコラボさせていただきました。美姫さん作曲・編曲のインスト“revival”という曲です。オリジナルはこちら→ https://creators.okmusic.jp/#!/works/65718なぜギターを弾かない美姫さんがこんなにギターがカッコ良い曲を作れるのか、毎回不思議に思うワケですが、特にこの曲にはアコギ、ヘビメタエレキ、ジャズ調カッティング等々、ギター要素がテンコ盛りで、ギタリスト総力戦の様相を呈しているのであります。こんなギターの魅力満載の曲を聴かされては、もう放っては置くワケにはいきますまい。と、ギター歴45年(うちブランク30数年)のプライドをかけ…

  • DESTINY ~もう一つの物語~

    前回アップした美姫さんによる楽曲、“DESTINY”の別バージョンが出来ました!前回の記事はコチラ↓ ギターインスト - Java Joe この曲のオリジナル、美姫さんによるミックス・バージョンを初めて聴いた時、クラシカルな荘厳さの中に秘められた妖しさのような雰囲気がとても気に入ったのです。ゲームに例えるならラスボス登場前の緊張感、戦いの前の静けさ、そんなイメージでした。ところが、ギターを入れてミックスしたら何かとっても明るい感じになっちゃって、ラスボスやっつけた後の勇者のテーマ、みたいになってしまいました。それはそれでアリかと思ってますけど、元々の雰囲気をもっと残せなかったのかという想いが残…

  • ギターインスト

    2019年一発目のアップはオリジナル・ギターインスト曲“DESTINY”であります。オリジナルと言っても私が作ったワケではありませんのであしからず。前回の「恋人がサンタクロース」を歌って頂いた美姫さんの作品なのです。この曲はもともと美姫さんが ↓ コチラにアップしていたモノ。DESTINY2018 - musictrackギター主体の曲として作ったそうですが、ギターパートはシンセの打ち込みで表現されとります。で、そのギターパートを改めてわたくしめが弾かせてもらったという次第。美姫さんはですね、前回でお分かりのように歌がお上手なんです。そして作曲編曲も出来ちゃうのです。こんなカッコ良い曲も作れち…

  • HAPPY NEW YEAR 2019

    「私も認めなければならんな。ロックがこの星を救うのだと言うことを」なんてシャアが言ったかどうかは定かではありませぬが、今年もヨロシクお願い申し上げまする。 ブログランキング参加中です。良ければクリック願います。(ランキングページに飛びます) にほんブログ村 人気ブログランキングへ

  • 2018年に手に入れたものモノ物Ⅱ

    前回の続きを。コレ手に入れたのも今年の話でした。「銃爪」をアップした時にも触れた、BOSSのワウペダルPW-3。 ワウペダルは確か1個持ってたはずなんだけど行方不明になってまして、それで新しいモノをと物色したら、コンパクトさに惹かれてコイツになった。これ、VINTAGEとRICH、2つのモードに切り替えられて、RICHの方がかなりエグい感じになるのが気に入ってます。インジケーターも両サイドに付いてて、ON/OFFの確認が容易なのもグッド。その光る部分がゴム材質なので、ぶつかりやすいサイド側にあっても破損の心配が無いという心配りがステキ。気になるのはスイッチの堅さでしょうか。強く踏み込むとONに…

  • 2018年に手に入れたものモノ物

    今年も残りわずかとなりました。例によって今年手に入れたモノを振り返り、浪費の反省をもって平成最後の締めにしたいと思いまする。まずはペダル類でこの3つ。 このチョイスにはワケがありまして、と言うのも宅録派の自分は、ギターをPCで録音するため、オーディオインターフェイスが必須であります。今はSteinberg社製品を使っているのだけど、SteinbergのIFは、入力レベルのゲインコントロールの利きが甘く、音量を絞れないのです。ゲインを0にしても音が消えない!Hi-Zにすれば多少ましになるけど、それでもパワーコードを思いっきり鳴らしたりすると、入力過多でクリッピングの嵐なのですわ。最近はAXEやK…

  • 「恋人がサンタクロース」松任谷由実カバー

    この時期の定番、ユーミンの「恋人がサンタクロース」であります。松原正樹ファンとしては、この曲もいつかカバーしたいなと思っとりました。 ユーミンの曲を聴き始めたのは、確か「埠頭を渡る風」からだったような。それまでにも荒井由実時代の「卒業写真」とかは聞いたことがあったけど、レコードをレンタルしテープにダビング、なんてコトを始めたのがその辺り、高校生の頃でした。当時は「昨晩お会いしましょう」が出たばかりで、アルバムの中の「カンナ8号線」のギターが大衝撃でドッカ~ンと。このカッコ良いギターは誰が弾いているのだと、アルバムのクレジットを見て松原正樹さんの名前を知ったのでした。それ以来、ユーミンのレコード…

  • 『ぼくのネクタイ』松岡直也カバー

    この曲を初めて聴いたのは約30年前、確か友人の車の中だったような。ドライブに合うBGMが流れる中で1曲、ギターがとてもカッコ良い曲が。調べたらギター弾いてるのは、プリズムの和田アキラさん!友人にCD借りてカセットテープにダビング、ヘビロテしてました。 そのCDは「ハートカクテル」と言う、わたせせいぞうの漫画をアニメ化し、32年前に放映されていたTV番組のサントラ盤でした。毎話ごとに著名なアーティストによるテーマ曲が提供され、スポンサーはタバコのJTという、今では考えられないバブリーな番組。1話につき1曲! しかも松岡直也って、どんだけ予算あるんだって話ですよ。YouTubeにありましたので興味…

  • ワインレッドの心 / 安全地帯カバー

    安全地帯の名曲「ワインレッドの心」をカバーしました。 この曲もいつかやってみたかったんです。安全地帯は玉置さんの歌声ばかり注目されますけどギターメインの音作りが、とても良いと思うのです。この曲も、当時の最先端の音、そんな印象でした。今聴いてもカッコ良いですな。ギターのみで、こんな雰囲気を作り出せるとは驚きです。しかも35年も前に! ってことはエフェクトもほぼアナログか?アレンジも絶妙だし、1つ1つの音が丁寧に作り込まれてる感じ。最後のアコギソロもカッコ良い!ガットギターみたいな音も聞こえるし、もう総力戦ですな。でもこれ、ためらう女性に酒飲ませて悪さしちゃおうという、男のスケベ心を歌ってますよね…

カテゴリー一覧
商用