住所
関市
出身
関市
ハンドル名
マブチさん
ブログタイトル
トマト工業の日記です!
ブログURL
http://mabu578816.blog14.fc2.com/
ブログ紹介文
家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーのみで家族に迷惑をかけ続けるブログ
自由文
ケイ酸カルシウム板などのマシニングセンタ加工・ラミネーター加工などの建材の会社です。
更新頻度(1年)

79回 / 196日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2012/05/17

マブチさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(IN) 3,806位 3,899位 3,860位 4,087位 4,187位 4,153位 4,292位 960,709サイト
INポイント 60 130 70 90 120 100 40 610/週
OUTポイント 200 320 70 350 420 410 620 2,390/週
PVポイント 900 3,410 1,030 1,760 2,720 2,780 2,700 15,300/週
経営ブログ 88位 94位 91位 103位 110位 113位 116位 9,629サイト
経営者 12位 12位 12位 14位 14位 14位 14位 1,027サイト
自転車ブログ 21位 21位 21位 25位 26位 25位 27位 9,713サイト
ロードバイク 19位 19位 19位 19位 20位 19位 20位 3,899サイト
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 5,388位 5,012位 4,703位 4,728位 5,187位 5,830位 6,678位 960,709サイト
INポイント 60 130 70 90 120 100 40 610/週
OUTポイント 200 320 70 350 420 410 620 2,390/週
PVポイント 900 3,410 1,030 1,760 2,720 2,780 2,700 15,300/週
経営ブログ 41位 37位 30位 33位 40位 41位 45位 9,629サイト
経営者 9位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 1,027サイト
自転車ブログ 45位 39位 38位 37位 42位 45位 54位 9,713サイト
ロードバイク 38位 32位 32位 31位 36位 37位 43位 3,899サイト
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(PV) 1,932位 1,872位 1,931位 1,941位 1,989位 2,090位 2,135位 960,709サイト
INポイント 60 130 70 90 120 100 40 610/週
OUTポイント 200 320 70 350 420 410 620 2,390/週
PVポイント 900 3,410 1,030 1,760 2,720 2,780 2,700 15,300/週
経営ブログ 26位 26位 27位 27位 27位 28位 29位 9,629サイト
経営者 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 1,027サイト
自転車ブログ 35位 34位 33位 34位 34位 35位 34位 9,713サイト
ロードバイク 25位 25位 25位 25位 26位 28位 26位 3,899サイト

マブチさんのブログ記事

  • 1.セキサイクルツーリング津保川2019

    さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。○もっとも重要なイベント我々セキサイクリングサークル、通称【セキサイ】がもっとも重要視する大会というのはなんでしょうか。それは”せきサイクルツーリング”でございます。このイベントは我々にとっては本当に特別なものであります。もともとのこのチームの源流がここにあるのです。地元でもあり、現在50名ほどのセキサイメンバーの中でたくさんのメンバーが参加します。○セキ...

  • 子供とビワイチ❢❢❢3

    さて、海津大崎を過ぎ、マキノへ入ってきました。ここからは市街地を走行することになります。ここからの市街地は湖岸道路はそれほど交通量が多くないので問題はない区間です。海岸沿いではたくさんのキャンプ客の人たちで賑わっておりとても楽しい区間です。色とりどりのテントがキャンプ地に張られ、子どもたちの嬉しそうな声が聞こえてきます。このテントも本格的なものはとても高価らしいですね。 ○ソフトクリームの店へ...

  • 子供とビワイチ❢❢❢2

     さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。GWの終盤子供といったビワイチの報告を ○朝が早い琵琶湖のある彦根までは自宅からおよそ1時間超そのため朝の2時に起きて3時に出発し、4時にスタートという計画にしました。朝の2時・・・・サイクリストは朝が早いので、まぁそれほど苦でも無いですがね。真っ暗な状態で子供を抱っこし、車に搬送しました。そこからあくびをしながら高速へ。○彦根GWの終盤でしたのでそこ...

  • 子供とビワイチ❢❢❢1

    ○コース琵琶湖マスターのS藤さんに教えていただいたコースを踏襲します。琵琶湖反時計周りコース。北湖一周。今回は時速15km程度の低速ライドのため歩道中心になります。ここは大変参考になるブログを参考にしました。極力自動車の邪魔にならないようなルートを選択しました。発送は彦根スタートです。長浜でも良かったのですが、実は私長浜スタートをしたことがないので、慣れた彦根スタートでスタートはなんと朝の4時を想定しま...

  • 子供とビワイチ❢❢❢

    さてみなさまこんにちは。最近ちゃんと自転車乗ってるの?とわけのわからない心配をされるまぶちでございますよ。みなさまGWはいかがお過ごしだったでしょうか。私も今回は連休がきちんと取れましてですね、後半の5日にビワイチに行ってきましたよ。○琵琶湖一周・ビワイチ琵琶湖一周通称ビワイチですが、150kmの行程があります。私の自転車人生もこれで5年くらいなんですが、ビワイチに行ったのはつい先日なんですよ。(去年かな...

  • ド田舎ロケット25

    さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。○インターン中盤を超えてインターン期間も半分を超えて連日の作業が多くなってきました。製品というのは作って終わりではなく、各種の試験も行わなければなりません。不具合の芽を事前に消し込んでいく作業が必要になります。この作業は将来起こりうるあらゆる懸念点を推察し、推理することでその芽を一つづつ削っていく作業です。もし現場に設置して後から問題が起こればとんでも...

  • GW前の環境整備

    みなさまこんにちは。まぶちでございますよ。GW中ですがいかがお過ごしでしょうか。スキット宿題の件などがあり半分くらいは出勤しております。GWなどの長期連休前でないとできないことがあります。それが設備保全と環境整備です。例年工場床塗装を行っているのですが、今回は働きやすいように事務所の床張替えを行いました。土足化に伴い、床の汚れが非常に気になっていました。ホワイト系の床なので余計に汚れが目立ちます。&nbs...

  • ド田舎ロケット21

    今回は余談で。現場に入ることが大事と言いましたが、これはうちのトマト工業のDNAみたいなものですね。社長自ら加工ばっかしてた時期があるくらいですからね。とにかく現場主義なんです。機械の下に潜ってメンテナンスしたりトイレ掃除したり。まぁ過去のブログ遡ればいろいろ出てくるわけですが、現場主義を徹底しております。さてその現場主義◎戦国最強の現場主義者戦国時代最強の現場主義者といえばもちろんばん団右衛門さんで...

  • ド田舎ロケット24

    マーケティングによる製品づくり。我々は最初、橋本くんによるアンケートを取りました。それによると1.清潔感2.開放感3.快適性があげられ、細かいものを総合すると1.清潔感2.開放感3.快適性4.掃除のしやすさ5.選択性という5つの切り口で他の商品と全く違ったアプローチをしよう。そう思いました。ここは2人とも全く同じ目線で物事を考えていました。全くブレることなく同じ方向を向く。そんな感覚はいまだかつてあ...

  • ド田舎ロケット23

    さて、SUKITTOこのスキットというシャワールームは、トマト工業のテクノロジーが全て詰まっていると言っても過言ではありません。それに橋本くんの思いと、会社の期待と、勉強をして、本を読んで、実践して、失敗して、改善して、勉強しての繰り返しでできた商品です。 このシャワールームが世界一だと思ってますし、トマト工業の最先端の機械群を使って製作しています。◎外壁という壁しかしながら鋼板、外壁に関しては、要領...

  • SUKITTO納品

    さて皆様こんにちは。まぶちでございますよ。SUKITTOの納品がつづいております。GW前に欲しいと言うお客様が多く、殺人的な日程での納品となりました。部材が入ってこないことが多く、胃がキリキリとする日々でしたが、なんとか納品が終わり本当にホッとしています。ここ1週間現場に入り詰めで毎日帰りが日替わり前でございました。フラフラになりましたが、GW前の出荷がようやく終わりました。弊社の坂井と成田が本当によくがんば...

  • ド田舎ロケット22

    6月も始まり、GNETさんで中間報告会がありました。○G-NETインターン生中間報告会中間報告会では、現在進行形の各チームが課題と中間成果をもちより発表、それを経験値が高いメンターと呼ばれる方からアドバイスをいただく。というものです。事前にG-NETの石田さんにアドバイスをいただき準備しました。ファブ君と二人で名古屋のど真ん中に行き発表を行いました。最初にインターンをすすめてくださったセキビズの松浦さんもメンター...

  • ド田舎ロケット21

    6月に入り、本当に完成するのだろうか。という若干のあせりはありました。しかし尚士気旺盛のころです。このころ橋本くんは、もっと会社でコミュニケーションを取るべきである。ということを言い出しました。確かに全国的にも珍しい会議が殆ど無い会社です。自由度が高い反面、コミュニケーションの意思疎通がおろそかになりやすいという面がありました。◎2部構成のインターン報告会会社の2Fに全員を集めて前半は橋本くんのプレゼ...

  • ド田舎ロケット20

    6月は開始後3ヶ月目です。他のインターン生はイベントを開いたり、ハデな商談をひらいたりと華やかな発表があるなか、我々商品開発チームはモグラのように土中に埋まり続けていました。橋本くんは暑くなってきた工場で汗だくで作業することが多くなってきました。このころ会社で欠員が出ており慢性的な人出不足の問題に苛まれていました。ほうぼうのバックアップに入ることが多くなり終日現場に入っております。終わると従来の業務...

  • ド田舎ロケット19

    ◎天井の施工6月に入り、インターンも3ヶ月目に入りました。当初の日程より多少ずれはあるものの許容できるレベルにはあります。士気は旺盛なのですが、橋本くんの体調がすぐれなくなってきました。それもそのはず、学業とともに遠く離れたこの土地でシャワーの開発を行っているのです。相談すべき私も日々の業務量に追われてなかなかガッツリ入って作業をこなせなくなってきました。人員が潤沢にいるわけではないのもまた中小企業...

  • ド田舎ロケット17

    さてスキットですが、すでにプレ販売に入っておりまして、工場では初の量産が始まっております。 GW前の出荷分で工場もバタついております。結果にコミットする覚悟売上達成しないと無職になることを高らかに宣言しました。通期で125%、上期120%と5%下振れしており、下期で130%行かないと到達できなくなりました。下期このスキットが何棟出るかによって私の運命が決められたことになります。マジで無職の5ヶ月前と言う事...

  • 2.伊吹山ヒルクライム❢❢❢

    さて伊吹山ヒルクライムいよいよレースが始まりました。レース前にアナウンサーと今中大介さんが放送をしています。その中で”今ある自分のベストを出すことが大事なんだ”と言っていました。僕もそうしよう。そう思いました。調子うんぬんの前に、今現時点での現状が自分の実力なのです。序盤はヒルクライムゲートをすぎたところからスタート集団後方からのスタート。柵があり序盤は前にフタをされる。と聞いていましたが、序盤周り...

  • 1.伊吹山ヒルクライム❢❢❢

    伊吹山ヒルクライムさて皆様こんにちは。まぶちでございますよ。先日家で、イケてない方のイケメンということで話してましたら、嫁さんにあんたはイケてない方のイケメンじゃない。言われましたよね。で、”そうじゃろそうじゃろ❢❢❢”とか行ってましたら”あなたイケてない方のゴリラ”だから言われましたよね。ったくどこにクレーム入れるべきなんですかね。JAROですかね。○伊吹山私、岐阜県に住んでいながら伊吹山ヒルクライムは出た...

  • ド田舎ロケット14

    ○シャワーの天井開発シャワーの土台となる床と壁の基本設計が終わりました。ここが基礎、土台、根幹なので後は枝葉末節です。ここからがマーケティングを行うマーケターとしての想いが入る場面になります。当初考慮していた快適性、ここについて最初話し合いました。快適性とはなんぞや。というような話からはじまり出した結論は”明るい””広い””温かい”こうしたキーワードにもとづいて出した結論が快適性を高めるため、”天井からの...

  • ド田舎ロケット15

    ○試作の難しささて試作というのはとても大変です。なぜなら試行錯誤が入るからです。このトライアンドエラーによる経験値の蓄積こそが大切だと考えています。床の設計ではたくさんの問題が発生しました。それも作ってからです。我々二人だけの設計部隊が頭で考えて作った床ですが、いくつかの重大な問題をはらんでいました。初期床の問題点1.重量が重すぎて運搬が極めて大変であること2.表面、小口、裏面に防水塗装剤を施工す...

  • ド田舎ロケット13

    ○伊吹山ヒルクライム伊吹山ヒルクライム行ってきました。自分なりのベストをという話が出たのですが、自分なりのベストがだせたのではないかと思います。レースが終わってバク食いをしましたよね。新緑の季節に入るので、次のレースまでは追い込まず楽しんで距離を踏んでいきたいと思います。さて、シャワールーム※既存シャワールーム。あまり清潔でなく密閉空間でカビが生えやすい。○床の開発 床の開発は難行を極めました。...

  • ド田舎ロケット12

    ◎床の設定開発は床の設計が終わりました。製品を開発してみての苦労が多々あったと思います。マラソンランナーはレース後一定の確率で体調を壊す。こんなことを聞いたことがあります。○体調不良○橋本くんも授業、インターンの両立をしておりました。このころ心労からか、はじめて1日休みました。体調不良で来れなくなったのです。4年生で学業は少なくなったとはいえインターンと学業の両立が困難なことは承知しています。それでも...

  • ド田舎ロケット11

    11.製品を開発するということ作成した図面にもとづき、工場の機械での土台の切り出しが始まりました。製作に関しては設計図⇒製作⇒評価⇒改善というサイクルを回します。製作後製品が出来上がって初めてイメージできることも多くなってきます。橋本くんの日報☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆昨日は、5月25日に貼り合わせした土台の切り出しを行いました!自分が作成したcadデータ(坂井さんの修正が入りましたが)でNCマシーン(自動で...

  • ド田舎ロケット10

    10.はじめての成果インターン生というのは、同期がおります。橋本くんはG-NETさんでも第27期のインターン生です。同じインターン生同士、横のつながりでもって、モチベーションを高めあい、そしてこの厳しいプロジェクトを達成するべくすすめていっているのです。当然彼らにも競争意識があり、そして仲間でありライバルでもあるのです。中にはプロジェクトや運もありますが、途方もない成果を生み出すインターン生も中にはおります...

  • ド田舎ロケット9

    9.ゼロからの設計関のビジネスプラス展5月に入り、津保川は鮎取りの時期が近づきます。橋の上に人々が川を眺める風物詩の季節がやってきました。津保川は他の川と異なり、水深が浅いので、上から鮎がどの岩場についているのかがわかるのです。自転車で通りがかると手を降ってくれます。”おうっ❢❢❢”なんつって津保谷では桜を押し出すようにして青みが強い葉々が出てきます。そうするとあたり一斉に青緑の森が浮かび上がってきます。...

  • ド田舎ロケット8

    8.マーケティングの勉強へL社への訪問マーケティングへの回帰これは我々のテーマでした。ここで、マーケティングの真髄を学ぶこと。これが我々に求められていること。大学で学んだマーケティングというのは、学問でありそれは実地ではありません。大手企業を中心とした過去の理論になります。そこで我々は我々の製品におけるマーケティングを学ぶ必要があったのです。これこそ、明治維新において日本が欧米に学んだことに等しいん...

  • ド田舎ロケット7

    7.マーケティングの原点へ開始数週間で、設計から全部自分たちで行うことになってしまいました。我々は太平洋のど真ん中で羅針盤を失った船のようでした。そこで我々がとった方向性は、マーケティングの原点に立ち返り、お客さんのニーズに沿ったものを作っていく。という方向性を取ることにしました。設計士さんも橋本くんもそしてトマト工業もそれぞれの想いがあると思います。今回の方向転換はそれを上手くまとめられなかった...

  • ド田舎ロケット6

    6.開始後1ヶ月の挫折屋外シャワールームの開発。企画、設計、試作、製造、広報、販売実際に商品を開発してから製造に至るまで、ここまでの段階があるでしょうか。当初、それぞれを分担して商品開発を行うことを目的としておりました。 設計(建築設計士さん)製造(トマト工業製造チーム)企画・広報・販売(開発チーム・社長・インターン生)と言った区分けです。専門的な設計を外注化し、企画製造に専念する手法です。イ...

  • ド田舎ロケット16

    ◎モチベーションの高め方☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆橋本くんとT社のショールームに向かう社内でこんな話をしました。”橋本くん、マラソンってキツイけど、だけどあれが好きな人がいるやん。Qちゃんとか。””ハイ””なんでQちゃんがあんなにキツイことを好きかわかるか考えたことある?””・・・・いや、ないです。””そんなことを考えたことがあってさ。多分真剣にやっとるからなんやろね。真剣に頑張ること。頑張ることによって...

  • ド田舎ロケット5

    5.開発の始動そうして3つの資源を集めてようやく商品開発が始動しました。まずは社長の頭にあるもの。それをインターン生に移行していく段階です。ただ、ここに時間を取られればしょうもない作業で時間を浪費してしまう。そのため説明というのは極力省きました。◎気をつけたことこれはインターン事業の注意点をゴールドマン・サックス社の中小企業経営革新プログラムの指導において学んでてきたことなので、ほぼ大ブレしてはいな...