chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
mou
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2012/05/02

1件〜100件

  • 【追悼】オリビア・ニュートン・ジョン Olivia Newton-John

    悲しいニュースが入ってきてしまいました。OliviaNewton-John(オリビア・ニュートン・ジョン)さんが亡くなりました。享年73歳。OliviaNewton-Johnさんといえば、私が洋楽を聞き始めるきっかけとなった方のひとりです。姉が持っていた洋楽のアルバムが、ビージーズ、カーペンターズ、そしてオリビア・ニュートン・ジョンでした。そのアルバムに入っていた、名曲中の名曲、75年のNo.1ヒット"HaveYouNeverBeenMellow"です。OliviaNewton-Johnさんのシングルヒット曲、この曲を含めTop40に27曲、そのうちTop10ヒットが15曲、Top5ヒットが13曲、No.1ヒットが10週間のNo.1の"Physical"を含め5曲。改めて偉大な歌手でした。76年に最高位2...【追悼】オリビア・ニュートン・ジョンOliviaNewton-John

  • ビルボード 全米 Top40 1986年8月9日付 ピーター・セテラ Peter Cetera - Glory of Love(The Karate Kid Part II)

    1986年8月9日付ビルボードAllAmericanTop40、前週に引き続き2週目の1位はPeterCeteraの"GloryofLove"。映画『TheKarateKidPartII』の挿入曲です。PeterCeteraですが、もちろんChicagoのオリジナルメンバーで、メインボーカリスト。この前年の85年にバンドを抜けてソロ活動を開始、この曲がソロ初めてのヒットでもちろん初めてのNo.1です。Chicagoでは、この時点で、2曲のNo.1ヒットを含め9曲のTop5ヒットを持っています。2位は4位からアップ、Madonnaの"PapaDon'tPreach"。Madonnaですが、もちろん皆さんご存知のスーパースター。83年に"Holiday"が初めてのTop40ヒット、それからたった3年ですが、こ...ビルボード全米Top401986年8月9日付ピーター・セテラPeterCetera-GloryofLove(TheKarateKidPartII)

  • ブロウ・モンキーズ The Blow Monkeys - Digging Your Scene(1986年の洋楽 Part30)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart30はTheBlowMonkeysの"DiggingYourScene"。最高位は8月2日付の第14位。年間チャートは残念ながら圏外でした。TheBlowMonkeysですが、1981年にイギリススコットランドで結成された4人組ポップ・ロックグループ。ボーカルでギターのDr.Robertが中心になって結成され、ファーストアルバム『LimpingforaGeneration』を、1984年にリリースします、が、アメリカでも、母国イギリスでも、全くヒットしませんでした。続いて出した2枚目のアルバム『AnimalMagic』で、ようやく火が付き、このアルバムからのセカンドシングルがこの曲"DiggingYourScene"で、アメリカ、イギリスともチャートを上...ブロウ・モンキーズTheBlowMonkeys-DiggingYourScene(1986年の洋楽Part30)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年8月2日付 ケニー・ロギンス Kenny Loggins - Danger Zone

    1986年8月2日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代です、5位から上がっていきなりの1位はPeterCeteraの"GloryofLove"。映画『TheKarateKidPartII』のテーマです。PeterCeteraですが、もちろんChicagoのオリジナルメンバーで、メインボーカリスト。この前年の85年にバンドを抜けてソロ活動を開始、この曲がソロ初めてのヒットでもちろん初めてのNo.1です。Chicagoでは、この時点で、2曲のNo.1ヒットを含め9曲のTop5ヒットを持っています。2位は1週のみの1位からダウン、PeterGabrielの"Sledgehammer"。PeterGabrielですが、Genesisの初代ボーカリスト。Genesisには結成から1975...ビルボード全米Top401986年8月2日付ケニー・ロギンスKennyLoggins-DangerZone

  • ムーディー・ブルース The Moody Blues - Your Wildest Dreams(1986年の洋楽 Part29)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart29はTheMoodyBluesの”YourWildestDreams”。最高位は7月12日と19日の2週間の9位。年間チャートは91位。TheMoodyBluesとしては、1972年に最高位2位を記録した"NightsinWhiteSatin"「サテンの夜」以来、なんと14年ぶりとなるTop10ヒットとなりました。TheMoodyBluesですが、バンドの歴史は古くデビューは1964年にまで遡ります。キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、ジェネシスと並んで60年代から活躍するプログレッシブロックバンドの草分け的なバンドです。私のブログでも、ジェネシス3連発に続けて持ってくる曲は、やっぱり伝統のこのグループ、ムーディー・ブルースしかないでしょう。...ムーディー・ブルースTheMoodyBlues-YourWildestDreams(1986年の洋楽Part29)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年7月26日付 ピーター・ガブリエル Peter Gabriel - Sledgehammer

    1986年7月26日付ビルボードAllAmericanTop40、またまたこの週も1位の交代がありました、2位から上がって1位はPeterGabrielの"Sledgehammer"。PeterGabrielですが、Genesisの初代ボーカリスト。Genesisには結成から1975年まで在籍していました。そのGenesisを蹴落として1位に上がってきました。Genesis時代にはシングルのTop40ヒットはありませんでしたが、ソロになってからは、82年に"ShocktheMonkey"が最高位29位、この曲が2曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1ヒットです。2位は4位からアップ、KennyLogginsの"DangerZone"。大ヒット映画『TopGun』からのヒットです。KennyLo...ビルボード全米Top401986年7月26日付ピーター・ガブリエルPeterGabriel-Sledgehammer

  • GTR - When The Heart Rules The Mind(1986年の洋楽 Part28)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart28はGTRの”WhenTheHeartRulesTheMind”。最高位は7月12日付と19日付の第14位。年間チャートは残念ながら圏外でした。GTRですが、元ジェネシスのスティーヴ・ハケットと、元イエスでエイジアのスティーヴ・ハウ、この時点ですでにレジェンドギタリストと言ってもいいでしょう、二人のプログレッシブロック界の人気ギタリストが中心となって結成したロックバンド。フォリナーや、エイジア、パワーステーションなどの「スーパーグループ」の一つです。その二人のギタリストに、若手のボーカリスト、ベーシスト、ドラマーが加わって、1985年に結成されました。グループ名のGTRは、そのものずばり「GUITAR」。曲を聞く前に、名前の由来を聞いただけでワクワクす...GTR-WhenTheHeartRulesTheMind(1986年の洋楽Part28)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年7月19日付 ジェネシス Genesis - Invisible Touch

    1986年7月19日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、2位から上がって1位はGenesisの"InvisibleTouch"。Genesisですが、グループとしては最高位23位の初のTop40ヒット"FollowYouFollowMe"から、この曲で8曲目のTop40ヒットで、初のTop5ヒット、もちろん初のNo.1です。もちろん、メンバーのソロでは、PhilCollinsにMike+theMechanics、PeterGabrielと、特にこの80年代半ばから、大ヒットを連発しています。この時点でのNo.1ヒットはPhilCollinsが4曲持っています。2位は6位からアップ、PeterGabrielの"Sledgehammer"。PeterGabrielです...ビルボード全米Top401986年7月19日付ジェネシスGenesis-InvisibleTouch

  • ファビュラス・サンダーバーズ The Fabulous Thunderbirds - Tuff Enuff(1986年の洋楽 Part27)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart27はTheFabulousThunderbirdsの"TuffEnuff"。最高位は7月7日付の1週のみの第10位。年間チャートは圏外でした。TheFabulousThunderbirdsですが、正直言って、どんなグループだか分からないところが多々ある謎のグループです。アメリカテキサス出身のブルース・ロックバンド。デビューは1974年、ファーストアルバム『TheFabulousThunderbirds』のリリースは1979年になります。デビューアルバムから続いて4枚のアルバムをリリースしますが、この4枚のセールスは全く振るわなかったようです。この間、全米各地でツアーを続け、サンタナのアルバムへの参加などを通じて、徐々に名前を売るなどして、1986年にリ...ファビュラス・サンダーバーズTheFabulousThunderbirds-TuffEnuff(1986年の洋楽Part27)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年7月12日付 シンプリー・レッド Simply Red - Holding Back The Years

    1986年7月12日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がっての1位はSimplyRedの"HoldingBackTheYears"。SimplyRedですが、85年にデビューアルバムを発表、そのアルバムからこの曲は3曲目のシングルですが、初めてのTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1です。2位は6位からアップ、Genesisの"InvisibleTouch"。Genesisですが、グループとしては最高位23位の初のTop40ヒット"FollowYouFollowMe"から、この曲で8曲目のTop40ヒットで、初のTop5ヒットです。もちろん、メンバーのソロでは、PhilCollinsにMike+theMechanics、PeterGabrielと、特にこの80年代半ばから、大ヒ...ビルボード全米Top401986年7月12日付シンプリー・レッドSimplyRed-HoldingBackTheYears

  • ハワード・ジョーンズ Howard Jones - No One Is To Blame(1986年の洋楽 Part26)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart26はHowardJonesの”NoOneIsToBlame”。最高位は7月5日付の1週のみの第4位。年間チャートは44位。これまでのHowardJonesの最大のヒット、最高位5位の"ThingsCanOnlyGetBetter"と並ぶ彼の最大のヒットとなりました。HowardJonesですが、デビューアルバムのリリースは1983年、イギリスの出身で、デビューシングルの"NewSong"が、母国イギリスでいきなりの3位を記録、続くシングル"WhatIsLove?"も2位を記録、一方、アメリカではそこまでのヒットにはなりませんでしたが、両曲ともTop40入りとなり、それぞれ最高位が27位と33位を記録するまずまずのヒットとなります。このデビューアルバム『...ハワード・ジョーンズHowardJones-NoOneIsToBlame(1986年の洋楽Part26)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年7月5日付 ビリー・オーシャン Billy Ocean - There'll Be Sad Songs (To Make You Cry)

    1986年7月5日付ビルボードAllAmericanTop40、この週は順位に大変動がありました、前週の1位の"OnMyOwn"が8位まで急降下、代わりに2位から上がっての1位はBillyOceanの"There'llBeSadSongs"。BillyOceanですが、初めてのTop40ヒットが1976年の"LoveReallyHurtsWithoutYou"、そこから8年後に突然"CaribbeanQueen"がNo.1ヒット、それから大ヒットを連発、この曲で7曲目のTop40ヒットで4曲目のTop3ヒット、2曲目のNo.1です。2位は4位からアップ、SimplyRedの"HoldingBackTheYears"。SimplyRedですが、85年にデビューアルバムを発表、そのアルバムから"Money's...ビルボード全米Top401986年7月5日付ビリー・オーシャンBillyOcean-There'llBeSadSongs(ToMakeYouCry)

  • ジョージ・マイケル George Michael - A Different Corner(1986年の洋楽 Part25)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart25はGeorgeMichaelの"ADifferentCorner"。最高位は6月14日から3週間続けた第7位。年間チャートは98位。ギリギリですが、年間100位に入るヒットとなりました。GeorgeMichaelですが、もちろん皆様ご存知の、イギリス出身の同級生のアンドリュー・リッジリーとデュオWham!を結成、1982年に"WhamRap!(EnjoyWhatYouDo)"で、インディーズレーベルからデビューし、次のシングル"YoungGuns(GoforIt!)"がイギリスをはじめとするヨーロッパで大ヒットします。ファーストアルバムは『Fantastic』。イギリスではNo.1を記録、ヨーロッパ各国で大ヒットし、日本でもヒットしましたが、アメリカ...ジョージ・マイケルGeorgeMichael-ADifferentCorner(1986年の洋楽Part25)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年6月28日付 パティ・ラベル Patti LaBelle & Michael McDonald - On My Own

    1986年6月28日付ビルボードAllAmericanTop40、3週目の1位はPattiLaBelle&MichaelMcDonaldの"OnMyOwn"。PattiLaBelleとMichaelMcDonald、大物二人の競演です。PattiLaBelleですが、女性コーラスグループLaBelleのボーカリストとして、そしてソロとして60年代から活躍、75年のNo.1ヒット"LadyMarmalade"を含め、この曲で6曲目のTop40ヒットで、2曲目のNo.1となりました。そしてMichaelMcDonald、TheDoobieBrothersのメンバーからソロになり、これまでに、ソロでは2曲のTop40ヒット。さらにゲストミュージシャンとして活躍しています、KennyLogginsとの"ThisI...ビルボード全米Top401986年6月28日付パティ・ラベルPattiLaBelle&MichaelMcDonald-OnMyOwn

  • ボーイズ・ドント・クライ Boys Don't Cry - I Wanna Be A Cowboy(1986年の洋楽 Part24)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart24はBoysDon'tCryの"IWannaBeACowboy"。最高位は6月21日付の第12位。年間チャートは圏外でした。BoysDon'tCry、正直言って謎のグループですが、結成は1983年、ボーカルでキーボードのNickRichardsが中心になって結成されたイギリス出身のロックバンド。デビュー後は、シングルをリリースしますが、母国イギリス、アメリカともにヒットしませんでした。初めてのアルバムのリリースは1986年、タイトルは『BoysDon'tCry』で、そこからのファーストシングルカットされたのがこの曲"IWannaBeaCowboy"です。"IWannaBeaCowboy"の曲の作者はこの時のメンバーのBrianChatton、NickR...ボーイズ・ドント・クライBoysDon'tCry-IWannaBeACowboy(1986年の洋楽Part24)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年6月21日付 ジェッツ The Jets - Crush on You

    1986年6月21日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はPattiLaBelle&MichaelMcDonaldの"OnMyOwn"。PattiLaBelleとMichaelMcDonald、大物二人の競演です。PattiLaBelleですが、女性コーラスグループLaBelleのボーカリストとして、そしてソロとして60年代から活躍、75年のNo.1ヒット"LadyMarmalade"を含め、この曲で6曲目のTop40ヒットで、2曲目のNo.1となりました。そしてMichaelMcDonald、TheDoobieBrothersのメンバーからソロになり、これまでに、ソロでは2曲のTop40ヒット。さらにゲストミュージシャンとして活躍しています、KennyLogginsとの"ThisI...ビルボード全米Top401986年6月21日付ジェッツTheJets-CrushonYou

  • ジョン・クーガー・メレンキャンプ John Cougar Mellencamp - Rain On The Scarecrow(1986年の洋楽 Part23)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart23はJohnCougarMellencampの"RainOnTheScarecrow"。最高位は6月14日付の1週のみの第21位。年間チャートは圏外でした。JohnCougarMellencamp、「これぞアメリカンロック!」と言っていいでしょう、アメリカ合衆国インディアナ州出身の正統派アメリカンロッカーです。デビューは1976年、まずはJohnCougarの名前でデビュー、83年からJohnCougarMellencampと名乗り、この曲の時はその「JohnCougarMellencamp」です。1991年以降は本名のJohnMellencampとして、最近もシングルを出すなど元気に活動しています。デビュー後の初ヒットが1979年リリースの3枚目のア...ジョン・クーガー・メレンキャンプJohnCougarMellencamp-RainOnTheScarecrow(1986年の洋楽Part23)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年6月14日付 ニュー・シューズ Nu Shooz - I Can't Wait

    1986年6月14日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、2位から上がっての1位はPattiLaBelle&MichaelMcDonaldの"OnMyOwn"。PattiLaBelleとMichaelMcDonald、大物二人の競演です。PattiLaBelleですが、女性コーラスグループLaBelleのボーカリストとして、そしてソロとして60年代から活躍、75年のNo.1ヒット"LadyMarmalade"を含め、この曲で6曲目のTop40ヒットで、2曲目のNo.1となりました。そしてMichaelMcDonald、TheDoobieBrothersのメンバーからソロになり、これまでに、ソロでは2曲のTop40ヒット。さらにゲストミュージシャンとして活躍しています...ビルボード全米Top401986年6月14日付ニュー・シューズNuShooz-ICan'tWait

  • ジャーニー Journey - Be Good to Yourself(1986年の洋楽 Part22)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart22はJourneyの"BeGoodtoYourself"。最高位は5月31日付の1週のみでしたが9位を記録、年間チャートは残念ながら圏外でした。前のシングル"OnlytheYoung"も最高位9位でしたが、この曲は映画『VisionQuest』サントラ収録曲でしたので、スタジオアルバムからのシングルでは、久しぶりのTop10ヒット、Journeyとしては、この曲で6曲目のTop10シングルとなりました。Journeyですが、ご存じの方が多いと思います、ギタリストのニール・ショーンを中心に70年代半ばにデビュー、初めはマニアックなアメリカン・プログレ・ハードロックバンドで、一部のファンには受けたものの、大成功には至りませんでした。転機は、1977年にリリ...ジャーニーJourney-BeGoodtoYourself(1986年の洋楽Part22)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年6月7日付 マイク・アンド・ザ・メカニックス Mike + The Mechanics - All I Need Is A Miracle

    1986年6月7日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、2位から上がって1位はMadonnaの"LiveToTell"。Madonnaですが、初めてのTop40ヒット"Holiday"が83年に16位。その後は出すシングルすべてが大ヒットの連続、年間2位の"LikeaVirgin"と、"CrazyforYou"の2曲のNo.1ヒットを含め、この曲で9曲目のTop40ヒットで、そのうち7曲目のTop5ヒット、3曲目のNo.1となりました。2位は3位からアップ、PattiLaBelle&MichaelMcDonaldの"OnMyOwn"。PattiLaBelleとMichaelMcDonald、大物二人の競演です。PattiLaBelleですが、女性コーラスグループLaBell...ビルボード全米Top401986年6月7日付マイク・アンド・ザ・メカニックスMike+TheMechanics-AllINeedIsAMiracle

  • オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク Orchestral Manoeuvres in the Dark - If You Leave(1986年の洋楽 Part21)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart21はOrchestralManoeuvresintheDarkの"IfYouLeave"。最高位は5月31日付の第4位。年間チャートは53位。バンド2曲目のTop40ヒットが大ヒットになりました。OrchestralManoeuvresintheDarkですが、曲名みたいですが、これがバンド名。イギリス出身で、デビューは1979年。この時は、ボーカル&ベースのAndyMcCluskey、ボーカル&キーボードのPaulHumphreysのデュオとしてデビューしましたが、この1986年の時点では、ドラムスやギターなどが加わって、6人組のグループとなっています。バンドはイギリス中心で活動を開始します。そのころの活動は、ブリティッシュニューウエイブの、エレクト...オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダークOrchestralManoeuvresintheDark-IfYouLeave(1986年の洋楽Part21)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年5月31日付 ホイットニー・ヒューストン Whitney Houston - Greatest Love Of All

    1986年5月31日付ビルボードAllAmericanTop40、3週目の1位の大ヒットとなりました、WhitneyHoustonの"GreatestLoveOfAll"。WhitneyHoustonですが、初のTop40ヒット"YouGiveGoodLove"が3位、続いて"SavingAllMyLoveforYou"と"HowWillIKnow"が連続No.1を記録、この曲で4曲目のTop3ヒットで、なんと3曲連続のNo.1となりました。2位は前週と変わらず、Madonnaの"LiveToTell"。Madonnaですが、初めてのTop40ヒット"Holiday"が83年に16位。その後は出すシングルすべてが大ヒットの連続、年間2位の"LikeaVirgin"と、"CrazyforYou"の2曲のNo.1ヒ...ビルボード全米Top401986年5月31日付ホイットニー・ヒューストンWhitneyHouston-GreatestLoveOfAll

  • ジャネット・ジャクソン Janet Jackson - What Have You Done For Me Lately(1986年の洋楽 Part20)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart20はJanetJacksonの"WhatHaveYouDoneForMeLately"。邦題は「恋するティーンエイジャー」。最高位は5月17日付の1週のみの第4位。年間チャートは43位。彼女の初のTop40ヒットが大ヒットになりました。JanetJackson、この曲が初めてのTop40への登場ですが、この後、スーパースターの座に駆け上がっていく、記念すべき初のシングルヒット曲です。もちろんJackson兄弟の一員で、10人兄弟の末っ子です。JanetJacksonが音楽活動を始めたのは70年代から、ジャクソン兄弟の一員として、バックボーカルなどを務めていました。ソロ活動は1982年から、まずはファーストアルバム『JanetJackson』、セカンドアルバム...ジャネット・ジャクソンJanetJackson-WhatHaveYouDoneForMeLately(1986年の洋楽Part20)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年5月24日付 ペット・ショップ・ボーイズ Pet Shop Boys - West End Girls

    1986年5月24日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はWhitneyHoustonの"GreatestLoveOfAll"。WhitneyHoustonですが、初のTop40ヒット"YouGiveGoodLove"が3位、続いて"SavingAllMyLoveforYou"と"HowWillIKnow"が連続No.1を記録、この曲で4曲目のTop3ヒットで、なんと3曲連続のNo.1となりました。2位は5位からアップ、Madonnaの"LiveToTell"。Madonnaですが、初めてのTop40ヒット"Holiday"が83年に16位。その後は出すシングルすべてが大ヒットの連続、年間2位の"LikeaVirgin"と、"CrazyforYou"の2曲のNo.1ヒットを含め、この曲で9...ビルボード全米Top401986年5月24日付ペット・ショップ・ボーイズPetShopBoys-WestEndGirls

  • アウトフィールド The Outfield - Your Love(1986年の洋楽 Part19)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart19はTheOutfieldの”YourLove”。最高位は5月10日付と17日付けの2週間の第6位。年間チャートは62位。彼らの初めてのヒットが大ヒットになりました。TheOutfieldですが、イギリスロンドン出身の3人組ロックグループ。70年代に、母国イギリスで音楽活動を開始します。ファーストアルバム『PlayDeep』のリリースが1985年、一応ブリティッシュニューウエイブ系のポップロックグループの一員として見られていますが、ファーストアルバム『PlayDeep』は、母国イギリスではほとんど売れず、アメリカで火が付きました。この曲"YourLove"ですが、そのアルバムから、セカンドシングルになるのでしょうか、ファーストシングルの"SayItIsn't...アウトフィールドTheOutfield-YourLove(1986年の洋楽Part19)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年5月17日付 ヴァン・ヘイレン Van Halen - Why Can't This Be Love

    1986年5月17日付ビルボードAllAmericanTop40、3位から上がって1位はWhitneyHoustonの"GreatestLoveOfAll"。WhitneyHoustonですが、初のTop40ヒット"YouGiveGoodLove"が3位、続いて"SavingAllMyLoveforYou"と"HowWillIKnow"が連続No.1を記録、この曲で4曲目のTop3ヒットで、なんと3曲連続のNo.1となりました。2位は1週間の1位からダウン、PetShopBoysの"WestEndGirls"。PetShopBoysですが、イギリス出身のポップ・デュオ。この曲が初めてのヒットで、ついにNo.1獲得です。3位は4位からアップ、VanHalenの"WhyCan'tThisBeLove"。アメリカのハ...ビルボード全米Top401986年5月17日付ヴァン・ヘイレンVanHalen-WhyCan'tThisBeLove

  • ハネムーン・スイート Honeymoon Suite - Feel It Again(1986年の洋楽 Part18)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart18はHoneymoonSuiteの"FeelItAgain"。最高位は5月10日付の1週のみの第34位。年間チャートは圏外でした。HoneymoonSuiteですが、1981年に活動を開始したカナダ出身の5人組ロックバンド。残念ながらTop40ヒットはこの曲のみの一発屋で終わってしまいましたが、ストレートな気持ちの良いカナディアンロック。その1曲のみのTop40ソングは、Top40には3週間のみの滞在と、かなりレアな曲でした。日本ではヒットしたのでしょうか?ビルボードには、たまにこういう珍しいロック曲が出てくるのですよね。こんなレア曲を聞くのがTop40ファンにとってはたまらなく楽しいものでした。ファーストアルバム『HoneymoonSuite』は1984年...ハネムーン・スイートHoneymoonSuite-FeelItAgain(1986年の洋楽Part18)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年5月10日付 ロバート・パーマー Robert Palmer - Addicted To Love

    1986年5月10日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がって1位はPetShopBoysの"WestEndGirls"。PetShopBoysですが、イギリス出身のポップ・デュオ。この曲が初めてのヒットで、ついにNo.1獲得です。2位は1週のみの1位からダウン、RobertPalmerの"AddictedToLove"。RobertPalmerですが、初めてのTop40ヒット"EveryKindaPeople"からこの曲で3曲目のTop40ヒット、さらにThePowerStationの3曲を入れると通算6曲目のTop40ヒット、その中で最もヒットしたのがThePowerStationの"SomeLikeItHot"の第6位、この曲で初めてのNo.1ヒットになりました。3位は7位からジャンプ...ビルボード全米Top401986年5月10日付ロバート・パーマーRobertPalmer-AddictedToLove

  • ローリング・ストーンズ The Rolling Stones - Harlem Shuffle(1986年の洋楽 Part17)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart17はTheRollingStonesの”HarlemShuffle”。最高位は5月3日付の1週のみの第5位。年間チャートはなんと圏外でした。最高5位なのに圏外とは、ストーンズ、ビルボード誌となんかもめごとあったのでしょうか?。もちろん、Top40には10週間滞在と短かったのが原因ではあるでしょうけれども。TheRollingStonesですが、60年代から活躍する、皆様ご存じの偉大なブリティッシュロックグループ。ひとつ前のブログで書きましたが、ヒット曲を数えるのがすごく大変なほど、たくさんのヒット曲を持つグループです。No.1ヒットが8曲、凄いですね。これだけたくさんのヒット曲を持っているロックグループは、ビートルズとこのローリングストーンズだけでしょう。と...ローリング・ストーンズTheRollingStones-HarlemShuffle(1986年の洋楽Part17)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年5月3日付 バングルス The Bangles - Manic Monday

    1986年5月3日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がっての1位はRobertPalmerの"AddictedToLove"。RobertPalmerですが、初めてのTop40ヒット"EveryKindaPeople"からこの曲で3曲目のTop40ヒット、さらにThePowerStationの3曲を入れると通算6曲目のTop40ヒット、その中で最もヒットしたのがThePowerStationの"SomeLikeItHot"の第6位、初めてのNo.1ヒットになりました。2位は3位からアップ、PetShopBoysの"WestEndGirls"。PetShopBoysですが、イギリス出身のポップ・デュオ。この曲が初めてのヒットで、ついに2位まで上がってきました。3位は2週間の1位からダウン、P...ビルボード全米Top401986年5月3日付バングルスTheBangles-ManicMonday

  • スティーヴィー・ニックス Stevie Nicks - I Can't Wait(1986年の洋楽 Part16)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart16はStevieNicksの"ICan'tWait"。最高位は4月12日と19日の2週間の第16位。年間チャートは残念ながら圏外でした。StevieNicksですが、私のブログには何度も登場済みです、その妖艶な容姿と特徴ある声から、「FleetwoodMacの歌姫」、というより、「ロック界の歌姫」とも言ってよいでしょう。そのStevieNicks、当時デュオを組んでいたLindseyBuckinghamとともに、1975年にFleetwoodMacに加入、その年に発表された名盤『FleetwoodMac』が超ロングヒットの大ヒットアルバムとなります。続いて1977年に発表された『Rumours』は通算31週間の1位を記録、前作を上回る世紀の大ヒットアルバムに...スティーヴィー・ニックスStevieNicks-ICan'tWait(1986年の洋楽Part16)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年4月26日付 プリンス Prince & The Revolution - Kiss

    1986年4月26日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はPrince&TheRevolutionの"Kiss"。Prince殿下、もちろん皆さんご存知だとは思いますが、1979年に最高位11位を記録した"IWannaBeYourLover"からこの曲で通算12曲目のTop40ヒット、5曲目のTop3ヒットで、"WhenDovesCry"、"Let'sGoCrazy"に続く3曲目のNo.1になりました。2位は3位からアップ、RobertPalmerの"AddictedToLove"。RobertPalmerですが、初めてのTop40ヒット"EveryKindaPeople"からこの曲で3曲目のTop40ヒット、さらにThePowerStationの3曲を入れると通算6曲目のTop40ヒット...ビルボード全米Top401986年4月26日付プリンスPrince&TheRevolution-Kiss

  • ジャクソン・ブラウン Jackson Browne - For America(1986年の洋楽 Part15)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart15はJacksonBrowneの"ForAmerica"。最高位は4月19日付の第30位。年間チャートは圏外でした。JacksonBrowneですが、このブログをご覧の皆様、もちろんご存知、ウエストコーストを代表するシンガーソングライターです。生まれはドイツのようですが、すぐにロサンゼルスに移住、そのままロサンゼルスで音楽活動を開始します。デビューアルバムのリリースは1972年、ファーストアルバム『JacksonBrowne』からのシングルカット曲"Doctor,MyEyes"が最高位8位と、いきなりの大ヒットを記録します。その後、74年のアルバム『LatefortheSky』が最高位14位、76年のアルバム『ThePretender』が5位、77年のライブ...ジャクソン・ブラウンJacksonBrowne-ForAmerica(1986年の洋楽Part15)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年4月19日付 インエクセス INXS - What You Need

    1986年4月19日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がっての1位はPrince&TheRevolutionの"Kiss"。Prince殿下、もちろん皆さんご存知だとは思いますが、1979年に最高位11位を記録した"IWannaBeYourLover"からこの曲で通算12曲目のTop40ヒット、5曲目のTop3ヒットで、"WhenDovesCry"、"Let'sGoCrazy"に続く3曲目のNo.1になりました。2位は3位からアップ、TheBanglesの"ManicMonday"。女性ロックバンドTheBanglesですが、この曲が初めてのヒットで、2位まで上がってきました。3位は6位からアップ、RobertPalmerの"AddictedToLove"。RobertPalmerですが、...ビルボード全米Top401986年4月19日付インエクセスINXS-WhatYouNeed

  • Electric Light Orchestra - Calling America(1986年の洋楽 Part14)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart14はElectricLightOrchestraの"CallingAmerica"。最高位は4月5日付の第18位。年間チャートは圏外でした。ElectricLightOrchestraですが、デビューは1970年、イギリス出身のロックバンドで、もちろんリーダーはジェフ・リン。ロックバンドの構成に、チェロとバイオリンのストリングスが加わった編成で、シンセサイザーを多用したロックとオーケストラが融合した、まさに唯一無二のロックバンドです。ファーストアルバムは1971年、『TheElectricLightOrchestra』をリリースしますが、このアルバムはアメリカではヒットしませんでした。その後、アルバムのリリースを続け、4枚目のアルバム『Eldorado』が傑...ElectricLightOrchestra-CallingAmerica(1986年の洋楽Part14)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年4月12日付 ファルコ Falco - Rock Me Amadeus

    1986年4月12日付ビルボードAllAmericanTop40、これで3週目の1位となりました、Falcoの"RockMeAmadeus"。Falcoですが、オールトリア出身のロックミュージシャン。本国オーストリアを中心にヨーロッパではすでにヒット曲を持っていますが、アメリカではこの曲が初めてのヒット。初めてのヒットがNo.1となりました。ヨーロッパでのヒットというのは"DerKommissar"、アメリカではAftertheFireバージョンがヒット済みですが、実はこの曲は彼の方がオリジナルです。2位は3位からアップ、Prince&TheRevolutionの"Kiss"。Prince殿下、もちろん皆さんご存知だとは思いますが、1979年に最高位11位を記録した"IWannaBeYourLover"から、2...ビルボード全米Top401986年4月12日付ファルコFalco-RockMeAmadeus

  • シンプル・マインズ Simple Minds - Sanctify Yourself(1986年の洋楽 Part13)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart13はSimpleMindsの"SanctifyYourself"。最高位は3月15日から3週連続した第14位。年間チャートは残念ながら圏外でした。SimpleMindsですが、イギリススコットランド出身の5人組ロックグループ。デビューは1977年。1979年にはデビューアルバム『LifeinaDay』をリリース。母国イギリスでヒットしますが、アメリカでは全くヒットしませんでした。その後、イギリスやヨーロッパ各国で徐々に人気が高まってきましたが、相変わらずアメリカではヒットが出ませんでした。1985年になって、映画「TheBreakfastClub」のサントラ盤収録曲"Don'tYou(ForgetAboutMe)"が、突然全世界で大ヒット、アメリカではなんと...シンプル・マインズSimpleMinds-SanctifyYourself(1986年の洋楽Part13)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年4月5日付 「祝!ハート No.1記念」 Heart - These Dreams

    1986年4月5日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はFalcoの"RockMeAmadeus"。Falcoですが、オールトリア出身のロックミュージシャン。本国オーストリアを中心にヨーロッパではすでにヒット曲を持っていますが、アメリカではこの曲が初めてのヒット。初めてのヒットがNo.1となりました。ヨーロッパでのヒットというのは"DerKommissar"、アメリカではAftertheFireバージョンがヒット済みですが、実はこの曲は彼の方がオリジナルです。2位は4位からアップ、JohnCougarMellencampの"R.O.C.K.InTheU.S.A."。JohnCougarMellencampですが、1979年の"INeedaLover"が初めてのTop40ヒットで、この曲で1...ビルボード全米Top401986年4月5日付「祝!ハートNo.1記念」Heart-TheseDreams

  • ロバート・テッパー Robert Tepper - No Easy Way Out(1986年の洋楽 Part12)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart12はRobertTepperの"NoEasyWayOut"。最高位は3月29日付の第22位。年間チャートは圏外でした。RobertTepperですが、アメリカニュージャージー出身のロックシンガー・ソングライター。詳しい経歴はよくわかりませんが、同じロックシンガーのBennyMardonesと一緒に活動をしていたようです。BennyMardonesといえば、"IntotheNight"のヒットで有名ですね。この曲はBennyMardonesのボーカルが印象的で、1980年に最高位11位、同じ曲がもう一回1989年に20位まで上がる珍しいヒットでしたが、この曲の作者がBennyMardonesとRobertTepperの共作なのです。バックボーカルにもRober...ロバート・テッパーRobertTepper-NoEasyWayOut(1986年の洋楽Part12)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年3月29日付 アトランティック・スター Atlantic Starr - Secret Lovers

    1986年3月29日付ビルボードAllAmericanTop40、この週もまた1位の交代です、4位から上がって1位はFalcoの"RockMeAmadeus"。Falcoですが、オールトリア出身のロックミュージシャン。本国オーストリアを中心にヨーロッパではすでにヒット曲を持っていますが、アメリカではこの曲が初めてのヒット。初めてのヒットがNo.1となりました。ヨーロッパでのヒットというのは"DerKommissar"、アメリカではAftertheFireバージョンがヒット済みですが、実はこの曲は彼の方がオリジナルです。2位は1週のみの1位からダウン、Heartの"TheseDreams"。Heartですが、初めてのTop40ヒット1976年の"CrazyonYou"からこの曲で合計12曲目のTop40ヒットで、...ビルボード全米Top401986年3月29日付アトランティック・スターAtlanticStarr-SecretLovers

  • チャーリー・セクストン Charlie Sexton - Beat's So Lonely(1986年の洋楽 Part11)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart11はCharlieSextonの"Beat'sSoLonely"。最高位は3月22日から3週続けた17位。年間チャートは圏外でした。CharlieSextonですが、アメリカ・テキサス出身のギタリスト・シンガーソングライター。1985年にファーストソロアルバム『PicturesforPleasure』をリリースするのですが、CharlieSextonは1968年生まれ、ということは、このファーストアルバムリリース時には、なんとまだ17歳。そのファーストアルバムからのシングルカット曲がこの曲"Beat'sSoLonely"です。"Beat'sSoLonely"の作者は、CharlieSexton自身と、イギリスのソングライターのKeithForseyとの共作。...チャーリー・セクストンCharlieSexton-Beat'sSoLonely(1986年の洋楽Part11)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年3月22日付 スターシップ Starship - Sara

    1986年3月22日付ビルボードAllAmericanTop40、この週もまた1位の交代です、2位から上がって1位はHeartの"TheseDreams"。Heartですが、初めてのTop40ヒット1976年の"CrazyonYou"からこの曲で合計12曲目のTop40ヒットで、5曲目のTop10ヒット、"Never"に続く2曲連続で通算でも2曲目のTop5ヒット、ついに初めてのNo.1となりました。2位は1週のみの1位からダウン、Starshipの"Sara"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJeffersonStarshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことに...ビルボード全米Top401986年3月22日付スターシップStarship-Sara

  • マリリン・マーティン Marilyn Martin - Night Moves(1986年の洋楽 Part10)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart10はMarilynMartinの"NightMoves"。最高位は3月22日付の1週のみの第28位。年間チャートは圏外でした。MarilynMartinですが、アメリカテネシー州出身のシンガーソングライター・ロック歌手。70年代初めから音楽活動を始めていましたが、メジャーで知られるようになったのは、そうなんです、ついこの間私のブログにも登場しました、1985年11月30日付のNo.1ソング、PhilCollinsとのデュエット曲で、映画「WhiteNights」サウンドトラックからPhilCollins&MarilynMartinの"SeparateLives(ThemeFromWhiteNights)"のMarilynMartinです。こちらをご覧ください...マリリン・マーティンMarilynMartin-NightMoves(1986年の洋楽Part10)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年3月15日付 Mr.ミスター Mr. Mister - Kyrie

    1986年3月15日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、2位から上がっての1位はStarshipの"Sara"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJeffersonStarshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことにより、Starshipとなりました。Starshipとしては"WeBuiltThisCity"に続くなんと驚きの2曲連続のNo.1となりました。JeffersonAirplane時代の最高位5位の"SomebodytoLove"、JeffersonStarship時代の最高位3位の"Miracles"と合わせると4曲目の...ビルボード全米Top401986年3月15日付Mr.ミスターMr.Mister-Kyrie

  • マイク・アンド・ザ・メカニックス Mike + The Mechanics - Silent Running(1986年の洋楽 Part9)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart9はMike+TheMechanicsの"SilentRunning"。最高位は3月8日付の1週間のみの第6位。年間チャートは70位でした。Mike+TheMechanicsですが、Mikeとは、Genesisのオリジナルメンバー、ベースとギターのMikeRutherfordのことです。そのMikeRutherfordのソロプロジェクトがMike+TheMechanicsであります。まずはMikeRutherfordですが、イギリスのプログレッシブバンドGenesisの創設メンバー。結成は60年代後半、マイク・ラザフォードにピーター・ガブリエル、アンソニー・フィリップス、トニー・バンクスなどのメンバーで結成されました。その時にはまだフィル・コリンズはいませんで...マイク・アンド・ザ・メカニックスMike+TheMechanics-SilentRunning(1986年の洋楽Part9)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年3月8日付 シャーデー Sade - The Sweetest Taboo

    1986年3月8日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はMr.Misterの"Kyrie"。Mr.Misterですが、初めてのTop40ヒットでNo.1を記録した"BrokenWings"に続く2曲連続の驚きのNo.1に輝きました。2位は3位からアップ、Starshipの"Sara"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJeffersonStarshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことにより、Starshipとなりました。StarshipとしてはNo.1ヒット"WeBuiltThisCity"に続くTop3ヒット、JeffersonAirpla...ビルボード全米Top401986年3月8日付シャーデーSade-TheSweetestTaboo

  • バルティモラ Baltimora - Tarzan Boy(1986年の洋楽 Part8)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart8はBaltimoraの"TarzanBoy"。最高位は3月1日付の1週のみの第13位。年間チャートは73位。最高位は13位ながら、初めてのヒットで年間チャートに入る大ヒットになりました。Baltimoraですが、デビューは1985年、珍しいイタリア出身の6人組グループ。同年、ファーストアルバム『LivingintheBackground』をリリースします。そのファーストアルバムからのファーストシングルカット曲がこの曲"TarzanBoy"。曲の作者はメンバーのMaurizioBassiと、ソングライターでしょうかNaimyHackettという人の共作です。この曲は、まさに一回聞いたら忘れられない、イントロから特徴ありますし、「ウォオ、ウォウォウォウォッオオ~...バルティモラBaltimora-TarzanBoy(1986年の洋楽Part8)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年3月1日付 ジェームス・ブラウン James Brown - Living in America

    1986年3月1日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がっての1位はMr.Misterの"Kyrie"。Mr.Misterですが、初めてのTop40ヒットでNo.1を記録した"BrokenWings"に続く2曲連続の驚きのNo.1に輝きました。2位は2週間の1位からダウン、WhitneyHoustonの"HowWillIKnow"。WhitneyHoustonですが、3位を記録した"YouGiveGoodLove"、No.1となった"SavingAllMyLoveforYou"に続く3曲目のTop40ヒットで同じく3曲目のTop5ヒット、2曲連続のNo.1となりました。3位は4位からアップ、Starshipの"Sara"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplane...ビルボード全米Top401986年3月1日付ジェームス・ブラウンJamesBrown-LivinginAmerica

  • ドリーム・アカデミー The Dream Academy - Life In A Northern Town(1986年の洋楽 Part7)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart7はTheDreamAcademyの"LifeInANorthernTown"。最高位は2月22日と3月1日の第7位。年間チャートは78位。初めてのヒットが年間チャートに入る大ヒットになりました。TheDreamAcademyですが、イギリス出身のロックバンドと言うか、フォーク・ロック、またはアコースティック・ロックといえばよいでしょうか、ギター・ボーカルのNickLaird-Clowes、キーボード・サックス・オーボエなどのマルチプレイヤーのKateSt.John、キーボード・ボーカルのGilbertGabrielの3人組。デビューは1983年で、ファーストアルバム『TheDreamAcademy』を1984年にリリースします。なんとアルバムのプロデュースに...ドリーム・アカデミーTheDreamAcademy-LifeInANorthernTown(1986年の洋楽Part7)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年2月22日付 ホイットニー・ヒューストン Whitney Houston - How Will I Know

    1986年2月22日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はWhitneyHoustonの"HowWillIKnow"。WhitneyHoustonですが、3位を記録した"YouGiveGoodLove"、No.1となった"SavingAllMyLoveforYou"に続く3曲目のTop40ヒットで同じく3曲目のTop5ヒット、2曲連続のNo.1となりました。2位は4位からアップ、Mr.Misterの"Kyrie"。Mr.Misterですが、初めてのTop40ヒットでNo.1を記録した"BrokenWings"に続く2曲目のTop3ヒットで、2位まで上がってきました。連続No.1まであと一歩です。3位は1週のみの2位からダウン、BillyOceanの"WhentheGoingGetsToug...ビルボード全米Top401986年2月22日付ホイットニー・ヒューストンWhitneyHouston-HowWillIKnow

  • マイアミ・サウンド・マシーン Miami Sound Machine - Conga(1986年の洋楽 Part6)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart6はMiamiSoundMachineの"Conga"。最高位は2月8日と15日付の第10位。年間チャートは40位。最高位10位ながら、Hot100に27週間、Top40に16週間滞在するロングヒットで、年間チャート上位に食い込みました。MiamiSoundMachineですが、ラテン系ミュージックグループ。リーダーのEmilioEstefanがマイアミで、1975年に前身のバンドの活動を開始、77年にはキューバ出身のボーカリストGloriaEstefanが参加して、MiamiSoundMachineとして本格的な活動を開始します。77年にはファーストアルバムをリリースしますが、残念ながらヒットには至りませんでした。その後、アルバムのリリースを重ねますが、ヒッ...マイアミ・サウンド・マシーンMiamiSoundMachine-Conga(1986年の洋楽Part6)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年2月15日付 Billy Ocean - When the Going Gets Tough(Jewel of the Nile Theme)

    1986年2月15日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、5位からいきなりの1位はWhitneyHoustonの"HowWillIKnow"。WhitneyHoustonですが、3位を記録した"YouGiveGoodLove"、No.1となった"SavingAllMyLoveforYou"に続く3曲目のTop40ヒットで同じく3曲目のTop5ヒット、2曲連続のNo.1となりました。2位は4位からアップ、BillyOceanの"WhentheGoingGetsTough(JeweloftheNileTheme)"。この曲は映画『ナイルの宝石(TheJeweloftheNile)』の主題歌。映画は『ロマンシング・ストーン秘宝の谷』の続編です。BillyOceanですが、この曲で6曲目...ビルボード全米Top401986年2月15日付BillyOcean-WhentheGoingGetsTough(JeweloftheNileTheme)

  • ポール・マッカートニー Paul McCartney - Spies Like Us(1986年の洋楽 Part5)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart5はPaulMcCartneyの"SpiesLikeUs"。最高位は2月8日付の1週のみの第7位。年間チャートは92位でした。さて、前回の記事はDionne&Friendsで、DionneWarwick、EltonJohn、GladysKnight、StevieWonderという、60年代からすでにトップ歌手として活躍する超スーパースターの共演、やっぱりそれに対抗するのはこの人しかいません、PaulMcCartneyです。PaulMcCartney(&Wings)のシングルヒット、ビートルズ時代は含まないでも、あまりにたくさんあり、数えるのも大変でした。この曲でTop40ヒットは34曲目、Top10ヒットは22曲目、そのうちNo.1の獲得はなんと9曲。年間チャ...ポール・マッカートニーPaulMcCartney-SpiesLikeUs(1986年の洋楽Part5)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年2月8日付 Dionne & Friends - That's What Friends Are For 愛のハーモニー

    1986年2月8日付ビルボードAllAmericanTop40、これで4週目の1位の大ヒットになりました、Dionne&Friendsの"That'sWhatFriendsAreFor"。この曲は、DionneWarwickが、EltonJohn、GladysKnight、StevieWonderをゲストとして迎え、エイズの予防と研究のためのチャリティーシングルとして発売されたものです。DionneWarwickのシングルとしては、1979年に5位を記録した"I'llNeverLoveThisWayAgain"以来通算4曲目のTop5ヒット、1974年に1位を記録したTheSpinnersとの共演"ThenCameYou"以来2曲目のNo.1ソングとなりました。2位は前週と変わらず、1位に届きません、Survi...ビルボード全米Top401986年2月8日付Dionne&Friends-That'sWhatFriendsAreFor愛のハーモニー

  • ナイト・レンジャー Night Ranger - Goodbye(1986年の洋楽 Part4)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart4はNightRangerの"Goodbye"。最高位は2月1日付の1週のみの第17位。年間チャートは残念ながら圏外でした。NightRangerですが、1979年にデビューしたサンフランシスコ出身の5人組ウエストコーストロックグループ。80年代のアメリカンロックを代表するロックグループといって良いでしょう。ファーストアルバムは1982年にリリースした『DawnPatrol』このアルバムからは"Don'tTellMeYouLoveMe"が最高位40位ながら初めてのTop40ヒットになりました。バンドの前身のルビコンというグループというグループについてもこちらに記載してありますので、併せてご覧ください→→→セカンドアルバムは『MidnightMadness』。こ...ナイト・レンジャーNightRanger-Goodbye(1986年の洋楽Part4)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年2月1日付 サバイバー Survivor - Burning Heart

    1986年2月1日付ビルボードAllAmericanTop40、これで3週目の1位の大ヒットになりました、Dionne&Friendsの"That'sWhatFriendsAreFor"。この曲は、DionneWarwickが、EltonJohn、GladysKnight、StevieWonderをゲストとして迎え、エイズの予防と研究のためのチャリティーシングルとして発売されたものです。DionneWarwickのシングルとしては、1979年に5位を記録した"I'llNeverLoveThisWayAgain"以来通算4曲目のTop5ヒット、1974年に1位を記録したTheSpinnersとの共演"ThenCameYou"以来2曲目のNo.1ソングとなりました。2位は3位からアップ、Survivorの"Burn...ビルボード全米Top401986年2月1日付サバイバーSurvivor-BurningHeart

  • ピート・タウンゼント Pete Townshend - Face The Face(1986年の洋楽 Part3)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart3はPeteTownshendの"FaceTheFace"。最高位は1月18日付の1週のみの26位。年間チャートは圏外でした。PeteTownshendですが、ロックファンの方、ご存知ですよね、イギリスでは、ビートルズ、ローリング・ストーンズと並ぶほどの、60年代から活躍するロックバンドTheWhoのギタリストでありボーカリストです。TheWhoといえば、ファーストアルバムのリリースは1965年に遡ります。PeteTownshendはその時のオリジナルメンバー、RogerDaltreyやKeithMoonとともにTheWhoの活動を開始しました。その後、TheWhoのメンバーとして1983年まで、数々の大ヒットアルバム・シングルを生み出します。1983年の解散...ピート・タウンゼントPeteTownshend-FaceTheFace(1986年の洋楽Part3)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年1月25日付 スティーヴィー・ニックス Stevie Nicks - Talk To Me

    1986年1月25日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はDionne&Friendsの"That'sWhatFriendsAreFor"。この曲は、DionneWarwickが、EltonJohn、GladysKnight、StevieWonderをゲストとして迎え、エイズの予防と研究のためのチャリティーシングルとして発売されたものです。DionneWarwickのシングルとしては、1979年に5位を記録した"I'llNeverLoveThisWayAgain"以来通算4曲目のTop5ヒット、1974年に1位を記録したTheSpinnersとの共演"ThenCameYou"以来2曲目のNo.1ソングとなりました。2位は前週と変わらず、4週間の1位を記録した年度を代表する大ヒット、Lion...ビルボード全米Top401986年1月25日付スティーヴィー・ニックスStevieNicks-TalkToMe

  • Clarence Clemons & Jackson Browne - You're A Friend Of Mine(1986年の洋楽 Part2)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart2はClarenceClemons&JacksonBrowneの"You'reAFriendOfMine"。最高位は1月18日付の第18位。年間チャートは残念ながら圏外でした。さてこの曲、驚きのデュエットでした、ClarenceClemonsとJacksonBrowneの異色のコラボレーションです。ClarenceClemonsの方のアルバム『Hero』に入っている曲で、とってもテンポの良い、楽しい曲ですね。ClarenceClemonsはサックスだけじゃあなくボーカルにも味があります。バックボーカルにはJacksonBrowneの恋人DarylHannahが参加しているそうです。JacksonBrowneですが、私のブログにも何度も登場しています、ご存知ウエ...ClarenceClemons&JacksonBrowne-You'reAFriendOfMine(1986年の洋楽Part2)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年1月18日付 Lionel Richie - Say You, Say Me (Title Song From White Knights)

    1986年1月18日付ビルボードAllAmericanTop40、3位から上がって1位はDionne&Friendsの"That'sWhatFriendsAreFor"。この曲は、DionneWarwickが、EltonJohn、GladysKnight、StevieWonderをゲストとして迎え、エイズの予防と研究のためのチャリティーシングルとして発売されたものです。DionneWarwickのシングルとしては、1979年に5位を記録した"I'llNeverLoveThisWayAgain"以来通算4曲目のTop5ヒット、1974年に1位を記録したTheSpinnersとの共演"ThenCameYou"以来2曲目のNo.1ソングとなりました。2位は4週間の1位からダウン、LionelRichieの"SayYo...ビルボード全米Top401986年1月18日付LionelRichie-SayYou,SayMe(TitleSongFromWhiteKnights)

  • Bryan Adams & Tina Turner - It's Only Love(1986年の洋楽 Part1)

    1986年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズの第一弾、Part1はBryanAdams&TinaTurnerの"It'sOnlyLove"。最高位は1月18日付の第15位。年間チャートは残念ながら圏外でした。BryanAdamsとTinaTurnerとのデュエット、1985年のアルバム年間チャートでは、BryanAdamsの『Reckless』が第2位。TinaTurnerの『PrivateDancer』が第5位と、84年から85年にかけてのこの二人の活躍は物凄いものでした。その二人のデュエット曲ということで、大ヒットするのでは、と思っていましたが、最高位15位と、意外に上位には上がりませんでした。BryanAdamsとアルバム『Reckless』については、2週間の2位を記録した大ヒット曲"Heaven"の紹介...BryanAdams&TinaTurner-It'sOnlyLove(1986年の洋楽Part1)

  • ビルボード 全米 Top40 1986年1月11日付 クライマックス Klymaxx - I Miss You

    新年第1回目のビルボードヒットチャート、1986年1月11日付ビルボードAllAmericanTop40、FROZENCHARTの1月4日付を含めこれで4週目の1位の大ヒットになりました、LionelRichieの"SayYou,SayMe(TitleSongFromWhiteKnights)"。LionelRichieですが、Commodoresのメンバーで、皆さんご存知、ソロでも数々の大ヒットを持っています。ソロになってからはこの曲で10曲目のシングルですが、なんとそのシングルすべてがTop10ヒット、Top3ヒットもこの曲で6曲目、ソロで5曲目のNo.1ヒットとなりました。2位は前週と変わらず、これで3週目の2位、EddieMurphyの"PartyAlltheTime"。EddieMurphyですが、歌...ビルボード全米Top401986年1月11日付クライマックスKlymaxx-IMissYou

  • ”Billboard Year End 1985” 1985年 年間チャートアルバム 1位 - 100位 Bruce Springsteen - I'm On Fire

    新年第1週目、1986年1月4日のBillboardはお休み、「FROZENCHART」ということで、1985年12月28日のチャートがそのまま持ち越しです。今週のチャート紹介は、昨年末に引き続き1985年の年間チャート、”BillboardYearEnd1985”のアルバムチャートの紹介です。この年のアルバムチャートNo.1に輝いたのはBruceSpringsteenの『BornInTheUSA』。通算7週間の1位を記録。BruceSpringsteenとしては『TheRiver』に続き2枚目のNo.1アルバムとなりました。すでに私のブログでも話題になっていますが、このアルバムからはなんと7枚のTop10シングルヒットが出ました。文句なくのこの年を代表するアルバムとなりました。続いての2位はBryanAdam...”BillboardYearEnd1985”1985年年間チャートアルバム1位-100位BruceSpringsteen-I'mOnFire

  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

    あけましておめでとうございます。今年もここ静岡は快晴の空、美しい初日の出を見ることができました。写真は伊豆半島天城山方面から昇る日の出です。1986年のチャートにはいります。今年もよろしくお願いします。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  • ”Billboard Year End 1985” 1985年 年間チャートシングル 1位 - 100位

    今年もあと1日、今年最後の記事はもちろん1985年のビルボードシングル年間チャートです。1985年の年間1位は、Wham!FeaturingGeorgeMichaelの"CarelessWhisper"。2月16日から3月2日まで3週間連続の1位を記録。Hot100には21週間、Top40には17週間、Top10には9週間、文句なくの年間No.1、ビルボードのAll-timechartsでは162位。この曲は、80年代を代表する、さらには、ポップス界を代表する名曲でありました。こちらをご覧ください→→→年間2位はMadonnaの"LikeaVirgin"。1984年12月22日から1月26日までの6週間連続の1位。Hot100には19週、Top40には14週、Top10には9週間チャートイン。集計方法の違いがあ...”BillboardYearEnd1985”1985年年間チャートシングル1位-100位

  • ビルボード 全米 Top40 1985年12月28日付 エディ・マーフィ Eddie Murphy - Party All the Time

    この1985年の最終週になります、12月28日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はLionelRichieの"SayYou,SayMe(TitleSongFromWhiteKnights)"。LionelRichieですが、Commodoresのメンバーで、皆さんご存知、ソロでも数々の大ヒットを持っています。ソロになってからはこの曲で10曲目のシングルですが、なんとそのシングルすべてがTop10ヒット、Top3ヒットもこの曲で6曲目、なんとソロで5曲目のNo.1ヒットとなりました。2位は3位からアップ、EddieMurphyの"PartyAlltheTime"。EddieMurphyですが、歌手というよりも、皆さん俳優でご存知ですよね。ちょうどこの頃大ヒットしている映画『ビバリーヒルズ・...ビルボード全米Top401985年12月28日付エディ・マーフィEddieMurphy-PartyAlltheTime

  • ZZ Top - Sleeping Bag(1985年の洋楽 Part50)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart50はZZTopの"SleepingBag"。最高位は12月14日付の第8位。年間チャートは1986年の80位。1984年に最高位8位を記録した"Legs"に並ぶ大ヒットになりました。ZZTopですが、テキサス出身の3人組ロックグループ。デビューは1969年、シングルのみ発売され、アルバムのデビューは1971年、ファーストアルバム『ZZTop'sFirstAlbum』をリリースします。でもこのアルバムは全く売れず、メジャーになるのは3枚目のアルバム『TresHombres』のヒットからです。このアルバムは最高位8位まで上がるヒットアルバムになりました。シングルももうちょっとでTop40入りというところまでヒットし、さらに次のアルバム『Fandango!』からの...ZZTop-SleepingBag(1985年の洋楽Part50)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年12月21日付 Mr.ミスター Mr. Mister - Broken Wings

    この1985年も残すところあと1週となりました、1985年12月21日付ビルボードAllAmericanTop40、3位から上がって1位はLionelRichieの"SayYou,SayMe(TitleSongFromWhiteKnights)"。LionelRichieですが、Commodoresのメンバーで、皆さんご存知、ソロでも数々の大ヒットを持っています。ソロになってからはこの曲で10曲目のシングルですが、なんとそのシングルすべてがTop10ヒット、Top3ヒットもこの曲で6曲目、なんとソロで5曲目のNo.1ヒットとなりました。2位は2週間の1位からダウン、Mr.Misterの"BrokenWings"。Mr.Misterですが、アメリカのロックグループ。彼らの初めてのアメリカでのヒット・Top40ヒッ...ビルボード全米Top401985年12月21日付Mr.ミスターMr.Mister-BrokenWings

  • スターポイント Starpoint - Object Of My Desire(1985年の洋楽 Part49)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart49はStarpointの"ObjectOfMyDesire"。最高位は12月14日付の1週のみの第25位。年間チャートは1986年の第93位。Top40には9週間の滞在でしたが、Hot100に24週間チャートインする超ロングヒットで、驚きの年間チャート入りです。さてStarpoint、ファンクバンドは私のブログでは久々の登場になります。そして、ここの所、私のブログでは日本でも人気のあるアーチストが続きましたが、久々の日本では全く無名バンドの登場です。メリーランド州出身の6人組のR&Bというか、ファンク・ロックバンドです。メンバーはフィリップス4人兄弟に、女性ボーカルのRenéeDiggsと、男性ボーカルのKayodeAdeyemoが加わった6人編成です。この...スターポイントStarpoint-ObjectOfMyDesire(1985年の洋楽Part49)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年12月14日付 ハート Heart - Never

    1985年12月14日付ビルボードAllAmericanTop40、この週2週目の1位はMr.Misterの"BrokenWings"。Mr.Misterですが、アメリカのロックグループ。彼らの初めてのアメリカでのヒット・Top40ヒットが初めてのNo.1獲得です。2位は前週と変わらず、1週のみですが1位を記録、PhilCollins&MarilynMartinの"SeparateLives(ThemeFromWhiteNights)"。この曲、映画「WhiteNights」サウンドトラックからのテーマ曲です。PhilCollinsですが、もちろん皆さんご存知、Genesisのドラマー兼ボーカリストで、ソロでも大ヒットを連発、"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"などこの曲で4曲目...ビルボード全米Top401985年12月14日付ハートHeart-Never

  • Eurythmics and Aretha Franklin - Sisters Are Doin’ It For Themselves(1985年の洋楽 Part48)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart48はEurythmicsandArethaFranklinの"SistersAreDoin’ItForThemselves"。最高位は12月7日付の第18位。年間チャートは残念ながら圏外でした。さてこの曲"SistersAreDoin’ItForThemselves"ですが、なんとEurythmicsとArethaFranklinの異色のコラボレーションです。曲の作者はEurythmicsのAnnieLennoxとDavidA.Stewartの共作。そして、Eurythmicsの4枚目のアルバム『BeYourselfTonight』と、ArethaFranklinの方は通算30枚目となるアルバム『Who'sZoomin'Who?』の両方のアルバムに収録されて...EurythmicsandArethaFranklin-SistersAreDoin’ItForThemselves(1985年の洋楽Part48)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年12月7日付 Phil Collins & Marilyn Martin - Separate Lives (Theme From White Nights)

    1985年12月7日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、3位から上がっての1位はMr.Misterの"BrokenWings"。Mr.Misterですが、アメリカのロックグループ。彼らの初めてのアメリカでのヒット・Top40ヒットが初めてのNo.1獲得です。2位は1週のみの1位からダウン、PhilCollins&MarilynMartinの"SeparateLives(ThemeFromWhiteNights)"。この曲、映画「WhiteNights」サウンドトラックからのテーマ曲です。PhilCollinsですが、もちろん皆さんご存知、Genesisのドラマー兼ボーカリストで、ソロでも大ヒットを連発、"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"などこの...ビルボード全米Top401985年12月7日付PhilCollins&MarilynMartin-SeparateLives(ThemeFromWhiteNights)

  • トンプソン・ツインズ Thompson Twins - Lay Your Hands On Me(1985年の洋楽 Part47)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart47はThompsonTwinsの"LayYourHandsOnMe"。最高位は11月23日と30日の第6位。年間チャートは84位。1984年の彼らの初めての大ヒット、最高位3位、年間23位の"HoldMeNow"に次ぐヒット曲となりました。今回はThompsonTwins、私のブログには久々のブリティッシュ・ニュー・ウェイヴ系バンドの登場です。デビューは1981年、デビュー当時は7人組だったようですが、すぐに3人組となり活動を開始します。初めてのヒットは3枚目のアルバム『SideKicks』。そのアルバムからのシングル"Lies"が1983年に初めてのTop40ヒットとなり、最高位30位。ただこの曲、母国イギリスではヒットしなかったようです。イギリスではその...トンプソン・ツインズThompsonTwins-LayYourHandsOnMe(1985年の洋楽Part47)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年11月30日付 スターシップ Starship - We Built This City

    1985年11月30日付ビルボードAllAmericanTop40、3位から上がっての1位はPhilCollins&MarilynMartinの"SeparateLives(ThemeFromWhiteNights)"。この曲、映画「WhiteNights」サウンドトラックからのテーマ曲です。PhilCollinsですが、もちろん皆さんご存知、Genesisのドラマー兼ボーカリストで、ソロでも大ヒットを連発、"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"などこの曲で4曲目のNo.1ヒットとなりました。一方、MarilynMartinですが、この曲が初めてのシングルヒットで初のNo.1を記録しました。2位は2週間の1位からダウン、Starshipの"WeBuiltThisCity"。Star...ビルボード全米Top401985年11月30日付スターシップStarship-WeBuiltThisCity

  • ケイト・ブッシュ Kate Bush - Running Up That Hill(1985年の洋楽 Part46)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart46はKateBushの"RunningUpThatHill"。最高位は11月30日付の30位。年間チャートは圏外でした。KateBushですが、私のブログには初登場となります、イギリス出身のシンガーソングライター。皆さんはご存じだったでしょうか?デビューは1975年、なんとデヴィッド・ギルモアに見出されてレコード・デビューしたという歌手ですが、なんとその時にはまだ17歳、ものすごい才能の持ち主でした。レコードのデビューは1978年、シングル"WutheringHeights"をリリースすると、母国イギリスでいきなりの1位を獲得、それも4週間。日本を含む世界で大ヒットとなります、が、なんとアメリカでだけは全くヒットしませんでした。このシングルを含んだアルバム『...ケイト・ブッシュKateBush-RunningUpThatHill(1985年の洋楽Part46)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年11月23日付 グレン・フライ Glenn Frey - You Belong To The City

    1985年11月23日付ビルボードAllAmericanTop40、久し振りの2週連続の1位となりました、Starshipの"WeBuiltThisCity"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJeffersonStarshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことにより、Starshipとなりました。Starshipとしては初めてのヒットですが、JeffersonAirplane時代の最高位5位の"SomebodytoLove"、JeffersonStarship時代の最高位3位の"Miracles"と合わせて3曲目のTop5ヒット、グループの長い歴史を経ての初めての...ビルボード全米Top401985年11月23日付グレン・フライGlennFrey-YouBelongToTheCity

  • デイヴィッド・フォスター David Foster - Love Theme from St. Elmo's Fire(1985年の洋楽 Part45)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart45はDavidFosterの"LoveThemefromSt.Elmo'sFire"。最高位は11月16日付の第15位。年間チャートは残念ながら圏外でした。さてこの曲、曲名から分かると思いますが、映画『セント・エルモス・ファイアー』愛のテーマ。インスツルメント曲です。映画『セント・エルモス・ファイアー』、監督はジョエル・シュマッカー、出演しているのはエミリオ・エステベス、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシー、デミ・ムーアなどなど、大ヒット青春映画でした。私も見に行きました。大変面白い映画だったです。この映画からは、すでに紹介しましたが、JohnParrの"St.Elmo'sFire(ManInMotion)"が2週間の1位を記録、年間チャート18位の大ヒッ...デイヴィッド・フォスターDavidFoster-LoveThemefromSt.Elmo'sFire(1985年の洋楽Part45)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年11月16日付 ティアーズ・フォー・フィアーズ Tears For Fears - Head Over Heels

    1985年11月16日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、ついに6週連続の1位交代、いつ以来でしょうか?70年代の半ばには1位がコロコロと変わる時期もありましたので、その頃以来でしょうか?5位から上がってのいきなりの1位はStarshipの"WeBuiltThisCity"。Starship、ルーツは60年代のJeffersonAirplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJeffersonStarshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことにより、Starshipとなりました。Starshipとしては初めてのヒットですが、JeffersonAirplane時代の最高位5位の"Somebod...ビルボード全米Top401985年11月16日付ティアーズ・フォー・フィアーズTearsForFears-HeadOverHeels

  • ラヴァーボーイ Loverboy - Lovin' Every Minute of It(1985年の洋楽 Part44)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart44はLoverboyの"Lovin'EveryMinuteofIt"。最高位は11月2日付の第9位。年間チャートは、年度の途中にかかったからでしょうか、圏外になってしまいました。Loverboyですが、カナダカルガリー出身のロックグループ。ボーカルのマイク・レノとギターのポール・ディーンが中心になって結成された5人組。1980年にデビューアルバム「Loverboy」を発表、収録の"TurnMeLoose"が本国カナダやオーストラリアで大ヒット、アメリカでは最高位35位の、デビューシングルで初めてのTop40ヒットになりました。その後も大ヒットまでには至りませんでしたが、3枚目のアルバムまでに、Top40ヒットシングルは計5曲。最もヒットしたのが最高位11位を...ラヴァーボーイLoverboy-Lovin'EveryMinuteofIt(1985年の洋楽Part44)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年11月9日付 ヤン・ハマー Jan Hammer - Miami Vice Theme

    1985年11月9日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、これでついに5週連続の1位交代です、2位から上がって1位はJanHammerの"MiamiViceTheme"。JanHammerですが、チェコスロバキア出身のプロデューサー、ピアニスト、キーボードプレイヤー。テレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』のテーマ曲のこの曲で初めてのTop40ヒットがついにNo.1獲得です。2位は1週のみの1位からダウン、StevieWonderの"PartTimeLover"。StevieWonderですが、もちろん皆さんご存知のソウル界の、いや音楽界のスーパースター。デビューは60年代、早くも63年には"Fingertips–Part2"が初めてのNo.1ヒット、その後も数多くのヒッ...ビルボード全米Top401985年11月9日付ヤン・ハマーJanHammer-MiamiViceTheme

  • ジョン・クーガー・メレンキャンプ John Cougar Mellencamp - Lonely Ol' Night(1985年の洋楽 Part43)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart43はJohnCougarMellencampの"LonelyOl'Night"。最高位は10月12日と19日の第6位。年間チャートは86位でした。JohnCougarMellencamp、皆さんご存知、正統派アメリカンロックを代表するミュージシャンです。まずは1976年にジョン・クーガー(JohnCougar)でデビュー、1983年にジョン・クーガー・メレンキャンプ(JohnCougarMellencamp)と改名し、さらに1991年からは本名のジョン・メレンキャンプで活躍しています。なので、この曲の時はジョン・クーガー・メレンキャンプ(JohnCougarMellencamp)と名乗っていました。さて、そのJohnCougarMellencamp、初めての...ジョン・クーガー・メレンキャンプJohnCougarMellencamp-LonelyOl'Night(1985年の洋楽Part43)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年11月2日付 スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder - Part Time Lover

    1985年11月2日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、これで4週連続の1位交代です、2位から上がって1位はStevieWonderの"PartTimeLover"。StevieWonderですが、もちろん皆さんご存知のソウル界の、いや音楽界のスーパースター。デビューは60年代、早くも63年には"Fingertips–Part2"が初めてのNo.1ヒット、その後も数多くのヒット曲を重ね、この曲でなんと9曲のNo.1、14曲目のTop3ヒットになりました。2位は4位からアップ、JanHammerの"MiamiViceTheme"。JanHammerですが、チェコスロバキア出身のプロデューサー、ピアニスト、キーボードプレイヤー。テレビ番組『特捜刑事マイアミ・バイス』のテーマ...ビルボード全米Top401985年11月2日付スティーヴィー・ワンダーStevieWonder-PartTimeLover

  • ザ・フーターズ The Hooters - And We Danced(1985年の洋楽 Part42)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart42はTheHootersの"AndWeDanced"。最高位は10月26日付の第21位。年間チャートは圏外でした。TheHootersですが、アメリカフィラデルフィア出身のロックグループ、1980年に活動を開始します。ファーストアルバムは1983年『Amore』をリリース、アルバムからは3枚のシングルが出ましたが、いずれもヒットせず、Hot100にも入らなかったようです。アルバムも200位以内には入れませんでした。1985年に2枚目のアルバム『NervousNight』をリリース、このアルバムからのファーストシングル"AllYouZombies"こそ、最高は50位台とTop40には入れませんでしたが多少のヒットとなり、続くシングルがこの曲"AndWeDanc...ザ・フーターズTheHooters-AndWeDanced(1985年の洋楽Part42)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年10月26日付 ホイットニー・ヒューストン Whitney Houston - Saving All My Love For You

    1985年10月26日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、これで3週連続の1位交代です、2位から上がって1位はWhitneyHoustonの"SavingAllMyLoveForYou"。WhitneyHoustonですが、もちろん皆さんご存知、数々の大ヒットを持つスーパースター、ソウル界のスーパー歌姫の記念すべきはじめてのNo.1です。WhitneyHouston、最高位3位を記録した初ヒット"YouGiveGoodLove"に続く2曲目のヒットです。2位は3位からアップ、StevieWonderの"PartTimeLover"。StevieWonderですが、もちろん皆さんご存知のソウル界の、いや音楽界のスーパースター。デビューは60年代、早くも63年には"Fing...ビルボード全米Top401985年10月26日付ホイットニー・ヒューストンWhitneyHouston-SavingAllMyLoveForYou

  • Mick Jagger and David Bowie - Dancing In The Street(1985年の洋楽 Part41)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart41は、MickJaggerandDavidBowieの"DancingInTheStreet"。最高位は10月12日付の第7位。年間チャートはというと、最高7位ながら残念ながら圏外でした。Top40には9週間しか滞在しなかったのが響きました。MickJaggerもDavidBowieも、もちろん皆さん十分にご存知、紹介の必要ない、ロック界のスーパースターの夢の競演です。さてその夢の競演がなぜ実現したのかというと、1985年7月13日に行われた、20世紀最大のチャリティーコンサート、「ライヴエイド(LIVEAID)」です。そのライヴエイドで、イギリスウェンブリー・スタジアムのデヴィッド・ボウイと、アメリカJFKスタジアムのミック・ジャガーの、衛星中継による世紀...MickJaggerandDavidBowie-DancingInTheStreet(1985年の洋楽Part41)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年10月19日付 A-ha - Take On Me

    1985年10月19日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代がありました、3位から上がっての1位はA-haの"TakeOnMe"。A-haですが、ノルウェー出身のポップバンド。この曲はデビューシングルで、もちろん初めてのNo.1ヒットになりました。2位は4位からアップ、WhitneyHoustonの"SavingAllMyLoveForYou"。WhitneyHoustonですが、もちろん皆さんご存知、数々の大ヒットを持つスーパースター、ソウル界のスーパー歌姫です。そのWhitneyHouston、最高位3位を記録した初ヒット"YouGiveGoodLove"に続くTop3ヒットになりました。3位は5位からアップ、StevieWonderの"PartTimeLover"。StevieW...ビルボード全米Top401985年10月19日付A-ha-TakeOnMe

  • ダリル・ホール&ジョン・オーツ Hall & Oates - The Way You Do The Things You Do / My Girl(1985年の洋楽 Part40)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart40は、DarylHall&JohnOatesの"TheWayYouDoTheThingsYouDo/MyGirl"。最高位は10月12日付の第20位。年間チャートは圏外でした。さて、今回の記事、大方の皆さんの予想を裏切ってのHall&Oatesの登場です。というか、この曲を歌っているのは、DarylHall&JohnOates&DavidRuffin&EddieKendricks、の4人組、というのが正しいです。まずはそのDarylHall&JohnOates、結成は1970年、ロックとR&Bを融合した新しい音楽を生み出した大人気デュオです。1976年に初めてのTop40ヒットで4位を記録した"SaraSmile"から、"RichGirl"など6曲のNo.1...ダリル・ホール&ジョン・オーツHall&Oates-TheWayYouDoTheThingsYouDo/MyGirl(1985年の洋楽Part40)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年10月12日付 レディ・フォー・ザ・ワールド Ready For The World - Oh Sheila

    1985年10月12日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、3位から上がっての1位はReadyForTheWorldの"OhSheila"。ReadyfortheWorldですが、アメリカ出身の6人組R&Bグループ。デビューアルバムからの3曲目のシングルにして初めてのTop40ヒットがついにNo.1獲得です。2位は3週間の1位からダウン、DireStraitsの"MoneyforNothing"。DireStraitsですが、1978年にリリースしたデビューシングル"SultansofSwing"がいきなりの4位を記録、それ以来、アルバム・シングルを発表しますが、アルバムはヒットするものの、シングルはTop40入りせず、この曲がなんと7年ぶりのTop40ヒットとなり、もちろん初め...ビルボード全米Top401985年10月12日付レディ・フォー・ザ・ワールドReadyForTheWorld-OhSheila

  • ゴドレイ&クレーム Godley & Creme - Cry(1985年の洋楽 Part39)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart39はGodley&Cremeの"Cry"。最高位は10月5日付の1週のみの第16位。年間チャートは圏外でした。さて、Godley&Creme、Top40にシングルが入ってきたのはこの曲が初めて、この曲の後にもTop40ヒットはありませんでしたので、まさに一発屋です。でもです、彼らGodley&Cremeですが、すでに私のブログには何度か登場している有名デュオなのです。Godley&Cremeですが、まずは彼ら、元10ccのオリジナルメンバー。1972年のバンド結成からバンドに在籍していました。もちろんあの名曲"I'mNotinLove"にも両者とも参加していました。"I'mNotinLove"の後、1976年には10ccを脱退、翌年の1977年からGodle...ゴドレイ&クレームGodley&Creme-Cry(1985年の洋楽Part39)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年10月5日付 ダイアー・ストレイツ Dire Straits - Money For Nothing

    1985年10月5日付ビルボードAllAmericanTop40、これで3週目の1位の大ヒットになりました、DireStraitsの"MoneyforNothing"。DireStraitsですが、1978年にリリースしたデビューシングル"SultansofSwing"がいきなりの4位を記録、それ以来、アルバム・シングルを発表しますが、アルバムはヒットするものの、シングルはTop40入りせず、この曲がなんと7年ぶりのTop40ヒットとなり、もちろん初めてのNo.1獲得です。2位は前週と変わらず、これで3週目の2位、Kool&theGangの"Cherish"。Kool&theGangですが、デビューは1960年代、70年代初めから数多くのTop40ヒットを持っており、1980年にNo.1を記録した"Celebr...ビルボード全米Top401985年10月5日付ダイアー・ストレイツDireStraits-MoneyForNothing

  • ユーリズミックス Eurythmics - There Must Be An Angel(1985年の洋楽 Part38)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart38はEurythmicsの"ThereMustBeAnAngel"。最高位は9月21日付の第22位。年間チャートはまさかの圏外でした。Eurythmicsですが、イギリス出身のAnnieLennoxとDavidA.Stewartのシンセ・ポップデュオ。両者ともソングライターでもある才能あふれる二人組。初めてのアメリカでのヒットでNo.1を記録し1983年の年間10位の"SweetDreams(AreMadeofThis)"、1984年の年間38位の"HereComestheRainAgain"、1985年に最高位5位の"WouldILietoYou?"の3曲のTop10ヒットを持っています。詳しいことは、"WouldILietoYou?"の記事→→→、"Sw...ユーリズミックスEurythmics-ThereMustBeAnAngel(1985年の洋楽Part38)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年9月28日付 クール&ザ・ギャング Kool & The Gang - Cherish

    1985年9月28日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はDireStraitsの"MoneyforNothing"。DireStraitsですが、1978年にリリースしたデビューシングル"SultansofSwing"がいきなりの4位を記録、それ以来、アルバム・シングルを発表しますが、アルバムはヒットするものの、シングルはTop40入りせず、この曲がなんと7年ぶりのTop40ヒットとなり、もちろん初めてのNo.1獲得です。2位は前週と変わらず、Kool&theGangの"Cherish"。Kool&theGangですが、デビューは1960年代、70年代初めから数多くのTop40ヒットを持っており、1980年にNo.1を記録した"Celebration"を含め、この曲で18曲目のTop40...ビルボード全米Top401985年9月28日付クール&ザ・ギャングKool&TheGang-Cherish

  • パット・ベネター Pat Benatar - Invincible(Theme from The Legend of Billie Jean)(1985年の洋楽 Part37)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart37はPatBenatarの"Invincible"(ThemefromTheLegendofBillieJean)。最高位は9月14日付の第10位。年間チャートは残念ながら圏外でした。ここのところ、映画音楽が続いていますが、あえて本日も映画音楽の紹介、映画「TheLegendofBillieJean」のテーマです。PatBenatarですが、70年代初めころから活動を開始。その当時は女性ハードロックでは活躍している人はほとんどいませんでした。アルバムを出すまでにはしばらく時間がかかりましたが、1979年、デビューアルバム『IntheHeatoftheNight』をリリース、このアルバムからのシングル"Heartbreaker"が23位を記録し、アルバムも最高...パット・ベネターPatBenatar-Invincible(ThemefromTheLegendofBillieJean)(1985年の洋楽Part37)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年9月21日付 ティナ・ターナー TINA TURNER - We Don't Need Another Hero (Thunderdome)

    1985年9月21日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、3位から上がっての1位はDireStraitsの"MoneyforNothing"。DireStraitsですが、1978年にリリースしたデビューシングル"SultansofSwing"がいきなりの4位を記録、それ以来、アルバム・シングルを発表しますが、アルバムはヒットするものの、シングルはTop40入りせず、この曲がなんと7年ぶりのTop40ヒットとなり、もちろん初めてのNo.1獲得です。2位は4位からアップ、Kool&theGangの"Cherish"。Kool&theGangですが、デビューは1960年代、70年代初めから数多くのTop40ヒットを持っており、1980年にNo.1を記録した"Celebration"を...ビルボード全米Top401985年9月21日付ティナ・ターナーTINATURNER-WeDon'tNeedAnotherHero(Thunderdome)

  • モトリー・クルー Mötley Crüe - Smokin' In The Boys Room(1985年の洋楽 Part36)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart36はMötleyCrüeの"Smokin'InTheBoysRoom"。最高位は9月7日と14日の第16位。年間チャートは残念ながら圏外でした、が、80年代のアメリカ・ヘヴィメタルを代表するモトリー・クルー、この曲で初めてのTop40への登場、初めてのシングルヒットになりました。MötleyCrüeですが、アメリカロサンゼルス出身の4人組ヘヴィメタルグループ、LAメタルバンドですね。デビューは1981年、ファーストアルバム『TooFastforLove』をリリース、このアルバムは、初めは自主製作で、インディーズレーベルから発売されたようですが、その後、レコード会社と契約し正式に発売、アルバムチャートで最高位77位を記録します。そして、83年にリリースしたセカ...モトリー・クルーMötleyCrüe-Smokin'InTheBoysRoom(1985年の洋楽Part36)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年9月14日付 ジョン・パー John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion)

    1985年9月14日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はJohnParrの"St.Elmo'sFire(ManinMotion)"。この曲は、映画『セント・エルモス・ファイアー』の主題歌です。JohnParrですが、デビューシングル"NaughtyNaughty"が最高位23位を記録、この曲が2曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1の獲得です。2位は3位からアップ、TinaTurnerの"WeDon'tNeedAnotherHero"。TinaTurnerですが、デビューは1950年代の大ベテラン。Ike&TinaTurnerで活動し、沢山のTop40ヒットを持っていますが、Top5ヒットとなると、1971年にJohnFogertyの名曲"ProudMary"のカバーが4位を...ビルボード全米Top401985年9月14日付ジョン・パーJohnParr-St.Elmo'sFire(ManInMotion)

  • ハート Heart - What About Love?(1985年の洋楽 Part35)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart35はHeartの"WhatAboutLove?"。最高位は8月24日付の第10位。年間チャートは87位。Heart、この曲は久し振りの大ヒットになりました。1975年の最高位9位を記録した"MagicMan"、1980年に最高位8位の"TellItLikeItIs"に続く3曲目のTop10ヒットです。Heartですが、そう、私の大好きな女性ボーカルロックバンド。女性ロックバンドの先駆者です。アン&ナンシーのウィルソン姉妹が中心のバンドで、デビューしたのは60年代のようですが、ファーストアルバムのリリースは1975年、『DreamboatAnnie』です。このアルバムは名盤でした。ハードロックからバラードまで、アルバムの構成も凝っていて、今聞いても飽きないアル...ハートHeart-WhatAboutLove?(1985年の洋楽Part35)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年9月7日付 Huey Lewis & The News - The Power Of Love

    1985年9月7日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がっての1位はJohnParrの"St.Elmo'sFire(ManinMotion)"。この曲は、映画『セント・エルモス・ファイアー』の主題歌です。JohnParrですが、デビューシングル"NaughtyNaughty"が最高位23位を記録、この曲が2曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1の獲得です。2位は2週間の1位からダウン、HueyLewis&TheNewsの"ThePowerOfLove"。この曲は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主題歌。HueyLewis&TheNewsですが、初のシングルヒット、最高位7位を記録した"DoYouBelieveinLove"以来、この曲で8曲目のTop40ヒットでもちろん初の...ビルボード全米Top401985年9月7日付HueyLewis&TheNews-ThePowerOfLove

  • コック・ロビン Cock Robin - When Your Heart Is Weak(1985年の洋楽 Part34)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart34はCockRobinの"WhenYourHeartIsWeak"。最高位は8月31日付の1週のみの第35位。年間チャートは圏外でした。久しぶりのレア曲の紹介の週になります。CockRobinですが、私も詳しくは分からないですが、アメリカロサンジェルス出身の4人組ポップ・ロックグループ。グループ名の「CockRobin」は、鳥の名前ですが、ウィキペディアによると、このバンド名は、17世紀に作られた物語「TheMarriageofCockRobinandJennyWren」にちなんでつけられたとのことです。バンドは、ソングライターで、リードボーカルのPeterKingsberyを中心に1982年頃結成、ファーストアルバム『CockRobin』はその3年後の19...コック・ロビンCockRobin-WhenYourHeartIsWeak(1985年の洋楽Part34)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年8月31日付 アレサ・フランクリン Aretha Franklin - Freeway Of Love

    1985年8月31日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はHueyLewis&TheNewsの"ThePowerOfLove"。この曲は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主題歌。HueyLewis&TheNewsですが、初のシングルヒット、最高位7位を記録した"DoYouBelieveinLove"以来、この曲で8曲目のTop40ヒットでもちろん初のNo1に輝きました。2位は4位からアップ、JohnParrの"St.Elmo'sFire(ManinMotion)"。この曲は、映画『セント・エルモス・ファイアー』の主題歌です。JohnParrですが、デビューシングル"NaughtyNaughty"が最高位23位を記録、この曲が2曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのTop3ヒットで...ビルボード全米Top401985年8月31日付アレサ・フランクリンArethaFranklin-FreewayOfLove

ブログリーダー」を活用して、mouさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mouさん
ブログタイトル
ビルボード・チャート日記
フォロー
ビルボード・チャート日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用