searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mouさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ビルボード・チャート日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mou-at40-billboard
ブログ紹介文
1970年代から最新のビルボード・ヒットチャート、そして70年代と80年代の隠れた名曲を紹介します。
更新頻度(1年)

106回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2012/05/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、mouさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mouさん
ブログタイトル
ビルボード・チャート日記
更新頻度
106回 / 365日(平均2.0回/週)
フォロー
ビルボード・チャート日記

mouさんの新着記事

1件〜30件

  • ビルボード 全米 Top40 1985年7月27日付 デュラン・デュラン Duran Duran - A View To A Kill

    1985年7月27日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、3位から上がっての1位はPaulYoungの"EveryTimeYouGoAway"。PaulYoungですが、母国イギリスではすでにNo.1ヒットを持っている人気アーチストですが、アメリカでは最高位22位のシングルが1曲のみ、この曲で2曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1です。2位は9位からジャンプアップ、TearsForFearsの"Shout"。TearsForFearsですが、イギリス出身のロックバンド。アメリカでは初めてのTop40ヒットで、No.1に輝いた"EverybodyWantstoRuletheWorld"に続く2曲連続のTop3ヒットになりました。母国イギリスではこの"Shout"の方が...ビルボード全米Top401985年7月27日付デュラン・デュランDuranDuran-AViewToAKill

  • ティル・チューズデイ 'Til Tuesday - Voices Carry(1985年の洋楽 Part28)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart28は'TilTuesdayの"VoicesCarry"。最高位は7月13日付の第8位。年間チャートは68位。デビューシングルがこの曲、もちろん初めての大ヒットになりました。'TilTuesdayですが、このシングルが入った同名アルバム『VoicesCarry』がデビューアルバムです。1982年にアメリカボストンで結成された4人組のニューウエイブ系ロックポップスグループ。ラジオのエアプレイで人気が出て、1985年にデビューアルバム『VoicesCarry』を発表します。"VoicesCarry"の作者はメンバー4人の共作。この曲、というか、このグループの特徴はやっぱりボーカル兼ベーシストのAimeeMannでしょう。彼女のささやくようなボーカルが凄く魅力的な曲...ティル・チューズデイ'TilTuesday-VoicesCarry(1985年の洋楽Part28)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年7月20日付 ユーリズミックス Eurythmics - Would I Lie to You?

    1985年7月20日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はDuranDuranの"AViewToAKill"。DuranDuranですが、初めてのヒットで3位を記録した"HungryLiketheWolf"以来、No.1を記録した"TheReflex"を含め、この曲で6曲目のTop5ヒット、5曲目のTop3ヒット、2曲目のNo.1となりました。2位は2週間の3位からアップ、Prince&TheRevolutionの"RaspberryBeret"。Princeですが、5週間の1位で年間チャートNo.1の"WhenDovesCry"、2週間の1位"Let'sGoCrazy"、最高位2位の"PurpleRain"に続く4曲目のTop3ヒットです。3位は6位からアップ、PaulYoungの"Ev...ビルボード全米Top401985年7月20日付ユーリズミックスEurythmics-WouldILietoYou?

  • キム・カーンズ Kim Carnes - Crazy In The Night(1985年の洋楽 Part27)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart27はKimCarnesの"CrazyInTheNight"。最高位は7月13日付の第15位。年間チャートは圏外でした。KimCarnesですが、デビューは70年代前半。1971年にデビューアルバム『RestonMe』をリリースしてソロ歌手としてデビューします。ですが、このアルバムは全くヒットしませんでした。それから約8年ほど、アルバムやシングルをコンスタントに出しますが、全くヒットしません。ついに彼女がTop40に登場したのは1978年のこと。この曲は知らない人も多いと思いますが、私のブログでは紹介していました、GeneCottonとのデュエットで"You'reaPartofMe"。最高位は36位といまいちのヒットでしたが、カントリー系のいい曲だったですよ。...キム・カーンズKimCarnes-CrazyInTheNight(1985年の洋楽Part27)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年7月13日付 サバイバー Survivor - The Search Is Over

    1985年7月13日付ビルボードAllAmericanTop40、この週も1位の交代です、2位から上がっての1位はDuranDuranの"AViewToAKill"。DuranDuranですが、初めてのヒットで3位を記録した"HungryLiketheWolf"以来、No.1を記録した"TheReflex"を含め、この曲で6曲目のTop5ヒット、5曲目のTop3ヒット、2曲目のNo.1となりました。2位は1週のみの1位からダウン、PhilCollinsの"Sussudio"。PhilCollinsですが、Genesisのドラマー兼ボーカル、Genesisでももちろんヒットを持っていますが、ソロでは"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"のNo.1ヒット、2位を記録したPhilipBa...ビルボード全米Top401985年7月13日付サバイバーSurvivor-TheSearchIsOver

  • スーパートランプ Supertramp - Cannonball(1985年の洋楽 Part26)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart26はSupertrampの"Cannonball"。最高位は7月6日と13日付の第28位。年間チャートは圏外でした。Supertrampですが、もちろん、1979年のあのメガヒットアルバム『BreakfastinAmerica』で世界的な人気バンドとなりました。イギリス出身のバンドで、元々はプログレッシブロックの要素が強かったですが、ポップな要素も取り入れた独自のロック。特に、リーダーのRickDaviesと、独特な繊細なボーカルのRogerHodgsonの二人の個性的なボーカルが特徴です。ファーストアルバムのリリースは1970年、『Supertramp』です。このアルバムはイギリスでもアメリカでもヒットはしませんでした。まだプログレ要素が強いアルバムでした...スーパートランプSupertramp-Cannonball(1985年の洋楽Part26)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年7月6日付 Katrina & The Waves - Walking On Sunshine

    1985年7月6日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、2位から上がっての1位はPhilCollinsの"Sussudio"。PhilCollinsですが、Genesisのドラマー兼ボーカル、Genesisでももちろんヒットを持っていますが、ソロでは"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"のNo.1ヒット、2位を記録したPhilipBaileyとのデュエット"EasyLover"、2週間の1位の"OneMoreNight"に続く4曲目のTop3ヒットで、3曲目のNo.1です。2位は3位からアップ、DuranDuranの"AViewToAKill"。DuranDuranですが、初めてのヒットで3位を記録した"HungryLiketheWolf"以来、No...ビルボード全米Top401985年7月6日付Katrina&TheWaves-WalkingOnSunshine

  • グラハム・パーカー Graham Parker & The Shot - Wake Up (Next To You)(1985年の洋楽 Part25)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart25はGrahamParker&TheShotの"WakeUp(NextToYou)"。最高位は6月22日付の第39位。Hot100には3週間のみのランクインで、年間チャートは圏外でした。GrahamParker、皆さんご存知でしょうか?70年代から活躍するイギリス出身のロックアーチスト、当時は日本では「グラハム・パーカー」と呼ばれていましたが、発音からすると「グレアム・パーカー」というのが正しいようです。そのGrahamParkerですが、70年代、日本のラジオでは結構曲が流れてきていました。もちろん母国イギリスでも人気のアーチストです。その70年代にはGrahamParker&TheRumourの名前で活動していました。70年代初めころから活動していたよう...グラハム・パーカーGrahamParker&TheShot-WakeUp(NextToYou)(1985年の洋楽Part25)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年6月29日付 ブライアン・アダムス Bryan Adams - Heaven

    1985年6月29日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はBryanAdamsの"Heaven"。BryanAdamsですが、カナダ出身のロックシンガー。83年の"StraightfromtheHeart"が初めてのTop40ヒットで10位を記録、その後ヒットを重ね、この曲で6曲目のTop40ヒットで、3曲目のTop10ヒット、初めてのNo.1にかがやきました。2位は前週と変わらず、2週目の2位、PhilCollinsの"Sussudio"。PhilCollinsですが、Genesisのドラマー兼ボーカル、Genesisでももちろんヒットを持っていますが、ソロでは"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"のNo.1ヒット、2位を記録したPhilipBaileyとの...ビルボード全米Top401985年6月29日付ブライアン・アダムスBryanAdams-Heaven

  • メリー・ジェーン・ガールズ Mary Jane Girls - In My House(1985年の洋楽 Part24)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart24はMaryJaneGirlsの"InMyHouse"。最高位は6月8日から3週間続けた第7位。年間チャートは63位。初めてのTop40ヒットで初めてで唯一の大ヒットになりました。MaryJaneGirlsですが、アメリカの女性4人組、R&Bファンクグループです。デビューは70年代後半、アメリカのR&BシンガーRickJamesのバックボーカルバンドとして活動します。RickJamesによって見出されたバンドだとのことです。バンドの名前「メリー・ジェーン」ですが、もちろん「つのだ・ひろ」は関係ありません。人の名前でもないようです。マリファナの隠語が「メリー・ジェーン」で、そこからきたらしいです。本格的なデビューは1983年、デビューアルバム『MaryJane...メリー・ジェーン・ガールズMaryJaneGirls-InMyHouse(1985年の洋楽Part24)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年6月22日付 ハワード・ジョーンズ Howard Jones - Things Can Only Get Better

    1985年6月22日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、2位から上がっての1位はBryanAdamsの"Heaven"。BryanAdamsですが、カナダ出身のロックシンガー。83年の"StraightfromtheHeart"が初めてのTop40ヒットで10位を記録、その後ヒットを重ね、この曲で6曲目のTop40ヒットで、3曲目のTop10ヒット、初めてのNo.1にかがやきました。2位は6位からジャンプアップ、PhilCollinsの"Sussudio"。PhilCollinsですが、Genesisのドラマー兼ボーカル、Genesisでももちろんヒットを持っていますが、ソロでは"AgainstAllOdds(TakeaLookatMeNow)"のNo.1ヒット、2位を記録した...ビルボード全米Top401985年6月22日付ハワード・ジョーンズHowardJones-ThingsCanOnlyGetBetter

  • リマール Limahl - Never Ending Story(1985年の洋楽 Part23)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart23はLimahlの"NeverEndingStory"。最高位は6月15日付の第17位。年間チャートは残念ながら圏外でした。Limahlですが、ソロでは初めてのTop40登場です、が、そう、日本でもかなり人気があったKajagoogooのリードボーカリストです。KajagoogooとしてのTop40ヒットは、"TooShy"邦題「君はTOOSHY」が1983年に最高位5位を記録しました。この1曲のみでしたが、記憶に残るヒットでした。さて、Limahlですが、イギリス出身で、まずはソロ歌手として1980年に活動を開始、この時は本名のChrisHamillで初めてのシングル"Angel"を発表、残念ながらアメリカはもちろん、本国イギリスでもヒットしませんでした。...リマールLimahl-NeverEndingStory(1985年の洋楽Part23)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年6月15日付 Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World

    1985年6月15日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はTearsForFearsの"EverybodyWantsToRuleTheWorld"。TearsForFearsですが、イギリス出身のロックバンド。母国イギリスではTop10ヒットを持っていますが、アメリカでは初めてのTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1に輝きました。2位は5位からアップ、BryanAdamsの"Heaven"。BryanAdamsですが、カナダ出身のロックシンガー。83年の"StraightfromtheHeart"が初めてのTop40ヒットで10位を記録、その後ヒットを重ね、この曲で6曲目のTop40ヒットで、3曲目のTop10ヒット、初めてのTop3ヒットになりました。3位は前週と変わらずこれで3週...ビルボード全米Top401985年6月15日付TearsForFears-EverybodyWantsToRuleTheWorld

  • ビルボード 全米 Top40 1985年6月8日付 ハロルド・フォルターメイヤー Harold Faltermeyer - Axel F

    1985年6月8日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、2位から上がって1位はTearsForFearsの"EverybodyWantsToRuleTheWorld"。TearsForFearsですが、イギリス出身のロックバンド。母国イギリスではTop10ヒットを持っていますが、アメリカでは初めてのTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1に輝きました。2週間の1位からダウンして2位はWham!の"EverythingSheWants"。Wham!ですが、初めてのTop40ヒット"WakeMeUpBeforeYouGo-Go"が3週間連続の1位、次のシングル"CarelessWhisper"も3週間連続の1位、そしてこの曲もNo.1、脅威のデビュー3曲連続のNo.1ヒットです。...ビルボード全米Top401985年6月8日付ハロルド・フォルターメイヤーHaroldFaltermeyer-AxelF

  • アリソン・モイエット Alison Moyet - Invisible(1985年の洋楽 Part22)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart22はAlisonMoyetの"Invisible"。最高位は6月1日付の1週のみの第31位。年間チャートは圏外でした。AlisonMoyet、この曲がヒットした当時は「アリソン・モイエット」と呼んでいましたが、最近は「アリソン・モイエ」と呼ばれているようです。ここでは当時と同じ「アリソン・モイエット」で表記します。そのAlisonMoyetですが、イギリス出身のシンガー・ソングライター。声量がある力強いボーカルで、男性だか女性だか、わからない声質ですが、もちろん女性ボーカリストです。ミュージシャンとしてのデビューは、シンセポップデュオ「Yazoo」のメンバーとして。2枚のアルバムを出して、アメリカではシングルが小ヒットでTop40には入れませんでしたが、母国...アリソン・モイエットAlisonMoyet-Invisible(1985年の洋楽Part22)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年6月1日付 ワム! Wham! - Everything She Wants

    1985年6月1日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はWham!の"EverythingSheWants"。Wham!ですが、初めてのTop40ヒット"WakeMeUpBeforeYouGo-Go"が3週間連続の1位、次のシングル"CarelessWhisper"も3週間連続の1位、そしてこの曲もNo.1、脅威のデビュー3曲連続のNo.1ヒットです。2位は3位からアップ、TearsForFearsの"EverybodyWantsToRuleTheWorld"。TearsForFearsですが、イギリス出身のロックバンド。母国イギリスではTop10ヒットを持っていますが、アメリカでは初めてのTop40ヒットで、もちろん初めてのTop3ヒットです。3位は4位からアップ、HaroldFalte...ビルボード全米Top401985年6月1日付ワム!Wham!-EverythingSheWants

  • シャーデー Sade - Smooth Operator(1985年の洋楽 Part21)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart21はSadeの"SmoothOperator"。最高位は5月18日と25日付の第5位。年間チャートは62位、アメリカでの初めてのヒットが大ヒットになりました。Sadeですが、イギリス出身の4人組バンド。そう、女性ソロボーカルではなくって、バンド名なのです。バンドのボーカルはSadeAdu。もちろんバンドの中心はボーカルのSadeAduですね。バンドのファーストアルバム『DiamondLife』のリリースは1984年。まずは母国イギリスでシングルカットされた"YourLoveIsKing"が大ヒットします。この曲、残念ながらアメリカでは最高位54位とパットしませんでした。そして"SmoothOperator"、イギリスではバンド3曲目のシングル、アメリカでは2...シャーデーSade-SmoothOperator(1985年の洋楽Part21)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年5月25日付 シンプル・マインズ Simple Minds - Don't You (Forget About Me)

    1985年5月25日付ビルボードAllAmericanTop40、1位の交代がありました、4位から上がって1位はWham!の"EverythingSheWants"。Wham!ですが、初めてのTop40ヒット"WakeMeUpBeforeYouGo-Go"が3週間連続の1位、次のシングル"CarelessWhisper"も3週間連続の1位、そしてこの曲もNo.1、脅威のデビュー3曲連続のNo.1ヒットです。1週のみの1位からダウンして2位はSimpleMindsの"Don'tYou(ForgetAboutMe)"。SimpleMindsですが、イギリスでは数曲のシングルヒットを持っていますが、アメリカでは初めてのシングルヒットでもちろん初めてのNo.1です。この曲は映画「TheBreakfastClub」のサン...ビルボード全米Top401985年5月25日付シンプル・マインズSimpleMinds-Don'tYou(ForgetAboutMe)

  • パティ・ラベル Patti LaBelle - New Attitude(1985年の洋楽 Part20)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart20はPattiLaBelleの"NewAttitude"。最高位は5月11日付の第17位。年間チャートは残念ながら圏外でした。PattiLaBelleですが、ソウル界の大物スターです。60年代初めにデビューして、初のTop40ヒットは1962年に最高位15位を記録した"ISoldMyHearttotheJunkman"。この時はPattiLaBelleandHerBlueBellesのグループとして活動していました。その後、レギュラーチャートではTop40ヒットはありませんでしたが、R&Bチャートでコンスタントにヒットを重ね、1974年に女性ソウルグループ「Labelle」としてリリースした"LadyMarmalade"がなんとレギュラーチャートでNo.1ヒ...パティ・ラベルPattiLaBelle-NewAttitude(1985年の洋楽Part20)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年5月18日付 マレー・ヘッド Murray Head - One Night In Bangkok "From CHESS"

    1985年5月18日付ビルボードAllAmericanTop40、3位から上がって1位はSimpleMindsの"Don'tYou(ForgetAboutMe)"。SimpleMindsですが、イギリスでは数曲のシングルヒットを持っていますが、アメリカでは初めてのシングルヒットでもちろん初めてのNo.1です。この曲は映画「TheBreakfastClub」のサントラ盤収録曲です。2位は1週のみの1位からダウン、Madonnaの"CrazyForYou"。6週間の1位を記録した特大のヒット"LikeaVirgin"に続く2曲目のNo.1ヒットになりました。最高2位の"MaterialGirl"と合わせて3曲連続のTop3入り。最高位4位の"LuckyStar"を合わせてこの曲で4曲目のTop5ヒットです。3位は5...ビルボード全米Top401985年5月18日付マレー・ヘッドMurrayHead-OneNightInBangkok"FromCHESS"

  • パワー・ステーション The Power Station - Some Like It Hot(1985年の洋楽 Part19)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart19はThePowerStationの"SomeLikeItHot"。最高位は5月11日と18日付の第6位。年間チャートは79位。ThePowerStation、初めてのヒットが大ヒットになりました。ThePowerStationですが、一流ロックアーチストが一時的に結成したいわゆる「スーパーロックバンド」。バンドのメンバーは、まずは当時人気の絶頂にあったDuranDuranのAndyTaylorがギター、JohnTaylorがベースを担当。そしてアンディとジョンから声をかけられたRobertPalmerがボーカルを担当。RobertPalmerは1979年"BadCaseofLovingYou(Doctor,Doctor)"が最高位14位を記録してからしばら...パワー・ステーションThePowerStation-SomeLikeItHot(1985年の洋楽Part19)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年5月11日付 マドンナ Madonna - Crazy For You

    1985年5月11日付ビルボードAllAmericanTop40、2位から上がって1位はMadonnaの"CrazyForYou"。6週間の1位を記録した特大のヒット"LikeaVirgin"に続く2曲目のNo.1ヒットになりました。最高2位の"MaterialGirl"と合わせて3曲連続のTop3入り。最高位4位の"LuckyStar"を合わせてこの曲で4曲目のTop5ヒットです。2位は4週間の1位からダウン、U.S.A.ForAfricaの"WeAretheWorld"。U.S.A.ForAfricaですが、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたチャリティソング、大物アーティスト45人が結集した洋楽史上最高の豪華メンバーです。3位は4位からアップ、SimpleMindsの"Don'tYou(Forg...ビルボード全米Top401985年5月11日付マドンナMadonna-CrazyForYou

  • ドン・ヘンリー Don Henley - All She Wants To Do Is Dance(1985年の洋楽 Part18)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart18はDonHenleyの"AllSheWantsToDoIsDance"。最高位は5月4日付の1週のみの第9位。年間チャートはぎりぎりチャートインしての97位とまずまずのヒットとなりました。DonHenleyですが、もちろん皆さんご存知ですよね。私が大好きなイーグルスのドラマーであり、ボーカリストであり、ソングライターです。そのDonHenley、イーグルス解散後の1984年にリリースしたセカンドソロアルバム『BuildingthePerfectBeast』から、最高位5位を記録した"TheBoysOfSummer"に続くセカンドシングルカット曲がこの曲"AllSheWantsToDoIsDance"です。ドン・ヘンリーのことと、セカンドアルバムについては、...ドン・ヘンリーDonHenley-AllSheWantsToDoIsDance(1985年の洋楽Part18)

  • Holly Knight Spider - New Romance(1980年の洋楽 Part26)

    HollyKnightで盛り上がっていましたので、予定外でしたが、HollyKnightがもしかすると唯一バンドメンバーとして全米Top40に登場した1980年のヒット曲Spiderの"NewRomance"です。最高位は1980年6月7日と14日の第39位。たった2週間でしたが、Top40に入るヒットとなりました。Spiderですがご存じだったでしょうか。1977年に結成された6人組アメリカンロックバンド。HollyKnightはキーボードプレイヤー。ボーカルは女性でAmandaBlueLeigh。レコードデビューは1980年にリリースされたファーストアルバム『Spider』。最高位は130位とあんまりヒットしませんでした。シングルカットされた"NewRomance(It'saMystery)"が最高位39位...HollyKnightSpider-NewRomance(1980年の洋楽Part26)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年5月4日付 アニモーション Animotion - Obsession

    1985年5月4日付ビルボードAllAmericanTop40、4週目の1位はU.S.A.ForAfricaの"WeAretheWorld"。U.S.A.ForAfricaですが、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたチャリティソング、大物アーティスト45人が結集した洋楽史上最高の豪華メンバーです。2位は前週と変わらずこれで3週目の2位、Madonnaの"CrazyForYou"。6週間の1位を記録した特大のヒット"LikeaVirgin"、最高2位の"MaterialGirl"に続き3曲連続のTop3入りです。最高位4位の"LuckyStar"を合わせてこの曲で4曲目のTop5ヒットです。3位も前週と変わらず、DeBargeの"RhythmOfTheNight"。DeBargeですが、デバージ家の兄弟...ビルボード全米Top401985年5月4日付アニモーションAnimotion-Obsession

  • エリック・クラプトン Eric Clapton - Forever Man(1985年の洋楽 Part17)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart17はEricClaptonの"ForeverMan"。最高位は4月27日付の1週のみの26位。年間チャートは圏外でした。EricClaptonですが、ロックファンはもちろん、洋楽ファンの皆さんならご存知ですよね。私より詳しいと思います。言うまでもなくギターの名手。偉大なるギタリストです。また、渋いボーカリストでもあり、ソングライターでもあります。1960年代からすでにスーパースター。ヤードバーズからクリーム、ブラインド・フェイス、デレク&ドミノスと、伝説のグループを渡り歩きます。ソロ活動でも、アルバム『461OceanBoulevard』で全米No.1、シングルでもこのアルバムに収録されたボブ・マーリーの曲"IShotTheSheriff"でこちらもNo.1...エリック・クラプトンEricClapton-ForeverMan(1985年の洋楽Part17)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年4月27日付 ウィ・アー・ザ・ワールド U.S.A. For Africa - We Are the World

    1985年4月27日付ビルボードAllAmericanTop40、3週目の1位はU.S.A.ForAfricaの"WeAretheWorld"。Hot100にはまだ6週目で既に3週間の1位です。U.S.A.ForAfricaですが、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたチャリティソング、大物アーティスト45人が結集した洋楽史上最高の豪華メンバーです。2位は前週と変わらず、Madonnaの"CrazyForYou"。6週間の1位を記録した特大のヒット"LikeaVirgin"、最高2位の"MaterialGirl"に続き3曲連続のTop3入りです。最高位4位の"LuckyStar"を合わせてこの曲で4曲目のTop5ヒットです。3位は5位からアップ、DeBargeの"RhythmOfTheNight"。De...ビルボード全米Top401985年4月27日付ウィ・アー・ザ・ワールドU.S.A.ForAfrica-WeAretheWorld

  • 追悼 レスリー・マッコーエン Bay City Rollers - The Way I Feel Tonight

    昨日、悲しいニュースが入ってきました。ベイ・シティ・ローラーズのリードボーカルのレスリー・マッコーエンさんが、4月20日に死去したとのことでした。65歳でした。ベイ・シティ・ローラーズ、私が洋楽を聞き始めた70年代半ば、ベイ・シティ・ローラーズの人気は驚異的なものでした。その人気は、もちろんルックスと企画力で生まれたもので、演奏はお世辞にもうまいとは言えず、当時の私の周りのロック少年たちからは忌み嫌われていました。でも、曲をよく聴いてみると、昔のヒット曲などを持ってきて、うまくアレンジする選曲に加えて、レスリー・マッコーエンの歌唱がベイ・シティ・ローラーズを支えていたと言っても良いでしょう。そのレスリーの素晴らしいボーカルを聞くことができる曲がこの曲"TheWayIFeelTonight"。邦題は「愛をささやく...追悼レスリー・マッコーエンBayCityRollers-TheWayIFeelTonight

  • ダイアナ・ロス Diana Ross - Missing You(1985年の洋楽 Part16)

    1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart16はDianaRossの"MissingYou"。最高位は4月13日付と20日付の第10位。年間チャートは49位。Top40には9週間と短かったですが、Hot100には27週間滞在したロングヒットで、最高位10位ながら年間50位以内のヒットとなりました。さてこの曲、"MissingYou"ですが、今週紹介したCommodoresの"Nightshift"でも話題になりましたが、まずは曲の作者はCommodoresを脱退したLionelRichie。作詞作曲ともLionelRichieが務めています。DianaRossとLionelRichieといえば、もちろん"EndlessLove"の特大のヒットが思い浮かびます。そして、MarvinGaye。前年の198...ダイアナ・ロスDianaRoss-MissingYou(1985年の洋楽Part16)

  • ビルボード 全米 Top40 1985年4月20日付 コモドアーズ Commodores - Nightshift

    1985年4月20日付ビルボードAllAmericanTop40、2週目の1位はU.S.A.ForAfricaの"WeAretheWorld"。Hot100にはまだ5週目です。U.S.A.ForAfricaですが、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたチャリティソング、大物アーティスト45人が結集した洋楽史上最高の豪華メンバーです。2位は3位からアップ、Madonnaの"CrazyForYou"。6週間の1位を記録した特大のヒット"LikeaVirgin"、最高2位の"MaterialGirl"に続き3曲連続のTop3入りです。最高位4位の"LuckyStar"を合わせてこの曲で4曲目のTop5ヒットです。3位は4位からアップ、Commodoresの"Nightshift"。Commodoresですが、...ビルボード全米Top401985年4月20日付コモドアーズCommodores-Nightshift

カテゴリー一覧
商用