chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サニー
フォロー
住所
群馬県
出身
未設定
ブログ村参加

2012/01/12

arrow_drop_down
  • 難聴・耳鳴り・認知症を防ぐ対処法

    「人生100年時代」と言われるようになりました。この本の著者は、人生の後半を...

  • 宮本武蔵

    この本は宮本武蔵の生涯を描いた本です。小説というより解説本のようにも思えます。...

  • 光る君へ 前編

    今年(2024年)放送中のNHK大河ドラマ「光る君へ」の解説本です。この本に...

  • 上州 国盗り物語

    群馬県は古くは上野の国と呼ばれた地域です。この本は現在の群馬県の伊勢崎市の...

  • Z世代化する社会

    「Z世代」とは、明確な定義がされているわけではないようですが、一般的に1990...

  • 続 窓ぎわのトットちゃん

    最近、黒柳徹子さんが書かれた「窓ぎわのトットちゃん」の続編が発行されました。...

  • 実践 ポジティブ心理学

    ポジティブ心理学は、それまでの臨床心理学が心の病に対処するためのものだったのに...

  • 極楽 征夷大将軍

    この「極楽 征夷大将軍」は室町幕府の祖・足利尊氏を描いた物語です。この小説に...

  • パーキンソン病は自宅で治せる

     高齢化に伴い、日本で急増している病気に「パーキンソン病」という神経系の病気...

  • 世田谷駐在刑事

    主人公の小林は日本有数の高級住宅地の駐在所に勤務する警察官(駐在さん)だが、彼...

  • マイナ保険証の罠

    2023年6月2日、私たちの生活を大きく変えてしまうかもしれない法案が成立しま...

  • 循環系ストレッチ

    「循環系ストレッチ」とは、生活習慣の乱れや加齢によって生じた血流の低下と血管の...

  • ホライズン・ゲート

    物理的に自然発生しない規模の超巨大ブラックホール〈ダーク・エイジ〉は、どうやら...

  • とうきょうの鉄道大百科

     本の題名の通り、東京近辺を走る鉄道路線のすべてとそこを走る代表的な車両がたく...

  • 黄泉から来た女

    内田康夫氏作の浅見光彦シリーズのミステリーです。物語の舞台は日本三景のひとつ...

  • イーロン・マスクとは何者か

    皆さんもイーロン・マスク氏の名前はご存じだと思います。あの宇宙ロケットの開発...

  • 5A73

    この小説の題名「5A73」はパソコン等で表示されるJISコードで、そのコードに...

  • ブラタモリ 12

    ブラタモリ・シリーズの第12巻です。この巻では「別府」「神戸」「奄美」が取り...

  • 容疑者Xの献身

    帝都大学の物理学部准教授である湯川学の推理で完全犯罪の謎を解く東野圭吾作のガリ...

  • 街とその不確かな壁

    この本は「第一部」「第二部」「第三部」の3つの部分にわかれて合わせて660ペー...

  • やってはいけない「食べ合わせ」

    「ほうれん草で鉄分がとれる」「牛乳にはカルシウムが含まれているから体にいい」「...

  • 地図と拳

    この本は600ページを超える長編で日清戦争後の旧満州を舞台に西暦1899年から...

  • 十津川警部 絹の遺産と上信電鉄

    警視庁捜査一課の西本刑事が、世界遺産に登録されて間もない群馬県の富岡製糸場で毒...

  • アフターChatGPT

    2022年11月30日に「ChatGPT」が無料公開され、瞬く間に世界中から注...

  • 資産寿命

    「人生100年時代」という言葉をよく耳にしますね。確かに平均寿命は着実に伸び...

  • アクティベイター

    この本の題名「Activator」とは日本語にすれば「活動的にする人」とか「活...

  • 鳥取力

    鳥取県は日本で最も小さい県です。 多くの人には鳥取県は中国地方の片田舎と認識さ...

  • 窓ぎわのトットちゃん

    黒柳徹子さんが書かれた「窓ぎわのトットちゃん」という題名のこの本、多くの皆さん...

  • トコトンやさしい元素の本

    「元素」というものについては、皆さんも学校で習ったことがあると思いますが覚えて...

  • A

    この本には中村文則作の13篇の短編が収められています。それらには登場人物とし...

  • カジノ解禁が日本を亡ぼす

    カジノ解禁を推進する動きがあるようです。。雇用促進、経済効果、外国人観光客の誘...

  • CYBER COMMANDO

    防衛省の自衛隊指揮通信システム隊の中に新設されたサイバー防衛隊に属する明神海斗...

  • リブート!

    「リブート」とはコンピュータ・システムなどの「再起動」を示すIT用語です。こ...

  • 健康脳

    この本の著者は放射線科の医師でCTやMRI画像から病気を見つけ、病気を診断する...

  • 水素社会入門

    脱酸素に向けて世界が目標を掲げ、その一つとして日本も水素の活用に取り組み始めま...

  • ブラタモリ13

    ブラタモリ・シリーズの第13巻です。この巻では「京都、清水寺・祇園」「黒部ダ...

  • ねじまき鳥クロニクル 第3部 鳥刺し男編

    第3部では、第2部に続いて登場人物がそれぞれの過去を語ります。終戦直前の満州...

  • ねじまき鳥クロニクル 第2部 予言する鳥編

    第2部では、主人公・オカダ・トオルの妻・クミコが朝会社に行ったまま帰ってこなか...

  • ねじまき鳥クロニクル

    村上春樹作の「ねじまき鳥クロニクル 第一部 泥棒カササギ編」を読みました。語...

  • 温かいテクノロジー

    テクノロジーの発展により、私たちの暮らしは便利になってきました。一方で、テク...

  • 不老脳

    この本によれば、大脳の一部である前頭葉には「意欲を司る」という大事な役割があり...

  • ブラタモリ10

    「ブラタモリ」シリーズの第10巻です。この巻では「富士の樹海」「富士山麓」「...

  • ダイヤモンド・ザイ

     以前、「NISA」に関する本を紹介しました。しかし、来年からNISAが一部...

  • 覇王の轍

    警視庁のキャリア組の女性警察官僚である樫山順子は桜田門の警視庁本部から、北海道...

  • 信仰

    表題作「信仰」はカルト商法を題材にした作品です。私こと永岡は大学の同級生の石...

  • ブラタモリ9

    「ブラタモリ」シリーズの第9巻です。この巻では、「平泉」「新潟」「佐渡」「広...

  • 厳島

    この小説は”戦国三大奇襲”に数えられるという「厳島の戦い」を描いたものです。...

  • 臨床の砦

    物語の舞台は地方都市にある信濃山病院、主人公はその病院に勤務する内科医の敷島寛...

  • Androidは初期設定で使うな

    「「スマートフォン(以下スマホ)を買ったがうまく使いこなせない」「ひと通りの操...

  • ビット・トレーダー

    主人公の矢部恭一は外車ディーラーの営業マン。そして彼はサイド・ビジネスとしてデ...

  • ブラタモリ6

    「ブラタモリ」シリーズの第6巻です。この巻では「松山 道後温泉」「沖縄」「熊...

  • 東京下町殺人暮色

    物語は好天の日曜日、川の水面に浮かぶ川鵜を見物していた母親と娘がバラバラ死体を...

  • 「スパコン富岳」後の日本

    日本の理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳...

  • ブラタモリ8

    「ブラタモリ」シリーズの第8巻です。 この巻では、「横浜」「横須賀」「会津」...

  • 希望荘

    物語の主人公・杉村三郎は東京都内に事務所を構える私立探偵である。杉村は、また調...

  • グルメの噓

     飲食店業界の周辺には料理評論家、食評論家、レストラン・ジャーナリスト、フード...

  • サイバーセキュリティの罠

    企業ネットワークへの不正侵入、ランサムウエアをはじめコンピュータウイルス(マル...

  • 荒地の家族

    東日本大震災から十数年経った被災地にて植木職人として生活している酒井祐治はあの...

  • ゴミ屋敷に棲む人々

    悪臭のする不衛生な「ゴミ屋敷」で、他者の介入を拒否し、物に埋もれながら暮らす人...

  • 龍は眠る

    雑誌記者の高坂昭吾は嵐の夜、車で東京に向かう途中、道端で自転車がパンクして立ち...

  • 日本のシン富裕層

    この本の著者によれば、この20数年で日本の富裕層が大きく変わったそうです。その...

  • 「ななつ星」極秘作戦

    警視庁捜査一課の十津川警部は、突然、弥富副総監から呼び出され、極秘の指令を受け...

  • 富士急行の女性客

    富士急行は中央本線の大月から富士吉田を経て河口湖まで、およそ26キロの鉄道であ...

  • Z世代

    今、日本では「Z世代(ゼネレーションZ)」と呼ばれる新しい若者世代が注目を集め...

  • 「ななつ星」1005番目の乗客

    賀谷大三郎は親孝行の為に母親を連れて九州の名所を巡る超人気列車「ななつ星」ツア...

  • 電力崩壊

    日本の電力供給に異変が起きています。電力需給ひっ迫警報や注意報の発令が続き、...

  • Newton 虚数

    Newton という月刊誌ですが「虚数」というと特集記事にひかれて読んでみまし...

  • 惑う星

    主人公の宇宙生物学者のシーオ・バーンは宇宙で生命を探す研究をしている。彼は妻を...

  • 統一教会 何が問題なのか

    2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相暗殺という衝撃的な事件に端を発し、統一...

  • 筋肉の科学知識

    最近、筋肉の衰えを感じるようになりました。そこで、筋トレを始めようと思いまし...

  • 5G

    現在、サービスが始まりつつある第5世代移動通信システム(規格)5Gについて解説...

  • レッドネック

    大手広告代理店に勤務している矢吹蛍子は社命でカナダのバンクーバーに出張し、ケビ...

  • 座間9人殺人事件

    「座間9人殺人事件」とは、2017年に起きた、当時27歳の男(白石隆浩)がネッ...

  • 新!店長がバカすぎて

    以前紹介した「店長がバカすぎて」の続編のようです。「店長がバカすぎて」から3...

  • 80歳の壁

    人生100年時代と言われています。心身ともに自立して健康でいられる年齢を「健...

  • モナドの領域

    河川敷で切断された女性の右腕が発見された。ほどなくして近くの公園で片足が発見さ...

  • ストレス脳

    以前、紹介した「スマホ脳」の著者であるスウェーデンの精神科医アンディッシュ・ハ...

  • アドラー性格を変える心理学

    アドラーは、フロイトやユングと並ぶ「心理学の三大巨頭」の一人と言われる人だとの...

  • 店長がバカすぎて

    武蔵野書店吉祥寺本店で働く契約社員の谷原京子が主人公です。京子は山本店長のも...

  • ブラタモリ5

    、「ブラタモリ」シリーズの第5巻です。この巻では「札幌」、「小樽」、「日光」...

  • 阪急電車

    この小説は阪急今津線の「宝塚駅」から「西宮北口駅」までの8つの駅とその沿線の町...

  • サイバー完全兵器

    インターネットが普及し、電話や車、電力網、人工衛星まで、ほとんどの物がサイバー...

  • 宇宙のランデヴー4

    「宇宙のランデヴー」の完結編「宇宙のランデヴー4」の上巻です。文庫本ではなくハ...

  • 宇宙のランデヴー3

    アーサー・C・クラーク(とジェントリー・リーの共作)のSF作品「宇宙のランデヴ...

  • はじめてのNISA

    皆さん、NISAをご存じでしょうか。ご存じの方も多いと思いますが、ご存じでない...

  • 宇宙のランデヴー2

    この本(文庫本2冊)は、以前(かなり前)紹介したアーサー・C・クラーク作のSF...

  • 鎌倉殿の13人 完結編

    この本は以前紹介したNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のガイドブックの前編、...

  • ACT(警視庁特別潜入捜査班)

    田宮一郎はある小劇団の劇団員である。しかし田宮一郎にはもう一つの顔がある。そ...

  • 2035年「ガソリン車」消滅

    世界的なカーボンニュートラルの流れの中で日本政府も2020年秋に2050年まで...

  • 母性

    題名のとおり「母性」をテーマにした小説です。主な登場人物は「母」と「娘」、そ...

  • いらない保険

    一口に保険と言っても様々な保険がありますよね。テレビCMやダイレクトメールなど...

  • ネヴァー・ゲーム

     主人公・コルター・ショウの職業は懸賞金ハンター。懸賞金ハンターとは賞金稼ぎ...

  • スピリチュアルにハマる人 ハマらない人

    「スピリチュアル」がブームになってるようです。この本には、その「スピリチュア...

  • ブラタモリ 4

     「ブラタモリ」シリーズの第4巻です。この巻では「松江」、「出雲」、「軽井沢...

  • テスカトリポカ

    「テスカトリポカ」という題名、これはメキシコの古代文明アステカの神の名前だとい...

  • メタバースとは何か

    皆さん、「メタバース」という言葉を聞いたことありますね。メタバースとは言葉で...

  • ブラックボックス

    主人公のサクマ(佐久間亮介)は自転車(ロードバイク)を駆り、短時間で書類などを目...

  • 正義を振りかざす「極端な人」の正体

    ネットを見ていると、極端に攻撃的な意見を書き込んでいる人を見かける。そういっ...

  • 日の名残り

    かつてイギリスの政界の名士であったダーリントン卿に仕えた執事・スティーブンスが...

  • ブラタモリ 3

    以前にも紹介した「ブラタモリ」シリーズの第3巻です。この巻では「函館」、「川...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、サニーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サニーさん
ブログタイトル
サニーのひだまり広場
フォロー
サニーのひだまり広場

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用