フルートと音楽の日々
住所
出身
ハンドル名
センニンさん
ブログタイトル
フルートと音楽の日々
ブログURL
http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
フルートとヴァイオリンのレッスンを受けています。フルートの製作家とも交流があります。
自由文
休日は庭の花などの写真を撮ったりスイーツを作ったりしています。アンティークや現代の器類も趣味です。
更新頻度(1年)

344回 / 283日(平均8.5回/週)

ブログ村参加:2012/01/08

センニンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 51,076位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 20 50 30 20 10 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,797位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,829サイト
植物・花写真 103位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト
音楽ブログ 894位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,878サイト
大人の音楽活動 23位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 453サイト
クラシックブログ 408位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,582サイト
フルート 18位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 191サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,730位 31,353位 32,336位 35,528位 36,606位 35,067位 30,682位 969,592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 20 50 30 20 10 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,007位 1,070位 1,100位 1,215位 1,291位 1,206位 1,082位 32,829サイト
植物・花写真 37位 39位 42位 47位 49位 44位 39位 1,523サイト
音楽ブログ 359位 397位 412位 484位 541位 479位 388位 27,878サイト
大人の音楽活動 8位 9位 8位 11位 13位 11位 7位 453サイト
クラシックブログ 274位 302位 302位 327位 342位 339位 302位 4,582サイト
フルート 11位 14位 14位 14位 14位 14位 13位 191サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,592サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 20 50 30 20 10 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,829サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,878サイト
大人の音楽活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 453サイト
クラシックブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,582サイト
フルート 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 191サイト

センニンさんのブログ記事

  • 久しぶりのスタジオ

    練習場所を二箇所使っていますが、今日は先に使うようになった施設で、その中の “スタジオ” です。 名前の通りダンスや撮影にも使える部屋なので洗面の施設も備えられています。 ライトも複数の種類を切り替えて使うことができます。 必要に応じて LED のスタンドなども使うことができます。 真っ暗にすることもできます。 舞台の雰囲気です。 邪魔なものが見えないと集中できます。   にほんブログ村

  • キラキラのキャンドルスタンド:スワロフスキー

    しばらく前のことで忘れていましたが、銀座の(株)創美 さんに行ったとき見つけました。 スワロフスキーの製品で、ペアで並んでいました。 三つあったら団子ですね。 スワロフスキーは全体を一度に削り出しているわけではなくてパーツを接着していますが、それを感じさせない美しい仕上がりが素晴らしいです。 ガラス自体の質は Baccarat に勝るとも劣らない美しさですが、キラキラと輝くこのカットこそがスワロフスキーの命です。 セカンドハンズなのでとてもお安くてラッキーでした。      にほんブログ村

  • ジャクソンフルーツ

    コーヒー豆を買う千葉そごう地下の UCC のお店の近くに  TAKANO があります。 土曜日にその前を通りましたら珍しいものに目が止まりました。 小さめのグレープフルーツのようです。 グレープフルーツの変異種だとのことで珍しいので買ってみました。 5個で 1,000円。   こんな色です。       先日追加で求めたグレステンのペティナイフで切ってみました。         切ったものが貼り付かない大きめのディンプルが特徴です。 握った手がまな板につかないような形状になっています。 とても気持ちよく切れます。 食べてみますと看板に偽りなく、酸味は..

  • Kalita Coffee Mill:Next G

    朝からコーヒーゼリー作りですが、新しいミルを試すのが楽しみでもありました。     台所が空くまでの間庭を見ていますと久しぶりにカタツムリを見ました。 今まではセラミックの臼刃のタイプ(C-90)を使っていましたが、思うところあってカット刃のタイプに更新しました。 Kalita の ナイスカットG というタイプと基本構造は似ていますが、ナイスカットG が鋼鉄製の刃を採用しているのに対し Next G ではセラミック製の刃を採用しています。   カット刃を使いたいと思っていたのです。       この機種で評価が高いのが静電気を除去して微粉の飛び散りを防止していることです。 どうやら他の機種では微粉の飛び散りが悩みの種であったようです。     今まで使っていたミ..

  • サルスベリも始まっていた

    昨日の朝の続きで予約投稿です。 鶏頭は大きくなると脳みそみたいですが、小さいうちは可愛らしいです。 蜂が結構来ます。 ベニバナトチノキのタネが手の届くところにもありました。 アルストロメリアはそろそろ見納めになりそうです。   山椒のタネも熟し始めています。     フロックスは見頃がすぐ過ぎます。 ヘメロカリスも頑張っていますが、花びらの状態が少し良くありません。 北の庭の桔梗も最後の最後です。 トンボも見るようになりました。 他所で咲いていたので上を見ると我が家でも咲いていました。 ..

  • やっぱり焙煎から日が経っている:UCC

    もう少し先のつもりだったのですがコーヒーゼリーを作ることにしたので豆を買いに行ってきました。   いつもと同じ UCC のガテマラですが、これまでずっと膨らみが弱いなと思っていましたが、やはりそうかと思うことがありました。     先に次の入荷はいつかと訊きますと10日ほど後だとの回答でした。 毎週入荷するものと思っていたのでちょっと驚きでした。 それまでは待てないので今あるもので明日にでも作らなければと思い買うことにしましたら、工場から届いた袋のままのものであると言われそれを買ってきました。     こいう袋で届くのですね。       で、喜んで買って帰ったわけですが、袋をよく見るとこんな日付が印字されています。 多分消費期限か販売期限なのでしょうが、推測ですが今年の6月にローストされたものではないか..

  • 風が吹いてる

    まだ暑い朝ですが、久しぶりに風が強い朝です。 昨日まで風邪気味でしたが遅めに起きたので睡眠の力でほぼ治りました。 バックが違えば違う写真です。 よく頑張っています。 ランタナにバッタがいました。 バッタの緑はきれいです。 ブッドレアもまだもう少し。 起床が遅かったので日差しが強いです。 根元にはクワガタもカブトムシもいませんでした。 鹿の子百合が自分は好きなんだなと改めて思いました。 シーボルトが持ち帰って紹介した時驚きをもって迎えられたカノコユリ。 ユリといえば白に決まっていて『受胎告知』にも必ず描かれますが、..

  • 今週も終わり

    いつもならレッスンの日ですが、お盆はいつもお休みです。 昨日より早めに帰れたので X-T3 を持ち出して鹿の子百合を撮りました。 昨日と似たような構図ですが、いつもの HVフォーマット で、補正なしです。 同じ時間に撮っても iPhoneX では1枚目のようなのは無理ですね。 いよいよタカサゴユリが咲き始めました。 増えすぎないようにタネが熟す前に取らなければ。 夕方なので色味はイマイチです。 西日と蝉。 まだまだ暑いです。        にほんブログ村

  • よくまとまったMOOK

    お盆の終わり、お墓に送って行きました。 お迎えは早め、お送りは遅めです。 送るのは16日というところもあるようです。   帰宅したのは少し暗くなった時間でしたが、鹿の子百合が咲いたのに気づきました。 X-T3 を持ち出す時間がなく、iPhoneX で撮影しました。 修正して背景を隠しています。 次のお休みには撮り直しができそうです。 さて先日コンビニでこんな MOOK を見つけました。 自宅でコーヒーを淹れる道具がよくまとめられていて、できたコーヒーの味の傾向までまとめられています。 最近ちょっと気になっているのがキーコーヒーのこのドリッパーです。 製造は HARIO あたりではないかと思うのですが、内側が独自の構造で、技術による違いが出にくくなっているそうです。 HARIO の..

  • 誰かの忘れ物

    お盆休みというわけではありませんが、お休みだったので練習の後千葉そごうに行きました。 立体駐車場から本館9Fに行きますと窓のところに何かあります。 イヤリングみたいですね。 片方だけ。 片方を彼の家のベッドの下に捨ててくるというシチュエーションを歌ったのはユーミンの『PEARL PIERCE』でしたが、これはどうしてこんなところに落ちたのでしょうね。   7Fロイヤルサロンに預けました。   1週間は預かってくれるそうですのでもしお心当たりの方がいらっしゃいましたら問い合わせてみられたらいいでしょう。 シャツも消耗品ですが、このところ新しいものを買っていないのでそろそろ引退かなというものが増えてきたので紳士物の売り場に行ってみました。 うまい具合にセールが行われていてサイズが..

  • お盆も少しづつ変わる

      今回は過去の記事から写真を拾っています。   今日からお盆ですが、こちらの地域でも精霊馬はあまり見かけません。 実物は見たことがなくても写真などでご覧になったことがある方は多いと思いますが、多くは割り箸を脚に見立てて胡瓜で馬、茄子で牛を作ります。   作る時期や使い方は地域によって違いがあるそうですが、こちらでは今日飾ります。   胡瓜の馬は足が速いのでお迎え、牛はゆっくりなのでお帰りにご先祖様が乗るとされています。     あまり見なくなったのは処分がしにくいという事情もあります。         今日も同じものを見ましたが、新盆のお宅の門口に提灯が立てられます。         一枚目とこちらなどは他の地域では見られないようですが、新盆のお宅に作るものです。   町内会の両隣二軒づつが新盆のお宅に集まって作るのですが、こ..

  • 星野道夫はF3

    iPhoneX での撮影です。 書店に立ち寄って別冊太陽などを眺めていましたら星野道夫さんの特集号がありました。 好きな写真家の名前を問われると真っ先に挙げるのが星野さんです。 この別冊太陽にはアラスカのシシュマレフ村に向かう前に村長宛に出した手紙など貴重な資料が収載されています。 最も好きな作品の一つがこれです。 そのまま写すことができないのがもどかしいです。 手前に巨大な角が配置されたこれも良いですね。 親子のグリズリーの微笑んでいるような写真も素敵です。 1枚目の F3 は狼が咥えて引きずって行ったというエピソードのあるカメラで、買ったばかりであったようです。 私が買った時はまだ HP(ハ..

  • タカサゴユリ、咲く

    昨日の朝の続きで予約投稿です。 コガネグモですね。 巣に飾りを作ることと足を2本づつ束ねて休むのが特徴です。 小さな柚子が落ちていました。 色づいているのがちょっと不思議です。 早々と網目状になった鬼灯。 作ったのは一列になっている虫です。 繁殖力の強いタカサゴユリの最初の開花です。 センリョウは花が終わり、これから色づき始めます。 最後の平江帯です。 フロックスはもう少し楽しめます。 少し淡い色。 白。 最初に咲いたヘメロカリスはもうこんなになりました。 タネが飛びます。 ..

  • 困っちゃうなあ

      今日は山の日。 ポテト増量で “山盛り” だそうです。 明日は振替休日。       今日も暑いので涼しいところに避難です。     トイレもきれいで気持ち良いです。 さて気持ちよくないのはこちら。 勝手にパスワードを無効にされてしまったのですが、再設定がうまくいきません。 で、サポートに電話するのですが一向に繋がりません。   履歴が200件を超えると上書きされると初めて知りました。 リダイヤル繰り返すこと多分トータル千回は優に超えています。 もちろん1日でではないですが。   繋がったことが何度かはあります。 昨日が初めてでしたが、  混み彫っています、そのまま待つかしばらくしてから再度掛けて とアナウンスがあったので待っていたのですが一向に担当に繋がりません。 それで..

  • うだる朝

    まだまだ太陽が元気な朝です。     風もなくて日陰にいてもうっすらと汗をかきます。 この時期バラもあまり見応えがありません。 カノコユリが咲きそうです。 頑張る紫陽花。 ずっと雨が降っていないのに皇帝ダリアの葉は露を持ちます。 パイナップルリリーはピークを過ぎました。 ランタナは次々に咲いていますが、心なしかげんなりしています。 ブッドレアもピークを過ぎました。 きれいな部分を探して撮ります。 エノコログサは猫じゃらしとも言うそうです。 毛虫みたいです。 と思ったら毛虫が這っていました。 案外速くて撮り..

  • ふなっしーのファミリーとお友達なっしー

    船橋ららぽーとに「ふなっしー LAND」というコーナーがあるのですが、今日はそごう千葉店に出張してきていました。   ついでに今検索しましたら船橋ららぽーとの場所に元々あった「船橋ヘルスセンター」は1955年にオープンし、1977年に営業終了しています。 元々温泉が出たので作られたそうですが、地盤沈下対策で温泉やガスの採掘が止められたために終了したそうです。 子供の頃行った記憶があります。   日本で最初のウォータースライダー「大滝すべり」も人気だったそうです。   スタッフは大勢いましたが、スマートフォンで撮影している人多数で、特に止められはしませんでした。   こちらはふなっしーの弟の ふなごろー。       角と尻尾があるんですが . . .。 こちらはふなっしーの幼馴染の..

  • 産卵か?:カブトムシ

    今日も明るい時間に帰宅したので庭をチェックします。 クワガタかカブトムシはいるだろうかとムクゲの木の根元を見ましたが、どちらもいません。     しかしその場を離れようとしたまさにその時カブトムシが飛んできてムクゲの木の周りを飛びました。   急いでカメラをとって戻りますと、姿が見えません。   しかし木に止まったはずと思って探しますと、一本の木の根元の方でカサコソと音がします。 草の陰で暗いので感度を上げて絞りを開けてやっと撮りました。 産卵の時期は8月らしいのでさてはここで卵を産むのかと思いましたが、これはオスなので違いますね。 きっと樹液を吸っているのでしょう。 明るい時間に出会いたいものです。 明るい時間に出会いたいも..

  • 『暗幕のゲルニカ』から『制作』へ

    『ジヴェルニーの食卓』が良かったので続いて原田さんの作品を読みました。   9.11 をきっかけに書かれたというこの作品、事件の起こった現代と『ゲルニカ』が制作されたスペイン内乱の時代が交互に描かれます。 『ゲルニカ』を制作するピカソと当時の実在の愛人でそれを撮影した写真家のドラ・マールのエピソードも興味深いです。 架空のスペインの富豪が重要な役割を果たしますが、フィクションがうまく溶け込んでいるのが原田さんの作品の良さです。 とても良い作品なのですが、当時のアメリカとイラクの大統領の名前が架空のものになっている点はちょっと不自然に思えます。ブッシュとフセインで良いのではないでしょうか? こちらは実際の名称。   こちらも。 それらは..

  • これで立秋だとは

    暦の上では秋だと言われてもねえ。   旧暦のこの日(今年は9月6日)になれば少しは涼しくなるのでしょうか? 昼の長さが短くなったなと感じますが、帰宅した時間ではまだ少し明るいです。 桔梗はもう終わりです。 夕方だとちょっと色も冴えないですね。 この紫陽花はこれから咲くらしいです。 配色が暑いですね。 平江帯ももう終わりです。 よく見る蝶が終わりかけのアナベルに止まりました。 ヒメアカタテハという種類らしいです。 オスとメスの見分けが難しいですが、こちらに詳しく説明されています。   翅の裏側はツマグロヒョウモンという蝶によく似ています。   見分け方はこちらで..

  • これじゃ売れなくなるぞ

    今日は臨時のレッスンになったのでお休みをとって午前中練習していました。 朝の公園は蝉の声がすごく、聞いているだけで暑さが倍増です。 秋の虫は日本人は風情があると思って聞きますが、外国の方にはそうは聞こえないらしいです。 しかし蝉の声はねえ、少なくとも音楽としては聞こえないですね。 見えるところにあるのは抜け殻ばかりですが、一本の木にたくさん見つかります。 ある研究によれば大人になった蝉の寿命は1週間というわけではなくてもっと長いらしいです。 近づくと鳴くのをやめてしまうのでなかなか見つかりません。 以前取り上げましたクリップですが、アルミの譜面台など磁石がくっつかないものには役に立ちます。 このよ..

  • 逃げる経路を覚えておこう

    先日も取り上げましたが、練習場所で万一のことがあった場合の避難経路を確認します。 これは部屋の外側です。 床に経路の表示があります。   ここから外に出ると上の写真のところに出ます。 そして普段は立入禁止のこの中に非常口が二箇所あります。 施錠されていたら通れません。   ここが地上階に通じる階段です。 この案内図では左上です。   こちらはその左下。 こちらも普段は立入禁止です。 もし煙が入ってもこの部屋は奥に行くに従って下がっているので少しは逃げる余裕があります。 奥はスクリーンの左右に出入り口が二箇所。 裏側です。 ..

  • 『flocky』展@gallery ten

    ブラックで美味しいアイスコーヒーです。   いつもは14日までしか営業しない gallery ten は今月はその半分で 7日までです。 オーナーの O さんがたいそうな暑がりというのが理由だそうです。 お邪魔したのは昨日ですが、今日は O さんのお友達のベーカリー「粉桜」で O さんオススメのたまごサンドを。     企画展は Tシャツですが、そのほか常設のガラス器も展示されています。 今回はギャラリーはいつもと違う雰囲気です。       フロッキープリントという技法で、毛足の長い毛が密に植えられています。         技法の詳細はこちらで。 ..

  • ひと息つく

    昨日の朝の続きですが、早めに目が覚めてしまったので今朝少し撮ったものもアップします。 昨夜寝るときは連日のように暑かったのですが、今朝はパジャマが吸った汗がやや少なく、外の空気も少し過ごしやすく感じられました。 ミョウガの花が咲いてしまいました。 このくらいのうちに採らなければ。 エビのハサミみたいです。 赤いものが増えています。 ひっそりとツユクサ。   大部分終わりかけてしまっていますが、まだ見られるものがあります。 やさしい色。   フロックスは白もありましたが、ほとんど終わってしまっています。 ヘメロカリスがま..

  • 講演会「近代のアウトサイダーたち」@千葉市美術館

    魯山人展が行われいている千葉市美術館で無料の講演会があったので聴いてきました。 XF16 - 55mm にて。 山のようですね。 C-bus という循環バスが停まります。 この中にあった中央区役所は近くの Qiball(キボール)に移転しました。 来年早々から半年かけて展示スペースが拡張されます。   元は川崎銀行の建物だったものが「さや堂ホール」としてそっくり保存されています。 めったに見られない工法です。   二階には上がれません。 興味深いお話はありましたが、深く突っ込んだ内容は..

  • 夏から盛夏へ

    真夏になりました。 あまりに暑いためか蚊もいつもの勢いがないように思えます。 この紫陽花は半日陰であるためかまだきれいに咲いているものがあります。 パイナップルリリーがいよいよそれらしくなりました。 これで何か食べられる果実ができるならいいですね。   バーベナは結構長く咲いてくれます。 ブッドレアは折り返し点を過ぎたよう。 ムクゲは最盛期になりました。 白も一斉に咲きました。 まだ小さいものが多いですが。     ヤブランが咲きそうです。 桔梗は..

  • 狭いのだ

    基本的に金曜がレッスンの日です。 レッスン室は内装がリフォームされてきれいになって窓も二重になってエアコンも新調されたので快適です。 しかし一番小さいとはいえグランドピアノが置かれているうえこの背後には STAGEA まであるのではっきり言って狭いです。 で、この譜面台もピアノにかぶさるように置かなければならないし、   この譜面台がそもそもご覧の通りガタがきていて譜面台が落ちそうになったりして使いづらいのです。 メトロノームもボロなので自分のを使わなければなりません。   この二つは楽器店に新しいものを申し入れているのですが、一向に新しくしてくれる気配がありません。   売るほどあるでしょうにね。       そんなわけでこのところピアノの譜面台を使..

  • B♭の使い分け

    以前も取り上げましたが、B♭に三種類の運指があります。 ブリチアルディキーと Ais レヴァーでは連動するキーは同じですが、一応正規とされている運指では塞がる音孔が一つ多いです。 正規の指遣いでは隣の音孔が連動して塞がります。 Ais レヴァーを使った時とブリチアルディキーを使った時はその音孔は閉じません。 左手人差し指と中指の間のキーは常に塞がります。   普段はあまり意識しませんが、このような半音進行の場合ですとブリチアルディキー/Ais レヴァーの方が自然です。 ただ、ブリチアルディキーを使う場合は左手親指を動かさなければならないので、こうしたケースでは Ais レヴァーを使った方が簡単です。 このような場面で..

  • 続けて原田マハ

      一番の暑さですね。 寝付きは良い私ですが、最近は少し時間がかかります。 朝はずいぶん汗をかいています。   冬もそうなのですが、暑い時期はお出かけ前のシャワーがなくてはなりません。 原田 マハ さんの本を続けて読みましたが、更に二冊買いました。 買ったのは27日ですが、『一分間だけ』は一日で読み終わり、『楽園のカンヴァス』を読んでいます。     内容については Amazon の書評などをご覧いただきたいのですが、表記に感心します。   これはこの前に読んだ『フーテンのマハ』の文章ですが、“まことに” は “誠に” と表記されるのが普通でこの文章のように表記すると直されてしまうかもしれませんが、意味は “本当に” ということなので “真に” が本来の表記です。 “誠” は当て字です。       ..

  • フラワーナイフ:青山フラワーマーケット

      庭の花を切って持っていくことがたまにありますが、そんな時使うのは花屋さんで売っていたナイフです。 ハサミもあるのですが、こちらの方がコンパクトで持ち歩きもしやすく、何より切れ味が良いのでこちらを使います。 胸ポケットなどに挿すこともできます。   鎌のようにカーブしているので使いやすいです。 草花を切るときに大事なのは導管を潰さないようにすることです。   木の枝もそうですが、草の場合も先端から手前に向かって切ります。 枝や花の先を向こう側に、根元や付け根の方を手前にも持ち、向こうから手前に引くように切ります。 その方が力を入れやすく、導管も斜めにきれいに切れます。   切れ味の良いハサミでも良いですが、どうしても枝などに直角に近く切ることになり、..

  • 吉兆の料理と器

    春海バカラについて調査中ですが、その一環で吉兆の料理に関する資料を二冊求めました。 一冊めは極めて豪華な内容の本で、吉兆の創業者 湯木 貞一 さんと 辻 静雄 さんの対談で料理について語っているもので、写真は奈良大和路の写真で名高い 入江 泰吉 さんです。 推薦者も豪華です。 バカラの器が写っているページを一つだけ。 もう一冊は吉兆の歴史を辿る集大成ともいうべき内容です。     判型が大きく、写真も見事です。 発行が2015年なのであの事件で注目を浴びた船場吉兆はもう存在していません。 料理と器の説明が載っています。   しかし知りたかった春海バカラや春海商..