searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

きよっさんさんのプロフィール

住所
八尾市
出身
未設定

現在、診断士と飲食店経営を両立させています。 妻と子供2人の4人家族です。結婚が遅かったので、まだまだ子供が小さく、今後もがむしゃらに働かないといけない50男です。

ブログタイトル
中村中小企業診断士
ブログURL
http://fanblogs.jp/s8xtgcil/
ブログ紹介文
独学で診断士の資格を取得した男の日記です。様々な経験から、役に立つ情報を発信したいと思います。
更新頻度(1年)

77回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2011/12/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、きよっさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
きよっさんさん
ブログタイトル
中村中小企業診断士
更新頻度
77回 / 365日(平均1.5回/週)
フォロー
中村中小企業診断士

きよっさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 緊急事態宣言の解除なるか?

    政府は6月20日に期限を迎える緊急事態宣言について、解除する方向で検討しているが、解除された場合、大阪府と兵庫県は「まん延防止等重点措置」の適用を求めることを検討しているとの事らしい。    

  • コロナ禍の外食!

    居酒屋「ワタミ」は、将来を見据えファンドから120億円の資金を調達する計画である。調達した資金で現在、力を入れている焼肉店の新規出店や不振の原因である居酒屋を焼肉店に業態転換させ、2026年までに130店舗を出店させ業績改善を図るようだ。さすがはトップダウンの「ワタミ」である。

  • 緊急事態宣言が更に延長!

    緊急事態宣言が更に延長されるようで、飲食店はもう我慢の限界にきているのが実状だ。唯一の支援策である時短協力金も相当に遅れているから、もう背に腹はかえられないとの事で、要請に応じない店も増えてきており、混乱を極めそうである。 その協力金だが、昨日、支援先の「第1期時短協力金」がようやく入金された。2月8日の受付開始後にすぐ申請したから、3カ月半かかった事になる。現時点での第一期の支払い率は66%で、…

  • 高齢でも夫婦で頑張る花屋さん!

    高齢のご夫婦で経営する業歴60年の花屋さんから、「一時支援金」の事前確認作業で要請があった。 連日の大雨で足元が悪いから、来てもらうのは大変と思い、こちらから伺うことにした。 北新地や布施のスナックやラウンジが主要取引先で、その取引先が、このコロナによる休業でキャンセルが相次ぎ、売上が大きく下落しておられた。 店内は開店祝い用の「胡蝶蘭」が所狭しと在庫され、見るからに悲惨な状態である…

  • コロナ過での新たな取り組み!

    人とモノを一緒に運ぶ「貨客混載」が、コロナ禍で乗客が減る中、注目されている。新幹線でも実施しており、朝獲れた新鮮鮮魚を夕方には飲食店に届け、店はその付加価値を訴求し他店との差別化手段に活用している。 人が乗らないから荷物を載せ積載効率を高めるなど、旅客需要の減少で大幅赤字に転落したバスや鉄道会社の苦肉の策。残念ながら、今は緊急事態宣言で東京や大阪などはこの取り組みをストップしているが、解除後は…

  • 緊急事態宣言延長!

    コロナ治療で日々奮闘する医療従事者が疲弊している。特に大阪は医療崩壊が深刻な除隊である。入院患者に家族が付き添えない分、看護師には大きな負担が生じているようだ。私の義母も今入院しており、着替えなどを担当看護師に渡したが、酷くお疲れの表情で心配してしまった。また医療従事者には日々感染リスクが付きまとい、私生活は制限され、差別への不安もある。今日12日は「看護の日」。医療従事者がゆっくり休める日が早…

  • 緊急事態宣言の延長!

    緊急事態宣言が延長される。こんな状態だから仕方ないが、せめて飲食店への協力金を早くして欲しいもの。1期分の申請から3か月が経過しているが、今だに半分の店しか支払われていないのは遅すぎる。審査は第3審査まであるが、2月8日の受付開始、すぐに申請した店は、現時点でも第2審査とがっくりする。他業種から、「飲食店は金をもらえるからいいな」と羨ましがられているけど、資金繰りの実態は相当厳しいもの。酒も販売…

  • いよいよオープン!

    コンビニ大手のセブン—イレブン・ジャパンが、元店主に建物引き渡しなどを求めて提訴している大阪府東大阪市の店舗をめぐり、駐車場に仮設店舗を建築していたが、この度準備が整い、明日オープンすることになった。 元店主はフランチャイズ・チェー(FC)契約を解除され、店主としての地位確認などを要求して争っており、「違法な実力行使だ」と反発しているが、本部はお構いなしである。 私の家の近くの店で、よく行って…

  • 生肉集団食中毒事件から10年!

    約180人が発症した「富山焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒事件は、今日で10年を迎えます。富山地検が昨年10月、運営会社の元社長ら2人を再び不起訴として捜査は終結しました。被害者への賠償金の支払も一部のみで直接の謝罪もなかったようで、被害者や遺族は「10年たっても事件を忘れることはできない」と、苦しみは癒えていません。 この最悪の食中毒事件の為に、焼肉店の人気商品だった「ユッケ」や「ナマレバ…

  • 3回目の緊急事態宣言!

    3回目の緊急事態宣言が明日の25日に発出されます。コロナ感染が騒動になり、もう1年以上が経過しますが、まだまだ終息の見通しが立たず、活動を自粛される現状に嫌気が差します。何回やるんでしょうかね。 昨日の大阪府の対策本部会議でも、専門家から、医療体制の現状や今後の見通しについて、厳しい指摘が相次ぎました。これだけ医療現場が悲惨な状態ですから、緊急事態宣言はやむを得ないでしょう。昨日も、読売テレビか…

  • 深刻な状態の大阪!

    昨日、大阪では新たに1161人の感染が確認され、5日連続で1000人超え、感染者12人が死亡した。それにしても今の大阪の医療現場や飲食店の実態はあまりのも酷い。特に医療現場で働く人は相当な苦労をされており、コロナ以外の患者も大きな犠牲を強いられているのが実状である。 今回、取材依頼があり、私なりの意見を言わせて頂いた。(TBS)あさチャン、サンデーモーニング、〈テレビ朝日〉サタデーステーション、サンデーLI…

  • 大阪“まん延防止実施中!

    「大阪“まん延防止”4月5日〜5月5日まで 吉村知事「飲食店のカラオケ」に自粛要請!」 先日、支援先のカラオケ喫茶を訪問したら、マスターが吉村知事に対して、相当なお怒りであった。 その店は感染対策をきっちりされているが、でも実際に、他のカラオケ喫茶の実態を見たらゾッとする。 おじいちゃんとおばあちゃんが、完全に3密状態。やはり、見回りの強化が必要だと思う。 ところで、大阪の新規感染者数は3日連続で…

  • 大阪府のまん延防止重点措置の適用!

    大阪府は、まん延防止重点措置の適用を国に要請した。 大阪府の昨日(3月31日)の新規感染者数は599人。大阪市内の飲食店にはマスク会食やアクリル板設置を義務化されるようだ。

  • 資金繰りに困っている飲食店に早く支援を!

    コロナで資金繰りが厳しい飲食店が多い中で、その飲食店に負担を強いた対価として支給される協力金の遅れに店主達は不安がっている。 そんな中、17日(水)ようやく支援先の飲食店(初日申請組)に「大阪市時短要請協力金」の審査完了メールが届いた。そして、翌々日の19日(金)には入金があり、大変喜んでおられた。 大阪市はリバウンド回避の為、市内の飲食店への営業時間短縮の要請を3月末日まで延長する。もう少しの我…

  • ポストコロナに対応する飲食店!

    緊急事態宣言が発令中だった一都三県も、ようやく解除される方向だそうだ。これ以上、続けても効果なしという判断であろう。犠牲を強いられていた飲食店も、時短要請を無視して罰金覚悟で深夜まで営業する店や隠れて営業しながら時短協力金を申請する等、無秩序な状態だったから、いいかもしれない。リバウンドしないように慎重に判断されることを願いたいものである。

  • 一時協力金が始まります。

    「一時協力金」の申請受付が8日から始まります。受付期間は5月31日までです。 �@緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること。 �A2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少していること。 個人300.000円、法人600.000円が上限です。 早速、問い合わせが相次いでいますが、拡大解釈すれば相当数の事業者が対象範囲になりますから大変です。 ややこしいことを…

  • 緊急事態宣言の解除!

    今月末で緊急事態宣言を前倒し解除されるようだ。 もう1年近くも通常営業ができなかった飲食店はホッとしている。なぜならば入る金がなく、レジの中は釣銭だけの状態の日々に苛立つ状態だったからだ。 時短協力金をすぐ申込んだが、混雑しておりいつ入るかは分からず、預金が底をつきギブアップも時間の問題だった。

  • 緊急事態宣言解除が待ち遠しい外食関連企業!<br />

    「鳥貴族」の業績が厳しいようである。あれだけ好調だ…

  • コロナで飲食店の優勝劣敗が明確に!<br />

    コロナにより、飲食店の経営は厳しい状況に置かれている。特に、お客さんの外出規制や感染予防対策として国や自治体からの営業自粛要請で殆ど営業ができない状態である。 都心部の飲食店の来客数は前年比75%ダウンだそうだ。薄利で損益分岐点90%程度の飲食店が、これだけ長く来店客が激減したら、潰れるのは時間の問題だろう。最近は新規感染者数が減少しているが、コロナ前の状況になるには時間がかかりそうで戻れるとは限…

  • コロナで食を取り巻く環境も大きく変化!

    今日から緊急事態宣言が延長される。これだけ業績不振に苦しむ事業者や生活困窮者に対する給付金をお願いされても、意地でも出そうとしない菅内閣。その緊急事態延長で飲食店からは悲鳴が上がっている。時短要請が更に続く一方で、要請に応じず命令にも従わない店舗に過料を科す特措法改正も13日から施行される。時短に応じるしかない飲食店は国の支援策への不満で爆発状態である。これだけ理不尽な対応では豊かな食生活を通じ…

  • コロナ支援の不公平感で社会がおかしくなる

    コロナ感染拡大に伴う飲食店への時短要請の為に、売上が減少した納入業者などにも最大40万円の一時金が給付されることとなった。だが、飲食店への協力金と比べ、あまりにも少ない金額に不公平だとの声が多い。予算に限りが…

  • 日本は世界の中でも老舗企業が多い国。

    創業100年企業の国別ランキングを見ると、創業から100年以上を経過した企業数は世界で最も100年企業が多いのは日本で3万3076社ある。世界の創業100年以上の企業の総数、8万66社の41.3%を占めた。2位は米国の1万9497社(24.4%)、3位にスウェーデンの1万3997社(17.5%)が続いている。 なぜそんなに多いのか。 それは社是や理念を明確にし、社風・ブランド・商品・社員を育て、それを最適な状態で次世代に承継するこ…

  • 飲食店の明るい未来に向けて<br /><br />

    居酒屋「白木屋」等を展開する外食大手のモンテローザが都内61店を閉店するようだ。大手が倒産すれば経済に与える影響は大きく、雇用も不安定になる。ランチまで自粛を求められサイゼリヤの社長が怒るのは危機感の表れだろう。 小規模店は時短協力金で助かるが、長い業績不振で経営体力が低下した大手にも支援が必要なのは当然だが、東京では大手には出ないという事だった。大手からの苦情が相次いだから大手にも協力金を出す…

  • 未曽有の危機である飲食店の打開策!<br /><br />

    コロナ感染拡大の諸悪の根源とされる飲食店は未曽有の危機的状態である。1年にも渡って売上が半減しており、何とか耐えてきた店も限界になりつつある。そういった環境の中、「With コロナ」の時代をどこよりもうまくお付き合いをすることが他店との差別化を図る手段となるのであろう。 これからは今までの常識が通用しなくなる。従来の対面型飲食店の常識を改め、しばらく続くであろう環境条件に柔軟に適合した店づく…

  • コロナ過でも頑張る飲食店<br />

    コロナ過で暗い話が多い外食業界で工夫して利潤最大化を実現した店もある。今の飲食店では喉から手が出るくらい欲しい売上だが、1日100食を完売したら営業を終了する店。追加費用を計算すると100食が利潤最大化になり、それ以降は利益率が低下するからやみくもに販売しないのである。 希少価値を高め絶体に価格競争に埋没しないようにしている。長時間の営業は売上が増える可能性もあるがムダも増えて利益率が低下する。同…

  • コロナで先送りされる2025年問題!

    コロナ廃業が注目される中、後継者不在で廃業が懸念される「2025年問題」が再燃してきているようです。 後期高齢期に突入する団塊世代が事業承継できない為に、いつまでも引退できないようでご苦労されているみたいですね。 そんな状態に追い込まれているのに、人ごとのように考えて準備の先送りをする中小企業はまだまだ多いですね。 子がいない、いるが継がない、幹部や従業員はみんな敬遠、増えつつあるM&Aによる承継…

  • コロナ後の外食はどうなるか?

    大阪市内で今年4月〜11月までの間に飲食店3.533店が廃業届けを出したと発表された。廃業者数は前年比3割増しで、廃業届けを出さない店もある事を考えると深刻な問題である。1997年に市場規模が29兆円あったが、その後デフレもあって25兆円まで縮小した外食市場。 今年の飲食店は2月からのコロナ感染による自粛で長期に渡り特定不況業種だった。その落ち込みを稼ぎ時の12月に挽回しようと頑張っていた店も、3回目の時短要請で…

  • マンネリ化した人々のコロナ感染意識<br />

    国や自治体の長があれだけコロナ感染の危機感を訴え…

  • スシローの勢いがすごい!<br />

    スシローの業績が好調です。商売の基本である「商品力」と…

  • 後手後手の対応に混乱する現場!

    「GoToトラベル」が一時停止された。これだけ感染者が拡大したらやむを得ないだろうが、政府の続行するだろうと思われながらの、いきなりの急ブレーキにみんな驚くばかりで、このブレまくりの対応に批判の声が多い。 コロナ発生後の春前から壊滅状態だった観光業界は「GoToトラベル」のおかげで息を吹き返し、上向きだっただけに残念であろう。急な決定で旅行・宿泊関係者も戸惑うが、お客様の方がもっと混乱している。これか…

カテゴリー一覧
商用