searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

きよっさんさんのプロフィール

住所
八尾市
出身
未設定

現在、診断士と飲食店経営を両立させています。 妻と子供2人の4人家族です。結婚が遅かったので、まだまだ子供が小さく、今後もがむしゃらに働かないといけない50男です。

ブログタイトル
中村中小企業診断士
ブログURL
http://fanblogs.jp/s8xtgcil/
ブログ紹介文
独学で診断士の資格を取得した男の日記です。様々な経験から、役に立つ情報を発信したいと思います。
更新頻度(1年)

286回 / 365日(平均5.5回/週)

ブログ村参加:2011/12/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きよっさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きよっさんさん
ブログタイトル
中村中小企業診断士
更新頻度
286回 / 365日(平均5.5回/週)
読者になる
中村中小企業診断士

きよっさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 素晴らしき考えの経営者!

    昨日、お会いした個人事業主さんは持続化給付金の初日申請組だが、入金されたのは今月1日で丸1か月かかったらしい。 進捗状況も分からず、相当に不安な1か月を過ごされたようで苦笑い。だが、この程度の手続きで100万もらえるのだから不満はなく感謝しているとの事だった。 聞けば2月から売上がなく、生活資金にも困っていたようで、本当に100万の入金は助かったと言っておられた。 世間では、規模の大きい店や好立地…

  • コロナ中での各店の生き残り策!<br />

    完全個室を店の強みとしていた飲食店は、それが密閉空間…

  • コロナ感染で思う事!

    「小規模事業者持続化補助金、コロナ特別対応型」の第2回締切は6月5日である。昨日、駆け込みで3件申請をしてきた。 締切間近の商工会議所は大変そうだったが、駆け込みなのに嫌な顔をせず、親切に対応して頂き感謝している。 代理申請で、中小企業診断士が経営計画書を作成すると、経営指導員の方もあまり計画内容にケチをつける事はない。 記載漏れがないかのチェックをされるだけで、様式-3の支援機関確認書をすぐに出して…

  • 持続化給付金問題を早く解決せねば!

    初日申請で入金遅れが問題になっている「持続化給付金」だが、昨日で87%の入金が終わったとの政府の説明。 という事は13%はまだという事で、なぜ1か月を過ぎようとしているのにこんな状況になったのか、その真因を発表しないのが不思議である。 迅速に誠意を持って正直な説明と謝罪をしていれば、こんな大騒動にならなかったのに残念だ。 実際に処理作業している人が、お気の毒である。 また…

  • 頑張れ!新卒者!

    コロナ感染による経済への影響は大きく失業者の増加が懸念され、来年の新卒者は更に大変な思いをしそうだ。 そういった状況の中、今年の新卒者はラッキーだったかというとそうでもない。 新社会人となったが、いきなりコロナの為に研修も感染防止という制約の中、中途半端な状態で5月になり、皆がバラバラに各部署に配置される。 迎え入れる部署の人達も、通常とは違う仕事のやり方を強いられ自らの事に必死で、新人を優しく…

  • コロナに負けず頑張れ中小企業!

    Twitter上で持続化給付金の申請をしたのに、入金がされていないとの事で相当荒れているようだ。経営危機で廃業を余儀なくされている人達がネット上で悲鳴を上げている。 その中から無作為抽出で5件紹介すると、 (Sさん) 持続化給付金、初日に申請したのに未だに手続きが進まずに入金されない方がたくさんいらっしゃるようです。信じて待っていたのに、月末の支払いもできないとのこと。何とか働き…

  • 持続化給付金の遅れの原因を究明せねば!

    「事業化給付金」の入金遅れが騒動になっている。昨日はTBSの報道ニュースで取り上げられ、対応のお粗末さと担当官庁の無責任さを暴露されたようだ。 自分達のミスを隠そうとせずに、正直に事実を説明し、反省し謝罪して、今後の対応策を迅速に講じていけばいいだけなのに困ったもの。 遅くても、いつ振り込まれるかがわかれば、みんな大人しく待つもの。それが分からない、聞いても無視するから、皆が苛立ちネットで…

  • 緊急事態が解除された大阪!

    緊急事態が解除された大阪。休業要請されていた飲食店も、いつまでも休んでおれず、今日から通常営業をする店が多いようだ。 もちろん感染前の状態に戻すのには、相当な時間が必要だが一歩前進である。

  • 持続化給付金を悪用する人達!

    持続化給付金を悪用する人達! 持続化給付金で不正な申請が増えているとの事。例えば、休眠会社を復活させ、修正申告した上で申請するらしい。そういった申請に関しては、厳格な審査をするか、拒否するとの事だ。 担当副大臣も、 「ペーパーカンパニーを確定申告の修正申告であたかも事業を行っているかのように偽装する同様な事案について、申請は一旦止めるようにと指示をした」と説明している。 詐欺が疑われる事案につ…

  • コロナ騒動では有言実行の支援策を!

    東京の飲食店では、都の休業要請に協力してきたが、いつまでも入金されない持続化給付金や感染拡大防止協力金に経営が持たず、ついに営業時間の延長を強行する店が増えている。 &lt;…

  • コロナ感染問題で飲食店は大変だ!

    コロナ感染の拡大防止の為に、休業要請に協力したが、持続化給付金の支払いがいつになるのか分からず、今月末の支払いを心配する飲食店経営者は多い。 問合せをしても、ラインは既読にはなるが気持ちがこもっていないマニュアル回答、電話はずっとかけ続けるが、「混み合っていますから後でおかけ直し下さい」そして挙げ句の果てに、「本日の業務は終了しました」と呆れる。 双方向のコミュニケーションが取れないので苛立…

  • コロナに負けない経営を!

    コロナも長期戦になる見通しだから、手元資金を潤沢にして備える事が重要である。 借金は悪だからとか、返せないからと躊躇するのではなく、今、借りられる時に借りて、手元流動性を増やさねば、不測の事態に陥った時に時間稼ぎが出来ず、倒産リスクが高まる。もちろん金融機関も、手元資金を増やす為という目的では貸してくれないから工夫は必要だ。 外食など労働集約型業種は、従業員を安易に解雇したら本格的に再開した時…

  • 持続化給付金に物申す!

    持続化給付金の申請を依頼されたが対象外で、且つ、数字の改竄を要請されたので断った社長から、入金があったとメールがあった。いつどうやって申請したのかは知らないが驚きだ。初日、正直に申請した人が今だに入金がなく、苛立っているのに不愉快。どんな審査をしているのか。正直者の私は今日もひたすら待つ。

  • コロナ支援策で感じる事!(2)

    顧客から持続化給付金はいつ入金されるかと問合せが頻繁にある。皆さん不安なのだろう。 私が代理申請した分は今のところ一件も入金がない。初日に申請が終わった顧客には、8日から入金が始まるからと伝えてあるだけに、未だにない事を不思議がる。 顧客の資金繰りを支援する役割を担っているだけに、早く入金をという結果が求められるのは当然で、辛い立場だ。

  • コロナ支援策で感じる事!

    持続化給付金の振込が5月8日に始まった。申…

  • 事業承継は計画的に!

    大企業に勤める息子が、後継者となる事を決めてくれ喜ぶ小売店社長。だが頭の切り替えができず、大企業とのギャップに適合できない息子。実際に今の商売は自分たちで成り立っていると自負する従業員達。社長もその点を理解していることもあり、その従業員達には遠慮気味である。 そんな時の事業承継。従業員達も社長の息子が入ってくることに警戒する。みんなが結託してその息子を追い出そうと計画しているようだ。現場経験…

  • コロナ対策次第で回転ずしの勢力図は変わる。<br />

    業界最大手スシローの4月売上は、前年比44・4%減と落ち込んだ。テイクアウトとデリバリーは前年比200%と顕著に数字を伸ばしているが、肝心の店内飲食は休業要請により8割の店舗で、営業時間を短縮した事が大きく影響したとの会社側の説明であった。確かにそれが主要因だろうが、コロナ騒動後に競合他店が衛生管理への対策を強化する中、従来の提供スタイルを崩さなかった事も一因ではなかろうか。スシロー好きで常連客で…

  • コロナ騒動による経済への影響

    コロナによる経済への悪影響は半年以上続くと予想され…

  • 寂しい子供の日の鯉のぼり

    昨日は子供の日だった。本来なら各地でイベントが開催…

  • 緊急事態宣言の延長で高まる不安!<br />

    緊急事態宣言の延長により、飲食店も休業から廃業に追い込まれそうで、更なる危機感が生まれている。 出口がなければ不安しかないので、経営者は辛いだろう。 そもそも現金商売の飲食店は、毎日、売上が現金で入ってくるから、手元資金を潤沢にする意識が低い。今日の現金で入ってきた売上を全部使っても、明日また入ってくるからと、気楽に考えている経営者もたまにおらあれる。 だから、これ以上の営業自粛が続くと資金が…

  • コロナ支援策の周知徹底!

    中小事業者への緊急支援策である「持続化給付金」の存在は知ってるが内容が分からない、といった人が多いみたいで問合せが多い。近くの飲食店も、昨年10月に開業したばかりで、1年経過していないから前年と対比できず、自分は対象外と勝手に思い込み諦めておられた。私が特例があることを説明すると、早速、手続きをするとの事であり、大変喜んでいた。 総ての事業者を性善説で捉えて制度設計すると正直な事業者が損をすると…

  • ピンチになった時に分かる!店と従業員の一体感!

    コロナ感染による営業自粛と国民の外出禁止で、今までの働き方が大きく変わり戸惑う従業員達。コロナが収束し,,元の立場や仕事に戻れるといった保障はない。人間として最も不幸なことは自分の居場所がなくなる事、そして誰からも期待されなくなる事である。

  • 我が子のような店をコロナ感染で休業!<br />

    休日返上で、我が子のような店を守り続けてきたバーの経営者も、今はコロナ感染による営業自粛で店を閉めている。 日々のルーティンもなくなり、気が抜けた状態だが、根が真面目な経営者は、何かせねばと毎日、店の掃除をしている。当たり前のように定められていたお店重視の生活のリズムが狂い体調も悪くなってきた。「病は気から」で精神的なものが大きいようだ。 最初の頃はリフレッシュ休暇と笑っており、まだ余裕が…

  • 追加のコロナ支援策がようやく動き出す!<br />

    コロナ感染による未曽有の経済危機に国民生活が不安状態に陥っている。国や地方自治体の支援策が後手後手に回っているが、この度ようやく動きそうである。 国民向けに一人10万の「特別給付金」、事業者向けに「持続化給付金」「休業要請協力金」などである。 大阪の「休業要請協力金」は、申請して承認されれば50万もらえるが、最大100万もらえる国の「持続化給付金」より提出書類も多く、手続きの負担は大きい。 緊…

  • 店子と貸主の関係は普段から強固に!

    不動産賃貸業を営む顧問先から相談があった。 店子の居酒屋からコロナ感染で、2月から経営不振なのに、休業要請を受け更に業績が悪化したので、家賃を引下げて欲しいと要求されたらしい。 困った時はお互い様で貸主と店子の協力関係は事業を展開する上で必須である。 しかし貸主である顧客は普段からこの店子をよく思っていないようであった。その理由は、賃貸借契約を結んで今年で7年目になるが、そもそもスライド家…

  • 頑張れ!苦学生!

    新型コロナウイルス感染症で、経済活動が停滞している今、国や自治体の緊急経済対策に注目が集まる。国民の命と生活を守り抜き、経済再生へどう舵取りをするか、普段ニュースを見ない人まで注目しているようだ。 そんな中、「アルバイト代が激減し生活費がない」「自営業の親の収入がなくなり大学の学費が払えない」と大学生が悲鳴を上げている。我が娘も大学2年だが、学校が休校なのに当然のようにくる授業料の請求には頭を…

  • 事業承継で店を再開する親孝行の子供達!<br />

    父が創業し地域で15年続いた門真の居酒屋。3階建て自宅ビルの1階で営業し、サラリーマンのたまり場になり、また地域住民のコミュニティにも利用されていた。家族は創業者の父と母、店の設計をした建築士の長男、有名割烹店で修業し店の調理長を務める次男、の4人家族だ。 調理長の次男は、真面目で責任感があり内向的な性格だが調理人としての技能はかなりのレベルである。修業した店のレベルが高く、関西料理界で…

  • コロナ感染で自粛要請に応じなければいけない外食店!

    2月入った頃は、まだ気楽に考えていたコロナ感染。飲食店経営者もその内、終息に向かうだろうと安易に考えていたが、まさかこんな展開になるとは想像してなかっただろう。 解約通知が半年前、原状回復義務としてスケルトン撤退が賃借条件の店などは、売上がない現況からすれば地獄の思いだろう。 廃業するにも金がかかる。資金繰りが苦しいから撤退を余儀なくされるのに、撤収費用がない為に撤退できないのは…

  • コロナ感染で飲食店は悲鳴を上げている!

    近くにある焼肉店。通常は夜だけの営業だが、今は自粛要請の為、20時までしか営業できず、アルコールの提供は19時までだ。資金繰りに苦しく悠長にしている余裕はないので、ランチ営業を始めている。 しかし、外出禁止要請が弊害となりお客様が来られず開店休業状態となっている。月末に支払う家賃や繋ぎ止めている従業員への人件費負担が重いと悩んでいる。持ち帰り弁当や宅配を開始することも検討しているが68歳という高…

  • 後手後手に回る新型コロナ対策!

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、安倍晋三首相は減収世帯への30万円給付を撤回し、全国民への一律10万円給付を決めた。終息が見えず、長引きそうな不安状態で経済力が著しく低下する事を懸念していたが、自粛を要請する国民に対する不満解消として、取り急ぎ現金を給付する形となっている。先の経済より今の生活支援策をも優先した形となった。 紆余曲折、様々な思惑が混じり合っていた国民への生活保障…

カテゴリー一覧
商用