chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」 https://plaza.rakuten.co.jp/manjusha/

手間のかからぬよう、多年草と宿根草を中心に庭を構成し、四季折々の花をひとり静かに楽しんでいます。

チマミ2403
フォロー
住所
前橋市
出身
未設定
ブログ村参加

2010/07/15

arrow_drop_down
  • わあ〜、派手な景色、百合と薔薇。不安な気持ち。

    わあ〜、この辺り、派手な景色だなあ。 新しいものは、去年から何も植えていません。 去年も、こんなに派手だったかしら。 その原因は、この名無しの赤い薔薇かもしれないな。 こんなに咲いたのは、

  • リアトリス。糠味噌漬けを始めてみた。

    リアトリスが穂状の花を立ち上げています。 小径を挟んだ反対側にも。 去年かな、株分けしたものが、すくすく。 糸状のひらひらした花びらは、目を惹きつけます。 白色もあるのですが、まだ小さいです。

  • エキナセア、すごい勢い。アンズでジャムを作ろう。

    なんの手間を掛けること無く、毎年咲く優れものです。 こちらにも、大株が育っています。まだツボミ。 近所の友人Kさんから電話。 妹さんが、庭のアンズを収穫して持って来てくれたので、 ジャムを作る

  • ヒメシャラの花。アンズジャム作りました。

    ヒメシャラは、高木なので、それに白い花なので、 なかなか上手に撮れませんが、外廊下から見ると、 高さ分の距離が近づいて、間近で撮れました。 てんてんと、という感じにあちこちに咲いています。 昨

  • 紫陽花、何種類あるかな。和也くんの朝顔のタネを撒く。

    紫陽花コンペイトウ。 何年か前の母の日のプレゼント。 微妙な配色がお気に入りです。 カシワバ紫陽花。 アナベル。 オタフク。 挿し木したのを頂いたのだけれど、大きくなったものだ

  • ハタザオキキョウ。ご近所トラブル。薔薇を飾りホッと。

    ハタザオキキョウ。 漢字で書くと、旗竿。なるほど。 まっすぐな茎に桔梗に似た花がびっしりと付きます。 庭の隅、ひっそりと数本が立ち上がっています。 Nさんが来ました。 伊香保温泉清芳亭の葛

  • ストケシア咲く。友人の病状。今日の頂きもの。

    ストケシアがひっそりと咲いています。キク科。 10年、いや20年くらい前にご近所さんから頂いたもの。 増えもせず、減りもせず、毎年咲いてくれます。 大阪の友人Mさんの娘さん、Eちゃんから、ライン。

  • クリーム色、オレンジ色スカシユリ満開。名無しの薔薇。

    見て見て、と、言いたくなるような美しさです。 たくさんのツボミを付けていたクリーム色のスカシユリ、 パッ、パッと空中に浮かぶように開花。 いいわねー。 ピンク色の隣りには、オレンジ色も開花。

  • ヘメロカリス。サラダ蕎麦と新じゃが。若い女性議員。

    庭の角に咲くヘメロカリス。 夕陽に照らされて光り輝いている感じです。 まあ!なんて綺麗だこと! ユリ科ですが、百合と違って一日花です。 なので、デイリリーとも呼ばれます。 この大きな花が、萎れて垂

  • アナベル。ごちそうさまの会。

    アナベルが、たくさんの花を咲かせています。 北アメリカ原産で、アメリカ紫陽花ともいいます。 咲き始めは、グリーン。 やがて真っ白な、手毬のように。まんまるです。 アナベルは、ドライフラワーにむ

  • 赤いスカシ百合。バナナパウンドケーキ焼く。地域カフェ。

    なんて綺麗な赤色でしょう。 硬そうな、艶のある花びらの美しいこと! 3枚の花びらの付け根が、くっついて無くて隙間があり、 だから、スカシユリというんですって。 黒みのある赤色、ツボミの色で特によく

  • ラムズイヤー咲く。幸運の黄アゲハチョウ来る。

    ラムズイヤー。直訳すると羊の耳。 ホント、羊の耳を触ったことは無いけれど、(笑) 産毛のようなふわふわ、すべすべしたシルバーリーフです。 変わった花の形をしていますね。 花穂もふわふわ、すべす

  • 紫陽花とモナルダとラベンダーで丸い花束作ろう。水茄子。

    白い紫陽花が咲き始めました。 紫陽花が咲いたらやりたいことがあり、待っていました。 まっすぐな枝の紫陽花を選び、水上げの用意。 茎を斜めに切り、中の白い綿を掻き出します。 この作業で、水上げはバッ

  • 薔薇ホットココア。ガザニア。甘〜いスイカ。

    ぽつぽつと咲いていた薔薇ホットココアが、蕾を伸ばして、 爆発するように、一度に咲き始めました。 深みのある黒っぽい赤い色が魅力的です。 足下には、何年ものかのガザニアが一輪だけ咲い

  • シロタエギク。「我ん家」でランチ。次回はS家で。

    3人で、予約済みの「我ん家」へランチに出かけました。 店の前の植栽は、シロタエギク。 コンパクトに、上手にまとまっています。 他にも、S家の庭から運んだギボウシや、数々の花木が、 元気に成長してい

  • カスミソウとダールベルグデージー。カレンダーと虹の話。

    カスミソウが咲き始めました。宿根草です。 矮性、横に広がるタイプです。 この定位置で咲くのが、とても好きですが、 ここへ偶然の産物で、こぼれダールベルグデージーが咲き、 この風景もなかなかいいな、と思

  • リシマキア。ウツボグサ。悔しい気持ち。叩き胡瓜漬け。

    リシマキア・ミッドナイトサン。 花壇と通路の境界線として植えています。 グランドカバー植物は、時に、増えすぎに困りますが、 これは、根が浅く簡単に抜けるので、問題ありません。 硬質の花びらは、小さ

  • スカシユリ。雨の後に大きな虹がかかった。

    薄ピンク色のスカシユリが咲きました。 こんなに美しい花、毎年咲いてくれてありがとう、 そんな気持ちにさせられます。 あと、赤色とオレンジ色のが、咲くはずです。 夕方の六時過ぎ、雷、激しい雨風

  • チェリーセージ、サルビアなど3種。緊急地震速報。

    チェリーセージ。 年月が経ち、木質化しています。 大胆に、バッサリ剪定して更新しよう、と思いながら。 ホットリップスとも言い、可愛い花です。 サルビアピンク? チェリーセージと同じく、大株にな

  • フランネルソウ。朝食は全粒粉の食パンで。

    ピンク色のフランネルソウ。 これも、こぼれで、あちこちに咲いています。 紫の千鳥草、薄ピンクの矢車草と共に、 三大コボレ軍団が作っている華やかな自然の景色です。 フランネルとは、柔らかな毛織物のこ

  • 薔薇カクテル。「ノラジジ」でパンランチ。偲ぶ話し。

    薔薇カクテル。丈夫で多花。 駐車場の端に植わっていて、朝日が向こうから射すので、 みんな向こうを向いて咲いています。(笑) 今ごろ気がついて、こちらへ向きを変えて引っ張りましたが、 もう盛りを過ぎて

  • ホタルブクロ、白と紫色。今日はランチへ。

    白いホタルブクロが咲きました。 蛍袋が咲くと、ホタルの飛ぶ季節だな、と連想します。 年々、蛍の環境は悪くなり、見れなくなっています。 ホタルブクロに蛍を入れ、蛍のランプを楽しみます。 ふわふわと

  • ブラックベリーの花。キュウリ農家さんから。

    ブラックベリーの花。 野菜、果物などの食べ物の花って、良いですねー。 清楚だわー。 ツボミ、開花、実、と、成長過程が一枝に。 ハウス栽培の農家さんから、胡瓜をたくさん頂く。 生姜甘酢漬け

  • ブルーベリーとアスチルベ。詩画家の星野富弘さん死去。

    ブルーベリーの実が、枝にたわわ。 グリーンの実が、ブルーに熟するにはまだ、もう少し。 足下には、アスチルベが美しい。 穂が数本立ち上がり、周辺を明るくしています。 ピンク色が華やかです。

  • ジギタリス。2年草ってこれでいい?

    ジギタリス白。これもコボレから。 真っ白。存在感抜群ですね。 ピンク色も出ています。 一番一般的な、もっとどぎついピンク色は、姿無し。 近所の友人の庭は、濃いピンク色ばかり。 二人とも、タネ

  • ラークスパー(千鳥草)青色のみ。鯵の干物でご飯。

    千鳥草(ラークスパー)が、庭中に散らばり咲いています。 ピンク色も白色も出て来ず、青色のみ。 こぼれだけに頼っていると、こうなりますね。 白いガウラと競演。 まっすぐ伸びて楚々とした二つが、

  • 柏葉紫陽花。ニラチヂミ。

    ​お馴染みの、三角錐の花穂は、柏葉紫陽花です。​ 大きな葉が、柏の葉のようなのが名前の由来です。 小さな花が集まっています。 ひとつひとつの花が、実に、可愛いな。 お客さんからニラを頂き

  • センダイハギ。夕方の散歩道にゴデチャ満開。

    センダイハギ。 マメ科なので、形は、豆の花に似ています。 夕方、と言っても夜に近い6時頃、Kさんが来る。 「線路の側の○○さんの畑の脇に、 ゴデチャが咲いてるの、知ってる?」と。 知らな

  • アルストロメリア2色。お月さまは見れたかな。妹と長電話。

    アルストロメリア。 冬も葉は残っているので、ある場所を忘れません。 球根植物で、地中で分球して広がります。 一枚の花弁だけに斑点模様が入るのが面白い。 増え過ぎるので、決めた場所をはみ出したの

  • ウメモドキの花。種子の不思議。

    「おっ!」思わず声をあげました。 とても地味な色合いなので、遠くからでは気付きませんが、 側を通って、枝が目の前に来て初めて、 ウメモドキの花が咲いているのを見つけました。 地味で質素な花だけれど

  • ガウラとオルレアの小径。レンゲローズ。

    ガウラが咲き始めました。 右がオルレア、左がガウラ、と白の小径です。 ヒラヒラとまるで蝶が舞っているようなガウラの花。 お馴染みのオルレアです。雪の結晶みたい。 小径の先に、こじんまりと

  • 窓辺の薔薇アンジェラとヒンメリ。お客さん模様。

    仕事場の窓辺に吊るしているヒンメリ。 外には、薔薇アンジェラがわんさか咲いています。 ヒンメリって、ご存知ですか。 麦わらを使って作るモビールで、 北欧フィンランドの伝統工芸品です。

  • ドウカンソウ( サポナリア )。薔薇ジプシーボーイ。

    3年前、友人の庭からやってきました。 名前が分からない、というので調べたら、ドウカンソウ。 別名は、サポナリア。 コボレで生き続けています。 3株しか育っていないので、お気に入りだし、増やしたく、

  • ムシトリナデシコ。ナツシュウメイギク。

    ムシトリナデシコがめちゃくちゃスゴイことに。 膨大な数のコボレが出て、抜きまくりましたが、 それをかい潜り、残ったものが咲き始めました。 いざ咲いて見ると、とっても綺麗で、 一区画を残しました。

  • リナリア。ランチ後S家へ。葛切りを頂く。

    リナリアが、庭のあちらこちらで咲いています。 パステルカラーで、ピンク、紫、黄色など。 宿根で、何となく一年中見ている気がしますが。 思いがけない場所で咲いているのは、コボレでしょう。 三人で

  • 薔薇ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド。白内障。

    朝、窓を開けるとまず最初に見える、 薔薇ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンドの景色です。 連休中には、2、3輪しか咲いて無くて、 良い色だね、と言いながら、この満開を、皆んなに、 見てもらえなかったのが残

  • ウスベニアオイとティー。スナップエンドウ。そばサラダ。

    昔からよく見かけるウスベニアオイです。 駐車場の角に、一列に背丈ほどに高く育っています。 駐車する場所にも出てきて、それは抜きました。 別名をブルーマロウといいます。 ハーブで、花は咳、喉の炎症に

  • サルビア・ネモローサ。地域カフェで杏仁豆腐。除虫菊。

    宿根草のサルビア・ネモローサ。 ある日、気がつくと、咲き揃っていました。 咲くかな、咲くかな、と待ち焦がれるのも楽しいけれど、 忘れている植物が、突然のように咲くのも楽しいです。 教会での

  • クリンソウ。あずき缶でパウンドケーキ。

    柿の木の下、庭の奥の角にクリンソウが咲いています。 あらま〜、ここは本来の場所では無く、 去年、試しに植えたのですが、本来の場所よりすくすく。 ここが合う、と分かったので、ここで増やしていこう。

  • 薔薇アンジェラ。月日の変化。

    薔薇アンジェラ。 とっても丈夫な、育て易い薔薇だ、と思います。 軽く飛び跳ねる小さな女の子のような、 明るさに溢れています。 今日は、雨の一日。 家の中(いつもいる居間では無くて仕事場 )からの

  • ヒューケラ3種。Uさんとおにぎりで昼食。

    この辺り、何となく木陰になっていて、 直射日光は当たらないけれど、明るい場所。 ヒューケラが3種類、かたまって咲いています。 これは、緑色の葉ですね。 ずっと何年も消えずに、広がっているので、 こ

  • ミヤコワスレ3色。猫と会話。

    ミヤコワスレ薄紫色。 戦いに敗れ、島流しになった順徳帝が、この花を見て、 私はもう都を忘れるが、お前は忘れるな、と、言ったとか。 濃紫色。 白色。 近所の家猫。 今の時

  • 矢車草の小径。除虫菊のてんやわんや。

    小径の両側に咲く矢車草の夕陽が射す景色です。 コボレからめちゃくちゃにたくさんの芽が出るので、 小径の両側を残して、通路や他の場所のは抜いています。 微妙に色が違います。何

  • 枝を覆うピラカンサの白い花。貴重なキンラン、ギンラン。

    例年にも増して、ピラカンサの花が枝を覆い尽くし満開。 秋には、この花のひとつひとつが赤い実に成るのですから、 その景色を想像するだけで壮観です。 すごい数ですね。 昨日、お邪魔した

  • キスゲと白クローバー。「 ○○の会 」総会。S家でお茶タイム

    キスゲ( と呼んでいますが、正しいかどうか)が満開です。 一日花なので花言葉は「日々新たに」。 朝、開花し、夕方にはしぼみます。 周りには、白いクローバーが広がっています。 スゴイ繁殖力です。

  • ハンショウヅルとオルレア。グリーンカレーほか。

    ハンショウヅルが、たくさんぶら下がっています。 ハンショウとは、漢字では半鐘、小さな鐘のことです。 花の咲いていない時期に、半鐘のことを意識しないで、 アーチのポールに結んだアイアンのベル。 偶然

  • 大観覧車。ツツジは終わり。川の上空を泳ぐ鯉のぼり。

    昨日のツツジが素晴らしかったので、他にツツジの名所は? と考えたら、隣市の華蔵寺公園が浮かびました。 桜とツツジが有名?ですが、時すでに遅くて、 ほとんどが花は終わっていました。 昨日の山ツツジは山の

  • 赤城神社参道のツツジ満開。昼ご飯、夜ご飯。

    赤城神社参道のツツジが満開、との情報が入りました。 しかも、あまり知られていないのか、混んでいない、と。 うちからは、車で30分かかりません。 ほんと、混んでいないどころか、誰もいません。(笑)

  • ニセアカシアの花。花の天ぷら、知ってる?。スナップエンドウ。

    高く高く空中に咲くニセアカシアの白い花。 川沿いに咲くことが多いですね。 高すぎて、間近に花をなかなか見れませんが、 Kさんが、高枝ハサミで、採って来てくれました。 部屋に、甘い香りが漂います。

  • ルピナスが咲いた。疲れが取れずにダラダラ。クッキー。

    一本だけ、ルピナスが咲いています。 なんでこの場所に? と、全く分かりません。 本来は、こっちがルピナスさんの場所。 最近、施設に入った近所のおばあさんが、畑で育てていて、 毎年、コボレタネからの

  • コデマリ。りくろーおじさんのケーキ。旅日記終了。

    コデマリが満開です。 裏手の、意識しないと行かない場所に咲いていて、 ギリギリの見頃、という感じです。 箕面から妹の家に帰り、お昼にお好み焼きを頂き、 広島の妹夫婦は、もう一泊し、私

  • 姫ライラックとチョウジソウ。箕面の滝は行けず。

    姫リラの花が満開です。 毎年、ヒメリラでブログに載せていましたが、今回、 何気に検索したら、ヒメニラしか出なくって(笑)、 ヒメライラックが正しいようです。 樹高が1mくらいで、大きくなり過ぎずこんも

  • オダマキ3種。箕面「大江戸温泉物語」泊。

    オダマキがあちらこちらに咲き乱れています。 こんなに美しい花が、コボレで咲くなんて、と、 毎年、改めて感動します。 こちらは一重ですね。 ピンク色もあるよ。 この子は、繁殖力が強い

  • ヒメウツギとガーベラ。宴会だ~。京都へ墓参り。

    ヒメウツギが満開。 この時期は、毎日毎日、見て頂く花が多くて、 どの子を選ぶか、迷います。 夏は、何も無くなるのにねー。 いつも言いますが、ガーベラと庭との相性がいいのか、 地植えで、

  • モッコウバラとシラー。大阪へ親友のお見舞いに。

    留守の間に、白いモッコウバラが満開でした。 お見事です。小径に影を作っています。 いいねー。 足もとにはシラーが咲き乱れています。 ピンク色もありますが、こちらは増えません。なぜ

  • ただいま〜。藤とレンゲツツジ。庭が迎えてくれました。

    ただいま〜、四泊五日の大阪の旅から帰宅しました。 今朝、ゆっくり庭を見たら、藤はまだ咲いていました。 レンゲツツジが咲き初めていて、まあなんと美しい景色! 自画自賛しながら、我が家を感じています。

  • 藤の花満開。イランミサイル発射。お茶タイム。

    藤の花が満開になりました。 庭中に、何とも芳しい花の香りが漂っています。 房を手に乗せると、その冷たい感触と、かすかな重さに、 幸せを感じます。 蜜を求めて来ていたクマンバチは、今年も来ない!

  • ハナミズキとガーベラとオーニソガラム。

    🎵空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと🎵 やはり歌詞の五月より早く、庭のハナミズキが満開です。 🎵薄紅色の可愛い君のね・・🎵 足元には、ガーベラ。ツボミもしっかり出ています。 この場

  • ニホンサクラソウと芝桜。タラの芽。肩ロース玉ねぎ味。

    ニホンサクラソウの白が満開。 桜草という名前にピッタリの花ですね。 ピンク色のは、どこに行ったのでしょう。 あらら、芝桜の群れにかくれんぼ。 ここにも咲いていました。 これから少し咲きそう

  • 藤の花と白花イカリソウ。

    藤の花が咲き始めました。年々早くなります。 房状の付け根から、被っている衣が剥がれて、 ポロリポロリと花が飛び出てきます。 ほとんどの殻が取れた枝もあります。 剥がれた殻は、地面に積もり、

  • ミツバツツジと、タンチョウソウ、シャガ。ボケ防止。

    ミツバツツジが、あっという間に満開です。 優しい色合いで、魅力的なツツジです。 その木陰には、タンチョウソウ。 もう終わりですね。 同じ木陰には、シャガも咲いています。 今日も、午

  • プルモナリア。初採れアスパラで朝食。千本桜の噂。

    地面を這って広がるプルモナリア。 咲き始めはピンク色、だんだんとブルーに変化します。 ツボミは、ピンク色ですねー。 ちょうどいい太さのアスパラが、ズズズーと出てきました。 見つけたらすぐ

  • 白山吹とヒイラギソウ。大阪行きに思うこと。

    シロヤマブキ。 薄く白い花びらが、薄緑色の葉の上で目立ちます。 去年の花後に出来た黒い実との対比も、美しいです。 足元には、ヒイラギソウ。 葉っぱが、柊に似ているから付いた名前です。

  • 花蘇芳(ハナズオウ)とシラユキゲシ。「池の水抜く大作戦」

    ハナズオウ。 花が終わった後から葉が出てきます。 幹や枝から直接花が咲いていて、ちょっと面白いです。 下には、シラユキゲシが咲いています。 茎をまっすぐ伸ばして空中で咲くので、あちらこちらで

  • ヒトリシズカ。ムスカリのある景色。会えるね。

    ヒトリシズカが、木陰で静かに咲いています。 山では、人の訪れが少ない時期に、ひっそりと咲き、 ひっそりと散っていくそうですよ。 ここにも咲いています。増えもせず、減りもせず、 というところです。

  • リュウキンカとクリンソウ。山椒味噌作り。

    リュウキンカ。 鮮やかな黄色に、目が覚める思いがします。 いっしょにいるはずの、クリンソウの姿が見えません。 リュウキンカを掻き分けたら、無事にいました。 同じように水を大好きな植物どうし

  • 十二単(ジュウニヒトエ)。犬が赤ちゃんに嫉妬。

    紫色の十二単が小径沿いに広がっています。 段々になって咲く姿を、十二単になぞらえた命名です。 グランドカバーや、花壇の縁取りにむいています。 ちょっと抜いて、違う場所に植えておきましょう。 成

  • 梨の花。ニホンサクラソウ。アメイジング・グレース。

    梨の花です。 お世話が足りなくて、実を付けても落ちてしまい、 一度も食べれたことがありません。 もっぱら鑑賞用です。 筆で人工受粉すると、小さい実が付きます。 今年も、踏み台に乗って、チョコチ

  • シジミバナとチオノドクサ。地域カフェ参加。

    シジミバナ。 ユキヤナギより少し遅れて咲きます。 遠目には、そっくりな樹形をしています。 花の形が、シジミ貝の実に似ているから付いた名前ですが、 ちょっと可哀想だなあ、と思っています。 薔薇に

  • ユスラウメとヒヤシンス。パウンドケーキ焼く。桜、桜。

    ユスラウメの花は、淡いピンク色でそっと咲いています。 初夏には、ルビーのような赤い実がなります。 色がめちゃくちゃ綺麗なので、毎年ジャムも作ります。 はっきり言って、味わい深くは無いのですが、 そ

  • ボケの花満開。大室公園の桜。お直しの話し。

    ボケの花が満開です。 梅の花が散って、桜が咲く、その間を繋ぐのがボケの花、 と思っていましたが、今年は、桜と同時期になりました。 夕方、Nさんから大室公園散歩のお誘い。 桜は、まだ満開では

  • 寄せ植えを買う。カタクリの山。

    大きな元気な声で私を呼んでいるな、と認識すると、 同時くらいに、もう庭から姿が見えました。(笑) いつもの軽トラ花屋さんです。 見るだけでも見て、と。 良い土を使っているので、鉢植え管理が下手な私

  • 花より団子。喋って笑って食べて。

    昨日は、○○の会のお花見。有難い!晴れました。 事務所の裏庭に、数本の桜があり、 その下で、お花見の予定でしたが、まだほんの二分咲き。 急遽、うちの近くの公園に場所を移しました。 ちょっと高台にある

  • 偶然って。ミモザとチューリップの手製カレンダー。

    昨日、友人のショックな出来事を聞き、動揺しました。 共通の友人であるOさんと、話したいと思いました。 いつも聖句を添えた自作のカレンダーを届けてくれる方。 今月はまだだから、近々見えることは分かってい

  • 白、白、白い花たち。いつものハガキはカタクリの花。

    雪柳。ついしばらく前は、黄色が多かった庭に、 何だか白色が多いな、と気づきました。 白い水仙がまだ健在。 スノーフレーク。 タンチョウソウ。 まだ咲いているプリムラ・マラコイデス。

  • レンギョウ満開。足元にはプスキニア。庭でおしゃべり。

    レンギョウが、あっという間に満開になりました。 足元には、プスキニア。 可愛く、小さな球根植物です。 ネギを持って、Kさんが来ました。 九条ネギだそうです。土に埋めておきましょう。アリカ

  • ユキヤナギ白とピンク。チオノドクサ3色。よその庭。

    枝いっぱいの白い花は、ユキヤナギ。 こちらは、ピンク色のユキヤナギ。 足元には、チオノドクサ。 最初に咲いたピンク色は、早や盛りが過ぎそう。 ピンクの後を追い、鮮やかブルーのチオノドクサ

  • ラッパ水仙2種。ミニアイリス。幸せの時間。

    ラッパ水仙。花が大きくて、首が重そうです。 朝、太陽が優しく光を投げかけています。 開花したばかりの時の花びらは、黄色が濃いです。 同じくラッパ水仙。 似ていますが、上3枚のよりも、細身で

  • タンチョウソウとクリロー。ロクシタン・ハンドクリーム。

    タンチョウソウが、ムクムクと出てきましたよ。 クリスマスローズが後ろ向きなので、 ぐるりと回りこんでみましょう。 クリローって、どんな花の横でも似合いますね。 これからは、茎が伸びて、根元

  • 雨の庭に惚れ惚れ。来週は晴れるかな。

    昨日、一時間ほどレンガ小径の草抜きをしました。 私が、レンガをただ並べて作った小径なので、 隙間に草が生えるのです。 雨の今日、濡れた小径がとても綺麗にみえました。 必然的に出来た、小径に囲まれたミニ

  • 吉野ツツジ「春一番」。カキ菜。

    吉野ツツジ「春一番」が開花。 名前のとおり、ツツジの中で一番早く開花します。 黄色が多かった庭に、大きなピンクが加わり、 パッと、庭が華やかになりました。 庭の左右に一本ずつ、二本あったのです

  • チオノドクサが咲いた。ちぎり揚げを頂く。

    球根植物チオノドクサが、一斉に開花。可愛い! 背後の丈の高い葉は、水仙です。 植えっぱなしで、毎年増えています。 違う場所のチオノドクサ。 こちらの方が、古いのですが、日陰だからか、まだ蕾。

  • 「我ん家」でランチ。

    今日も雨。それも結構なじゃじゃ降りです。 あまり出かけたく無いけれど、 ランチを予約してくれているので、「我ん家」へ。 2か月ぶりなので、楽しみでもあります。 いつもの、最初の六品。すべて美味しい

  • ヒヤシンス。池の水抜く大作戦。お茶タイム。

    朝から雨。寒くて冷たい雨が降っています。 ヒヤシンスが綺麗だったので、昨日撮った写真です。 昨日、野菜を届けてくれた人が、 お堀の横を通ったら、人がいっぱいで何やら準備していて、 テレビが来る

  • クリスマスローズ白大株、こぼれ芽。ほうれん草胡麻和え。

    庭の端にある平凡な白いクリスマスローズ。 ほったらかしなのに、すくすく育ち、花は30輪。 残念ながら、全員が下向いて咲いているので、 ちょっと上向いてもらいましょう。 花びら全体に、ピンクの点々が入

  • 花を飾る。雪と青空、女子会ランチ、楽しかった!

    今日は、妹と、妹の娘と、妹の孫娘がやってきます。 ヒュウガミズキと水仙で、玄関を歓迎ムードに。 その割には、地味になってしまいました。 トイレにも、テーブルにも、花を飾ります。 昨日から気にし

  • ラッパ水仙。

    ラッパ水仙。 明日から春の長雨、との天気予報。 暖かい雨が、桜の開花を促し、これを催花雨というらしい。 この季節は、種類の違う水仙がリレーのように、 次々とバトンを引き継いでいきます。 日本水仙が

  • ヒュウガミズキとムスカリ。地震が多いね。

    青空をバックに、枝からぶら下がっているヒュウガミズキ。 とても好きな花です。 ぽこぽこと生まれてきたばかりの花のかたまり。 足元には、あちらこちらにムスカリ。 ​​ 朝9時 8

  • スノーフレーク。三世代女子会。お詫びします。

    スノーフレークが咲き始めました。 濡れていますが、雨ではありません。(笑) ミニ水仙ティタティタを株分けして、近くに植えたので、 水やりをしたついでに、スノーフレークにも。 釣鐘状の花が、ぶら下が

  • ヒマラヤユキノシタとチオノドクサ。セグロセキレイ。

    ヒマラヤユキノシタ。 よく観察すると、ひとつひとつは可愛い花ですが、 葉は団扇のように大きく広がり、あまり綺麗ではない。 大好き!という人は少ないかも。(笑) 放任すると、地中に太い根茎を伸ば

  • プスキニア、水色の線が素敵。バードバスと鳥。

    クリスマスローズに囲まれて、何やら白い花、 小球根植物のプスキニアです。 何年か前、生協で購入しました。 せいぜい10〜15センチくらいの丈、 花びらに入っている水色の線が、魅力的です。 もっと一斉に

  • バイモユリ開花。ルピナスの芽。ほうれん草クリームパスタ。

    バイモユリが開花しました。 地味に、下向いて咲きます。 この花の内部の模様が、なんとも素敵です。 別名を、編み笠百合といいますが、なるほど。 バイモとは、貝母、と書き、球根が貝に似ているから。

  • ヒヤシンスが色々咲き始めました。

    例によって、あちこちに植えているヒヤシンスが、 咲き始めました。 植えっぱなしなので、年々小さくなりますが、 それはそれで、まあ、いいか、です。 ピンク色は、可愛いね。 濃いピンク色、紫色、赤

  • 冬知らず(カレンデュラ)。来客のお昼は昨日と同じものを。

    コボレのカレンデュラが、あちこちに、咲いています。 こんなとこにも。 少し前に、コボレを拾い集めて、一鉢作りました。 明るくて、可愛い花ですね。 またコボレが増えていたので、もう一

  • アネモネ。今日も鳥。マカロニとブロッコリーのグラタン。

    暮れの寄せ植えのアネモネが、又、咲いた。 何回目? お得な花だなあ。 いつも、大室公園の散歩に誘ってくれるNさんから電話。 「まだヒレンジャク居たよ」 「もうそろそろ旅立ちかな」 今日の新聞に

  • 白い水仙と黄色クロッカス。いぶりがっこ。

    白い水仙が咲き始めました。足元には黄色クロッカス。 真っ白。 清潔な風景で、心が和やかになります。 なにやら不穏で不安な世の中、花に助けられます。 昨日、教会での地域カフェでおしゃべりして

  • プリムラ・ポリアンサ。イチゴジャムパウンドケーキ。

    植え放しのプリムラ・ポリアンサが咲き始めました。 暑さに弱いから、本来は多年草なのに、一年草扱い。 でも、樹下、日陰、風通しなどの条件が合えば、 うちの庭では、何年も、この場所に顔を見せてくれます。

  • ミニ水仙ティタティタ。完璧朝食(笑)。リースに鳥。

    庭のあちこちに、ミニ水仙ティタティタ。 早春の黄色の花は、元気が出て、心が明るくなります。 すごく寒かった昨日、M子さんが野菜を届けてくれる。 いつも有り難う。 今朝の朝食。「ノ

  • バイモユリ。落花生リースに鳥。

    バイモユリが、あと少しで開花しそうです。 バイモユリのツボミ。 上を向いて、まっすぐ立ち上がっています。 開花が近づくにつれて、だんだんと首を垂れていきます。 なので、花も俯いて咲きます。 あ

  • 「ノラジジ」ランチ。桜餅と抹茶。干し芋。

    ​​​ いきなりですが、「ノラジジ」へ、ランチに行きました。 いつも、Sさんと二人ですが、Aさんを加えて三人で。 中から見える薪を積み上げた景色。 この小屋で、美味しいパンが焼かれています。 テー

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、チマミ2403さんをフォローしませんか?

ハンドル名
チマミ2403さん
ブログタイトル
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」
フォロー
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用