chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」 https://plaza.rakuten.co.jp/manjusha/

手間のかからぬよう、多年草と宿根草を中心に庭を構成し、四季折々の花をひとり静かに楽しんでいます。

チマミ2403
フォロー
住所
前橋市
出身
未設定
ブログ村参加

2010/07/15

1件〜100件

  • ミソハギ、三尺バーベナ。夏の生花。

    お盆用の仏花として馴染み深いミソハギです。 秋の季語です。  みそ萩や 水につければ 風の吹く 小林一茶 涼しい一陣の風が通り過ぎたような。 妻の新盆に手向けた句だとか。 隣りでは、同じ色して

  • 今日、綺麗にした場所と、そこに咲く花。オカワカメとは。

    少しだけですが、芝が生えている場所です。 酷いことになっていますでしょう? 今朝の二時間は、芝刈りをしたいと思います。 二時間後、まあまあ綺麗になりました。 このコーナーの周りに咲いている花を

  • 珍しい竜舌蘭(リュウゼツラン)開花。ミズキ通り。百日紅。

    数十年に一度咲く、という竜舌蘭の花。 5月半ばに、茎を伸ばし始めて、 瞬く間に、この大きさになったとか。 まだ成長中で、多分、現在は7メートルくらいだとか。 ​下の方の花は、茶色くなり、枯れ始めて

  • トレニアの小径。リュウゼツランの花が咲いたって。

    朝は雨だったので、午後の30分だけ、草取り。 楽そうな、トレニアの咲くレンガ道をやっつけます。 コボレからのトレニアは、キリなく広がるので、 小径に沿って咲いているのだけを残しています。 自然に

  • ダリア「女神」。桔梗を頂く。牛乳プリン。

    ダリア「女神」。 これで一株ですが、たくさんの茎を立ち上げ、 たくさんの花を咲かせています。 丈は、2メートルにもなります。 暗い紅色をしています。 カチッとした、硬質的な花びらです。

  • 今日も小径の草取りと花。枝豆サラダ。

    今日は、この小径を草取りしますね。 歩くための小径というよりは、 植物の世話がし易いように空けたミニミニ小径です。 フロックスや、エキナセアが繁殖し過ぎているので、 半分くらいに抜いたり、切り戻し

  • 小径の草取りと花たち。美味しそうなパン。

    草取り前の小径です。 今朝の二時間は、この場所を、切ったり抜いたりして、 整理したいと思います。 一番手前には、薔薇ホットココア。 頭上には、柿。今年は、当たり年みたいです。 左奥のオダマ

  • ワレモコウ。焼きトウモロコシ。初西瓜。

    ワレモコウ。 漢字で書くと、「吾亦紅」。   吾も亦 紅なりと ひそやかに   高浜虚子 秋の季語ですが、実際は、7月から咲いています。 花びらは無くて、暗い赤色の蕚が集まり、棒状の花になります。

  • 小径の掃除だけでも。ダールベルグデージー。山形のだし。

    毎日毎日、雑草との戦いですが、 この戦いに勝利することは、絶対に無いので、 遅ればせながら、あるずるい方法を思いつきました(笑)。 レンガを敷いた小径にも、 レンガの隙間に雑草は入りこみますが、 そこ

  • ノリウツギ、リアトリス白。ドクダミ化粧水作りました。

    ノリウツギが凄い勢いで、通路にはみ出しているので、 適当に切り詰めました。 三角錐を形作る白い小花が、清純で大好きです。 ただ、成長すると、2〜3メートルにもなるので、 もう少し小型の樹形だったら

  • チェリーセージ。玄関の生花。停電からの長話し

    チェリーセージが咲いています。 なんとなく一年中、咲いているような。 季節によって、赤色の花ばかりになったり、 白い花ばかりになったり。 気温の高い低いによって、色が変化するらしい。 じゃ

  • 百日紅、朝鮮シオン満開。キノコクリームパスタ。

    百日紅には、青空が似合います。 枝、枝に、びっしり花を付けて大満開です。 足元には、朝鮮シオンも満開です。 保存食用に作ったキノコマリネ、毎日食べています。 最後に少し残ってい

  • アフリカンマリーゴールドの生命力。またブルーベリー。

    ​​​​​​​​​ アフリカンマリーゴールドが咲き乱れています。 コボレで芽を出し、自力で花園を作ってくれます。 ​ コボレは有難いけれど…。 八重。 ひらひら一重。 全然違う場所にも、しっかり一

  • 百日草の色、さまざまに。きのこマリネ。

    百日草が、咲き乱れています。 すべてがコボレから育ったもので、植え替えて、 一ヶ所に集めた訳でもなく、そのままの状態です。 自然に交配したのか、微妙な色が咲いています。 ね、さ

  • ルリマツリモドキ。枝豆。ブルーベリーが大活躍。

    ルリマツリモドキがある場所です 反対側から見たら、こんな感じです。 根茎で増えます。 増えすぎているので、抜きまくり、一部だけ残しました。 美しい青色の花。でも、増えすぎはいけません。

  • 宿根カスミソウ八重。山のパン屋さんへ。

    一重のカスミソウに遅れること二週間ほど、 八重が満開になりました。 この場所で10年以上、毎年咲いてくれます。 コボレで咲き続ける黄色のダールベルグデージーが、 なんだか良い景色を作ってくれていま

  • ペニセタムリトルバニー。今日もブルーベリー。磯揚げ

    ペニセタム.・リトルバニーの景色。 細い繊細な葉の間から、 名前の通りのウサギの尻尾みたいな白い穂が、 たくさん立ち上がっています。 とてもとても丈夫。冬もまったく平気です。 気に入りすぎて、10箇

  • トレニア軍団。ブラックベリージャム作りました。

    この緑の塊は、何でしょうか。 恐るべき繁殖力のトレニア軍団です。 コボレ種で、庭の隅々まで広がっています。 雑草を抜く時、混じっているトレニアを、 どうするべきか、一瞬迷うのですが、半端ない数を、 い

  • グラジオラスとコレオプシス。ブルーベリー収穫

    いつのまにか、グラジオラスが咲いています。 周りには、花期の長〜いコレオプシス。 意図せず、おなじ色合いです。 もう終わり、と思っていたので、咲いてくれて嬉しいな。 花びらに、細い筋が、サッと

  • ベゴニア色々。フランス人親子さん来る。豪華ヨーグルト。

    春、まるで宿根草のように、毎年芽を出します。 夏も、変わらず咲くベゴニアさん。 色とりどりに、今も元気に咲き続けています。 種が飛んだのでしょう、離れた場所にも。 レンガの隙間にも咲い

  • ノリウツギ。ツマグロヒョウモン。流れる月日。

    ノリウツギ。 山一面に群生しているのを、見たことがあります。 紫陽花の仲間ですが、野生みを感じます。 円錐形の花房が特徴です。   ​紫陽花の咲き終わる頃に、咲き始めます。​ 真っ白。

  • アルストロメリア。ヤブミョウガ。インゲン白和え。

    春からずっと咲き続けているアルストロメリア。 増えるので、抜くのですが、それが簡単では無く、 よほど深く掘らないと、根が残ってしまい、 また、広がってしまいます。 赤色もありますが、今は花は、一休

  • ウズアジサイと凌霄花。ハグロトンボ。メダカの話。

    ウズアジサイと、ノウゼンカズラ。 ウズアジサイは、くるりと丸まった花びらが、 オタフク豆に似ているので、 オタフク紫陽花とも呼ばれます。 他の紫陽花よりも、花期が長い印象です。 隣りでは、ノウ

  • カリメリス。ブラックベリー狩り。

    カリメリス。 なんということもない、小さな白い花。 でも、とにかく気に入っていて、あちこちに植えています。 どこに植えても、他の植物の邪魔をせず、 すんなり馴染んでくれます。 朝、雨が止んで、

  • ミソハギとカシワバアジサイ。ブルーベリーたわわ。

    ミソハギ。漢字で書くと、「禊萩」。 禊ぐとは、清める。 別名は、盆花と言われますが、お盆の頃に咲くのと、 昔から神事で禊ぎに使われたりが、名前の由来です。 多年草。小花の集まりです。 増えすぎに注

  • 空色の花、ボックセージ。コロナワクチン四回目発熱。

    写真中央の空色の花が、ボックセージです。 背丈が1メートルにもなる大型植物です。 別名サルビア・ウルギノーサ。 ボックとは、湿地という意味で、 本来は、湿った場所が好きらしいですが、 10年以上、

  • 朝鮮シオン。カスミソウと活ける。大葉スムージー。

    朝鮮シオン。 ​一部は野生化しているほど、丈夫な宿根草です。​ 地下茎を延ばして、隣りの植物を脅かすので、 決めた場所からはみ出したのは、抜いています。 丈夫過ぎて、あまり大切にされませんが、

  • グラジオラス2色。「大葉レシピ」ジェラート

    二色のグラジオラスが咲きました。 ヘンリー蔦の絡むブロック塀の前で、日陰になり、 20株位から剣状の葉っぱが、たくさん出ていますが、 いまいち、花芽が出てきません。 多分、もっと明るい乾燥した場所がい

  • 宿根カスミソウ。コボレの不思議。アゲハチョウ。

    宿根カスミソウが、わあ〜ッと咲くこの景色、 私のお気に入りで、何回か登場していますね。 これで一株なんですよ。 ブッシュ咲きとでもいうのでしょうか。 花は、一重。 こちらも、同じく宿根カスミソ

  • 金柑の花。コレオプシス。ブラックベリー収穫

    金柑の花が、枝いっぱいに白い花を咲かせています。 暑い時期に、清涼感のある花は、素敵だなと思います。 冬には、オレンジ色の実がなりますね。 実は、生食したり、甘煮にしたり。 花言葉は「感謝」ですっ

  • ムラサキシキブの花。姫ヒオウギズイセン。

    そう言えば、今頃咲く時期だな、 と、意識して見に行かないと、見逃してしまうような、 小さな、地味なムラサキシキブの花です。 でも、印象に残る可愛い花です。 秋には、この花たちは、美しい濃い紫色の実

  • アフリカンマリーゴールド。「ヤンソンさんの誘惑」。

    背が高い品種、アフリカンマリーゴールドが咲いた。 コボレなので、好きな場所に、あちらこちらと。 エキナセアと混じり合って。 百日草と一緒に。 種をちゃんと採取せずに、コボレに任せていると、

  • ギボウシとヤマブキの実。いつものハガキ。

    ギボウシの花。 色んな種類があり、名前は分かりませんが、 みるからに大きな葉を、広げています。 大きな葉のギボウシには、やはり大きな花が咲きます。 頭上には、ヤマブキの実がたくさん。 う

  • コスモスとブラックベリー。大ちゃんがちょっとコワイ(笑)

    ​​ コスモスとブラックベリーの景色です。 コボレで出てきたそのままなので、 ブラックベリーの絡んでいるフェンスを挟み、 その両側で咲いています。 ​ 頭上のブラックベリーは豊作のようです。​​​​​​​

  • リシマキア・キリアータ。忍び寄る病。

    リシマキア・キリアータ。 花期が長く、銅葉が美しい。 地下の根茎でどんどん増えるので、 決めたコーナーからはみ出したものは、抜きます。 野草めいたシックな雰囲気が好きです。 ちょっと顔を覗かせ

  • フロックスと柿。彩り綺麗なカクテルサラダ

    ピンク色のフロックスの勢いが素晴らしい。 目の高さにまで成長。 垂れている、後ろの柿の木の枝にくっつきそう。 小花が集まり、ピラミッド状になります。 長く咲いてくれますし、丈夫ですし、 夏には、ぜ

  • グラジオラスとブルーベリー。スパゲティサラダ。

    グラジオラスが咲き始めました。 球根植物なので、毎年出てくれます。 後ろの木は、ブルーベリーです。 違う場所にも、昔からのグラジオラスが、 たくさんの葉を茂らせていますが、 花芽が、上がってきません。

  • ウズ紫陽花。アガパンサス。暑いけれど煮ものを。

    ウズ紫陽花。別名をオタフクアジサイとも。 花弁の周りが、クルッと丸まっているのが、 オタフク豆に似ているから、だとか。 友人から挿木したものを頂きましたが、 紫陽花は、成長が早いですね。 隣

  • ラベンダーグロッソとカシワバアジサイ。そばサラダ。

    だいぶ以前から咲き続けているラベンダーです。 頭上からは、カシワバアジサイが垂れています。 植えっ放しで、毎年咲いてくれます。 平凡ですが、丈夫なラベンダーグロッソです。 これまた長く咲き続け

  • ギボウシ。白いカラーが一輪。演歌用ドレス

    ギボウシが次々と花穂を立ち上げています。 庭には、色んな種類があり、 花の咲く時期も少しずつ、ずれているので、 結果、一か月くらい咲き続く感じになります。 涼しげな花ですね。 カラー。 何年

  • コボレ百日草。クーラー要らずの家。叩ききゅうり漬け

    コボレ種からの百日草が、庭のあちらこちらに。 下の写真の三色のどれとも違う微妙な色合いです。 交配して出来たのかしら。 一番普通のピンク色。 オレンジ色。 薄いピンク色。 白。今までに

  • ガウラの景色。コスモス。ひとり朝食。

    両側にガウラが茂る小径。 この小径の突き当たりには、 コボレからのコスモスが五本出ていて、 そのうちの一本が、早や咲き出しました。 あっ、ここにも。 頭上からは、ブラックベリーが「こんにちは」

  • エキナセアの花数が増え。赤花イチゴ。生花。ミルクジャム。

    ​エキナセアの花数がグンと増え、華やかです。​ 隣には、赤花イチゴ。繁殖力旺盛。 すぐに根付き、すぐに育ちます。 濃いピンク色の花が可愛いので、増えるに任せています。 小さなイチゴがな

  • モナルダ三色。最期のイチゴ。

    赤紫色のモナルダが、長〜く咲き続けています。 赤紫色のよりも二週間遅れて、赤色が咲きました。 別名タイマツ花と呼ばれますが、 まさに、赤いモナルダは赤赤と燃える松明のようです。 白色も咲きだし

  • ヘメロカリス満開。キーウイ鈴生り。親切は人のためならず。

    ヘメロカリスが、毎日、たくさん開花。 英名では、デイリリーと呼ばれるように、一日花。 この大きく華やかな花が、一日で萎れるとは勿体ない。 萎れた花は、片手で、簡単にポキッと折り取れます。 写真を撮

  • リアトリスの景色。ルピナス。食べものがいっぱい。

    リアトリスが咲き揃いました。 多年草ですが、地下茎が大きいので、球根植物とも。 左手が元で、去年カブ分けしたのが右手。 植えっぱなしで毎年咲きます。 親と変わりませんね。 穂の上から下へと咲い

  • ユリ、百合、ゆり。怪しいラインが止まらない。

    三色のユリが、咲き揃い、まあ素敵! いつも自画自賛でごめんなさい(笑)。 ホントにそう思って満足しているので、お許しを。 別の場所。小型のピンク色のユリです。 赤色のほうは、馬酔木の枝に、頭

  • アナベルと宿根カスミソウ。ワクチン4回目。杏ジャム

    アナベルと宿根カスミソウがコラボ。 白い世界が、ぼ〜っと霞むようでとても素敵な景色です。 アナベル、真っ白、まん丸。 宿根カスミソウ、まさに霞む薄い雲のよう。 コロナワクチン4回目の予約

  • コレオプシスとノコギリソウ。アンズジャム

    コレオプシスとノコギリソウが、 いい感じに競演しています。 朝、ちょっと庭へ来てくれた二人連れにも、 「いい感じでしょ〜」と自ら言ってしまいました(笑)。 もちろん宿根草です。 写真では、横に広がっ

  • エキナセアあちらこちらに。年はとっても。ズッキーニのピクルス

    エキナセアが、たくさんの茎を立ちあげています。 宿根草のなかでも、こんなに手がかからず、 丈夫なのは、ナンバーワンかな、と思います。 シャスターデージーとともに。 ヤグルマギクとともに。

  • グラスの小径。家庭で真似できない料理だわ。

    小径の両側のグラスが、景色を引き締めてくれます。 ここからカブ分けして、あちこちに植えています。 右手前に咲くのは、サルビア(ニューディメンション)と、 エリゲロン。 奥には、千鳥草。 左手

  • ヒメシャラ。アイアンのてんとう虫。オキザリス。

    ヒメシャラの花は、一日花。 花の数が増すにつれて、落花も毎日たくさん。 オキザリス・アイアンクロス。 その向こうに見えているのは、 アイアン雑貨のてんとう虫です。 大昔に息子が買ってくれ

  • ユウゼンギク。アンズまだ早い。デイゴ。ビワ収穫。

    ユウゼンギク。 増えるので、この一画だけ、残しています。 いっぱいツボミも付けて、なかなか可愛いです。 ] 名前の通り、友禅着物の模様のようです。 花言葉は、「老いても元気で」。ハイ! 朝、K

  • ヘメロカリス。ユリ三色。ミニトマト。

    ヘメロカリスは、野に咲くノカンゾウなどの仲間。 とても丈夫で、庭の片隅で、 必ず、この季節に咲いてくれます。 残念ながら、一日花です。 英名でも、デイリリーと呼ばれています。 たくさんのツボミがあ

  • こぼれるベゴニアたち。週末にはランチ

    軒下の穏やかな場所に、毎年出てくるベゴニアたち。 コボレ芽もたくさん。 まったく離れたレンガのそばにも。なんで? もっと離れたクリスマスローズのそばにも。なんで? ほとんど新しい花を買わな

  • 曇り空には白。ガウラとアナベル。親子丼

    雨が降りそうで降らない曇った空。 こんな日は、あちこちに植えたガウラの白色が綺麗。 ガウラの花の中で、水飲むアイアンの小鳥。 アナベルもたくさんの白い花を付けています。 咲き始めは、明る

  • ヒメシャラ。ダリア「女神」。日々雑草取り

    久しぶりの爽やかな青空が広がっています。 ヒメシャラの花が開花。ツボミもいっぱいです。 古い古い庭の住人であるダリア「女神」さま。 今年も勢いよく、チョコレート色の茎を立ち上げて、 黒みがかった赤

  • オレンジスカシユリほか2種。蛍袋。ささら踊りの話。

    オレンジ色のスカシユリが咲きました。 鮮やかな色です。 肉厚のしっかりとした花びらが、きれ〜い! 二日前にアップしました黄色が、数を増しています。 これは赤っぽいので、明日あたり、赤い花が咲く

  • バーベナ・ハスタータと白紫陽花。熱中症の話し。

    バーベナ・ハスタータの中でも、 ホワイトスパイヤーと呼ばれています。 宿根草で、冬は地上部は何も無くなります。 丈は1メートルくらいになりますが、 支えなしで、しっかり立ってくれるのが嬉しい。 ス

  • オカトラノオ、ヌマトラノオ。アスチルベ。

    この一画には、オカトラノオがいっぱい。 白いひとつひとつの花が、可愛いです。 これは、ヌマトラノオ。 まだ咲き始めですが、形態をご覧ください。 カクトラノオは曲線で、ヌマトラノオは直線。 花は

  • 黄色スカシユリ。レッドカラント。アンズ採りの話。

    黄色のスカシユリが、梅雨空にとても鮮やかです。 ツボミも、びっくりするほどたくさん付いていて、 しばらくの間、楽しめそうです。 スカシユリは、違う場所のも色違いですが、 全部がツボミを付けていて、

  • ベルガモットの咲きかた。紫蘇を植えてあげる

    ベルガモット(モナルダ)が開花を始めました。 この色の他に、白やピンクもありますが、 そちらはまだツボミは硬いようです。 面白い形状の花ですね。 もっと面白いのは、花の中心から緑色のツボミが出て

  • 薔薇ホットココア。ブルーベリーの実。カブ即席漬け。

    関東地方は、梅雨入りしました。 朝は寒くて、エアコンを入れましたが、さすがに、 すぐに暑くなって止めてみたり。 雨の止み間に撮った薔薇ホットココアです。 雨の雫でぐっしょりですが、 ホットココア特

  • サルビア・コクネシアほか3種。苺ジャム美味。

    正確な名前は分かりませんが、昔からあります。 多分、サルビア・コクネシア かな。 これは、サルビア・ミラージュ? サーモンピンクの可愛い色の花です。 これも同じような種類ですね。 二色になって

  • カシワバアジサイ。ピクルスと新ジャガイモ煮物。

    カシワバアジサイが真っ盛り。 ピラミッド状に小花が重なり、 一見大きな花に、見えますが、ひとつひとつは、 ホントに可愛いですね。 山の別荘地に住んでいるMさんから電話。 じゃーじゃー麺食事会

  • 赤い薔薇。ベルガモット。蛍ランプを見せたい

    庭から切って下さったのを、挿し木した赤い薔薇。 小輪ですが、つるバラで、そのお庭では、 アーチいっぱいに、いや、そこからはみ出し、 素晴らしい景色になっていました。 そうなればいいな、と憧れていますが

  • ホタルブクロニ種。ホタル鑑賞

    白いホタルブクロが咲きました。 ホタルブクロが咲くと、蛍の季節です。 袋状の花の中で、蛍が光るのは幻想的ですよ。 紫色も咲いています。 車で15分ほどの場所にある小さな川が、蛍の棲息地で

  • ユスラウメの実は赤く。リシマキアミッドナイトサン。

    敷地の横手に植わっているユスラウメ。 ここ一週間、忙しくて庭を見回っていない間に、 全ての実が赤く色づき、まあ綺麗! ユスラウメの実は、通称ユスラゴと呼びます。 ゆすらご、この可愛い呼び方が大好き

  • ブラックベリー花と実。ジャージャー麺食事会。

    バタバタと過ごしている間に、 ブラックベリーの花が咲き、あるものは実になっています。 ​果実の花は、清楚で可愛いですね。​ ツブツブした緑色の実が、赤くなり、 やがて黒くなれば収穫出来ます。

  • ペンステモンと千鳥草。また油淋鶏で、夜ご飯

    ​​​​ ペンステモンと千鳥草が混ざり合って咲いています。 大株になり過ぎるので、去年、株分けしましたが、 今年もまた成長し、もとの大きさに戻るかも。 油淋鶏、鶏もも肉2枚は、私たち二人には多過

  • ペンステモンと千鳥草。また油淋鶏で、夜ご飯

    ペンステモンと千鳥草が混ざり合って咲いています。 大株になり過ぎるので、去年、株分けしましたが、 今年もまた成長し、もとの大きさに戻るかも。 油淋鶏、鶏もも肉2枚は、私たち二人には多過ぎ、

  • 神宮ツツジが美しい。S家でコーヒーランチ。

    森の中のようなS家の庭。 珍しいツツジが、今年はとても良く咲いたって。 ボヤけた下手な写真でごめんなさい。 根元のロープは、鹿や猪が出るので。 伊勢神宮の周辺で発見されたので、 神宮ツツジと呼ばれ

  • キャットミント。友人とランチへ。

    落ち着いた紫色の、キャットミントです。 猫の好きな物質が含まれいて、それが名前の由来です。 一、二度、猫が戯れているのを見かけましたが、 目立って被害がある、と言う程ではありません。 友人滞在

  • マロウで水色ハーブティー。朝食はご飯にしましょ。

    私が、朝食の支度をしている間、友達は庭に。 激しい昨夜の雨で地面はぐじゅぐじゅ。 ルピナスの葉に水滴が溜まり、丸くコロコロ。 食べようか、と呼びに行ったら、彼女はヤロウの前に。 「これ、日本のハー

  • センダイハギ。

    紫色のセンダイハギです。 昔、山へ出かけたとき、直売所で買い、 それ以後の庭の住人です。 マメ科。花を見るとよく分かります。 今から、駅へ友達を迎えに行ってきます。 「我ん家」を予約してあるの

  • 千鳥草の景色。アルストロメニア。料理下拵え。

    コボレからの千鳥草がすっくすっくと立っています。 でも、見事なほど紫色一色で、ちょっとがっかり。 コボレだけに頼っていると、こうなるよね、と反省。 ところが、ねえ、見て見て、ピンク色が出ました。

  • 薔薇やハンショウヅルが終盤に。牛乳プリン。

    薔薇ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンドが、 盛りを過ぎた感じです。 今週末に来る友人には、なんとか見てもらえるかな。 アーチの下に入り、見上げます。 包まれる感じが気持ちよくて、癒されます。 色が

  • サルビア・ネモローサ。イングリッシュデージー。蕗煮物。

    サルビア・ネモローサ・カラドンナです。 茎は赤紫、花は紫色、直立する姿が魅力的。 冬は地上部は枯れますが、春には芽を出し、 丈夫さにかけては、裏切りません。 うちの庭でも、何年も生き残っていますよ

  • こぼれのジキタリス。友、遠方より来たる。

    ジキタリスが咲き始めました。 一番普通の、ちょっと毒々しいピンク色です。 こんなところや、 こんなところや、 こんなところにも、庭のあちこちに。 すべて、こぼれっ子たちです。 いつも同

  • キーウィフルーツの花満開。チェリーセージ。

    今年も、キーウィフルーツの花が満開です。 あまりに実がなり過ぎるので、 収穫後の、今年の冬にバッサリ半分くらいに、 剪定したのですが、ものすごい勢いで復活。 なんだか怖いくらい(笑)。 バラ科。何

  • 千鳥草とペンステモン。スモークサーモン押し寿司

    千鳥草とペンステモンが、混在しながら、 私の好きな景色を作ってくれています。 千鳥草は、全てコボレから咲きました。 それは有難いのですが、コボレに頼っていると、 ピンク色や白色が出てきていません。

  • テラコッタ色の薔薇。咲かないルピナスが咲きそう。

    居間から見えている薔薇の景色です。 脚立に乗るのが怖くなり、ちゃんと誘引出来ず、 アーチのてっぺんが空いているのが残念ね。 咲き始めは、テラコッタ色で、徐々に白色に変化します。 正式な名称は、ギスレー

  • 山椒の実。シャスターデージー。山椒醤油漬け

    グリーンの葉っぱに、グリーンの実は、山椒の実です。 まるで隠れんぼしているようです。 意識して探さないと、見逃します。 枝にはトゲがあるので要注意です。 ちょっと収穫してみようかなー。 山椒の

  • 薔薇アンジェラ外から中から。パソコン接続できました。

    ​​​​​​​昨日は、インターネット接続不能となり、 皆様から助言を頂いて、有難うございます。 今朝から、ネット周りの電源を全て抜いて、 暫く時間を置いて、パソコンを起動する、 という作業をやりましたが、ダ

  • ネットワークに接続されていません。

    ネットワークに繋がらず、電源切ったり入れたり、 ルーターを再起動したり、いじってみましたが、 改善しません。 ご心配かけるので、スマホで簡単更新します。 窓辺に咲く薔薇アンジェラです。        

  • ルピナス咲く。新玉ねぎと土佐酢、土佐醤油

    ​​​​​​​​​​​ うちのルピナス。一株だけ咲きました。 後ろのピンク色は、ピンクセージ? 名前が分からないので、そう呼んでいます。 こんな感じで、ほかにたくさんの株は出ていますが、 花芽は見当たりませ

  • 薔薇カクテル。ウクライナのこと。

    ​​​​​ 薔薇カクテルが咲き始めました。 珍しくも無い薔薇ですが、 薔薇のお世話がとても下手な私には、 勝手に丈夫に育ってくれるので、大切な庭の住人です。 一週間前の、ウクライナ人カテリーナグ

  • ヒメカンゾウとマトリカリア。イチゴジャム

    ​​​​​​​ ヒメカンゾウが、少し前から次々と咲き、 一日花なので、つぎつぎと萎みます。 萎んだ花殻を取り除き、ハイ、撮影! 隣りには、鉢植えのマトリカリアが綺麗です。 近所の人と、お互いの

  • マロウが花盛り、お茶が楽しめるよ。またフキの煮物。

    ​​​​​​​​ 庭の隅のマロウが満開です。 昔から、よく見慣れた花ですね。 元気いっぱいのイメージが、 あまり好きな花ではなかったけれど、年齢と共に、 庭にあるものはなんでも愛おしくて、 今年もよく咲い

  • オルレアのミニ花壇。三人でランチへ

    ​​​​​ 予約してあった「我ん家」へ、ランチに行ってきました。 Uさんは、○○の会の、私たちのリーダー。 自宅での食事には、何度もお呼ばれしていますが、 公的に多忙な人なので、遠慮して、 こちらからランチに

  • ピラカンサ満開。イワチドリも。ミニトマトのマリネ

    ​​​​​​​​​ 毎年同じ写真を載せているような。 窓辺のピラカンサが満開です。 バラ科。鋭いトゲがあり、秋には赤い実がなります。 見慣れた景色は、既に、ただの景色になっていて、 「あら、満開だー」と、

  • 紫蘭とシラーペルビアナ。わらびの煮物

    ​​​​​​​​ 紫蘭が咲き始めました。 項垂れて、しおらし気に見えますが、 この子も繁殖力が強く、絶えることはありません。 いっしょに繁殖しているのは、シラーペルビアナ。 写真を撮って登場させなきゃ

  • アカシアの花の天ぷら、ご存じですか。

    ​​​​​ 近所の友人Kさんが、アカシアの花を持って来てくれた。 この時期、この辺りでは、大木の樹上から、 藤の花に似た真っ白な花が房になって垂れさがり、 あちこちに、とても美しい景色を作っています。 すぐ

  • 黄色の薔薇。ウクライナに平和を!バンドゥーラコンサート。

    ​​​ 日本在住のウクライナ人、カテリーナグジーさんの、 コンサートに行ってきました。 最後に配られた、舞台に飾った黄色の薔薇です。 写真は許可されていなかったので、1枚もありません。 ウクライナの民

  • モッコウバラ満開。連休中に作った料理たち

    ​​​​​​​​​​​​​​​​ 白いモッコウバラが大満開です。 花期が短いので、最盛期を再び載せてみました。 足元には、咲かないな、と思っていた、 この水仙が、いまごろ開花しています。 背景には、雑草

  • 鈴蘭、美しいけれど・・。フランス料理見てね。

    ​​​​ 鈴蘭。 たくさんの小さな白いベルをぶらさげて、 緑鮮やかな大きめの葉に守られるようにして、 茎がすっくすっくと立ち上がっています。 花の下に手のひらをいれ、そっと揺すったら、 リン、リン、リ

  • モッコウバラ白色。子猫のかくれんぼ

    ​​​​​​​​​​​ 小径に沿って、白いモッコウバラが満開です。 モッコウバラは、大きく育つと大変ですが、 しなやかな茎にはトゲはなく、 なかなか育てやすいバラですね。 甘〜く香っています。 白色は、

  • ハンショウヅル。タケノコご飯、蕗の煮物。

    ​​​​​​​​ ハンショウヅルが、数多くのベル型の花を、 垂らしています。 艶々とした肉厚な花びら。これはツボミ。 半開きのようなこの状態で、これで開花しています。 分厚い花びらだ、とわかりますね。

  • ナデシコの景色を見てね。

    ​​​​​​  ナデシコの満開状態が続いています。 いつだったか、軽トラ花屋さんで買ったもので、 半年以上は咲いているのでは? 最初は白い花で咲き始め、ピンクへと変化します。 ​​​ 可愛いですね~

  • ジャーマンアイリス二種。玄関に活ける

    ジャーマンアイリス、で合っているでしょうか。 黄色の大きな花が、存在感を示し、 とても綺麗に咲いています。 紫色も咲いています。 黄色は、玄関に飾ってみました。 ほかにどんな花と組み合わせ

ブログリーダー」を活用して、チマミ2403さんをフォローしませんか?

ハンドル名
チマミ2403さん
ブログタイトル
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」
フォロー
静かな時が流れるマイガーデン「風の庭」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用