chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
コガブロ!-小金澤組をもっと知って- https://blog.goo.ne.jp/koganezawagumi

株式会社小金澤組にはどんな人達がいてどんな活動しているのか?!是非当社をもっと知ってください!

小金澤組ってどんな会社?どんな活動しているの?が、すぐわかる! ブログを通して当社を知ってもらい、皆様と繋がることができればと思います。気軽にコメントください♪

こがねざわぐみ
フォロー
住所
北海道
出身
北海道
ブログ村参加

2010/05/21

1件〜100件

  • 継続

    調査測量継続中。現在は2ヶ所目の道路造成場所へ移動し、最初の場所と同様に支障木の調査。こちらは延長360m。そのうち木の生えてない場所が130mあるので山の中は200mちょっとなのですが、傾斜がきつく、最大斜度は約45°・・・。這いつくばって上る感じ。で、その斜面を移動。罰ゲーム?筋トレ?とにかく体力勝負。今年は会社にいる時間が長かったのでちょっときつい・・・途中🐌発見してちょっと和みましたが、傾斜は変わらず中年にやさしくない感じ。来週からはいよいよ重機搬入して木の切倒しを開始する予定。30℃越えで暑いかと思ったら、20℃ちょっとで涼しかったりと気温差が激しいので熱中症には例年以上に気を付けながら進めます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします継続

  • 始動

    いよいよ始動。まずは、管理用道路を造成するのに支障となる木を調査。紐を張って、切り倒さなければならない木を分かるようにします。比較的見通しが良い場所で撮影しましたが、30mくらい離れるとどこに立っているのやら・・・大声で叫びながらの位置確認。本日の気温27度。暑いのですが、諸事情で長袖。しかも『ヤッケ』と言われる通気性のちょー悪いやつ着用。30分後汗だく。新入社員は汗でシャツの色が変わってましたしばらく歩くと去年の現場に到着。去年お世話になった協力業者のM氏。諸事情で現場終了前に別な現場へ行ってしまったので改めて昨年の現場観察、そして写真撮影。この背中に去年は本当に助けられました。今年も・・・。で、午後からは安全協議会。すでに終盤戦へ差し掛かっている現場で勉強会と場所を移し総会。とってもきれいな現場でした...始動

  • 現場

    用事があり現場へ行ってきたので写真撮ってきました。まずは、1ヶ所目。ここは、延長約800mの管理用道路を造成。2ヶ所目こちらは、延長は約360m。しかし、高低差が30m以上・・・。相変わらずの『山』感全開。しかも霧がかかっているので、一人では気味が悪いし、木陰から今にも飛び出してきそうな雰囲気・・・。この日は一人だったので早々に退散。次は、若手連れて、鈴付けて、爆竹もって、クマスプレーもって、最後尾で臨みます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。現場

  • newアイテム 2

    またもやnewアイテムの登場。と言っても、年数が経ち、不具合が多くなっていた測量器械の入替え。それでも、年々機能や性能が向上していまして、かつ器械が小さくなるというこちらとしてはすべてメリットという感じ。操作する端末もほぼスマホ並みの小ささに。自分はもうついていけなくて、操作説明も後ろで見守る感じ。どんなものでも進化はするものだと思いますが、目の前で見るとやっぱり「すげぇ~」ってなります。間もなく現場乗り込み。すげぇ~機械と、優秀な若手に助けてもらいながら現場施工に臨みます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。newアイテム2

  • 受注

    とうとう出ました!!自分の担当する現場。昨日受注したばかりで契約もまだですが、今年度の行先決定。工事は、昨年度施工しました樽前砂防工事の一部で今回は砂防施設の維持メンテナンス用の管理用道路を造成する工事。準備もまだこれからですが、すでに土木屋の好むいい時期に差し掛かっているので、早急に抜かりない準備をして現場へ乗り込みたいと思っています。とりあえず受注の報告。詳細はまた来週にでも。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。受注

  • newアイテム

    本社会議室に昨日納品。簡単に言えば、でかいモニターにwindows10とホワイトボード機能が内蔵されておりオンラインで繋がれるという優れもの。何に期待するかというと、例えば土木部の月1回全体会議。会議の都度各現場から現場業務終了後会議のために会社へ集合。車や燃料の経費もかかりますし、当然家に帰る時間も遅くなります。けどweb会議で済ますことができれば、移動時間や経費を抑え、日中の時間帯でも会議が可能となるので、負担も減ります。zoomなどを使えば今までも打合せは可能でしたが、議事録は別途作成が必要なので、会議でとなると微妙な感じもありました。でもこれはホワイトボードに資料を貼り付け、その資料に書き込むことができる上にすべて保存や印刷が可能なので議事録の作成も必要なし。また、つながった人は外部からでも本社の...newアイテム

  • 安全大会

    年2回行われる安全大会の1回目。神社で安全を祈願し、今一度安全とは?を考え、それの重要性や必要性を再確認し、参加した全員で安全を誓う会。会場は若手中心で前日から準備。と言いながら、ペットボトルのお茶2箱持って階段で3階まで息を切らしながら運搬ある若手は、軽そうな紙袋を持って、エレベーターで3階まで・・・。若手は貴重な戦力。まずはおじさんから使い込むべしで、本番の今日。建設災害、交通災害犠牲者に対し黙とうを捧げるところから始まりました。そのあと社長の挨拶があって、講師を招き安全講話を頂戴しました。講話の中では、仕事を通じ自分自身のことを考えることを学びました。そのあとは、協力業者さんや優秀職員の表彰などがあり、安全宣言で終了。自分は、自分の身に降りかかる危険から身を守るのはもちろんですが、現場の責任者になる...安全大会

  • 早起き

    本社勤務で体が疲れていないせいかとっても早起きに・・・。朝は10年以上前から目覚ましは使っていませんが、最近は度が過ぎまして、毎日というわけではないけど明るくなる前にお目覚め・・・。以前もお伝えしましたが、プライベートな時間は相変わらず映画や本に時間を費やしているのですが、今日は朝から映画2本いけて、本読む時間までありました。さて週末。当然土日とお休みなので、とうしようか・・・。映画か本か違う何かか。何かいい時間の過ごし方ないでしょうか?土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。早起き

  • 白鳥王子アイスアリーナ花壇整備

    今年も植えてまいりました毎年お手伝いさせて頂いてる白鳥王子アイスアリーナの花壇整備。風が冷たく寒い中ではありましたが、好天に恵まれ準備からスタート。しっかり隊長の話を聞き作業開始。「おはよー」の声に振り返ると・・・若手中心の準備開始直後まさかの社長登場。早いし・・・。というわけで、社長も準備から参加で計1,800株、植えた後の見映えをイメージしながら配置。準備は花の配置だけではなく、冬を越して固く締まった花壇を起こす作業もあり、それは数日前に維持工事を担っているスタッフが済ませてくれています。開会式前の和やかな雰囲気の中レッドイーグルス北海道の監督さんと選手の皆さんに記念ボードにサインを頂き、そのボードを預かった彼、「俺もサイン・・・」いやいや、エアサインに留めて頂きました開会式の後いよいよ花植え。昨年、...白鳥王子アイスアリーナ花壇整備

  • 明日は花植え

    今回は写真無し。4月は記録的に雨が少ないなんてニュース見てましたが、最近は連日雨。一日中降っている日もあれば、今日なんかは朝の1時間程度。そんな雨でも一雨ごとに気温が上がっていっているような気が。でも、運動会シーズンである6月はいつも寒いので、6月一杯は暖かくなったり、寒かったりでしょうか?さて、明日は地域貢献活動として長年お手伝いさせていただいてる白鳥王子アイスアリーナでの花植え。昨年はコロナ禍で子供たちの参加は見送り、大人だけでの作業でしたが、今年は子供たちも参加予定。そして、レッドイーグルスの選手も数名来られる予定とか。いつも人数が多く、皆さん一生懸命作業して頂けるので1時間程度で終わりますが、毎日のように降っている雨。さすがに明日は降らないように願う。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお...明日は花植え

  • 研修

    今回は先週に行ってきた研修のお話。本社勤務が続いている自分。会社から研修があるので出席するよう言われまして、先週行ってまいりました。目的の研修は岩手県の花巻でしたが、一緒に行く先輩たちと「せっかく道外へ行くのだからと他も見よう」ということに。東北となると、職業柄震災復興状況(防潮堤などなど)を見てみたいとなり、その辺も交えながら研修に行ってきました。まず飛行機で仙台へ。そこから太平洋沿岸を1日かけて北上。数か所で車を降り、地震や津波の爪痕や復旧した施設なんかを見ましたが、TVその他で知ってはいたものの、その被害の大きさを目の前で見ると言葉が出ませんでした。こんな仕事をしているので、胆振東部地震をはじめ、災害直後の現場も何度か目にした事がありますが、その時と同じ感覚。自然の驚異に言葉もなく立ちすくむ感じ。それでも...研修

  • 3回目&歓迎会

    3回目のワクチン接種しました。寝ていられないほどの腕痛に見舞われましたが、2回目より症状は短く、軽く済みました。副反応はしっかり頂戴しましたが、これでコロナに感染するリスクが下がり、感染したとしても重症化のリスクも下がるのであれば全然OK。話題は変わり、先日新入社員歓迎会開催。コロナ禍なので、お店を貸し切りにして感染リスクを抑えた中で食事のみ。おいしいお肉食べさせてもらいました。美味かった。コロナ禍となり、入社式や歓迎会も中止や縮小という対応が続いていましたが、久しぶりに歓迎会という名目で会が開催されました。新入社員は入社1か月を過ぎたばかりでまだまだ慣れてはいない感じ。それでも今週より、いよいよ自分の持ち場に配置され奮闘しているようです。お肉パワーで乗り越えろ!!乗り越えるにはもう少しお肉必要か・・・。土木部...3回目&歓迎会

  • たんぽぽとワクチン

    GWいかがでしたでしょうか?わが地元苫小牧は、天気が大崩れすることはありませんでしたが、日が照っても風が強く外出には上着が必須という状況でした。コロナ禍でのGWとしては初の規制が無い状態でのお休み。ニュースでは帰省や観光が増えているということでしたが、自分の行動範囲内はほぼ変わり無し。というわけで、比較的安心して過ごせたかな。さて休みも明け、仕事再開ですが、自分が直接担当する現場はまだ無し。先輩の現場の準備を応援することになり準備のため土場へ。土場は、わが社発祥の地むかわ町にあるのですが、今むかわは『たんぽぽ』の季節。たんぽぽ公園なる場所へ行けば公園一面のたんぽぽが楽しめますが、今日は時間が無いので土場の脇に咲いているたんぽぽで我慢。戻って午後からは3回目の『ワクチン接種』。2回目はなかなかな副反応がありまして...たんぽぽとワクチン

  • 続 研修

    続いてます新入社員研修。社外の講習会も挟みながら4月一杯の研修。GW前最後の2日間は、現在施工している現場、今までに施工した現場、これから施工する現場など現場と発注者さんや取引業者さん、会社の施設を実際にその場所まで行って、場所を覚えながら説明を聞く感じ。まずは市内の建築部の現場へ。施工中の現場を図面を見ながら工法や耐震のことなどを教えてもらい土木の現場へ。河川改修工事見て、水田の工事見て、ついでに厚幌ダム視察。で、今日も朝から現場回り。色々見て回り、スタミナ系のランチして、発注者の施設を確認しながら「桜見ようか🌸」ということで、市内の桜並木のある公園へ。・・・。ひとつも咲いてませんでした。鯉のぼり見て帰社。明日からはGW休暇。初給料も出たようなので、楽しみな休暇だと思われます。GW明けは社外講習からスタート。...続研修

  • 暖かくなってきました

    だんだん暖かくなってきましたね。でも苫小牧は気温も上がらず常に強風。晴れればいいですが、曇ってたら上着が無いとちょっと寒い感じ。松前や函館では桜が開花したようですし、そのほかの地域でも20℃前後と今年一番の陽気となっているのに苫小牧は10℃そこそこ。毎年この時期はこんなもんですが、せめて風だけでもおさまってくれればいいのに。本社のテラスに植えてある木もつぼみらしきものを纏っていますがいつ咲くのやら・・・。(自分、詳しくないので何の木で、花が咲くのか、葉が開くのかも分かりません。)さて、来週一週間仕事すればもうGW。TVではいろいろ観光やお出掛けを後押しするプランもお知らせされていますが、自分は10連休でも予定はすべて未定。というか何も無し。何かいい案があればアドバイスを・・・。↑1日1回クリック!応援よろしお願...暖かくなってきました

  • 新入社員研修

    いつもは、入社直後より実際の持ち場で実務を行いながら先輩たちに仕事を教えてもらうことが多いですが、今年は先輩が多く会社にいることもあり、その先輩たちが日替わりで講師を務め研修の日々。社会人としての心得的なものから、技術的な実務まで仕事に慣れるために浅く広く教わる日々。当然分からなかったり、うまくいかないことばかり。それでも反復し、回数をこなすことで少しずつ理解し始めているよう。会社の前で測量実習もしていますが、先輩の圧力強くて夢に出てきそう・・・しばらくは覚えることが多く、とにかく毎日が必死で、時には辛い思いもするかもしれませんが、早く仕事に慣れ、ものづくりの楽しさや充実感を味わえるよう頑張ってほしいと思います。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします新入社員研修

  • 映画と本

    新年度に入りましたが、自分は担当する現場がまだないので、PCの最新ソフトの操作勉強や来るべき日の準備をしながら過ごしています。現場があっても毎年この時期はだいたい本社勤務。自宅も近く、朝も夜も時間に余裕ができるので見れていなかった映画と本を一気見。現場が終わってから今までの約1か月弱の間に本を数冊、映画は10本以上攻略。どちらも自分の好みか、面白そうと思ったものしか見ませんが・・・。自分も好きな村上春樹さんの「ドライブ・マイ・カー」は本も映画もちゃんとチェック。本は短編ですが、映画は約180分とナイスボリューム。確かに長ったですが、自分的に180分は感じさせない作品でした。で、時間に余裕のある毎日。ほぼ毎日映画と本を見ていると作品に心が持っていかれてしまう・・・。出勤前に心が揺さぶられる映画を見ると影響を受け若...映画と本

  • 新年度

    令和4年度、はじまりましたね。さて、今年度はどんな年か。本社ではまず神棚へお参りし、その後新入社員の入社式。辞令が交付され記念撮影。新入社員はもちろん緊張の面持ち。しばらくは、社会人としての振る舞いや仕事内容を大まかに教えてもらいながらGW以降で各持ち場に着く予定だそう。希望も不安もあることと思いますが、色々体験し、ミスを恐れずチャレンジし、モノづくりの充実感や達成感なんかを感じられるように努力してほしいものです。新人に熱意に負けないよう自分も精進します。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。新年度

  • 気温がマイナスになることも少なくなってきてようやく春の訪れを肌で感じるようになってきましたが、社内ではすでに春が・・・観葉植物は年中楽しむことができますが、奥へ行くと・・・最後にちょっと違う写真がありましたが、『さくら』、『鯉のぼり』、『五月人形』、この手作り感が気持ちを和ませてくれます。2Fには『土木屋のおっさん』しかいないので、騒がしさと仕事の雰囲気しかありませんが、ほんと1Fに行くと和みます。座ってコーヒーでもと思ってしまいます。自分には出来ない(気付かない)ことですが、このちょっとした演出が季節を感じさせ、雰囲気を和ませたり、仕事でのピリピリやギスギス感を振り払ってくれるような気がします。来週末には4月を迎え、新入社員も入社予定。新しい仲間が増えるとともに、社内でもよりよい環境の構築や次世代へ向け、いろ...春

  • 帰還

    先週、工事完成検査を終え、すぐに引っ越しして本社へ帰還。3月も半ば、気温も上がり、春が近づいているかと思った矢先・・・はい、まだ冬でした。毎年3月に大雨か大雪、どちらかが多く降りますが、今年は雪。(去年と一昨年は大雨)この日の積雪は約10㎝。この時期の雪は重たく、除雪も若干腰が引けますよね。で、待っていると登場。除雪車。これこれって感じ。除雪車でできない玄関前などは人力。除雪しに外へ出たはいいけど、人力でできるところは終わってしまった・・・。帰ろうかと思うが、除雪車の運転手は上司。・・・。・・・。結果、まだ除雪作業中の上司をおいて帰ることを決断。目が合わないように脱出また今週末は大荒れのようですね。春の嵐。いくつ耐えれば本当の春になるのでしょうか・・・。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。...帰還

  • 検査

    昨年5月に受注、6月より施工を開始し、2月上旬に完成しました今回の工事の最後のイベント?『工事完成検査』先日行われました。先に終了していた先輩と若手2名にも手伝ってもらって準備開始。工事施工中は湧いてくる水をポンプで汲み上げ施工していましたが、工事終了と同時にポンプ撤去。(撤去は厳冬期の1月上旬)で、水が溜まり、さらには凍ります。水深おおよそ1.5m、氷の厚さ10~15㎝。何を言いたいかと言いますと、検査で計測する鋼矢板は氷の中・・・。さて、どうしましょう。今の時期は、日中の気温も毎日3~5℃前後まで上昇していて、氷も陽が当たっている所は完全に融けている場所も・・・。ビビっちゃいます。けど下りてみたら、結構何でもない感じで普通に歩けましたが、氷が割れヤバい箇所も。ヤバいところを避けつつ計測場所の氷割り。見えるで...検査

  • 検査(隣)

    昨日は隣で工事してた先輩の工事完成検査。同じ時期に受注。施工や完成時期もほぼ同じ。ということで、検査時期も一緒。先に先輩の工事が検査となり微力ながらお手伝いへ。施工開始直後から工事終了間際まで度重なる苦労を見ていまして、やっと検査までたどり着いた印象。検査準備(除雪がメイン)は2日前から開始して、前日には準備完了という予定。ところが、その検査前日の朝から雪がモサモサ降り出し、結果半日で積雪30㎝以上・・・。準備の除雪も途中で中断。昼過ぎ降り方が弱くなったところで除雪再開。しかし、車がいけるところから検査場所までは1㎞以上。除雪車が道中除雪しながら検査場所までたどり着くのに数時間・・・。正直、検査まで苦労するのかとなんか言葉が出なくなりました。なんだかんだ言いながら検査当日。快晴このあたりは流石と言うべきか、持っ...検査(隣)

  • 検査準備

    お菓子食べながら書類整理する日々も終盤を迎え、工事の最終検査の日が近づいてきました。しばらく現場へも行っていないので、検査のイメージを掴むため数日前に様子見と思いお出掛けしたら・・・積雪のため途中で断念。今年は札幌での大雪もニュースになっていますが、苫小牧も特に東側で大雪。隣の工事が先に検査を受けるので、その除雪を待って昨日再度お出掛け。完全に油断していました。場所により太ももまでの積雪。防寒着は上だけ着用、下は普通の作業服。若手には「下も履いた方がいいんじゃないですか」と言われましたが、「大丈夫」と根拠のない返事をしまして、結果、雪だらけ。一面真っ白で、鋼矢板もほぼ見えなくなっていました。検査では、この鋼矢板の位置や高さを計測するのでこれから除雪と氷割り。自分は、残った書類を片付けるからと言い訳し、若手と下請...検査準備

  • 小腹

    現在も書類整理中。隣で施工していた先輩の現場もすべての作業を完了し、こちらも同じく書類整理。同じ事務所に現在6名。先輩と自分はおっさんですが、あとは20代。邪魔者扱いされていないかと緊張の日々。で、前回もお伝えしたように1日中事務所にいると、飽きて、腹が減って、お菓子に手を延ばす。このルーティーンが成立。小腹すいた時にとお菓子がテーブルの上にあるのですが、やはり人気、不人気がはっきり出ます。自分はどちらかというと塩系のしょっぱいお菓子が好きなのですが、若手は全員甘いものがよろしいようで、とくに「チョコパイ」が人気。これ。横にカスタードケーキもあるのですが、とにかく「チョコパイ」。頭使って甘いものが欲しくなるのか、ただただ好みなのか、とにかく「チョコパイ」がすぐ無くなる・・・。明日か明後日TRIALに行って補給し...小腹

  • 散歩

    現場も終わり一息ついたところで、書類整理の日々に変化。毎日現場歩いている生活から事務所の椅子に座り続ける日々・・・。飽きちゃいます。お尻痛くなるし、なんか食べたくなるし、食べたら眠たくなるし、PCで書類作って印刷したら文字はみ出てるし・・・。ほんと、事務系のお仕事されている方々尊敬します。で、我慢できなくなり散歩。まずは日の出を。夕焼けみたいな朝焼け。次は現場近くにある錦大沼へ。今の季節は『ワカサギ』釣りが有名。この日は天気も良く、背景の樽前山もくっきり。平日なので20人ほどでした。管理人さんに聞くと、週末は家族連れなどで来られる方も多いようですが、釣果は「さっぱり」らしいです。当然上手な方は少ないながらもそこそこ釣るらしいですが、週末は、約半数の方が「ボウズ」だそう。寒い中、ただでさえ小さな魚狙って、ボウズは...散歩

  • 終わりました。現場。今回の工事は終わりましたが、施設が完成したわけではないので完成写真はびみょ~な感じ。では、着工前と完成をどうぞ。当然ですが、同じアングル。先にも書いた通り施設が完成したわけではありません。今後パネルを立ち上げ、中を土で盛り、コンクリートで蓋をして完成。予算や現場条件などに左右されますが、おそらく完成は3~4年後。まあ大きな施設は、建設・供用開始までに数年かかるのはよくあること。一度手を掛けたんだから最後までやりたいところですが、そこは『入札』があるので自分では決めれません。何とか受注して続きを紹介したい思ってますが・・・。完成(完成検査はまだ先)したので完成写真を撮影しようと現場徘徊。早いうちに完成したところは当然放置していましたので・・・雪が太ももまで・・・しかも高低差約20m上らなきゃな...完

  • またも雪

    完全に油断してました。週間天気予報では曇りで、「多少積もるか」ぐらいと思ってたら翌朝10㎝以上・・・。全開で完成へ向けての仕上げ作業中でしたが、天候には逆らえません。全てを受け入れ、ただただ除雪して仕上げるのみ。まあ現場では、「いつ積もるか分からないから、あちこち手を付けずに端から順に仕上げていこう」と言っていたので被害はわずかですが、テンションは下がります。そんなこんなで土砂の仕上げも完了して今は仮設物の撤去などの後片付け。来週中頃には現場は完成の見込み。その後は工事の検査も控えているので今後は書類の見直しや整理が主な仕事。朝から晩まで椅子に座っていると飽きるんですよね~。でもやらなきゃ終わらないので、こちらもしっかり仕上げていきたいと思います。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日...またも雪

  • 久しぶりに

    樽前山久しぶりに見た気がします。年が明けてから毎日のように降っていた雪もひと段落。しかし、今度は寒気が流れてきて、天気はいいけど、寒い毎日。現場は、除雪を終えようやく仕上げ作業へ移行。残土を搬出しながら整形仕上げ。残りはあと3日ほど。終了している矢板は、工事完成検査の時に見てもらおうと思っていましたが、地下水を汲んでいたポンプを止めると当然ですが、徐々に水位が上がってきまして・・・写真ではぎりぎり見えていますが、これは3日前の写真。本日、低い方の矢板は完全に氷の中へ。ちなみにポンプがかかっているときは、矢板がはっきり見えるかと。水位も氷も自然の力なのでどうしようもないですが、なんかちょっと残念。残りの作業も1週間程度、長かったようであっという間。心残りが無いようしっかり終わらせたいと思います。土木部1330↑1...久しぶりに

  • 大荒れ

    年が明けてから雪が積もった話をしましたが、先日も大荒れ自宅も30㎝以上積もり、家から出ることもできなくひたすら除雪。ふと見ると、4WDの車も道路でも動けなくなってました。それでも除雪車が来て、数台車が通って行ったので思い切って出発幹線道路へ出るまでの150mくらいはひやひやしましたが、なんとか脱出しか~し、すぐそばの交差点でトレーラーが信号機の電柱をKO。そんなところを横目に見ながら現場到着。現場は自宅よりも積雪は少なかったですが、こんな感じ。湿った雪だったので、木々も雪の重みで枝が折れそう。最近は曇りや雪の日が多く樽前山もほぼ見えません。もう少しで工事も完成だというのに除雪と排雪がプラスされいつ終わるのやら・・・。もう少しなので焦らず淡々と進めます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←...大荒れ

  • 今年もよろしくお願いします

    今年もどうぞよろしくお願い致します。皆様の年明けはいかがでしたでしょうか?苫小牧の年明けは初日の出も見え、幸先のいいスタートかと思ったら、昼頃から雪、積雪約10㎝。1月2日もちょっと雪。1月3日はちらつく感じで、4日は一休み。で、1月5日はもりもり雪。というわけで、現場は・・・除雪無しでは入っていけませんでした。隣の現場の方が現場までの道路を除雪してくれたので、その跡をたどり、現場到着した姿がこれ。これ以上1㎜も進みません。積雪はおよそ35㎝。しかも最低気温-18℃(現場)若干ダイアモンドダストも目では見えるのですが・・・。プロが撮れば見えるのでしょうが、腕もないし、除雪急ぐのでこんな写真しか撮れませんでした。よく見れば、ちらついているのが少しだけ・・・。近年には珍しく積雪量が多い年末年始となりましたが、仕事始...今年もよろしくお願いします

  • 搬出

    今年の12月は寒いな~と思っていたら、数年に一度の寒波が到来しているようで、現場でも寒い寒いと言いながら12月28日で仕事納めとなりました。12月25日には鋼矢板打込みで活躍したクレーンの搬出。前日にトレーラーで運べるようクレーンを解体。ブームを短くしまして、さらには、カウンターウエイトを下ろしまして、こちらこれでもでかいですが、これでやっと運べるサイズ。で、ブームやウエイトを積み込みまして、最後にクレーン本体積込み。寒波到来で少々ではありますが積もった雪が融けてくれず一般道へ出るまでは圧雪アイスバーン。なおかつ、勾配も急。すべり止めを散布したり、トレーラーは事前にチェーンを装着してもらうなど対策を講じていざ出発。写真はありませんが、何事もなく搬出完了。クレーンがいなくなった現場はスッキリというか、寂しいという...搬出

  • 終了×2

    RisingSun12月に入ってからは天候が大崩れすることが無くなりましたが、さすがに下旬に差し掛かったあたりから冷え込みが厳しくなってきました。ここ数日最高気温も氷点下の『真冬日』やプラスになったとしても2℃程度でそれも1時間くらい。本日の予想最高気温『-4℃』冬の寒さ全開であります。そんな寒さの中、鋼矢板打込み順調に進みまして、水曜日に無事打込みを終了しました。最後の1枚。9月から4か月かけて669枚の鋼矢板を打込みました。打込みを担当してくれたS工業の職人さんやオペレータさんには大変苦労を掛けましたが、さすがは職人、自分の希望としていた年内の施工完了に間に合わせてくれました。それとともに、打込みに伴うクレーンマウンドの造成やウォータージェットの給排水管理、はたまた現場全体の安全施設の整備、雑用的な仕事まで...終了×2

  • 12月も半ばを過ぎ、今年ももうあとわずか。この時期毎年思いますが、まるで1年が早足で駆け抜けていくよう。春から始まった工事もすでに終盤。色々ありましたが、現在の進捗率は約87%。週明けの作業が順調に進めば年内には90%以上の進捗が望めそうです。しかし、焦らず、いつもの手順で、安全確認と安全確保を怠らず年内の作業を締めくくる1週間にしたいと思います。今回の写真は、今回施工している『セル』の鋼矢板の閉じるところをチョイスしてみました。両方から鋼矢板打ち込みを進めてきまして、緊張のドッキング。問題なく繋がるかはやはり心配。(自分だけかもしれませんが。)片方入りました。これは当たり前。で、反対側をゆっくりと・・・問題なく接続。さすがは職人。あとは、所定の高さまで打込んで完了。現在は最後のセルの施工中で、残る枚数は約50...閉

  • パトロール

    何かと忙しない12月。そして統計からみても事故やけがの多い時期。ということで、今週はパトロールラッシュ。週明け早々は、本社経営陣のパトロール。いつも通り書類と現場をくまなく確認。また、週休2日制の実施状況や残業を減らすための方策の相談などなど。で、次は月一の本社安全室のパトロール。こちらも書類、現場の確認。また工程的なことや安全面に関しての具体的なアドバイスをもらいました。次は、労働基準監督署と建災防の合同パトロール。毎年この時期に行われるパトロールで、冒頭にも書きましたが事故やけがの多いこの時期に注意喚起を行うのが目的。主に現場を見て回り、当日の作業や作業計画書を確認。問題はなかったのですが、実は自分、責任者なのにこの日は不在。でどこに居たかというと、別な現場のパトロール・・・。河川や砂防工事業者で組織されて...パトロール

  • 少し改善

    苦労しながら進めている矢板打ち。若干ですが地盤の状況が変わり、進捗が以前より上がるようになってきました。それでも年内終了は微妙。今は一年の中で一番陽の短い時期。作業開始時間を早めたり、時には残業したりと手は打っていますが、無理してケガにつながっては元も子もないので、さじ加減は難しいところです。まあ、上がってきたペースに尚一層の期待感を持ちながらやり直しのようなことだけ無いよう焦る気持ちを抑えつつ残り頑張るのみ。工事とともに工事開始後より継続している地域貢献活動。工事事務所の近くの公園の維持管理のお手伝いや周辺のゴミ拾いを行って来ました。中でもゴミ拾いですが、ゴミがほとんどありません。管理人さんがいる公園なので、しっかり管理され、とてもいいことなのですが、あまりにもなさ過ぎておっさんの集団が散歩しに来ているようで...少し改善

  • どうやら冬

    いよいよ冬。山頂に降り積もった雪が融けなくなり、本格的な冬の到来を感じさせます。以前、落葉前のカラマツの写真を載せましたが、今はこちら。現場は、ペースに乗ったかと思われた矢板打ちも日々いろいろありまして、ここ2週間で満足いく内容の日は2日。誰のせいでもないはずなのですが、いつも朝礼ギリギリに来る若手職員がいつもより早く現場に来まして、PCの電源を入れた途端現場事務所のブレーカーが落ちました・・・。で、ご想像の通り『珍しく早く来るからだ‼』といちゃもんを付けられ、現場での機械のトラブルや故障も『朝早く来るからだ‼』と完全な言いがかり。しかし、言われるということはどこかに理由がありそうな気も・・・。「早起きは三文の徳」現場に徳が舞い込むように早起きの継続を願います。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願い...どうやら冬

  • クレーン

    今月はとにかく1週間の内2~3日は昨日は雷とともにゲリラ豪雨・・・洗車場いかなくても車きれいになるんじゃね?というくらいの豪雨。結果、車もきれいにはなりませんし、危険なので作業も中断。隣の先輩の現場は中止。先週は台風でもないのに70㎜くらい降るし、雨の日多すぎ。それでも現場はカッパ着て続行。(さすがに豪雨や雷は中断や中止しますが)矢板打ちは、策が予定通りの結果をもたらし、ようやく進みが目に見えて分かるようになってきましたが、機械の故障などによりなかなか満足いく進捗を上げることが難しい状況です。まぁ、機械なので故障もすれば壊れるのは当たり前。しかもあの固い地盤に戦いを挑んでいる姿を見ればよく頑張っているなと逆に感心。とにかく焦らず、手戻りが無いよう、品質や精度を確保しながら前進あるのみ。今回は、クレーンの紹介。掘...クレーン

  • 打開策決定

    寒くなってきました。薄手の上着では物足りない感じ。そして、雨が降るたびに樽前山は雪化粧。数時間で消えるものの、見ると寒さが増すような気が・・・。苦戦続きの矢板打ち。打開策が決まり準備。いろいろ選択肢はあったのですが、・本当にペースが上がるか・精度は確保できるか・費用が増大しないか・増大はしても費用対効果は得られるか(額にもよりますが)など、悩む点は色々。案をひとつづつ試すには時間と手間がかかりすぎるので、職人さんの経験や勘に助けてもらいながら本社の上役にも相談し策を決定。しかしながら、その方法にはそれに合わせた部材や準備が必要。現場の準備は早々に済ませ、部材待ちの間に後日搬入予定だった次の鋼矢板を搬入。10m前後の矢板が30枚強。重さは約26t。現場の中でも地盤の弱いところをこのトレーラーが走ると・・・。一度は...打開策決定

  • 落葉

    前回紅葉をお伝えしましたが、広葉樹はすべて葉が落ちました。赤く葉が残っているのは「カラマツ」。このカラマツは針葉樹ですが葉が落ちる種類。なので、しばらくするとこの風景はすべて葉が落ちて枯れたような木々の写真になってしまいます。ちなみに落葉しない針葉樹はこちら奥は樽前山。その手前に葉の緑いろの針葉樹がカラマツ以外の針葉樹。どの針葉樹かは写真では分かりません。針葉樹の種類結構多くて、目の前で見ても素人の自分には、ただ松としか分かりません。落葉するカラマツは、秋になるとまず落葉キノコが場所によりですが採れ、その後写真のように色付き、最終的に落葉。最近では建材にも使われていまして、当社の住宅建築部でも住宅建材として使用したりもしているようです。さてさて苦労している矢板打ち。ようやく2基目の施工が終了。さすがは職人。苦労...落葉

  • 苦戦

    秋深まる。現場の広葉樹の木々の葉もほとんどが紅葉を終え、ひらひらと舞っています。そんな中、年内にはと目標を持って進めていた矢板打ち込み。苦戦ある程度想像はしていましたが、想像と同時に対策も練っていたはずですが、相手が上を行ってた・・・。年内どころか越年も決定的な状況。職人さんはいろいろ頑張ってくれていますが、とにかく硬い。いろいろ無視して、打込めばいいのなら打てるのですが、当然砂防ダムとしての円形の形状や寸法を守らなければなりません。無理して打込むとそれがズレてきて、円形に閉じることができなくなってしまいます。ちょうど地形的にも一番難所であるのでここを過ぎればという期待もありますが、この先のボーリングデータを見ると、硬さは今後も変わらず・・・。でも地形的には平坦な場所へ移るので施工もしやすくなりますし、職人さん...苦戦

  • インターンシップ

    とうとう樽前山も雪化粧。といってもこの時期は日中晴れれば消えてしまいます。道内の峠で積雪状態となるニュースを見る中現場ではここ2週間くらい毎日のように雨が・・・降らないと言っても2日くらい。量は多くなくてももう夏を過ぎたこの時期以降は、朝露も手伝い、現場が湿ったまままだ、自分の現場はいいですが、隣の先輩の現場は結構なダメージ。連日の秋晴れ、望みます。先週、現場にインターンシップで市内の高校生が来訪。本当は9月の来訪予定だったのですが、緊急事態宣言下ということで延期になってました。会の主催者の希望もあり今回は、・ICT建機の体験試乗・施工管理の体験をメインに準備。といっても後輩に丸投げ。自分は、「準備できたか―?」「もう時間ないけど大丈夫かー?」「説明の時に噛まないかー?」と言ってるだけ。隣の先輩の現場からも応援...インターンシップ

  • 秋~冬へ

    とうとう冬の到来が間近に迫っているなと感じられることが増えてきました。朝晩の寒さや暗さ、太陽の高さ、木々の紅葉、空気の匂い、食べ物の美味しさ、鹿の群れ、などなどありますが、これが見られると初雪も近いかと思ってしまいます。しかも来週末は、予想最低気温が0℃・・・寒さどころか路面凍結も気にしなければなりません。現場は、いろいろうまくいかないことが・・・。その最たるものが使っている機材の破損や故障。物なので、破損も故障もあることですが、不思議なもので、何かがうまくいかないと連鎖するというか、重なるというか、とにかくうまくいきません。まぁ、打つ手なしというわけではないので、修理や対応策を練って再度チャレンジ。土砂搬出の方は順調に進捗。開始から現在までに約30,000m3の土砂搬出完了。写真で積み込んでいる箇所も開始時は...秋~冬へ

  • WJ

    前回新たなアイテムとして紹介した『ウォータージェット』その名の通り高圧で水を吹き出し、地盤を掘ったり、削ったりする機械。現場では、専用の矢板にウォータージェット配管を装着。さらに、矢板が地中に挿さりやすいよう先端を加工。写真中央上に見える2本のパイプから高圧の水が出てきます。実際の施工状況。地中に刺さり込む前高圧水が噴き出ているのがお判りでしょうか?地中に入ってからも打ち終わりまで高圧水を噴射し続けます。1分間に約300ℓ。入る時間にもよりますが、1枚打つのに約10~15分。4,000~4,500ℓの水を使用。で、水は矢板を伝って地上に出来るので、それをポンプで汲んで排水。この矢板は、ウォータージェット専用なので、所定の深さ手前まで打込んだら引き抜き、本設の鋼矢板に掴みなおし所定の深さまで打込みます。通常の打ち...WJ

  • 難所突入

    秋も深まりの気配を見せ、紅葉というにはまだ早いかもしれませんが、現場の木々も色付いてきました。工事は、掘削→鋼矢板打ち込みと順調に進捗しておりまして、先週も打ち込み作業。終了後掘削。掘削の間次の準備。いつもの風景が流れていましたが、掘削が完了し、さて打込み再開。前回同様順調に打込んでいましたが、15mの鋼矢板を約10~12m打込んだところで進みが悪くなり、全く入らなくなりました・・・。前回難所がと書きましたが、早速難所突入。ということで、難所を突破するための機械を準備。「ウォータージェット」水を高圧で噴射して硬い地盤を掘る?削る?緩める?とにかく、「つついてダメなら水掛けろ」ということでウォータージェット併用工法にチェンジ。初日は準備、水漏れ処置、ホース破裂、などなど若干の事件もあり、打込み枚数は3枚・・・。(...難所突入

  • 一基目 完

    朝は10℃近くまで気温が低下する日も出てきて、現場事務所はほぼ毎日暖房のお世話になっています。ニュースを見れば、大雪山では紅葉が始まっているそうで、今年の紅葉はきれいに見えるそうです。紅葉に違いがあるのを初めて知りました・・・。紅葉がまだ始まっていない現場は、冬が訪れる前(雪が降る前)に工事を終わらせようと今最盛期を迎えております。9月から開始した鋼矢板の打ち込み。全4基中1基目が完了しました。階段状になっているのは、地盤の固さにより鋼矢板の長さと根入れを変えているため。勢いを増した泥流などが流れてきてもしっかりせき止められるよう固い地盤まで矢板を打ち込まなければなりません。2.5mの矢板から始まり、現在の場所は9.0mの矢板を打ち込んでいます。真上から撮影した写真。きれいに仕上がっています。完了後規格内に収ま...一基目完

  • 足跡

    前回の投稿で秋の気配がとお伝えしましたが、秋の訪れとともに忙しさを増している山の住人が。先日、現場近辺に目撃情報があった彼?彼女?自分の現場内は大丈夫かと見回りしましたところ、一見見過ごしそうな足跡が・・・わかりますか?重機の足跡の上に人以外の足跡が・・・彼か彼女かは分かりませんが、そのサイズから成獣であることは間違いないようです。紅葉もまだまだこれからという時期ですが、春以降夏には一切痕跡がなかったのに、やはりエサを探して歩いているのでしょうか?以前にも書いたと思いますが、エサなどを探して山を下りてしまったクマと違って、こちらが余計なことをしない限り近くに居たとしてもほぼ姿を見せることがありません。以前別の現場で、うなられたことや間違いなく目の前の草むらの中に居る気配があったこともありますが、あの大きさなのに...足跡

  • 開始

    今週は連日樽前山もくっきり見渡せました。けど、空気は秋の気配。朝晩や、少しでも曇れば長袖が必要。ようやく開始しました鋼矢板の打込み作業。打込む直線形鋼矢板は、九州の八幡で製造、その後苫小牧までは船で、そうして現場へはトラックで輸送されてきます。注文から苫小牧までの到着は、約2~2.5ヶ月。陸揚げ後はストックヤードに保管し、現場の進み具合に合わせ搬入します。搬入後打込み前に孔開け。堰堤は円筒状に鋼矢板で閉じるため、全てがつながると水の逃げ場がありません。なので、地中に打ち込む鋼矢板は孔を開け水の逃げ場を確保。開孔後はこちら。適当に開けているのではなく、位置や開孔径も決まっています。で、打込み。打込みは、バイブロハンマーという機械をクレーンで吊り、鋼矢板を掴んで打込みます。バイブロハンマーは、スイッチを入れると縦に...開始

  • 第一段階終了

    開始した「ICT」施工。無線の不具合に悩まされていましたが、メーカーさんも常駐していろいろ確認や機器の交換なども行ってもらいようやくストレスなく施工が進められるようになり、第一段階の施工が完了。これから施工する鋼矢板の打込み長さに合わせ階段状に掘削。単純に段差があるところで鋼矢板の長さが変わることになります。鋼矢板の打込みはクレーンを使用しての作業。当然クレーン能力の限界があるので、すべての掘削は行わず、クレーンの届く範囲のみ掘削しながら掘り下がっていくことになります。今回は、この繰り返しを4~5回予定。掘削も完了したので、いよいよ来週からは鋼矢板打込み作業の準備。いきなり打込みたいところですが、何事にも準備が必要。クレーンはその自重だけでも約75t。それに機材や鋼矢板を吊り上げると+7~8tなので、作業中にク...第一段階終了

  • ICT開始

    現場付近より見る樽前山噴火対策の砂防施設とあってやはり近さが感じられます。一昨日は曇でこんな感じ。昨日は晴れて噴煙まで見えました。状態は落ち着いているとは言えども活火山。中噴火以上の規模の噴火では市街地への影響も出ると予想されていますので、普段からハザードマップや避難経路の確認なども重要です。自分の書いていた図面、ようやく出来上がり、ICTの施工を開始しました。切羽詰まりながら下のような図面を何枚も書いていたのですが、書いた図面を基に作成したデータがこれ。このデータを重機に搭載。で、丁張や補助なしで法面を掘削、整形していきます。まだまだ序盤。もうちょっと進んだら先ほどのデータと比較しやすい形状になっていくと同時に、何もなしにこの形に掘削できるのかと思える写真が撮れると思います。本日は通信の状態があまり良くなくス...ICT開始

  • 図面待ち

    暑いですね現場も連日30℃超え。で、湿度も70%~80%。北海道の夏はカラッとしてる。なんて聞いたこともありますが、全くそんなことありません。ジトっとしちゃってます暑さ対策のため札幌開催となったオリンピックのマラソンと競歩。日によっては東京より暑い札幌・・・。しかも湿度も高いし・・・。前日の夜にスタート時間を変更し、朝6時とする対策はいいとしても、それに対応する選手は大変そう。朝6時スタートって、何時に起きればいいの?とにかく無事に終了することを願います。現場は自分以外順調。切った木の売り物にならない場所(枝や根)を現場で破砕してチップ状に。それをトレーラーで搬出して工場などの燃料に再利用。掘削も順調。しかし、自分の書く図面が間に合っておらず、仕上げの部分はできないので、ザックリいける部分を連日掘削、搬出。今回...図面待ち

  • 海岸清掃

    コロナ禍で始まったオリンピック。賛否両論ありますが、日本の選手の試合はもちろん、海外の一流選手のその技術に驚かされ、熱戦を見ると力が入り、見入ってしまいます。メダルを取った選手でも試合後のインタビューでは、コロナ禍の中でオリンピックが開催されたことを感謝すると述べている姿を見るとやはり異常な状況なんだなと感じますし、この延期された一年、有利に働いた選手、不利に働いた選手、モチベーションや体・パフォーマンスの維持、アスリートにとってはとても苦しい一年だったように思います。どの競技、どの選手の試合も5年の思いをぶつける姿に感動しながら毎日観戦しています。現場は、土工事を開始しましたが、動きがあまりないので今回は毎年行われている苫小牧市内の海岸清掃の写真をアップ。国土交通省では毎年7月を「海岸愛護月間」と定め、毎年こ...海岸清掃

  • 運搬、点群

    つい先日まで霧雨となかなか上昇しない気温に朝晩はストーブで対応していましたが、本州の梅雨明けと同時に気温上昇。苫小牧では珍しく7月に連日30℃超え。道内の他の地域では、本州と変わらぬ暑さやっぱり温暖化が影響しているのでしょうか?さて、現場は土砂の運搬を開始。先日実施した文化財の調査のための掘削で発生した土(表土)をダンプで置土場へ運搬。で、荷卸し。土砂の運搬もいつもあらゆる現場で手助けしてくれる会社。安定の仕事でいつもながらに安心。今は、とりあえずの運搬を行いながら、先日測量した結果を基に新たな図面の作成中。今までは線的な測量でしたが、今年からは先日納品を紹介した「レーザースキャナー」で面的な測量を自分たちでTRY。(外注では数年前から実施)で、得られた測量結果。これ、写真じゃありません。点の集まり。その数、約...運搬、点群

  • 文化財

    今回の工事は、現場内に文化遺産が埋まっている可能性があるということで、発注時より木を切り倒し、草を除去した段階で調査するという指示を受けていました。予定通り木を切り倒し草を除去して現場内を一通りチェック。・・・。「?」「なにこれ?」「炭?」ある一部分に炭が広がっているではありませんか。「山火事かなんかで燃えた木じゃない?」「・・・」「いや、しっかり中まで炭なんだけど。」「燃えたのなら中心部分は木のままじゃない?」「・・・」あきらかに炭。発注者からは、あるとすれば狩猟で使用した落とし穴のようなものと聞いていましたので、若干の戸惑い。その場所はそのままにしておき、その他の部分は地表面に何も見えないので、表土を除去。当然過去の物なので、その物の上に火山灰が降り積もったりしているので掘ってみないとほぼ分かりません。で、...文化財

  • 木 まもなく終了

    間もなく木の切倒しと搬出が終了。約2週間掛かりましたが、大きな天候の崩れもなく(最近は雨ばかりですが)・・・予定通りに最初の作業を終えれそうです。今後は現状の地盤を測量して現場の地形がどうなっているかを確認。同時に、図面と違う部分は無いか、予定外の作業が発生する部分は無いか、工事の計画通りに掘削すると掘削土量はどのくらいになるか、などを測量の結果から計算して発注者へ報告、承諾を得て掘削作業へ移る感じ。結局、掘削作業が始まるのは今月下旬になるかと。まだまだ準備感が抜けきらないですが、どの作業も手順も手を抜くことはできないのでしっかり、確実に進めていきます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。木まもなく終了

  • 作業開始

    本作業開始。木の切倒しの仕事があるときはいつも来てもらっているメンバーに今回もお世話になります。着工前開始直後本日今回の工事に係る部分の切倒しの終了とともに「ダニ」の心配も終了。切倒しは終了しましたが、切倒したたままなので、決まった種類や長さにそろえる作業を進めながら、同時に発注者に指示された場所へ運搬して仮置きです。その後はいつもの通り。切揃えた伐採木は製材やパルプ原料として再利用、枝や根も現場でチップ状に破砕して工場の燃料などとして再利用。木は余すところなくすべて再利用です。そんな木を切り倒す作業をしながら、どうやって現場を攻めていくかを日々思案中ですが、現場を指さしながらあーだこーだと話していたところ、その指さした先に・・・。「んっ!?」「まてまて!!」「あるって!!」写真真ん中あたりですが・・・はい、ク...作業開始

  • 新戦力

    新戦力導入。レーザースキャナーと言いまして、地形を測量する器械。納品風景今までの測量器械も高価でしたが、今回導入したこの器械ちょっと飛び抜けてます。若手社員の面々、「現場で使ったら速攻で会社に戻します!!」というくらい高価なもの。ちなみに、他の測量器械は日常的に使うせいもありますが、現場に出ている間は会社に戻したりはしません。自分も含め壊したからと言って簡単に弁償できる代物ではないので、せいぜい緊張しながら使っていきます。で、メーカーの方にも来ていただいて注意事項や使用方法をレクチャーしてもらいました。どうやって地形を測量するかと言いますと、レンズが縦に高速で回転しながらレーザーを照射。物にレーザーが当たると跳ね返って器械へ戻ります。その照射した角度と戻った時間から距離が判明し点が取得できます。その取得した点は...新戦力

  • 始動

    いよいよ乗り込み。現場事務所は引っ越ししたばかりで整理が終わっていませんが、現場の方は調査や測量から始動。以前のアップで現場は山の中というのはお伝えしました。なので、本作業は木を切ることから始めなければなりません。工事に必要な範囲の木を切るためにその範囲を測量し、何本の木を切らなければならないのかを調査。で、範囲を示す測量、ロープ張り。工事範囲を確認しながらロープを張りますが、当然「ダニ」の洗礼。「ダニ」が服につかないよう上着を着ますが、この日は夏日でほぼ無風・・・。まるで風呂上がりのようになりながらの作業。その後木の調査。3日かけての調査で結局約2,400本ほどを確認。この本数を発注者へ報告、来週現地で確認してもらって切り倒し作業を開始する予定。いよいよ重機を搬入しての作業が開始されます。これから工期末は来年...始動

  • 恒例

    今年も恒例の花植え行ってまいりました。今年は、緊急事態宣言期間中ということで子供たちの参加は遠慮してもらって大人たちだけで花植え。やっぱり子供たちがいないと静かなイベント。それでも晴天の下しっかり気持ちを込めて植えてまいりましたまずは、準備として花を並べるのですが、これが一番センスが必要だそうで、『花壇の見栄えは、配置で決まる!』『じゃあ、種類や色合い見ながらセンスで並べて』・・・。『えっ?マジっすか!?』っていう人が居たり、『センスか!俺に任せろ!!』っていう人が居たり。まあセンスあるらしい人もとりあえず自己申告なのでそこには触れないように・・・。準備も終了し、いざ花植え。で、センスで植えた花壇の出来栄え(スポーツ協会さんに提供してもらった写真です)最後の写真の場所は、今年4月に花壇に模様替えした場所。なかな...恒例

  • 自動

    ようやく春を越え、初夏の陽気が感じられる日も出てきた今日このごろ。しかし昨日は、まるで台風直撃のような天候苫小牧市内の小中学校は休校。窓に叩きつけるように降る雨と木をなぎ倒すような勢いの強風。室内に居てもちょっと怖さも感じるほどの大荒れ具合・・・。当社が請け負っている国道と日高自動車道の維持工事区間では災害が発生して、現在も一部区間で通行止めが続いています。さて、現場乗り込みの準備も大詰めで、いろいろとお出掛けする機会も増えてきました。朝晩の通勤だけではあまり気にならなかったのですが、日中天気も良く日が当たると本社の周りの草花がなかなかの存在感を見せるようになってきました。会社から玄関を出て左手まだ花壇全体を見れば草もまばらで、理想の見た目になるには時間がかかりそうですが、花たちはしっかりその美しさをアピール。...自動

  • 準備大詰め

    ただいま本社で乗り込み準備中。現場屋さんの自分たち。椅子に座ってパソコンに向かい、書類の作成は飽きるし、おしり痛くなりそう・・・。(ちゃんとした椅子なので痛くはなりませんが)けど、この本社での作業で現場の進捗や出来が左右される重要な期間でもあります。発注者へは、どのような体制、方法で施工するか、安全の確保はどうするかなどなどを記した書類を提出。危険や困難が待ち受けている作業は事前の下調べや詳細な部分まで準備することが必須。これをサボると進み具合や品質に直結し、下手をすればケガにもつながってしまいます。逆にこの期間にしっかりとした目標と準備が出来ればスムーズに作業に入ることができて、何が起きても迅速に対処できます。この準備は、どれだけ経験を積もうが毎回同じ作業が必要。例えば、やったことがあるから、去年と同じだから...準備大詰め

  • 下見

    さて、行ってまいりました。現場。現場は、砂防施設の入り口に立ち入り禁止のゲートがあり一般の方は立ち入れないようになっています。なので、自分たちも工事に携わってなければ入ることができません。ということで前回工事以来約7年ぶりに中へ。けっこう出来上がってました砂防。そんな砂防を横目に今回の工事場所である奥地へ。到着。はい、行き止まり。現場は、この道路のちょっと奥。未開の地。背丈以上もある笹に覆われています・・・。意を決し、3人で地形図が載った図面を片手に笹をかき分けながら山の中を約1.5時間かけて捜索。で、見つけました工事場所。こちらが工事起点から終点を見た写真。こっちは、終点から起点を見た写真ただただ山の中。木を切り、測量してと乗り込みから本工事開始までには1か月以上はかかりそう。ちなみに現場のイメージはこんな感...下見

  • 受注

    新規工事受注しました。そして自分が担当。受注した現場は、以前にも施工したことのある樽前山火山噴火対策の砂防工事。この工事の数日前に同じ場所で砂防工事を進めるために必要な工事用道路造成工事も受注しました。こちらの工事は先輩が担当。数年ぶりの施工となるので記憶を辿り、また過去の資料を漁りながら、最新の情報や知識、技術を追加、駆使して施工に臨みます。しばらくは本社で書類を作成しながら準備。明日は現場を下見に行こうと思っていますのでいい写真が取れればアップします。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。受注

  • アリーナ

    ただいまGW中。以前にもお伝えしましたが、自分、ただいま現場が無い状態・・・。すでに数件の工事は受注していますが、そこには配属されず本社勤務。で、『休めるときは積極的に休む』ということでただいま休暇満喫???中。でもでも皆さんも同じと思いますが、コロナに感染しないよう、拡大させないようと思ったらやはり外出はためらってしまいます。毎日ニュースで天気予報と感染状況を確認しながら、人の少ない場所や屋外をメインに時間帯を選びながら多少は外出。あとはで。そんなGW前に例年花壇整備のお手伝いをしている白鳥アリーナの噴水?部分を花壇にしたいとの依頼が。現場が無く比較的暇な自分。行ってまいりました。場所はここ。いつもお手伝いしている場所はこっち。いろいろな事情により、この場所を花壇にしたいとの依頼。フェンスを取り外し、土を入れ...アリーナ

  • ウポポイ

    社内研修で昨年白老町に開園した『ウポポイ(民族共生象徴空間)』に行ってまいりました職員全員を4班(4日)に分け、アイヌ文化に触れてきました。昨年開園なので当然すべてがきれいコロナの関係で入場制限をしながらということで、施設側には申し訳ないですがゆとりをもって見て回ることができました博物館に始まり、映像体験、伝統芸能鑑賞、伝統工芸の見学、上の写真の奥に見えるアイヌ家屋の見学、歴史や文化を映像で学んだりと1日という短い時間ではありましたが、アイヌ文化に触れ独自の文化を築き暮らしてきた一部分を知ることができました。また、現代ではその工芸の技法や芸術性が認められ大英博物館にも常設展示という形でアイヌ工芸が紹介されていることも初めて知りました。研修も終わり、帰りにちょっと寄り道。ショーケースの中のカップにはいろいろな種類...ウポポイ

  • 本社勤務

    久々の投稿。休暇も終わり、現場の無い今は本社勤務。現在、この中に普段はいない現場屋のおっさん多数。工事終了から今までに新規工事の入札はありましたが、今回は縁が無かったようなので次回以降に期待。我々現場屋は、当然現場へ出て、道路や川の護岸、砂防堰堤などなどとにかく物を造ったり、メンテナンスするのが主な仕事。本社に居ても仕事が無いわけではありませんが、新たな工事が受注できれば現場へ出ていくこととなるので、本社での仕事は終わった工事の残務整理や発注者の仕様・規格、また法令関係が新たになった箇所の確認や周知が中心で、大きな声では言えませんが、極端に言うと『暇』。平日本社で事務仕事をして、週末お休みだと体をほぼ動かさないので完全に運動不足。何かをしようかと思いますが、「今は休息の時、その時が来れば忙しくなるので今はゆっく...本社勤務

  • 解体

    工事事務所として使用したプレハブの解体。手前はシュルク沢砂防の工事事務所。奥は厚真川災害復旧の工事事務所。前年度は違う災害復旧工事の事務所として使用していましたが両事務所ともお役御免。中身は倉庫と本社へ引っ越し、火曜日からプレハブは解体、搬出。明日基礎を撤去して完全に終了。2年ぶりに本社へ戻りましたが、まだ次の配属は未定。年度区切りで仕事する我々は、この時期が一番時間の出来る時期。自分はサボっていた会社の書類などを整理。で、明日は講習会でお出掛け。週末の休日後、来週は第2段の有給。自分は休んじゃいますが、年度末、年度明けと移動や引っ越しで忙しい方々が多いと思います。コロナも緊急事態宣言が解除され、やはり感染者も増えているようなので、今まで通り感染予防に努めながら日々頑張りましょう。土木部1330↑1日1回クリッ...解体

  • 終了

    無事完成検査終わりました。検査の2日前より除雪して準備。場所によっては、まだ約30㎝の積雪が。しかも雪の下は約10㎝の氷。みんな汗だく。現場は、写真でご覧の通り雪の下で、すべてを除雪して確認することは無理。そこで、発注者の監督員さんと事前にどこを計測するか打ち合わせ。部分的に除雪して検査することとなりました。(見れない場所は、発注者の担当監督員さんが現場施工中に検査に訪れ、ほぼすべてを確認しています。)検査当日。現場も書類もしっかり仕上げましたので、見られて困るものはありませんが、万全の準備をしたつもりでも、どこか落とし穴があるのではないかと思ってしまうのが検査を受ける側の心情。検査官を待つ時間、所長の近辺は緊張感とともに何とも言えない空気が漂います。検査本番。おおまかな工事の説明を担当の監督員さんからしてもら...終了

  • 検査前

    今回は写真無し。工事が完成して発注者の完成検査の準備中。このブログで何度か書いたことがありますが、工事の最終検査は、発注者から検査専門の方が来られて、現場の検査と書類の検査を行います。そんな検査当日に向け若干殺気立った書類のとりまとめ作業中、新人さん、『えっ!?』『検査の日講習会の予定が・・・』『どうしたら・・・』結果、講習会出席。本人的には、工事開始から携わり、現場のスタッフに毎日怒鳴られながらもいろいろ教わり、頑張った思い入れがある中で、各社へ戻った協力業者の方々からも『検査無事に終わるといいな』と声を掛けられ、隣の現場では、同い年の同僚がすでに2件の工事検査を経験し、その場の緊張感や検査官と所長のやり取りなんかを見て、工事施工中とは違った経験ができたし、達成感とともにようやく終わったーとスッキリしたと聞い...検査前

  • 完成

    完成。現場作業すべて終了。重機も搬出。資機材置場や駐車場、休憩所として使用したプレハブ、トイレも搬出。現場作業を担ってきた協力業者の方々も一昨日で各社へ引き上げました。自分は工事半ばを過ぎてからの参戦でしたが、例年受注している工事の約倍の工事量があったこの工事。様々な事情があり、となりで自分の現場やっているときから目に見える苦労が痛々しかった現場ですが、そこはさすが歴戦の猛者の所長と協力業者の方々の腕と経験で乗り切りました。ではでは、恒例の着工前と完成。工事起点より着工前完成工事終点より着工前完成道路排水その他排水を川に導く排水工の着工前完成いかがでしょうか?災害復旧と同時に河川改修を行ったこの工事。地震災害直後は山の斜面が崩れて、この川も埋まって川がせき止められていたそうです。当時工事中だった業者さんの重機な...完成

  • 暖→雨→雪→暖

    月曜日+7℃曇りのち雨火曜日+3℃雨のち曇り前日からの総降雨量約50㎜・・・水曜日-2℃雪のち晴れ積雪約3㎝。木曜日+1℃雪のち曇り積雪約5㎝金曜日+3℃雪のち晴れ積雪約15㎝間もなく完成だというのに、2月なのに50㎜という予想外の降雨、結果冬なのに、雨で現場中止。被害も若干ですがありました。翌日からはうって変わって雪。けど、暖かいのでそのほとんどが日中で消えてしまうという状況。消えるということは、融けて水になっているということ。この仕上げの最中に何の嫌がらせかと思うほどべちゃべちゃ・・・まぁ、天気に文句言ってもしゃーないので、やるしかないのですが。現場は、先日追加になった堤防の砂利敷きの作業中。この作業も月曜日で終了。同時にあちこちの仕上げと、工事で使用した資機材の撤去搬出も進めていて、予定通り来週一杯で本工...暖→雨→雪→暖

  • 護岸おわり

    相変わらず朝の冷え込みが続いています。『樹氷』ならぬ『草氷』。でも、日中は気温が上がり、昨日は+5℃くらいまで上がったようです。寒い寒いと言っときながら、暖かくなるとそれはそれで問題。暖かくなると当然雪や氷は融けます。で、融けた雪や氷は水となり、どこかに流れます。一気に気温が上がると融ける量も増え、ということは水の量も増えます。流れ出す量にもよりますが、あまり多いと、大雨が降ったのと同じ結果となり、あちこちに水の流れる筋ができたりして土の部分をえぐります。水害を防ぐ護岸を施工している現場なので、造った現場の機能が損なわれることはありませんが、見た目が・・・なので、気温は徐々に上がってほしいものですが、天気予報で、「明日は4月中旬並みの暖かさで、雨の量が多くなるでしょう」な~んて言われたらちょっとゾッとします。さ...護岸おわり

  • 極寒

    最低気温-22℃。まぁまぁ、冬だしそんなこともあるさ。しかし同日、最高気温-9℃・・・。さらに雪がちらつき、風が吹き・・・ようするに『極寒』ちょっと寒すぎ。翌日、翌々日と最高気温は-5℃まで上昇したものの、最低気温はほぼ変わらずで、重機のエンジンまでかからなくなる始末。川も結氷。毛嵐冬の寒さを満喫?しながら、最後の護岸工を攻め続けています。来週には施工中の護岸が完了し、検査を受けた後、施工のために川を締め切っていた大型土のうを撤去して完全開放予定。工事の完成も見えてきました。そんな終盤戦、あちこちで仕上げの作業をするために我々の測量の出番。といっても、自分はあーだこーだ言うだけで、新人の彼に丸投げ。結果所長以下6名のおじ様たちの『測量待ち』プレッシャーを存分に受け彼が見えません。ちょっと位置を変えて・・・いまし...極寒

  • 通水

    橋の下の護岸終了。真上からのアングル。で、通水。現在は、1年の中で一番水量が少ない渇水期。施工場所から合流部までは1時間以上かかって到達。昨年7月より進めてきましたこの工事。約850m、12,000m2の護岸を施工して、(まだ少々残ってはいますが)やっと通水までたどり着きました。この工事が終了すれば、地震により斜面崩落して被災していた河川が完全に復旧し、災害復旧工事が終わることとなります。工事終点のすぐ上流には厚幌ダムがすでに建設を終了しているので、厚真川の河川改修工事としてもひと段落。工事はあと1か月ほどで完成というところまで進んできましたが、昨日は今シーズン初のまとまった降雪。約20㎝の積雪で、当然本日は除雪からのスタート。まだ1月末。今後も何度かはまとまった積雪があるかと思いますが、なんとか雪解け前に工事...通水

  • 橋の下

    難所克服。以前より言ってます難所の橋の下。ああやったらいいんじゃないか、こうやったらいいんじゃないかと現場スタッフ全員でいろいろ案を出しながらなんとか克服。まず川を迂回させて掘削。その後法面の仕上げをして、ブロックの設置。いつもの3倍の時間がかかり、使用する重機もいつもは1台なのに今回は3台。大きい機械のほうが当然力もあり、遠くまで届くのですが、その大きさが仇となり橋の下は無理。で、作業や条件に応じて、3台の重機を駆使。写真の機械は中でも一番小さい機械。ほんと心が折れそうになりますが、『や~めた』というわけにもいかないので、知識や技術、経験も含め総動員しての作業。今日ブロックの設置が終わり、週明け早々にブロックの隙間のコンクリートを打設予定して、火曜日には作業完了。やっと終わりかと思っても、今度はできたところに...橋の下

  • -20℃超え

    年明けから連日最低気温-20℃超えが続いております。と思ったら、今日を含め最高気温が+5℃程度まで上昇した日が2日間。しかもからの・・・。体調もおかしくなりそう。今週は積雪した日も多く、現場はほぼ毎日除雪からスタート。しかも、重機で除雪できない場所は当然人力。人数も少ないので、所長を含め全員で除雪。で、腰痛。そんなこんなでも現場はなんとか順調。現場内の作業通路だった場所の護岸を完了し、とうとう橋の下へ突入。(今は準備段階なので次回写真アップします)先にも書きましたが、寒い日が多く、手がビリビリしてきます。分かりますか?表面の凍った土砂を撤去したら湯気が。かといって、触って温かいわけではありません。けあらしと一緒で外気が低過ぎて湯気のように見えるだけ。寒さで、耳はちぎれそうだし、手はビリビリして文字書けないし、足...-20℃超え

  • 今年もよろしくお願い致します

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。皆様の年越しはいかがだったでしょうか?自分の住む苫小牧は、寒さが厳しかったですが、雪は降らず、穏やかな年越しでした。コロナ禍ということで外出も自粛しましたが、外出できない分例年よりゆっくり過ごせたような気がします。さて、休暇も終わり。今年も頑張ってまいりましょう。現場も1月6日より通常営業。年末にいまいちな完成写真だったので、撮り直しに行ってまいりました。しかしながら今度は天気が良すぎて逆光・・・。諦めました。休んでいた間は、寒さが厳しかったので川がまたもや結氷。なんだか、層雲峡の氷瀑祭りみたい。夜にライトアップしたらいいかも氷の厚さは約50㎝。この氷の中を川の水が流れています。川の工事のほうは、雪が積もらなかったので、初日から全開。写真右側に見える...今年もよろしくお願い致します

  • 完&仕事納め

    とうとう完成しました昨年4月に着工し、約20ヶ月。長いようで、あっという間のようで、いろいろなことがありましたが、何とか無事に完成。自分は、川の工事のほうに身を置きながらたまに見に来る程度になってましたが、頼んだ資材が届かない、土砂置き場が混雑していて予定通りに工程が進まないなどなどやはり最後まで大変だったようです。最後の仕上げ。で、完成。堰堤林道う~ん。完成だというのにさえない写真・・・。雪が降る中作業していたので、積雪したところとそうでないところがくっきり・・・天気も曇しかも雲が厚く小雪がちらつく感じやはり苦労も沢山あったので、きれいに完成写真を撮りたいところ。構造物は見えにくくなりますが、積雪後にもう一度チャレンジしようと思います。せっかくなので、昨年の着工時と完成の写真を。着工前完成完全に風景が変わりま...完&仕事納め

  • 真冬日

    すっかり雪景色。数日前に10㎝ほど積もりました。日中の気温もマイナスのままの真冬日がしばらく続いていまして、とうとう川も結氷。12月に結氷することはなかなかないのですが、今年は雪が降らない代わりに寒さが来ているよう。それでも現場は完成へ向け着々と進んでいます。道路の仕上げと、排水路の掘削仕上げ。もうあとわずか。天候が大崩れさえしなければ、何とか来週中に完成を迎えれそう。川のほうは、こちらも真っ白。上から見るとまだ分かりやすいですが、堤防の上に立っての写真は・・・どこを施工したんだか写真では分からない感じ。でもみんなの頑張りのおかげでこっちも年内の目標はクリアできそう。ある日の現場での会話。現場スタッフ「毎日寒いけど、さすがに日中太陽が出ると暖かいな。」所長「・・・。」「いやいや、-5℃だけど・・・。」「みんな寒...真冬日

  • とうとう

    降りました例年に比べれば降り始めも遅く、量も少ないですが、降るな降るなと願っている方としてはとうとう来てしまったという感じ。(写真は川の工事)すべての作業は開始前に除雪。それでもまだ日中の最高気温はプラスなので数日で融けました。希望としては、年内は根雪が降らないよう願うばかり。砂防は残っている引き続き道路の仕上げや排水路の護岸を施工。この場所の護岸はコンクリート製のブロックではなく、「ふとんかご」と言われる鉄製(メッキ)のかごの中に石を詰めるもの。石を詰めるのはすべて手作業。適当にガラガラ入れると、隙間ができすぎて石がかごの中で転がったり、かご自体の寸法を保つことができません。かごの中に隙間が無いよう、かつきれいに積むのはいくら力があっても素人では無理。ということで、この作業は職人さんに依頼。職人さんや熟練者が...とうとう

  • 追い込み

    12月に入り寒さも厳しくなってきましたが、またもや天候に恵まれ順調に完成へ向け進捗しています。過去を振り返っても11月ですら積雪状態となっていた年も多々あったのに今年は積雪とは言えないほどうっすら白くなったのが2回ほど。とにかく積雪状態となる前に完成まで突き進むのみ。現在は、護岸ブロックの設置が終了し、道路の仕上げと堰堤周辺の土工仕上げ、法面植生(芝張り)を行っています。残っている作業は、道路排水の護岸とカードケーブル、ガードレールの設置、約100mの道路仕上げ、排水路の掘削、仮設材の撤去返却、作業で使用したヤードの整地など一つ一つの作業は大したことなくても、すっかりきれいになるまでにはもうひと頑張りが必要。そう考えるとやはり年内ギリギリ・・・。工期には余裕があるので、焦ってケガにつながらないよう越年も視野に入...追い込み

  • 堰堤完

    堰堤終わりました。昨年6月末より床掘を開始し、冬の間は一時中止しましたが正味約1年かかってようやく完成。仕上がりはどうでしょうか?見せるためのものではないのでふ~んって感じだとは思いますが、苦労と思いが詰まった構造物です。しかし、完成した今では半分が土の中・・・。けど土木構造物にはよくあること。今回の堰堤もただ土の上に堰堤を造っても強度不足。上流から泥流が流れてくるとそのエネルギーに負けてしまい、倒れたり、壊れたりしてしまいます。なので、岩盤が出るまで地盤を掘り、そこを基礎として堰堤を立ち上げています。これで、泥流が勢いよく流れてきても堰堤で止めることが可能となります。今は、残っている護岸や道路の仕上げ作業。このまま天気が持てば年内でなんとか・・・。こちらは、越年がもとより予定されている川の工事。前回アップした...堰堤完

  • 久しぶりに

    昨日夜から久しぶりにまとまった雨が降ることは当然ありましたが、3日連続の予報は久しぶり。この時期気温が低下しているので、多少の雨でも夏場と違い濡れてしまった土砂は乾かないので結構痛手。そんな中3日連続とは・・・。今まで恵まれてた天候。とうとう来たかと。けど、よく考えると例年この季節はこんな感じのような・・・。雪が降らないだけまだまし?雨降り前は林道を施工。だんだん道路の形も見えてきました。今日は降雨により川の水も濁水。そんなあいにくの天候ですが、以前より予定していた砂防ソイルセメント製造プラントの解体搬出。まずセメントサイロを取り外して搬出。その後プラント解体。長い間お世話になった機械。メーカーさんにもいろいろとお世話になり、いい経験をさせてもらいました。サイロもプラントもこの時期なので、次の予定は無いそう。け...久しぶりに

  • 片付けと準備

    堰堤の作業がほぼ終了し、使用していた資機材の後片付けや整理をしながら林道造成工事の準備をしています。砂防ソイルセメント作業もすでに終了し、プラントは解体を待っている状態。(解体搬出はメーカーさんで行うため現在日程調整中)ソイルセメントを製造するためにストックした土砂と砂利も砂利は空。多めにストックした分が余っている状態。余った土砂も今後の林道工事で使用予定。堰堤の作業箇所に増水した川の水が流れ込まないように設置していた大型土のうも撤去。今年は雨が少なかったので、結局はこの大型土のうは活躍することがありませんでした。後片付けしていると終わった雰囲気になりますが、林道、護岸、残土整理と終盤戦とはいえ作業はまだまだ続きます。川のほうも順調に進捗。上流側から撮影した写真。写真奥のほうに仕上がった護岸がうっすら確認できま...片付けと準備

  • コンクリート終了

    紅葉している木々の葉も少なくなり、秋の深まりよりも冬の到来を感じさせる時期となりました。今週は俗に言う「雪虫」も頻繁に見るようになり、パラっと雪の降った日もありました。現場はコンクリート工事が終了し、堰堤周りの土工仕上げと林道の施工へスイッチ。写真はコンクリート工事が終了したばかりで、まだ養生シートも掛けたままですが、後片付けや多少の補修を行って、間もなく堰堤の完成が見れそうです。川の工事のほうは、苦労した排水工が完成。堤防の芝張はこれからですが、メインの人員は次の堤防仕上げ作業へと流れています。護岸工は淡々と掘削、仕上げ、護岸、埋戻しと流れ作業のように確実に上流へと進んでいます。完成している護岸これから掘削して護岸を施工する場所両側に通路があり、この間に護岸が出来上がります。この部分の護岸完成は11月下旬を予...コンクリート終了

  • あと2回

    完全に朝晩は防寒服が必要な気温になってきました。季節の変わり目、気温の下がり始めは体が慣れるまでは余計寒く感じます。それでも日中は15℃前後まで気温が上がるで、作業中は防寒を脱いでという感じ。堰堤本体はあと2回のコンクリート打設(2回とも来週の予定)で堰堤本体工事が終了します。コンクリート打設が終了しても、作業に使用した足場などの後片付けもありますので『完成』は再来週以降。遠目から撮影した写真あとは、林道と堰堤下流部の護岸を施工すれば工事も完成。文にすれば数行ですが、実際の作業は、年内いっぱいを予定していまして、雨や雪が多かったり、ミスをしてしまうと年越しとなってしまう際どいところ。しかし、所長の普段の行いがいいようなので、年内大丈夫でしょう。実は自分、今週からシュルク沢現場を離れ、隣(隣と言っても3㎞は離れて...あと2回

  • 視察

    先日、砂防学会北海道支部主催の『砂防堰堤見学会』が当現場で行われました。砂防ソイルセメントを使用した砂防堰堤の工事現場を見学し、土砂を資源として活用する際の注意点などを事業関係者から解説するということで施工者として説明願いたいと依頼が・・・。現場を見学するのはいくらでもどうぞという感じですが、当然話すのは苦手。しかも一般の方々ではなく工事の設計を担当している方々が多数参加している模様。その道のプロにどう説明をしたらよいのやら。発注者の監督員さんに資料は作成してもらいまして、当日は資料に沿って多少捕捉しながら説明するだけでOK。ということで、気軽に受けてしまいました。さて、本番。まずは発注者から施工現場周辺の地震被害状況、多数の災害復旧工事施工に伴うコンクリートの供給不足から現地土砂を使用する砂防ソイルセメント工...視察

  • 天端

    夜明け前。気温も一桁台まで低下するようになり、朝晩はストーブに助けられる季節となりました。気温が下がると空気が澄んでいるようで気持ちがいいですが、これから仕事と思うと、ちょっと寒いんですけどという感じ。季節は着実に『冬』に向かっているようです。現場は、ようやく堰堤が天端に到達。すべてが上がったわけではないですが、9割方パネルの設置を完了。あとは、砂防ソイルセメントで中詰めして、蓋をするようにコンクリートを打設して堰堤は完成を迎えます。ということで、活躍してくれましたクレーンも解体搬出。まだ林道工事が残っていますが、資材を多く使う堰堤の目途がついたということで、使用した資機材も片付けながら日々施工しています。年内完成を目標に、雪が降る前にどこまで進められるか。かじかむ手を温めながら頑張ります。土木部1330↑1日...天端

  • 台風来ず

    とうとう台風が来ない年となりそうです。今現在14号が関東に影響を与えているようですが、北上はせず、なんと東寄りの進路から南下する進路予報が・・・台風が来ないのはありがたいですが、本当にどうしたものでしょうか?今年は大雪か?考えてもどうしようもないですが、気になっちゃいます。台風の影響もない当現場は、先週から今週にかけ断続的な雨が降りましたが、作業中止には至らない程度の雨で工程に影響はなし。(ほかでは少々の雨でも苦労している現場はあります)堰堤もとうとう天端のパネルを設置する段階まで来ました。予定では、来週中にはすべてのパネルが立ち上がり、内部の砂防ソイルセメント盛土もほぼ終了。120t吊りのクレーンもお役御免で、来週末に解体、搬出の段取りで、いままで大変お世話になった大工さんも来週中にはすべての作業を終了する予...台風来ず

  • 側壁

    本当に今年は天候に恵まれ、雨で現場が休みという日がありません。ゲリラ豪雨や台風が来るのではと多少ビビりながらも順調に現場を進めています。堤体も基礎部から立ち上げてきましたが、今では周りの地盤を越え、残り約3.5m(総高8.9m)となりました。それと同時に施工しているのが、2列ある堤体を結ぶように造る側壁。周りの土の部分が侵食されないように護岸の役割を果たします。こちらはすでに施工終了した前回工事の側壁。今回は、4.8mの高さの側壁を3回に分けてコンクリートを打設。今はその最後の3段目の施工中。コンクリートを流し込むための型枠設置。で、完了。3段目のコンクリートの仕上がりの上幅は40㎝、下幅は1.0m。下は広くても天端は40㎝で造らなければならないので、当然型枠も幅40㎝。打設する高さは1.8m。打設高さは一度に...側壁

  • 打設

    水叩コンクリート打設。今回の工事の打設の中で数量が多いこの水叩コンクリート。前の工事では7スパン打設しましたが、今回は2スパン。で、2スパン目の打設作業。7:30荷受け開始で打設終了は14:00。コンクリートの場合は、時間が経つと硬化するので打設作業は開始すると終了まで休みなし。(交替で休憩は取ります)水叩コンクリートは、打設後表面が常に見える場所で、かつ川の水が流れる場所でもあるので平坦に仕上げなければならず、仕上げは左官屋さんに依頼。仕上がり、鏡みたいでした今年は、コンクリートを使用する工事が非常に多く発注されているそうで予約を入れるのにも一苦労断られたり、量や時間の調整が必要なこともしばしば。それでも何とか終わりましたので、残るコンクリート打設は少量なものが15回程度。製造プラントと相談しながら進めます。...打設

  • 本日も最近は、量は別として毎日雨が降っているような気が。状況次第ですが小雨なら作業は続行。雨でやめようかと思ったら雨が上がったり、晴れたりしてしまいまして結局通常営業。現場は遅れないのでまあいいのですが、現場スタッフのテンションはこの下がったテンションが原因でけがなどにつながらないよう気を付けなければなりません。そんな雨の合間ちょっとした晴れ間に車で移動中、道路に小枝が・・・いやいや、ひなたぼっこに出てきた蛇。捕まえようかと車を脇に止めましたが、その頭の形と胴体の模様を見て止めました。マムシ。小さいですが、噛まれたら大変なことになるのでそっとしておきました。これからは紅葉やキノコ採りの時期。山へ入られる方は用心を。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いしま蝮

  • ほどよく順調

    続いた暑さもひと段落。今日なんかは最低気温が15℃を下回り、もちろん半袖じゃいられない感じでした。現場は、ほどよく順調。思ったほどうまく進捗しない箇所もあったりしますが、全体を見れば天候にも助けられながら、無駄なく進捗していまして終盤戦へ向けての流れができつつあります。先日、基礎まで出来上がっていましたBOXカルバート。設置作業を行いました。写真はBOXカルバートが土中に埋まったときの土止めとなるL型擁壁設置作業。3月にも経験しているのであっという間に終了。こちらは堰堤。基礎部のコンクリートが終了し、壁面材を建て、砂防ソイルセメントで中詰め盛土。10月初旬~中旬に終了する目標でほぼ毎日盛土。ここへきて、量は多くありませんが雨の降る日が多いので、工程に影響しないことを祈るばかりです。土木部1330↑1日1回クリッ...ほどよく順調

  • インターンシップ

    今週は、いくつかの現場でインターンシップとして高校生が現場に訪れました。火曜日と金曜日は河川工事と道路工事に行ったのですが、自分は携わっていないので割愛。水曜日は隣の現場で現場見学の後測量、重機操作体験。木曜日は当現場で現場見学というスケジュール。隣の現場は、8名の高校生が現場見学の他測量体験や重機の操作体験なども行うということで人手が足りず応援。隣はちょっといかつい風貌の先輩が代理人の現場で高校生が『引いちゃうんじゃない?』と心配もしましたが、そこはさすがトークで高校生を和ませインターンシップスタート。工事説明の後工事で施工している排水工や護岸工を見学。実際に使用されているブロックを持ってみたり、簡単なクイズなんかも。使用されている個数は?との問いにある生徒が即答で「70,000個!!」所長としてはまさかの正...インターンシップ

  • 猛暑

    北海道も連日の猛暑。久しくが降っておらず、川の水も厳冬期よりも少ないんじゃない?って感じで仕事は進むけど、体は日々熱中症と戦う感じ。土木業界も熱中症にはかなりの用心をしていまして、当現場でも互いに顔色や体の動き、口数などを気にしながら仕事をするようにしていて、ちょっとでも気になる人がいたら強制的に日陰での休憩と水分、塩分補給をさせています。それでもダメなら病院直行。さて現場は、先日試験で紹介した試験施工の強度確認試験を実施。固まった盛土をコアカッターでくり抜き、強度を調べます。コア採取状況採取したコアいい感じに固まってます。ダメだと表面がボロボロだったり、長さが短かったりします。これを試験機で押しつぶすように圧力をかけ、壊れたときの圧力から強度を算出。で、どのくらいの強度があるかを確認。その強度に規定があります...猛暑

  • 試験、試験、試験

    予定通り2工区へ配属され作業を開始しました。所長は先輩。いままで『現場で一番偉いのは俺』をさんざん言ってきましたが、2工区工事ではただの係員。昨年入社した若手にも『立場は同等』と言われたので日々現場で頑張っております。さて、今日はいろいろと試験が重なり忙しい日でした。朝一から砂防ソイルセメントの試験施工。午後一でボックスカルバートの基礎地盤試験。15:00からは堰堤部の基礎地盤試験と3つの試験が重なりました。こんなことはあまりないのですが、やってしまわないと工程にも影響するので若干無理やりスケジュールを押し込みました。まずは試験施工。プラントで土、砂利、セメントを混ぜてねりねり。練り上がった砂防ソイルセメントを運んで敷均し。敷均した後転圧。完了。数字は転圧回数を表しています。で、現場密度試験。この試験でしっかり...試験、試験、試験

  • 完成

    遅くなりました。完成です。工事の完成検査も終了しました。写真のアップが遅れたのは、想像以上に書類の整理に時間がかかりちょっと追い込まれてましたすべては日々の行いの悪さです・・・それでも何とか形になり検査も無事終了。約17ヶ月、いろいろありましたが、終わってみればという感じ。ではでは完成写真を。まずは昨年4月撮影の着工前。同じアングルの完成。今度は上流側から撮影した写真。着工前。完成。近めのアングル。以前にもお伝えしたように、後発工事が全開で施工中なのでスカッとした写真にはなっていませんが、ほぼ半分が出来上がりましたので、砂防堰堤の完成像がお分かりいただけるかと。今後は、全開で施工中の後発工事へ配属されることとなりました。残務整理の後現場へ出ますので、このブログに今後もシュルク沢砂防堰堤工事の様子をアップしていこ...完成

  • 切り替え

    最後の作業。砂防堰堤を建設するために川を迂回させていましたが、後発工事の作業も進み、川を出来上がった砂防堰堤に流しました。まずは新河道となる場所の掘削。右手に見えるのが迂回させている川。通水。まだ、仕上げ作業最中なのでガチャガチャしてますが、無事通水完了。仮橋も撤去しました。写真で見えるガチャガチャした場所を整形、仕上げを行い自分の担当する工事は完成。工事の完成検査も8月早々に予定されていまして、現場とともに書類も絶賛奮闘中。少々鞭打ってやったります。後発の工事は、これから残り半分の堰堤建設。自分の担当している工事よりコンクリートは少ないようですが、半分が小さい堰堤ができるわけではないのでなかなかの工事量。しかも中間検査が8月下旬に予定されているそうで、こちらも絶賛奮闘中。次回は完成の写真がアップできるかも。た...切り替え

  • 土砂搬出

    残土搬出開始。堰堤や道路を造るのに使って、余った土砂を搬出。搬出先は、地震の影響で土砂ダムとなってしまった日高幌内川。日高幌内川の工事に直接携わっていないので詳細は分かりませんが、今回の地震災害では、多くの斜面が崩れ、家屋や道路を押し流しました。結局その土砂の処分にも困るところ。で、土砂ダムとなってしまった日高幌内川をその土砂で埋める計画のようです。自分の担当している砂防堰堤も堤体本体はコンクリートではなく、現地の崩れた土砂にセメントと砂利を混ぜて現地で消費するように計画されています。で運搬して荷卸し。この受け入れ場所では4か所でダンプを待ち構えています。ひっきりなしにダンプが往来していて、写真を撮りに行くと完全に邪魔者・・・。そりゃそうです。ここの他にダムの中で土砂を受け入れている場所が4か所。1日当たり1,...土砂搬出

  • 後片付け

    工事完成も見え始め、仕上げ作業とともに後片付けも始めました。後発工事に引き継いだり、使用した重機や機械を返却したり。そんな中、工事で発生した産業廃棄物を所定の処理場へ運ぶべく積込み作業を手伝っていましたところ・・・何か見えたような・・・袋の真ん中あたりに札があるのですが、その裏。営巣中でした。できたてほやほや。一体何蜂なんだかも分からず、ゴミとともに旅立って頂きました。営巣や巣立ちの時期。プラントのセメントサイロの中にはおそらくハクセキレイと思われる鳥が巣を作り、カラスも最近ヒナが巣から出てきました。若手の話によれば、マムシも出没。そうそう、先日現場付近では2頭の子供を連れたクマが目撃され、一時緊張が走りました。北海道の短い夏。それぞれに生きるために必死。工事進めながら、彼らの住処を脅かさないよう気を付けます。...後片付け

  • まもなく 完

    現場の写真しばらくぶりにアップです。昨年より冬の間に手掛けてきた付替え道路も最後の仕上げ。写真は走行する場所を規定の寸法で土砂を抜いているところ。このあと砂利を入れて完成。すでに出来上がったところはこんな感じ。ちなみにここの着工前道路となっている場所も埋まっていて川が流れていました。どうなることかと思っていましたが、なんとかなるもんです。(もちろんなんとかしたのは自分じゃなく重機オペレーターさんです。)工事自体はこの道路の仕上げが終われば残った土砂を土砂置き場に搬出して終了。後発の先輩が担当している堰堤も進んできています。今は、堰堤を造るために掘削した箇所を埋め戻しているところ。写真で見える地肌が見える掘削した箇所はすべて埋戻し。それが終わるのはだいたい7月中頃。そうしてできた部分に川を流し、反対側の手つかずの...まもなく完

ブログリーダー」を活用して、こがねざわぐみさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こがねざわぐみさん
ブログタイトル
コガブロ!-小金澤組をもっと知って-
フォロー
コガブロ!-小金澤組をもっと知って-

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用