searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

こがねざわぐみさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

小金澤組ってどんな会社?どんな活動しているの?が、すぐわかる! ブログを通して当社を知ってもらい、皆様と繋がることができればと思います。気軽にコメントください♪

ブログタイトル
コガブロ!-小金澤組をもっと知って-
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/koganezawagumi
ブログ紹介文
株式会社小金澤組にはどんな人達がいてどんな活動しているのか?!是非当社をもっと知ってください!
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2010/05/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こがねざわぐみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こがねざわぐみさん
ブログタイトル
コガブロ!-小金澤組をもっと知って-
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
コガブロ!-小金澤組をもっと知って-

こがねざわぐみさんの新着記事

1件〜30件

  • 完成

    遅くなりました。完成です。工事の完成検査も終了しました。写真のアップが遅れたのは、想像以上に書類の整理に時間がかかりちょっと追い込まれてましたすべては日々の行いの悪さです・・・それでも何とか形になり検査も無事終了。約17ヶ月、いろいろありましたが、終わってみればという感じ。ではでは完成写真を。まずは昨年4月撮影の着工前。同じアングルの完成。今度は上流側から撮影した写真。着工前。完成。近めのアングル。以前にもお伝えしたように、後発工事が全開で施工中なのでスカッとした写真にはなっていませんが、ほぼ半分が出来上がりましたので、砂防堰堤の完成像がお分かりいただけるかと。今後は、全開で施工中の後発工事へ配属されることとなりました。残務整理の後現場へ出ますので、このブログに今後もシュルク沢砂防堰堤工事の様子をアップしていこ...完成

  • 切り替え

    最後の作業。砂防堰堤を建設するために川を迂回させていましたが、後発工事の作業も進み、川を出来上がった砂防堰堤に流しました。まずは新河道となる場所の掘削。右手に見えるのが迂回させている川。通水。まだ、仕上げ作業最中なのでガチャガチャしてますが、無事通水完了。仮橋も撤去しました。写真で見えるガチャガチャした場所を整形、仕上げを行い自分の担当する工事は完成。工事の完成検査も8月早々に予定されていまして、現場とともに書類も絶賛奮闘中。少々鞭打ってやったります。後発の工事は、これから残り半分の堰堤建設。自分の担当している工事よりコンクリートは少ないようですが、半分が小さい堰堤ができるわけではないのでなかなかの工事量。しかも中間検査が8月下旬に予定されているそうで、こちらも絶賛奮闘中。次回は完成の写真がアップできるかも。た...切り替え

  • 土砂搬出

    残土搬出開始。堰堤や道路を造るのに使って、余った土砂を搬出。搬出先は、地震の影響で土砂ダムとなってしまった日高幌内川。日高幌内川の工事に直接携わっていないので詳細は分かりませんが、今回の地震災害では、多くの斜面が崩れ、家屋や道路を押し流しました。結局その土砂の処分にも困るところ。で、土砂ダムとなってしまった日高幌内川をその土砂で埋める計画のようです。自分の担当している砂防堰堤も堤体本体はコンクリートではなく、現地の崩れた土砂にセメントと砂利を混ぜて現地で消費するように計画されています。で運搬して荷卸し。この受け入れ場所では4か所でダンプを待ち構えています。ひっきりなしにダンプが往来していて、写真を撮りに行くと完全に邪魔者・・・。そりゃそうです。ここの他にダムの中で土砂を受け入れている場所が4か所。1日当たり1,...土砂搬出

  • 後片付け

    工事完成も見え始め、仕上げ作業とともに後片付けも始めました。後発工事に引き継いだり、使用した重機や機械を返却したり。そんな中、工事で発生した産業廃棄物を所定の処理場へ運ぶべく積込み作業を手伝っていましたところ・・・何か見えたような・・・袋の真ん中あたりに札があるのですが、その裏。営巣中でした。できたてほやほや。一体何蜂なんだかも分からず、ゴミとともに旅立って頂きました。営巣や巣立ちの時期。プラントのセメントサイロの中にはおそらくハクセキレイと思われる鳥が巣を作り、カラスも最近ヒナが巣から出てきました。若手の話によれば、マムシも出没。そうそう、先日現場付近では2頭の子供を連れたクマが目撃され、一時緊張が走りました。北海道の短い夏。それぞれに生きるために必死。工事進めながら、彼らの住処を脅かさないよう気を付けます。...後片付け

  • まもなく 完

    現場の写真しばらくぶりにアップです。昨年より冬の間に手掛けてきた付替え道路も最後の仕上げ。写真は走行する場所を規定の寸法で土砂を抜いているところ。このあと砂利を入れて完成。すでに出来上がったところはこんな感じ。ちなみにここの着工前道路となっている場所も埋まっていて川が流れていました。どうなることかと思っていましたが、なんとかなるもんです。(もちろんなんとかしたのは自分じゃなく重機オペレーターさんです。)工事自体はこの道路の仕上げが終われば残った土砂を土砂置き場に搬出して終了。後発の先輩が担当している堰堤も進んできています。今は、堰堤を造るために掘削した箇所を埋め戻しているところ。写真で見える地肌が見える掘削した箇所はすべて埋戻し。それが終わるのはだいたい7月中頃。そうしてできた部分に川を流し、反対側の手つかずの...まもなく完

  • 新社屋

    新社屋完成とはいってもこのブログでは造っていることさえもお知らせしていなかったと思いますが、とにかく完成自分は建設には一切携わっていませんが、計画の段階から建設中、外構も含め苦労もあったと聞いていましたので完成した新社屋を見てちょっと感動してしまいました。昨今多発する災害時に拠点となることも想定し、多目的ホールやシャワー室もあったりします。ではでは新社屋です。お洒落でとても土建屋のおっさんたちが中に居るとは思えません。(近所の方々も何ができるのかと思っていたそうです)けどけど、数年前からはじめました住宅建築部にとっては、当社の建築している建物の魅力を知ってもらうためにも非常に強力なアイテムになると思います。昨日、神事を執り行い業務開始とともに普段よりお世話になっている方々を招待し、お披露目会を開催しました。まず...新社屋

  • 2020花植え

    今年も地域貢献活動として、小雨降る中白鳥アリーナの花植えやってきました今年はコロナウイルスの影響で、残念ではありますが小学生の参加は見送り。体育協会の皆様とともに1200株の花植えてきました。まずは準備。植える場所に花を配置。今年入社した職員も含め若手中心で準備です。去年の投稿覚えてますでしょうか?サングラスの彼。『サングラスどうした?』『持ってきてません』写す価値無し認定で後ろ姿のみにしました。で、花植え。終了。はい。相変わらず花の名前は分かりません。白鳥アリーナ近辺までお越しの際はぜひ花も楽しんでいって下さい。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします。2020花植え

  • またもや

    ここ2週間とにかく気温も上昇し、事務所前の自動販売機は売り切れ続出。いつかは降るであろう雨に先手を打つべく現場フル稼働で進めています。出来上がったコンクリートの裏の埋戻し。道路両側の法面の植生。写真は吹き付けたところが黒っぽく見えています。種子、肥料、土壌改良剤、養生材、粘着剤を水と混ぜて吹き付けていきます。お盆のころには一面緑色になっているはず。そしてまたもや足跡が。朝礼を終えて恒例の現場見回り。好天続きで川の水も減り、長靴で普通に川の中を歩けるので作業している対岸へ。若干ガニ股風の足跡発見。走っていたのか、間隔が広めのところもしっかり爪の感じも分かります。この春から痕跡を発見するのは2回目。しかし、付近を通っているだけのようなので、これ以上現場に近づかないよう気を付けます。土木部1330↑1日1回クリック!...またもや

  • 仕上げ

    一昨日、昨日と急に気温が上昇し、現場でも28℃を記録。朝は10℃以下まで下がるので、ちょっと体がついていかない感じ。ようやく気温が上がり、作業もしやすくなったかと思うと、ちょっと急激に上がりすぎ。そういえば昨年は5月に帯広で39℃だったような・・・。皆様も体壊さないように気を付けて下さい。現場は堰堤部のコンクリート打設を進めていまして、先週は2回の打設を完了。この工事での打設は残り1回となりました。後発の工事も打設や盛土の作業が着々と進み、7月早々には堰堤の右側半分の完成が見られるかな?というところまで進みました。全体の完成もなんとか雪が降る前に見られるよう2工事で協力して工事進めます。先日のきつね。今回は授乳中でした。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願...仕上げ

  • 犬っぽい

    前回のアップ以降も現場は順調。仕上がったところから後発工事に引き継ぎ、だんだん現場作業が少なくなってきました。けど、進捗率はまだ85%くらいなので、もうひと踏ん張り。現場やその周辺は、草花や木々たちが枝に葉をつけはじめ、緑色に染まってきました。咲いていた桜もほぼ散って、季節は夏へ向かっているようです。現場への道中沿道に咲くさくら?きれいだなとは思うのですが、花や木に詳しくないので、この時期に咲く白やピンクの花はすべてさくらと思っています。さくらなんだろうか?そして、同じく現場への道中。道路に飛び出してきた犬?いやいや、去年からこの道を通っていますが、犬なんて一度も見たことがありません。子ぎつねでした。きつねは時折その姿を見ていましたが、どうやら、この春に出産したようです。ちなみに3匹。子ぎつねは、3匹が周辺を走...犬っぽい

  • 順調

    天候にも恵まれ順調です。今は、経験ってこんなにも重要なんだなと実感しています。去年の続きを施工していますので、あたりまえですが、説明しなくても準備が整い、作業が進みます。自分は資材の手配や仕上がりの良し悪しを判断して作業中に手直しする箇所などをお願いするくらい。最初は、初めて施工する工法ということで、図面や写真資料などからどういう進めればいいのか?重機や工具は何が必要?人員は何人?資材の搬入のタイミングやスピードは?そのすべてが手探りでしたが、今は、その試行錯誤や苦労した経験から毎日が順調に進んでいます。プラントでの砂防ソイルセメント製造。製造した砂防ソイルセメントを盛土。完了。セメントを混ぜている土砂なのですでにカチカチ。冬の間に施工を進めてた道路の仕上げ。この工事分での堰堤部分の完成は6月中旬~下旬。道路の...順調

  • 北海道では今が桜の時期。あちこちでその鮮やかな姿を見せてくれてます。現場事務所近くの神社でも満開。しかしながら、コロナウイルスの影響で外出自粛、イベント自粛が続き、各地の春を告げる様々なお祭りも中止せざるを得なくこの桜の時期も例年になく寂しさが感じられます。でも、桜が咲いたり、木々が色づいてくるとやっと春、やっと暖かくなるなと実感。現場もGW前の流れを継続し、予定通り人員も増員。動きが活発化してきています。写真手前の堤防は2つある堤防の小さい方で、壁がほぼ天端まで上がりました。あとは、中の盛土をして、蓋をするように天端にコンクリートを打設して完了。5月中には完成の姿が見られそうです。冬の間は1班体制で施工していたので、現場見回りも時間がかからなかったのですが、今では4班体制、また2工区も稼働しているのでシュルク...重

  • 休暇

    さて、GW前の作業が終了しました。ここ数日の現場内での合言葉的な『今年のGWは外出禁止だから休みどうしようか?』が明日から現実のものとなります。「どこにも行けず家にいるくらいなら仕事しててもいい」という人も・・・先ほど北海道知事より『エリアメール』でGW緊急メッセージが届きました。自分も休みでなければ出来ないことや行けないお店もあるので、有意義な休暇にしたいのですが、今年は諦めて、家で先日買った本を読み、映画でも見ることにします。現場は、GW後フル稼働できるよう下準備の1週間でした。プラントの組み立ても終了し、試験施工も行い準備万端。堰堤本体はコンクリートの打設を再開今年度中に堰堤を完成させるべくGW明けは人員を増員し作業を進めます。そんな堰堤の作業をしている現場付近に春の味覚が。これ写真で分かる方はすごい!!...休暇

  • 組立

    コロナウイルス猛威を振るっていますね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?現場周辺では感染者もなく、職業柄屋外での業務、また密接して作業することもまれなので、現場だけ見ればごく普通の日常のような気がします。(もちろん対策は実践しています)しかしTVを見れば、新たなクラスターの発生の報道がほぼ毎日、家に帰れば子供たちは休校のため在宅で、毎日家の中でストレスをためているようです。いろいろな報道を見る限りでは、今後も長い期間での対応が求められるようなので、継続的な対応、対策やストレス解消にも気を配らなければなりませんね。当現場は、周辺の感染状況や行政の指示があれば当然休工しますが、状況が許す限りウイルス対策を日々実践しながら進めていきます。で、現場です。先週にクレーン、プラントを再入場させ組み立てを行いました。クレーンは...組立

  • 再開

    堰堤工再開。昨年11月下旬で最後のコンクリート打設を終えて越冬していました堰堤。4月になり気温も上昇、コンクリートや砂防ソイルセメントの品質が確保できる環境となりつつあります。まだ、朝の気温が-3℃くらいまで下がる日がありますが、それも朝の数時間。日中の最高気温は10℃前後まで上昇し、凍結の心配がようやくなくなりました。再開した堰堤工は、まだ準備段階なのでここでおさらい。まずは、着工前。ちょうど1年前になります。地震で崩落した斜面が痛々しいです。流木を除去、川を迂回させ掘削。基礎部分のコンクリートの施工堤体部分のパネルの設置、堤体内部の盛土。越冬前完了。越冬。で、越冬中は水没させてましたので、再度水を汲み上げ作業準備。さすがに一冬越すと汚れも溜まっていますのでこの後清掃して作業を再開します。今週は、クレーンの搬...再開

  • 新人

    新年度になりました。我が社は新入社員が数名入社。しかしながらコロナウイルスの影響で入社式は本人と幹部社員のみ。社長を中心に新入社員と撮影した写真が社内メールで送られてきましてようやく新しい仲間が増えたことを実感しました。その中の新人2名がシュルク沢現場へ配置。21歳と18歳。やや自分の子供と言っていいほどの年齢差・・・どうやって接すればいいのやら・・・本人たちは当然緊張しています。なんとか和ませてあげたいのですが、自分の父親ほど年の離れた人にいくら何を言われようが和むわけがありません。時間が解決してくれるのを待つとします。仕事を覚えてもらうのは当然ですが、この厳しい世の中でもたくましく育っていけるようなんとか導いてあげたいものです。で、さっそく測量の練習。水準測量と言って、高さを測る測量です。現場施工中で自分も...新人

  • ようやく土が乾くようになってきましたそれでも最低気温がマイナスの時は日中ドロドロ。最低気温がプラスの時は土の状態が変化しないので次の日も同じ状態か、気温や風の強さによっては徐々にではありますが乾くようになってきました。寒い年の1月、2月に施工した場所はひどい時だと真夏になっても凍っているときもあります。今年も暖冬だったのでそこまではないと思いますので徐々に攻め手を変え、残っている工事を進めていきたいと思います。前々からあるのは気付いてはいたのですが、春の味覚、もうそろそろ期待する時期です。タラの芽、タランボ。現場の中に多数あり。道路を造るためにどうしても倒さなければならないものもありました。ある日のやりとり・・・協力業者の長、重機のオペレーターさんに『倒すなよ』気持ちわかります!けど倒さなければ道路できません。...芽

  • BOX

    仮橋復旧終了しました。復旧と同時に現場作業も進め、先日水路用BOXカルバートを設置しました。このBOXカルバートの上に道路ができます。奥に壁のように見えるのがもともとからある砂防施設。そこから流れ出てくる水をシュルク沢川へ導水するためのBOXカルバート。この砂防施設からは冬でも常に水が流れ出ているので、ポンプで流れてくる水を汲み上げながらの作業。今後は、BOXカルバートの両脇を土砂がこぼれないようにする擁壁を設置して埋め戻し。で、通水の予定。現在擁壁を江別の工場で製造中。それまでは基礎となる部分の仕上げ、BOXと砂防施設の間の水路の設置をして、今月末か来月早々に擁壁設置予定。気温も上昇し、現場の中は悲惨な状況ですが、できることを少しづつ進め、地盤が乾いたら勝負です。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお...BOX

  • 3月の大雨数年前にも3月に大雨が降り、その時は現場施工を終えていたので事なきを得ましたが、今回は・・・雨量は約75㎜。しかし、気温上昇も手伝い、先日30㎝積もった雪の雪解け水が川の増水を積極的に応援結果、夏の台風大雨以来の仮橋落橋。当然、一度落橋していますから同等程度の増水では問題ないよう手当し、数度の大雨は問題なく持ちこたえていましたが、今回の、3月のくせに昨年の台風の時より増水しました。軽く被災した感じで、現在も復旧作業中。完全復旧は月曜日の予定。そして、あっさり1週間の遅延発生。必死で施工して1~2日の進捗してもほんと、土木屋さん天候次第であっさり時間と経費飛んでいきます大雨前、現場巡回していたら鳥がどこからともなく飛来。(写真中央の枯れ木に)何気に見ていたら・・・突・突・突・突・突???啄木鳥。アカゲラ...災

  • 一昨日一気に30㎝ほど積もりました幸いと言っていいのか、日中に多く降り、除雪対応がそれなりにできたので車が動けなくなるような事態にはなりませんでした。しかしながら30㎝。気温も高く、雪は重く・・・。とにかく前へ進むしかありません。現在は道路の施工を進めていますが、道中砂防施設があり、道路を横断する形で排水しなければならず、その横断はBOXカルバートという箱型水路で対応することとなりました。その排水路を川へ誘導するため擁壁を壊す必要があるのですが、決まった形に壊さなければならないので今回は『ワイヤーソー』を使用することにしました。その名の通りワイヤーでコンクリートを切断する機械です。機械を壁にセット。切り始めのみコアドリルで先に穴をあけそこにワイヤーを通します。で、ワイヤーを高速で回転させ切断。壁に見える黒い線は...切

  • いきなりですが、私、約13年前にタバコ止めました。しかし、今の現場事務所自分以外すべて愛煙家。今は自分含め3人ですが、最大6名、うち愛煙家5名・・・。事務所は当然喫煙可。現場行ってもほぼ全員愛煙家。もともと吸っていたせいもあるのか、隣で煙が上がってもあまり気にはなりませんが、臭いが服にしみついてしまうのはちょっと・・・という感じです。でも、この業界愛煙家がとても多い業種。どこの現場事務所行ってもほぼ灰皿あります。自分も好きで吸っていましたから当然否定もしませんし、コミュニケーションツールとしてはとても優れたものだと思っています。先にも書いた通り、あまり気にはならないのですが、先日、わざとに『所長が吸わないのに煙が充満している!』『所長に気を使ったりしないのかなぁ~』なんてしつこく言っていたら、このような状況にな...煙

  • 有望

    前回のアップでまるで春のようなとお伝えしましたが、日曜日の夕方から月曜日にかけて積雪15㎝。月曜日夜から火曜日にかけて積雪20㎝。まだ春ではなかったようです・・・。しかも火曜日の雪は、湿った雪で重いし、一晩経つと凍ってガリガリ。また週末から週明けにかけて雪予報。少ないことを祈ります。先日、若手の日常業務状況の写真を撮影したいとのことで、カメラマン現場来訪。対外的にこんな仕事をしているんだよ的な資料に使用するらしいです。新卒者を採用する場合、その業務内容や状況を理解してもらうにはなかなか難しいでしょうから、実際の写真でもあれば説明もしやすいでしょうし、分かりやすくもなると思います。で、写真撮影測量業務の状況写真。あとは・・・肩組んで笑顔なんですけど・・・自分にはこの笑顔見せてくれません。自分の普段の接し方でしょう...有望

  • まだ2月なのにまるで春のような陽気気温も7~8℃くらいまで上昇して、風さえなければ防寒着もいらないくらい。いったいどうなっていることやら・・・。土木の仕事は、そのほとんどが土を扱う仕事。例外もありますが、多かれ少なかれやはり土はどの現場にもつきもの。で、その土は冬になると気温が下がるので凍ります。ということは、気温が上昇すると融けます。雪や氷、凍った土が融け、土の中の水分量が多くなるとその形を保っていられずトロトロになります。となると、土を扱う我々としては困ります。例年だと、この状況に苦しむのは3月中旬から下旬。今はまだ2月。公共工事を施工しているほとんどの工事は、年度内に工期を迎えるので、今の時期が終盤戦で仕上げの真っ最中。仕上げはできない、現場内を走る工事車両もまるで泥の湖を走っている状況。走れるならまだい...暖

  • アップの間隔が空いてしまいました。先週堰堤施工箇所(施工が終了した場所の)の引渡し検査がありまして、普段のサボりがたたり、なかなか忙しい日々を過ごしていました。検査はまず現場で図面通りの寸法で仕上がっているかを確認し、その後書類で主に品質などの確認。結果、問題なく終了しました。一息つきたいところですが、現場は道路の作業を継続して進めているので休む間もなく今後はそちらに集中。雪がない状態が続いていましたが、前回のアップ後から雪が何度か降り、現場内は20~25㎝程度の積雪状態。なので、日々作業場所は雪や氷を除去するところから開始しますので当然夏場のようには進みません。毎日相談しながら、作業の進捗が望める範囲で除雪、また降雪予報が出たらシートで養生する、優先順位を決め余計な作業が生じないよう1ヶ所に集中するなど細かな...篩

  • 準備完了

    12月より道路の施工をするべく崩土や流木の除去、水路の切り替えを進めてきましたが、ようやく盛土ができるところまで準備ができました。この写真だけ見ても分かりにくいですが、12月14日にアップした写真と大体同じアングルなので見比べてもらえれば様子が変わったのがよくわかります。来週盛土の試験を行い、その結果を見て本格的な盛土作業を開始します。水路の設計も決まってきたみたいなので、今後班を増やしてそっちも施工開始予定。寒い日が続いていますが、雪が少ない天候に助けてもらいながら進めていきます。土木部1330↑1日1回クリック!応援よろしお願いします。←1日1回クリック!応援よろしお願いします準備完了

  • 掘削・積出

    今シーズンはどうなっているのでしょうか?気温もさほど下がらず、雪も少なく、ちょっと戸惑うくらいの冬となっています。この現場は、さほど影響もなく工事を進めることができていますが、他の工事では、多少の影響があるようです。ドロドロの地盤でも凍ってしまえばカチカチになるので、まるで舗装の上のように仕事ができますが、凍らなければドロドロのまま・・・。雪も降らなければ、除雪の仕事をしている業者さんは収入無し・・・。冬はやっかいな季節ですが、しっかり冬にならないと意外と都合が悪かったりもします。この現場は、現場全域に崩れた土砂があり、その上で作業したり、移動したりできるので通常営業ができています。12月から始めた流木関係の集積も第1段階がおおよそ終わり、集めた木の搬出作業も開始しました。この作業も来週2~3日で終了予定。その...掘削・積出

  • あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。どうぞ本年も宜しくお願い致します。令和最初のお正月はいかがでしたでしょうか?年末の天気予報では大荒れの正月の気配でしたが、苫小牧市近辺はほぼで、とても穏やかな年明けとなりました。自分は家から出ていませんが、初日の出を見られた方も多くいたのではないでしょうか?令和最初のお正月を迎えた今回のお正月。東京オリンピックが開催される年。また、皆様におかれましても様々な節目の年となることと思います。令和2年が良き年となるよう努力していきましょうさて、現場は昨日から作業を再開しました。現場も積雪がおおよそ5cm程度ということで、除雪の必要もほぼ無し。年前に引き続き流木除去や河道の切替作業を行っていきます。今回は、ほぼ風景が変わらないので写真は無し。無事故・無災害を目標に震災復旧工事を少しで...あけましておめでとうございます

  • 仕事納め

    今日は仕事納め。今の作業は、重機仕事がメインなので、いつもと変わらず通常営業。それでも明日からは長期休暇となるので、あちこち整理しながらというような感じ。12月に入ってから天候がいまいちで、雨なんかも降りましたが、最近は気温も下がり、降るものは雪に変わって、『冬』が到来したのを実感する毎日です。砂防堰堤は休工中で風景変わらず。付替え道路は、重機を増車、人員も増員(年内のみ)して一気に流木を片付けています。それでも年明け1月中旬以降までは流木処理作業が続く見通しです。間もなく令和元年も終わろうとしています。土木の業界は、震災の災害復旧でとても忙しい1年となりましたが、皆様はいかがでしたでしょうか?「終わり良ければすべて良し」とも言いますので、いまいちな1年であったとしても、残り数日を充実した日にしていい1年だった...仕事納め

  • 長いし太いし

    12月も中旬なのにまだが…。いままで降らなかったせいか、12月に雨が多いような気がします。例年なら降ったとしてもなのに。そんな中少しづつ現場も進んでいます。今は、道路を造る場所の流木の除去。で現場巡回していると…長っ!!太っ!!重機のキャタピラの幅は約3m。ということは、余裕で10m超え。太さもおそらくは40~50cm。こんなのがあちこちに埋まってます。(これが立っていたときはおそらく20m以上はあったと思います。)土を掘っててもこのサイズが埋まっていると、重機でも起こせず、引き抜くこともできず、結局姿が露わになるまで周りを掘らなければなりません。長さや太さにもよりますが、土を掘るだけの3倍以上の時間が掛かります。予想では、1月一杯掛かるような気がします…。流木も集めて、土がついていないものはすべて切揃えて再利...長いし太いし

  • 開始

    堰堤の冬期間中止決定により越冬するための養生や後片付けがほぼ終わり、追加の道路工事の方へ徐々にシフト。ここへきてやが多く、今まで少なかった雨を降らせているような日々ですが、何とか準備から本作業へ移行すべく頑張ってもらっています。道なき道を行くじゃないですが、道路工事をする場所は、昨年の地震以降誰も手当てをしていないので、人が崩れた土砂の上を歩けるのみ。起工測量を行いながら、まず重機が現場内を往来できるよう流木の除去から開始。木を掴む専用の重機は来週搬入予定なので、いまは通常のバケット仕様の重機で木を除去しながら奥へ奥へと進んでいます。来週は重機、人員も増員するように準備しましたので、本格的な作業が開始されます。間もなく年末年始休暇がやってきますが、年明けは雪も積もるであろうことから、年内に少しでも、木を除去して...開始

カテゴリー一覧
商用