プロフィールPROFILE

ブログタイトル
エンジニアからの医学部再受験日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hiro_0921jp/
ブログ紹介文
都内の私立大医学部に通う30歳の医学部の生活をお伝えしてます
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2010/02/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hiro_0921jpさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hiro_0921jpさん
ブログタイトル
エンジニアからの医学部再受験日記
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
エンジニアからの医学部再受験日記

hiro_0921jpさんの新着記事

1件〜30件

  • あけましておめでとうございます

    ブログの更新が減ってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。細々と続けていきます。医師になって5年、再受験から11年があっという間に過ぎてしまいました。今年は後期研修医最終学年。41歳になりますが気を引きしてます頑張ります。今年も沢山の再受験生が合格するこ

  • 仕事納め

    年末オンコール3連続した後、アルバイトで年末の発熱外来を終え仕事納めしました。国家試験直前の年末にインフルエンザになってしまってその時の救急の先生に優しくしてもらってからは恩返しのつもりで毎年インフルエンザ外来をやってます。感染症科医になってからの初バイト

  • 癌と感染症

    感染症を専門にした早1年が経とうとしています。後期研修医3年目ですが専門はまだまだです。それでも周りより回り道して様々な内科を後期にも勉強してだんだんとやりたい専門も見えてきました。内科プログラムも私の一個下から変わり専門の道が少し遠くなったのでそもそも専

  • 来年も残留します

    進路決断の季節となりましたが、来年も引き続き残ることにしました。後期研修医は今の病院で過ごすことにして、感染症の診療にもなれてきて時間も出てきたので何もしていない大学院を研究の準備をします。

  • いろいろな病院

    最近アルバイトで行く病院が、研修医があまり集まってないところでマッチングの二次募集で来るようなところです。研修医の年齢もバラバラで私よりも人生の先輩の人もいますし、研修医を一度ドロップアウトしたり、留年した人がいます。数が少なく、全科を同じ病院で周れない

  • 学会へ

    今年も臨床を目一杯やりながらなんとか学会へ。症例報告レベルですがコツコツとやっています。臨床メインで5年間やってきましたがもう少し頑張ったら大学などでアカデミックなことをやりたいと思います。気づいたら40歳。再受験して11年め。リスクも多かったし失ったことも多

  • 更新をサボってました

    夏休みは長期休暇をとったり研修に行ってたりして大変充実しました。秋も学会シーズンが多いので勉学に勤しみます。

  • 夏休み

    夏休みはシンガポールに遊びに来ております。リフレッシュします。

  • 日々トレーニング

    専門になり、専門以外はさっぱり勉強しなくなりましたが、毎日ランドマークペーパーの文献のアプストラクトなど読んでおります。初めてHIVの患者を診ることになり、カリニ肺炎の治療、ARTと呼ばれる抗ウイルス薬の治療、免疫再構築症候群の概念など目新しいものばかりです。

  • アレルギーの勉強

    抗菌薬を処方する科なのでアレルギー診療される先生に大変お世話になっております。今回はその償いのためにセミナーに参加してます。久々の座学で大変です。

  • オンコールフリーだが今後のキャリアを考える

    久々のオンコールフリーなので娘と海釣りに行ってきました。研究や勉強も山積みですが家族がいるともっと大事なものもあります。医師になっても安泰の日々はなく、今後のキャリアのために頑張って研究している同期も多い中で1人浮いてはいるかもです。本当に今までのキャリア

  • 社会調整

    臨床をやると逃げられないのが社会調整。感染症を専門にしてるので、癌患者などと違ってよほどの全身状態の悪化がなければ治癒可能な疾患ではあります。しかし感染を契機にしてADLが落ちることも多々あり、入院日数全体のうち後半戦は機能維持、筋力維持、嚥下訓練や介護申請

  • 外来

    ついに医師5年目で専門外来を持つことできました。まだまだ新規コンサルは少なくどちらかというと退院後患者のフォローがメインです。時間が非常にタイトで受付や看護師さんに迷惑をかけないように外来予習はしっかりやって指導医の先生とレビューし当日慌てないようにしてい

  • 連休中

    連休はみんな海外に行くのか帰国後の発熱患者をみていたらデング熱を2件もひいてしまいました。予防てしてのDEETは重要ですね。でも熱帯地方ではよくあることなのでめげずにまた行くことをすすめています。

  • 連休もあけました

    大型連休もあけました。医者5年目で大きく変わったとは休みが増えたことです。メリハリのある科で基本平日でなければ最小人数1人で外来、病棟、コンサル、マイクロ、オンコールをまわるので本当に泣きそうですがその分他の日は休みにあてられます。医局の中で1番下なのでオン

  • 病棟に新しい顔ぶれが

    四月になり新入職員が平等に配属になりました。初期研修医の先生もラインとったりオーダーの仕方を覚えたりして大変そうです。練習でできた採血が実際の患者さんだとできない、問診したいのに患者さんの認知機能や全身状態が原因でうまく情報を聞き出せないなど現実を経験す

  • 新年度

    新年度となり医者5年目になりました。後期研修医3年目になったなんて自覚がないです。専門である感染症科はまだ4ヶ月目ですが。専門に入り沢山の論文を読まなければいけませんが、なんとなくやってできていたように思えた今までの診療と違って、ロジックのある診療を求めら

  • 更新もサボってますが40万件

    更新サボりすぎてごめんなさい。11年前から始めたブログもついに40万件。ありがとうございます。専門に進んだため毎日知らないバイキンと戦ったり、主治医になったため社会調整をしたり多忙に過ごしています。社会人経験がどこまで役に立ってるかもうわからないくらいの医者

  • 3月になり

    あと1ヶ月で医者も4年目。一通り患者さんもみれるようになったし、アルバイトもできるようになりました。しかし専門としてはまだトレーニング3ヶ月目。専門医まではまだまだ長い道のりです。前の会社が4年1ヶ月で辞めたので人生の勤務期間としては8年。今年40歳になるため人

  • 多忙

    2月は大学院特別講義が多く卒業までに何個か取らないといけないため毎日自分の病院の仕事が終わった後に大学院に向かうのが大変です。何もしないまま大学院1年生も終わってしまい不安でいっぱい。残り3年あるけど大丈夫かなぁ。研究テーマが決まれば2年で論文出したいところ

  • コンサルタントとは

    他の内科以外にも緩和ケア科目さ、外科医、産婦人科、小児科など様々な人とコミュニケーションを取る力がないとけいない。その分色々な科の診療がみられるので楽しいどんなに忙しくてもlate consultatiooされても笑顔で頂く。コンサルテーションの難しさは教科書的なリコメン

  • 2月になりました。

    時が過ぎるのは早いですね。感染症内科も1ヶ月経ちました。毎日学ぶことが多く充実しています。専門家になりロジック重視の医療に変わり、今までの診療スタイルとは大幅に変わり少し大変ですがフィードバックをもらえるのは大変ありがたいです。ティーチングホスピタルのよさ

  • 統計学終了

    大学院での統計学の授業が終わりました。テンポが早く簡単な理屈とSPSSの使い方を中心に学びました。とりあえず簡単なグラフは出せるようになりました。後は研究テーマとそのデータのみ 汗

  • 久々のTOEIC

    10年以上ぶりにTOEICを受けてきました。英会話教室に通ったりUSMLEの勉強をしてたので力試しと思って。リスニングはまずまずでしたがリーディングは昔と比べて読まなければいけない量も増えて全部終わりませんでした。2日連続当直で、そのまま受けたので途中で眠くなるか心配

  • 専門医生活

    感染症科に配属されました。ついに専門医生活がはじまりました。医師四年目ですがまだまだヒヨッコです。なんちゃって診療からロジックをもった専門医診療をするので沢山文献読んで勉強しようと思います。

  • 本年もよろしくお願いします

    日程に恵まれ30日から2日までお休みを頂きました。今日は以前からやりたかった正月の外来のバイトでした。自分が六年生の正月、国家試験や卒業試験を控えてるのにインフルエンザになって近くの病院でタミフルを処方してもらってお世話になりました。当時世田谷のとある病院に

  • 本年もありがとうございました

    年末ですね。紅白見てます。私の内科ローテも全て終わりました。来年からは感染症科に固定になります。コンサル、病棟、外来と多忙になりますが本格的なトレーニングがはじまり嬉しいです。同期に比べて2年遅れですがやっと第一歩です。感染症だけでなく不明熱、癌、膠原病と

  • 帰国

    熱帯医学短期コース終わりました。寄生虫、マラリア、デング熱、レプトスピラ、ツツガムシなどの勉強だけでなく実習や国際医療保健まで沢山学ぶことができました。医療者が大半でしたが様々なバックグラウンドの人がいて沢山刺激を得ることができました。来月から本格的に感

  • 熱帯医学も終盤戦

    講義と実習の毎日で大変充実しています。苦手意識だった寄生虫、マラリア、蚊媒介性疾患、渡航医学も体系的に学べています。沢山の感染症の先生と話をして自分の将来を強く考えるきっかけになりました。医者になりたいという気持ちで再受験をしましたが、今の自分にある程度

  • マラリアの診断

    今日は1日マラリア漬けでした。マラリア疫学、ギムザ染色やり方、顕微鏡での診断の仕方、治療と予防など盛り沢山でした。本では学べない体験をいっぱいさせてもらいました。お腹いっぱい。でもアフリカ帰りの発熱に負けないようにします。

カテゴリー一覧
商用