searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

chachamarupapaさんのプロフィール

住所
江南市
出身
江南市

1959年愛知県生。印象派から現代美術までこなすアート通にして、ローリングストーンズとマービンゲイを愛するロック&ソウルマニア。映画と音楽を愛し、ジャンル、国境を問わず鑑賞。B級グルメ通、スポーツ通。地元を愛するドラ&グランパスファン。中途半端なちょい悪オヤジを嫌い、白洲次郎を信望する頑固でお茶目なオヤジです。

ブログタイトル
毎日が美びっとカルチャー
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ag-maeda
ブログ紹介文
熟メン茶々丸のアート、シネマ、音楽、スポーツのカルチャー談義
更新頻度(1年)

130回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2009/09/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、chachamarupapaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
chachamarupapaさん
ブログタイトル
毎日が美びっとカルチャー
更新頻度
130回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
毎日が美びっとカルチャー

chachamarupapaさんの新着記事

31件〜60件

  • DVD 泣き虫しょったんの奇跡

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は奨励会退会後に再びプロ棋士を目指したアマチュア棋士の実話に基づく「泣き虫しょったんの奇跡」です。近年、将棋界を描いた「聖の青春」や「3月のライオン」など青春映画の名作が公開されました。今回の作品は、脱サラ棋士の瀬川晶司の原作を元にした感動作です。松田龍平演じる主人公のしょったんの小学生時代からプロ棋士を目指した奨励会時代、挫折からサラリーマンアマ棋士とて日本一に、そして将棋界の慣習を破り、再びプロ棋士を目指す人生を丁寧に描いています。将棋との出会いを作るきっかけになった同級生のライバル役には、RADWINPSの野田洋次郎、また奨励会時代に仲間には永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡など同世代の俳優仲間が出演、彼を後押しする父や小学時代の恩師に國村準に松たか子など豪華...DVD泣き虫しょったんの奇跡

  • アカデミー賞2020発表 私的考察

    昨日の第92回アカデミー賞でパラサイト半地下の家族が作品賞を含め作品賞、監督賞、脚本賞、国際映画賞の4冠を獲得、11日が祝日のタイミングで日本中がパラサイトブームに沸いているみたいです。受賞結果は以下の通り作品賞:「パラサイト半地下の家族」公開中監督賞:ポン・ジュノ「パラサイト半地下の家族」主演女優賞:レニー・ゼルウィガー「ジュディ虹の彼方に」3月6日公開主演男優賞:ホアキン・フェニックス「ジョーカー」公開中助演女優賞:ローラ・ダーン「マリッジ・ストーリー」Netflix'sで視聴可助演男優賞:ブラッド・ピット「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公開中脚本賞:ポン・ジュノ/ハン・ジヌォン「パラサイト半地下の家族」脚色賞:タイカ・ワイティティ「ジョジョ・ラビット」公開中視覚効果賞:「1917命をかけた...アカデミー賞2020発表私的考察

  • DVD 空母いぶき

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は西島秀俊と佐々木蔵之介W主演の映画「空母いぶき」です。沈黙の艦隊のかわぐちかいじのコミック原作を豪華なキャスティングで実写映画化した本作。時を同じくして憲法9条をめぐる解釈で自衛隊の存在がクローズアップするタイミングで公開され、首相を演じた佐藤浩市の演出を巡って一部保守派から批判の的となったことでも話題になった作品です。世界が再び空母の時代となった近未来、日本が国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中で、戦闘状態下で、現憲法の下で国家と国民を守るために奔走する自衛隊の姿が描かれているフィクションです。自衛隊が置かれた立場を西島演じる秋津と佐々木演じる新波との異なる立場から、憲法下でいかに国民を守るかがテーマとなっています。いわゆる解釈を巡って国会でも論争となって...DVD空母いぶき

  • DVD アルキメデスの大戦

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は山崎貴監督、菅田将暉主演の「アルキメデスの大戦」です。今回は、日本の戦争の過去と未来をテーマにしたフィクション作品2本を順番に紹介します。先ずは、戦艦大和沈没の真相をテーマにしたフィクション作品「アルキメデスの大戦」です。今回の映画は、永遠の0の山崎貴監督によるコミックを原作にした実写版で、菅田将暉が若き天才数学者うぃ演じています。また、彼を手助けする青年将校には柄本佑が、その他にも山本五十六に舘ひろしなど、ベテラン俳優が脇を固めた豪華な出演陣となっています。物語は、アメリカとの開戦前の日本。戦艦大和の建造計画に勝機を見出だそうとする帝国海軍上層部に対して、山本五十六と國村準演じる長野修身が、天才数学者の力を借りて無謀な建造計画阻止に奔走するという内容です。...DVDアルキメデスの大戦

  • 没後90年記念 岸田劉生展 名古屋市美術館

    名古屋市美術館で開催中の「没後90年岸田劉生展」を鑑賞しました。岸田劉生と言えば愛娘を描いた麗子像が有名です。今回は重要文化財の麗子微笑が2月26日まで限定展示されています。劉生は、日本の近代洋画に多大な影響を与えた日本を代表する洋画家で38歳で急逝され画業生活も短い画家でした。僕自身もやはり、あの妖艶などこか怖いイメージのある麗子像が浮かぶのですが、今回の展覧会では劉生への数々の新しい発見がありました。先ずは、麗子像と並ぶ自画像の多さ、斜に構えた眼鏡をかけた武骨な顔立ちの自画像、一見するとその写実性から同じような作品に見えるのですが、よく見ると自画像の中に画風の変遷を感じます。端的には風景画や静物画にも見られるのですが劉生は、晩年の麗子像にいたるまでに、西洋絵画の美術史の中にある絵画技法を用いているのです。そ...没後90年記念岸田劉生展名古屋市美術館

  • 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 国立科学博物館

    今回の東京アート旅のパート3は、絵画鑑賞と趣を変えて国立科学博物館で開催中の「特別展ミイラ~「永遠の命」を求めて」を鑑賞してきました。会場は国立博物館の隣にあり、会場内は子供連れや若者など大盛況の混雑です。古代から続くミイラ信仰がこれほどまでに受け入れられているとは驚きです。内容は、南北アメリカ、古代エジプト、ヨーロッパ、アジア・オセアニアのミイラ43体を紹介、各地のミイラがどのようにして作られ、その地域の風俗文化として形成されていったかをわかりやすく解説しています。特に今回のミイラで目を惹いたのは世界最古のチンチョーロ文化のミイラから始まるインカ帝国に代表される南米のミイラ。老若男女の大小様々なミイラが最新のCTスキャンにより解析されて展示されています。他にもミイラの代名詞と言える古代エジプトでの捧げものとな...特別展ミイラ~「永遠の命」を求めて国立科学博物館

  • コートールド美術館展 愛知県美術館

    愛知県美術館で開催中のコートールド美術館展を鑑賞しました。化繊事業で財を成し、イギリス人実業家のコートールドのコレクションによる印象派、後期印象派の作品が並ぶ本展。古典主義の強いイギリスにあって印象派の画家たちの作品をいち早く購入し美術館に寄贈したコートールドの作品は、マネやセザンヌ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、ドガなど馴染みのある画家たちの代表作が並び、改装となる美術館以前の展示写真をモノクロームのパネルで展示、作品のほぼすべてに詳細なキャプションをつけたり、美術館を代表する画家たちの名画には、解説付きの作品パネルが展示されるなど手の込んだ演出で誰もが楽しく絵画に触れ合える空間となっています。そんな楽しい演出の中で、ひと際印象的なのはマネの代表作、フォリー=ベルジュールのバー。ミュージックホールの一...コートールド美術館展愛知県美術館

  • ハマスホイとデンマーク絵画 東京都美術館

    東京アート巡りパート2今回は、東京都美術館で開催中のハマスホイとデンマーク絵画です。あまり彼の存在が頭の中になかった僕ですが、今回の東京都美術館のレストランランチが良かったのとポスターの作品がとても印象に残ったので鑑賞することにしました。ハマスホイの存在は、アートファンでもあまり知られていないと思います。北欧デザインは知名度があっても、デンマーク絵画自体にヨーロッパの美術史に足跡を残す存在ではないからだと思いますが、だからこそ、今回の展覧会は、未知なるものに足を運び新しい発見が得られたらと望みを抱きながら鑑賞しました。ハマスホイは、2008年に日本初公開され20万人を動員したそうです。今回は、40点近いハマスホイの作品が展示される大掛かりな展覧会で、さらにデンマークの名画を多数展示されていました。彼の作品を語る...ハマスホイとデンマーク絵画東京都美術館

  • ハプスブルク展/会期終了 国立西洋美術館

    先日の日曜日の26日に、恒例の東京アート巡りに出かけてきました。今回は、ハプスブルク展、ハマスホイとデンマーク絵画展、ミイラ展と一日上野の森で過ごしました。上野の森は、国立西洋美術館、上野の森美術館、東京都美術館、国立博物館、国立科学館に、近くには、東京藝術大学があり正に美術文化の聖地です。以前は、これはと言う美術展くらいしか足を運ぶことができなかった東京も、50歳を機にJR東海ツアーズの新幹線プラスと美術展チケット、ランチまたはブランチが楽しめる超お得な50プラスで、東京での美術館巡りを楽しんでます。今回巡った美術展の感想を順次紹介していきますが、今回は26日で会期終了となったハプスブルク展から。オーストリア、スペインをまたにかけ統治してきたハプスブルク家、同家がなぜこれほどまで注目されているかと言えば、絵画...ハプスブルク展/会期終了国立西洋美術館

  • 映画 リチャード・ジュエル

    1966年アトランタでの爆弾テロ事件を描いた実話に基づく作品でクリント・イーストウッド監督の「リチャード・ジュエル」を鑑賞1996年オリンピックで賑わうアトランタ。あるコンサート会場で警備員として働いているリチャード・ジュエルは、ベンチの下に置かれたリュックを見つける。その中身は、釘の入ったパイプ爆弾だった。避難指示を出し奮闘するジュエルによって爆発はしたが、多くの人命を救うこととなり、ジュエルは英雄視される。しかし、FBIの捜査が開始されるとジュエルは容疑者となり、FBI捜査官のリークによりメディアの過熱報道により、ジュエルは英雄から容疑者として集中砲火を浴びることに。ジュエルは、知人の弁護士に助けを求め、FBIとメディア、国民を敵に回して闘いを開始する。実在の人物リチャード・ジュエルを演じるのはポール・ウォ...映画リチャード・ジュエル

  • 小村雪岱スタイル 岐阜県現代陶芸美術館

    岐阜県現代陶芸美術館で開催中の「小村雪岱スタイル-江戸の枠から東京モダンへ-」を鑑賞。大正から昭和にかけ、装幀、挿絵、舞台美術など多岐にわたり活躍した日本画家の小村雪岱。知名度が高いとは言えない日本画家に近年再評価が高まっているそうだ。おそらくは、その画風が最近の浮世絵木版画ブームと清水三年坂美術館での明治の超絶技巧の作家たちが注目され、その後の日本美術に光が当たりつつある時代に起因するのではないかと思う。東京美術学校(現在の東京藝大)で下村観山に学び、卒業後に古美術専門誌の圀華社で古画の模写に従事した雪岱。28歳の時に泉鏡花の装幀を手掛けることで人気装幀家として活躍する中で日本画家として作品を発表し草創期の資生堂でデザインに携わるなど、その才能は多彩で、多彩な作品の中にその彩が感じられ江戸の粋と明治から大正へ...小村雪岱スタイル岐阜県現代陶芸美術館

  • 映画 ジョジョ・ラビット

    アカデミー賞6部門にノミネート、タイカ・ワイティティ監督の戦争コメディー「ジョジョ・ラビット」を鑑賞マイティー・ソーバトルロイヤルの監督として知られてるタイカ・ワイティティ監督ですが、僕の印象としては、2014年のシュールでコミカルな作風が面白かった「シェアハウス・ウイズ・ヴァンパイア」の印象が強く、今回の作品は、そんな監督に期待して鑑賞しました。物語は、第二次世界大戦終盤のドイツ。空想上のアドルフのアドバイスのもとで青年集団「ヒトラーユーゲント」の兵士を目指してキャンプに参加、ウサギを殺せなかったことでジョジョラビットのあだ名をつけられ、からかいの対象となってしまいます。ある日、自宅の隠し扉から母親ロージーが匿っていたユダヤ人の少女エルサを発見するのですが、彼女に逆に脅されてしまいます。ジョジョを演じるのは、...映画ジョジョ・ラビット

  • 額縁のむこうの音楽 メナード美術館

    なじみの美術館あることは、美術ファンにとってはとても幸せなことです。小牧市あるメナード美術館は僕にとってはそんな美術館です。気軽に訪れることができる距離とコンパクトなスペース。内外の美術品を多数所蔵し、テーマ性のある企画展で作品の持つ多様性が体験できる素敵な美術館です。今回は新春の企画展で3月8日まで開催されています。テーマは「額縁のむこうの音楽」音楽をキーワードに作品の中にある楽器や音のなる風景、さらに画家と音楽の関係などをキャプションで丁寧に解説されています。先ず最初の展示室では、初公開作品の有元利夫の彷徨やルノワール、ゴッホ、ドニ、アンソール、クレーなど当館を代表する作品が並びます。展示内には、絵画とバロック音楽を愛し自らもレコーダーを趣味としていた有元作曲の音楽がほのかに流れ、ゴッホやルノワールが愛した...額縁のむこうの音楽メナード美術館

  • 映画 フォードvsフェラーリ

    マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが共演した実話に基づくモータースポーツ作品「フォードvsフェラーリ」を鑑賞1960年代当時絶対王者といわれたフェラーリに挑んだアメリカのフォードがル・マン24時間耐久レースに挑んだエンジニアとドライバー。1959年のル・マンでアメリカ人ドライバーと優勝したデイモン演じるシェルビー。彼はその後、心臓病を患い引退、スポーツカーを作る会社を作り、新しいドライバーのもとで再びル・マンに参戦することを夢見ていました。シェルビーの会社がフォードのエンジンを積んだスポーツカーを作っていたことから、フォードのエンジニアとして会社ル・マンに参戦する機会を得ます。一方ベール演じるイギリス人のケン・マイルズは、除隊後に修理工場を営む傍ら、レースに参戦していましたが、あるレースで二人が出会い、19...映画フォードvsフェラーリ

  • 映画 パラサイト 半地下の家族

    2019年度カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞した、ポン・ジュノ監督の「パラサイト半地下の家族」を初日に鑑賞していきました。韓国映画好きで、ポン・ジュノ監督は好きです。印象に残る作品は、殺人の追憶、母なる証明、グエムル漢江の怪物、スノーピアザーなど、多種多様な内容が魅力的です。中でも、重厚感のある韓国社会と家族の関係を描いた作品は重厚感があり、圧倒されることが多いです。今回の作品は、殺人の追憶でもおなじみの名優ソン・ガンホが出演、韓国の格差社会の中で暮らす家族を背景にしたサスペンス作品ですが、ブラックコメディーからスリラーへと変化する流れがパラサイトのタイトルと相まって予想を超えるスリリングさも持った作品でした。物語は、半地下に住む全員無職の家族が、友人に代わり上流階級の家庭に家庭教師として入り込んだこ...映画パラサイト半地下の家族

  • DVD 殺人者の記憶法&新しい記憶

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、2018年公開の韓国映画のサイコパスサスペンス作品「殺人者の記憶法」と後に公開されたもうひとつのストーリー「新しい記憶」です。今回の作品2本は、現在アマゾンプライムビデオでも視聴でき、今回はこちらで鑑賞しました。元々僕は、韓国映画のファンでもあり、とりわけサスペンス作品はよく観ます。中でも犯罪サスペンスは、日本映画のそれとは比ではなく韓国社会の中で起こる犯罪をベースにした作品は見ごたえがあります。今回の作品は、本国でも興収入を記録し、主人公を演じたソル・ギョングの演技を観るだけでも価値がある作品です。物語は、元連続殺人鬼の獣医ビョンスがアルツハイマーを患ったことをきっかけに起こるある事故により、新たな連続殺人鬼と遭遇、娘に近づく殺人鬼と対峙する内容です。自...DVD殺人者の記憶法&新しい記憶

  • 映画 ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋

    新年最初の映画館での鑑賞に、シャーリーズ・セロン&セス・ローゲンのラブコメ「ロング・ショット僕と彼女のありえない恋」を選びました。今回のラブコメは、監督はウォームボディーズやフィフティ・フィフティのジョナサン・レビンで、シャーリーズ演じる才色兼備の国務長官シャーロットとうだつの上がらない過激な三流ジャーナリストで幼馴染のセス演じるフレッドの恋物語をコミカルに描いてます。アメリカが舞台で、女性大統領候補としてチャンスを掴もうとする国務長官と頭はいいのですが、正義感が強く暴走気味のジャーナリスト。好対照の二人が実は両想いであったというのが本作の肝です。また、無能な大統領や金銭欲だけの実業家など、今のアメリカをブラックユーモアに下ネタまで駆使して風刺と爆笑の渦に巻き込んでいく、テンポの良いラブコメです。映画ファンの中...映画ロング・ショット僕と彼女のありえない恋

  • DVD 無双の鉄拳

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、新感染エクスプレスのマ・ドンソク主演のアクション作品「無双の鉄拳」です。今回の作品は、かつての日本の昭和のアクション映画を彷彿とさせる韓国のアクション映画です。マ・ドンソクは、韓国を代表する俳優ですが、そのスタイルと風貌は、現在の日本ではあまりお目にかからない俳優かと思います。しいて言えば、日活の時代の勝新や宍戸錠って感じでしょうか。今回の作品は、マ・ドンソクのためにできたようなアクション映画。監督のキム・ミンホは5年の間ドンソクと話し合いながら作り上げているそうで、初監督作品となっています。物語は、かつては闇社会で雄牛と恐れられた男ドンチョル、今は闇社会から抜け出してくれた妻とつつまじく生活をしていたが、あるビジネスのトラブルで妻が誘拐されてしまう。ドン...DVD無双の鉄拳

  • DVD クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回はクリムトやエゴンシーレなどのウイーン世紀末美術にスポットをあてたドキュメンタリー。「クリムトエゴン・シーレとウィーン黄金時代」です。今回の作品は、昨年に東京都美術館で開催された「クリムト展ウィーンと日本1900」の特別タイアップ企画で、クリムトとエゴンシーレのみならず、当時のウイーンの芸術全般にスポットをあてた美術ドキュメンタリーで、この種のドキュメンタリーとしては、かなり異色な作品であり、とてもおもしろい作品でした。エロスと退廃的な芸術作品を生み出したクリムトとシーレ。その作品からも彼らのテーマ性は明確ですが、今回の作品で二人の芸術家の人間像をかなり具体的な解き明かしています。その分析は当時の生活や風俗、さらに女性関係や性愛などの画家の性癖にまで切り込んで...DVDクリムトエゴン・シーレとウィーン黄金時代

  • DVD キュクロプス

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、自主制作により、復讐劇を中心にしたノワール作品「キュクロプス」です。タイトルのキュクロプスとは、ギリシャ神話に登場する一つ目の巨人で、今回の映画のテーマとしてオディロ・ルドンの同名作品を登場させています。妻とその愛人を殺害した罪で服役していた主人公の篠原は、刑を終えた直前に松尾刑事から真犯人がやくざの若頭となった財前であることを知ります。篠原は出所後に復讐を誓い、松尾刑事と組員の西の協力のもとに財前を殺害計画を実行するために銃撃の訓練を始めます。ある日、立ち寄ったスナックで妻とうり二つのママと出会い、彼女が財前の愛人であることを知ります。篠原は、果たして復讐を果たすことができるのか、物語は二転三転しながら結末へと向かいます。ルドンの絵画「キュクロプス」はス...DVDキュクロプス

  • 最近DVDで観た映画三選「羊&嫁&ファブル」

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、アマゾンプライムとDVDで鑑賞した作品3選をさらっと紹介します。と言うのも、今回の映画のもとになるの作品がちょっと面白いので鑑賞してみましたが、僕にもすごく刺さる作品でなかったのです。でも、娯楽作品としては十分楽しめると思うので興味のある方は鑑賞して観てください。最初は、今や映画の原作としては欠かせない本屋大賞がもとになった作品の「羊と鋼の森」です。2016年の本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説でピアノ調律師の青年の成長を描いたとっても地味な作品。主演が山崎賢人、先輩調律師に三浦友和、鈴木亮平、主人公が調律に出向く家の姉妹には、白石萌音、萌歌姉妹と華やかな面々ですが、このキャスティングが何とも原作のイメージを崩しているようで入り込めませんでした。こうした作品...最近DVDで観た映画三選「羊&嫁&ファブル」

  • 関根正二展 三重県立美術館

    三重県立美術館で開催中の関根正二展を鑑賞しました。関根正二は、日本の近代洋画界において20歳の若さでこの世を去った夭逝の画家です。今回の展覧会は、生誕120年、没後を100年を記念して、僅か5年の画業の中で洋画界を駆け抜けた稀有の洋画家の全貌を知るうえで有意義な展覧会となっています。関根正二は1899年・明治32年に福島県白河市に生を受けます。幼少期に東京・深川に移り住み当初は日本画を学んでいました。当時親交のあった画家にあの美人画の巨匠として名高い伊東深水がいました。その後に16歳で洋画家としてデビュー。1918年の二科展で新人賞にあたる樗牛賞を受賞、「信仰の悲しみ」「姉妹」「自画像」の三作品で受賞し話題となり、彼の作品の特色的な色彩から、関根のヴァーミリオンと称賛されました。今回の作品中で油彩画は僅か10点...関根正二展三重県立美術館

  • 映画 アイリッシュマン

    マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演、アル・パチーノ&ジョー・ペシ共演のアメリカ暗黒史を描いた大作「アイリッシュマン」を鑑賞ネットフリックスで公開されている本作。僕の地域では、わずか1館のみで公開終了ギリギリのタイミングで鑑賞してきました。先ずは、この作品のストーリー構成から。ロバート・デ・ニーロ演じるアイルランド系アメリカ人フランク・シーランは、表向きは、全米トラック運転手組合の組合長アル・パチーノ演じるホッファのボディーガードとして働きながら、裏では、ジョー・ペシ演じるマフィアのボス、ラッセルの手助けをする殺し屋の顔を持っている。二つの顔を持つフランクの回顧禄とて物語は展開されるのですが、実は二つの顔を持っているのは彼だけではなく、登場人物すべてにあるところが面白い。当時は、共和党から民主党...映画アイリッシュマン

  • DVD ある少年の告白

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、ギフトのジョエル・エドガートン監督、ルーカス・ヘッジズ主演、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ共演の実話に基づく作品「ある少年の告白」です。昨今、LGBTQをテーマにした作品が生まれるようになりました。今回の作品は牧師の家庭に生まれた主人公が、ゲイであることを告白したことで、危険な矯正施設での経験を描いた内容です。主人公は、マンチェスターバイザシーにも出演したルーカス・ヘッジズ。牧師の父にはラッセル・クロウ、母親にはニコール・キッドマンが演じています。一人息子で両親から一心に愛情を受け青春時代を送っていたジャレッド。あるとき、自分が同性愛者であることを告げます。両親は、カウンセリングと称し、ある施設に入所させます(施設の所長には監督自身が演じてます)そ...DVDある少年の告白

  • DVD シシリアン・ゴースト・ストーリー

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、実際に起こった誘拐事件をベースに描かれたラブストリー「シシリアン・ゴースト・ストーリー」です。今回の作品は、1993年にイタリアのシシリアで起こった少年誘拐殺人事件をもとになっています。その事件の全貌を明かすとシシリアのマフィアのメンバーだった男が逮捕され、司法取引に応じたことで組織が息子を誘拐監禁した後に殺害、遺体を酸で溶かして川に流してしまう残忍な事件でした。誘拐されたクラスメートの少年ジョゼッペをガールフレンドのルナが彼の消息を突き止めようとする内容ですが、地元警察や家族、村人たちが口をつむぎなかでルナは懸命に彼を捜しだそうとします。自然を舞台に二人の織り成すラブストーリーが、純粋無垢な心とファンタジックな世界を紡ぎながら進んでいきます。南イタリアの...DVDシシリアン・ゴースト・ストーリー

  • DVD ふたりの女王 メアリーとエリザベス

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーがスコットランドとイギリスの王妃を演じた「ふたりの女王メアリーとエリザベス」です。16世紀の英国を生きた二人の女王、エリザベス1世とスコットランド王妃メアリー。二人の女王の数奇な運命をマーゴット・ロビーとシアーシャ・ローナンが演じて話題となり、絢爛さと女王の美しさが際立ち、アカデミー賞の衣装とメイクアップ部門にノミネートされてます。先ずは、二人の女王の複雑な関係を知ると面白いので簡単に説明すると、二人の女王の父親が、暴君として有名なヘンリー8世。2番目の妻アンとの間に生まれたのがエリザベス1世で、アンがヘンリー8世に処刑されたことで側室の娘となってまいます。その後にヘンリー8世が亡くなり、即位した長女のメアリー1世が...DVDふたりの女王メアリーとエリザベス

  • DVD 魂のゆくえ

    映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、イーサンホーク主演でタクシードライバーのポール・シュレイダー脚本のヒューマンサスペンス「魂のゆくえ」です。アカデミー賞脚本賞にノミネートされた本作、数々の映画賞にノミネートされ、海外ではかなりの高評価を得ている作品と言うことでしたが、日本ではこの種の作品は、なかなか理解できないのか話題性は低かったように感じます。僕も、作品は知っていましたが興味の対象として忘れ去られていました。あのタクシードライバーの脚本で知られるポールシュレイダーが長年にわたり温めていた作品と言うことで、DVDで鑑賞して観ることにしました。物語は、イーサン・ホーク演じるトラー牧師のもとに、信者のアマンダ・セイフライド演じるメアリーが夫への悩み相談を発端に、トラーの牧師の抱える苦悩が噴出し...DVD魂のゆくえ

  • カラヴァッジョ展 名古屋市美術館

    先日、僕が主催しているコミュニティーのアート部の友人とカラヴァッジョ展を鑑賞しました。さて、今回にわかに注目を浴びたカラヴァッジョ。イタリアルネサンスの絵画の三大巨匠のダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロの後、16世紀末に現れたもう一人のミケランジェロが今回のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョです。この天才画家は、当時の貴族や聖職者などの美術におかる特権階層はもとより民衆の心をわし掴みにし、現在でも彼の作品を目にした瞬間に魅了される数少ない画家のひとりです。僕も2016年の国立西洋美術館での初めてカラヴァッジョの作品に出会い、その波乱に満ちた生涯と共に衝撃を持った一人です。札幌、名古屋、大阪と巡回する本展、名古屋市美術館では12月15日まで開催されています。実は、今回の展覧会、何かとトラブル続きで札...カラヴァッジョ展名古屋市美術館

  • 映画 ターミネーター:ニュー・フェイト

    ターミネーター2の続編、「ターミネーター:ニュー・フェイト」を鑑賞してきました。今回の作品、予告編でリンダ・ハミルトンの老け方に失望したこともあって、あまり期待をしてませんでした。ところが、どっこいスクリーンの中のリンダ様は、やっぱりすごかった。さらに、アーノルド・シュワルツェネッガーが、めちゃ渋い姿に感動しながら楽しみました。先ずは、ターミネーターの1と2をリンダ演じるサラ・コナーとシュワルツェネッガー演じるT800を通じておさらいします。1では、サラを抹殺するためにやってきたT800。2では、サラの息子ジョンを守るためにREV-9との死闘の末に溶鉱炉に沈んだT800。今回は、再び現れたT800にジョンの命を奪うシーンから本編スタート。舞台は変わってメキシコシティー。21歳の女性ダニーが、弟と共にREV-9に...映画ターミネーター:ニュー・フェイト

  • 映画 ひとよ

    白石和彌監督の最新作で、田中裕子、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優が家族を演じた人間ドラマ「ひとよ」を鑑賞。白石監督の作品は、どろどろとした人間模様がけっこう好きで欠かさず劇場で観てます。監督は、原作の扱いも多彩で今回は、桑原裕子さんと言う女優兼劇団主催者の舞台が原作となっていました。物語は、タクシー会社を営む夫の子供たちへの暴力に耐えきれず、夫をひき殺してしまった田中演じる母こはるが、15年目の約束を果たすために帰って来たことで母と子の不器用な人間模様が描かれています。佐藤演じる次男の雄二は、家を離れ風俗ライターとして、長男の鈴木演じる大樹は、妻の実家の電化店で働き、長女の松岡演じる園子は、地元のスナックで働いています。三人は、こはるの犯した罪が原因で夢を絶たれて今を生きているのですが、子供たちを夫の暴力から子供た...映画ひとよ

カテゴリー一覧
商用