chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
オールドマンドリンのある小部屋 https://ameblo.jp/oldmandolin

オールドマンドリンやマンドリンに関連する話題を取り上げています。

オールドマンドリンに関しては、手持ちの楽器に限られますが、写真も見られ、かつ、実際の音がいつでも聴けるようなっています。

クラシックブログ / マンドリン

※ランキングに参加していません

oldmandolin
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2009/09/06

1件〜100件

  • ムニエル「演奏会用ワルツ」

      今ムニエルの「演奏会用ワルツ」を特訓中です。「スペイン風奇想曲」「ビッザリア」「LOVE SONG」などムニエルの主な独奏曲はほとんど弾いてきましたが、こ…

  • Vinaccia 1886年

    ふまたマンドリンを衝動買いしてしまった。Vinaccia1886年。太陽光のようなインレイが特徴的で一目惚れというか、こういうVinacciaがあるのを以前か…

  • 「まるごとマンドリンの本」の感想

    あ  最近出版された吉田剛士氏著の「まるごとマンドリンの本」を読了した。少しは未知の情報があるかと思ったが、マンドリンの熟練者やマニアなら、ほとんど知られてい…

  • 弾きやすさの観点から見たオールドマンドリン

    今日は久しぶりにエンベルガー5bisを出して弾きましたが、、やっぱりネックが細くて(ナット付近で2センチ3ミリ)弦と弦の間隔が狭く独奏曲のいくつかは左指が弦に…

  • Vinaccia Brevettato Venus モデル1926年

    Vinaccia  Brevettato モデル1926年を入手しました。通常はヘッドに象牙のラインが入っているのですが、これはヘッドにビーナスの顔が彫られて…

  • Maciocchiのマンドリンとギターの為の曲集

     柴田高明氏紹介の楽集Burleskenの練習が一段落したので、次なる新しい曲集が弾きたくなった。Maciocchiの曲は好きなもの多いので、最近出版されたマ…

  • 美しいStridente

                  my new gear Stridenteです。その美しさに惚れて手に入れてしまいました。銀線入りリブ彫り込みで、ピックガードは豊…

  • マルロ・シュトラウス作曲の曲集「ブルレスケン」

        久しぶりの投稿です。コロナが収束しないので、電車で外出する事も控え、ほぼステイホームの毎日で、家では家事の他はマンドリンのソロ曲を両ブレベッタートモデ…

  • 今日でブログ開設15周年

    2006年5月8日に開設してから、今日で15周年を迎えます。掲載したい事があったら、掲載するという感じでのんびりやってきたので、ストレスなく続いてます。 マン…

  • Vinaccia1927年後期の上級仕様モデル

    一年程前に修理に出していたVinaccia1927年が修理が完了し、戻ってきました。リブの数も多く、彫金のペグカバー付き、ピックガードには草花の形のインレイも…

  • Calace来日時の映像とマンドリン協奏曲第一番

     昨年フェースブックを見ていたら、マンドリンの巨匠ラファエロカラーチェが1924年に来日した時の動画がありビックリした。写真でした見た事がない人物なので、先日…

  • 貴重!マリア・シヴィターロの演奏動画

    フェースブックを見ていたら、マリア・シビッターロの演奏する姿が見られる動画に出くわした。 レコードやCDで彼女の演奏を聴いてはいたが、演奏動画は今までネット…

  • 川口雅行氏によるVinaccia Brevettato 4line modelを使用した演奏動画

    マンドリン界の大御所川口雅行氏が台湾で演奏した時の動画です。Vinaccia Brevettato modelも大きく映っており、音も楽器の外観もよく確認する…

  • 石村隆行氏によるVinaccia Brevettato 4line modelを使用した演奏動画

     この動画でこのモデルの素晴らしさが分ると思います。          

  • Vinaccia Brevettato 4line modelの弦を替える

           2日程かけて、ボディの清掃をした後、ペグに潤滑油を入れ、錆びた弦を外し新弦に替える事ができた。 音出ししたが、高音部低音部共に少し異次元の世界。…

  • Vinaccia Brevettato 4line model と18世紀Vinacciaの類似

    Vinaccia Brevetttato 4line modelを入手しましたが、このモデルのヘッドネックは18世紀のVinaccia家の先祖が作った楽器を真…

  • Vinaccia Brevettato 4line model 1931年

                 ちょっと凄いmy new gearです。後期Vinacciaの最高峰と言われるVinaccia Brevettato 4line m…

  • Egildoのコンサートモデル1938年

    だいぶ前に入手していたのですが、紹介していなかった楽器があります。Egildoのコンサートモデル1938年。実は今ヤフオクに出しています。売ってしまう楽器だけ…

  • カラーチェブレベッタートモデルの音

      しばらくブログを投稿してきませんでした。気が付けばもう立春過ぎ。投稿したい事もあったのですが、心に余裕がなく今日になってしまいました。 前回までの話と継続…

  • 動画で見るCalace Brevettato

    Calace Brevettatoが立体的に把握しやすいよう動画撮りました。  動画でも判りずらいので写真追加します。表板の下の台座の端が外側に広がっており、…

  • 肖像写真の中のCalace Brevettato

    一昨日Facebookを見ていたら、石村隆行氏の投稿がありました。内容はマンドリン独奏の名手Ernesto Rocco(1881年~1975年)に関する資料に…

  • Calace model No900 Brevettatoの製作家・設計者についての考察 その2

    前回のブログを投稿してから、いくつかの情報を複数の方からいただきました。これらの新しい情報を含めて再度見ていきたいと思います。 まずはFacebook友達にカ…

  • Calace model No900 Brevettatoの製作家・設計者についての考察

    プロ演奏家伊丹典子氏のホームページをご覧になった方はご存知かもしれなせんが、このCalaceの900番のモデルは同じ外観の楽器ではありますが、製作時期、製作家…

  • Calace1903年 model No900 Brevettato

    Calace1903年modelNo900Brevettatoを入手しました。当初割れや剥がれもあり修理してもらいましたが、全てのパーツがオリジナルで、塗装も…

  • Egildoフラットマンドリンの不思議

    今手元にあるEgildoのフラットマンドリンには解せない事がある。ひとつは焼き印。以前もEgildoのフラットを入手したが、これにもあった。ボウルもコンサート…

  • Egildo記念撮影

    Gelasに続きEgildoも今所有している4本を記念撮影しました。このうち二本を手放すからです。楽器店でもない限りEgildoが4本揃った写真はないでしょう…

  • Gelas記念撮影

    Gelasのセロをヤフオクに出しているが、終了まで2日を切った。もうすぐお別れになるので、他のGelasと一緒に撮影した。マンドリン、マンドラ、セロが3本揃う…

  • Gelas Mandoloncelle ジェラマンドセロ1933年

          Gelas mandoloncelle anno1933ジェラマンドセロ1933年を売るつもりです。希少で、どこにも売ってないので、買える機会は限…

  • 月に向かいて Serenata alla Luna(作曲Adolf Sarcori)

      緊急事態宣言期間中に動画をSNSへ投稿されたプロ演奏家が多いが、高橋和彦氏もその一人である。特に私が気に入ったのはこの「月に向かいて」。 この曲若い時竹内…

  • Pasquale Vinaccia 1888年 木箱ケース付き

    1888年のVinacciaを手に入れました。前所有者が言うには、製作後少し弾かれた後は、ケースに入れられ最近まで眠っていた状態のマンドリンです。確かにフレッ…

  • 「特徴的な舞曲」ベルトゥッチ作曲

    四月から五月にかけてのステイホーム時期は、SNSであらゆるジャンルのプロ演奏家の投稿が目立った。マンドリンもプロもそうで、随分の楽しませていただきました。マン…

  • Vinaccia1893年を弾く

    リブ彫り込みのVinaccia1893年の古い弦を取り払い、今日新しい弦に替えてみた。素晴らしい!特にE線の音色が綺麗で、全体的に良く鳴る。ただローポジの弦高…

  • Vinaccia1893年 リブ彫り込みモデル

    久しぶりの投稿です。そして久しぶりのオールドマンドリンの紹介です。 こんなコロナ騒動の時にオールドマンドリンの銘器を買うのは後ろめたい気持ちですが、見てみたい…

  • マンドリン楽器商さんへの提案(レンタルから買取りへ)

    久しぶりの投稿になってしまいました。マンドリン独奏の発表会があり、その為の練習に集中していたという事もありますし、コロナ騒動で心中落ち着かない事も原因です。コ…

  • オリジナルのオールドマンドリンではいけないのか?

    オールドマンドリンのオリジナル性についてこのブログで真正面に発信した記憶はないが、一言言いたくなったので、あえて述べたいと思う。 私の今所有している楽器はほと…

  • マンドリンで弾くアストリアス

     前回と同じ奏者Pallladinoの演奏です。ギターの名曲アストリアス。マンドリンでもこの曲を素晴らしく演奏出来るという見本です。いやむしろ旋律が浮き出てギ…

  • オールドカラーチェで弾くニューシネマパラダイス

     イタリア人のマンドリニストTiziano Palladinoの演奏で、ニューシネマパラダイスのテーマ曲です。なんと彼の弾くマンドリンはオールドカラーチェでも…

  • じょんがら( 桑原 康雄 作曲)

      Twitterを見ていたら、イケガクさんが紹介していたこの動画が目に入り、見たら非常に気に入った。間宮 匠という若い人で独奏コンクールの優勝者である事は知…

  • 竹間久枝・平井千絵コンサート 近江楽堂

    今日は代々木のイグチ楽器に修理する楽器を預けった後、徒歩でオペラシティにある近江楽堂で開催される竹間久枝・平井千絵コンサート に行きました。彼女ら二人の演奏は…

  • Bach Ciacconaの名演奏紹介

      Facebookを見ていたら、イタリアのマンドリニストTiziano Palladinoが演奏するBachのCiacconaが紹介されていた。Youtub…

  • 年頭のご挨拶

    あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。 あまり最近は投稿していないので、年頭の挨拶をするか躊躇したのですが、このブログの方針を改めて明確…

  • Embergher 5bisとPecoraro Doragonを比較してみると

    1967年のPecoraroドラゴン(ソリストモデル)と1899年のEmbergher(オーケストラモデルNo3)を今までメインに使っていたのだが、あまりに性…

  • 明大プレ研の定演へ行ってきました

    昨日12月13日古巣の明大プレ研の演奏会に行ってきました(会場 武蔵小金井の宮地楽器ホール)。今頃は定演をやる大学のマンドリンサークルが多いようで、プレ研のプ…

  • 明大プレ研 第48回定演

    私の古巣である明大プレ研の定演が気が付いたらもうすぐでした。PRが遅くなってしまいました。12月13日武蔵小金井の宮地楽器ホールで行います。今年はパストラルフ…

  • Embergher 5bis 1927年を弾いてみました。

    入手したEmbergherですが、付いていた弦は古びていたので、全て替えました。前回述べたようにペグには穴がなく、代わりに小さな突起があり、そこに弦の先を輪に…

  • Embergher 5bis 1927年

    Embergher5bis1927年を入手しました。(未調整品ですが)「マンドリンのストラド」とラニエリは言っているので、彼が愛用したソリストモデルである5b…

  • 竹間久枝・平井千絵コンサート

    9月22日に東京中野坂上のスタジオコンチェルトで開催された竹間さんの演奏会に行ってきました。 プログラムは古典派のもので構成され、使用されたピアノは通常のピア…

  • Fantasia Napoletana

    久しぶりの投稿です。夏の暑さも遠のき、涼しさの中でマンドリンの音色も澄んできたような今日この頃です。相変わらず独奏曲メインで弾いています。「東洋の夢」もある程…

  • 東洋の夢(ドメトリウス・ドウニス作曲)

    相変わらずマンドリン独奏曲ばかり弾ているが、人前で弾く機会も出てきて、レパートリーを増やすべく新たな曲に挑戦している。曲は「東洋の夢」。挑戦するにあたってお手…

  • アメーバーブログ開設しました。

    ヤフーブログの「オールドマンドリンの小部屋」でマンドリンの話題を記事にしていましたが、ヤフーの方針でヤフーブログを廃止する為、とりあえず今日こちらに新規開設し…

  • 重要 ブログ移行の件

    このヤフーブログもヤフーの方針で12月で廃止されます。新規投稿も8月以降は出来ません。なので、他の会社のブログに移行せざるを得ません。今日アメーバーブログに新…

  • 重要なお知らせ

    重要なお知らせです!ヤフーからヤフーブログは今年12月15日をもって終了との通知が来ております。本日6月4日からシステム上他の会社のブログに移行できるようにな…

  • Vinaccia Brevettato Venus戻る

    昨年手に入れたVinaccia Brevettato Venus1926年の修理が完了し今日引き取りました。リブの剥がれや表板の割れも直し、さらにフレットも入…

  • 柴田高明&永田参男デュオリサイタル

    昨日は久ぶりにマンドリンのコンサートに行きました。柴田高明&永田参男デュオリサイタルです(場所:日暮里サニーホール)。永田氏はギタリストなのでマンドリンとギタ…

  • Egildo Flat Mandola1912年

    明けましておめでとうございます。今年もオールドマンドリンの話やマンドリン演奏会の感想等マンドリンに関する話題に絞って投稿していきます。オールドマンドリンについ…

  • 明大プレ研の定演に行きました

    昨日は私がいた明大プレクトラム研究会の定演に行ってきました。毎年この時期なのだけど、今まであまり行ってあげられなかったので、どれほどの人数かもどの程度の腕前な…

  • 明大プレ研47回定期演奏会

    今年も私がいた明大プレ研の定期演奏会の季節になってきました。今年は12月21日。今年は後輩の演奏を聴きに行こうと思っています。1年に1回きりの定演なので、今年…

  • 弦楽器フェア 2018

    今日は九段下の機械振興会館で毎年開かれている弦楽器フェアに行ってきました。お目当ては楽器の試奏と当日のミニコンサート。今年も個人会員の小林 茂氏、笹川慶太氏が…

  • Vincentius VINACCIA1774年

    18世紀の古いマンドリンを手に入れました。しかもVinacciaです。Vincentius VINACCIA1774年、モーツアルトが18歳ベートーヴェンが4…

ブログリーダー」を活用して、oldmandolinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
oldmandolinさん
ブログタイトル
オールドマンドリンのある小部屋
フォロー
オールドマンドリンのある小部屋

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用