住所
伊勢崎市
出身
伊勢崎市
ハンドル名
クリ助さん
ブログタイトル
鍼灸師のツボ日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yoki/
ブログ紹介文
ツボに愛された鍼灸師クリ助の仕事日記。鍼灸師としての喜びや悩みを隠さずに記します。
自由文
ツボをこよなく愛し、鍼灸を語り始める止まらない。ある時、日本古来の活法(かっぽう)に影響を受け、活法の「動きの理論」を加えた鍼術、整動鍼にたどり着く。群馬の鍼灸院(養気院)で臨床を行いながら、東京の鍼灸院(カポス)を経営。セミナー活動も活発に行い、群馬と東京を往復する日々を送っている。
更新頻度(1年)

11回 / 250日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2009/05/20

クリ助さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(IN) 7583 6368 5786 5518 5357 4956 4912 949662サイト
INポイント 10 30 30 50 60 50 56 286/週
OUTポイント 0 10 10 50 10 20 56 156/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 56 47 43 43 42 39 38 30043サイト
鍼灸(はり・きゅう) 1 1 1 1 1 1 1 635サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 35481 31908 29466 27383 27917 26129 25399 949662サイト
INポイント 10 30 30 50 60 50 56 286/週
OUTポイント 0 10 10 50 10 20 56 156/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 214 177 150 133 136 114 109 30043サイト
鍼灸(はり・きゅう) 4 3 2 1 1 1 1 635サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949662サイト
INポイント 10 30 30 50 60 50 56 286/週
OUTポイント 0 10 10 50 10 20 56 156/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 0 0 0 0 0 0 0 30043サイト
鍼灸(はり・きゅう) 0 0 0 0 0 0 0 635サイト

クリ助さんのブログ記事

?
  • 出版に際して(6)患者さんと鍼灸院をつなげる新提案

    ツボネットの思想と描く未来像ツボネットは、「鍼灸の症例が検索できるツボ辞典」ということで試験運転を昨年から始めています。現在、症例数は700を超えています。一つのサイトにこれほどの症例が蓄積されていることでもスゴイことです。1000を超えるのは時間の問題です

  • 出版に際して(5)ツボ情報の信用性

    「(4)古典理論の弱点」のつづき信用できるツボのデータとは「本当のツボ辞典をつくりたい」という気持ちからツボネット構想が生まれました。2015年くらいのことです。「整動鍼®」という呼び名が出来た頃です。もし整動鍼が生まれていなければ、ツボネットは生まれ

  • 出版に際して(4)古典理論の弱点

    「(3)鍼灸が理解される方法」のつづき古典理論は内科である経絡と経穴。経絡は気の流れるルートと説明されることが多いです。経穴はツボのことです。経絡上にあるツボのことを経穴と言います。経穴という言い方は、経絡ありきで名付けられたものです。ですから、経

  • 出版に際して(3)鍼灸が理解される方法

    「(2)ファッシアでは経絡は説明できない」のつづき鍼灸は理解されない運命なのか鍼灸は効果を数量化するのが難しいです。「効く時もあれば効かない時もある」という事情を抱えながら歴史を歩んできました。鍼灸は理解されるのに時間がかかる療法だと思います。そう

  • 出版に際して(2)ファッシアでは経絡は説明できない

    「(1)経絡通りに治らない理由」のつづき3月上旬に『ツボがある本当の意味』を出版します。今回も出版と関連した話題です。鍼灸のポテンシャルを絞り出したい、といつも思っています。そのためには、まず鍼灸が理解されやすいものであることが、もっと重要な条件

  • 出版に際して(1)経絡通りに治らない理由

    3月上旬に出版しますタイトルは、『ツボがある本当の意味 ~経絡理論を根底から覆すツボ理論~』です。タイトルから分かる通り、経絡(けいらく)理論に対する強い批判を込めています。ただし、この批判は経絡そのものに対するものではなく、経絡を盲信することで本当

  • 整動鍼の先にある世界(3)病院における鍼治療の実際

    名人はいらない医療としての地位を得るには、病院で効果が認められなければなりません。鍼灸院でいくら大きな成果を出しても、鍼灸院の中での出来事です。腕を上げたところで医療として認めてもらうのは難しいと言わざるを得ません。がんばってがんばって「名人」という称

  • 整動鍼の先にある世界(2)誰でも使える標準治療が必要

    鍼灸の対価鍼灸の対価について真剣に考えたいです。実は分かっているようで分かっていないのが対価です。単純に「相場は○○だから…」にしてはいけないと思います。結論から書くと、鍼灸師の対価は技術料で決まるべきです。医療であるならばとう前提です。しかし、実際に

  • 整動鍼の先にある世界(1)鍼灸はもっとアカデミックであるべき

    整動鍼のセミナーは2日間の合宿方式が主流です。この方式を採用している理由は2つあります。①全国から鍼灸師が集まるので、一度にまとめて勉強できた方がよい②1日目の後に食べたり飲んだりしながら仲良くなりたい特に②の重要性が高まってると思います。遊びだっ

  • 整動鍼が注目されるのは流派でなくコンセプトだからだと思う

    久しぶりに更新します。ブログをお休みしていましたが、ゆっくり復活させようと思っています。休んでいた理由は、いくつかありますが、一言で言うと周辺環境を整えることに集中していました。だいぶ空いたのでネタがありすぎて、何から書いてよいかわかりません。気負う

  • 症例が検索できるツボ辞典『ツボネット』の構想

    ツボの働きを脳磁場で測定するプロジェクトについては、時間がかかります。臨床で役立つデータを得られるまで、まだまだ時間がかかるでしょう。それまでは、臨床で得られた経験を丁寧に積み重ねて再現性を高めていくしかありません。再現性とは、まず自分が同じ事を繰り