プロフィールPROFILE

マナサビイさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

旧ブログを合わせると、もう12年。細く長くブログを書き続けています。昭和文化・昭和レトロの追究のみならず、たまに国内各所へノスタルジーを追い求める旅にも出かけています。 記事用の写真はデジタルで撮ることが多いですが、フィルム写真の味わいが大好き。やはり、根っからのアナログ体質なのかも知れない。

ブログタイトル
ソラリスの時間
ブログURL
https://manasavvy.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
1960−80年代の懐かしいモノ、ゆるいモノ、心ときめく想い出満載!あの頃なしでは生きていけない!
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2008/10/24

参加カテゴリ

その他趣味ブログ / 昭和レトロ

読者になる

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マナサビイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マナサビイさん
ブログタイトル
ソラリスの時間
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
ソラリスの時間

マナサビイさんの新着記事

1件〜30件

  • こんなに芸術論満載の作品だったとは!有吉京子「SWAN」〜昭和の少女マンガレビューその11

    さて、今日は久々の少女マンガレビューをお届けします。予告通り、この作品です。SWAN / 有吉京子 ○収録作品・SWAN(週刊マーガレット 1976〜1981年連載)○単行本発行年 (第1刷の発行年) 1977年〜1981年  集英社マーガレットコミックス 全21巻 ○ あらすじ北海道でバレエのレッスンに励む女子高生・聖真澄(ひじりますみ)は、ポリショイバレエ団の花形ソリスト、アレクセイ・セルゲイエフにひと目会おうと来日公演の会場に忍...

  • マリアよ、永遠に

    (上3枚は2004〜2005年頃、静岡県西部にて、下2枚は2006〜2009年頃三重県桑名市にてフィルム撮影)反転を繰り返しながら、徐々に浮かび上がってくる輪郭。マリアのそばには、迷える子羊。□■ □■ □■ □■ □■ □■街の写真屋さんや書店の激減は周知の通りですが、洋菓子店も閉店廃業が増えているそうです。昔はもてはやされたのに、ということでは電柱もある種そうですよね。電柱の場合は、災害時に倒壊によって被害が出る、復旧を遅ら...

  • サトちゃん、テイクオフ!!

    (上から、岐阜県多治見市(2004〜2007年頃)、高山市(2004〜2005年頃)、多治見市(2004〜2007年頃)、静岡県西部(おそらく島田市付近 2003〜2005年頃)、三重県桑名市(2006〜2008年頃)にて撮影)ほぼ予定通り、1ヶ月近くになりますか。ご無沙汰しておりました。リニューアルというほどではないんですけどね、今後は自分がこれまでに撮ったorこれから撮るフィルム写真を載せる頻度をもう少し増やしていこう、と思いながら過...

  • 最近読んだ本、そして・・

    こんにちは。いつもブログをご訪問いただきましてありがとうございます。今日はいつもと趣旨を変えまして、昭和の少女マンガ作品以外で私が最近読んだ本を何冊か挙げてみたいと思います。こういうの初めてだな(笑) この本は、長らくブログでお付き合いのあるあけぼうさんが夏頃にブログで紹介されていたのを見て、これは面白そうだ!!と思い、書店に行った際購入しました。この本には能楽師であり、古代文献など様々な分野に精通...

  • 昭和レトロもたくさん!鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館)に初めて入館しました

    こんにちは、マナサビイです。●国宝が手の届く距離にある驚き!なら「榮山寺」は仏心全開の名刹●幻影城と龍宮城のある街?!鳥羽の昭和レトロな楽しみ方教えます上の2つの記事が、最近LINEトラベルjpに掲載されました。というわけで、今回は、上記の鳥羽の記事の中でも取り上げさせていただいた「鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館)」のことをブログでさらに詳しくご紹介したいと思います♪三重県鳥羽市には8月の最初に行きま...

  • 「ヨコハマ物語」 大和和紀〜昭和の少女マンガレビューその10

    こんにちは、マナサビイです。先月の千葉の台風被害も相当酷いと思っていましたが、よもや10月にもなってこんな大型の台風が襲ってくるとは。ブログを読んでくださっている方の中には関東や東北の方もいらっしゃいますが、ご無事でしたでしょうか?水害の範囲が広いので、ブログを読んでくださっている方の中にもご自宅がなにがしかの被害を受けている方がおられるのではないかと心配しています。報道されている以外にも被害を受け...

  • 昭和〜平成 これが私の最愛チョコレート!!! (2)〜これでも次点!最強の次点チョコたち〜

    こんにちは、マナサビイです。前回、「昭和〜平成 これが私の最愛チョコレート!!!」と題しまして、マイベストチョコレート5つを発表しましたが、今回は惜しくもベスト5には漏れるものの大好きなチョコレートを10個ほど次点として出していけたらと思います。早速行ってみましょうか、ではでは♪● 不二家 ルックチョコレート (1962(昭和37)年発売)30円チロルが1962年発売で、今回挙げるチョコの中では一番古くからあるチョコと...

  • 昭和〜平成 これが私の最愛チョコレート!!! (1)〜永遠のベスト5〜

    こんにちは、マナサビイです。私はあいにく見ていないのですが、最近の「アメトーーク」の特番の中で「チョコレート芸人」というのがあったみたいですね。チョコレート好きの芸人さんが各自の好きなチョコレートを熱く語る内容だったんだろうと思いますが、実は私も昔からチョコ好きで、最近こそ関心が薄くなりましたが、30代前半ぐらいまでは秋になるとコンビニに各社の新商品が並ぶのが楽しみで仕方ありませんでした。今でこそバ...

  • 大和和紀先生の作品を絶賛愛読中!「あい色神話」 大和和紀〜昭和の少女マンガレビューその8

    こんにちは、マナサビイです。ブログの更新が頻繁になってますので、直近の記事をまだ読まれてない方は読んでやって下さいませ〜↓↓↓●音楽、雑誌、プラモからファンシーまで昭和のヤング文化花盛り!大阪なんば「アダムスキー」●大阪万博の夜景絵ハガキ、クレクレタコラグッズなどアダムスキーさんでの輝かしき戦利品の続き☆今日は、初夏以来、久しぶりの少女マンガレビューを♪ところでこのブログ、どうやらショップやアイテムの情...

  • 大阪万博の夜景絵ハガキ、クレクレタコラグッズなどアダムスキーさんでの輝かしき戦利品の続き☆

    こんにちは、マナサビイです。神馬も神様に参拝!伊勢神宮内宮、早朝の「朔日参り」の特別感とはhttps://www.travel.co.jp/guide/article/40213/四至神の地にいた桜の神!伊勢神宮内宮、太古の神祀りに触れる参拝https://www.travel.co.jp/guide/article/40357/↑ LINEトラベルjpに新しい記事が掲載されましたので、ご興味ある方は読んでやってくださいマセ〜♪さて本日は、前回も書きましたように、大阪なんばの「アダムスキー」さ...

  • 音楽、雑誌、プラモからファンシーまで昭和のヤング文化花盛り!大阪なんば「アダムスキー」

    こんにちは、マナサビイです。少〜しご無沙汰しておりました^^ずっと以前から知っていながら、これまで一度も訪れたことがなかったお店が大阪・なんばにありました。それが今回ご紹介する「アダムスキー」さんです昭和のUFOブームを連想させる、アダムスキー型円盤からとった(と思われる)店名もいいですよネ。おそらく10年近く前から営業されてるんじゃないかと思ってHPやら色々見ていると、今のお店の形になったのは5年前で、そ...

  • 晩夏の古都幻想〜フィルム写真で切り撮る京都

    こんにちは、マナサビイです♪少し前に京都に出たついでに、久しぶりにトイカメラを持ち出して撮影をしてきました。久々だったこともあり、カメラの調子をみながらの試し撮り的なスタンス。・・・と予め言い訳をしておく(笑)場所は京都の先斗町と、北野天満宮周辺です。↑そこを意図したわけではないのに、京都の夏の暑さが伝わってくる写真だと思う ムワッとした空気感が写真に写ってしまった。四条大橋を提灯越しに。奥に見える...

  • 昭和のヒトヒラ〜40年前の夏休み日記〜(再掲)

    こんにちは、マナサビイです。今日は、5年前のちょうど今頃に書いたブログ記事を再掲したいと思います。この記事は、私がまだ小学生だった約40年前の夏休みの出来事を思い出しながら、絵日記風の文体で綴ったものです。5年前のタイトル「・・35年前の夏休み日記」を「40年前」にとそのあたりは律儀に書き換えておりますが、あとがき部分も含めてその他はほぼ修正なしで再掲します。最近からブログを読み始めてくださった方はこの...

  • あれから歳月は流れて・・昭和の香りが残る鳥羽市街地ぶらり旅

    こんにちは、マナサビイです。伊勢志摩旅の続き、今日は鳥羽市内のスナップを中心に⭐︎今から7年前のブログにも、何回かに渡って鳥羽のことを書いています。2009年の春に旅した時の様子を3年も経ってから記事にするという超マイペースぶりで。今ならせめて年内には記事にするのですが(笑)初めてこの地を訪れたのは90年代前半、そこからしばらく空いて今から15年前ぐらいに2、3度訪れて。そして2009年。さらにその後は数年に1...

  • 伊勢志摩、白亜の灯台で知られる大王崎をぶらり。香ばしいレトロ物件も〜!

    こんにちは、マナサビイです。前回、大阪のクルーズ夜景の記事を挟みましたが、今回はまた伊勢志摩の記事に戻ります^^三重県の志摩地域は過去にも訪れているのですが、意外にも周辺を殆ど散策したことがなかったのが、これからご紹介する大王町界隈。美味しいお店があるのでそこにだけは立ち寄ったことがあったのですが、今回はバスを降りて町も散策してみました。崖の突端に見えるのが、1927(昭和2)年に建てられた大王埼灯台...

  • レトロなのに近未来!クールな土木遺産が目白押し、大阪「夜ドボククルーズ」

    こんにちは、マナサビイです。LINEトラベルjpに、近未来とノスタルジーが交錯する舟旅へ!大阪「夜ドボククルーズ」という記事が掲載になりました。ということで、今回は前回の伊勢志摩の記事の続きを、と思っていましたが、トラベルjpの記事とも連動させて、ブログでも「夜ドボククルーズ」の紹介をさせていただきますネ。「夜ドボククルーズ」というのは、「御舟 かもめ」 さんという会社が催行する、大阪ベイエリアにある橋梁や...

  • 奈良のレトロパラダイス「Minca465」さんへ、そして・・伊勢志摩へも行ってきました♪

    こんにちは、マナサビイです。つい先日、奈良県香芝市にある「Minca465」さんを再訪してきました。Mincaさんについては、「廃墟と思いきや・・昭和レトロの楽園古民家「Minca465」」↑初めて訪れた後、こんな記事も以前書かせていただきました。数ヶ月前ですから、まだ記憶に新しい方ですかね?^^昨年の初冬以来でしたが、国道に面した入口は、相変わらずの廃屋と見紛う外観だったものの、この母屋の玄関付近の雰囲気、前とは変わっ...

  • 酔狂上等!! 週に1日だけ開くカオスなレトロショップ、大阪・天満「PiNS!(ピンズ)」

    こんにちは、マナサビイです。2週間ほどブログをご無沙汰しているうちに、季節はすっかり真夏に。今夏はどれぐらいの暑さになるんだろうか ずっとブログに書きそびれておりましたが、1、2ヶ月ほど前から関西ローカルのKBS京都で「西遊記」が再放送されています。1978〜79年に放送された『西遊記』。 1979年〜80年には一部キャストを替えた(猪八戒役が西田敏行さんから左とん平さんになったり、藤村俊二さんが登場したり)『西...

  • 「愛のアランフェス」 槇村さとる〜昭和の少女マンガレビューその8

    こんにちは、マナサビイです。本日も、私が持っている昭和の少女マンガの記録におつきあいくださいませ。このところ少女マンガのご紹介が続いてご興味のない方には恐縮なのですが、身体の調子もほぼ通常モードに戻ったかと思いますので、近々よりまた色々なネタで書いていきますよさて本日ご紹介するのは、一条ゆかり氏・田渕由美子氏と並んでこの何十年来、私の中で大好きな少女漫画家さんベスト3に君臨し続ける槇村さとる先生の...

  • 同時収録作品もステキなお話! (//∇//) 田渕由美子氏代表作 「フランス窓便り」(田渕由美子傑作集3)⭐昭和の少女マンガレビューその7

    こんにちは、マナサビイです。前回の予告通り、今日ご紹介する単行本は、田渕由美子先生の、「フランス窓便り」(田渕由美子傑作集3)です♪ フランス窓便り(田渕由美子傑作集3) / 田渕由美子 ○収録作品・フランス窓便り Part1・・杏(りぼん1976年6月号掲載)・フランス窓便り Part2・・苗子(りぼん1976年7月号掲載)・フランス窓便り Part3・・詮子(りぼん1976年8月号掲載)・白いカップにお茶の色(りぼん1977年6月号掲...

  • 「夏からの手紙」(田渕由美子傑作集5)⭐昭和の少女マンガのレビューその6

    こんにちは、マナサビイです。少し前から体調面の不安があって仕事以外での出歩きや活動を控えていたのですが、考えてみれば手持ちのマンガ本レビュー(と呼べるほどの代物ではないですが^^;)というこんな時こそおあつらえ向きのネタがあるではないか(笑)今日ご紹介する単行本は、田渕由美子先生の、「夏からの手紙」(田渕由美子傑作集5)です。夏からの手紙(田渕由美子傑作集5) / 田渕由美子 ○収録作品・夏からの手紙(り...

  • 奈良で見つけた昭和の看板 &「昭和こどもゴールデン映画劇場」!

    こんにちは、マナサビイです。今日はまず、今年になってから奈良県内で通りすがりに見つけたレトロ看板&レトロ物件をご紹介します。これまでにも撮りためた看板の写真を何度かブログで放出していますが、こういう看板や物件に関してはわざわざどこかに探しに行くということはしなくて、偶然移動中に見つけた看板を撮るというスタンスでいつもやっています。このあたりの写真は、奈良県のJR某駅近くにある通りで撮影したもの。奈良...

  • 廃墟、と思いきや・・・昭和レトロの楽園古民家「Minca465」

    こんにちは、マナサビイです。LINEトラベルjpに、昨日新しい記事が掲載されました♪↓↓↓ミュージアム?謎の廃墟?奈良で訪れたい2つの昭和レトロの館先日は奈良県の明日香村にある「アトンおもちゃ館」さんをご紹介しましたが、今回は上のトラベルjpの記事とも関連させて、奈良県香芝市にある「Minca465」さんをご紹介したいと思います。Mincaさんもアトンさん同様、昨年12月に初訪問でした。こちらのブログでは、トラベルjpに掲載...

  • 奈良県明日香村のレトロミュージアム「アトンおもちゃ館」さんへ行ってきました♪

    こんにちは、マナサビイです。今回は、奈良県明日香村にある「アトンおもちゃ館」さんについてご紹介したいと思いますもう何年も前から存じていながら、タイミング等々が合わずご縁がなかったアトンさんですが、昨年の12月にやっと訪問できました。半年前に訪問したのを今頃になって記事にするってどうよ、という感じですが アトンおもちゃ館さんは、飛鳥〜万葉期の古墳やら史跡やらが数多く存在する、奈良でも有数の歴史地区・...

  • 昭和のお花柄いっぱいの「まほうびん記念館」で、子供の頃の水筒と魔法瓶に感激の再会ー!!

    こんにちは、マナサビイです!LINEトラベルjpに、昨日新しい記事が掲載されました♪↓↓↓昭和の花柄・レトロアイテムが超可愛い!大阪「まほうびん記念館」ということで、今回のブログは、上のLINEトラベルjpの記事では取り上げていないアイテムを中心に、「まほうびん記念館」の魅力を詳しくお伝えできればと思います。逆に言うと、これから書くブログに載せていない花柄モデルのアイテムの写真が向こうに載っていたりしますので、で...

  • ツッコミどころも魅力もいっぱい!! 昭和の観光地絵ハガキの世界その2

    こんにちは、マナサビイです前回から引き続き、Anthonyさんから頂いた昭和の観光地絵ハガキをご紹介します〜。●ありがたいけど、ちょっとシュールな仏像絵ハガキ古都の観光地では、神社仏閣巡りをする方が昔から多かったことでしょう。団体旅行では有名寺社の一つや二つは必ずコースに組み込まれていたでしょうしね。上は、奈良の壺阪寺にある「仏頭」の絵ハガキ。下は、京都の六波羅蜜寺にある「空也上人立像」の絵ハガキ。壺阪寺...

  • ツッコミどころも魅力もいっぱい!! 昭和の観光地絵ハガキの世界その1

    こんにちは、マナサビイです。今からもう6年前になりますか、大阪の梅田ロフトで開催された『国宝 みうらじゅん いやげ物展』の記事をブログに書きました。→ 昭和のシュールに目が点!(@@)『国宝 みうらじゅん いやげ物展』みうらじゅんさんが集められた、昭和のいやげ物(=もらっても嬉しくない、持て余してしまう土産物(笑))の、どこまでもシュールな世界観にノックアウトされてしまったのですが、その中でも独特の存在...

  • 実は思った以上に〇〇なドラマ!! 70年代の人気特撮ドラマ「5年3組魔法組」、昭和フリーク的鑑賞ポイントをご紹介!(2)

    こんにちは、マナサビイです!今日は前回から引き続き、懐かしい「5年3組魔法組」を40何年かぶりに見て気づいた、今だからこそ楽しめる見どころを私なりの視点でご紹介していきたいと思います♪前回は、個人商店、アミューズメント施設などの懐かしい街の風景をピックアップしましたが、今回は、当時、主人公たちと同じ小学生だったからこそよくわかるポイントをピックアップしましたよ。●演出感ほぼ皆無!リアルで本当に懐かしい...

  • 70年代の人気特撮ドラマ「5年3組魔法組」、おすすめの鑑賞ポイントをご紹介!(1)

    こんにちは、マナサビイです始まる前にはあんなに大騒ぎ?していた10連休も終わりですね^^でもこの超大型連休中には、新しい令和という新元号の時代が始まり、昭和という時代がなお一層遠くなっていくのを実感しております。 でも「和」という文字と音感は、やはり感覚的にスッと馴染みやすいですね。昭和の一文字でもあるから。さて本日はようやく、本当にようやくブログで「5年3組魔法組」のことを取り上げます〜★レンタル...

  • ★平成最後の、私のときめき昭和Days!!★

    こんにちは、マナサビイです。巷では史上最長と言われるG.W.の真っ最中、 そして、今日はついに平成ラストデイとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?平成最後のひと月となったこの4月は、私にとって普段以上に濃密な「昭和Days」を過ごすこととなりました。それはG.W.に入る直前も勢いは衰えず、そのせいかどうか、木曜日の夜あたりから期せずして腰痛と脇腹の筋肉痛を発症してしまいました・・・本当は理由は何となくわか...

カテゴリー一覧
商用