searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

相場阿尊さんのプロフィール

住所
中野区
出身
葵区

三十代、独身。毎日何とか凌いでます。

ブログタイトル
週末の風鈴火斬
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tomoko915/
ブログ紹介文
理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
更新頻度(1年)

173回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2008/08/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、相場阿尊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
相場阿尊さん
ブログタイトル
週末の風鈴火斬
更新頻度
173回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
週末の風鈴火斬

相場阿尊さんの新着記事

1件〜30件

  • 我、未だ勝ち方を知らず(クイーンS、レース回顧)

    「老害」って言葉が有る。 感覚的に古い人、年長の人が権力(立場の強さという意味では単純な役職だけでなく、人間関係による意見の強さ、声の大きさの方が厄介かも)を駆使して仕切ろうとするが、それが若い人の躍進にブレーキを掛けるような的外れな事だったりって意

  • 時に名刺は重要で(クイーンS、他、今日の買い目)

     それでは、今日のWIN5、買い目を。 先ずは新潟9R「出雲崎特別」が3歳以上1勝クラスによる芝2000M外回りの定量戦。 新潟の天候は晴れ。芝は良馬場。確たる逃げ馬も不在。舞台設定も相まって長い直線を利した決め手比べの様相。将来を期待されながら未だ1勝ク

  • 危機の日々を生きる。そんな時代を共にしている。(8月1日の土曜競馬))

     コロナ禍の感染加速が止まらないねぇ。そして、緊急事態宣言をして引き籠ったとしてもウイルスの減速は出来ても、根絶が出来ない事を知ってしまった今、経済を止めてでも宣言を出す事はしないだろう。 と、いう風向きで不安の中、最低限、無観客の状態で競馬は続く

  • 反転攻勢と繊細な感覚(アイビスSD、他、、今日の買い目))

     それでは今日のWIN5の買い目を。 先ずは新潟9R「糸魚川特別」が3歳以上2勝クラスによる芝1800M外回りの定量戦。 新潟の天候は曇り。芝は良馬場。この後の雨予報がどこまで影響するかって状況だ。その中で9頭立ての少頭数。軽量の3歳牝馬の中でも2戦2勝と

  • 集う逃げ馬と硝子のハート(アイビスSD、考察。5枠~8枠編)

     さて後編。外枠有利の独特のコースだという事もあるが、興味深い馬が揃った。前編と同じように枠なりに視て行こう。ジョーカナチャン 昨年の4月に重馬場で施行された千直のレースに勝利している想定馬場に対する実績に加え、最重要の前哨戦と言われる韋駄天Sでタ

  • 掴め真夏の果実(アイビスSD、考察。1枠~4枠編)

     毎年言っているのだが、アイビスSD(サマー・ダッシュ)というこのレースは、好きだ。調度このブログを書き始める時の一発目のレースだった事、そこで新境地のようなものに出会えた事、私の誕生日に近い日程で行われるレースだって事、大好きだった“紫の閃光”サンアデ

  • 百年に一度レベルの(7月25日、土曜競馬の買い目)

     西日本地方(今回の場合は中部地方の中京も西に含む)で競馬の開催が無い状態って、四半世紀を過ぎた私の競馬経歴の中でも、記憶に無い。割合、関西馬中心の状態で競馬界は回っているので、非常に珍しいと言っても良いだろう。 まぁ、今のCOVID-19(=新型コロナ・

  • 必然の波乱(函館記念レース回顧)

     WIN5は久々のキャリーオーバー的中無し。その原因を作ったのが荒れるんじゃないかとは思っていた真夏の重賞二つ。サマー・マイル中京記念(GⅢ)は単勝 1万6千300円馬連 8万10円馬単 17万6千170円そして3連単は330万2390円 と、いう破壊力だ

  • 重ねた情炎、掴みたいのは(函館記念、他、今日の買い目)

     それでは今週のWIN5の買い目から。 先ずは阪神10R「オークランドRCT」で3歳以上3勝クラスによる芝1400M内回りの定量戦。 阪神の天候は晴れ。芝は良馬場。但し上がり35秒台~36秒台が予想される荒れた馬力を要する馬場状態。一筋縄ではいかないと読む。 こ

  • 詰めの強さを見習いたい(中京記念、考察。5枠~8枠編)

     それでは後編。今回は馬場の内外、特にどちらが有利という訳でもない。これが枠順に与える影響は、大きいよね。ブラックムーン この馬は生粋の追い込み馬でいつも末脚一本勝負とはっきりしていて、得意なのも時計の掛かる馬場状態の時。前崩れの展開になり易いH

  • 色んなものが突然に(中京記念、考察。1枠~4枠編)

      今回の中京記念、肝になるのは現在の馬場状態を含めたコース適正だと読む。何しろ一ヶ月以上に渡り、降らない日の方が珍しいってくらいに梅雨のじっとりした雨が降り続き、コロナ禍の感染者情報と相まって気が滅入るくらいの天候が続いた。土日の阪神は良馬場で行われ

  • 逢瀬よ、人よ、日常よ(七夕賞、他、今日の買い目)

     それでは今週のWIN5買い目を。 先ずは阪神10R「フィリピンT(トロフィー)」が3歳以上3勝クラスによるダート1800M定量戦。 阪神の天候は曇り、ダートは重馬場。昨日の傾向を見ると締まった高速ダート、脚抜きが良く案外差しも決まる。そう考えると時計勝負に

  • 力任せが一番強い(プロキオンS、考察。5枠~8枠編)

     それでは後編。一頭一頭視て行って今回思うのは、実力伯仲っていう事だ。それこそ、枠順だったり、斤量だったり或いは通りたい時にそのコースをすんなり通れるかといった、些細な事が決め手になりそうで、勝ち筋は揺れている。スマートダンディー 戦績を調べれば

  • レコード決着想定(プロキオンS、考察。1枠~4枠編)

     調度十年前の2010年まで「プロキオンS」は仁川に有る阪神競馬場で行われていた。惜別を惜しむように、この時の勝ち時計1分21秒8は堂々たるレコード樹立。(2012年にこのレコードは更新され1分21秒5。この記録は今でもレコードとして残っている。) そう、ずっと中

  • 夏草やつわもの共が夢の中(7月11日、土曜競馬の買い目)

     ええ、今回のタイトルは“かの”松尾芭蕉の俳句をちょっとだけ語尾と意味を変えたもの。 良い夢もあれば悪夢もある。 色々あるなと思いながら、明日のWIN5を意識して土曜の選抜レースを。 先ずは阪神から。天候は曇り。芝は重、ダートは不良の馬場状態。

  • 詰め込んで69second(CBC賞レース回顧)

     先行きが不安になると、余裕が欲しいのが人情。余裕とはもっと詳しい言い方をすれば、経済的余裕という事になる。蓄えだ。 愛社精神さえ貫けば終身雇用で面倒を見て貰える時代はとっくに過ぎ去った。人どころか企業でさえ生き残るのに必死。消費され必要とされる物

  • 約束された未来は在るか?(ラジオNIKKEI賞、他、今日の買い目)

     それではWIN5の買い目を。 先ずは阪神10R「西脇特別」が3歳以上2勝クラスによるダート1800M定量戦。 阪神の天候は晴れだが、ダートは重馬場。こういう馬場を大の得意とする⑪ミステリオーソ北村友一が人気だが、馬場が乾いた良馬場ダートでは大した成績を残

  • 結末はいつも五里霧中(ラジオNIKKEI賞、展望)

     福島は朝の時点で芝が重馬場。しかも午後からまた雨予報なので、完全に馬場適正が重要になってくるのだが、もう一つ。現段階での能力値が大事。同世代対決のハンデ戦で、しかも小回り平坦のコースと荒れる要素が満載な上に、実は評価が低い実力馬が多かったりする。

  • 天気の子を観ていない(CBC賞、考察。5枠~8枠編)

     それでは後編。タイセイアベニール この馬はバネがあって筋肉質。おまけに銅が詰まっていて短距離馬の典型的な面がある。おまけに筋肉は肉厚なのに柔らかくて背中の使い方も上手いし、相当スピードがありそう。OP級で2戦しか走ってないのに、ここで二番人気に支持

  • 押し寄せる新風(CBC賞、考察。1枠~4枠編)

     ポイントはやはり馬場適正になってくるだろう。 土曜の重馬場、芝1200Mの2勝クラスで勝ち時計が1分10秒7という状況。換算していくとGⅠ級の馬で1分09秒前後の勝ち時計になりそう。それは高松宮記念(GⅠ)の勝ち時計1分08秒7にかなり近くなる。あの時も重馬場だ

  • 敵を知ろう(7月4日の土曜競馬、買い目)

     大雨洪水警報が出ている地域は現状、どうだろうか? コロナの揺り戻し具合も気になる。東京都で感染者が連日百人超えという状況だが、米国では一日数万(数日前に1万人だったが、一昨日あたりで5万人だったかな?)規模で未だに感染が広がっている。 不安にな

  • 君は麗しい(宝塚記念、他、今日の買い目)

     それではWIN5の買い目を。 先ずは東京10R「江の島S」が3歳以上3勝クラスによる芝1800M定量戦。 東京の天候は曇り。芝は不良馬場。で、あるからして当然、そういう馬場に強い馬を選ばなければならない。ピックアップすると人気側になってしまうのは、競馬フ

  • 女の時代が加速する(宝塚記念、考察。5枠~8枠編)

     さて後編。3歳春に重賞の京都新聞杯(GⅡ)で2着した事によってOPで戦う事を許された後、負けに負け続けているのがアドマイヤアルバ。 現在18頭中の最低人気なのだが、馬体を視るとハーツクライ産駒っぽく逞しい。そう、初期の頃の華奢な印象のハーツ産駒ではなく

  • 歩めるか王道(宝塚記念、考察。1枠~4枠編)

     肝は馬場適正になるか? 100%を予測する天気情報による降雨予測を考えるに、重馬場は避けられそうにない。一年一度の芝張替えを行う直前、最も荒れていると考えて良い季節に行う宝塚記念の開催時期。合わせて考えれば軽いスピードを売りにする馬不利だ。 更に

  • 前夜祭的中日(6月27日の土曜競馬、買い目)

     さて、それでは明日のWIN5を意識したレース選択で土曜競馬を。 先ずは東京10R「八ヶ岳特別」が3歳以上2勝クラスによる芝1800Mハンデ戦。 東京の天候は曇り。芝は良馬場。ここは出足次第で先行する顔触れが入れ替わる展開予測の難しい面々。おまけにハンデ戦

  • 恍惚と不安(帝王賞、買い目と理由)

     先ず先に帝王賞の買い目を。狙いは馬連一点。 ⑥チュウワウィザード&C(クリストフ)ルメールと⑪オメガパフューム&M(ミルコ)デムーロ。 続いて3連複二頭軸。上記二頭のヒモに②ルヴァンスレーヴ&D(ダミアン)レーン、④ワイドファラオ福永祐一、⑧クリ

  • 憂鬱をぶっ千切れ(ユニコーンS、レース回顧)

     生きてく事に必死になって意味を見付けないと、今日を生き抜けないような時がある。 求めたところで答えが無いような問答の果て、自分の無価値を何とか否定して今を生きてる意味を叫ぼうとするのに、垂れ流される人の悪意に溺れて、詰め込んだだけの膨大な知識すら誰

  • 優駿は今日も走る(ユニコーンS、他、今日の買い目)

     それでは今日のWIN5の買い目を。 先ずは阪神10R「垂水S」が3歳以上3勝クラスによる芝2000M内回りの定量戦。 阪神の天候は晴れ。芝は良馬場。内回りだけに先行馬を中心に狙いたいところ。馬体の感じから抜けているのは⑪ランプリングアレー福永祐一。普通に

  • 場合により、伝説が始動する(ユニコーンS、考察。5枠~8枠編)

     さて、後半。こういう若駒のダート戦で最も怖いのは、芝からの転戦馬。昨年の勝ち馬ワイドファラオも芝でNZランドT(GⅡ)を勝っている実力馬ながら矛先を転じ、まんまと勝ち切ってみせた。 そこまでの実績は無いものの、ずっと芝を走っていた馬がダート転向で一発

  • 時に舞台は整わず(ユニコーンS、考察。1枠~4枠編)

     馬を冠した幻獣という事になると、先ずはペガサス、ユニコーン。ちょっと捻ってケンタウロスってのが代表的。他では北欧神話に登場するスレイプニルなんてのも居るしJRAのレース名にもあるが、知っている人はそんなに多くない。 で、そのユニコーンについて語る心算

カテゴリー一覧
商用