週末の風鈴火斬
読者になる
住所
中野区
出身
葵区
ハンドル名
相場阿尊さん
ブログタイトル
週末の風鈴火斬
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tomoko915/
ブログ紹介文
理想(ベスト)を求めて現実(リアル)と取っ組み合う。それが競馬の本質だと思います。
自由文
三十代、独身。毎日何とか凌いでます。
更新頻度(1年)

121回 / 338日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2008/08/28

相場阿尊さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,791サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 60 10 0 20 0 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,882サイト
マイブーム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 570サイト
競馬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,804サイト
競馬予想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,482サイト
競馬コラム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 36,156位 42,107位 38,736位 38,455位 38,571位 42,336位 42,513位 974,791サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 60 10 0 20 0 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 691位 802位 717位 710位 719位 791位 796位 16,882サイト
マイブーム 7位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 570サイト
競馬ブログ 367位 407位 380位 377位 374位 412位 405位 8,804サイト
競馬予想 120位 133位 112位 117位 114位 127位 121位 3,482サイト
競馬コラム 10位 11位 9位 9位 9位 9位 8位 414サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,791サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 60 10 0 20 0 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,882サイト
マイブーム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 570サイト
競馬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,804サイト
競馬予想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,482サイト
競馬コラム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト

相場阿尊さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、相場阿尊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
相場阿尊さん
ブログタイトル
週末の風鈴火斬
更新頻度
121回 / 338日(平均2.5回/週)
読者になる
週末の風鈴火斬
  • 信じた道のその先よ(府中牝馬特別、他、今日の買い目)

    それでは今日はWIN5があるので、そちらを。 まずは東京9R「昇仙峡特別」が3歳以上2勝クラスによるダート2100Mハンデ戦。 ここは東京の長丁場という事も含めて、展開などより馬体優先で選んでいきたい。ハンデ戦だけに面白い馬を選べるかと思ったのだが、意に反し

  • 霧の向こうは視界良好(府中牝特、考察。5~8枠編)

     それでは後半戦。まずは快速逃げ馬のエイシンティンクル。牡馬相手の札幌記念でも果敢に逃走して0秒6差6着と自分のペースで行ければ相当渋太い事を改めて証明してみせた。札幌記念のメンバーは凱旋門賞挑戦組も含め、非常に強いメンバー相手だったので、その前走になるク

  • それ以前と、それ以後(府中牝特、考察。1~4枠編)

     東京競馬場の芝は回復が早く、良馬場で開催される。このレースに限っては、日程は予定通り。 そうなってくるとポイントは、どの馬が強いかって単純な能力比較で良いと思う。このレースにはエリザベス女王杯の前哨戦という側面があるが、同時にマイルCSに出走する牝

  • 令和創世記(秋華賞、他、今日の買い目)

     今日はWIN5の発売はないので、京都の10R。11R。12Rの買い目を。 まずは京都10R「三年坂特別」が3歳以上2勝クラスによる芝1600M外回りの定量戦。 ここは馬場状態も含め波乱含みではあるのだが、以前から評価している2番アメリカンワールド藤岡裕介を人気薄でもあ

  • 移ろい行く季節の中で(秋華賞‘、考察。5~8枠編)

     さて後半戦。実はローズS終了時点でぼんやりと、ウィクトーリアを本番では狙いたいなぁと思っていたのだが、正かの故障引退。春の時点でその馬と好敵手関係にあり、どちらかと言えば目の上のたん瘤の様な存在に思っていただろうシャドウディーヴァ。 悉く先着された

  • 揺れる勝ち筋(秋華賞、考察。1~4枠編)

     昨日一日中猛威を奮った台風が去った後、激しく洗われた空があまりにも青く眩しい。様々な被害を全国各地に爪痕として残して行き、今も北陸、東北地方、北海道の方では「大雨特別警報」が出されている。一年通して降る雨の量の約3分の1が昨日一日で降り注いだという話だ。

  • 波乱の風と雲を視る(京都大賞典、レース分析)

    大波乱の決着となった京都大賞典を振り返ろうと思う。 本当は日曜のうちに書く心算だったんだけど、何の間の凱旋門賞が気になっちゃって手につかなかった。 で、波乱の最大の要因は馬場状態と展開。そう書くとそこで終わってしまいそうなのだが、そこにプラスして

  • 一期は夢よ、ただ狂え(京都大賞典、他、今日の買い目)

    それでは本日のWIN5の買い目を。 まずは京都10R「藤森S」が3歳以上3勝クラスによるダート1200M定量戦。 元々、凄く良い馬体を誇っていてどうして勝てないんだろう?と思っていた大器が本格化した。即ち11番デザートストーム藤岡康太。これ一点で行きたいところだが

  • 本物の予感がする(京都大賞典、考察。5~8枠編)

    さて、残りの馬。エアウィンザーからの考察だ。今までの使い方を見る限り、毎日王冠の方に回るのかと思いきや、2400Mのここへ。かなり筋肉が豊富でマッチョな馬なので、あまり向くとは思えない。事実4連勝していた時が1800M~2000Mの中距離路線。全兄のエアスピネルは一昨

  • 覚醒の予感がする(京都大賞典、考察。1~4枠編)

    開幕週でもあり、馬場状態が大きくものをいうレース。昨年や一昨年の様に速い時計は出るが、最後にスタミナが問われる様な差しの効く馬場状態ならば思い切った勝負をしたかったのだが、土曜の芝レースを観る限り、内、前有利の開幕週らしい状態で施行されそう。 そう

  • 「夢幻」と書いて「夢、幻の如くなり」(スプリンターズS、レース分析)

    勝利したT(タワー)O(オブ)R(ロンドン)=以下略称TOR。意外にも、藤沢和雄厩舎がスプリンターズSを勝つのは97年のタイキシャトル以来という話だ。翌年、シャトルはレース後に引退式をするという、初めての試み(割と今では珍しくなくなった)をして、G1を5つ星、そ

  • 馬上の風の質が変わる(スプリンターズS、他、今日の買い目)

    それでは、本日のWIN5の買い目を。 まずは中山9R「サフラン賞」が2歳牝馬限定、1勝クラスによる芝1600M外回りの馬齢戦。 馬場や展開、多少の有利不利はあるだろうが、能力がここでは圧倒的に抜けているのではないだろうか?即ち5番マジックキャッスル戸崎圭太。こ

  • 可能性と現実(スプリンターズS、考察。5~8枠編)

    2014年に新潟でスプリンターズSが開催されていて、その間に馬場の改修工事が行われた中山。配管設置による排水性の向上が主な工事内容だったようだが、それから4回の当レースで外枠の馬が連対したのは16年の一度しかない。 ただ逆に考えれば、この時連対したのは大外

  • 祭りの始まり(スプリンターズS、考察。1~4枠編)

    五輪開催を来年に控えた状況を痛切に感じさせるように「スポーツの秋」全開で様々な競技が代表選考を兼ねてガンガン行われている。 この、お祭り感。あっという間に事件が過去になる程、目紛しい。 ラグビーW杯の日本開催に、ドーハでは世界陸上。更にバレーボール

  • 正しさの理(ことわり)。(オールカマー、他、今日の買い目)

    それでは今日のWIN5を。 最初が中山9Rの条件戦(名前の付く特別レースではないのね)で3歳以上2勝クラスによるダート1800M。斤量を定量戦とか別定戦と表記しないのは減量騎手が特権を使って乗れるから。(だから定量戦を基本に別規定があるって事で別定戦と表記しても

  • 令和レーシング・オペラの象徴(神戸新聞杯、展望)

    今回のポイントは複数ある。三つか。 一つが大本命サートゥルナーリアの距離適性。元々が歴史に残る最強スプリンターであるロードカナロアを父に持ち距離の延長が決して向くとは思えなかったという血統的な背景がある。現在2、3、4歳の3世代、実働2世代の産駒成績だけ

  • 突き抜けて夏の終わり(セントライト記念、他、今日の買い目)

    それでは今日のWIN5の買い目を。 今回は馬場状態なんかが難しくてさぁ、割と能力比較だけだと抜けている馬も居るから、素直に能力を評価するような感じでやったら絞れに絞れて4点になってしまった。宝くじみたいな気分で買うからかもしれない。 最初に中山9R「白井

  • 勝利は未だ五里霧中(セントライト記念、展望)

    今日のレースに関しては未だにポイントを絞りきれない。雨の影響がどうでるか。 それを抜きに話を進めようにも、中山の高速馬場は台風襲来を念頭において、散水を控えた事による影響も元々、あった。馬場の更新作業、特に大地に呼吸する空気穴を開けるエアレーション

  • 濃厚な物語

    それでは今日のWIN5の買い目を。 まずは中山9R「汐留特別」が3歳以上1勝クラスによる芝2000M内回りの定量戦。 9頭の少頭数。力の抜けた何頭かで決まりそうだが、そこから絞りきれない。なので素直に5番ウォルフズハウル石橋脩、8番ツクバソヴァール大野拓弥、9番

  • 集いし名牝の娘たち(ローズS、展望)

    今回のポイントは、一夏越しての成長度。それに、今回の仕上がり具合って事になると思う。 3歳牝馬路線は大雑把に言えば桜花賞におけるグランアレグリア、オークスにおける1、2着馬(ラヴズオンリーユー、カレンブーケドール)がそれぞれのカテゴリーのおいて抜けてい

  • 令和の最初は龍王が行く(京成杯AH、他、今日の買い目)

    それでは今日のWIN5を。(時間的にギリギリかな。) まずは中山9R「習志野特別」が3歳以上2勝クラスによる芝2000M内回りの定量戦。 断然人気の5番サトノエルドール田辺裕信は来週のセントライト記念に出走しても人気を集めそうな馬。確勝を期して臨んで来ているだ

  • 電撃戦の覇者となる条件(セントウルS、展望)

    33秒5ー33秒5=1分07秒0 33秒6ー33秒6=1分07秒2 96年、第一回の高松宮記念を勝った時のフラワーパークがそれに近いラップを刻んで優勝した。そしてこの時、記念すべき中京競馬場、初のG1レース。春の電撃王決定戦の第一回っていう状況で最も注目を集めたのは、

  • 偉大なる父へ捧ぐ

    それでは今日のWIN5を買い目を。 初っ端が小倉10R「西日本スポーツ杯」で3歳以上2勝クラスによるダート1700M定量戦。 ここは思い切って馬体の良さで選んでみたい。7番ヴェルディノート岩田望来、11番コカボムクイーン中井裕二、12番コマビショウ川田将雅の3頭で。

  • サマー2000最終戦(新潟記念、考察。5~8枠編)

    丁度真ん中の枠に、一番人気のレイエンダが入る格好になった。この馬に関して言うと、あっさり勝っても驚けないし、あっさり負けても驚けない。要は、走ってみないと解らない部分がある。 前走、エプソムCのような走りをされたら、今回のメンバーではどの馬も敵わない

  • 向こう正面948M、直線658.7M(新潟記念、考察。1~4枠編)

    「平成」から「令和」へ。時代の呼び名が変わるだけなのに(実際には天皇陛下が代わったのだが)何かが変わって行く。それを象徴するような事がポツポツと起こっているように感じるのも、不安定であやふやな人の気分的なものか。 そんな時代の転換点のような出来事と

  • 頂上への布石

     勝ち馬の走破時計が1分9秒2。前半3Fの数字が33秒2だったから上がりは36秒0だった計算になる。それだけ札幌の洋芝は時計が掛かり、馬力とスタミナの問われる状態だった訳だ。そして、先行激化に伴って能力勝負の様相を呈した。 勝ったダノンスマッシュは、人馬共に勢いに乗

  • 素顔を晒せ、スッピンを暴け(キーンランドC、考察。5~8枠編)

     非常に参った話なのだが、一生懸命書いていたら何故か後編の原稿がバグって、成仏も出来ずに電子の海で漂流してしまっている。(消失って言い方が適切か)書き方のツールを急遽変えたので、実際に観るとリズムが違うかもしれない。 早い話が函館SS1、2着のカイザーメラン

  • 前哨戦、最終章、前編って感じ(キーンランドC、考察。1~4枠編)

    今回のこのレースにはテーマがある。 ズバリ、国内最速の電撃王を決めるスプリンターズSの前哨戦だ。今回のメンバーに先週行われた北九州記念組、春の電撃王に輝いた高松宮記念馬ミスターメロディを加えた顔触れでそれは争われる事になる。 依って、今回のポイント

  • 一つの時代が終わろうとしている(関屋記念、他、今日の買い目)

    では、本日のWIN5の買い目を。 初っ端は小倉10R「西部日刊スポーツ杯」で3歳以上2勝クラスによるダート1700M定量戦。 決め手不足のようにも映るが、ここは人気馬の能力が抜けているのではないだろうか?素直に8番オンザロックス松山公平と12番キーフラッシュ西村

  • 英雄に憧れ(レパードS、他、今日の買い目)

    暑いねぇ。 ちょっと今回は週の半ばまでやる気十分に予想してたんだけど、途中からバタバタ忙しくって、今、この時間、ちょっとやっつけ加減で導き出した。集中出来ていたなら、当初の準備の仕方が良かった成果。駄目だった時は集中の仕方と時間の使い方を見直さないと

カテゴリー一覧
商用