プロフィールPROFILE

papachanさんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
お気楽ナチュラリスト
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/papachan_august
ブログ紹介文
都内に住んでも心はナチュラリスト。 週末は山と川で遊びたい。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2008/08/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、papachanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
papachanさん
ブログタイトル
お気楽ナチュラリスト
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
お気楽ナチュラリスト

papachanさんの新着記事

1件〜30件

  • 冬の安達太良山とくろがね小屋

    新年初登山は、安達太良山。shinichiさんに、「八ヶ岳と安達太良山だったら、どっちがいい?」と尋ねると、「安達太良山!」と即答。よし、きまり!それにしても、今年はどこも小雪傾向。安達太良山も例年よりかなり雪が少ないようだ。出発前日にくろがね小屋に問い合わせると、「下の方はほとんど無いです。ワカンはいらないですよ。」とのことだった。ま、いいでしょう。冬の安達太良山を一度登ってみたかったし。安達太良山に登って、くろがね小屋で温泉入って、酒飲んでぐだぐだしようというゆるめのプラン。東京の自宅から安達太良山の登山口までは300㎞以上ある。終始疲れ気味の中年おじさんにとっては、気合を入れないといけない距離だ。那須高原サービスエリアで、朝食に白河ラーメンなるものを食す。shinichiさんによれば、白河ラーメンは手打ち...冬の安達太良山とくろがね小屋

  • 2020明けましておめでとうございます

    全世界77億人のみなさま、新年あけましておめでとうございます。今年はネズミ年ということで、干支の始まりの年。チュー年オジサンとしましては、様々なことにチュー目し、興味関心を高めていきたいなと思っております。「チュー意一秒ケガ一生」を心がけ、山に渓に遊べればいうことなし。くれぐれも大山鳴動鼠一匹とならぬよう、地に足をつけて謙虚に生きたいものです。とまぁ、くだらん賀詞もこの辺にしておいて。この年末年始は比較的まとまった休みが取れたので、家族で映画も見に行けた。もちろん、スターウォーズだ。42年間続いた物語が完結することを思うと、感慨深いものがあった。そりゃぁ、自分も年をとるわけだな。正月は毎年実家で過ごすのが定番だったが、高齢のじいじとばあばの負担軽減を考慮し、今年からホテルでの新年会となった。カミさんがいろいろ手...2020明けましておめでとうございます

  • 季節限定ガトーショコラをたっぷり味わうのだ

    まさかのスイーツの話?いえいえ、これは山の話。赤城山で悪化した風邪がなかなか治らず、ずーっと咳が出ている。かかりつけの病院で薬を変えてもらって、ずーっと飲んでる。このまま年を越してしまうのは、いくらなんでもつまらなすぎるので、体調は良くなっていると自分に言い聞かせてあえて山に行く。前回の赤城山では、きっと山が足りないんだなと、ばかばかしい理由もくっつけるのだ。八ヶ岳は、まだ雪が少なくて不安定そう。思案した結果、候補地として浮上したのが、浅間山だ。運がよければ、ガトーショコラ状態になっているはず。早朝未明の上里サービスエリアに立ち寄り、豚汁定食で朝食をすます。いつもは菓子パンをかじりながら運転しているので、今日はちょっと豪華にしてみた。佐久インターで高速を降り、登山口の天狗温泉浅間山荘にナビをセットする。浅間山荘...季節限定ガトーショコラをたっぷり味わうのだ

  • ハンドクラフトエキシビジョン #10

    ハンドクラフト展も今年で第十回。ということはビルダーさん方とのお付き合いも10年以上になるわけで、そう思うととても感慨深い。会場は今年も大盛況の様子。随分早くから並ばれた方も大勢いらっしゃったと聞いた。開場時刻に合わせて行ったら、駐車場にもなかなか入れなかったくらいだ。みなさまお疲れさまです。親しくお付き合いさせていただいているビルダーの皆様にご挨拶まわりを兼ねて、来シーズンのミノーを物色する。どれもこれも美しくて、一日中眺めていられる。初対面なのになぜか私のことを知っておられる方がいて驚いた。こんな泡沫アングラーを覚えていてくださるなんて、いやはやありがたいことです。マサハルくんも奥様と一緒に会場に来られた。自分のことを棚に上げて言うのもなんだけど、奥さん、あんまり旦那を甘やかさない方がいいぞ。釣り好きはすぐ...ハンドクラフトエキシビジョン#10

  • 赤城おろしの洗礼

    先日の小菅釣行の翌日から風邪を引いてしまった。喉と鼻と咳といういつものパターン。寝るときに咳が出てしまうのが厄介だ。一週間ほど薬漬け&寝不足気味。おまけに栄養をつけねばと思っていつもより多めに食べていたもんだから、体重2キロ増。風邪は治したいけど体重は増やしたくないということで、山に行くことに決めた。なんだかんだ言って山に行きたいだけ。サクッと半日ぐらいで登って降りてこられるところと考えた末、赤城山に決定。紅葉は終わってるし、本格的な雪山シーズンはまだということで、きっとすいているに違いない。なんといっても百名山だし。まだ行ったことないし。夜明け前の関越自動車道を快適ドライブ。前橋ICで降りてコンビニでトイレと買い物を済ませる。朝日に照らされた一の鳥居がお出迎えだ。伝説によれば、赤城山の神様である大ムカデと男体...赤城おろしの洗礼

  • 久々の小菅川冬季釣り場

    例年、禁漁後は秋山登山で紅葉を楽しんでいたのだが、今年は仕事が立て込んで全く休みをとれなかった。11月の頭に長野へ小屋閉めに行ったが、あまりに忙しくてブログ更新もできなかった。師走の声を聞いて、ようやく束の間の休日がやってきた。紅葉の山も終わってしまったし、雪山を楽しむには早すぎるし、いろいろ思案した結果、久しぶりに小菅川冬季釣り場へ行くことにした。すずめのお宿で釣り券を買おうと思ったら、シャッターがしまっていて空いてなさそうだったため、廣瀬屋旅館で購入。日釣券は1000円。前に来た時は800円だったような…。知らない間に値上がりしていた。まあ、前回来たのが2010年のことだから、値上げしていて当たり前か。寒々とした河原に車を停める。一番乗り。気温は、1℃。氷点下じゃなくてよかった。ガイドが凍ると面倒くさいから...久々の小菅川冬季釣り場

  • 2019年渓流ルアーフィッシングを振り返って

    昨シーズンは膝の痛みを抱えながらの釣行が続いたが、ヒアルロン酸注射等の治療と減量(実は1年で9kg体重を落としたのだ)のおかげで、今シーズンはほとんど膝の痛みもなく渓を歩き続けることができた。それがまず何より嬉しかったこと。仕事の方は人事異動の影響で土曜日のチョイ釣りがなかなかできない時期もあったが、体をケアしながら無事に乗り切ることができて、ほっとしている。怪我なくシーズンを終えられたことは何よりだ。では、恒例のシーズン総括にまいりましょう。天候シーズン初期は落ち着いた天候が多かったが、仕事の都合であまり出撃できず、ストレスがたまった日々だった。6月からほぼ2か月続いた梅雨にはいい加減飽き飽きしたが、そのおかげで渓は水量豊富で魚も元気だったような気がする。8月末以降は台風が猛威を振るい、関東地方は強風による影...2019年渓流ルアーフィッシングを振り返って

  • シーズンラスト釣行+ゆるキャン

    今シーズンも今日がラスト釣行。渓魚に感謝しつつ、夜はゆるゆるソロキャンプで乾杯!というプラン。秋も深まりつつあり、朝はだいぶ冷え込んできた。暑がりの私には、実はちょうどいいくらい。60Lザックにパッキングしながら、どこに行こうかと悩んだが、結局あまり奥深くには入らないことに決めた。北岳で敗退したり、先週はロッドを折ったり、何か嫌な流れがあるので、最終日にケガなんてシャレにならないから、そこは慎重に…。婚姻色に染まった秋色のヤマメを追っかけるのもいいが、なんだかボウズになりそうな予感がしたので、無難にイワナの渓へ。BLINKのプロトモデルのテストも今日が最終日だ。50mmシンキングと45mmディープを状況に合わせて使い分ける。うぶなイワナは喜んで食いついてくれる。入渓しやすい沢は、連日のヒューマンプレッシャーでイ...シーズンラスト釣行+ゆるキャン

  • ポッキリ…

    愛用していたロッド、アブガルシア・トラウティンマーキスBRONテレスコがポッキリ。サブロッドとして最近は出番が少なくなっていたけど、大好きなロッドだった。滝を高巻きしていた時に折れたみたい。気づいた時にはティップが無くなっていた。もう廃盤のロッドである。殉職確定。先週に引き続きBLINKの新作プロトのテストで支流に入っていたので、そちらのレポートもちょこちょこと。ヤマメの活性が高くて、よくミノーを追ってくれた。50mmシンキングに飛びついたおチビさん。もっと大きくなってから、また遊ぼう。活性が高くて、ついていそうなポイントからは必ず反応があった。ほぼ着水と同時飛びつく個体が多くて、バイトするけど、掛かりが浅くてすぐにバレてしまう。このあたりは自分の腕の無さを呪うばかりである。婚姻色が出たいいサイズを2尾掛けたが...ポッキリ…

  • BLINKプロトルアーのテスト&家族の休日

    BLINKのヒルマ氏から新作プロトのテストの依頼があったので、家族の休日も兼ねて敬老の日三連休は長野の小屋へ。休日とは言いつつも、息子は受験勉強グッズを持参。カミさんもノートPC持参で仕事をちょこちょことやるとか。実をいうと私もノートPC持参で原稿を書き書き…。まあ、それぞれだらだらと過ごしながら、好き勝手に過ごすのが我が家らしいといえば、まったくその通りで。さてさて、ヒルマ氏から預かっているプロトは2種類。50mmシンキングと45mmディープタイプ。それぞれ事前にコンセプトはうかがっているので、それに見合うシチュエーションでのテストを行う。なかなか面白いセッティングで、これまでのBLINKに無い新たな魅力を味わえた。いくつか気づいた点をレポートにまとめてヒルマ氏へメール送信、ぽちっとな。まだ、開発途上とのこと...BLINKプロトルアーのテスト&家族の休日

  • 敗退の山

    例年8月に行っていた山ガール・山ボーイ育成合宿登山は、私の都合で9月に実施することになり、今年は4人で「南アの哲人」北岳へ行ってきた。そこで起こった悲劇やいかに。登山ブームの過熱ぶりは、山を登る前から駐車場争奪戦という形で表れている。この戦いに勝てなければ、山に登ることさえ許されない昨今の厳しさなのだ。日付が変わるころに集合し、芦安駐車場に到着したのは、午前3時。第1駐車場は満車。第2駐車場に何とか1台分のスペースを見つけ、辛くも駐車できた。この勝利をつかみ取るために、全員睡眠返上での出撃であった。ちなみに、芦安には第8駐車場まであるが、第4以降はバス停及びタクシー乗り場から遠く離れてしまうので、第3までに停められた者を勝者という。(自分調べ)タクシー乗り場の列にザックを並べ、とりあえず車中で仮眠。と思ったのだ...敗退の山

  • 夏から秋へ

    長梅雨からの猛暑、そして台風一過からの秋雨前線停滞。今年の夏は駆け足で通り過ぎてしまった感がある。日の出もだいぶ遅くなり、いつの間にか秋の虫の声が鳴り響くようになった。明け方の空に浮かぶ雲も、なんとなく秋っぽい。足元を見れば、秋によく見かける花があちらこちらに咲いている。名前はわからないんだけどね。秋を感じるようになると、禁漁までのカウントダウンが始まる。焦るというより、なんとなく寂しい気持ち。つい最近まで青々としていた木々の葉も少し黄色くなり始め、蝉の声も心なしか弱々しい。空気の匂いも変わってくる。ここのところイワナと遊ぶことが多かったので、今日はフローティングでヤマメを狙おうと決めてきた。BLINK55飛燕F型に活躍してもらおう。入渓後、すぐに小ぶりのヤマメが挨拶にきてくれた。よしよし、どうやら直近で人は入...夏から秋へ

  • 久々のキャピキャピ隊出動!

    昨年は台風のためお流れになってしまったキャピキャピ隊の釣行。今年は満を持しての出動となった。仕事もプライベートも忙しいオジサン4人が休日を合わせて一同に会するのは、結構ハードルが高いのだ。それだけに、フルメンバーがそろう一日は限界まで遊びつくすことになる。今年の目的地は、以前shinichiさんと二人でイワナ祭りを堪能した渓だ。いつかは4人で行きたいねと話していて、ようやく念願が叶った。先日の台風10号で増水してる危険性を予想し、ロープやスリングも用意したが、実際にはほとんど影響がなかったようで、逆に減水傾向にあった。イワナの楽園、魂の解放区を存分に味わおうとみんなのザックはパンパンに膨らんでいる。入渓点であっさり良型のイワナを釣り上げた。今日は調子がいいぞ。結構強い引きだったので、立ち位置を安定させようと後ろ...久々のキャピキャピ隊出動!

  • ネイティブと遊ぶ夏

    仕事の都合で夏山の旅が急遽二日間で強制下山となってしまった。我ながら迅速な対応(?)で仕事の方は事無きを得たが、サマーバケーションに水を差された感は否めない。台風は近づいてくることもあり、山に戻る気は失せてしまったけど、まだ休みは残っている。自分勝手とは重々承知の上で魚信さんとマサハルくんに「釣り行きませんか?」と連絡したら即決でOKをいただいた。ありがたや、ありがたや。今回は、利根漁協管内でネイティブのイワナと遊ぼうということになり、私が案内役を買って出た。日の出前の薄暗い登山道をひた歩き、入渓点で朝めしを食べるころには山肌に朝日が当たってきた。暦では立秋を過ぎているわけで、ずいぶん日の出も遅くなった。この沢は雪シロ以降は水量も落ち着くのだが、雨が降ると一気に増水する暴れ川である。釣りに入る前に、2万5千分の...ネイティブと遊ぶ夏

  • 涸沢でグータラしてみた

    予定では双六・三俣・鷲羽で遊ぶ予定だったが、深夜3時に新穂高に到着すると駐車場はすでに満車であった。後から聞いた話だと、すでに前日の21時には満車になっていたらしい。登山ブームの過熱ぶりはすさまじい。まあ、自分もその一人なのだけれども…。途方に暮れていても仕方ないので、踵を返して沢渡へ。こっちの駐車場はガラガラ。時代は新穂高なのか?なにはともあれバスのチケットを購入し上高地に入った。当初の目的が果たせないということで、テンションはガタ落ち。河童橋も朝霧に煙る。何十回と通いなれた横尾街道をてくてく歩く。明神、徳沢、横尾。最初の3時間は、いつも短く感じる。上高地で登山届は提出しなかった。なぜかというと、横尾まで歩きながら槍に行くか、涸沢に行くか迷っていたから。結局、ピークハントする気が起きなかったので、涸沢でだらだ...涸沢でグータラしてみた

  • 梅雨明けに微笑む釣りの神様

    待ちに待った梅雨明け。梅雨明け10日という言葉があるとおり、しばらくは快晴が約束される。同時に忘れかけていた酷暑もやってきた。夏が来た。夏になったら行こうと心に決めていたあの渓へ。深夜の高速道路をドライブし、3時半には現地に到着した。明るくなるまで仮眠をとるつもりでいたが、気持ちが高揚して寝られない。結局、4時過ぎに支度を始め、ヘッドランプを頼りに山道を歩き始めた。今日の目的はヤマトイワナ。以前から、この渓にはヤマトがいると噂されている。私はこれまで数回チャレンジするも毎回空振りであった。今回は、なるべく奥へ行くために、下流域にはあまり時間を掛けず、拾い釣りする程度にとどめる。それから、2度目の修理に出していたカルディアが戻ってきたので、今日はこいつの再々入魂も兼ねている。日の出前の暗い淵から、まずはニッコウイ...梅雨明けに微笑む釣りの神様

  • 高活性!?

    ここ数日、短時間でも青空が見えたり、気温がぐっと上がったりして、関東地方の梅雨もようやく出口が見えてきた。そろそろホームの水量も落ち着いてきただろうと予想し、朝のチョイ釣りに出かけた。金曜日は飲み会でしたたかに飲んだため、日曜の朝にチャレンジ。お目当ての区間に人が入ってなければいいのだけれど。入渓点の蜘蛛の巣を見て、しばらく人が入っていないことを確信した。はやる気持ちを抑え、第一投。アップクロスでBLINK45HERAを引いてくると、流れを横切って黒い影が2つ3つ。追いきれないようなので、そうっと上流側に移動し、ダウンで攻めるとがつっときた。入渓二投目で22cmのイワナ。これは幸先がいい。水量が減ったとはいえ、いつもに比べればまだまだ流れの押しは強い。この区間は谷が深く、ゴルジュも多い。渓魚に悟られないように上...高活性!?

  • 海の日は川へ

    海の日に似つかわしくない雨模様。海に行くことを楽しみにしている人は、本当に残念な三連休なんだろうと思う。私は海に縁のない男なので、雨に濡れつつ川に立つ。この三連休は、初日に息子の大会応援。二日目は、山の仲間の結婚式に出席。さすがに疲れがたまってきたので、海の日釣行は近場にしておこうと思い、久々ホームへ。山が近づくにつれて強まる雨。レインウェアを来てスタート。濁りはほとんどないが、水量は近年まれに見る多さ。でも、本来はこれくらいが適水位なのかも。いつも空振りの一級ポイントからは、27cmのイワナが出た。ヤセ形のイワナだったが、岩の下に潜ろうと頑張っていて、結構な引きを楽しめた。ルアーは、口と胸鰭の脇にがっちり掛かっており、これなら絶対バレない。だが、よかったのはここまでで、あとはチビヤマメの猛攻をくらって終了した...海の日は川へ

  • ファイナル レース

    陸上に捧げた息子の夏が終わった。約一ヶ月前、インターハイ予選となる関東大会が行われた。昨年は関東大会8位。今年こそはと練習を積んできたが、インターハイの切符は遠かった。昨日は、駒沢陸上競技場で、高校生活最後となる都大会に出場した。梅雨寒の日々が続いたが、この日は気温29度。湿度も高く、コンディションは厳しかった。平凡な記録ながら、レースを終えた息子の表情は清々しかった。息子の陸上生活は、ここで区切りをつける。新たな目標に向けて自分でけじめをつけた。先日、息子は私にこんな話をした。「少し前までは自分が何をやりたいのかわからなくて、苦しかった。今はやりたい道が見えたので気持ちが楽になった。」なかなか立派なことを言うようになったじゃないか。papaもmamaもしばらくは元気に働けるから、君は自分の夢に向かってまっすぐ...ファイナルレース

  • ダイワ16em ms2506Hの入魂完了

    黒部から戻ってきて、どうもリール(18カルディア)の調子が悪い。昨年も黒部でベイルの戻りが悪くなってしまい、修理に出した。今年も全く同じ症状だ。なじみの釣具屋さんに持っていったら、「またですか。18カルディアの他のユーザーさんからは、あまりこういった報告は無いんですよね~。」とのこと。運が悪いということか。仕事は忙しいし、飲み会は多いし、毎日雨だし、リールの修理が終わるまでは、釣りに行くのは暫くやめとこうと思った矢先、ネットで半額の文字を発見し脊髄反射でポチっと購入してしまった。あ~あ。ダイワ16emms2506H見た目の派手なリールは苦手なのだが、これくらいなら許容範囲。ちょっと金色が多いけど、そのうち慣れて気にならなくなるでしょう。価格帯、性能でいうと、15フリームス<16emms<14カルディアという並び...ダイワ16emms2506Hの入魂完了

  • 黒部礼賛

    shinichiさんのお誘いにホイホイ乗っかり、今年も黒部に来ることができた。今回は、ハンドメイドルアービルダーの鱒moku先生ことji_tsuさんも加わり、三人でわいわい楽しんできた。昨年の黒部釣行記事でも少し触れたが、扇沢から黒部湖をつなぐトロリーバスが電気バスに変わった。乗り心地は変わらないけど、シートからは新車のにおいがする。まずは谷に入って様子をうかがう。巨大なスノーブリッジも出現し、豪雪地帯であることを改めて実感する。はやる心を抑えつつ、タックルの準備。BLINK45HERAをパイロットルアーにチョイスして、反応を探る。釣り始めてほどなく三人ともファーストフィッシュを手にした。みんな似たようなサイズのチビイワナ。抜群の渓相を釣り上げる。少し小雨が降っているものの、気になるほどじゃない。どこからでもイ...黒部礼賛

  • ガスガスの日光白根山

    山ガールにせっつかれて、久々の育成山行。梅雨入りしたばかりで、天候は期待していなかったが、奇跡的に雨は降られず無事帰還できた。数日前から天気予報は絶望的だったが、前日にてんくらを確認するとなんとびっくりA判定。こりゃ行くっきゃないでしょ。朝5時に地元を出発。関越自動車道では、ずーっと雨だったが、沼田インターを下りたら雨もやみ、うっすら陽も差してきた。てんくら、当たるなぁ。恐るべし。丸沼高原にある日光白根山ロープウェイに乗ったときは、雲間から日差しも出てきて、こりゃ日焼け止め塗らないとね~なんて会話も弾む。標高2000mの山頂駅を降りると、雲が切れて日光白根山がうっすら見えてきた。山ガールのテンションが上がる。おじさんのテンションも上がる。シラネアオイも咲いていた。登山道の入り口は二荒山神社の大きな鳥居。神社があ...ガスガスの日光白根山

  • 野点釣行

    モンベルの野点セットをネットで購入。また一つおもちゃを手に入れてしまった。茶碗、茶筅、茶杓、棗、茶巾、盆2枚がコンパクトに納まっていた。棗なんて普通読めないよね。「なつめ」って読むんだそうです。抹茶を入れる入れ物のこと。初めて知った。仕事帰りに閉店間際のスーパーマーケットで抹茶を購入。早速、お茶を点ててみる。まったく知識のないド素人だが、それなりにできた。泡がクリーミーでなかなかいける。こうなってくると、やっぱり外で使ってみたい。野点というやつだね。土曜日は仕事だったので、日曜日に出陣。前日のヒューマンプレッシャーでロクな釣りにはならんだろうと思いきや、入渓点でいきなりイワナがヒット。7寸程度のまずまずの一尾。フローティングミノーに食らいついた。こりゃ思いがけず今日は祭りかな?とほくそえんだのも束の間。たまたま...野点釣行

  • 今日から夏仕様

    昨日は飲み会でかなり深酒をしてしまった。4月から5月にかけて、いったい何回飲み会があったことやら。おかげで、土曜日の午前中は使い物にならない。でも、釣りにはいきたい。真夏のような太陽が照りつけるなか、ハンドルを握って山へ向かう。梅雨入り前の夏日は毎年のことだが、ここ数年は少し度が過ぎている感じがする。車の気温計を見たら、40℃。どうなっちゃっているんだ?すぐに心が折れて、蕎麦屋に逃げ込んだ。ひさしぶりに「ひらの」さんのお蕎麦を堪能する。あいかわらず、エッジの効いた蕎麦はシャキッとしてノド越しは抜群。天ぷらの野菜も甘くておいしい。お蕎麦をたぐっているうちに、折れかけた気持ちも復活した。夕まずめ狙いでチョイ釣りだ。少しでも涼もうと支流に車を停めた。何台か車があったが、これは昆虫採集の人々であったことが後ほどわかった...今日から夏仕様

  • 令和初釣行

    令和になってから初の渓流。気合を入れて早起きしたが、さっそく頭ハネの洗礼を受ける。自分の後ろをついてくる車が気になっていたが、予定していた入渓点に駐車できた。後ろからついてきた白い車は、一瞬私の車の横に停まり、私の顔をじっと見る。とりあえず、軽く会釈だけした。嫌な予感は的中。入渓点から100mも進まないうちにタックルの準備をしている先行者を発見。そこから林道に這い上がると、さっきの白い車が駐車してあった。おいおい、もう少し気を使ってくれないかな~。怒りより悲しみが湧いてくるよ。文句の一つも言いたくなるが、どうせ気分の悪さしか残らないからやめた。新たな入渓点を探すも、時すでに遅し。あちこちに車が駐車してあった。しかたないので、大移動。結果的にはこれが正解だったようで、3尾のイワナが出てくれた。ボウズは回避できたが...令和初釣行

  • 令和初登山

    元号が令和になってからの初登りは、八方尾根から唐松岳へ。shinichiさんとともにゆるゆるの山旅を楽しんできた。高速道路渋滞もたいしたことなく、9時30分頃には八方に到着。ゴンドラ駅からほど近い有料駐車場(一日500円也)に車を停めた。少し離れた所に無料駐車場もあるが、大人なので一日500円は許容範囲。チケット売り場の脇で登山計画書を記入する。ゴンドラのチケットは、登山計画書を提出すると売ってくれるのだ。このシステムは、安全上、なかなかよいアイデアだと思う。ゴンドラ+リフト2本の往復で2900円。これで標高1850mまでアプローチできるんだから安いもんだ。リフトの目の前が八方池山荘。なんだかんだで、時刻は11時ぐらいになってしまった。今日は、この八方池山荘に泊まる予定なので、受付を済ませてから食堂でカレーライ...令和初登山

  • 平成最後の悪あがき

    昨日が平成最後の釣りと言っておきながら、舌の根も乾かないうちに今朝も釣りへ。夜半に降り出した雨が気になってしょうがない。おそらく渓魚たちは、久しぶりの雨にざわついているのではないか。そんな妄想がはじまると、居ても立っても居られなくなる。雨が降ってざわついているのは、まぎれもない自分自身の方なんだけどね。そんな釣りバカの期待をそうそう簡単に叶えてくれるほど、ゴールデンウィークのヒューマンプレッシャーは甘くない。まったく魚影が確認できないまま、時間だけが過ぎていく。1時間やって反応がなかったら、帰ろうときめてとぼとぼ遡行する。ある淵でミノーを1個ロストした。実績のあったミノーだけに、残念でならない。そのとき、ふと思いついた。リーダーを細くして、長くしてみるか…ベストのポケットに入っている一番細いリーダーは3lb。そ...平成最後の悪あがき

  • 平成最後の釣り

    改元に伴うスーパーゴールデンウィークがやってきた。全部休めるというわけでもないのだが、とりあえず平成最後の竿納めということで長野入り。なぜかゴールデンウィークに入ったとたん寒くなり、目指す川に着いた時には車の気温計はマイナス2℃。水温は、3℃。釣れるのか?低気温+低水温+渇水という三重苦。ガイドも凍る。最初の1匹が釣れたところで、焚火タイムに突入。半分凍っているコゴミも摘んで、ラーメンの具にした。最近、気に入っている棒ラーメンの熊本ラーメン味。焦しニンニク油が効いていて美味い。食べているうちに陽が差してきて、ラーメンとの相乗効果で体が温まってきた。さすがに標高を上げ過ぎたので、車で下流域へ移動。だが、これがよくなかった。すでにどこも人だらけ。大丈夫そうなところに入渓したら、足跡がついていたり、山菜を摘んだあとが...平成最後の釣り

  • 無欲の勝利

    カミさんから「今年のタラノメはまだ?」とせがまれたので、飲み会の席では酒を控え、寝不足の重い頭を抱えつつ、山菜採り釣行へと繰り出した。今週末は仕事もたまっていたので、粛々とデスクワークに打ち込む予定であったが、気晴らしに朝だけ時間をつくった。山間の街道沿いでは、ソメイヨシノはすでに散り始め、代わって枝垂桜が満開を迎えていた。あまりに見事だったので、車から降りてしばし撮影タイム。釣りの前にまずタラノメ採り。秘密のポイントに向かう。先週、すでに食べごろ一歩手前だったので、案の定、時すでに遅し。よさそうなものは数日前に摘まれてしまっていた。自分にとって秘密のポイントは、他人の秘密のポイントでもあるということか。何か所か回っているうちに、それなりに数は採れた。その中でも、これは上物の部類。タラノメが採れたら、つぎはコゴ...無欲の勝利

  • いつの間にか春になった

    衝撃の人事異動から三年が経った。早いものである。よく病気にならず、持ちこたえたものだ。今年は3月中旬ごろから異動の気配を感じ、それから怒涛の残務処理と引き継ぎ多数、そして新天地での目の回るような忙しさの日々がやってきた。異動にあたっては、お世話になっている多くの方々からお祝いの花をいただき、家族も祝ってくれた。健康に気をつけて、これからますます頑張らないと。山にも釣りにも行けず、あっという間に1ヶ月が経ってしまった。お花見には行けなかったけど、満開の桜を見かけるたびに機種変したばかりのスマホで撮影して気持ちを和ませる。あっという間に春本番になってしまった。昨日は、お昼頃に時間が出来たので、ちょっとだけロッドを振ってきた。ハイプレッシャーのホームにおける昼出陣は、イコールぼうず覚悟みたいなもんだが、かろうじて1匹...いつの間にか春になった

カテゴリー一覧
商用