searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

山宗さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

競馬では、馬の潜在能力だけでなく、コース&展開に対する適性を把握することが非常に重要です。 それらを総合的に判断できるのがラップタイム分析。そして(未知のものも含めて)適性を補完的に判断できるのが、レース映像から分かる走法&パドック映像から分かる馬体構造ということになります。 このブログではそれらを踏まえた予想とレースの回顧を中心に書いています。

ブログタイトル
Horse Race Blog(競馬ブログ)
ブログURL
https://www.horseraceblog.net/
ブログ紹介文
ラップタイム分析と、レース&パドック映像から馬の能力と適性を総合的に判断するスタイル。予想&回顧。
更新頻度(1年)

328回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2008/05/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山宗さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山宗さん
ブログタイトル
Horse Race Blog(競馬ブログ)
更新頻度
328回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
Horse Race Blog(競馬ブログ)

山宗さんの新着記事

1件〜30件

  • 目黒記念展望(ラップ傾向&予想)2020

    目黒記念2020の展望。ラップタイムから見える傾向:道中高い水準の流れから→早い段階で脚を使い切る展開。高い持久力が問われる。予想◎オセアグレイト

  • 日本ダービー展望(予想)2020

    日本ダービー2020の予想。◎コントレイル:皐月賞は、レースの展開自体は道中で一旦落ち着いた形だが、1頭が飛ばしての縦長の隊列で、緩んだ区間で詰めた後続には、実質高い水準での追走になった。その中でこの馬自身も、道中で厳しいラップを踏みつつ、コーナーで外から捲り気味に進出して→しっかりと末を伸ばしての勝利。

  • 葵ステークス展望(ラップ傾向&予想)2020

    葵S2020の展望。ラップタイムから見える傾向:前半である程度脚を使いつつ→上がりもあまり落ちない展開。一定の持久力&持続力が問われる。予想◎グリンデルヴァルト

  • 日本ダービー展望(ラップ傾向)2020

    日本ダービー2020の展望。ラップタイムから見える傾向:道中高い水準の流れから→しっかりと加速する展開。高い持久力が問われる。切れ&末脚の持続力が必要。

  • オークス回顧(ラップ分析)2020

    オークス2020の回顧。ラップタイム:平均的な入り方から、一旦溜めつつ→後半大きく加速する展開。一定の持久力&切れが問われた。デアリングタクト、ウインマリリンの詳細&次戦に向けての考察。

  • 平安ステークス回顧(ラップ分析)2020

    平安S2020の回顧。ラップタイム:前半は平均弱、道中フラットな形から→勝負所でしっかり加速する展開。一定の持久力は問われた。切れ&持続力をバランス良く備えていることが重要になった。オメガパフュームの詳細&次戦に向けての考察。

  • オークス展望(予想)2020

    オークス2020の予想。◎デアリングタクト:今年は桜花賞がかなり特殊な展開になったので、まずはそれがつながるのか?となるのだが、この馬にはエルフィンSの超のつくハイパフォーマンスがある。その内容は例年の桜花賞と比べても全く遜色なく、…と言うか、むしろ上回っている年も普通にあるくらいで、ここへの裏付けとしては、もうそれだけで十分。

  • 平安ステークス展望(ラップ傾向&予想)2020

    平安S2020の展望。ラップタイムから見える傾向:前半引っ張られて、一旦溜めつつ→長い脚を使う展開が基本。(近年は道中が締まった展開も増えている)持久力&持続力が問われる。予想◎ゴールドドリーム

  • オークス展望(ラップ傾向)2020

    オークス2020の展望。ラップタイムから見える傾向:前半ある程度速く、道中も高い水準から→しっかりと加速する展開。高い持久力が問われる。切れ&末脚の持続力が必要。

  • ヴィクトリアマイル回顧(ラップ分析)2020

    ヴィクトリアマイル2020の回顧。ラップタイム:まずまずの入り方から→特に後半が締まった展開。高いスピード持続力が問われた。アーモンドアイ、サウンドキアラ、ノームコアの詳細&次戦に向けての考察。

  • 京王杯スプリングカップ回顧(ラップ分析)2020

    京王杯SC2020の回顧。ラップタイム:ゆったりとした流れからの→上がり勝負。切れが問われた。ダノンスマッシュ、ラヴィングアンサーの詳細&次戦に向けての考察。

  • ヴィクトリアマイル展望(予想)2020

    ヴィクトリアマイル2020の予想。◎アーモンドアイ:切れはもちろん、ここで問われる持続力の部分でも、キセキやアエロリットが作った締まった展開をあっさりとこなしている馬。それらは内枠から→ロスのない競馬ではあったが、ここへの裏付けとしては十二分にお釣りがくる扱い。

  • 京王杯スプリングカップ展望(ラップ傾向&予想)2020

    京王杯SC2020の展望。ラップタイムから見える傾向:一貫した流れの中で、多少の緩急がつく展開になる。一定の持続力&勝負所での切れが問われる。予想◎ストーミーシー

  • ヴィクトリアマイル展望(ラップ傾向)2020

    ヴィクトリアマイル2020の展望。ラップタイムから見える傾向:基本は溜め→加速という展開だが、あまり大きな緩急はつかない。マイラーとしての資質(スピード&持続力)が問われる。一定の切れは必要。

  • NHKマイルカップ回顧(ラップ分析)2020

    NHKマイルC2020の回顧。ラップタイム:スタートはある程度速く、そこから大きく緩急がついた展開。一定の持久力&切れが問われた。内先行優勢。ラウダシオン、レシステンシアの詳細&次戦に向けての考察。

  • 新潟大賞典回顧(ラップ分析)2020

    新潟大賞典2020の回顧。ラップタイム:スタートはやや速く、道中一旦溜めての→早仕掛けという展開。一定の持久力&持続力(&惰性力)が問われた。トーセンスーリヤ、アトミックフォースの詳細&次戦に向けての考察。

  • 京都新聞杯回顧(ラップ分析)2020

    京都新聞杯2020の回顧。ラップタイム:前半しっかりと引っ張られる形から→後半は(実質)長い脚を使う展開。高い持久力&持続力が問われた。ディープボンド、マンオブスピリットの詳細&次戦に向けての考察。

  • 新潟大賞典展望(ラップ傾向&予想)2020

    新潟大賞典2020の展望。ラップタイムから見える傾向:ミドルペースから、一旦溜めて→大きく加速する展開。切れ&末脚の持続力が問われる。一定の持久力は必要。予想◎ドゥオーモ

  • NHKマイルカップ展望(予想)2020

    NHKマイルC2020の予想。◎サクセッション:前々走は、前半から引っ張られる展開の中で、かなり積極的な仕掛けをしつつ→直線も押し通しての完勝。単純にそのパフォーマンスは高い。

  • 京都新聞杯展望(ラップ傾向&予想)2020

    京都新聞杯2020の展望。ラップタイムから見える傾向:ある程度引っ張られつつ、一旦溜めて→上がりは長い脚を使う展開。一定の持久力&末脚の持続力が問われる。予想◎アドマイヤビルゴ

  • NHKマイルカップ展望(ラップ傾向)2020

    NHKマイルC2020の展望。ラップタイムから見える傾向:前半ある程度流れて、一旦落ち着きつつ→加速する展開。一定の持久力は問われる。切れ&持続力をバランス良く備えている必要がある。

  • 天皇賞(春)回顧(ラップ分析)2020

    天皇賞(春)2020の回顧。ラップタイム:落ち着いた入り方から、(実質)道中~上がりで長い脚を使う展開。高い持続力&持久力が問われた。フィエールマン、スティッフェリオ、ミッキースワローの詳細&次戦に向けての考察。

  • 青葉賞回顧(ラップ分析)2020

    青葉賞2020の回顧。ラップタイム:やや速い入り方から、一旦落ち着いての→ロングスパートという展開。一定の持久力&高い持続力が問われた。オーソリティ、ヴァルコスの詳細&次戦に向けての考察。

  • 天皇賞(春)展望(予想)2020

    天皇賞(春)2020の予想。◎ユーキャンスマイル:昨秋のG1ではあと1つ結果を出し切れなかったものの、夏以降は(数字上でもはっきりと)パフォーマンスを上げてきていて、単純に地力の部分で考えれば、昨年5着からの前進は十分に考えられる。

  • 青葉賞展望(ラップ傾向&予想)2020

    青葉賞2020の展望。ラップタイムから見える傾向:ある程度引っ張られつつ、一旦溜めて→後半しっかりと加速する展開。切れ&末脚の持続力が問われる。予想◎オーソリティ

  • 天皇賞(春)展望(ラップ傾向)2020

    天皇賞(春)2020の展望。ラップタイムから見える傾向:この距離としては高い水準の流れから→上がりで長い脚を使う展開。高い持久力&末脚の持続力が問われる。

  • マイラーズカップ回顧(ラップ分析)2020

    マイラーズC2020の回顧。ラップタイム:落ち着いた入り方から、後半は長い脚を使う中でもう1段加速する展開。切れ&末の持続力が問われた。インディチャンプの詳細&次戦に向けての考察。

  • フローラステークス回顧(ラップ分析)2020

    フローラS2020の回顧。ラップタイム:前半~道中がかなり速い流れからの、溜め→加速という展開。高い持久力(&切れ)が問われた。ウインマリリン、ホウオウピースフル、フアナの詳細&次戦に向けての考察。

  • 福島牝馬ステークス回顧(ラップ分析)2020

    福島牝馬S2020の回顧。ラップタイム:前半ある程度引っ張られつつ、後半は長い脚を使う展開。一定の持久力&末脚の持続力が問われた。フェアリーポルカ、ランドネ、カリビアンゴールドの詳細&次戦に向けての考察。

  • フローラステークス展望(ラップ傾向&予想)2020

    フローラS2020の展望。ラップタイムから見える傾向:ある程度引っ張られつつ、一旦溜めて→しっかりと加速する展開。切れ&トップスピードの持続力が問われる。予想◎スカイグルーヴ

カテゴリー一覧
商用