高橋和夫の国際政治ブログ
住所
出身
ハンドル名
高橋和夫さん
ブログタイトル
高橋和夫の国際政治ブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/t-kazuo
ブログ紹介文
高橋和夫(国際政治学者、放送大学教授)のブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

65回 / 271日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2008/05/07

高橋和夫さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,543サイト
国際政治・外交 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 276サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 86,473位 72,298位 72,528位 72,731位 89,619位 89,644位 72,935位 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 418位 332位 337位 335位 435位 444位 346位 4,543サイト
国際政治・外交 33位 25位 26位 27位 32位 30位 23位 276サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,543サイト
国際政治・外交 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 276サイト

高橋和夫さんのブログ記事

1件〜30件

  • 「2019年度アフガニスタン研究会定例総会」のご案内

     前田耕作(アフガニスタン文化研究所所長)「アフガニスタン事情雑感」柴田和重(アフガンネットワーク幹事)「膨らむ和平への期待と不安」村山和之(中央大学兼任講師…

  • イエメン・フーシ派によるドローン攻撃とその運用について

    重要かつ優れた論考ですので、著者の許しを得てブログにアップさせていただきます。ドローンとイエメンに興味のある方には必読の文献かと判断しています。-------…

  • バーニー・サンダース上院議員の選挙区

    次のアメリカの大統領選挙は、まだ1年以上も先である。だが、すでに民主党の候補者指名を求めての討論会が始まっている。ちなみに共和党には現職のドナルド・トランプが…

  • 講演会のご案内-9/1(日)『冷戦期のアメリカの中東政策』

    東京文京 『冷戦期のアメリカの中東政策』~高橋和夫が、ピアニストの山白恭二氏とコラボで奏でるジャズ風の国際政治~【参加無料】日時:2019年9月1日(日)14…

  • コンサートのご案内-8/25(日)

    コンサートのご案内です。------------サントゥールの澄みわたった音の綾と、素朴な動きから多彩な音色を繰り出すトンバク・ダフのそれは、まるで清冽な川の…

  • 書籍出版のご案内『イランvsトランプ』

    トランプ大統領がイランを目の敵にする理由とは――2019年に入り、イランとアメリカの関係はますます緊迫し、これに伴い6月に行われた安倍首相のイラン訪問も成功と…

  • ラジオ出演のご案内-8/30、9/11

    8月30(金)午前7時20分頃NHKラジオ、「三宅民夫の真剣勝負」 9月11日(水)午前9時過ぎTBSラジオ、「伊集院光とらじおと」

  • アメリカで頂点に立つ"エリート”高校(2)

    校長先生に理由を尋ねた。ジョディ・コーエン先生という女性だった。コーエンというのは典型的なユダヤ系の名前である。そもそも古代においてはユダヤ教の神官層の名前で…

  • アメリカで頂点に立つ"エリート”高校(1)

    6月26日と27日にマイアミで開催された討論会に注目が集まった。民主党の2020年の大統領候補者の指名を求める候補者間の討論会だった。24人の立候補者の内の2…

  • 緊急座談会―中東・ホルムズ海峡の有志連合

    「緊急座談会―中東・ホルムズ海峡の有志連合」1.日時:令和1年8月9日(金)10:30-12:002.場所:日本国際問題研究所 大会議室  (所在地:〒100…

  • ネットテレビ出演の案内-8月2日(金)

    IWJ8月2日(金)18:30~19:30「イラン・アメリカ危機(仮題)」

  • 緊急座談会のご案内(一般公開)

    【一般公開】緊急座談会「ペルシャ湾における有志連合」(仮題) 日時:8月9日(金)午前10時半~12時パネリスト:高橋和夫 他主催:国際問題研究所詳細未定

  • 中東を読む/イラクの憂鬱

    米国とイランの間で苦労しているのは、日本ばかりではない。イラクも、そうである。フセイン独裁を倒した米国のイラクでの影響力の強さは説明を要しない。隣国のイランも…

  • 奇跡の救出劇がもたらしたもの

    ※10月4日(金)TOHOシネマズ シャンテで公開される映画『エンテベ空港の7日間』の解説を書きました。---------1976年のエンテベの救出劇は、19…

  • イチローと対テロ戦争(6)

    [B チーム]トランプのDNA は孤立主義的であり,対外軍事関与の縮小を指し示している。この終わりなき戦争というホテルを離れたいのである。ところが,その周囲に…

  • ラジオ出演のご案内-8月7日(水)

    8月7日(水)午前9時頃TBS『伊集院光とらじおと』

  • テレビ出演のご案内-8月13日(火)

    BS11「報道ライブ」8月13日(火) 21時~21時55分(生放送)「報道ライブ」岩田公雄MC テーマ内容:『イラン&アメリカ 攻防の舞台裏~イラン革命防衛…

  • 講演会のご案内-12月12日(木)

    「イラン・アメリカ危機と"サイバー戦争"」(仮題)日時:12月12日(木)午後講演者:高橋和夫、小沢知裕主催:先端技術安全保障研究所会場:永田町の星陵会館参加…

  • 講演会のご案内-8月18日

    第17回 日本・イスラエル・パレスチナ学生会議 シンポジウム若者が創造する未来-イスラエル・パレスチナの学生間対話が秘める可能性とその向こう側-演題:「トラン…

  • イチローと対テロ戦争(5)

    [新しい「オバマ」]トランプのアメリカ・ファーストも,このリンドバーグやブキャナンの主張と同根である。別の視点から見ると,スタイルこそ違えトランプは,オバマの…

  • イチローと対テロ戦争(4)

    [早過ぎた「トランプ」]次にアメリカ・ファーストを唱えたのが,パット・ブキャナンである。保守派の論客でレーガン大統領のスピーチ・ライターなどを務めた人物である…

  • イチローと対テロ戦争(3)

    [リンドバーグ]最初にアメリカ・ファーストという言葉を使ったのは,1940年から1941年にかけて存在したアメリカ・ファースト委員会である。この委員会の目的は…

  • イチローと対テロ戦争(2)

    [三度目の「アメリカ・ファースト」]さて,振り返って見ると,トランプは「アメリカ・ファースト」というスローガンを掲げて2016年の大統領選挙での勝者となった。…

  • イチローと対テロ戦争(1)

    「好きな時にチェックアウトはできるが,ホテルを離れてはならない!」イーグルスのヒット曲『ホテル・カリフォルニア』[19回目のシーズン]もちろんイチローと米国の…

  • 戦争は望まぬ両者

    イランで反米感情が強いのは「期待していたのに裏切られた」との思いがあるためだ。19世紀にロシアと英国に虐げられ、ドイツに接近したが第二次世界大戦でひどい目にあ…

  • トランプとBチーム

    トランプは孤立主義的であり、対外軍事関与を嫌っている。この人物の2016年の大統領選挙のスローガンは「アメリカ・ファースト」であった。その意味は米国の国益が最…

  • テレビ出演の御案内

    6月14日(金)午後8時~9時55分BSフジ『プライム・ニュース』6月15日(土)午前9時半~11時半大阪ABCテレビ『正義のミカタ』6月15日(土)午後8時…

  • ラジオ出演の御案内

    6月12日(水)午前7時台FM東京6月12日(水)午前9時TBSラジオ『伊集院光とらじおと』7月9日(火)午前7時20分~40分付近NHKラジオ『三宅民夫の真…

  • 講演会の御案内

    6月13日(木)正午~午後2時内外情勢調査会清水支部『トランプと中東』6月26日(水)午後2時~3時日本アラブ協会、『激動の中東情勢』

  • サウジアラビアの皇太子の再来日

    「あの皇太子は、いいひとだと思っていたのに、酷い方だったのですね。」テレビのワイドショーのディレクターから、そう言われた時にはびっくりした。昨年秋のことである…