プロフィールPROFILE

cyu2さんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

楽しいことも辛いことも何の変化もないこともある毎日だけど、できることなら自分のココロとカラダがよろこぶような、やさしい日々を送りたい・・・ そんな日々のコトを綴っています。 都内より電車やバスを使って、夫婦で山に出かけています。 体力も知識も経験もないまま・・・温泉とビール目指してGO。

ブログタイトル
カラダよろこぶろぐ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/cyu2xxx
ブログ紹介文
山歩きでココロとカラダを丸洗い
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2008/04/30

cyu2さんのプロフィール
読者になる

cyu2さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 24,429位 20,597位 20,554位 20,594位 22,717位 25,634位 28,183位 980,071サイト
INポイント 0 0 0 10 20 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 0 10 60 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,180位 2,101位 2,085位 2,078位 2,162位 2,235位 2,340位 43,459サイト
国内旅行 144位 138位 139位 140位 149位 159位 166位 3,610サイト
アウトドアブログ 353位 290位 292位 292位 323位 369位 411位 11,945サイト
登山 64位 52位 53位 53位 61位 68位 74位 2,300サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,554位 33,124位 34,343位 34,317位 35,955位 34,705位 36,178位 980,071サイト
INポイント 0 0 0 10 20 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 0 10 60 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,025位 2,946位 2,988位 2,981位 3,114位 3,041位 3,168位 43,459サイト
国内旅行 196位 178位 178位 176位 190位 176位 187位 3,610サイト
アウトドアブログ 621位 574位 598位 601位 642位 613位 643位 11,945サイト
登山 73位 68位 67位 69位 78位 73位 79位 2,300サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,071サイト
INポイント 0 0 0 10 20 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 0 10 60 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,459サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,610サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,945サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,300サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、cyu2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
cyu2さん
ブログタイトル
カラダよろこぶろぐ
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
カラダよろこぶろぐ

cyu2さんの新着記事

1件〜30件

  • 景信山へ

    2019.11.30(土)奥高尾の景信山へずっと暖かかった今年の冬、やっとこんな風景が見れるようになりましたね金曜日は前日降った雨の後冷え込んだので、丹沢では初冠雪霧氷が見れたそうで羨ましい!あと一日ずれていたらなぁ・・・なんて思いつつ高尾駅からいつものエリアへ小仏行きのバスは長蛇の列、二台目に乗り小仏バス停へ日影沢のルートが台風の影響で通行止めのせいなのか、こちらから登る人が多くて列を作って進みますこんな混んでるのはじめてかも今日は涼しいから(寒いから?)足取りも軽くぐんぐん進んで景信山到着久しぶりの青木さんちはわんちゃんが4匹みんなお初にお目にかかります・・・っていつぶり?今日のミッションは景信茶屋の青木さんに水を届けることでした10月の台風被害で荷揚げの道が寸断されてしまったので青木さんが歩荷してるとのt...景信山へ

  • 紅葉の三頭山

    2019.11.9(土)今年はまだまともに紅葉の山へ行ってない早くいかないと散っちゃうかも!と慌てて奥多摩へ--------------------上野原駅から鶴峠行きのバスは2台出て満席富士急山梨バスの長田さんは今日も元気に案内中久しぶりにお会い出来て嬉しかった今日の天気予報は「快晴」なのに、駅に着いたらどんより曇り空鶴峠に着く頃には晴れてくるかな?なんて思っていたけど更に雲行きが怪しい・・・バスで一緒だった殆どの人は奈良倉山方面へどっちにしようか?迷ったのですが、やっぱり初志貫徹で三頭山へ登山口からしばらくはまだ緑の森でしたもうこんなに葉っぱが落ちてる・・・来るのが遅かったかな、やっぱり奈良倉山がよかったのかな?雲行きも怪しいし、大丈夫かなぁ・・・と思いながら登っていくと、グリーンからイエロー、オレンジそし...紅葉の三頭山

  • 初冬の燕岳

    2019.11.2(土)~3(日)燕岳へ秋の恒例、小屋閉め前の北アルプス今年は燕岳に行こう!と決めて夜行バスも電車も早々予約していたものの、台風被害で中央道も中央本線も走れなくなり、無理かなぁ、と諦めかけていたけど10/28から中央本線が開通との事で無事に行くことが出来ました----------------------------------------中房温泉へのバスも2019年の運行はこの連休が最終いつもの中房登山口から登り始めます紅葉は終わってしまったものの、黄金色のカラマツがキラキラ輝く登山道この時期は登山者も少なく、静かな山歩きが楽しめるのでお気に入りの時期ぞろぞろと登山者の列のない道は歩きやすく・・・合戦小屋に着いてももうスイカもないし、この時期だから閑散として・・・登山客でいっぱいやないかーい!三...初冬の燕岳

  • 秋の花探し

    2019.10.26(土)雨が上がった週末、ようやく山へ今年こそ、と会いたいお花があったのだけど台風後の被害で電車バス派は身動きが取れなかった2週間目指していたお山は被害のなかったエリアなので作業のお邪魔にはならないだろうと出かけましたトリカブト・セイタカアワダチソウ・咲き残りのナデシコ久しぶりの山の空気はやっぱり美味しいなぁ花の終わったクサボタンと今が盛りのリンドウウツボグサとヤマラッキョウ三姉妹とお馴染みさんには会えるけど、探している花が見当たらない私はまだ一度もお目にかかったことのない花だから、見つけられないのかな?それともやっぱり遅かったかな・・・と思っていたら!会えました会えて良かったーー間に合ったーーーーー初めてお目にかかる紫色の星想像していたよりずっと背高のっぽさんよく中を覗けば白いおひげも生えて...秋の花探し

  • 台風が過ぎ去って

    台風19号が過ぎ去って13日の日曜日、東京は台風一過の青空が広がりました。ですが予想通り、一夜明けると甚大な被害の様子が明らかになり行ったことのある場所の土砂崩れや浸水被害をみていると途方に暮れてしまうような状況で胸が痛くなります。古い我が家も家屋に若干の被害はありましたが、生活に困ることはなさそうです。(これから修理の手配をするところですが)台風当日から母のいる施設では泊まり込みでお世話してくださる介護士さんや看護師さん、台風発生から復旧作業まで、人命救助やインフラ整備にあたる方々には本当に頭が下がります。こんな状況ですから、青空が広がっても山に行こう、なんて思いはおきません。外に出て、事故でも起こそうものなら大迷惑ですからね、また落ち着いたら、歩きに行きましょう。というわけで私たちは元気にしております。この...台風が過ぎ去って

  • あおぞら大菩薩

    2019.10.5(土)山梨県の大菩薩峠へ(熊沢山へ)あちこちですばらしい紅葉の便りを目にするので、よし、行くぞ!と計画はしたものの、行きたいエリアの天気予報がイマイチ交通費かけて遠征するなら晴れじゃないとね・・・と未練たらたらしつつ諦めて近場の大菩薩へこの土曜日の天気予報は季節外れの気温30度30度と言われたら、やっぱり涼しい山へ行きたい、と考えるのはみんな一緒なのか?甲斐大和駅から出る8:10発のバスは3台凄い人気ですね殆どの人が上日川峠まで行くところ、私たちは小屋平下車最初は笹の道をぐいぐい高度を上げて登り一旦林道を横切ると、ゆるやかな道へと変わるここのコガネイロの落葉松もきれいなんですけどね、秋はどこ?なくらい夏山風このルートの好きなところは静かなことと尾根に乗った途端、ぱーっと目の前が開けることこの日...あおぞら大菩薩

  • 秋休みは黒部へ・4

    雷鳥さん(o^^o)----------------------------「う、ううう、、腹!腹が痛い」うめき声の主はダンナだった「食べ過ぎた?出たら治るんじゃないの?トイレ行ったら?」「違う、出ない、そうじゃない、盲腸ってどっちだ?」「イマドキ盲腸って(笑)」最初はそんな軽い感じに思って、とりあえず整腸剤を飲ませたが左の背中脇を押えて、唸りながら寝たり起きたり額をさわればひんやり、冷や汗か?普段二日酔い以外、体調悪くすることなんてないダンナ様年も年だしこれはただ事じゃないかも・・・腎臓?膵臓?何か切れた?と思い始めた対処の方法を調べたくともここは携帯圏外どのみちこんな夜中に北アルプスの奥地で具合が悪くなってもどうすることもできないこの状況の中で私に出来ることはたったひとつ、”手当て”幸い、個室扱いで他に誰も...秋休みは黒部へ・4

  • 秋休みは黒部へ・3

    続きです黒部五郎岳山頂をあとにし、目指すは赤い屋根の小舎まずはカールへ降りて行きます私にとって黒部五郎岳の魅力はこのカール富山県側と、岐阜県側からの黒部五郎岳はまったく違う表情なんだものカールの底に着く近くに見えて案外遠いんですよね、小舎仰ぎ見るこの大伽藍には本当にうっとりさせられる夕方になるとこちら側は逆光になるから余計にその陰影が際立って夢中でシャッターを切るも、この雄大さはやっぱりカメラに納められない紅葉にはまだ少し早かったけど氷河でなめらかにされたロシュ・ムトンネ(羊群岩)やカール壁自然の作り出す芸術に今回も圧倒されつつ名残惜しいですが小舎へと地図のCTはかなり厳しいのは経験済みだけどやっぱり今回もまだかな、まだ見えない・・・お腹すいたなぁ・・・と、15:00ようやく今回の目的地へ前回、混雑がひどすぎて...秋休みは黒部へ・3

  • 秋休みは黒部へ・2

    二日目夜中に外を眺めたけど、星はほんの少しだけもし、あさって土曜日の天気が大荒れだったら、薬師岳だけ登って下山も考えていたけど朝の天気予報では土曜日は曇りと小雨、予定通り五郎へ向かって出発することにして右へ誰も歩いていない静かな稜線太郎山の向こう、遠くに見えているのは白山かなゆるやかに登り”北ノ俣岳”到着このピークからは百名山を10座見ることができるという後ろに白山、剱岳・薬師岳水晶岳・鷲羽岳・槍ヶ岳黒部五郎岳・笠ヶ岳・乗鞍岳・御嶽山で10座かしら?薄曇りだけどぐるりと名峰に囲まれて歩けるシアワセよ緩やかと言えどもそれなりにアップダウンがあるので、中俣乗越で今日も早めのエネルギー摂取太郎平小屋のお弁当はちまき3個とお茶(以前は4個だったw)私は行動中は食べれないからお弁当はひとつを分け合ってさーて、今日の最後の...秋休みは黒部へ・2

  • 秋休みは黒部へ・1

    2019.9.19(木)~9.22(日)北アルプス・黒部源流エリアへ恒例の秋の有給は同僚にちょっと無理をお願いしていつもの10月から9月にしてもらった今回の旅の目的は9月いっぱいしか営業していない黒部五郎小舎の美味しい山ごはんを頂くこと4年前にできなかったことがずっと心残りだったから東京駅朝一の北陸新幹線に乗り、富山駅まで地鉄を乗り継ぎ有峰口駅へ平日なので折立へのバスはない有峰口からタクシーで折立まで運んでもらいます前半の三連休はとても良い天気、でもこの好天が後半まで続くとは思えない・・・との私予測は残念ながら当たりで、木金は晴れ、土曜日から台風の影響もあり荒天の予報4日間のうち2日晴れならギリギリ大丈夫かな?と10:30、予定通り出発するも今日は一日快晴の予報だったはずなのにあら?折立はすっかりガスの中でテン...秋休みは黒部へ・1

  • 箱根ハイキング

    2019.9.15(日)箱根・明神ヶ岳へいつもならまだ気温が高い時期だけど、このところ涼しいので低山でも大丈夫かな?と箱根へいつものように最乗寺のルートを登りますが今回は明神ヶ岳ハイキングコースではなく、並行している初めてのコースへ最乗寺の奥ノ院への長い階段を登り、奥ノ院の左手から入りますもともとこちら側は人が少ないですが、こっちのルートは更に歩く人がいない時々藪、時々強い日差し、時々冷たい風に汗を冷やしてもらいながらこのコース、一か所も開けるところはなくただただ黙々と・・・前方に稜線が見えているのにストレートには行かせてもらえず、右に左に登らされ、まだ?まだ?という感じで稜線にのせてもらえない最後の30分の登りが今日一番つらかったところかなでもそのかわりにぽん、と稜線に乗れば金時山の後ろに飛び込んでくるはずの...箱根ハイキング

  • 夏の終わりの入笠山

    2019.8.31(土)8月最後の土曜日金曜日の朝の天気予報は週末どこもいまひとつどうしようかな、と思ったけど、18きっぷも残っているので雨でも楽しめそうな入笠山へ富士見駅10時のシャトルバスは満席ゴンドラに乗ってすぅーーっと上へこの日は風が強かったのですが、暑さにうんざりしている身にはかえってありがたいこの日の標高1700mは気温16度!涼しくて嬉しくて思わず深呼吸今日は車道歩きから始めましょ歩き始めると早速蝶々たちがあっちにもこっちにも鮮やかなのはクジャクチョウ?オレンジはヒョウモンチョウかな?山でときどき見かけてた白い風車みたいなのはクサボタンだったと知る木道をゆっくりスズラン自生地に降りて行きますこの辺りにはワレモコウやマツムシソウウメバチソウやツリガネニンジン、ツレサギソウ属・・(?)オミナエシ・サワ...夏の終わりの入笠山

  • 御岳山レンゲショウマ

    2019.8.24(日)この時期になると見たくなるレンゲショウマいつもの御岳山へこの日の朝はとても涼しくて、ケーブルで上まで行くと空気がヒンヤリつい10日ほど前は暑くて暑くてあんなに汗を流したことは過去にない、ってくらい汗かいたのにね富士峰園地のレンゲショウマ、今年は裏年かな?見ごろと書いてあったけどもう終わりかけだったり花数も少なくて・・・ぽつん、ぽつんでも会えて良かったこの涼しげで薄紫の絹の衣をまとったような姿がなんとも上品で、好きな花夏の終わりを感じさせてくれてありがとう時間がないので日の出山は眺めるだけ数年前に葺き替え作業をしていた藁葺屋根はもうすっかりいい色合いになってた帰り道、咲き残りのイワタバコ2019年の夏もあっという間に過ぎていく【行程】新宿→ホリデー快速→御嶽行き:ケーブル利用帰りは徒歩今日...御岳山レンゲショウマ

  • 飯豊アクセス編

    2019.8月の飯豊山へのinoutを記しておきます(毎度ダラダラ長いです、すいません)【in】新宿→大宮10:14(新幹線つばさ)→米沢11:55/12:16(米坂線坂町行き)→手ノ子13:15宿の送迎”いいで白川荘”大日杉登山口のある山形県側に行くには前泊しないと無理な我が家ですが問題はそのひとつしかない手段のアクセス”米坂線”米沢駅始発が5:56、羽前椿6:42着羽前椿からはタクシーで約1時間これでは登山口に着くのが早くても8時になってしまう新潟県側から来ようとしても本数は変わらないから結果は同じ大日杉の避難小屋も前泊利用できるのだが、問題はゴミこの先3日間、ごみ持ったまま登るのがどうしても嫌だったのでなんとか近隣の宿に泊まりたい前泊の宿を羽前椿周辺で探すも、駅近は2施設しかなく既に満室個人の民宿をあたる...飯豊アクセス編

  • イイデリンドウに会いたくて・その2

    続きです2019.8.12(月)いよいよ憧れのイイデリンドウを目指しますこの日の天気予報は曇り稜線歩きの日に曇りってちょっとなぁ~だけど、暑さにめっぽう弱い私にとっては好都合でもある、雨が降っていないだけ良しなのだ大日岳をピストンする人たちは4時頃出て行った私は本山と、行けたらちょっとその先までなのでゆっくり出発ガッスガスの中、今日もお花たちが迎えてくれたチングルマリンドウ・イワイチョウ・ヨツバシオガマ・ウメバチソウ・アカモノミヤマクルマバナコバイケイソウ・オヤマノエンドウ・アオノツガザクラコキンレイカ・ミヤマシャジン・ミヤマコゴメグ・ヤマハハコなどなどでもなんとなくみんな終わりかけのようで・・・急な暑さでお花たちもやられちゃったかな?涼しいのは良いけれど、何も見えないもなぁ・・・と思いながら休んでいたら、ガス...イイデリンドウに会いたくて・その2

  • イイデリンドウに会いたくて・その1

    2019.8.11(日)~8.13(火)昨年のリベンジ、ふたたび飯豊山へ昨年雨で三国岳までしか行けなかった私悔しさと気力のまだあるうちに登っておきたい、今年こそは、と決めていたがまたしても台風接近、もう諦めて代替え案に変更しようと思った出発前日の朝天気予報は急展開!てんくらCの強風からAに変わった予報を信じていくしかない予定通り前泊の山形県側へ移動し、翌朝宿の送迎で大日杉登山口へ駐車場は溢れて路駐もあるほどの混雑昨年の失敗を踏まえ、今年はダイレクトに切合小屋を目指すつもりでこのルートを選んだメジロアブが発生しているとのことで宿の方にも相当言われたけどこの朝は空気が冷たく、心配していた虫に会うこともなくスタートできた(御沢野営場は虫がすごかったとの事、稜線で会った青年たちは足に数十か所の刺され跡が痛々しかった)歩...イイデリンドウに会いたくて・その1

  • 那須岳ハイキング

    2019.8.3(土)栃木県の那須岳へ日帰りでさくっと行けそうな山はこの土曜日も天気予報が微妙・・・でも行かなければ何も始まらないと、ロープウエイでびゅっと標高を稼げる那須へこの日の那須町は雷注意報が発令されているので、遠くには行かないでください、というアナウンスを頻繁にしていました。観光地ですからね~下界よりはずっと涼しいですが、それでも湿度たっぷりたった30分ほどの登りでしっかり汗をかいて茶臼岳山頂の温度計は20度でしたお鉢を巡ってふと下に目をやると、峰の茶屋があんな下だったっけぐぐっと降りて、ひとやすみして朝日岳へ向かいます南月山方面よりは花が少ないですが、今年初めての花たちに励まされ・・・このふさふさに伸びたのはネバリノギラン??なんだか初めて見たような気がするこのあたりはミヤマシャジンがいっぱい赤茶け...那須岳ハイキング

  • 山域別【北アルプス・南アルプス】

    最終更新日2019.9.7【北アルプス周辺】2018.09立山・大日連山2018.08八方尾根2017.10大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳縦走2017.08薬師岳~高天原温泉~裏銀座縦走2016.10笠新道から笠ヶ岳~双六岳~小池新道2016.08白馬三山~朝日岳2015.10涸沢カール・蝶ヶ岳2015.09黒部五郎岳~鷲羽岳2014.10常念岳~蝶ヶ岳2014.09五竜岳~唐松岳縦走2014.09中の湯温泉から焼岳2014.07栂池・天狗原2013.11上高地・徳沢から長塀尾根~蝶ヶ岳~横尾2013.10前穂高岳~奥穂高岳(岳沢~涸沢)2013.08鹿島槍ヶ岳(扇沢~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳ピストン)2012.10折立~雲ノ平~水晶岳~双六岳~新穂高2012.08大雪渓から白馬岳~栂池2012.07乗鞍岳(畳平からピスト...山域別【北アルプス・南アルプス】

  • 青空久しぶり!

    2019.7.27(土)朝5時、東京は雨がザーザー降っていたけれど雨が止む予報を信じて埼玉県の”棒ノ嶺”へ------------------------------長すぎる梅雨、週末の度に雨散歩程度の山歩きからでもすでに1ヶ月経っていてちゃんとした山を歩いたのは5月下旬以降ナシ、こんな年は今までなかったかも~飯能駅に着くと朝の雨はすっかり上がり、登山口に着いたらこの空「青空、久しぶり!」と思わず声が出る。7月の下旬に低山を歩くことなんてここ数年、あまりなかった晴れ予報が外れて雨だと遠出はもったいないし、雨でも楽しめそうな近場・・・あ、そうだ、数年ぶりに”白谷沢”を歩いてみよう、と思いついた。調べてみたら前回歩いたのは10年前でした10年って・・・早い(汗)この日はまだ気温がそれほどでもなかったけど、なんといっ...青空久しぶり!

  • 雨の高尾

    2019.6.29(土)ガチガチコリコリ・・・もうこれ以上はムリーーーと、カラダが悲鳴を上げたので雨予報だったけど我慢しきれず家から最短で行ける山、高尾へ6月は山の花たちが輝きだす季節だというのに、毎週末、雨。その上、デスクワークで凝り固まって頭痛が酷い日々この悪循環から抜け出すにはこれしかないいつもは賑わう高尾も、雨の日の6:30にはさすがに人もいない小雨降る中、合羽を着て歩き始める薄暗い登山道を明るくしてくれるガクアジサイ雨の中、黙々と登って行くこんな日だからこそ感じるものもある雨音が聞こえないほどの、豊かに流れる沢の音野鳥たちの歌声土の上を歩く足裏の感触この感覚はやっぱり街では味わえない耳も目もカラダも喜んでる6号路最後の階段で3回も休んじゃった、ずいぶん体力落ちてるなー(笑)人もまばらな山頂で一息入れて...雨の高尾

  • シロヤシオin日光

    2019.6.8(土)毎年行ってみたいと思いつつ行けなかった奥日光のシロヤシオちょっと遅いかな、と思いながらもここで行かないとまた持ち越しになってしまうので、雨でも楽しめそうな”高山(たかやま)”へ浅草駅から始発に乗っても登山口に着くのが10時ちょっと前時折小雨が降る天気だったせいか、心配した渋滞もなく竜頭の滝BSへ歩き出しちょっと登り、すぐ平坦でふかふかな道になった先行するグループの後ろを進むと見上げた先に今年初めてのシロヤシオ大好きなシロヤシオツツジあなたはいつ見ても清楚で美しいですねシロヤシオは霧に煙った森にも似合う(ま、だいたいいつもだけど)この山には初めて来ましたが傘さしながらでも歩ける程度の緩やかさが○なにより人が少ないのが◎シロヤシオシーズンの丹沢の行列と比べたらウソみたいな静けさおまけにシャクナ...シロヤシオin日光

  • 八幡平、みたび

    続きです岩手山から下山し、目指した場所はここ、八幡平ここに来るのは三回目です一度目はダンナ様の実家に帰省途中寄ったけど雨&強風二度目は縦走の途中でくたびれてぼーっとしてた時今回は一度は実物を見てみたかった、ドラゴンアイを目的に来ましたこの時期に来れることもなかなかないのでチャンス!と思ったのですが結果はご覧のとおりまだ開眼前でした。。。このBlogを書いている6/4に開眼したらしい。゚(゚´ω`゚)゚。ピッタリの時期に出向いていくのはなかなか難しですね天気が良かったからか、八幡平の駐車場はほぼ埋まっていて観光客にも大人気な鏡池、こんな風にぞろぞろと歩いていきます5月下旬でもこんなに雪があるのがすごいメガネ沼観光の方はこのあたりまで行って終わり、という感じでしたが私たちはあの美しい湿原のある八幡沼まで行ってみます...八幡平、みたび

  • 岩手山、ふたたび 後編

    続きです夜中に避難小屋の窓から外を見たけど、曇って星は見えなかったみたい朝はキレイな日の出を拝むことができました今回もきれいで快適だった避難小屋にお礼を言って下山します(利用料一人@¥1700毛布5枚で¥1500)山で迎える朝はいつも清々しい今日も良い天気になりそうです下山の時はいつも思う”よくあんな重たいの背負って登ったもんだ”ってガレた登山道をぐんぐん降りていくと朝日に輝く花たちミネズオウ・大好きなチングルマ昨日より数が増えた気がするこんなゴツゴツした山に咲く、小さなミネザクラも愛らしいナガハシスミレかな?ムラサキヤシオが鮮やかシラネアオイも朝日を受けて昨日より輝いて見える登山道の奥の奥までびっしりとたくさん咲いていてくれてありがとう今日は土曜日なのでたくさんの人とすれ違います地元の方は何度も登るんでしょう...岩手山、ふたたび後編

  • 岩手山、ふたたび

    2019.5.24(金)~25(土)岩手山へだんなさまの故郷の山、岩手山ガスガスで何も見えなかった初めての岩手山から9年も経ちました今回、GW出勤だっただんな様が代休が1日もらえるというという事になり目指すは晴れの岩手山新路線の夜行バスで新宿から盛岡駅へIGRの滝沢駅からタクシーで前回と同じ”馬返し登山口”へ平日でも車は5台くらい止まっていて、登られている方がいるようです岩手山は日帰りでも登れる山ですが、この時間(7:50)からだと私にはちょっと厳しいので今日は8合目避難小屋に泊まります小屋の水場はまだ開通していないとのことで、ジャバジャバでている鬼又清水でそれぞれ水を3Kg担ぎます(そのほかにビール1kg)これがいきなり寝不足の身体にずしりチゴユリ・マイヅルソウハルゼミの合唱芽吹いたばかりの新緑の中をゆるゆる...岩手山、ふたたび

  • 絶景の飯縄山

    2019.5.5(日)赤倉温泉に泊まった翌日は、さてどこに登りましょうか青田南葉山の近くでアクセスがよくて登れそうな山を探してみても日本海エリアの山地図を持ってないのでいまひとつわからないそれに先週の恵那山で腸脛靭帯炎を再発させて膝を曲げられない状況になってしまい痛みは引いたけど長い時間の山歩きは自信がないそんな訳で短時間で歩ける、行ったことのないお山を探し・・・車窓からの3枚妙高高原駅付近からの妙高山車窓からの黒姫山車窓からの・・・今日登る山はこれかな?北信五岳のひとつ、飯縄山黒姫山に登りたかったけど、融雪も距離もありそうなのでこちらをチョイス直線で結べば妙高からすぐそばにあるはずの飯縄山ですが公共機関利用なら長野駅から戸隠行きのバスに乗らなければなりません一旦長野駅まで戻り、バスに乗換えるGWの渋滞の為、1...絶景の飯縄山

  • 春浅し、青田南葉山

    2019.5.4(土)上越市と妙高市にまたがる市民いこいの山青田南葉山へ春の花が美しいと教えて頂いていたので、一度は行ってみたかった山上越付近の情報が全く得られない私は今年は雪解けが遅いらしいからどうかなぁ?と思ったけれど、土日で気軽に行ける残雪の山もないので出かけてみることに上越妙高駅からタクシーで南葉高原キャンプ場へGWと好天のためか、キャンプ場はとても賑やか目の前の山が目指す山ですが、うーん、やはり残雪が目立ちますキャンプ場はGWから営業開始あの山登るの??とキャンパーや売店の方にちょっと不思議そうに見られながら木落し坂コースへタクシーの運転手さんにカタクリ見るの楽しみ、と言ったらやはり不思議そうにされたけどこれだけ無造作に咲いていれば興味がないのも理解できますね登山口から5分も行かないところから残雪が嫌...春浅し、青田南葉山

  • 恵那山と馬籠宿

    【恵那山麓編】恵那山登山編はこちらから中津川に宿泊するので、登山の後に是非寄ろうと思っていたのがこの”馬籠宿”天気の都合で登る前に立ち寄りましたここ”馬籠宿”は中山道のなかのひとつ日本橋を起点に四十三番目の宿場となります木曽十一宿の最南端、美濃側の入口として栄え石畳の坂道に肩を寄せ合うように並ぶ家並みが江戸時代の面影を今に残しています(馬籠宿パンフより)島崎藤村はこの地で生まれ幼少時代にあけくれ眺めた山が”恵那山”どんなふうに見つめていたのか恵那山に登るなら是非、ここからの姿を見てみたいと思ったのです石畳の坂道を上った先の展望台正面に恵那山”遠過ぎもせず近過ぎもしない位置からこんなに面白く眺められる山麓は、ちょっと他の里にない”藤村のこの一節はなるほど、と思いましたこの日は青空になったかと思えば真っ黒な雲が出て...恵那山と馬籠宿

  • 残雪の恵那山

    2019.4.28(日)美濃地方最高峰の恵那山へ(ふもとの町から望む恵那山)昨年の秋、側を通過した時に登りたいと思った山今回GWがなくなったおかげでチャンスが訪れ、岐阜県側から日帰りでチャレンジすることにしました予定では金曜の夜夜行バスで中津川に入り、その日のうちに登る予定でしたが寒気が流れ込み山は荒れ模様との天気予報の為一日遅らせました中津川駅の宿に前泊タクシーで恵那山ウェストン公園の奥の黒井沢登山口までおよそ40分すれ違うのも困難な細い林道の先に登山口はありました6:15、止まっていた車は一台だけGWなのに予想通り人がいない(笑)携帯の電波は届かないので、帰りのお迎え15時で約束し、登山届を書いて歩き始めますこの朝は寒くて木につららが。沢沿いのほぼ平坦な道を35分ほど歩くと小さな避難小屋ここから登りとなりま...残雪の恵那山

  • 高水三山・花日和

    2019.4.20(土)奥多摩の高水三山へ今年はまだ真面目にスミレに会いに行っていないのでこの時期スミレに会えそうな高水三山へ出かけました天気予報は快晴だったのに、軍畑駅に着く頃はどんより曇り空油断して合羽持ってきていなかったので少し不安にいつもの平溝ルートはしだれ桜が満開土手にはタツナミソウ、沢沿いにはニリンソウこの時期まで残っていたアリアケスミレ?出発が9時となってしまったせいか、この日は登山者がすごく多くて駅からずーっと列をなして登ることになったため途中でスミレを発見しても立ち止まることが出来ずさっと一枚・・・終わりかけのマルバスミレ・タチツボスミレ群生アカネスミレ?・ニョイスミレ木の陰からのぞいてた子は誰だったのかな?・真っ白なフモトスミレ・ニオイタチツボスミレエイザンスミレ・ナガバノスミレサイシン常福...高水三山・花日和

  • さくら・百段階段

    2019.4.13(土)目黒の雅叙園東京へ訪れたのはさくらをテーマとしたアートが集う企画展「春・さくら、咲くや」会場となる「百段階段」への入り口は、重厚感のある螺鈿のエレベータードアが閉まると時代へのタイムスリップが始まるこの「百段階段」は東京都指定有形文化財1935年に建てられた目黒雅叙園の3号館で、唯一現存する木造建築当時、晴れやかな宴が行われた7部屋をアートの展示に開放しており各部屋の天井や欄間に当時屈指の画家たちが創り上げた美の世界と現代の作家たちの美の世界が時代を越えて融合しています99段の長い階段は厚さ5センチのケヤキ板木枠の窓や壁も当時のまま、これだけの文化財に直に触れられるのはありがたい友人の水引工芸家・TOSHIさんの作品いつもながら指先で作り上げる水引の世界に引き込まれましたそのほかキルトや...さくら・百段階段

カテゴリー一覧
商用