chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
司祭
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2007/05/06

1件〜100件

  • ジェームス・ティソ「出血の病を患う女」

    ジェームス・ティソ(1836~1902)という画家は、多くのキリスト教絵画を残している。ジェームス・ティソ「出血の病を患う女」(米ブルックリン美術館所蔵)出血をわずらう女性が、イエスの服に触れさえすればとの思いでそうする場面である。出血は癒される。イエスは「あなたの信仰があなたを救った」と宣言した。ジェームス・ティソ「出血の病を患う女」

  • 統一協会関連企業「新世」、社長を含む7人を逮捕 2009年6月11日20時08分

    クリスチャントゥデイが、今クローズアップされ返している「新世事件」を報じていた。ちなみに一般紙はどこも報じていなかった。統一協会関連企業「新世」、社長を含む7人を逮捕2009年6月11日20時08分鑑定名目で不安をあおり、高額な印鑑を購入させたとして、警視庁公安部は11日、東京都渋谷区の印鑑販売会社「新世」社長の田中尚樹容疑者(51)と同社幹部の古沢潤一郎容疑者(40)、女性販売員5人の計7人を特定商取引法違反(威迫・困惑)の疑いで逮捕した。公安部は同社と世界基督教統一神霊協会(統一協会)の活動が密接な関係にあったとみており、同日午前には統一協会の渋谷教会などの関連施設も家宅捜索した。公安部によれば、同社は販売実績や顧客情報を統一協会側に報告していたとされており、全国霊感商法対策弁護士連絡会は、同社を統一...統一協会関連企業「新世」、社長を含む7人を逮捕2009年6月11日20時08分

  • ルカ福音書を読む(17)「信じなさい、そうすれば救われる」―2人の女性に起こった出来事― 臼田宣弘

    クリスチャントゥデイにコラム第17回を掲載していただきました。以下のURLでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/31259/20220803/read-gospel-of-luke-17.htmルカ福音書を読む(17)「信じなさい、そうすれば救われる」―2人の女性に起こった出来事―臼田宣弘

  • 日本福音教団聖都教会の牧師は統一協会信者である

    西荻窪にある日本福音教団聖都教会のS牧師は、統一協会信者である。S氏は、千葉大学原理研究会委員長をしていた人物で、その後日本聖書新学校に入学し、日本基督教団教職となった(その後教職籍を剥奪された?)。現在でも統一協会との関係を持っている。12のブログを読めば、S牧師が統一協会とかかわっていることは明白である。日本福音教団聖都教会の牧師は統一協会信者である

  • キム・ヨナさんの結婚相手コ・ウリムさんの歌声

    고우림-Stars[열린음악회/OpenConcert]20200301(포레스텔라)고우림KoWooRim-Nonpiuandrai(더이상날지못하리)고우림+뉴위즈덤하모니-별헤는밤[열린음악회/OpenConcert]20200301キム・ヨナさんの結婚相手コ・ウリムさんの歌声

  • 日韓共同記者会見

    日韓共同記者会見

  • コラム第15回

    コラム第15回を掲載していただきました。リンクでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/31202/20220720/read-gospel-of-luke-15.htmコラム第15回

  • ヤバい神

    本書は以下のような構成になっています。序論人間に挑みかかる旧約聖書の神第1章神は男性か第2章神は残忍か第3章神は好戦的な暴君か第4章独善的な神の前に人間は罪人に過ぎないのか第5章神は暴力と復讐(ふくしゅう)の神なのか第6章神は理解可能か結論旧約の神と新約の神序論では、「洪水による人間の滅ぼし」「イサク献供」「金の子牛を拝んだ者たちの殺害」など、神による残酷な話が取り上げられ、それらの記述がキリスト教の歴史の中でどのように見られてきたかが記されています。レーマー氏は、こうした神の残酷さは、バビロン捕囚前のイスラエルの王や民が神を礼拝せず、律法を守らなかったことに起因した、申命記史家による表現方法によるものであったとしています。さらに、ヤハウェという神の名を説明し、ヤハウェとイスラエルの民の出会いの歴史の中で...ヤバい神

  • 『文亨進二代王帰還歓迎勝利報告大会』in九州(edited)

    文亨進の講演を聞いてぞっとした。『文亨進二代王帰還歓迎勝利報告大会』in九州(edited)『文亨進二代王帰還歓迎勝利報告大会』in九州(edited)

  • 日日草

    日日草を植えた。上手く育ってほしい。日日草

  • 書評「ヤバい神ー不都合な記事による旧約聖書入門ー」

    クリスチャントゥデイに「ヤバい神ー不都合な記事による旧約聖書入門ー」を掲載していただきました。お読みいただければ幸いです。こちらからどうぞ↓【書評】『ヤバい神―不都合な記事による旧約聖書入門』書評「ヤバい神ー不都合な記事による旧約聖書入門ー」

  • ルカ福音書を読む(12)「例えで語られるイエス様」―そしてそれを行いなさい―

    連載コラム・ルカ福音書を読む第12回を掲載していただきました。お読みいただければ幸いです。以下のリンクでお読みください。https://www.christiantoday.co.jp/articles/31119/20220629/read-gospel-of-luke-12.htmルカ福音書を読む(12)「例えで語られるイエス様」―そしてそれを行いなさい―

  • 世界福音同盟(WEA)の報告

    リンクWEA&CommunionofChurchesinKoreaMeettoDiscussCloserCollaborationforMission,DedicateNewWEAOfficeJune8,2022Forthepasttwodays,WorldEvangelicalAlliance(WEA)SecretaryGeneralBishopDr.ThomasSchirrmachermetwithrepresentativesoftheCommunionofChurchesinKorea(CCIK),WEA’snationalmemberbodyinKorea,todiscussclosercooperationbetweentheKoreanChurchandtheglobalbodyofevan...世界福音同盟(WEA)の報告

  • コラム第11回

    コラム第11回を掲載していただきました。今回は、「愛敵の教え」「黄金律」などを取り上げています。リンクでお読みください。https://www.christiantoday.co.jp/articles/31097/20220622/read-gospel-of-luke-11.htmコラム第11回

  • WEA総主事、韓国教会連合の代表団と会談 ニューヨーク州北部に新事務所開設

    世界福音同盟(WEA)のトーマス・シルマッハー総主事は6、7の両日、米ニューヨーク州北部ドーバに開設した新事務所で、韓国教会連合(CCIK)の代表団と会談した。WEAの発表(英語)によると、CCIKの代表団は、初代代表会長のキム・ヨセフ牧師、現代表会長のソン・テソプ牧師、事務総長のチェ・グィス牧師のほか、複数の教団指導者らで構成され、両者は今後の協力関係強化を確認した。シルマッハー氏は、「韓国の教会は過去数十年間、世界宣教に多大な貢献をしてきたことで知られています。彼らは祈りのムーブメントを導き、世界のすべての地域に宣教師を送り出し、韓国人ディアスポラ(海外在住者)による大型教会がある国は多くあります」とコメント。CCIKは、教派・教団を超えて福音派に一致をもたらすという、WEAの設立以来の目的を共有して...WEA総主事、韓国教会連合の代表団と会談ニューヨーク州北部に新事務所開設

  • ルカ福音書を読む(8)「ナザレでの宣教」―イザヤ書の朗読を通して―

    コラム第8回を掲載していただきました。以下のリンクからお読み下さい。ルカ福音書を読む(8)「ナザレでの宣教」―イザヤ書の朗読を通して―ルカ福音書を読む(8)「ナザレでの宣教」―イザヤ書の朗読を通して―

  • ダイアンススープラ

    元気のなくなってきたパンジーに換えて、ダイアンススープラという花を植えた。ダイアンススープラ

  • ルカ福音書を読む(7)「荒れ野での悪魔の誘惑」―神の子ならやってみろ―

    コラム第7回を掲載していただきました。以下のリンクでお読み下さい。ルカ福音書を読む(7)「荒れ野での悪魔の誘惑」―神の子ならやってみろ―ルカ福音書を読む(7)「荒れ野での悪魔の誘惑」―神の子ならやってみろ―

  • ルカ福音書を読む(6)「わたしの父の家」―神殿の少年イエス様ー

    コラム・ルカ福音書を読むの第6回を掲載していただきました。以下のリンクで御覧下さい。ルカ福音書を読む(6)「わたしの父の家」―神殿の少年イエス様―ルカ福音書を読む(6)「わたしの父の家」―神殿の少年イエス様ー

  • ルカ福音書を読む(5)「シメオンとアンナ」―老預言者たちに差した希望の光―

    コラムルカ福音書を読むの第5回を掲載していただきました。リンクからお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30896/20220504/read-gospel-of-luke-5.htmルカ福音書を読む(5)「シメオンとアンナ」―老預言者たちに差した希望の光―

  • WEA’snationalmemberbodyinKorea,todiscussclosercooperationbetweentheKoreanChurchandtheglobalbodyofevangelicals.t

  • パンジーとペチュニア

    パンジーとペチュニアを並べて見られるのは今の季節だけである。パンジーは間もなく枯れれる。パンジーとペチュニア

  • ルカ福音書を読む(4)「アブラハムの子孫」ーその新約的意義ー

    コラム第4回を掲載していただきました。今回はマリアとザカリアと洗礼者ヨハネのお話から、アブラハムの子孫について取り上げています。リンクでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30868/20220427/read-gospel-of-luke-4.htmルカ福音書を読む(4)「アブラハムの子孫」ーその新約的意義ー

  • あまりにも変な夢

    あまりにも変な夢をみた。私がなぜか日本基督教団の全国の委員会の委員になっていた。で、そこで会議をしていたのだが、人が集まらず出席者は私を入れて4名。教団の委員会は通常10名程度なので出席者だけでの思惑で決議が出来る状態。そのうちの一人は教団議長であった。会議は午前と午後に分かれており、私は午前で帰ると言っていたようだ。午前中に某審議が終わった。議長の専制的発言に終始していたが、私はそれに反対していた。午前の話し合いが終わり、午後は別室での会議であったので、委員たちは館内を移動。するとそこで、議長が携帯電話をかけ、「今日は出席者が少ないので、私の思惑通りに話を進められる」と話していた。私は、委員会の委員長に「午前の審議の内容に対して私は反対の意思を示します」と言った。私が午前中で帰ると言っていたのは実はウソであっ...あまりにも変な夢

  • ジュリアン終わりそう

    ジュリアンが終わりそうだ。なので、隣りに同じ色のペチュニアを植えた。ジュリアン終わりそう

  • 国道駅の奇妙すぎる「西口」

    国道駅の奇妙すぎる「西口」国道駅の奇妙すぎる「西口」

  • 備忘録

    備忘録

  • ルカ福音書を読む1「やり直せます」ー私の考えるルカ福音書のテーマー

    今回よりルカ福音書のコラムを掲載していただきます。「やり直せます」という切り口で読んでいきます。リンクでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30780/20220406/read-gospel-of-luke-1.htmルカ福音書を読む1「やり直せます」ー私の考えるルカ福音書のテーマー

  • レンテンローズ

    この花はクリスマスローズだと思っていたら、レンテンローズと言うのだそうである。レントの時期に咲くので。レンテンローズ

  • かつや/魚粉香る辛出汁チキンカツ丼

    最近すっかりご無沙汰しているかつやさんだが、こののぼりが目に入り思わず入店。魚粉香る辛出汁チキンカツ丼を大盛りで注文。魚粉の香りが良いねえ。ピリ辛さも良し良し。ごちそうさまでした。かつや/魚粉香る辛出汁チキンカツ丼

  • 「コヘレトと新約聖書」第8回

    「コヘレトと新約聖書」の第8回を掲載していただきました。7章15~22節の「抗・勧善懲悪」とイエスの教えの共通性を見て見ました。リンクで御覧下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30727/20220323/ecclesiastes-and-new-testament-8.htm「コヘレトと新約聖書」第8回

  • 3月20日礼拝メッセージ

    聖書マルコによる福音書8勝27~33節題「あなたはメシアです」イエス様はフィリポ・カイザリヤというところに向かう途中で、お弟子さんたちに「人々は私のことを何者だと言っているか」と聞かれました。弟子たちは、「洗礼者ヨハネと言う人もいるし、エリヤと言う人もいるし、預言者の一人と言う人もいます」と答えました。洗礼者ヨハネもエリヤも預言者でしたから、人々はイエス様のことを預言者だと思っていたということです。預言者とは神の言葉を語る人ですが、あくまでも人間です。イエス様は「あなたがたは私を何者と言うのか」と聞き返しました。そうするとペトロが「あなたはメシアです」と答えました。メシアはキリストということであって、そこには神の子であるという意味が含まれています。イエス様は神の子キリストであるということです。これはキリスト教会...3月20日礼拝メッセージ

  • くしろザンギ

    スーパーの北海道物産展。くしろザンギというのがおいしそうだなあと思ったら、よく見たら模型であった。くしろザンギ

  • ジュリアン再び

    いっとき花が咲かなくなっていたジュリアンがまた花をつけ出した。ジュリアン再び

  • 【140年ぶり】知ってた!?女性の結婚年齢が16歳→18歳に引き上げ!

    【140年ぶり】知ってた!?女性の結婚年齢が16歳→18歳に引き上げ!【140年ぶり】知ってた!?女性の結婚年齢が16歳→18歳に引き上げ!

  • 「コヘレトと新約聖書」第7回

    「コヘレトと新約聖書」の第7回を掲載していただきました。コヘレト6.7章の「寿命の長短に関らずの等しさ」と、マタイによる福音書のぶどう園の労働者の譬えを比較しています。以下でお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30698/20220316/ecclesiastes-and-new-testament-7.htm「コヘレトと新約聖書」第7回

  • 20代に着ていたスーツを着られるようになった

    20代に着ていたスーツが着られなくなって20うん年。捨てるのももったいないので持っていたのだが、最近着られるようになった。20代に着ていたスーツを着られるようになった

  • 「コヘレトと新約聖書」第6回

    「コヘレトと新約聖書」の第6回を掲載していただきました。コヘレトがインクルージオ(囲い込み)において伝える「不幸と幸福」と、ルカによる福音書のイエスの説教意「幸いと不幸」の対比を行ってみました。以下から御覧下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30670/20220309/ecclesiastes-and-new-testament-6.htm「コヘレトと新約聖書」第6回

  • 会議でのお弁当

    会議でお弁当をいただいた。牛肉のたたきがおいしそう。なぜかそれが増えた。ご飯なども増えた。いや、うんめえかったあ。会議でのお弁当

  • クリスマスローズ

    1年ぶりにクリスマスローズが咲いた。クリスマスローズ

  • 2月27日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書5章17~26節題「その人たちの信仰を見て」イエス様はガリラヤで、教えを説いたり病気の人たちを癒しておられました。イエス様がおられるところには多くの人たちが集まっていました。ある家で教えていた時もたくさんの人たちが集まっていました。そこに歩けない中風の人を床に乗せたまま担いだ男の人たちが来ました。イエス様のところに連れて行きたいのですが、人が多くて連れて行けませんでした。それでこの人たちは屋根に上りイエス様の真上の瓦をはがして中風の人をつりおろしたのです。イエス様はつりおろした人たちの信仰を見て、しかし中風の人を癒すのではなく、中風の人に「あなたの罪は赦された」と言ったのです。これは中風の人がイエス様を信じる信仰を持ったことを意味します。しかし見ていた律法学者やファリサイ派の人々は「神のほか...2月27日礼拝メッセージ

  • 「コヘレトと新約聖書」第5回

    「コヘレトと新約聖書」の第5回を掲載していただきました。今回はコヘレト書5章の「くどくどした祈りの禁止」と山上の説教の「くどくどした祈りの禁止」の対比を行ってみました。以下のリンクでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30636/20220302/ecclesiastes-and-new-testament-5.htm「コヘレトと新約聖書」第5回

  • 2月27日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書5章1~11節題「人間をとる漁師に」ゲネサレト湖というのはガリラヤ湖の別名です。漁師のシモン(ペトロ)とヨハネとヤコブが一晩中ゲネサレト湖で漁をしていましたが、一匹も魚がとれませんでした。漁師たちが網を洗っているところにイエス様がやってきました。ペトロの舟にイエス様が乗って来て、岸から少し漕ぎ出すように頼みました。そこで岸に向って語りだしたのです。ペトロもそれを聞いていましたが、イエス様の教えを受けいれたものと思われます。イエス様が「沖に漕ぎ出して網を下し漁をしなさい」と言われると、一晩中の漁でも取れなかったのにもかかわらず実行します。そうすると二そうの舟がいっぱいになるほどに魚がとれました。イエス様に従うことによって「やり直す」ことが出来たのです。このあとペトロは、イエス様に「人間をとる漁...2月27日礼拝メッセージ

  • 2月20日礼拝メッセージ

    聖書ヨハネによる福音書12章35~36節前半題「光のうちに歩む」CSの先月のテーマは「新しい命」でした。新しい命というのは、人間の命に神様がさらに付け加えて下さる命です。それはイエス様が十字架で死なれたことによって与えられました。イエス様は十字架で死なれたことによって愛を示されました。ですから、「わたしがあなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい」というイエス様のいましめに従うことが、新しい命に生きるということです。新しい命に生きるということは、光のうちに歩むということと同じ意味です。イエス様は「わたしは世の光である」と言われました。つまり、イエス様のうちに歩むことが光のうちに歩むということです。イエス様は「光は今しばらくあなたがたの間にある」と言われました。これはイエス様が間もなく十字架に架かる...2月20日礼拝メッセージ

  • 2月13日礼拝説教要旨

    聖書ルカによる福音書4章16~30節題「良きおとずれ」イエス様はガリラヤのカファルナウムで病気の人をいやしたりした後、故郷のナザレで安息日(土曜日)に会堂に入られました。そこでイザヤ書61章1~2節を朗読されました。それは「貧しい人に良きおとずれを告げ知らせる」というものでした。イエス様はそこを朗読された後、「この聖書の言葉は今日実現した」と語られました。それは、イエス様によって実現したということです。イエス様は貧しい人たちと共におられた方なのです。ナザレの人たちは最初はイエス様の語る言葉を喜んで聞いていましたが、カファルナウムでのことを言い出すとイエス様に予告されます。自分たちの住むところからヒーローが出てほしいと思っているからでしょう。自分たちの土地に対する利を求めるのです。イエス様は、エリヤのサレプタのや...2月13日礼拝説教要旨

  • 「コヘレトと新約聖書」第2回

    3月末まで、毎週水曜日に「コヘレトと新約聖書」を掲載していただきます。今回はコヘレト書2章と、マタイによる福音書6章の山上の説教の「思い悩むなぺリコーぺ」の比較です。以下でお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30550/20220209/ecclesiastes-and-new-testament-2.htm「コヘレトと新約聖書」第2回

  • 2月6日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書4章1~12節題「悪魔の誘惑」イエス様が荒野で40日間断食をされた後、空腹を覚えた時に悪魔が言いました。「神の子ならこの石にパンになるように命じたらどうだ」。これは物欲に対する誘惑です。次に悪魔はイエス様を高く上げ、世界の国々を見せて、「私を拝むなら、この国々の一切の権力と繁栄を与えよう」と言いました。これは権力欲に対する偶像崇拝の誘惑です。最後に悪魔はイエス様をエルサレムの神殿の屋根に立たせて、「神の子ならここから飛び降りてみよ」ということを聖書の言葉を根拠にして言ったのです。イエス様はいずれも聖書の言葉を引用して悪魔の誘惑に打ち勝ちます。出エジプト記の中には、同じような出来事が書かれています。肉鍋の出来事(16章)、金の子牛を拝んだ出来事(32章)、神様を試して水を求めた出来事(17章1...2月6日礼拝メッセージ

  • 1月30日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書3章1~20節題「洗礼者ヨハネ」ルカによる福音書3章は、「皇帝ティベリウス」「ピラト」「ヘロデ、フィリポ、リサニア」「アンナスとカイアファ」という人たちが登場することによって始められています。この人たちは時の権力者です。しかし神の言葉はこれらの人たちにではなく、荒野の預言者ヨハネに降りました。それはイザヤ書の言葉に基づくものでした。そこに書かれている「山と丘」とは、人間の傲慢な心を指しているとされます。ユダヤ人には「私たちは神に選ばれた者なのだ」という傲慢な思いがありました。それが平らにされるということです。ヨハネは、「『我々の父はアブラハムだ』などという考えを起こすな」と言いました。選ばれた者たちであるという考えを捨てよという意味です。そして「良い実を結ばない木は切り倒されて火に投込まれる...1月30日礼拝メッセージ

  • CCIKの代表会長にソン・テソプ牧師

    韓国教会連合(CCIK)の代表会長にソン・テソプ牧師が就任していた。キリスト日報よりhttps://www.christiandaily.co.kr/news/97130で御覧下さい。CCIKの代表会長にソン・テソプ牧師

  • UCCKとCCKが2箇月以内に統合合意書を採択

    韓国クリスチャントゥデイによると、UCCK(韓国教会総連合)とCCK(韓国基督教総連合)が2箇月以内に統合する合意書を採択した。(韓国クリスチャントゥデイより)https://www.christiantoday.co.kr/news/345323で御覧下さい。UCCKとCCKが2箇月以内に統合合意書を採択

  • 1月23日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書2章41~52節題「少年イエス様」ルカによる福音書では、イエス様が弱い者と共になられたこと、あるいは御自信が謙虚になられたことが強く伝えられています。イエス様が馬小屋で生まれたことが伝えられているのはその例でしょう。今日のお話は、新約聖書でイエス様の少年時代の出来事が伝えられている唯一の箇所です。過越しの祭りに参加するためにエルサレムに行った両親と共に、12歳のイエス様が都に上りました。帰る時にイエス様はエルサレムに残ります。両親はそれに気がつかなかったのですが、途中で気づきエルサレムに引き返します。そこで見つけたのは神殿で教えるイエス様でした。「なぜこんなことをしたのか」と言った母マリヤに対して、「私が自分の父の家にいるのは当たり前だということを知らなかったのですか」と言われました。これは...1月23日礼拝メッセージ

  • コラム第56回掲載

    コラム第56回を掲載していただきました。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30477/20220120/paul-philemon-onesimus-56.htmでお読み下さい。コラム第56回掲載

  • ワニのいる歯医者

    わにべさんという歯医者さんにかかっているが、ワニの人形が置いてある。ワニのいる歯医者

  • 1月16日礼拝メッセージ

    聖書ヨハネによる福音書10章27~28節題「永遠の命を与える」羊飼いは自分の飼っている羊の顔を全部知っているといわれます。頭の中では羊すべてに名前をつけているかもしれません。一匹の羊がいなくなったらその羊が見つかるまで探すというイエス様のたとえ話もあります。羊飼いの方だけでなく、羊も羊飼いの声を知っています。そして羊飼いが呼ぶとそれを聞き分けます。私たちとイエス様はそういう関係にあります。そしてそういう関係の中でイエス様は私たちに永遠の命を与えて下さいます。それはご自身の命を捨てることによってです。それによって羊である私たちは盗人から守られます。それは不安から守られるということです。私たちには様々な不安があります。それは、お金のことだったり、病気のことだったり、年齢のことだったり、将来のことだったりします。そう...1月16日礼拝メッセージ

  • 한교총 류영모 대표회장 “새롭고 이롭고 바른 길이라면 함께 갈 것”(2022/01/06 한교총 신년하례회 신년사)

    韓国クリスチャントゥデイは、UCCK代表で大韓イエス教長老会統合の会長であるリュ・ヨンモ牧師の新年メッセージを配信した。한교총류영모대표회장“새롭고이롭고바른길이라면함께갈것”(2022/01/06한교총신년하례회신년사)한교총류영모대표회장“새롭고이롭고바른길이라면함께갈것”(2022/01/06한교총신년하례회신년사)

  • 1月9日礼拝メッセージ

    聖書ガラテヤの信徒への手紙5章22~26節題「霊の結ぶ実」「霊の結ぶ実」として、パウロは9つを上げます。それは「善い業の実」のことです。最初に「愛」が上げられます。これはアガペーの愛であり、パウロにとって一番大事なことです。2番目は「喜び」です。パウロにとっては、艱難の中にあっても喜びがあります。それは「希望の喜び」ともいえるものです。3番目は「平和」です。これは神様の平和の中にあることです。その象徴は十字架のイエス・キリストです。4番目は「寛容」です。「キリストがあなたがたを受容れたのだからあなたがたも互いに受容れあいなさい」の言葉どおり、キリストに倣って他者を受容れることです。5番目は「親切」です。他者に優しくすることです。これもキリストに倣ってのことです。6番目は「善意」です。「善い業」の善いということで...1月9日礼拝メッセージ

  • 韓国教会総連合(UCCK)の異端対策委員会に統合、合同、白石、高神、合神、バプテスト、ホーリネスが加わる

    韓国クリスチャントゥデイによると、韓国の教団連合「韓国教会総連合(UCCK)」の異端対策委員会が設置されることになり、ここには統合、合同、白石、高神、合神、バプテスト、ホーリネスの各教団の代表が加わることになった。https://www.christiantoday.co.kr/news/344901https://www.christiantoday.co.kr/news/344901韓国教会総連合(UCCK)の異端対策委員会に統合、合同、白石、高神、合神、バプテスト、ホーリネスが加わる

  • UCCK代表リュ・ヨンモ牧師(統合教団)のメッセージ

    韓国クリスチャントゥデイに、韓国キリスト教総連合(UCCK)代表のリュ・ヨンモ牧師(統合教団)のメッセージが掲載された。https://www.christiantoday.co.kr/news/344882UCCK代表リュ・ヨンモ牧師(統合教団)のメッセージ

  • 彩り楽しむ9種オードブル

    スーパーに売っていてあまりにおいしそうだったので。ローストビーフ、ローストポーク、スモークサーモン、ラックスハムなど。タレをかけておいしくいただいた。この赤い実はなんだろう?彩り楽しむ9種オードブル

  • 2022年新年ご挨拶

    あけましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。2022年新年ご挨拶

  • 12月26日礼拝メッセージ

    聖書ガラテヤの信徒への手紙4章8~31節題「神様の約束」パウロは「キリストは私たちの身を自由にして下さったのです」(5章1節)と書いています。しかし、キリストによって自由にされたガラテヤの教会に入って来た偽教師たちは、自由ではなく律法に縛りつけようとしていました。パウロはそれに対して自分がガラテヤの教会におこなってきたことを書き記します。そもそも体が不自由になったことでガラテヤに行くことになりました。おそらく目が悪くなったのだと思います。ガラテヤで福音を語りました。ガラテヤの人たちは福音を受け入れ、同時にパウロを慕うようになりました。自分の目をえぐりだしてパウロに与えようとさえしたのです。しかし、そのガラテヤの教会の人たちが偽教師たちに従うようになっていたのです。それに対してパウロはイサクの例を用いて、自由な女...12月26日礼拝メッセージ

  • 統合総会長リュ・ヨンモ牧師、UCCK代表としての活動を始める

    韓国の統合教団総会長のリュ・ヨンモ牧師が教団連合である韓国教会総連合(UCCK)の代表に就任したが、その代表としての活動が開始されたことを韓国クリスチャントゥデイが報じている。ヤンファジンのアンダーウッド宣教師の墓地の前で祈るUCCKリュ・ヨンモ新代表会長(中央)と共同代表会長たち。ⓒソン・ギョンホ記者詳細は以下でhttps://www.christiantoday.co.kr/news/344517統合総会長リュ・ヨンモ牧師、UCCK代表としての活動を始める

  • 韓国教会総連合(UCCK)代表に統合のリュ・ヨンモ牧師

    韓国教会総連合は今まで3人代表制をとっていたが、このたび統合教団のリュ・ヨンモ氏が1人代表となった(韓国クリスチャントゥデイより、右から2人目がリュ・ヨンモ牧師)詳細は以下で。https://www.christiantoday.co.kr/news/344506韓国教会総連合(UCCK)代表に統合のリュ・ヨンモ牧師

  • アドベントクランツ

    アドベント最終の週は、ろうそくに4つの灯がともります。アドベントクランツ

  • 12月19日礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書2章1~8節題「飼い葉桶のイエス様」イエス様が生まれた頃、人口調査ということが行われました。今は人口調査は簡単に行うことが出来ますが、イエス様の頃は人口調査の時は自分の先祖の町に行かなければなりませんでした。ヨセフさんはダビデさんの子孫だったので、ダビデさんの生まれたベツレヘムに行かねばなりませんでした。ヨセフさんとマリヤさんがベツレヘムの町に着くと、人口調査のための人たちでしょうか、町はいっぱいでした。2人は泊まるところがなかったのです。それで馬小屋に泊まる事にしました。するとその晩に赤ちゃんが産まれたのです。それがイエス様でした。やがて世界の歴史の中心となる救い主といわれるようになったイエス様ですが、産まれたのは貧しい馬小屋の飼い葉桶の中だったのです。それは神様の愛を示すためでした。神様...12月19日礼拝メッセージ

  • オーベルビリエのノエル(Noël D'aubervilliers)

    クリスマスの歌といえば何と言ってもこれが好きです。歌詞が何と言っても良いし、メロディーもきれいです。オーベルビリエはフランス北部の街、ノエルはクリスマスの歌のことです。NoëlD'aubervilliersオーベルビリエのノエル訳詞海野洋司曲フランシス・レイオーベルビリエの星ふる夜大きな一つの星が見つめる貧しさや涙わすれみんな花を飾り喜びを胸に抱きしめ眠るクリスマスほほ笑みうかべ夢見ている子供たちにもふる花びらオーベルビリエに星ふる夜大きな一つのまたたく星みじめさや恐れわすれ今宵このひとときやすらぎが心に満ちる小さなクリスマスこの幸せを遠い空から輝く星がみつめているオーベルビリエの夜(よ)が明ければ虹の輝くまぶしい朝オーベルビリエのノエル(NoëlD'aubervilliers)

  • ニュースアンドジョイが異端団体に規定される

    韓国の現代宗教が2021年の各教団総会の異端規定を発表した。こちらそれと同時に過去の各教団総会決議表も掲載されている。これをみると、インターネットメディアのニュースアンドジョイ(ニュースNジョイ)が2教団から異端規定されている。異端(擁護)メディアとしての規定ではなく、異端団体規定である。合神教団2020年総会決議=注意決議内容=講読、後援、広告などの注意高神教団2020年総会決議=比聖書的反キリスト教的メディア決議内容=講読、広告、後援禁止ニュースアンドジョイが異端団体に規定される

  • 12月5日日曜礼拝メッセージ

    聖書:ガラテヤの信徒への手紙3章15~29節題:「アブラハムの子孫」聖書は契約の書です。いくつかの契約が載せられていますが、本日の箇所には、アブラハム契約、シナイ契約(律法授与)、キリスト契約について書かれています。最初のアブラハムとの契約で、キリストが与えられることが約束されたとパウロは書いています。アブラハム契約の後430年経って、モーセの時に律法が与えられました。それがシナイ契約です。律法はキリストのもとへ導く養育係だったのです。養育係とは、主人の子弟を育てる奴隷のことです。子供は養育係に育てられますがやがて大人になります。それがキリストの時です。そして、キリストが与えられ、キリスト契約が結ばれます。キリスト契約とは、ユダヤ人もギリシャ人も奴隷も自由人も男も女もなく、キリストに結ばれて神の子であり、キリス...12月5日日曜礼拝メッセージ

  • コラム第53回

    コラム第53回を掲載していただきました。今回は「光の子」をガラテヤ書の「聖霊の実」と関連付けて執筆しました。以下でお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30286/20211202/paul-philemon-onesimus-53.htmコラム第53回

  • 11月28日/日曜礼拝メッセージ

    聖書ガラテヤの信徒への手紙3章7~14節題「アブラハムへの予告」本日からイエス様の誕生を待ち望む時です。旧約聖書は全体がイエス様を待ち望む書であると言って良いでしょう。そしてそれは、イエス様誕生までのイスラエルの歴史が中心になっています。その最初の人物がアブラハムです。神様はアブラハムに子孫の繁栄を予告しました。パウロはそれを「『あなたのゆえに異邦人は皆祝福される』という福音をアブラハムに予告しました」と書いています。それはアブラハムの子孫であるイエス様が誕生することによって、イエス・キリストを信ずる人たちがアブラハムの子孫となるためだったと書いています。神様の4千年前のアブラハムへの予告は、2千年前のイエス様の誕生の予告でもあったのです。2千年前までは、律法の呪いがありました。しかしイエス様は、私たちのために...11月28日/日曜礼拝メッセージ

  • コロサイ書の著者は誰か?

    コロサイ書の差出人はパウロとなっていますが、実はパウロの弟子がパウロの名によって書いたものであると言われています。では、コロサイ書の本当の著者は誰なのでしょうか?私はこれをフィレモンであると考えています。理由はいくつかあるのですが、第一に、コロサイ書の著者はコロサイのフィールド、特に異端的な教えを吹聴する教師が入り込んで来ている状況を分かっています。それを一番よくわかっているのは、コロサイ教会の牧者、フィレモンであるのです。また、コロサイ書の著者はフィレモン書の内容をよく知っている人です。フィレモン書の内容を一番よく知っているのは、フィレモンでしかありません。それから、コロサイ書の一部はフィレモンの妻アフィアの手によるものではないかとも考えています。以下もお読み下さい。パウロとフィレモンとオネシモ(15)「コロ...コロサイ書の著者は誰か?

  • 11月21日/日曜礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書19章1~10節題「救いがこの家を訪れた」イエス様がエリコの町入った時、ザアカイという徴税人がいちじく桑の木に登っていました。ザアカイは背が低かったのでイエス様を見ることが出来なかったからです。イエス様はザアカイに「今日あなたの家に泊まりたい」と言われたのです。イエス様たちはその後ザアカイさんの家に行って食事を共にしたことでしょう。ザアカイは「私は財産の半分を貧しい人々に施します」と言いました。それに対してイエス様は、「今日救いがこの家を訪れた」と言われました。イエス様は、今日家に泊まると言われ、今日救いを実現する方です。それは、イエス様が生まれた時に天使が、「今日ダビデの町にあなたがたのために救い主がお生れになった」といったのと同じなのです。イエス様は、昨日でも明日でもなく、今日私たちの人...11月21日/日曜礼拝メッセージ

  • 月食

    昨夜の月食。スマホで撮ったのでよく撮れなかったが、幻想的であった。月食

  • コラム第52回

    コラム第52回を掲載していただきました。今回は、エフェソ書4章25節~5章5節を、旧約聖書の十戒との関連を見ながら書かせていただきました。以下でお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30224/20211118/paul-philemon-onesimus-52.htmコラム第52回

  • 11月14日/日曜礼拝メッセージ

    聖書ガラテヤの信徒への手紙1章1~17節題キリストの恵みガラテヤの信徒への手紙は、今日のトルコ共和国の中部にあたるガラテヤ地域の諸教会に宛ててパウロが書いた手紙です。ガラテヤの諸教会はキリストの恵の内にありました。しかしパウロは、ガラテヤの諸教会がキリストの恵みから離れて他の福音に乗り移ってしまったと書いています(6節)。あやまった教えを語る人たちがガラテヤの諸教会に入ってきたのです。パウロはそれに対して、「わたしがあなたがたに告げ知らせた福音は、人によるものではなくイエス・キリストの啓示によって知らされた」と書いています(11節)。パウロは、最初はキリスト教徒を迫害する人でしたが、自分自身がよみがえったイエス様に直接遭ったことで回心したのです。回心したパウロは、血肉や先に召された人たちに会いに行くことはしない...11月14日/日曜礼拝メッセージ

  • 11月7日/日曜礼拝メッセージ

    聖書申命記34章1~8節題「モーセの最期」エジプトを出たイスラエルの民は、荒野での40年間の生活の後、モアブに行きます。カナンの地はもうすぐです。カナンとの境にネボ山、すなわちピスガ(頂上という意味)山があります。そこに上るとカナンの地を一望できるのです。モーセはそこに登り、カナンの地を眺めます。しかしモーセはカナンの地に入ることは出来ないのです。モーセは「主の命令によってモアブの地で死んだ」とあります。これは神様の口によって死んだということですが、神様と口付けをして死んだという意味でもあります。神様はエジプトを出る時に「私はあなたと共にいる」と言われましたが、モーセの最期まで共におられたということです。モーセはカナンの地に入ることが出来なくて最期を迎えました。それが神様の摂理であったし、モーセにとってもそれは...11月7日/日曜礼拝メッセージ

  • コラム第51回掲載

    コラム第51回を掲載していただきました。ここで、「キリスト」でなく「イエス」とされているのは、地上のイエスであることを示しているとされています。地上のイエスとは、十字架にかけられたイエスを指しているのでしょう。つまり、十字架に真理があるということです。(本文より)今回はエフェソ書4章17~24節を読みます。17そこで、わたしは主によって強く勧めます。もはや、異邦人と同じように歩んではなりません。彼らは愚かな考えに従って歩み、18知性は暗くなり、彼らの中にある無知とその心のかたくなさのために、神の命から遠く離れています。19そして、無感覚になって放縦な生活をし、あらゆるふしだらな行いにふけってとどまるところを知りません。20しかし、あなたがたは、キリストをこのように学んだのではありません。21キリストについて聞き...コラム第51回掲載

  • 焼き鳥をたらふく食べた

    ただし夢の中の話ああ、こんなに食べてみたい。焼き鳥をたらふく食べた

  • 10月31日/日曜礼拝メッセージ

    聖書コリントの信徒への手紙二12章1~21節題「弱さを誇る」コリントの教会にはパウロが皮肉をこめて「あの大使徒たち」と書く、偽の宣教者たちが入り込んでいました。彼らは自分のことを誇っていたのです。パウロはそれに対して「誇るものは主を誇れ」「私自身は弱さを誇る」と書いてきました。パウロ自身も誇れることがありました。14年前に第3の天に上げられたという体験です。パウロはこのことを間接的に書くだけで、むしろ「そのために思い上がることが無いように私の身に一つのとげが与えられた」と書いています。これはパウロの身に病が与えられたということです。サタンから送られた使いという書き方は、ヨブ記にならったものでしょう。パウロはその病を去らせる様に3度主に願いますが、主は「私の恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ発揮されるの...10月31日/日曜礼拝メッセージ

  • フィレモンへの手紙の執筆目的は何か

    「フィレモンへの手紙」の執筆目的、それはずばりオネシモを奴隷から解放することです。オネシモが盗みを働いた逃亡奴隷だとしていると、フィレモンに対する赦しの願いとなってしまうのですが、オネシモ逃亡奴隷説は陰謀論です。ありえません。オネシモは有能な奴隷だったのです。パウロはオネシモをテモテやテトスのような宣教者にしたかった。そのためにはオネシモを奴隷から解放する必要があった。奴隷の解放をできるのは主人だけです。つまりフィレモンしかいないのです。フィレモンへの手紙の15節を読んでみましょう。「恐らく彼がしばらくあなたのもとから引き離されていたのは、あなたが彼をいつまでも自分のもとに置くためであったかもしれません。その場合、もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、つまり愛する兄弟としてです。」「あなたが彼をいつまでも自分...フィレモンへの手紙の執筆目的は何か

  • オネシモは逃亡奴隷か?

    フィレモン書に出てくるオネシモは逃亡奴隷であるという説が長くキリスト教世界で伝えられていました。写本の一つにそういうものがあったからかもしれません。しかし近年、ゲルト・タイセンやチャールズ・B・カウザーといった学者が「オネシモは主人との間におそらく何らかの問題が生じた奴隷で、仲裁を依頼するためにパウロの元に行った」という説も出されています。また、「フィレモンがパウロを助けるために期間限定でオネシモを遣わしていたが、その期限がきてしまったため、パウロが筆をとり、オネシモがいると助かるので期限を延長させてほしいと頼んだという可能性」という説もあります(ヘンリー・ウォンズブラ著『ビジュアル版聖書読解辞典』264ページ)。私は仲裁依頼説とオネシモ派遣説の中間にいます。逃亡奴隷説はとっていません。オネシモはパウロに見出さ...オネシモは逃亡奴隷か?

  • 10月24日/日曜礼拝メッセージ

    聖書コリントの信徒への手紙二11章21~33節題「弱さを誇る」コリントの教会には自分たちを誇る宣教者が来ていました。彼らは自分たちがユダヤ人であることを誇り、キリストに特別扱いされていると誇っていたようです。それについてパウロはコリントの人たちに、「気が変になったように言いますが、私は彼ら以上にキリストに仕えています」と書いてその後に様々な難を書いています。投獄、鞭打ち、石を投げられたこと、川の難、盗賊の難、同胞からの難、町での難、海上の難、偽の兄弟たちからの難、眠れず、裸でいたこともあったと書いています。その上あらゆる教会についての心配事があるとも書いています。パウロはそのたびごとに神様に守られていました。「弱さを誇る」という言葉で、自分は弱いものだけれども神様に守られていたということを伝えようとしているのだ...10月24日/日曜礼拝メッセージ

  • コラム第50回掲載

    コラムの第50回を掲載していただきました。リンクでお読み下さい。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30107/20211021/paul-philemon-onesimus-50.htmコラム第50回掲載

  • ジュリアン

    ジュリアンという花を売っていて綺麗だったので買いました。4月頃まで咲いているそうです。ジュリアン

  • 10月17日/日曜礼拝メッセージ

    聖書ルカによる福音書13章22~24節題「狭い戸口から入りなさい」マタイによる福音書には、「狭い門から入りなさい」というイエス様のお話があります。門は普通庭などの入り口です。家の入り口とは違って高さに制限はありません。幅が狭いだけです。今日のお話ではイエス様は「狭い戸口から入りなさい」と言われています。戸口は普通家の入り口です。高さにも制限があります。そこを通る時は身を低くしなければなりません。「狭い戸口から入りなさい」というのは、身を低くする、つまり謙虚になりなさいということです。そして「狭い戸口から小さくなって入るように務めなさい」と言われたのです。この場合の努めなさいというのは、賞を取るように、メダルを取るようにという意味です。聖書にはお金持ちになるように努めなさいとは書いていませんが、謙虚になることはメ...10月17日/日曜礼拝メッセージ

  • 【インタビュー】アリスター・E・マクグラスが語る「神学に興奮すべき理由」

    世界的に著名な神学者で、邦訳書も多数出版されているアリスター・E・マクグラス氏がこのほど、新著『遠い国からの帰還』(原題:ReturnfromaDistantCountry)を出版した。キリスト教の家庭に生まれながらも、若い頃にマルクス主義に傾倒し無神論者となった自身が、そうした「遠い国」からどのようにしてキリスト教信仰に立ち戻ったのかを記している。以下はリンクでhttps://www.christiantoday.co.jp/articles/30077/20211014/alister-e-mcgrath-interview.htm【インタビュー】アリスター・E・マクグラスが語る「神学に興奮すべき理由」

  • 【10番勝負】宮城大弥投手の「お茶かココアゲーム」

    【10番勝負】宮城大弥投手の「お茶かココアゲーム」【10番勝負】宮城大弥投手の「お茶かココアゲーム」

  • 統合教団リュ・ヨンモ新任総会長挨拶

    예장통합류영모신임총회장취임사(2021/10/03예장통합총회장취임감사예배)統合教団リュ・ヨンモ新任総会長挨拶

  • ウェールズ聖公会、同性カップルの「祝福」認める決定 教会での同性婚は依然認めず

    英国のウェールズ聖公会は、同性カップルのシビル・パートナーシップや結婚登記所での結婚を、聖職者が「祝福」することを認める議案を可決した。一方、教会で同性カップルのために法的効力のある結婚式を行うことは依然として認めない。以下はリンクでhttps://www.christiantoday.co.jp/articles/30058/20211011/church-in-wales-blessings-for-same-sex-marriages.htmウェールズ聖公会、同性カップルの「祝福」認める決定教会での同性婚は依然認めず

  • 10月10日/日曜礼拝メッセージ

    聖書コリントの信徒への手紙二10章1~18節題「人は何を誇るのか」パウロが去った後のコリントの教会には、「私はパウロにつく」「私はアポロに」「私はケファに」「私はキリストに」という党派争いがありました(一コリント1:12)。この「キリストにつく」という人たちは、本日のお話の「自分がキリストの者だと信じきっている人」たちだと言われています。この人たちはキリストに従うのではなくキリストを自分たちのものにしていたのです。この人たちは、パウロがコリントを去った後に来た人たちのようです。そしてどうもこの人たちは自分自身を誇る人たちであったようです。パウロはその人たちに「キリストを誇りなさい」と書いているのです。そしてエレミヤ書の言葉「知恵ある者は、その知恵を誇るな。力ある者は、その力を誇るな。富ある者は、その富を誇るな。...10月10日/日曜礼拝メッセージ

  • コラム第49回掲載

    コラム第49回を掲載していただきました。今回はエフェソ書4章1~6節です。私はここにも「パウロ、フィレモン、オネシモ」というつながりを見るのです。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30044/20211007/paul-philemon-onesimus-49.htmコラム第49回掲載

  • 信仰によって生きる人

    友人井手北斗氏の投稿である。祈りをはじめとして、信仰者にできることというのは、自分で器を満たそうとすることの限界を受け入れ、空っぽの器を借りてきて神から授かるものを受け取れる準備をすることのように感じる。空の器を持ってきて何も起きなかったら愚かに見える。だけど神の愛を信頼して満たしてくださるほうに全部賭ける。祈って何も行動しないのではない。行動するにはするのだが、神側からの介入がなければ全く意味のない行動に走ることだろう。神側の介入を予期しない人からは論理的にあり得ない無謀な選択にも見えるかもしれない。しかし人にはできないことを通して神はその存在と栄光を知らしめるのではないだろうか?以下はリンクでhttps://note.com/hokuto_ide/n/na67a80ca4bab?fbclid=IwAR03t...信仰によって生きる人

  • 10月3日/日曜礼拝メッセージ

    パウロは、「惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かです。各自不承不承では無く、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりにしなさい」と書いています。献金は私たちの信仰告白なのだと思います。マルタはイエス様のところに来て3百デナリオンのナルドの香油をイエス様の足に塗りました。それはイエス様に対する信仰告白としての献げものだったのです。一方、貧しいやもめは神殿に来てレプトン銅貨2枚を献げました。イエス様はそれを見て、「この貧しいやもめは誰よりもたくさん入れた」と言われました。それも神様に対する信仰告白として認められたのです。パウロは、献金は「キリストの福音を従順に公言すること」であると言います。「私があなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい」を実行することなのです。10月3日/日曜礼拝メッセージ

  • ヘレン・ケラー

    ヘレン・ケラー

  • キリスト教コンテンツ専用の次世代SNS「フェイスミート」 来年スタート

    IntroducingFaithMeet-NextGenChristianSocialNetwork2022年に公開が予定されている新しいキリスト教SNS「フェイスミート」(FaithMeet、英語)は、世界中のユーザーが数回クリックするだけで、信仰に基づくキリスト教コンテンツとつながることができる。フェイスミートの生みの親であるゴッドウィン・ローズ・サミュエル氏は、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどのプラットフォームもキリスト教コンテンツを幾分かは提供しているが、これらだけでは十分ではないことが多いとクリスチャンポストに語った。以下はリンクでhttps://www.christiantoday.co.jp/articles/30024/20210930/faithmeet.htmキリスト教コンテンツ専用の次世代SNS「フェイスミート」来年スタート

  • 第34回東海聖句書道展 名古屋で9月28日から10月3日まで

    第34回東海聖句書道展(東海聖句書道会主催)が28日から10月3日まで、名古屋市中区の名古屋市民ギャラリー栄8階第10号室で開催されている。聖書の言葉にちなんだ書道や篆刻(てんこく)、絵画などが展示されている。入場無料。午前10時から午後5時半(最終日は午後5時まで)。問い合わせは名古屋市民ギャラリー栄(052・265・0461)。https://www.christiantoday.co.jp/articles/30015/20210928/tokai-seiku-shodo-ten.htm第34回東海聖句書道展名古屋で9月28日から10月3日まで

  • 冷やっこ

    冷やっこにミョウガとオクラを乗せて食べた。美味しい~冷やっこ

  • 9月19日/日曜礼拝メッセージ

    聖書コリントの信徒への手紙二8章1~24節説教「キリストの貧しさ」マケドニアの諸教会(テサロニケ・フィリピ・ベレア)は、コリントの教会よりも貧しい人たちが多かったと考えられます。しかしエルサレム教会への献金は集まりました。コリント教会に行ったテトスは、そこでエルサレム教会のために献金を募りましが、その献金はあまり集まりませんでした。そのためパウロは、マケドニア教会で惜しまずに献金がなされたことを伝えます。そしてコリント教会の人たちの「愛の純粋さを確かめようとして言う」と書きます。その愛とは、愛に豊かなイエス様が貧しくなってこの地上に来られ、十字架に架かるまで貧しさを全うした愛のことです。その愛に基づいて献げることを説いています。そして出エジプトの時のマナの話をたとえとしてあげています。出エジプトの時イスラエルの...9月19日/日曜礼拝メッセージ

  • 映画「赤い原罪」予告編

    映画「赤い原罪」予告編詳しくは、「一匹の羊に目を留めるべきことを訴える秋の良作紹介(1)赤い原罪」映画「赤い原罪」予告編

  • ソ・ガンソク牧師 "故チョー・ヨンギ牧師の写真に投影された私の顔"

    韓国のイエス教長老会合同代表のソ・ガンソク牧師が、チョー・ヨンギ牧師の追悼文を書き、それを韓国クリスチャントゥデイが報じています。ソ・ガンソク牧師がイ・ヨンフン牧師と共に15日午前最初に弔問をしてる私は総会が終わって一日か二日休息しようとしました。ところが総会が終わった翌日、チョー・ヨンギ牧師の召天のニュースを聞きました。チョー・ヨンギ牧師は貧しくさびしい私の神学生時代、希望の星でした。それで私は、葬儀委員長としてイ・ヨンフン牧師と一緒に最初の献花をしました。以下はリンクにて。https://www.christiantoday.co.kr/news/342663ソ・ガンソク牧師"故チョー・ヨンギ牧師の写真に投影された私の顔"

ブログリーダー」を活用して、司祭さんをフォローしませんか?

ハンドル名
司祭さん
ブログタイトル
牧師のブログ
フォロー
牧師のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用