プロフィールPROFILE

カワイマキトさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
CERAMIC WORKS 陶と金属の造形
ブログURL
http://ceramic-works.jugem.jp/
ブログ紹介文
陶と金属の造形作家の川合が作品制作の背景や裏話、また陶芸に関する技術などを展開するブログ。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2006/03/25

カワイマキトさんのプロフィール
読者になる

カワイマキトさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,232サイト
陶芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 513サイト
金属工芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64サイト
立体アート・造形 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 169サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67,972位 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 522位 8,232サイト
陶芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 60位 513サイト
金属工芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5位 64サイト
立体アート・造形 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5位 169サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,446サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,232サイト
陶芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 513サイト
金属工芸 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64サイト
立体アート・造形 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 169サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カワイマキトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カワイマキトさん
ブログタイトル
CERAMIC WORKS 陶と金属の造形
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
CERAMIC WORKS 陶と金属の造形

カワイマキトさんの新着記事

1件〜30件

  • 第7回あわいの景 藤森八幡神社 千駄ヶ谷

    第7回 あわいの景本日より開催されます。10日の最終日にはお箏の佐藤康子氏のライブにあわせて、今井蒼泉氏のパフォーマンスも開催いたします。併せてお楽しください。「4年ぶりの''あわいの景''を開催します。しか

  • episode 舞台美術の仕事

    中野テレプシコール 今年も箏曲家佐藤康子リサイタルでの舞台装置の依頼をうけました。今回は今までになくこじんまりしたスペースながら、名だたる表現者の痕跡が残るとても素敵な空間。コンクリートの無機質な表情が漂う外観と、舞台背景。下見に

  • 舞台美術の制作

    今年もそ箏曲家・佐藤康子氏のリサイタルが開催されます。そして、今回も舞台装置の依頼を受けました。今回は場所をかえて、中野テレプシコールになりました。渋い建築で、とてもライブ感の溢れるスペースです。過去には錚々たる芸術家が、試行し痕跡をのこし

  • 第10回記念 川合牧人陶展

    第10回記念 川合牧人陶展、お陰様をもちまして、盛況のうちに終えることができました。会期中にはたくさんのお客様に恵まれまして、とても有意義な時を過ごすことができました。感謝申し上げます。また、今回は森宗勇氏、鈴木宗雅氏、澤井宗久氏による添釜

  • 第10回記念川合牧人陶展 京王百貨店新宿店 京王ギャラリー

     10回目の器の個展が来月に開催されます。オブジェやインスターレーションの展示会と交互で開催しているので、なんと20年間もの長きに渡り続けてきました。ほぼ毎回、半分以上は新しい試みをおこなっていて、何々を一筋と言うよりは、色々な表

  • 第11回そつたく窯作陶展

    第11回そつたく窯作陶展はおかげさまで、盛況のうちに終えることが出来ました。会期中には260名のお客さまに恵まれまして、有意義な語らいがあったと聞いています。展示会を開催することで生まれる人や作品との出会いは、貴重な体験です。今後の交友や制

  • episode ルート・ブリュック

    「ヴェネチアの宮殿」 先日まで開催されていた「ルート・ブリュック 蝶の軌跡展」の図録が届きました。(東京ステーションギャラリー) その緻密な色彩と奥行きに、深い驚きと感銘を受けました。まずその多彩な釉薬の組み合わせに目を

  • episode 越後古材

     越後古材店9月の個展に使用する古材を探しに長岡市まで出掛けました。このお店では、主に古民家を解体した時に出る多種な部材を扱っていて、それこそ戸板から床板、階段までありとあらゆる材が所狭しに置かれています。日頃覗いている骨董市にあ

  • 第11回そつたく窯作陶展 ヴータコミューネ・多摩市・聖蹟桜ヶ丘

    いよいよ作陶展まで一月となりました。出展者の皆さんは、それぞれに自身の作品と向かい合い、組み合わせ試案しつつ、出展作を決めているようです。会場はかなり大きなスペースになります。展示台やソファーなどの配置は、余り選択肢はないようで、その分空間

  • episode 第11回そつたく窯作陶展

     八王子アトリエ隔年で開催している教室の展示会が7月に開催されることになり、その準備を幹事さんを中心に進めています。今回は会場を多摩市に移しての初の展示会となります。長年、府中市で開催していたこともあり、名残惜しいものもあるのです

  • 在カメルーン共和国日本大使館 茶会 平成天皇 自然釉花入 

    在カメルーン共和国日本大使館昨夏八月の在カメルーン共和国・日本大使館において、「日仏茶道交流会」を主宰する森宗勇氏(茶道裏千家)によって、茶会が開催されました。その文化交流の席で、拙作「自然釉花入」が、日本大使館へ収蔵されました。これからの

  • episode 穴窯考

    八王子市・長江寺境内窯出しを済ませて1週間か経ちました。まだ、自作品のすべてを見たわけではないのですが、気持ちの上では、まだまだ窯焚きの現場にあるようです。冷静に作品と向かい合うには今少し時が必要なのでしょう。そんな中でも生徒さんの作品は、

  • episode 穴窯焚き

    長江寺境内・八王子今年の穴窯焚きも、無事に終えることが出来ました。4月の窯は初めてのことでしたが、お寺さまの桜も残っており、とても印象的な景色を背景に、素晴らしい時を過ごすことができました。また、今までになく多くの皆さんのサポートにも恵まれ

  • episode

    東京都西多摩郡奥多摩町 いよいよ穴窯の焼成も二週間後に迫ってきました。作品の制作はほぼ終わり、生徒さんの作品の素焼きを数回という終盤に入りました。心配していた窯詰め、窯焚き、窯出しの人員も、予想以上に多く集まり、余裕をもって進行で

  • episode キースン・スロッツ

    キースン・スロッツ作・ピッチャーデンマークの陶芸家・キースン・スロッツ氏のコレクションを、湘南に近いギャラリーで拝見してきました。昨年より心待ちにしていた今回の出会いは、期待通りのもので、作り手としてもとても満足のいくものでした。ある図書で

  • episode 穴窯焚き

      穴窯ー長江寺・八王子穴窯の火入れまで残すところ6週間。ここ暫くは大きな作品に絞り制作を続けています。現在は1m近いオブジェを二体手掛けていますが、複雑な形から来る難易度の高い工法に、行き先を阻まれています。それこそ無

  • episode 穴窯の制作

    築窯当時の穴窯ー長江寺・八王子 穴窯の制作が進んでいる中、そつたく窯陶芸教室の教室展が初夏に決まりました。眺望の良いとても素敵なスペースになり、有難く思っています。詳細は後日ご報告することにして、教室の皆さんはそれを意識し、制作に

  • episode 穴窯の制作

    八王子アトリエ4月に焚く穴窯(薪で焚く窯)。その窯に入れる作品を急ピッチで制作しています。先ずは難易度の高い抹茶碗を、色々な粘土で、様々な形を作っています。今回は電動ロクロは一切使用せず、大型の卓上用の手回しロクロ(画像の右の物)のみでおこ

  • episode あわいの景'19

    鳩森八幡神社・能楽堂・千駄ヶ谷秋の催し物ですが、「あわいの景」を開催することになりました。四谷ミニスペース以来ですので、実に4年ぶりになります。しかも、今回は能楽堂という格式のあるスペースで。2度ほど足を運びましたが、檜の白い色が、辺りにま

  • 2019年 新春 そつたく窯・啐啄窯

    赤楽干支「亥」🐗  新年あけましておめでとうございます   本年もよろしくお願いいたします      皆さまにとって素敵な年になりますよう                        そつたく

  • episode 師走の候

    長江寺 八王子 2018.12/262018年も残すところわずかになりました。今年も窯に集う多くの皆さんに支えられまして、色々と楽しい時を過ごすことができました。一昨日、穴窯の整理に行ってきたのですが、窯は変わらず鎮座していました。来春の火

  • episode 師走の候

    コートギャラリー国立・国立市 2018年も残すところわずかになってまいりました。今年も色々とイベェンがあり、ユニークな時を過ごすことが出来ました。念願であった「そつたく窯・啐啄窯命名記念」啐啄の集いを多

  • 第10回 川合牧人陶展 京王ギャラリー・京王百貨店新宿店6F

    求道会館・本郷・2018、11 2018年も残すところひと月あまりになりました。今年も大きな会場でのインスターレーションや、京橋での新しい空間での発表など、出会いの多い制作が相次ぎました。作者としてはとても有り難いことで、ますます

  • episode 佐藤康子氏二十五絃箏リサイタル

    小宮公園・八王子今年も箏曲家・佐藤康子氏のソロリサイタルの舞台を制作しました。前回に続き竹を部材に使用し、会場に相応しい風景を作りました。竹は自宅に近い長沼公園の入口にある神社さまから頂戴したもの。傾斜地にあるためか、今夏の猛暑の影響のため

  • GALLERYふたつの月企画展 畑中教孝展

     狭山教室の2階にある「GALLERYふたつの月」。11月7日よりギャラリーの企画第2弾として、京都府立陶工訓練校の後輩になる畑中教孝展を開催することになりました。畑中さんは京都時代には、日展理事であり日本藝術院会員でもある森野泰

  • 川合牧人展 ギャラリー檜e・f

    ギャラリー檜 f 展示会後の雑務もほぼすませて、ふだんの時にもどりつつ、次回の展望を楽しんでいます。今回は会期中に、次回の個展を決めてしまうというスムースな展開になりました。新たな手段を獲得した展示でしたので、その意味ではとても有

  • 川合牧人展 ギャラリー檜 京橋

    ギャラリー檜 京橋 昨日、川合牧人展を終了いたしました。おかげさまで、多くの出会いに恵まれました。御礼申し上げます。会場でお会いできない方も多くいらっしゃいました。お詫び申し上げます。次回は2020年10月5日〜10日。再会を楽し

  • 川合牧人展 ギャラリー檜 京橋

    いよいよ本日よりギャラリー檜にて、陶によるインスタレーション展を開催いたします。こちらのスペースでは初めての個展ですが、大小ある二つの空間をつなげて、”時の流れ”を意識しつつも、流れにはおさまらない”間&

  • 川合牧人展 ギャラリー檜・京橋

    陶製の象ここのところ動物の立体を用いて物語を創作しているのは、そんなにも考えがあったことではなく、ありのままに見たものを流れに任せて、反映させているだけのことです。器の制作を生業としていたら、なかなか難しい内容ですので、一般的な陶芸とは少し

  • 川合牧人展 ギャラリー檜 京橋

    白磁・包花陶の造形作品によるインスターレーションは2010年の村松画廊・京橋から始まり今回で6回目となります。その間には華道家とのコラボという形で空間をうめる展示を毎年のように開催してきました。2010年以前というと、やはり造形作品を作って

カテゴリー一覧
商用