searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Manforさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
戦争を語るブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/manfor/
ブログ紹介文
第二次世界大戦から現代のネット戦争まで、あらゆる諍いをネタにするブログ。
更新頻度(1年)

22回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2005/08/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Manforさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Manforさん
ブログタイトル
戦争を語るブログ
更新頻度
22回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
戦争を語るブログ

Manforさんの新着記事

1件〜30件

  • 意地でも国民に楽をさせない今の政府

    現政権のコロナ対策での吝嗇ぶりが際立っている。株価の吊り上げや五輪開催には民の血税を惜しみなく投じながら、肝心要のこの時に人の命を気遣うでなく、ただ治安維持のため医療崩壊を防ぐのに腐心する。(図星だろ?)全国民に十万円を一律給付する提案もやはりという

  • 馬鹿の祭典

    東京五輪中止についてはすでに、「ザマを見ろ」と思う気すらおきない。まったく不愉快な空騒ぎでしかなかった。今の歴史家たちは75年前の出来事について、書いている。「1945年の大日本帝国は天皇の処遇にこだわって、選択肢のない降伏勧告の受諾を遅らせるうちに二都市

  • 東京封鎖

    馬鹿だね。イタリアの二の舞じゃないか。小池百合子(まだ都知事やってんの)が会見で、「最悪の場合、都市の封鎖など強力な措置をとらざるを得なくなるかも(意訳)」とのたまった。これはつまり、そうならないよう都民の皆さんにコロナ対策での協力をお願いしたいとの訓

  • 東京コロナ五輪

    今回の「コロナ五輪」ほどオリンピックの根底に横たわった問題を突き付けてくれたものはないだろう。大事なのは、選び抜かれたアスリートの栄誉なんかじゃない。人類全体の健康だってことを。ところで。五輪と言えば。昔のNHKで『プロジェクトX』ってドキュメント番組

  • イタリア戦線

    イタリアの死者数 中国超え世界最多に 新型コロナウイルス(NHK NEWS WEB)https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200320/k10012341271000.htmlすでに発覚した感染者四万人。死者数は3400人に達したという。イタリアの国旗があったら、謹んで弔旗にして掲揚したいと思

  • 安倍総理「五輪開催、G7の支持得た」 共同声明には記述なし

    ……………………。インフルエンザの流行で学校閉鎖となり、重篤の子もいる状況で、「ねえねえ、今度ぼくのお誕生会、盛大にやるからさ。みんな集まってよ。いいだろ?」とはしゃぎまわるようなものか。大人がやったら、人格を疑われる。「悪いけど、その日はダメな

  • マスク

    ちなみに。さらなる予想、それも不吉な予想になるが。次に日本で不足するものは疑いもない、葬儀業者、棺桶、火葬場といった遺体処理に関わる物資や人材に違いあるまい。 この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

  • スーパーチューズデー

    アメリカ大統領選挙の前哨戦。「スーパー・チューズデー」ではバイデンが勝者となり、躍進していたサンダースが民主党代表に選ばれるのは難しくなった。だが民主党がトランプ政権を倒すには、バイデンだけでは無理だろう。サンダースに副大統領の座を約束などしてその支持

  • セザール賞

    フランス映画芸術技術アカデミーは、ドレフュス事件を描く映画でロマン・ポランスキーにセザール賞の最高監督賞を授与。波紋を呼んだ。MeToo(ミートゥー)派すなわち過激派フェミニストが猛反発だ。La tension monte d’un cran 2 heures avant le debut de la ceremon

  • 結果(2020年ハリウッド・アカデミー賞予想)

    まあ、こういうことです。2020年アカデミー賞 予想の結果(2020年2月10日)×作品賞×監督賞◎脚本賞◎脚色賞◎主演男優賞◎主演女優賞◎助演男優賞◎助演女優賞◎撮影賞◎編集賞◎美術賞◎衣装デザイン賞◎メーキャップ賞×視覚効果賞×録音賞◎音響効

  • 2020年アカデミー賞最終予想

    はい。今年のハリウッド・アカデミー祭オスカー像授与式典での最終予想。いろいろ言いたことはありますが、別に自分が受賞するわけじゃないので控えておきます。2020年アカデミー賞受賞作最終予想(2020年2月9日)作品賞監督賞脚本賞脚色賞主演男優賞主演女優賞

  • 2020年アカデミー賞予想(第二次)

    はい。2020年ハリウッド・アカデミー祭り受賞作の第二次予想です。前回の第一次予想から微妙に変わりました。今年のアカデミー賞 第二次予想作品賞監督賞脚本賞脚色賞主演男優賞主演女優賞助演男優賞助演女優賞撮影賞録音賞編集賞視覚効果賞音響効果賞美

  • 2020年アカデミー賞予想(第一次)

    去年は、全24部門中20部門を予想し、16部門で的中。一定の戦果を挙げたのに味を占め、今年もやります。今年のあかでみー賞 第一次予想作品賞   あのカタカナの長い題のやつ監督賞   フィリップス脚本賞   わんす・あぽん・あたい・むいん・はりうっど脚

  • 「霊能大戦」2

     最初に思いついたのは、教会へ逃げ込んでマリア様の加護を受けることだった。 このあたりはカトリック教団の力が絶大で、どれほど過疎な村落にも、こじんまりしているが瀟洒な外観の伝道所が建てられている。 守ってもらおう。あの建物、あのたのもしい神父様に。 

  • 霊能大戦

     安らかだった。 それが襲ってくるまでは。 星空と呼ばれる満天にひろがった他の天体の群れが発する瞬きは、いずれすべての領域が人類の生存圏となりその技術文明で覆いつくされる宇宙規模での繁栄を約するかのようだった。 リマは胸の昂ぶりを覚えた。 ラジオで

  • 『ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ』はなぜ爆受けしない? 怪獣四つも出るのに

    『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が北米公開。https://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=godzilla2.htm初日の売り上げ約2000万ドル。2014年版『ゴジラ』の半分の額で、『ジョン・ウイック3』(2200万ドル)にも及ばない。大ヒットに違いないが意外な集客

  • 『Yasuke』

    ひさしく前からハリウッドで企画が進行している、織田信長に仕えた黒人侍を描く『ヤスケ』について思うことがある。「うるせー。欲しいのは『ヤスケ』の実情報だ、おまえの思いなんか知るか」だと?わかってる、わかってる。でも、ぼくの映画の予想はだいたい当たるので

  • ハリウッド製ポケモン映画は果たして当たるか?

    こんな映画が今日から世界に先がけ、本邦公開される。日本のゲームキャラがハリウッドに上陸して大丈夫なの?たぶん案じなくていいと思う。これはハリウッドの映画人が世界市場で稼ぐために作ったものだ。日本製コンテンツでも、あちらの手にかかれば商品価値が見違

  • 『エンドゲーム』はマーベル版『史上最大の作戦』だ

    『アベンジャーズ・エンドゲーム』、ついに北米公開。「腐れトマト」での評価も悪くないようだし、前売りも爆発的。まあ二十億ドルの収益は確定事項と思ったが。いざ封切ったら、驚くなかれ。初日の興行収益、なんと1億5670万ドル! (ちなみに。『フォースの覚醒』の

  • 小池一夫

    劇画原作者の小池一夫が他界したという。享年83歳。すでに仕事をやり遂げていたような人なので、世間も揺れ動くほどの反応は示さなかった。小池一夫 といえば、知名度で作者を超える作品が少ない気がする。だいたい『子連れ狼』しか思い浮かばない人が多いだろう。そ

  • 『ドクトル・ジバゴ』

    『ドクトル・ジバゴ』といえば。60年代半ばのデビッド・リーン監督によるパナビジョン大作が人気の面で固定化している。多くの人が『ドクトル・ジバゴ』に抱くイメージはここからくるものが多いだろう。リメイクするなど無謀だ。金がかかるし、昔からのファンは「ド

  • 『キングダム』実写映画化

    ロングセラーを誇る人気劇画の実写映画化。「期待しかない」などとはけっして言えない。それどころか。『敦煌』と『進撃の巨人』を合わせたような凡庸きわまりないものにされた可能性、無きにしも在らず。無理もないというか当然というか。出演者がどれも日本俳優に

  • 結果

    オスカー授与式、終わった。全24部門中20部門を予想、16部門で的中だ。(興味ない4部門は最初から予想せず)つまり総合で、66%の的中率。ちなみに。予想を外した四部門で授与されたのは――。作品賞     『グリーンブック』主演女優賞  オリビア・コー

  • 今年度の米国アカデミー賞を臆面もなく予想する

    他の賞での成績や下馬評にもとづいた、誰にでも出来るような予想。したがって、半分はハズれるだろう。作品賞『ブラックパンサー』か『ボヘミアン・ラプソディ』のどちらかだが。質的には『ボヘミアン――』が優れていよう。しかし。ハリウッドはいかにもアメリカ映画

  • 大寒波は天恵の到来かもしれない。

    アメリカを襲っている大寒波こそは天恵の到来かもしれない。これで現政権の対処がいつも通りのアレならば、現に厳しい寒気に見舞われたラストベルトの有権者はトランプから離れる。それは民主党にとって形勢挽回の大きなチャンスとなるだろう。むろん何億人ものアメ

  • 竹田のこもり唄

    IOCの竹田会長がフランス検察から、五輪招致をめぐる贈収賄の疑いでいよいよ起訴されるらしい。今年最初の良いニュースなのに、素直に喜べないのが残念だ。 なにせ日本は、総理大臣の賄賂でさえ不起訴で終わらせる国だから。関連リンク「戦争力と平和力」(当ブロ

  • 昨日のことで恐縮ながら

    しめやかにTPP協定が発効されました。日本、カナダ、オーストラリアとニュージーランド、それからシンガポールにメキシコ、当座はこれら六か国間での関税撤廃。なんか、いろんな品目が込み入っててややこしいけど。とりあえず、お米と小麦、大豆の値が下がれば暮らしが楽

  • ついに戻らなかった北方領土

    いや、領土が自分から戻ってくるわけない。犬じゃあるまいし、帰巣本能もなし。プーチンがとうとう返さなかったということで。かくして「犬の年」は暮れ、来年からは猪突の様相を見せるのか。ロシア軍、北方領土に防衛線ロシア軍が2020年までに千島列島や北方領土

  • 伊400型

    攻撃型の潜水空母である。全長はUボートの倍。敵地で急速浮上、折りたたみ式の搭載機をカタパルトで発進させる。地球を一周半できる航行距離により、地上のどこにでも爆撃が可能という。いや、仮想戦記の話じゃない。大戦末期、日本海軍が現実にあらしめた戦力だ。三

  • 「こうすれば勝てた」というタブー

    あの戦争で日本が負けた理由、つまり一億決死の覚悟で戦ったのに勝てなかったのはなぜかを、物量面でのアメリカの絶対的優位に帰結させる意見があまりに多い。負けたのは自分たちが弱かったから、無能だったから。あるいは作戦をしくじらず、別のやり方でいけば勝てたとは

カテゴリー一覧
商用