chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ojisann58
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/09/21

1件〜100件

  • 評価されない小論文・レポートのパターン(コラム3)

     「コラム2」では、「論理思考の観点」から、評価されない小論文・レポートのパターンを述べました。  今回も、「論理思考の観点」から、もう一つの評価されない小論文・レポートのパターンを述べます。 1,説明・考察に「ずれ」がある  論点がずれている文章は意外と多いです。しかし、...

  • 評価されない小論文・レポートのパターン(コラム2)

     時代と価値観の変化に伴い、小論文・レポートの評価基準も変化しています。 1,従来型の評価は「知識の確認」  たとえば、企業の研修レポートならば、研修で学んだ内容を理解しているかどうか。  大学入試の小論文ならば、出題分野についての知識があるかどうか。  この場合、小論文・...

  • 論理思考 その7「課題とは何か」

     「論理思考その6」で、「論点を設定する」「問いを繰り返すことで課題を明確にする」ことを述べました。  今回は、「課題」について、もう少し述べます。 1,課題とは何か  問いを繰り返すことで、課題をあぶり出します。  課題を突き詰めていくと、ジレンマが現れる場合があります。...

  • 論理思考 その6「課題を明確にする」

     C評価にしかならない小論文・レポートに「論点がない」ことがあります。  「論点がないからC評価」ということではありません。論点がないために、「課題に対する考えが提示されない」「持論や一般論の羅列に過ぎない」ことがC評価の根拠となります。逆に言えば、論点さえ設定されていれば...

  • 論理思考 その5「根拠の重要性」

     評価の低い小論文・レポートに共通するのは、「根拠への言及がない」「文脈から根拠と読み取れるが根拠として明示されていない」「根拠が弱い」です。  今回は、根拠について考えます。 1,根拠が弱い、説得力が低いと評価される2つのパターン ⑴事実の反転「Xが必要である。なぜならX...

  • 論理思考 その4「何を回答すればよいのか」

     与えられたテーマ・課題に対して、自分の考えを持つことは大切です。ただし、自分の考えたことを「すべて・そのまま」答えることは評価につながりません。小論文・レポートで求められるのは、自分の考えたことの中から「与えられたテーマ・課題に対する考え」を回答することです。 1,評価の...

  • 論理的な考察・説明のために(その3,書く前の準備)

     小論文・レポートのゴールは何ですか?  大学入試・昇進試験の場合は、「合格」と考える人も多いです。  では、「合格」と評価される小論文・レポートとはどのようなものでしょうか。 1,まず、相手を意識すること ⑴小論文・レポートを評価するのは、あなたが知らない人  もちろん、...

  • 論理的な考察・説明のために(その2,小論文編)

     ロジカルシンキングという言葉があります。  小論文・レポートで求められていることの一つは「論理性」です。では、「論理的に思考する」とはどういうことか、どうすればよいか、以下の例題から考えてみましょう。 【例題・大学入試の小論文】  医師に求められる資質とはどのようなもので...

  • 論理的な考察・説明のために(その1)

     ロジカルシンキングという言葉があります。  小論文・レポートで求められていることの一つは「論理性」です。では、「論理的に思考する」とはどういうことか、どうすればよいか、以下の例題から考えてみましょう。 【例題・企業レポート】  管理職に求められる資質とはどのようなものであ...

  • 評価されない小論文・レポートのパターン(コラム1)

    1,大学入試・企業内の昇進試験で問われていること ⑴大学受験をする高校生にする、定番のたとえ話  音楽大学の入試では、「ピアノ」が必須です。「ピアノが弾けること」が音楽大学進学の前提条件です。   つまり、「ピアノは弾けないが、ピアノを弾けるようになりたいから音楽大学に進み...

  • 小論文・レポートの段落構成

     評価が低い文章に共通する傾向として、「段落構成がないこと」があります。  まず「型を整えること」を意識するとよいでしょう。具体的には、「段落構成×見出し」の工夫です。ところで、段落構成はなぜ必要なのでしょうか。  今回は、段落構成の意味を考察することからはじめます。 1,...

  • そして、出題条件の確認(その2「出題意図を理解する」)

     下の例題について、前回は「文字数」について考察しました。  今回は、「出題意図」という視点から考察します。  まず、例題をご覧ください。 【例題】 ⑴企業レポート  役職者に求められる資質とはどのようなものであると考えるか。当社が抱えるさまざまな課題を考慮し、A4版で3枚...

  • そして、出題条件の確認(その1「文字数を守る」)

     今日は、まず「例題」を提示します。 【例題】 ⑴企業レポート  役職者に求められる資質とはどのようなものであると考えるか。当社が抱えるさまざまな課題を考慮し、A4版で3枚程度でまとめること。 ⑵大学入試の小論文  医師に求められる資質とはどのようなものであると考えるか。今...

  • 次に、表記の原則(原稿用紙の使い方に準じること)

     小論文・レポートの表記について、最近、顕著な傾向があります。  それは、「インターネット記事」「SNS・ブログ」などに特有の文体・表記で書かれた文章が増えてきたことです。  小論文・レポートは、いわゆる「原稿用紙の使い方」に準じて表記してください。 1,ネットニュースの文...

  • まず、書式の設定

     小論文やレポートの提出も、原稿用紙などの「紙(ペーパー)」での提出から、データでの提出に変わっています。  今回は、「Word」での提出を例に「書式設定」を確認します。  具体的には、「字数×行数」「フォント」「フォントサイズ」などです。 1,評価が低くなる小論文・レポー...

  • このブログで伝えたいこと

    1,小論文、レポートを書いている方々へ (1)自己紹介を兼ねて   私の仕事の一つに、「学生が書く小論文」「社会人が書くレポート」の評価があります。  社会人が書くレポートには、「社内研修を受講した際に課されるレポート」「昇進試験科目としてのレポート」もあります。  こうし...

ブログリーダー」を活用して、ojisann58さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ojisann58さん
ブログタイトル
評価を高めるための「レポート・小論文」の書き方
フォロー
評価を高めるための「レポート・小論文」の書き方

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用