chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 色褪せたバイクウェアを蘇らせたいんだ!

    黒の衣服は紫外線に弱い。お気に入りのバイクウェアが白っぽくなってきたので何とか染め直せないものだろうか。 ネットで調べているとドイツ製ドクターベックマンが評判いいらしい。 なになに?洗濯機に黒いシートを2~3枚入れて一緒に洗うと黒さが甦るだと? ネットによれば温水のほうが効果が一層出るらしい。 お風呂に染めたいものを入れ、熱めのお湯をはる。 3時間ほど放置して洗濯機に移し通常洗濯。 ・・・・・ それでは、効果のほどをご覧いただこう。 まずは、帽子 ビフォー アフター ん?どうかな?締め切った部屋の蛍光灯だけの明かりなので光の条件は一緒だ。 続いて、カーゴパンツ ビフォー アフター ん?ん? 最…

  • ボスからの指示 豊橋編

    この日は台風が西日本を襲い広島~博多間の新幹線が運休している。こりゃ、本格的に荒れる前に東に向かおう。 広島始発の新幹線に乗客の姿はまばらだった。みんな台風のため遠出を避けているのだろうか。 早めに発ったおかげで問題なく豊橋につく。静岡県に接する愛知県南東部の都市だ。 人生何回目の豊橋だろう。 待ち合わせの時間には3時間ほど早い。どうしようか。 駅前の商店街でレンタサイクルを見つけたので550円支払い自転車を借りる。 やってきたのは吉田城址。 吉田城 (三河国) - Wikipedia 鉄櫓が復元されていて無料で見学できる。 なになに?姫路城をこしらえた築城の名手 池田輝政も手掛けた時代があっ…

  • ボスからの指示 広島編

    釧路から帰ってきた翌日、あまりに天気がいいので、ぷらりと出かけてみた。 埠頭から函館山を望む。岸壁には所狭しと釣り人が並んでいる。 バイクを走らせ函館山の西端 立待岬にやってきた。 切り立った岩肌は五稜郭の石垣や、軍の要塞であった函館山の石材に使われていたようだ。 のどかだな。 プルルル ボスからの電話だ。 (▼皿▼)「広島へ行け」 今から?そうなんだね、今なんだね。 いやぁ、懐かしい喫煙所だ。とても一昨日来たとは思えない。 空港ロビーも変わってないなぁ。 羽田空港で広島行きに乗り換える。 ボスからのあっち行け、こっち行けの繰り返しで獲得したANAのゴールドステータス。ラウンジでゆっくりさせ…

  • ボスからの指示 釧路編

    (▼皿▼)「釧路へ行って来い」 久しぶりにボスからの指示が来た。 函館からだと高速で7時間。JRだともっとかかる。交通費が出るのでバイクで行きたい気持ちを抑えつつ、飛行機で行くことにしよう。 始まりはいつもここから。喫煙所で気持ちを整え、チェックインする。 函館からは札幌で乗り換えて釧路に向かう。ANAは新千歳、JAL系であるHACは丘珠経由だ。 釧路に降り立つとスタッフに迎えられ釧路駅前にあるホテルに向かう。 釧路駅前 おおっ、ここは有名なアドベンチャーゲーム「オホーツクに消ゆ」の北海道で最初に担当刑事に合う重要な舞台ではないかっ! まずは、和商市場へ。ここでクライアントと打ち合わせを行う。…

  • 奥尻ツーリング 続編

    焚火に揺られながら焼酎のお湯割りをちびりちびりと。 …ゴゴ…ゴゴゴオオオオオォォ 彡(((*ω* ))彡彡 突然の強風!! やばい、やばい! まずは火を消さなければ、そうだ、水だ、水! 席を立ち、水を汲みに行く。 振り返ると火の手が大きくなっている。 ナニ━━(;゚Д゚);゚Д゚);゚Д゚);゚Д゚)━━イィッ!!! なんと、椅子が燃えているではないかっ! やびゃい、やびゃい! タイヘンダァ!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ タイヘンダァ!! ・・・・ 白々と夜が明けてきた。 長い間、旅の疲れを癒してきてくれたSOOMLOOMは見るも無残な姿になってしまった。 ありゃぁ。 日本海…

  • 奥尻ツーリング

    夏が終わってしまう。(´;ω;`)ウゥゥ 今年最後のキャンプツーリングはどこにしよう。 ・・・1泊2日 そうだ!奥尻へ行こう! そうと決まれば江差港へGO!! まずは、ぐるっと道南 渡島半島を時計回りに走る。 茂辺地にやってきた。 ここには、かつて札幌~東京間を駆け抜けた寝台特急北斗星が簡易ホテルとして常態保存されている。 いろんな人の夢を乗せて走っていた頃が懐かしい。 知内では、青函トンネル入り口が見ることができる。 長いトンネルを抜けると、青森だ。 ハートランドフェリー江差にやってきた。 フェリーに乗ると、ザ・旅人感が出ていいよね。 しばしのお別れ。いい子にしてるんだよ。 さらば北海道、す…

  • 道産子バーベキュー

    \(・ω・)/夏 真っ只中。 さすがの北海道でも、どこへ行っても人だらけなので大人しく家でバーベキューをしよう。 北海道のバーベキューは大きく2つに分かれる。 1、ジンギスカン 2、海鮮物 結局最後は、ごちゃ混ぜになるのだが、今回は海鮮物メインで行くとしよう。 そうと決まれば、まずは買い出し。 バイクで60分ほどかけて、前回見つけた乙部町の直売所に行く。 barbizon.hateblo.jp どうやら、カキは今週で終わりのようだ。 カキ1㎏500円なり。1㎏で5~6個あるのかな? どーんと5㎏大人買いしますよ。 他にもアワビや青ツブ、ホッケをしこたま購入する。 ┐(・∀・┐)ゲッツ‼ 続き…

  • 謎の日本縦断 その3

    すでに富山での任務は終えていたので、一日休養した後、帰還命令が出た。せっかく富山まで来たので軽く観光できる所を考える。 黒部アルペンルート→人が多そう 登山→疲れそう 海水浴→一人じゃ寂しい 思い浮かんでは消え、なかなか決まらない。 ええい、取り合えず走り出そう。向かった先は立山。 ここには地獄のアミューズメントパークがあるという。 まんだら遊苑。なんとも淫靡な響きだ。 富山県/まんだら遊苑 地界エリアの細道は随所から餓鬼の呻き声が聞こえる。その一つに聞き覚えがあり必死に思い出す。 ・・・・・・・はっ、そうだ! 北海道のとあるキャンプ場で、行く度に夜中うなされる。その時に耳元で聞こえる騒めきと…

  • 謎の日本縦断 その2

    一晩中エアコンをつけていたが、部屋の中は蒸し暑い。道産子には厳しい。午前10時に指定場所に行けとのことなので、朝はゆっくり過ごすことができる。 せっかく大分県まで来たので少し散策したい。早々に朝食の弁当を平らげ、チェックアウトする。 ホテルから歩いて10分程の所に大友氏ゆかりの府内城跡がある。 お盆中だが平日であるため、出勤する公務員に混ざって大分県庁前を通り過ぎる。 県庁の側にある府内城は外堀のみ整備されていて天守閣はない。現在、城内は駐車場として利用されており、見所もないためか観光客はいない。 門や土塁をゆっくり見て回る。併設されていた神社でお参りをする。 早く、平穏な生活が送れますように…

  • 謎の日本縦断 その1

    組織の頭脳であるボスの指令は、いつも突然だ。今回の移動行程は、推理作家でも思いつかないだろう。まずは車でフェリーに乗り本州に渡る。高速に乗り富山へ向かえとのこと。 20時15分 函館発青森行きのフェリーはコロナの影響もあってか、例年の夏の帰省シーズンに比べると幾分空いている。 船内に持ち込んだ弁当をノンアルコールビールで無理矢理胃の中に流し込み、仮眠をとる。昨日の東北地方を襲った豪雨の影響もなく、航海中に大きな揺れはなかった。 深夜0時15分 定刻に青森に着岸する。 土砂崩れのため通行止めだった東北自動車道は懸命の復旧作業をおわらせ、夕方に通行止め解除となった。青森インターから高速道路に乗る。…

  • 寿都ツーリング

    天気が不安定だ。道南は雨模様だが、後志(札幌から西に位置する地方)は曇りマークだ。よしっ、寿都に向けて出発だ! お昼前に旅立ったので、どこかで昼食をとらねば。 やってきましたのは、みんな大好き「緑とロックの広場」! みどりとロックの広場 | 北海道森町 「車両進入禁止」 これは、歩けば入ってもいいんだよね。 無料のいいキャンプ場なのにクマが出やすかったり、マニアックすぎて利用客がおらず、今は廃墟のようだ。 優雅に昼食をたしなむ。 ・・・・・・・ さて、やってきましたのは、ご存じ「寿都浜中野営場」言わずと知れた穴場の無料キャンプ場である。 そんなに混んでないな。 ここをキャンプ地とする! テント…

  • 茂辺地キャンプツーリング

    夏休みだ!キャンプに行きたい!ツーリングに行きたい! でも、どこにいっても人がいっぱい↷。 道南はあまり人気のないエリアなので、そんなに人がいないに違いない。 密を避け、ひっそりとキャンプしよう。 やってきましたのは函館の西側、北斗市にある湯ノ沢水辺公園キャンプ場。 湯の沢水辺公園キャンプ場 - 北斗市 トイレがきれいなのとサイトが区画分けされ、乗り入れOKなキャンプ場だ。しかも無料ときたもんだ。 週末なのでファミリーがいっぱい。 焚火をしたいので少し離れた川沿いに設営する。 のんびり夕食の準備をしていると、 o孕o三チャリンチャリン ファミリーキャンプのチビッ子が自転車でやってきた。目の前に…

  • 安曇野に行ってきた。

    今日は焼津駅まで待ち合わせだ。ホテルを出ると、すでに30℃を超えて立っていても汗が出てくる。 たまらず、駅前の喫茶店で涼をとる。 友人と合流して、やってきましたのは、小川港魚河岸食堂! www.yaizu-uonaka.or.jp 焼津定食とへそフライを食らふ。 さすが、本場のマグロはおいしい。 焼津にて所用を済まし、車に乗り安曇野へと向かう。 新しい高速は快適そのもの。こういう便利なものができてくると役目を終えるものも生まれる。最たるものが鉄道だ。情緒的になってはいけないが複雑な心境だ。 涼しく過ごしやすい安曇野。夕方になり少し寂しさを感じる街に繰り出し、地酒とともに夜は更けていく。 おはよ…

  • 焼津に行ってきた。

    行きたくない。暑いだろうし、コロナも怖い。 日曜の朝、無理やり体を起こし空港に向かう。 函館空港の喫煙所に閉じこもり出発時間を待つ。 今日は移動だけだ。焼津までどうやって行こうかな? 羽田空港に着いて。 品川で乗り継いで。 熱海に来た。 新幹線で早く着いてもやることないので、のんびり東海道線で移動する。 コンビニで買ったサンドイッチをホームでいただく。蝉の声が大きい。夏真っ盛りだね。 焼津に着いた。何事もなく改札を出ようとするとICカードのエラー表示が出る。友人改札に向かいICカードを渡す。 ピピピッ 駅員「どちらから来られました?」 (・`ω´・)キリッ「函館からです!」 駅員「品川ですね」…

  • 札幌ツーリング2回目

    北海道一周ツーリングを終えて、脱力感半端ない今日この頃、久しぶりに札幌で会合が開かれることになった。 天気もいいことだし、バイクでいかない手はない。 ホテルも準備してくれるというので、軽装バージョンで出発だ。 ホムセン箱は留守番である。 道の駅とうや湖で休憩。ここには洞爺湖が一望できるという展望台がある。 もうちょい高台だともっときれいだろうな。 中山峠にさしかかる前に、興味をそそられる”のぼり”が目に入った。 時期的に冷凍物かな?でも、おいしい。 一日いちゆできび(道産子は、とうもろこしのことを”きび”もしくは”きみ”と言ふ) 中山峠でいっぷく。 ここまでは涼しい。天気予報では札幌市内は30…

  • 2022北海道一周ツーリング 後日談

    今回の北海道ツーリングでオマケとして設けたチャレンジ企画、どうなったか気になるところ。 ドキドキ(゜∀゜*)(*゜∀゜) ( ^ω^)ワクワク 結果発表!! 1、全て無料キャンプ場 →一日目 ○天塩川リバーサイドキャンプ場 →二日目 ○稚内森林公園キャンプ場 →三日目 ○開陽台キャンプ場 →四日目 ○ナウマン公園キャンプ場 →五日目 ✖ホテル浦河イン(しかも、宿泊代を出してもらった。) 失敗 ま、いい。楽しかったら。 2、有料道路を使わない フェリーは道路じゃないよねっ。 これは成功! 3、ホクレンフラッグ完全制覇 三色揃い踏み、成功! 4、ダイエットチャレンジ 出発前夜は、*6.4㎏だっ…

  • 2022北海道一周ツーリング 6日目

    目覚め最高! 昨日はしこたま飲んで、しこたま食べた。ホテルの部屋に帰り、ベットで寝れば心置きなく寝返りが打てる喜び。でも、私が求めていたのはこんな旅じゃない。もっと、こうワイルドな旅だ。 でも、楽しかった。友人よ、ありがとう。 長居は無用とホテルを後にしてバイクにまたがる。 浦河町の北に、日高に来るたびに必ずお参りする祠がある。 知る人ぞ知る、子授け地蔵だ。かなりご利益があるようだぞ。 国道沿いには競馬ファン憧れの有名な牧場が連なる。馬を眺めながら無料の自動車専用道路に乗り、鵡川町の道の駅に来た。 一般的なカペリンではなく、本物のししゃもを購入する。水を汲み忘れていたのでGETする。 ここから…

  • 2022北海道一周ツーリング 5日目

    なぜだろう?4組しかキャンプしていないのにトイレに行くと必ずついてくる男がいる。たまたま一緒だったのか?はたまた・・・ 余計なことは考えないようにしよう。 おはようございます。 今日はいい天気だ! じっくりテントを乾かし、サクッと撤収して出発! 目指すは大樹町宇宙交流センターSORA。 大樹町宇宙交流センター SORA | 北海道大樹町公式ホームページ 田園地帯に巨大な建造物が現れた。ホリエモンこと堀江貴文氏の関連会社もあり、町ぐるみで宇宙研究開発を後押ししている。 ん?土・日・祝日のみ開館? Σ(゚д゚lll)ガーン 休みならばしかたない。 バイクを走らせ、黄金道路入り口にやって来た。 道…

  • 2022北海道一周ツーリング 4日目

    ばるびぞんを探せ! 正確には左中ほどにあるテントを探せなのだが、ご覧のとおりひどい朝靄。晴れる気配もないので早々に撤収しよう。 道産子は、やきそばといえば”ペヤング”でも”U.F.O.”でもない。マルちゃん焼きそば弁当一択である。何がうれしいかと言えばスープが付いているからだ。 ここで豆知識。かやくを麺の下に入れてからお湯を注げばフタにふっつかないぞ。 ねっ スープもうまい! 開陽台キャンプ場は丘の上にあり駐車場から離れている。横にはバイクでしか登れない細道があり、そのおかげでファミリーキャンパーが少なく静かに過ごせることで人気のあるキャンプ場だ。 昨夜は結構、雨が降った。これからバイクで坂道…

  • 2022北海道一周ツーリング 3日目

    コロナの早期終息を願いつつ、 おはようございます。 まぶしい朝日。今日もいい日になりますように。 優雅に朝食をいただこう。 ん?なんだこれ? よ、47円だと!?安すぎる。賞味期限の見切り品だろうが、コンビニでこの価格。これだからセイコーマートはやめられない。 色とりどりのバイク。みんな遠いところからやって来ている。 さ、出発しよう。 キャンプ場の近くに市内を一望できるタワーがあった。早朝なので登れなかったが、こんな晴れた日はさぞ気持ちいいだろう。 海の向こうは樺太。かつての日本領だ。 実は南樺太は領土未確定地で、帰属国ははっきりしていない。 www.teikokushoin.co.jp 政治的…

  • 2022北海道一周ツーリング 2日目

    戦争が早く終わりますように。 おはようございます。 天塩川リバーサイドキャンプ場の朝は霧が立ち込める。 テント内にて朝食。 よし、出発だ!テントを秒で撤収! そうこうしているうちに霧が晴れてきた。 宗谷本線 天塩川温泉駅 秘境感あふれる駅を後にして、さらに北へ走る。 途中、天塩川に沿って西に進路を取りサロベツ原野を目指す。 河口の天塩町にやってきた。早朝なのか人気が全くない。 北上を続け、果てしない直線が続くサロベツ原野にやってきた。 お決まりの北緯45度のモニュメントでNポーズを決めたのだが、”N”ではなくロシア語の”И”になってしまったのは言わなくていい情報だ。 走っていると天気が良くなっ…

  • 2022北海道一周ツーリング 1日目

    早朝の国道5号線下り線(札幌方面)は高速道路並みに飛ばす人が多い。 登坂車線やゆずり車線になると一斉にアクセルベタ踏み。みんな同じスピードなので、ほとんど変わることのない隊列のまま八雲~長万部を走り抜ける。 すると長万部市街を越えたあたりで分岐が現れる。豊浦方面から札幌や室蘭に向かう国道37号線ルートと、黒松内から余市、小樽方面を回る国道5号線ルートだ。 今回はできるだけ渋滞を避けたいので、このまま5号線を走り、寿都から岩内を抜け、小樽へ向かうルートにしよう。 さて、だいぶお腹が空いてきたぞ。 やってきましたのは蘭越町にある、みんな大好き「道の駅シェルプラザ・港」 平日の朝ということもあって誰…

  • 2022北海道一周ツーリング「出発前夜」

    いや、お待たせしすぎたかもしれません! いよいよ、明日から北海道一周ツーリングの始まりだ! ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪ 興奮して眠れないなんて、いつ以来だろう。 そんな時は、心を落ち着けて綿密な計画を見直そう。 ルートは函館から札幌圏を抜け旭川を通り北上する。オホーツク海側を南下して釧路を抜け、ずずいっと襟裳岬から噴火湾を左手に函館に戻る。 これだけでは面白味がないので、ミッションを加える。 1、全て無料キャンプ場。 2、有料道路を使わない。 3、ホクレンフラッグ完全制覇。 4、ダイエットチャレンジ。はたして何キロやせるか? パッキングも完璧だ。 早速、道南エリアのホクレンフラッ…

  • エキパイ修理

    この間の札幌ツーリング中に、なんか気になった。 排気音が漏れているようだ。 こりゃだめだ。古いバイクなのでエキパイとサイレンサーの接合部分が腐食して穴が開いていた。 よし、本腰入れて素人修理をしよう! 内径は34㎜か。φ(’・ω・' )メモメモ ホームセンターで何かいいものはないかと見ていると、 あった!2㎜の差はパテで埋めよう。口の部分をやすりで削る。 雑に塗り、 アルミメッシュを隙間に入れますれば、 il||li (OдO`) il||li き、きたない・・ ええぃ、これでもくらぇっ! できたっ! 試運転もばっちり。 注:素人方法なので、決してマネしないでください。責任は持ちません。 吹け…

  • 寒い、雨だ、風が強い。

    6月も間近だというのに寒い。日中は20℃を越えるが、日が沈むと10℃前後になる。それでも、短い季節を精一杯楽しんでやる! 国道5号線を何も考えず走っていると、長万部を過ぎたあたり、何もないパーキングに謎のモニュメントがあった。 なんだ、あれ? 碑を読むと1993年に発生して奥尻町を中心に大きな被害をもたらした北海道南西沖地震の被害を忘れまいというものだった。断層を表しているらしい。 しかし、寒い。ブルブル(((*´・ω・ ‛))) どこかで温まろう。 黒松内温泉が近くにあるはずだ。 泉質は無色透明だが、ほんのりとヌルッとする。穴場なので混んでなくオススメだ。 鉄板の風呂上がりのフルーツ牛乳…

  • ラーメンを食べに来た!

    札幌にオープンした「鶏味万彩」については以前の記事で紹介した通り。 barbizon.hateblo.jp いやぁ、美味しかった。 美味しすぎて、また食べたくなった。 ちょっと行ってくる。 まずは、一服。 紙巻きたばこは、外で喫えだと? 飛行機に乗って、 たどり着いた先は、 京都北白川 天下一品 総本店 やはり、本店で食べないとねっ! 限定メニューをいただく。 いやぁ、いつ食べても旨い! たらふく食べてしまったので、少し歩いて叡電に乗る。 長い廊下を歩いて、 ぶらりと花街を歩く。 よさげなお店があった。 かるく一杯。う~ん染みるぜ。 京都の夜は、はんなりと過ぎていくのでありました。 翌朝、ちょ…

  • 乙部(おとべ)に行ってきた。

    ゴールデンウィークが終わり、人の動きが落ち着いた頃、一泊二日で函館の北西に位置する乙部の温泉に来た。 やって来ましたのはバリアフリー完全対応ホテル「あすなろ」 バリアフリーホテルあすなろ | 公式ホームページ 公式には書かれていないが、CAC化粧品工場が近くにあり、関連施設だと思われる。館内に備えられているアメニティはCACの物がいっぱい。 光のゲートが楽しそうな予感。 (´∀`)ワクワク 館内は青と白を基調とした清潔感あふれる造り。 ただ、他にお客さんがいない・・・ 早速、温泉に入る。 露天にはフィンランド式サウナが設置され、お肌もつるっつる。 終始、貸し切り状態だったので、マッサージチェア…

  • 札幌ツーリング

    札幌に行かなければならない。選択肢は5つ。 1、飛行機で行く←高い 2、JRで行く←移動時間が退屈 3、長距離バスで行く←もっと退屈 4、車で行く←せっかく行くなら・・・ 5、バイクで行く!←(・ω・)bグッ という訳で札幌ツーリングの始まり。 先に小樽で用事があるので、国道5号線を北上して長万部から黒松内~岩内を抜け高速に入るルートが渋滞もせず健康にいい。 11:00に小樽で用事を済ませ、ホンダドリーム札幌西に寄り道。 アフリカツインとNT1100のカタログをもらう。 さ、お昼にしよう。 札幌に限らず、全国の旅先で真っ先に探すのが 「天下一品」 非常に残念なのが唯一北海道にあった「すすきの…

  • 奥尻ツーリング(中止)

    ゴールデンウィーク中盤。桜も散りかかるというのに朝晩は冷え込み5℃前後。 サム━(((゚Д゚Д゚Д゚)))━ィ! それでも、ジッとしていられないのでテントを積み込みアテのない旅に出る。 確か函館の西に位置する松前では桜祭りが開催中だ。 その前に北海道唯一の本格城郭 福山城をご覧頂こう。 間違えた。これは町外れにある大人のホテルの廃墟だ。 それでは、ご覧頂こう。 いやぁ、堂々たる佇まい。天守閣は小さいが、桜に映える。 それにしても大賑わいだ。マスク姿でなければコロナ禍前と変わらない。駐輪場がないので300円を払い有料駐車場の片隅に停めさせてもらった。 さて、どうしよう。(。-`ω´-)ウーン こ…

  • 強風キャンプツーリング

    ゴールデンウィーク!\(^o^)/ ジッとしていられないので人混みを避けつつツーリングに行こう! 着きましたのは、みんな大好き寿都浜中野営場。ここなら昨今のキャンプブームとはいえ、混んでないだろう。 よしよし。あまり人はいないぞ。 そうと決まれば、サクサクッと設営! それにしても風が強い。ガイドロープを二本追加して、あとはテントを信じよう。 ブルンブルン回る風車。 温泉に入りたかったが、風が強いのでテントが心配。それ以上に寒い。東北では雪が降っているようだ。 そういう時は、夕食を楽しもう。 安定のセイコーマートジンギスカンと、もやしのセット。ご飯を0.5合炊けば、おなか一杯。 この幸せを伝えら…

  • 長万部ツーリング

    待ちに待ったツーリングシーズン! ☆‐\(*’∀’)八(’∀’*)/イエーイ キャンプツーリングに行こうではないか! 天気予報を見ると、晴れ! ん? 【最低気温1度】 これは、少し寒いんでないかい? というわけで、日帰りツーリングにしよう。 まずは国道五号線をひたすら北上する。 やってきましたのは、長万部「横手商店」 長万部のソウルフード、カニめしで有名な店だ。 昔は、沿道にずらっとドライブインが連なっていたのだが、時代の流れとともに役割を終え、廃墟が目立つ。そんな中、頑張って営業を続ける老舗、買わない手はない。 残念ながら店内での飲食はできなかったが、持ち帰り弁当を購入。 どこで食べようかな…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ9

    出典:警察庁教官「よく眠れましたか?」 (・ω・)「はいっ」 実は緊張で寝不足だ。 自分に言い聞かせるように手続きを済ませる。 教官「小型、普通、大型の順番でやるからねっ」 トップバッターというのも嫌だが、トリというもの緊張が蓄積されて嫌なもんだ。 他の人の試験をぼーっと眺める。 ん?今のなんだ?コース上で練習している一般教習車が突然停止したり、予期せぬ動きをしたり。こ、これはシミュレーター以上の過酷な状況ではないか。 検定だからと言ってコース貸し切りではないけど、不安が募る。 試験官「さ、準備ができたら出発して。」 (・`ω´・)「行きまーす」 お、他の教習車がハザードを点けて停車しだしたぞ…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ8

    泣いても今日が教習最終回。 試験本番と同じように教官が後ろから煽りながらコースを走る。 ふっ、完璧な私の辞書には緊張という二文字はない。 出典:警察庁余裕でコースをこなす。 鬼門の一つ、波状路を難なくこなし、急制動から一本橋だ。 ソロリソロリと、ぼこっ (・ω・)落ちた。 教官「ア”------ッ!!」 そんなに大きな声で叫ばなくても、ほら、みんな見てるじゃないか。 カチッ 心の底でなんかのスイッチが入った音がした。その後、ガチガチになりやればやるほど一本橋で落ちてしまう。 教官「そんなに、緊張しないで、ねっ」 泣いても明日試験だ。 つづく

  • 大型二輪免許を取りたいんだ7

    コースは覚えた。波状路はほぼ完璧。一本橋が3回に1回は脱輪してしまう。 もう10秒にこだわらず8秒くらいで走り抜け減点された方がいいと開き直ろう。 出典:警察庁 教官「お~い、みんなおいでぇ~」 ぞろぞろと生徒が集まる。 教官「さ、バルさん、走ってみて」 ん?なんのために? 教官「さ、第二回路、走ってみて」 ??とりあえず、注目される中、試験コースを走ってみる。問題なく波状路、一本橋をこなし最後はスラロームだ。視線を感じながら最後は白バイのようにキメてやろうか。 ドコッ あ、パイロンに当たった。調子こいてしまった。 『あ”-』まるでゴルフの最終ホールでウィニングパットを外した時のギャラリーのよ…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ6

    今日は緊急回避。教官が手を挙げた方向に瞬時にかわす。問題なくこなし、あとはコースの練習。 出典:警察庁検定を前に微妙に心配な点を確認する。ウィンカーの出すタイミングや、乗車時の所作の順番など。当たり前の行動が採点ポイントなのだろう。 ばっと足を上げてバイクにまたがる。そのうち足が上がらなくなってバイクにまたがれなくなったり、バイクを操る体力がなくなったら引退する時期なのかもしれない。 つづいて、シミュレーターに乗った。 ゲームセンターでおなじみ、ハングオンだ! XPの起動画面の後、プレステ1並みのグラフィックゲームがスタートした。 ゲーム中、右折しようと交差点で待っていると対向車のバスがパッシ…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ5

    早いもので5日目に突入した。3日目から1時間ずつになった。最初欲張って2時間やりたいと思っていたが、波状路特訓による体力の限界や、覚えることの復習を考えると1時間の方が自分に合っているようだ。 出典:警察庁だんだん、この女性が可愛く見えてきた。 花子さん、もうすぐだよ。 待合室で検定コースの掲示をじっと眺める。第1回路と第2回路。2種類あるのだが、よーく見れば、ほとんど同じ。S字のあとの波状路への行き方が信号を経由するのか、外回りから行くのか。その後はしばらく同じで最後のスラロームとクランクの順番が違うだけ。 うん、うん、あそこで曲がって、右に寄せる。うん、うん。 覚えた!!(☆ω☆)キラリー…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ4

    前回から夜間教習のため1日1時限になる。 今日はひたすら波状路と一本橋の練習。 波状路はちょっとコツがつかめてきたかな? 前輪が段差に当たる瞬間にブォンと半クラふかす。5秒ルールは気にしなくても到達できそうな感じになってきた。 でも、前のめりに立ち乗りになり、体重がハンドルに乗りがちになるのでクラッチ操作がしんどい。3~4回繰り返すと左握力がビンビンになる。ニュートラルに入れてブラブラしていると、 教官「それやってもいいけど。ハンドルから手を離したらギア入れる前に後方確認しなけりゃならないよ。」 知らなかった。(・ω・) 出典:警察庁一本橋はどうもうまく行かない。 おさらい ・遠くを見すぎない…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ3

    本日三日目。見きわめられた。 出典:警察庁つづく これでは何の記録にもならない。 それでは・・ 見きわめと言っても、何を見られていて、何を評価されたのかわからないが、しばらく、じっと見ていた教官が言うのだから間違いないだろう。 続いて、波状路と踏切を習う。 教官「立って、ニーグリップ、姿勢はこう!バイクのココが見えるくらいにっ!」 (・`ω‘・)「はいっ」 同じ姿勢をとっているつもりなのに、何かおかしい。うまく渡れない。とても5秒じゃ無理だ。 教官「なんでできないかなぁ?」 ん?バイクを降りてみて教官と並んでみると身長差が20㎝はありそう。(・・・見えてる景色が違うのでは?) 乗りやすい姿勢で…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ2

    衝動的に自動車学校に申し込んで、怒涛の初日が終わった。 教官「次、いつ来れる?」 3月、雪解け時期なので生徒数が多いのか少ないのかわからないが、さっさと終わらせたい感が伝わってくる。最短で予約を取る。 出典:警察庁 入校時になぜか遅刻っぽい扱いをされたので10分前に受付をする。ここでは自分で教習書類を棚から持ち出し、教官へ提出するという実に合理的なセルフサービスを行う。 ん?ないぞ? 私の番号書類がない。新手の嫌がらせか? まごついていると見覚えのある二輪教官が通りがかる。 教官「わかった、わかった。いいよ行っても。」 気を取り直して。 今日は初めて大型スクーターに乗った。思った以上にでかい。…

  • 大型二輪免許を取りたいんだ1

    最近は減ってきたのだが、バイクの話題になると必ずと言っていいほど聞かれるのが、 ( ⦿±⦿)σ「何cc?」 (・ω・)「400だよ」 セットで続くのが、 (⦿±⦿)「免許は?」 イラッ(♯・益・)「中型だよ」 (⦿~⦿)「フ~~ン」 大概、大型二輪免許持っている人に限って同じ質問をしてくる。訳のわからないマウントにうんざりしているし、コロナ自粛ムードが続いて、どこにも行けないので、この際取ってやろうではないか。 出典:警察庁日本花子さんはすごいな。引・引二なんて日本のどこで活躍するのだろう? 家から一番近いということで選んだ自動車学校。 ホームページを確認すると、 【月~土曜日 9:00~16…

  • 第2回 競馬に行きたいんだ!

    混沌とする世の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 前回、欲を出したことで負けてしまった競馬を経て閃いたことがある。 (☆Д☆)キラリーン♪「欲を出さなければ、勝てるかもしれない」 この時点で、すでに欲を出していることは、考えないでおこう。 やってきましたのは、みんな大好き函館競馬場! 雪残るコンコースには、猛者どもの悲喜交々の足跡が連なっている。 さ、今日は前回と違う買い方をしてみよう。 実はアイテムを持ってきているんだ。 ニッカンスポーツ! いつも「競馬をなめてんのか?」と言われんばかりに手ぶらで来ているので今日は新聞を持ってきた。競馬新聞は500円もするので軽い情報だけならスポーツ新聞で…

  • コンプレッサーが壊れた!

    オイルレス小型コンプレッサーAPM-25Lが壊れた。 \( ・ω・)/ワーイ モーターは回るが出力があがらない。 とりあえず、ばらしてみよう。 まずは、カバーをはずす。 両側外して、タンク側も4つはずす。 すると、カバーがカパッとはずれる。 シリンダーのカバーを開ける。 吸気と排気のそれぞれに薄い金属板があり、弁の役割を果たしている。排出側の弁が割れていて、そこからエアーが漏れて圧力が上がらないようだ。 犯人はお前かっ!m9( ゚ω゚) ドーン! シリンダーにも挟まり、傷がついている。やすりで薄く削り油を塗る。 多少パワーが落ちるが、ま、いいや。 さて、割れた弁をどうしよう。厚みは0.25㎜…

  • ウラジオストクに行ってきた4

    9月18日 9:30 ホテルヒュンダイ出発 空港到着予定時間まで多少の余裕があった。ルーブルを使い切りたいので、もう一度お土産屋に行く。向かった先は昨日行った鷲ノ巣展望台。時間がないので素早くお金を使い切る。薄曇りであったが眺望はやはりいい。見納めになる景色を必死に脳裏に焼き付ける。 民族衣装を身に着けた美しい女性を舐めるように凝視するニシを引っ張り、空港に向かう。アレクがパスポートや出国書類の確認をした。ニシがアッと声を上げる。パスポートがないらしい。スーツケースの中に入れていたようだ。荷台から取り出すと再び車は疾走を始めた。 12:15 ウラジオストク空港 セキュリティが厳しく、空港内に入…

  • ウラジオストクに行ってきた3

    9月17日 9:00 鷲ノ巣展望台 ホテルの裏手にある小高い丘には市内を一望できる展望台がある。昨日連れてきてもらったエリアだ。ウラジオストクは市場開放されるまで軍事都市だったので観光インフラが遅れている。展望台への道は全く整備されていなく車もすれ違えないような悪路をバスは進む。頂上には古ぼけた廃墟があり駐車場で降ろされる。廃墟は移転した極東工科大学の跡で一角に展望台があった。標高192mの眺めは市内を一望でき格別だ。 ウラジオストクのシンボルとなっている金角湾をまたぐ巨大な黄金橋は美しい。展望台の手すりに沢山の南京錠がついている。永遠の愛を誓うカップルが後を絶たないらしい。 9:50 C56…

  • ウラジオストクに行ってきた2

    9月16日 6:00 ウラジオストク市内 モーニングコールは7:30のはずだった。けたたましく電話が鳴り時計を見ると午前6時だ。どうやらフロントの手違いだったらしい。目が覚めたので散歩に出かけよう。 薄曇りで半袖では肌寒い。ホテルを出て坂道を下り海の見える方向へ歩く。交通量の多い通りに出た。周りを見渡すも信号がない。黄色と白の横断歩道を見つけたが、やはり信号がない。行き交う車を見ながら横断歩道に近づくと、車の流れがピタッと止まった。小走りに横断歩道を渡る。しばらく道路を眺めているとロシア人歩行者は立ち止まることなく横断歩道に突入して行く。警察の取り締まりも厳しく、横断歩道では完全歩行者優先で車…

  • ウラジオストクに行ってきた1

    コロナ禍の前に、友人とロシア ウラジオストクに行ってきた話を再編集しよう。 ニシ( ¨:¨ )「ウラジオストクに行かないかい?」 友人ニシの誘いはいつもシンプルだ。余計なことを言わない。そのかわり必要な情報もない。 現地通訳を手配しているので何も準備しなくていいらしい。 (・ω・)「いいよ」 冬は寒いので秋に行くことになった。 9月15日 11:00 函館空港~羽田空港 北海道からの直行便がないので成田経由になる。羽田空港で待ち合わせをしていると、ニシの札幌千歳発の便が遅れている。お腹が空いたので一人で昼食をとっていると、ニシが汗だくでやってきた。時間がないので成田行きのリムジンバスに乗り込も…

  • キャンプツーリング道具

    キャンプツーリングに登場する厳選されたアイテムを紹介するとしよう。 まずはテント! DOD T2-466 キャンプに軸足を置いたツーリングに持ち歩くテント。やはり前室がないと不便なことが多い。 雨でも盛大に自炊できるし、人目を気にしないで、色んなことができる。バイクも入るらしいが入れたことない。 前面を持ち上げて、タープとして張っていたが途中から面倒くさくなり巻き上げている。 ワンタッチと銘打つだけあって物凄いスピードで設営できる。 撥水性を維持するため噴霧する防水スプレーは2本覚悟したほうがいい。 DOD T2-275 ロングツーリングに適したテント。今の改良型は前室が広くなったが畳んだ時の…

  • マレーシアに行ってきた4

    2月20日 9:00 インビーマーケット ホテルの近くに朝市がある。学校のグランドほどの敷地にびっしりと露店が連なる。スリには十分気をつけるよう注意を受ける。 コタ・キナバルの市場と相場は殆んど一緒。飲食店も多く存在し大勢の家族連れが朝食を摂っていた。市場の一角の食肉売り場では、檻に入った生きた鶏がその場でさばかれ売られている。当然悪臭が酷く飲食店から離れたところに出店していた。 イスラム・ヒンズーなど宗教上の理由により鶏肉しか見つからなかったが豚肉などは隠してあり、ちゃんと販売しているようだ。 海外では動物に触ってはいけない。謎の病気にかかるぞ。 その後、Beryl’sチョコレート工場直営店…

  • マレーシアに行ってきた3

    2月19日 11:00 コタ・キナバル空港 今日はボルネオ島を離れ、マレー半島に渡る。 濁った川という意味の”クアラルンプール”行きの飛行機を待っていると、 ニシ( ¨:¨ )「のど乾いた。ビール欲しい」 どれどれ、空港内でビールを探してみるも見つからない。なんとイスラム教の規律の関係で酒類の販売は無いと言われ大人しく待機することになる。 海を渡りマレー半島が近づいてきた。眼下に広がる見渡す限り整然と植樹されたヤシ畑。その規模の大きさに圧倒される。 3:30 クアラルンプール ローによるとマレーシア全人口2800万人のうちイスラム教徒57%、26%が中国人、10%がインド人。おおよその収入はR…

  • マレーシアに行ってきた2

    2月18日 6:00 ホテルロビー ニシの旅行目的のひとつは マレーシア娘 ゴルフだ。全てレンタルできて、手ぶらでも手軽に楽しめる。 うす曇の早朝、ロビーに集合する。現地男性キャディと共に南国情緒あふれるコースを回る。 途中、グランドキーパーがヤシの実を落としていて、RM3を支払うとココナッツジュースを飲むことができる。まだ熟していないようで甘味に欠けていたがおいしかった。 12:30 昼食 昨日の昼食が口に合わなかったのがローにとっては気に入らないらしい。 ( ° Å ° )「とっておきの店に連れてってやる」 こりゃ楽しみだ。 車中でも自信満々においしいと大絶賛する韓国料理屋へと向かった。 …

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ばるびぞんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ばるびぞんさん
ブログタイトル
雪解けを待つ日々
フォロー
雪解けを待つ日々

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用