chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
菅谷良明
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/11/16

1件〜100件

arrow_drop_down
  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章4・5・6第一・二・三の異教の人々経の解説の前半

    第6章4・5・6第を一・二・三の異教の人々経は、お釈迦様が教える相手により理論的に、当時のインドの理論を使って、インドの理論好きなお弟子さんたちに向けて説いた経典です。 インドは0を発見した理論の国です、その当時の理論を引き合いに出しながら、対立することなくお弟子さんを...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章6第三の異教の人々経(現代訳・解説)

    6.6 第三の異教の人々経(56) このように、わたしは聞きました。 あるとき。お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、大勢の異教のサマナやバラモンや遍歴遊行者たちがサーヴァッティーに滞在しています。 種々なものの...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章6第三の異教の人々経 (普及版)

    6.6 第三の異教の人々経(56) 物語は、ウダーナ6-5と同じ 自分のもの、自分の教え、自分は自分 自分という実感が、ろくでないものなのに ただ一つ、自分がという実感が こころに刺さった、ただ一つの矢だとわからない 矢だと解ってしまえば 自分がという気持ちは生まれない ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章5第二の異教の人々経 (現代訳・解説)

    6.5 第二の異教の人々経(55) このように、わたしは聞きました。 あるとき。お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、大勢の異教のサマナやバラモンや遍歴遊行者たちがサーヴァッティーに滞在しています。 種々なものの...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章5第二の異教の人々経 (普及版)

    6.5 第二の異教の人々経(55) このように、わたしは聞きました。 あるとき。お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、大勢のインドの哲学者やかしこい人や行者らが、サーヴァッティーに寝泊まりし、はてしない論争をしてい...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章4第一の異教の人々経(現代訳・解説)

    6.4 第一の異教の人々経(54) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園において、大勢の異教のサマナやバラモンや遍歴遊行者たちが、サーヴァッティーに滞在しています。 ...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章4第一の異教の人々経 (普及版)

    6.4 第一の異教の人々経(54) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園において、大勢のインドの哲学者やかしこい人や行者らが、サーヴァッティーに寝泊まりし、はてしない論...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章5斎戒の経 (普及版)

    5.5 斎戒の経(45) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでおられた。 東の聖園にあるミガーラ・マートゥの高楼(鹿母講堂:ミガーラの母のヴィサーカーが寄進した堂舎)で、お釈迦様は斎戒(布薩:ウポーサタ・地域内のビクが集まり戒...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章3注視の経(現代訳・解説)

    6.3 注視の経(53)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)でお釈迦様は、ご自分の過去に捨てさられた無数の悪しき、善からぬ法(業)を、修行を完成した無数の善...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章3注視の経 (普及版)

    6.3 注視の経(53)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)でお釈迦様は、ご自分の過去に捨てさられた無数の悪い、善くないカルマを、修行を完成した無数の善きカ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章2 七人の結髪者の経 (現代訳・解説)

    6.2 七人の結髪者の経(52) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 東の聖園にあるミガーラ・マートゥの高楼(鹿母講堂:ミガーラの母のヴィサーカーが寄進した堂舎)で、お釈迦様は、夕刻時に坐禅から覚められ、...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章2七人の結髪者の経 (現代訳・解説)

    6.2 七人の結髪者の経(52) あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 東の聖園にあるミガーラ・マートゥの高楼(鹿母講堂:ミガーラの母のヴィサーカーが寄進した堂舎)で、お釈迦様は、夕方に坐禅から覚められ、門小屋の外に坐っておられたのです。 ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第6章1輪廻を司る業の働きを捨てる経 (現代訳・解説)

    6.1 輪廻を司る業の働きを捨てる経(51)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ヴェーサーリーに住んでおられた。 マハー林の二階建て堂舎(重閣講堂)で、お釈迦様は早刻時に衣を着けて鉢と衣料をもち、ヴェーサーリーに托鉢をして、食事のあと托鉢から戻...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章1輪廻を司るカルマを捨てる経 (普及版)

    1 輪廻を司るカルマを捨てる経(51)   あるとき、お釈迦様は、ヴェーサーリーに住んでおられた。 マハー林の二階建て堂舎(重閣講堂)で、お釈迦様は、ヴェーサーリーで托鉢をしてかアーナンダに語りかけたけたのです。 「アーナンダよ、坐具を取りなさい。わたしたちは昼の休息に...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章10チューラパンタカの経 (現代訳・解説)

    5.10 チューラパンタカの経(50)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、尊者チューラパンタカがお釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章10チューラパンタカの経 (普及版)

    5.10 チューラパンタカの経(50)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、チューラパンタカがお釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて全面...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章9大騒ぎをしながらの (現代訳・解説)

    5.9 大騒ぎをしながらの経(49) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、コーサラ国において、ビク衆と共に遊行の旅を歩んでおられた。そのとき大勢の若いバラモンがお釈迦様から遠く離れていないところで大騒ぎをしながら浮かれた様子で通り過ぎます。お釈迦...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章9騒ぎをしながらの (普及版)

    5.9 大騒ぎをしながらの経(49) あるとき、お釈迦様は、コーサラ国において、弟子衆と共に歩るき旅をしておられた。そのとき大勢の若いバラモンが、お釈迦様から遠く離れていないところで大騒ぎをしながら浮かれた様子で通り過ぎていった。 そのときお釈迦様は、ウダーナを唱えま...

  • 告知 仏教出版の窮状

    テーラワーダファミリーのお一人、星飛雄馬さんの窮状です サンガ出版社も再開したとはいえ、まだまだ以前のような訳にはいきません、ご支援お願いします 以下星飛雄馬さんのツイッターより 私はこれまで仏教書を中心に、約15年間、著述・翻訳の仕事を続けて参りました。 そんな私の生活...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章8僧団の分裂の経(現代訳・解説)

    5.8 僧団の分裂の経(48) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパにおいて、尊者アーナンダは斎戒のその日に衣を着けて鉢と衣料をもって、ラージャガハに托鉢のために入りました。 デー...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章8僧団の分裂の経 (普及版)

    5.8 僧団の分裂の経(48) あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパにおいて、アーナンダは戒の確認の日に、ラージャガハに托鉢のために入りました。 デーヴァダッタは、アーナンダが托鉢しているときに、こう言ったのです。 ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章7カンカーレーヴァタの経 (現代訳・解説)

    5.7 カンカーレーヴァタの経(47)    このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園において、尊者カンカーレーヴァタがお釈迦様から遠く離れていないところに、瞑想姿で身体を真っす...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章7カンカーレーヴァタの経 (普及版)

    5.7 カンカーレーヴァタの経(47) あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園において、カンカーレーヴァタがお釈迦様から遠く離れていないところに、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて自己の疑いの思いを超えて清浄の知...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章6ソーナの経(現代訳・解説)

    5.6 ソーナの経(46) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー市外にあるジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園に住んでおられた。 同じころ、尊者マハーカッチャーナは、アヴァンティ国に住んでおられた、クララガラのパヴァッタ山に在俗...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章6ソーナの経 (普及版)

    5.6 ソーナの経(46) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー市外にあるジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園に住んでおられた。 同じころ、マハーカッチャーナは、アヴァンティ国に住んでおられた、クララガラのパヴァッタ山に在俗の信...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章5斎戒の経(現代訳・解説)

    5.5 斎戒の経(45) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでおられた。 東の聖園にあるミガーラ・マートゥの高楼(鹿母講堂:ミガーラの母のヴィサーカーが寄進した堂舎)で、お釈迦様は斎戒(布薩:ウポーサタ・地域内のビクが集まり戒律...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章4 少年たちの経(現代訳・解説)

    5.4 少年たちの経(44) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、大勢の少年たちがサーヴァッティーとジェータ林との中途で魚たちを捕まえて痛めつけ遊んでいます。 お釈迦...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章4少年たちの経 (普及版)

    5.4 少年たちの経(44) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、大勢の少年たちがサーヴァッティーとジェータ林との中途で魚たちを、いじめて遊んでいます。 お釈迦様は午前...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章3ハンセン病者のスッパブッダの経(現代訳・解説)

    5.3 ハンセン病者のスッパブッダの経(43) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)におられ、ラージャガハには、スッパブッダという名のハンセン病者が貧しい人とし...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章3ハンセン病者のスッパブッダの経 (普及版)

    5.3 ハンセン病者のスッパブッダの経(43) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)におられ、ラージャガハには、スッパブッダという名のハンセン病者が貧しく、哀れ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章2短命の者たちの経 (現代語訳・解説)

    5.2 短命の者たちの経(42) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、尊者アーナンダは夕刻時に坐禅から覚め、お釈迦様のところに行き、ご挨拶(あいさつ)して、かたわ...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章2短命の者たちの経 (普及版)

    5.2 短命の者たちの経(42) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、アーナンダは夕刻時に坐禅から覚め、お釈迦様のところに行き。お釈迦様にこう申し上げた。 「尊き方よ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第5章1より愛しいものの経(現代訳・解説)

    5.1 より愛しいものの経(41)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、コーサラ国のパセーナディ王はマッリカー妃と、テラスでくつろいでいたとき、...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第5章1より愛しいものの経(現代訳・解説)

    5.1 より愛しいものの経(41)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、コーサラ国のパセーナディ王はマッリカー妃と、テラスでくつろいでいたとき、...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 なぜウダーナなのか

    ウダーナは八章からなり、半分の四章まで記載し終わりました。そこで今回は改めてウダーナをなぜ取り上げたのかを書いてみました。 テーマは、「ゴーダマ・ブッダのそのままの教」とはなにかです ウダーナについて ウダーナはパーリ語で記された経典の中の、教蔵・小部の三番目に位置して...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章10サーリプッタの静寂の経(現代語訳・解説)

    4.10 サーリプッタの静寂の経(40) このように、わたしは聞きました。 ある時、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、尊者サーリプッタが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて、自ら...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章10サーリプッタの静寂の経 (普及版)

    4.10 サーリプッタの静寂の経(40)  このように、わたしは聞きました。 ある時、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、サーリプッタが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて、自から...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章9ウパセーナの経 (現代語訳・解説)

    4.9 ウパセーナの経(39) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおられます。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパで、離れて独り静かに座っているヴァンガンタの子の尊者ウパセーナの心にこのような考えが浮かびました。 「わたしには...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章9ウパセーナの経(普及版)

    4.9 ウパセーナの経(39) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおられます。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパで、離れて独り静かに座っているヴァンガンタの子のウパセーナの心にこのような考えが浮かびました。 「わたしには...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章8スンダリーの経 (現代訳・解説)

    4.8 スンダリーの経(38) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、お釈迦様は、人々から尊敬され、重んじられ、慕われ、捧げられ、うやまわれ、衣料や食事や寝具坐具や常備薬...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章8スンダリーの経 (普及版)

    4.8 スンダリーの経(38) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、お釈迦様とビクの僧団は、人々から尊敬され、衣料や食事や寝具坐具や薬を受けていた。 いっぽう、異教の...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章7 サーリプッタの経 (現代語訳・解説)

    4.7 サーリプッタの経(37) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、尊者サーリプッタが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて、求むこと少...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章7サーリプッタの経(普及版)

    4.7 サーリプッタの経(37) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、サーリプッタが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて、求むこと少なく...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章6ピンドーラの経 (現代語訳・解説)

    4.6 ピンドーラの経(36) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、尊者ピンドーラ・バーラドヴァージャがお釈迦様から遠く離れていないところで、瞑想...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章6ピンドーラの経(普及版)

    4.6 ピンドーラの経(36) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、ピンドーラ・バーラドヴァージャがお釈迦様から遠く離れていないところで、瞑想姿で...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章 5象の経 (現代訳・解説)

    4.5 象の経(35) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、コーサンビーに住んでおられた。 ゴーシタの聖園で、お釈迦様は、ビクやビクニや在俗の信者や女性の在俗信者や王や大臣や異教の者や異教の者の弟子らに煩わされ、混乱して住んでおられた。お釈迦様はこう...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章5象の経 (普及版)

    4.5 象の経(35) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、コーサンビーに住んでおられた。 ゴーシタの聖園で、お釈迦様は、ビクやビクニや在俗の信者や女性の在俗信者や王や王の大臣や異教の者や異教の者の弟子らに煩わされ、混乱して住んでおられた。お釈迦...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章4 ヤッカの打撃の経 (現代訳・解説)

    4.4 ヤッカの打撃の経(34) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)で、尊者サーリプッタと、尊者マハーモッガッラーナとが、カポータカンダラーに住んでいます。そ...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 4章4ヤッカの打撃の経(普及版)

    4-4 ヤッカの打撃の経(34) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)で、サーリプッタと、マハーモッガッラーナとが、カポータカンダラーに住んでいた。その時、サー...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章3牛飼いの経 (現代訳・解説)

    4.3 牛飼いの経(33) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、コーサラ国を大いなる修行者の僧団と共に、遊行しておられた。 道から外れて。木の根元のところに行き、設けられた坐に坐られました。 そのとき、牛飼いがお釈迦様のところにやって来て、お...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章3牛飼いの経 (普及版)

    4.3 牛飼いの経(33) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、コーサラ国をビク衆と共に、遊行しておられた。 道から外れて。木の根元のところに坐られました。 そのとき、牛飼いがお釈迦様のところにやって来たので、お釈迦様は真理の話をし、感動させた...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章2うわついた者たちの経 (現代訳・解説)

    4.2 うわついた者たちの経(32)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、クシーナーラーに住んでおられた。 マッラ族のもつウパヴァッタナのサーラ樹の林で大勢の修行者が、うわついた、謙虚でない心で、落ち着きなく、口が悪く、言葉が乱れ飛び、気づきを忘...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章2うわついた人たちの経(普及版)

    4.2 うわついた人たちの経(32) あるとき、お釈迦様は、クシーナーラーに住んでおられた。 マッラ族のもつウパヴァッタナのサーラ樹の林で大勢の弟子が、うわつき、口が悪く、本能のままに生きる、お釈迦様から遠く離れていない林の小屋に住んでいます。 そのときお釈迦様は...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第4章1メーギヤの経 (現代訳・解説)

    4.1 メーギヤの経(31) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、チャーリカーに住んでおられた。 村はずれのチャーリカ山で、お釈迦様の世話係である、尊者メーギヤは、お釈迦様にご挨拶(あいさつ)して、かたわらに立ちました。 尊者メーギヤは、お釈迦様に ...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第4章1メーギヤの経(普及版)

    4.1 メーギヤの経(31)  あるとき、お釈迦様は、チャーリカーに住んでおられた。 村はずれのチャーリカ山で、メーギヤという、お釈迦様の世話係が、お釈迦様に 「尊き方よ、わたしは、ジャントゥ村で托鉢したいのです」 お釈迦様は、 「メーギヤよ、そうしなさい」 メー...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともにの経副読本⑧

    ウダーナ 1菩提の章 第一の菩提の経~第三の菩提の経 Evaṃ me sutaṃ— このように、わたしは聞きました。 ekaṃ samayaṃ bhagavā uruvelāyaṃ viharati najjā nerañjarāya tīre bodhirukkhamūl...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともにの経副読本⑦

    お釈迦様から直接、十二縁起説をお聞きした当時のお弟子さんが、どのように理解したかを思い描いてみました 十二縁起について 縁起とは「原因によって生じる」や「依存生起」という意味で、因果関係を示した教えで、十二縁起とは、なぜ苦しみが生じるかを示したおしえです。 この十二...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経の副読本⑥

    ウダーナ副読本 テーマ別 3・10 世とともに経に関連して 漏(Āsava)ついて 漏とは、煩悩が「漏れ出す」という意味で、経典では「心はāsavaより解脱した」とあります、「根源的な欲」と訳しましたが、重要で微妙な言葉ですので解説しておきます。 お釈迦様はāsavaにつ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経の副読本⑤

    お釈迦様の二番目の説法である経典です、その内容は転法輪転教を別の角度から詳しく説いた内容で、五蘊と無我という仏教の最も重要な教えが開示されています、詳しい内容は解説をご覧ください、燃焼経同様にけして省略して読む経典ではないです。 Anattalakkhaṇasutta...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経の副読本④

    お釈迦様の最初の説法である経典です、余りに有名な経典ですから、ここでは余分な言及はさけます、言うまでもなく全ての仏教徒にとって特別な経典です。 Dhammacakkappavattanasuttaṁ 転法輪転教 Evaṁ me sutaṁ: わたしはこのように聞いた。: ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともにの経の副読本③

    ウダーナ・世とともに経の順番通りに燃焼経から記載します、このお経は、お釈迦様三番目の説法とされていますが、最初と二番目の説法は見知り知った人たちに向かっての説法でしたので、この燃焼経は公のデビュー説法とも言える経典です、現在では残念なことに、一見繰り返しが多いので省略...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経の副読本②

    世とともに教の説明 それぞれのパートごとの簡単な説明 初めにどこで、どのように説かれたかの文は省略して、最初のパートの説明 (以後ウダーナ1-10世とともに経は青い文字で記載します) お釈迦様は、覚者の眼でもって世間を見渡しつつ生命が熱苦によって熱せられているのを、無数の苦...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経の副読本

    ウダーナ副読本 ウダーナ(自説経)3・10 世とともに経 この副読本は、お釈迦様の時代のバラモンに説いた教えを取り上げています、バラモンとは当時の知識階級であり、バラモンの経典とも言うべきヴェーダやウパニシャットを学んできた人々です、お釈迦...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章10世とともに経(現代語訳・解説)

    3.10世とともに経はとても広い範囲を語る内容ですので副読本を作成しました 次回から8回に分けて公開していきます。 3.10 世とともに経(30) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ウルヴェーラーに住んでおられた。 ネーランジャラー川の岸辺の...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章10世のなかの経 (普及版)

    3.10 世のなかの経(30) あるとき、お釈迦様は、ウルヴェーラーに住んでおられた。 ネーランジャラー川の岸辺の菩提樹の根元で最初の悟りをひらき、七日のあいだ瞑想姿で坐って悟りに浸っておられた。 お釈迦様は、七日が過ぎて心の統一から覚めて、悟りひとの眼で世のなかを...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章9技能の経(現代語訳・解説)

    3.9 技能の経(29) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、食事のあと托鉢から戻り、円形堂に集まって坐っている大勢の修行者に暇つぶしの合間の議論が起こりました。...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章9技術の経(普及版)

    3.9 技術の経(29) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。  ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、食事のあと托鉢からもどり、円形堂に集まって坐っている大勢の弟子に、むだ話がはじまった。 「このなか...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章8托鉢の経(現代語訳・解説)

    3.8 托鉢の経(28) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられます。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、食事のあと、托鉢からもどりカレーリの円形堂(迦梨羅講堂)に集まって坐っている、大勢の修行者に暇...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章8托鉢の経(普及版)

    3.8 托鉢の経(28) あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられます。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、食事のあと、托鉢からもどりカレーリの円形堂に集まって坐っている、大勢の弟子が、むだ話をしている。 「托鉢にでると、眼にきもちいい、ものを...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章7帝釈天の布施の経(現代語訳・解説)

     3.7 帝釈天の布施の経(27)   このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパで、尊者マハーカッサパはピッパリ窟に住んでおられた。七日のあいだ、瞑想姿で坐っていたのです。その七日が過...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章7インドラ神の布施の経(普及版)

    3.7 インドラ神の布施の経(27)  あるとき、お釈迦様は、ラージャガハに住んでおらた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパで、マハーカッサパはピッパリ窟に住んでおられた。七日のあいだ、瞑想姿で坐っていたのです。七日が過ぎ心の統一から覚めたマハーカッサパは、こう思い立...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章6ピリンダヴァッチャの経(現代語訳・解説)

    3.6 ピリンダヴァッチャの経(26) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)で、尊者ピリンダヴァッチャが修行者たちのことを「下民」という言葉で呼びかけた、大勢の...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章6ピリンダヴァッチャの経(普及版)

    3.6 ピリンダヴァッチャの経(26) あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)で、ピリンダヴァッチャが弟子たちのことを「おまえたち」という言葉で呼びかけた。 弟子たちは、お釈迦様に、こう申し上げ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章5マハーモッガッラーナの経(現代語訳・解説)

    3.5 マハーモッガッラーナの経(25)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、尊者マハーモッガッラーナが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章5マハーモッガッラーナの経(普及版)

    3.5 マハーモッガッラーナの経(25) あるとき、お釈迦様は、マハーモッガッラーナが、遠く離れていないところに瞑想姿で 身体を真っすぐに立てて、心の集中点を眼前にすえてデータに支配されずに坐っているのをご覧になった。 お釈迦様は、ウダーナ唱えました 呼吸などの身体...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章4サーリプッタの経(現代語訳・解説)

    3.4 サーリプッタの経(24) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、尊者サーリプッタが、お釈迦様から遠く離れていないところ、瞑想姿で身体を真っすぐに立てて、心の集...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章4サーリプッタの経

    3.4 サーリプッタの経(24)  あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にて、お釈迦様は、サーリプッタが、遠く離れていないところに瞑想姿で、身体を真っすぐに立てて、心の集中点を眼前にすえてデータに支配さ...

  • ウダーナ ~ 第1章10バーヒヤの経 番外編

    現在、悲しいことですが戦争が起きています。 争論は、言い争いという意味ですが、戦争と読んでも、いいです。 お釈迦様が争いを終わらせる方法を説いていることにかわりはありません。 そこで、11争闘経を再び取り上げます、 ウダーナ番外編 ウダーナ 第1章10バーヒヤの経 副読...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章3ヤソージャの経(現代語訳・解説)

    3.3 ヤソージャの経(23)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、ヤソージャと五百ほどの修行者たちが、お釈迦様とお会いするためにサーヴァッティーに到着したので...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章3ヤソージャの経 (普及版)

    3.3 ヤソージャの経(23) あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、ヤソージャと五百ほどの弟子たちが、お釈迦様と、お会いするためにサーヴァッティーに到着したのです。 出会いを喜び合い、やたらと、でかい声...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章2ナンダの経 (現代語訳・解説)

    3.2 ナンダの経(22)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、お釈迦様とは兄弟(異母弟)であり叔母の子(従兄弟)でもある尊者ナンダが、大勢の修行者に、このように告...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章2ナンダの経 (普及版)

    3.2 ナンダの経(22)  あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園で、ある弟子が、お釈迦さまに 「尊き方よ、ナンダが、『わたしは、修行が楽しくなく、戒を捨てて還俗します』と話し ています。」 お...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第3章1行為の報いから生じるものの経(現代語訳・解説)

    3 ナンダの章   3.1 行為の報いから生じるものの経(21) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、ある修行者が、お釈迦様から遠く離れていな...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第3章1カルマから生じるものの経 (普及版)

    3.1 カルマから生じるものの経(21) あるとき、お釈迦様は、サーヴァッティー(舎衛城)に住んでおられた。ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園(祇園精舎)で、弟子が、お釈迦様から遠く離れていないところで瞑想姿を組んで身体を真っすぐに立てて前世のカルマから生じる...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章10バーヒヤの経の副読本③

    ウダーナ副読本 ウダーナ(自説経)1.10 バーヒヤの経の解説に代えて Suttanipātapāḷi スッタニパーター 4.11 Kalahavivādasutta 4八なるものの章 11争 闘 十二縁起がこのように開示されています 863 愛しいもの → 紛争と論争、...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章10バーヒヤの経の副読本②

    この副読本は、正田大観、石飛道子、佐々木奘堂、お三方の著作に多くを頼っています、深くお礼申し上げます。 間違いがありましたら副読本製作者の理解力の不足によるものです。 ウダーナ副読本 ウダーナ(自説経)1.10 バーヒヤの経の解説に代えて スッタニパータ 4.11争 闘...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第6章8遊女の経 (普及版)

    世の中が騒がしくしていますので 予定の順番をかえてお送りします 6.8 遊女の経(58) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様は、ラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)にて、ラージャガハには、ひ...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章10 バーヒヤの経の副読本①(バーヒヤの経の解説に代えて)

    この副読本は、正田大観、石飛道子、佐々木奘堂、お三方の著作に多くを頼っています、深くお礼申し上げます。 なお、間違いがありましたら副読本製作者の理解力の不足によるものです。 ウダーナ副読本 ウダーナ(自説経)1.10 バーヒヤの経の解説に代えて Suttanipātapā...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章10バーヒヤの経 (現代語訳・解説)

    1.10 バーヒヤの経(10) このように、わたしは聞きました。   あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでおられた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園におられた。 樹衣のバーヒヤがスッパーラカの海岸に住んでいた。尊敬され、重んじられ、慕われ、捧げられ、...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第1章10バーヒヤの経 (普及版)

    1.10 バーヒヤの経(10) あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでいた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園に、お釈迦様はいた。 同じころ、バーヒヤという、人々から尊敬されている行者がスッパーラカの海岸に住んでいた。 坐禅していたバーヒヤは、フ...

  • ウダーナ ~ ベスチ・オブ・仏教 第1章9結髪者たちの経 (現代語訳・解説)

    1.9 結髪者たちの経(9)  このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はガヤーに住んでおられた。 ガヤーシーサの大岩で、大勢の結髪者が寒い冬の夜な夜な、雪の降る時分のアンタラッタカ(月の第八日の前後)のガヤー川に、 「これによって、清らかにあれ」と...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第1章9バラモン僧たちの経 (普及版)

    1.9 バラモン僧たちの経(9)  あるとき、お釈迦様はガヤーに住んでいた。 ガヤーシーサの大岩で、大勢のバラモン僧が寒い冬の夜、雪の降るガヤー川に、 「おお、清らかになれ」「おお、清らかになれ」と、 身を清めるために川に入ったり、水をかぶったり、祭火を焚いた...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章8サンガーマジの経 (現代語訳・解説)

    1.8 サンガーマジの経(8) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでおられた。  ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園に尊者サンガーマジが、お釈迦様に会うためにサーヴァッティーに到着したのです。 尊者サンガーマジ...

  • ウダーナ ~ ブッダつぶやき 第1章8サンガーマジの経 (普及版)

    1.8 サンガーマジの経(8) あるとき、お釈迦様はサーヴァッティーに住んでいた。 ジェータ林のアナータピンディカ長者の聖園にサンガーマジがいた。 サンガーマジの前妻は、幼児を抱えてジェータ林へやってきた。 サンガーマジは木の根元で坐っていた。 サンガーマジの...

  • ウダーナ ベスト・オブ・仏教 第1章7アジャカラーパカの経 (現代訳・解説)

    1.7 アジャカラーパカの経(7) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はパーヴァーに住んでおられた。 アジャカラーパカ塔廟にあるアジャカラーパカ・ヤッカの居所で、お釈迦様は真っ黒な闇夜のなか野外に坐っておられたのです。天は、ぽつぽつと雨を降...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第1章7アジャカラーパカの経 (普及版)

    1.7 アジャカラーパカの経(7) あるとき、お釈迦様はパーヴァーに住んでおられた。 アジャカラーパカ塔廟にあるアジャカラーパカ・ヤッカの住まいのちかくで、お釈迦様は、真っ黒な闇夜のなか外に坐っていたのです。ぽつぽつと雨が降るなか、アジャカラーパカ・ヤッカは...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ仏教 第1章6マハーカッサパの経 (現代訳・解説)

    1.6 マハーカッサパの経(6) このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はラージャガハ(王舎城)に住んでおられた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)にあるピッパリ窟に尊者マハーカッサパは住んでおられた。 激しい病に苦しんでいる尊者マハ...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第1章6マハーカッサパの経 (普及版)

    1.6 マハーカッサパの経(6) あるとき、お釈迦様はラージャガハ(王舎城)に住んでいた。 ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)にあるピッパリ窟にマハーカッサパは住んでいた。 病に苦しんでいるマハーカッサパは、病がなおり、托鉢にいくことにした。 その時、五百...

  • ウダーナ ~ ベスト・オブ・仏教 第1章4大傲な者の経 (現代訳・解説)

    1.4 大傲な者の経 このように、わたしは聞きました。 あるとき、お釈迦様はウルヴェーラーに住んでおられた。 ネーランジャラー川の岸辺のアジャパーラ・ニグローダ樹の根元で悟りをえてすぐのころ、七日のあいだ瞑想姿で坐っておられた。 悟りの安楽を得たお釈迦様は七日...

  • ウダーナ ~ ブッダのつぶやき 第1章4大傲・慢仰な人の経 (普及版)

    1.4 大傲・慢仰な人の経 あるとき、お釈迦様はウルヴェーラーに住んでいた。 ネーランジャラー川の岸辺のアジャパーラ・ニグローダ樹の根元で悟って、すぐのころ、七日間、瞑想姿で坐っていた。 悟ったお釈迦様は七日くらいして、瞑想から覚められた。 偉そうな、バラモンが、お...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、菅谷良明さんをフォローしませんか?

ハンドル名
菅谷良明さん
ブログタイトル
仏教あれこれ
フォロー
仏教あれこれ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用