searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ショウさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ショウの米国貴族株投資
ブログURL
https://sho-dividend-champions.com/
ブログ紹介文
めんどくさがりな人間ショウがシンプルかつ分かりやすい投資戦術で資産を築いてくサイトです。米国貴族株投資を中心に高配当投資、インデックスファンドの積立投資などの長期投資をゆる~く実践中。
ブログ村参加
2021/09/26
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ショウさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ショウさん
ブログタイトル
ショウの米国貴族株投資
フォロー
ショウの米国貴族株投資

ショウさんの新着記事

1件〜30件

  • 高インフレが常態化しそうなとき、我々投資家にできること

    米国のインフレは一向に収まる気配を見せません。FRBはこのインフレは一時的なものだといっていますが、その意見には多くの識者から疑問符がつけられています。日本にいるとあまり感じませんが、最近の世界中で起こっているインフレは間違いなく世界経済の

  • 私はFIREしないぞという信念がまた強固になった

    世間ではFIREという言葉が最近は流行っています。会社など煩わしいものに拘束されず、自由に人生を生きていくために早期にリタイヤしようというものです。非常に夢のある話ですが、本当に可能なのでしょうか。多くのFIREを目指す人たちがよりどころに

  • 楽天ふるさと納税の控除上限額のシミュレーションが低くなる件について

    楽天ふるさと納税のサイトで控除上限額のシミュレーションを行なうと、なぜか他のサイトでやるよりも異常に低くなる現象が起こります。楽天ふるさと納税の控除上限額のシミュレーションは非常に細かく設定できるので非常に便利ですが、使い方を間違えると大変なことになるので注意が必要です。今回も他のサイトとの計算結果があまりにも違ったのでいろいろ調べた結果、ようやく原因を突き止めることができました。今日はその原因と解決方法を共有したいと思います。

  • 最近の原油価格下落が一時的であると思えてならない

    最近は落ち着いてきた原油価格ですが、いまだ上昇傾向であることには変わりありません。これによりがガソリンだけではなく、灯油をはじめとした燃料や多くの石油由来の製品も上昇しています。これから冬になると暖房を使うようになるので、ますます燃料費がか

  • 1億円の資産を築くために必要なこと

    最近は「億り人」なんて言葉もできたように、資産を1億円つくということが一つの目標となっています。もちろん資産運用の目的は人それぞれなので、必ず1億円を作らなければならないというわけではありません。しかし、なんか知らの目標を持つということは非

  • バリュー株投資に対する批判を受けても私はやめない

    バリュー株投資は私が行っている投資方法で、バークシャーハサウェイのウォーレン・バフェットも行っている非常に有名な投資方法です。しかし、近年はGAFAMを初めとするテクノロジー銘柄などのグロース株投資の成績が非常に良いために、あまり評価されな

  • 分散投資は毎日やるべきか、それとも毎月でいいのか

    投資をするうえで、分散ということは非常に重要な概念です。分散することによりリスクを減らし、より安全に投資を行うことができます。分散にはいろいろな種類があり、時間を分散する、投資対象を分散するなどがあります。また、投資対象は投資する国を分散す

  • バフェット氏はもう過去の人なのか

    バフェットが会長を務めるバークシャーハサウェイが米証券取引委員会に保有銘柄報告書を提出しました。それをもとにした分析記事が多く出てきていますが、その中身はどうなっているのでしょうか。私も同じバリュー投資をやっているので非常に興味があるところです。バフェット氏の投資方法についてはいろいろ言われていますが、その根幹は全く間違ったものではないと思います。今回はその分析記事をもとに、バリュー投資について考えてみたいと思います。

  • ダウの犬で投資するのはありなのか

    ダウの犬という投資方法があります。ダウ構成銘柄を配当利回りで選別し、機械的に投資していくという非常にシンプルな投資方法です。NYダウよりも良いパフォーマンスを上げたことにより話題になりましたが、この投資方法は有効なのか。誰でもできる非常にわかりやすい投資方法なので、簡便な投資方法を探している人には非常におすすめです。そういうわけで今日は、ダウの犬という投資方法についてみていきたいと思います。

  • やはり岸田政権は金融所得課税の強化を諦めるつもりはないようです。

    17日のニュースで岸田政権が金融所得課税の強化に向けた動きを発表しました。これで決定というわけではありませんが、政権として課税強化の方針を明確に示した形です。与党内にも反対派は多く存在しているため、このまますんなり行くことはないと思いますが、非常に憂慮すべき問題です。最近の岸田政権の動きは経済成長を阻害するようなものが散見されます。投資家としても見過ごすわけには行きません。そういうわけで今日はこの問題について考えてみたいと思います。

  • 最近の企業分割が活発な件について思うこと

    最近のニュースを見ていると、分割というニュースをよく聞きます。米国企業ではゼネラル・エレクトリックやジョンソン・アンド・ジョンソン、日本では東芝が企業分割のニュースを発表しています。企業が会社を分割すること自体は珍しいことではありませんが、

  • 含み損を活用した有効な税金対策

    税金を可能な限り抑えることは投資をする上で非常に重要なことです。その方法として含み損を利用した損失の先延ばしがあります。これは現在抱えている含み損を確定させ、利益を減少させる方法です。結局は税金を支払うことになりますが、損失を先延ばしにすることで健全なキャッシュフローを維持することができます。投資をする上で非常に重要なことです。今回はこのことについて共有していきます。

  • スピンオフされた株式の確定申告がめんどくさい

    そろそろ年末も近くなり、年末恒例の税金対策をしようと思い、今年の損益について整理し始めました。特定口座を使っていればあまり税金のことを考える必要はありませんが、少しでも税金を低くしようと思えばきちんと対策をする必要があります。もちろん脱税は

  • レイ・ダリオ氏の富に対する考え方が面白い

    だれでも自分の金融資産が増えるとうれしいものだと思います。私もそうですし、少しでも自分資産が増えればいいなと思いながら資産運用をしています。しかし、金融資産が単純に増えればいいというものではないようです。米国の著名投資家であるブリッジウォー

  • 個人投資家にとっての最大の武器とはなにか

    積立投資は個人投資家にとっての最良の投資方法の一つです。それは時間を最大限有効活用できるためで、機関投資家など短期間で成果を求められる人には使えないものです。誰でも利用でき、才能も必要なく、自分の時間を投資に割く必要がないので、多くの個人投資家に最適な投資方法です。それでは実際に積立投資をするとどうなるのか。いくつかシミュレーションをして検討してみたいと思います。

  • 投資をする人はぜひとも抑えておきたい投資哲学、ボーグルヘッズについて

    個人投資家向けにヴァンガード・グループの創業者でもあった故ジョン・ボーグル氏の投資哲学を普及する活動をしている「Bogleheads ®(ボーグルヘッズ)」という団体があります。世界中で活動しているこの団体ですが、この度日本にも支部が創設さ

  • インフレの原因はESGだった?

    ESGは原因もっとも重要な概念のひとつで、投資の世界でも非常に重要視されています。しかし、そのESGがインフレの原因になっているとの話があります。なぜESGによってインフレが起こるのか。だとすればどうすればいいのか。個人投資家としてできることを考えてみました。

  • 好調な決算を発表した三菱商事は買いか?

    三菱商事が好調な決算を発表しましたが、株価が冴えません。理由はいくつかあるようですが、最近のESG投資に対する動きに関連がありそうです。環境問題は非常に重要な問題で、世界の流れは大きく変わりましたが、この流れはこのまま続いていくのか。今回の決算後の株価は今の世界の動きをよく表しているような気がしますが、それに対する個人的な思いを述べています。

  • バイデン政権の増税政策をチャーリー・マンガー氏が批判

    バイデン政権が10月28日に税制・支出計画について1兆7500億ドル(約200兆円)規模の新たな枠組みを発表しました。それはバイデン政権が掲げる看板政策でもある気候変動対策や子育て支援が主なものとなります。そしてその中に、自社株買いに対する課税や富裕層への課税強化などの増税政策もあり、多くの批判を浴びています。バークシャーハサウェイの副会長であるチャーリー・マンガー氏も強く反対しており、話題となっています。今回はこの件について考えてみたいと思います。

  • 最近話題のJEPIってどうなの?

    最近JEPIについてよく聞くようになりました。これは米国S&P500のような大型株と、ELNという商品を組み合わせることにより、安定したキャピタルゲインと高いインカムゲインを狙おうという商品です。まさに夢のような商品ですが、投資対象としてどうなのか。個人的な意見を述べてみます。

  • IBMからのスピンオフによりキンドリル誕生!

    11月4日、IBMから分社化した「キンドリル」が公開企業としてニューヨーク証券取引所に上場した。これから新たなスタートを切ることになったキンドリルだが、今回のスピンオフはどのようなものだったのか。簡単に確認していこうと思う。

  • アメリカの労働者はなぜ消えてしまったのか

    アメリカでは今、深刻な労働者不足の状況になっています。新型コロナウィルスの影響により、多くの企業は従業員を解雇しました。アメリカでは日本とは違い、比較的容易に企業は労働者を解雇します。この辺はお国柄、社会システムの違いかなとは思いますが、去

  • イーロンマスク氏の個人資産が34兆円になったそうです。

    イーロンマスク氏の個人資産が34兆円になったそうです。とてつもない数字で、全く想像もつかない規模ですね。時代の流れをうまくつかんだというか作った方がいいのかもしれませんが、このニュースを聞いて、日本の自動車産業は大丈夫なのかという思いがします。そのあたりを含め思うところを述べてみます。

  • 2021年10月の米国貴族株の動き

    先日、いつものDividend Championsが更新され、2021年10月29日版が発行されました。Dividend Championsは貴族株投資家にとって非常に重宝する資料です。米国に上場している株式すべてについて、増配年数を基準に

  • 選挙を終えての個人的な思いを述べてみる

    今回の衆議院選挙は野党共闘の敗北と言っていいでしょう。自公政権の議席を対して減らすことができず、むしろ自分たちの方も多くの議席を失うこととなってしまいました。なぜそのようになってしまったのか。そして、信任された形となった岸田政権は今後どうなるのか。一個人として思うところを述べています。

  • モトリーフールが日本から撤退!

    モトリーフールが日本からの撤退を発表しました。モトリーフールは2018年より米国を中心とした投資情報を提供してくれています。米国市場の情報をわかりやすく、日本語で発信してくれていたので、非常に重宝していました。使っていた方も多いのではないでしょうか。とても残念なニュースですが、モトリーフールの撤退を受け、今の日本の現状について改めて考える機会になるのではないかと思い、話をしていきます。

  • 著名投資家の寄付による学生寮建設が大きな騒動となっているようです。

    アメリカのUSサンタバーバラでは投資家のチャーリー・マンガー氏の寄付により巨大な学生寮が建設されることになりました。しかしこれに抗議して一人の建築家が、プロジェクトから離脱することになりました。コストを抑えつつ、学生に最適な学習環境をどう整備していくのか、なかなか難しい問題です。

  • NISAに課税ってどういうこと?

    立憲民主党幹事長代行江田氏の発言が話題を呼んでいます。いわゆる「一億の壁」問題を解消するという話の中で、NISAについても課税すると発言したのです。税金を免除しますよという政策に対してやっぱり課税しますというわけのわからないことを言っており、案の大炎上しました。私もそれについて、反対の意見を述べたいともいます。

  • ファースト・ソースは小さいながらも34年間増配を続ける優良株

    ファースト・ソースは小さな地方金融機関ですが、連続増配年数34年を誇る立派な貴族株です。独特な事業を展開し、地域に密着した経営はきちんとした結果を残してきました。その小ささ故に、あまり注目されませんが、着実な成長を期待できる良い企業だと思います。そんなファースト・ソースの投資判断について考えていきたいと思います。

  • 今年、業績好調なスタンレー・ブラック・アンド・デッカー

    スタンレー・ブラック・アンド・デッカーは連続増配年数54年を誇る貴族株です。今年は特に好調で、配当を12.9%も増やしました。ここ最近はあまり増配をしてきませんでしたが、業績を反映して大幅に増配と実施しています。そんなスタンレー・ブラック・アンド・デッカーについてみていきたいと思います。

カテゴリー一覧
商用