chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
エレン
フォロー
住所
未設定
出身
神奈川県
ブログ村参加

2021/07/19

1件〜100件

  • 「ルパン三世」part6 episode 0 ー時代ー 次元讃歌

    昨年10月にこのブログで上げたテーマです。 小林清志さんへの追悼の意を込めて再度upします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー どなたの異論も無く、「次元大介」と「小林清志」は一体でしたから、今日、私がここで、次元、次元と讃えるたびに、小林さんと読み替えてくださいネ。 前回のブログで、「ルパン三者一体論!」を展開しましたが、次元に関しても同じで、ここで言う次元讃歌とは、小林讃歌と同義であります! (まもなく、大塚明夫さんもこの「次元」に合流ですネ) 「ルパン三世」part6episode 0 ー時代ー は、小林清志さんの声による最後の次元で、たっぷりと味わい感動させていただきました。 次…

  • カランコエ、、次元讃歌 from 「グッバイ・パートナー」

    小林清志さんへの追悼の意を込めて、昨年10月このブログに載せた文を再度upします。(ネタバレ注意) 「グッバイ・パートナー」の次元のラストは無言の美なので、そこで小林さんのお声が聞けるわけではないのですが、その時の次元の心が、次元の声で聞けるような気がします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー テレスペ「グッバイ・パートナー」エンディング数秒に見る、次元の魅力を、熱くお伝えしたいと思います! 本作では、元カノの一人娘アリサを守る次元が、いいのです! 清純な美しさの少女アリサは、既に両親(つまり元カノも)を亡くしている。ピアノが好きで、ショパンコンクールを目指すピアニストの卵だ。この子を…

  • 小林次元、、自分なりの追悼番組

    「ルパン三世」の次元大介の声優を半世紀も演じてくれた小林清志さんの訃報でショックを受けたファンは多く、このお盆休みに「ルパン三世」を見ようという多数の声を、書き込み等で見た。 アーティストは、やはり自分の作品を見て欲しいと思うものだから、ファン一人一人が、思うところの作品を見て偲ぶことは、小林さんにとっても嬉しいことだろうと想う。「次元大介の墓標」を見たいという声も多くあるようで、次元を中心に描いたOVA作品なので、これはもちろん王道だ。 でも、その他にTVシリーズにも、いわゆる次元回というのがある。 私は、せっかく「ルパン三世」のブログを書いているので、どれを見ようか?という方の一助になれれ…

  • 次元大介、、ありがとう 小林清志さん

    昨夜半、TLに “次元大介” を見つけ、開いてみて、小林清志さんの訃報を知った、、。「ルパン三世」でのルパンの一の相棒・次元大介を、小林さんは、渋く、時に楽しく、カッコよく、しっかりとこのキャラクターを確立してくれた。 「ルパン三世」の魅力に深みを持たせてくれた。 次元役を大塚明夫さんにバトンタッチした時の、このブログでの過去記事を続けます。そこでも、小林さんへの感謝の気持ちを綴っています。小林清志さん、心からありがとうございました。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 次元役の声優交代との記事を読む。 ルパンファンの皆さん同様、複雑な思いで一杯になった。私…

  • ミハイル、マイケル、ミケル 100分de名著/アーセナル/バイリバ

    8月にTV番組「100分de 名著」で取り上げられたトルストイの短編「人は何で生きるか」を見て、若松英輔さんの解説のひと言にインスパイアされての今日のブログ!若松さんによると、ミハイルという名は、海外の人の印象では、 「あ、ちょっと普通の人では終わらないんだな、この人は」 というものであると言う。 テロップには、”悪と戦う天使”とあった。こういう知識は、海外に生まれ育ったりしていないと知り得ないことで、教えられて初めて、今更ながら、そーなんだ〜と知ったw ミハイルは、マイケル、ミケルとも変換されるから、それらの名前を冠した人の人生は、並ではなくなるんだね。 最近このブログで、マイケルジャクソン…

  • ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス より

    iPadに、huluのアニメ映画配信のお知らせが入ってきた! 「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」 「ノストラダムス」と言えば、「さらば青春の光」の最近のYouTube動画「芸人投資〜」の中で森田さんが創作した仮想通貨の名前でもあるw その中では、カモにされそうになった相手、カミナリまなぶさんは、もう感づいて「ノストラダムスは外れてるんで」と森田さんに鋭い指摘をかましてるけど! この動画で、森田さんによる勧誘チャレンジは、まず「徳川半導体」で自壊、「ノストラダムス」で畳み掛け自滅し、終わった! 面白くて、コレ、既にすごい勢いでバズってるみたいネw うちでもリピートして見ては、笑ってるww …

  • カメレオンがペット?? from「恐怖のカメレオン人間」

    カメレオンをペットとして飼う、、という内容の文章をある時見かけて、私には、カメレオンに対してそのようなアイディアは全く無かった為、興味を惹かれて少し調べてみたwその結果、(不可能ではないものの)飼うのはかなり困難らしいヨ! 主にwiki情報ではあるが、その理由を超ザックリ抽出すると、、①エサは、基本、生きた肉のみ ②温度管理をしっかり ③飼育者の目線より上の位置に置いて飼う①②でかなりムリ〜 ③となるともはや、家の中では「お犬様」並の存在ですネ! カメレオンは、見下ろされるとストレスを感じてしまうからだとか!あら、プライド高いのねーwwもし、これを読んで、このデリケートなカメレオンに、逆に前向…

  • ファンの気持ち、、Kis-My-Ft2 / プレバト、anan

    先週のプレバト炎帝戦では、千賀君が10位以内に入賞、横尾君は惜しくも逃したが、句中のRe:Re:Re: という表現から、キスマイの舞台準備の臨場感が伝わって、よかった♡北山君、横尾君、千賀君のプレバト勢(二階堂君も行っとく?!)が、いつも俳句や書道などでインテリジェンスを磨いているだけあって、彼らがインフルエンサーとなり、キスマイはメンバー一人一人のお顔がとっても締まっているように私には感じられて、彼ら、いい歳の重ね方をしていると思うのよね。 キスマイが表紙を飾っているanan(8/3号)は、そういう訳でとてもいい表紙になってるワ♡ 本文ではメンバーを深掘りしてるし、さらに今回は腸活特集という…

  • 三田納涼カーニバルへ

    7/23土曜日に開催された東京港区の三田納涼カーニバルへ行った。 慶應に在学中の長男からこの情報を聞き、自分もかつて2年間お世話になった界隈なので、久々にぶらりと出かけてみようと思ったのだ。 この日は、このところのグズついた天気とは違い、雨には免れたものの晴れるとやはり暑い暑い! 三田通りは特に親子連れが多く、活気に溢れている。 どのブースも盛況で行列だが、「行くなら福引きをやれば?」と勧められていたので、早々にその列へ。 並んでいる最中に、パレードがスタートし、そこから何とか眺めることに、、。カーニバルは最も華やかな時となる。 数名の係の若者が力一杯囃してくれる福引きは、彼らの元気な声が祭り…

  • 三谷幸喜さんもゲンを担ぐ? from 鎌倉殿の13人

    港区・愛宕神社のある愛宕山にはNHK放送博物館もあり、私が時たま行く際は、神社とセットで訪ねることになっているw博物館には今放映中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のコーナーがあった。 中でも、脚本家・三谷幸喜さんのインタビュー記事に、特に興味を引いた。氏曰く、、自分のドラマで過去当たったものには、「数字」と「の」が入っていたので、そのジンクスから今回もタイトルにそれらを入れたいと思った、、という記事を見て、とっても素直で可愛いなと思った! 三谷さんほどの人でも、ゲンを担ぐんだな。 氏の、そういう普通っぽい感覚があるところも、多くの人のハートをつかむ作品作りに関係しているのかもしれないネ♡ ところ…

  • 傷ついた後、、銭形エライ! from「ボクたちのパパは泥棒」

    part3の本作は、ギャグ回で見どころ満載だが、今日は銭形のみに焦点を当ててみる。 「ルパン三世」は、脚本家の裁量で、作品により、ル次五や銭形の背景が違うことを、予めご了承ください! 本作では、銭形も独身ということになっております。 ル次五は、ヴィランに嵌められて子持ちのパパにされてしまうのだが、子供達の出現に心当たりがあるような無いような? 彼らは、とりあえず、子連れ泥棒を決行! ル次五を捕らえた銭形は、彼らに子供までいることを知って、たいそう傷つく。「お前らみたいな奴らに、子供、家庭もあって、それに比べてこのオレは〜 こんなバカ共を相手にして、温かい家庭を持つことも許されなかったのだ〜!」…

  • 七夕の夜「星に願いを」・「素顔のままで」byビリージョエル

    Just the Way You Are、、「素顔のままで」は、 青春期からずっと共にあった曲! 曲も歌詞もビリー・ジョエルの声も、全部いい♡この曲は、ローズ・ピアノの、異次元に誘われる独特の美しい音色で始まる。 ビリー・ジョエルはある女性に恋して、その想いから生まれたそうだから、その女(ひと)は、ミューズだったわけですね。絵画や音楽の着想に「想う女性」が関わるのはよく聞く話だが、その女性はようこそ存在してくださいました、、と思いますね、人類の為に!ビリーの場合、後にそのミューズとは泥沼の離婚劇と聞くので、いわば、体を張ってステキな曲を世に残してくれたわけで、頭が下がります。 天才のサガでしょ…

  • 皮肉屋ヒギンズ教授 from映画「マイ・フェア・レディー」

    今日は、先日upした、イライザの父についての記事に続く第2弾!この映画において、原作者バーナード・ショーの考えが2番目によく表れている人は、言語学者ヒギンズ教授だ。この映画はザックリ言えば、ロンドンの下町のコックニーイングリッシュ丸出しの花売り娘イライザを、ヒギンズ教授の猛特訓で、見事クイーンズイングリッシュを話すレディーに変えるという物語。 大人になって映画を見返してみて面白く思った場面は、ヒギンズ教授は、話している人の言葉やイントネーションから、ロンドンのどの街出身かを見抜くどころか、どのブロックからどのブロックまでに住んでいる人かまで、正確無比に言い当てるところだ!登場人物の一人、彼の相…

  • 鼠小僧とルパン三世

    「ルパン三世」の作者モンキーパンチ先生が「ルパン三世」初期の頃、アメリカに渡った時、ルパンファミリーはまだ、ルパン、次元、不二子、銭形の4人で、五ヱ門がいなかった。あるアメリカ人女性に、「ルパン三世」になぜ日本人っぽいキャラクターがいないの? との指摘を受けて、登場することとなったのが五ヱ門だ。 日本の有名な盗賊と言えば、、石川五右衛門か鼠小僧か? との2択から選ばれたのが五ヱ門だったそうだ。 ルパンや次元との釣り合いから、スタイリッシュにキマルのは五ヱ門だから、合ってるよね♡ もはや我々は、五ヱ門に馴染んでいるため、彼でよかった〜 と思うワケだがww鼠小僧と聞くと、そんなエピソードを思い出す…

  • 「常識」って? イライザの父  from 映画「マイ・フェア・レディー」

    中学生の頃、学校の映画鑑賞会で皆でこの映画を見に行った。その時は、その歳の女子らしく、ロンドンの下町の花売り娘・ヒロイン、イライザのシンデレラストーリーをただただ追って見たものだが、大人になってあらためてこの映画を見ると、ヒロインの周辺、特にイライザの父の描かれ方に特に注目することとなった。 英国の劇作家、バーナード・ショーの「ピグマリオン」が原作のこの映画では、この父親にショーの思うところを何かと語らせているのだ。 この父親が娘イライザや周囲の人にせびったお金は、主に飲み代に消えていく。実際こんな父だと堪らないが、その分(?)この父子は子離れ、親離れが早いw 一方の上流階級の言語学者ヒギンズ…

  • マイケルジャクソン、、「名誉の復権」 ”THIS IS IT “

    茨城県に住んでいた時は移動は主に車で、BGMにマイケルジャクソンのCDもよくかけていた。その途中に少年マイケルが歌う「ベンのテーマ」が流れてくると、いつも、しみじみ聞き惚れたものだった。 後にKing of Pop となる彼の本質は、ここにある! 一つ一つの言葉を丁寧に、真面目に、心を込めて歌っているのだ。少年マイケルが、レコーディングスタジオでスタッフの指示を真剣に受け止める光景が、目に浮かぶ。 よく聞いていたのが車なので映像が無い分、余計、エッセンスが浮き彫りになって伝わった。 マイケルは、2009/6/25 突然の死を迎える。これが最後と言われたロンドン公演の封切り直前だった。制作スタッ…

  • ガゼボ(東屋)、、横浜のイングリッシュガーデン、ソロ散歩part2

    前回、横浜の「港の見える丘公園」地続きのフランス山について綴ったが、今回はその続きで、隣接するイギリス山(本ブログ内での通称w)について。 イギリス山の方がさらに高方に広く、薔薇を始めとする色々な花の植えられた、手入れの行き届いた花壇が美しい。高低差を活かして噴水から水が流れ落ちていたりと魅力的な庭園になっていて、この分では休日は混むだろうが、ウィークデーのひとときなら、ベタとは言えやはりデートにも向いてると思うよ! 庭園の中に、「バラのガゼボ」と命名された東屋があった。以前、アメリカのTV番組「奥さまは魔女」で、サマンサが庭に東屋を造るために銀行に融資を受けに行くという回があった。融資課のお…

  • 投錨地(とうびょうち)、、横浜のフランス山ソロ散歩

    ある日の午後、横浜中華街から足を伸ばして、港の見える丘公園を散策した。今、流行りとかのソロ散歩だ! 興味の赴くままにあちこち歩くというのは性に合っているので、たまに繰り出すw 港の見える丘公園の地続きにある「フランス山」には、市で立てた案内板が多くあり、その一つに、フランス軍陣営図(1865)の部分図、写し が載っていた。洒落たオールドイングリッシュ文字で “ Rade de Yokohama “ と、図のタイトルが書いてある。最初のRがオシャレ過ぎて読み取れず、K、H、Rに渡りをつけて、帰宅後調べたら、Rade =投錨地 であることが判明。学生時代、二外が仏語だったので、こういう時どういう単…

  • サッカー談義は楽しい! + 小野伸二さんの話

    家では時に、息子達とサッカー談義をするが、圧倒的に知識が劣る私としては、向学も兼ねているw でも、たとえどんなレベルでもサッカー談義はそれなりに楽しいもので、無責任に「もっと、〜すればいいのに〜」なんて言っては、「そんなに簡単じゃないんだよ」とたしなめられたり、それは何故か教えてもらったりしているが、、楽しい! サッカーは浅く広く薄くの私だが、誇れるとすれば、古くからというところだろうか?! ワールドカップ98年大会は、日本がグループリーグで敗退すると、潮が引くようにメディアも取り上げなくなる、まだそんな時代だった。でも、サッカーの内容、質としては、ここからこそが面白かったのよね。日本戦の時は…

  • 三苫と伊東のゴールアシスト!   サッカーキリン杯、対ガーナ戦より

    対ガーナ戦での個々の日本選手のアピールについては、色々言われているが、三苫と伊東(純也)は、ゴールアシストも出来るという一枚上の段階にあったように見えた。本人達の得点力や有益性などは、既に実証済みの上での ネ! 彼らには、アシスト力をアピールしようという気持ちが特段あるようには感じなかったし(別にあってもいいけどw)、チームに良かれというプレーが出来てたってことだよね。 結果的に三苫のゴールとなった1点も、まるでビンゴのダブルリーチのような保険付のシュートだった♡ 試合後のインタビューで、そういう風に意識してたこと、ちゃんと言ってたね。どちらでもいいような筋に蹴った みたいなことを。 瞬時に、…

  • ゴリウォーグのケークウォーク、、from「ルパン対奇人二面相」

    シュールレアリスムの奇才芸術家・ダリをもじったであろう本作の主人公ダレの本作については、過去何度か触れたことがあるが、今回はBGMの観点から綴る。 ドヴュッシー作「こどもの領分」より、「ゴリウォーグのケークウォーク」という曲は(題名は分からずとも)よく知られたメロディーだが、これが本作のBGMに使われていることが、実はず〜っと気がかりだった。 音楽自体はユニークな佳曲なだけに、この選曲はなぜ?と。芸術家としてユニークなダレ(ダリ)に、ただのユニークつながりとして合わせただけではないだろう と!そしてこの度、私がこの曲の題名を知ったことで、ちょっとした謎が解けたのでそのご披露だw 「ルパン対奇人…

  • サッカーU23アジアカップ UAEvs日本 超俯瞰観戦記!

    昨晩10時からスタートのこの試合、日本側は将来への展望を見越してU21が出るんだ との情報を長男から聞き、その心意気いいね!ってことで、たまにはこういう世代のも見てみようと私も観戦。 ここに綴るのは例によって、講評というより感想だw 前半は忍の一字の試合が続き、アディショナルタイムのことを忘れた主審が終了の笛を吹いたが取り消して再開、謎の1分が過ぎてハーフタイムへ。 なるほど、気づいた。 今日は、選手双方と審判、みんな「これから」の人なのね〜! 後半16分、鈴木の先制で待望の日本得点。が、その直後、UAEも得点で1ー1に。さらに相手がPKを獲得。そのPKが止められるわ、止めるわ(こっちはよかっ…

  • 銭形警部の本気 from「アルカトラズコネクション」

    (注意!激しくネタバレあり!!) 銭形は警部としての腕前はかなりのモノだ ということは、ルパン通になればなるほど否定できない事実だ! 過去、色々な作品でその実力が垣間見えることは多いけど、今日は、テレスペ「アルカトラズコネクション」のラストの方のゼニのカッコいいシーンを振り返りたいと思う♡ 途中から、何かと変なところも感じさせたヴィラン、テリー・クラウン。 今、ちょっと気づいたが、この話の舞台、豪華カジノ客船「マシンガン・ケリー」に、テリーの命名は似か寄せているかも?! そのテリーが、まさか、敵の親玉とは思わないもんねー。 特に純なところもある銭形だから、疑うよりまず、信じたのだろう。ちなみに…

  • サッカー CL決勝! レアルvsリヴァプール

    世にサッカーに詳しいファンは多いので、私の場合は「ルパン三世」の時同様、講評ではなく、この試合の印象と感想までを綴ろうと思う。 早朝4時キックオフなのでアラームセットで起きてみれば、35分遅れとのこと。解説者や一緒に見ていた息子達いわく、こういう遅れは選手達のメンタル含めたコンディションにキツイらしい。「そう、後30分ネ」なんてフワっとした感覚の人なんかいないのねーw 実際、試合が始まってみれば、例えばGKクルトワの神がかった連続セーブを目の当たりにすると、「一点集中ってこういうことね」と納得だった! レアルのアンチェロッティ監督はイタリア人で、その連想からか、レアルの大型ディフェンス陣の居並…

  • ドビーへ、、from「ハリーポッターと死の秘宝 part1」

    ハリポタ「死の秘宝part1」は、これ迄にTVやhuluで何度か視聴している。本作の終盤、マルフォイ家の広間で、ベラトリックス姉妹らを前に、ドビーが友情の口上を述べるシーンに、この度あらためて感動した。 そもそものハリーとドビーの出会いから、いつもドビーはハリーのため思ってハリーに良かれと思うことをやってくれて、時にそれがハリーを困らせたり、、! これは、思うに親子や家族間にもありそうなことでもあるねw そんな経緯がこのシーンではずっと回想されて、その後の悲劇を知っているだけに、なんとも切なくて色々な想いが心に深く蘇るところだ。 「ドビーは絶対殺しません ドビーにご主人様はいません ドビーは自…

  • 林檎殺人事件、、郷ひろみさん

    80年代、品川の新高輪プリンス飛天の間で開かれた大学の謝恩会のこと。 開会の少し前から会場の一角が騒がしく、何かと聞けば、郷ひろみさんが、当時の婚約者(彼女は卒業生として式の出席者)と2ショットでいるという。 華やかなその周辺は人混みで近寄ることもできず、私は遠巻きにその様子を楽しんでいた。同期がもう結婚かぁ! 郷ひろみさんに関する最新の文春オンライン記事を読んだ。 彼は当時からずっとスターだが、私はむしろ後半のご活躍に注目している。 圧倒的スーパースターとしての特殊な人生とは思うものの、少し先をイキイキと生きる姿に、今となっては励まされ、学ぶところが大きいのだ。 彼は読書家でもあるという。常…

  • 八芳園 お庭散策

    来日中の米国バイデン大統領を、岸田首相が八芳園で接待するという報道を見て、今年2/13にupした記事を、再度載せることにしました。 ここは、日本の美を味わって頂くには、とてもよろしい所かと、、♡ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー1月中旬のある昼下がり、都内港区の八芳園へ。 まずは、園内のカフェでお茶しながら、入り口でいただいたお庭の案内書を眺めて予習!その時、スタッフの女性が親切にも声をかけてくれたので、沢山の緑に触れたくてここのお庭をめざして来た旨告げると、喜んで見どころを教えてくれた。中心に池のある回遊式庭園で、そのほとりの「水亭」は特にお薦めとのこと。実際、早速歩いてみたら、ホ…

  • 第一子の「無邪気発言率」

    「無邪気」は、邪気が無いってことだから、普通はいい意味だよね。大人になってもこの心持ちは大切だ。でも〜 「無邪気な発言」となると、少し話が違ってくる。 場合によっては、周囲がグサっとくることがあるのだ! 実際、「何でも正直に言えばいいってもんじゃ無い」とか「嘘も方便」なんていう言葉もあるほどで、、。 さて、あくまで個人的経験のみだが、このテの発言をしてしまう人って、第一子に多いような気がする。何故って、私の近い身内は、第一子率が高くて、よく、私が軽〜くグサグサ来てるからだww それとか、側でハラハラする時もあったり! 私自身は第二子だ。私とて、これまで失言が無かったわけではないが、頻度はそんな…

  • 今度は “コンドル” にclose up ! from「五ヱ門無双」

    「ルパン三世」part3の「五ヱ門無双」は、試聴後感の清々しい作品。(以前[21/8/5 up]、主に五ヱ門とコンドルにスポットを当てた記事を書いたことがあるので、よろしかったら合わせてどうぞご一読下さい!)コンドルってやっぱりカッコいいな、、ということで今回は、よりコンドルに着目して描いてみました。 日本では、強い鳥と言えば、やはり「鷹」なのでしょうか? 鷹もコンドルも、猛禽類独特の鋭い丸い目を持っていますね。 鳥の分類では、コンドルはタカ目までは一緒のようで、親戚なのですね! でも、コンドルの方は、顔の部分が赤くて、羽の色がは主に真っ黒、差し色に白があったりと、やはり何気に異国情緒を感じま…

  • 明けない夜、、、「ラウンド・ミッドナイト」と「悲しい酒」

    この2つの曲は、洋の東西、JAZZと演歌、歌無しと歌あり、、と少しずつ異なるが、テイストが似ていると思う。 以前にも記事に書いたことのある「ラウンド・ミッドナイト」は、JAZZの巨匠セロニアス・モンクの名曲だ。一向に晴れることのない、息が詰まるような暗さ(?!)で、もう、ず〜っと夜が明けないんじゃなかろうかっていう勢いだ。 この曲には、バーの止まり木でウィスキーを嗜む渋い次元が似合うね! 一方の「悲しい酒」は、古賀政男さん作曲、演歌の女王、美空ひばりさんの十八番だ。天才の彼女は、実はJAZZも上手かったので、洋楽に盗られては大変!と関係者が慌てて演歌界に繋ぎ止めたというエピソードがある。 JA…

  • ニワトコの杖とイチイの杖、、ハリーポッター/ファンタビ

    「旧暦で楽しむ日本の暮らし」という別冊宝島の雑誌を眺めていたら、「蓬(よもぎ)とニワトコの湯」という文言に出くわし、反応してしまったww ニワトコの杖と言えば、「ハリーポッター」において所有者が転々とした後、ダンブルドア(以下、D)の杖として有名だ。杖は持ち主を選ぶとも言われるが、ニワトコこそ特にその説にふさわしい杖だと思う。 雑誌によると、ニワトコの幹は、消炎・利尿作用の薬用が、、また、蓬の葉と共に湯に浮かべるニワトコの葉には、肩こり・腰の痛み・打ち身に効果あり、、とある。 まあ、利尿剤の方はいざ知らず、無理くりかこつければ、本来癒しの効果があるニワトコは、Dの杖先からは優しい気が発せられる…

  • 土田よしこさん、、漫画雑誌「りぼん」より

    小学生の頃のある日、家で、3つ上の兄が「これは面白い!」と声を上げて笑っていた。 当時私は、バレエ漫画「アラベスク」を目当てに「りぼん」という漫画雑誌を買っていたが、兄は、その中の「きみどりみどろあおみどろ」(土田よしこさん作)を読んで笑ってたのだ! この反応を受けて私は、「りぼん」の存在価値が他の家族にも認められたような気がして、とりあえず嬉しかったのを覚えているw 土田よしこさん作品の面白さに共感される方もいるかもしれない、、と思いから、今日はこの話題となります! そして、以後私も「きみどりみどろ〜」も意識して読むようになったら、もちろん可笑しくて可笑しくて! 主人公 ”きみどり“ が、日…

  • ♪ ルパンザサード♪、、by 中居さんとさらば森田さん!

    お昼の焼きそばを作りながら、耳では「ルパン三世のテーマ」を聞いていて、またバカなことをひらめいた! 「ルパン三世のテーマ」曲中の女性コーラス部分、「ルパンザサード」は、「ルパンルパ〜ン」ではないよというのは、割に初心者向けの情報として有名だが、あそこのところ、男性の声で言うバージョンもイケルんじゃないか、、ということ! 「ルパン三世を有名人でたとえると、、」という過去記事で、私は、既に中居正弘さん一押し中で、そちらはルックス込みの人選なんだが、最近よくお世話になってるYouTube動画で、「さらば青春の光」の森田さんは、精神構造がルパンと酷似していて、こちらも捨てられなくなってきたのだw 動画…

  • ♪ ルパンザサード♪、、by 中居さんとさらば森田さん!

    お昼の焼きそばを作りながら、耳では「ルパン三世のテーマ」を聞いていて、またバカなことをひらめいた! 「ルパン三世のテーマ」曲中の女性コーラス部分、「ルパンザサード」は、「ルパンルパ〜ン」ではないよというのは、割に初心者向けの情報として有名だが、あそこのところ、男性の声で言うバージョンもイケルんじゃないか、、ということ! 「ルパン三世を有名人でたとえると、、」という過去記事で、私は、既に中居正弘さん一押し中で、そちらはルックス込みの人選なんだが、最近よくお世話になってるYouTube動画で、「さらば青春の光」の森田さんは、精神構造がルパンと酷似していて、こちらも捨てられなくなってきたのだw 動画…

  • 斬鉄剣とサマンサの魔法! from「ルパン三世」「奥さまは魔女」

    私が、全シリーズ全作視聴制覇したものと言えば、「ルパン三世」と「奥さまは魔女」。 後者は、以前、アメリカで一世を風靡したTVドラマだ。 「ルパン三世」で、次元人気は言うまでも無いが、今時は、淡々としてマイペース、端正な風貌な五ヱ門人気が上昇中と聞いている。 なんかわかる気がするな♡ また、「奥さまは魔女」で魔法を操るヒロイン、サマンサはとてもチャーミングで、いつも洋服のセンスも良く、色々と楽しめるドラマだった。 凝り性なので、気に入るとのめり込むタチだが、ルパンおける五ヱ門の斬鉄剣と、「奥さまは魔女」のサマンサの魔法は、”それ無しでは、どうなってただろう?“というところが似ていて、ピンチの時の…

  • 水ダウに見る、カミナリのまなぶとたくみ、、相方思いの話(その2)

    (例によって、敬称略で失礼します) 前回、「さらば青春の光」の東ブクロが朝番組復帰の時、森田のブクロに対する相方愛についてこのブログに綴った。 それまで私は、相方思い と言えばすぐに、「カミナリ」を連想していたので、今日は “その2” として、そちらの話をしよう。 お笑いコンビ、カミナリのまなぶ(大きい方!)と たくみ が、いつぞやの水ダウで、素晴らしい相方愛を魅せた!水ダウの企画では、たくみ(仕掛ける側)が何やら怪しげな宗教かなんかにひっかっかって、おまけに高額商品を買わされそうになっているのを、まなぶ(騙される側)が、必死に止めるのだ。 たくみのことを心配し、たとえコンビを解散してでも目を…

  • フラワーホール、、ルパンと薔薇 from「不二子危機一髪救出作戦」 // ブクロの復帰!

    スーツの背広の左襟上部に小さな穴(ホール)が一つ空いているが、それの名称を「フラワーホール」という。文字通り、切り花を胸に挿す為の穴だ。 用途として他には、軍服の第一ボタンの名残だとか、今ではバッジ用として、、とか諸説あるようだが。 私がスーツ上下を着ない性だったこともあるが、社会人になってしばらくしてからやっとこの名称を知ったw この穴の命名や、そもそもの発想が、花の為にあるなんてオシャレだなあと思って、感動したな。 「ルパン三世」では、ルパンが薔薇を扱うのがとても上手いことは、このブログでもさんざん話しているが、「不二子危機一髪救出作戦」の冒頭、ルパンが不二子を家に招く時のイソイソとした準…

  • 五ヱ門の斬鉄剣芸の変わりダネ from「迷画 最初の晩餐の秘密」

    「ルパン三世」には、斬鉄剣が切って成敗!というシーンは多々あるが、その中でも変わりダネが幾つかある。 今日は、その時の五ヱ門もカッコいい、印象的な切れ芸を紹介しよう。 part2「迷画 最初の晩餐の秘密」では、五ヱ門が斬鉄剣で氷に跡をつけることで、列車のレールを造り上げる。本作ではお宝を「列車ごといただく」作戦なので、この方法だと氷が溶けたらレールが消えて、銭形達が追跡できなくなるわけ、、。 さすがに跡わかるっしょ なんてムズカシイことは言わない言わない! 列車のレールの右と左1セット分、五ヱ門が斬鉄剣で、行きと帰り跡をつけていくんだが、ここのゴエの精神集中も、重要なポイントと見る! このレー…

  • 声明、、、、「せいめい」と「しょうみょう」

    声明という漢字をネットニュースの見出しかなんかで見ると、「しょうみょう」と読んでしまい、「い〜や、せいめいじゃな〜い」と、東京ホテイソン並みに一人ノリツッコミをしてニヤニヤすることがある! 私が仏像好きで関連の図本などを眺めることがよくあることと、漢字好きなことから、読み方が特殊な仏教用語を(知識の方は浅いながらも)、割に知ってる方だと思うww 既に自分の中では定着してたようだが、改めてフリガナを2度見して確かめたのは「降三世明王」。これ、通称では「ごうざんぜ」って全部濁点読みするのよ。まあ、この手のものは、慣れた界隈の人には当たり前にスラっと出てくる読み方なんだろうけどネ。 以前、「天下茶屋…

  • バラの香りと女性ホルモン、、道理で不二子は!

    ネットで遭遇したどなたかの説で、 女性ホルモン「エストロゲン」を整える → 胸の大きさに関係する、、 というのがあった。 そして、バラの香りにその作用がある と。 衝撃!! 少し他も当たってみると、数名の方がそれに近しい説を唱えていた。 では、それにのっとると、バラの花を、よくルパンが不二子にプレゼントしているのは、ナルホド〜と思ったね!どっちが原因で結果かは知らんけどw ルパンはバラの扱いが自然で上手いからねー。 もちろん綺麗なバラの視覚効果も、プラスね。不二子のナイスボディーは一夜にしてならず。 常日頃、ルパンや殿方から受け取るバラが、少なくとも関与してたってワケね〜! 西洋の香水文化の大…

  • ルパンか、ルパン以外か!

    ローランドを真似て、今日のタイトルをつけてみました! そしてこれは、私のブログ名「ルパン三世 & something 」を裏返した表現にもなっておりますw 生真面目にちょっと気掛かりになり、皆さまの、私のブログとの付き合い方について、書かせていただきますネ♡ 先日、「ルパン三世」のおかげ、、というタイトルで記事を upしましたが、その時にも書いたように、このブログ開設の原動力はなんと言っても、私の盲目な「ルパン愛」にあったため、今でももちろんこの大きな軸はブレていません! ただ、折々の関心事や、これまでの人生において(大袈裟?!)感じたこと、自らの反省がてらこれからの方へ向けて書きたいことも、…

  • 「ミラノ ドルチェ トレ・スパーデ」の美味ミラノプリン

    以前、赤坂にあるお店の、飛び込みでは入手困難な人気のクッキー、「ツッカベッカライ カヤヌマのテーベッカライA缶」という、呪文みたいな名前の話をしたことがある。麻布十番の「ミラノ ドルチェ トレ・スパーデのミラノプリン」は「ツッカベッカライ〜」に準ずる、一発では覚えられない呪文めいた店名のとっても美味しいお菓子なのだ。その美味しさは、数ある洋菓子の中でもトップクラスだと思ってる♡ なので、お菓子の紹介がてら、今日の話題としています! さて、この手の話をする時は、ぜひ、がんばってフルネームを一気にまくし立てて欲しいと思うw 「あのミラノ何とかというお店の〜」とか言わないで、、。 「ツッカベッカライ…

  • 箱根関所跡 人見女 いろいろ

    箱根関所跡で出会える、人見女(ひとみおんな)! その名称からしてちょっと変でしょ?江戸に近い箱根の関所は、「入り鉄砲出女」を特に見張るので有名だ。 「人見女」とは、出女の結った髪の中まで調べて密書なんかを探す仕事の(関所の)女性の役人のこと。 関所跡で見た人見女の人形は、わかりやすくするためか意地悪そうで人相も超悪い! ほら、ああいう所の人形って、ただでさえ独特の怖さがあるでしょ? どっちが罪人かわからないほどだったよw 10年ほど前、私が関所跡に行ったのは小学校の遠足以来だったが、以来そこはさらに進化していた。当時はまだ、あの人形の人見女もいなかったと思うよ! 自分が歴史好きでもあるため、私…

  • お宝、エメラルドのブローチ from「1$マネーウォーズ」

    テレスペ「1$マネーウォーズ」は、「ルパン三世」ではお馴染みのオークション会場からスタートする。 バブル期、以前私が職場で目にしていた新聞に、サザビーズコレクションというコラムがあり、様々な出品の話題を興味深く読んだことがある。こんなスゴイ世界もあるもんだなあと感じたものだ! 「ルパン三世」オープニングテーマ曲が始まる時は、ルパンらしいカーチェースの映像をたっぷり魅せてくれている。ジャズシンガーとしてBIGになるのを目指すゲストヒロイン、サンディーに合わせたジャズテイストの曲だ。ベースがビートを軽快に刻み、ジャズスキャットが融合する粋な仕立てで、作中、サンディーの歌うジャズも含めて、作曲の大野…

  • 満開の桜!絶景かな、、五ヱ門 from「燃えよ斬鉄剣」

    「絶景かな、絶景かな。春の眺めが値千金とは小せえ小せえ。 この五右衛門には値万両。」ちょうど時は今?! 南禅寺山門の楼上からの満開の桜の絶景を前にして大見得を切る、ご存知、石川五右衛門の名セリフだ。ご先祖の名シーンから始まる本作で、五ヱ門は草履を脱いで客席に正座して、観劇(感激)してる。 そこへヴィランの忍者達が襲うのだが、間が悪いね、五ヱ門は、感動で力100倍になってる時なのよ!!多勢の敵相手に、(舞台上の)山門の楼上や歌舞伎座の屋根の上で、斬鉄剣を手に見得を切るのは、我らが当代五ヱ門だ!作中の歌舞伎座は現在の建物の一代前の姿。 銀座の街並みも広告も、個人的には職場が近かったため何かと目に馴…

  • 4頭の馬の配置  映画「ベン・ハー」より/サッカー日本代表の配置は?

    僭越ながら、今のサッカー日本代表の弱点は?、、へのサジェスチョンとして過去記事を再度 upするので、よろしかったらその観点でご一読下さいませ♡ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「ベン・ハー」は言わずと知れた長編大作で、数々の名シーンがあり、そこの解説は他の方に託すとして、個人的には、地味だが印象に残ったあるシーンについて語ります。 後編の冒頭、アラブの族長が、戦車競技に出す馬の調教で難航しているところに、ベン・ハーが出くわす。4頭の白馬が戦車を引っ張り、走っている様をひと目見て、ベン・ハーは、その配置に問題があることを見抜く。馬の性格や走りの特徴を正確に言い当てて、その論拠を説明し…

  • ポルトガルも進出!、、サッカー、ワールドカップ

    昨日evenで終えた日本戦のフラストレーションを晴らすべく、夜中スタートのポルトガル戦もやはり視聴することに! 「クロアチアになら勝てるかも、、」98年大会で、日本が高を括った対戦相手クロアチアは、大会3位の強者だった。エース、シュケルは得点王に輝いて! あの時から私は、旧ユーゴの一角を侮るべからず、、という認識に置き換わった。今回のポルトガルの対戦相手、北マケドニアはその旧ユーゴからの独立国だ。粘り強いサッカーをして、ポルトガルのクリロナも対戦前にリスペクトを表していた。 ポルトガル・マデイラ島出身のクリロナは、サッカーでポルトガル本土に来た時、しばらく言葉の訛りなどで田舎者とバカにされたり…

  • 「ルパン三世」のおかげ /part6最終回「悪党が愛すもの」

    (注:未視聴の方へ、ネタバレあり) 「ルパン三世」part6最終回、「悪党が愛すもの」を楽しんだ。 ちょうど、前日の金ローで「塔の上のラプンツェル」を見たばかりだったので、あの巧妙な毒親、魔女ゴーテルと、ルパンのトモエが重なって見えた。 2人共、「あなたを愛しているわ」というたびに! ラプンツェルの方では、“I love you.” “I love you more.” “I love you most.” と親子で会話の応酬が頻発。これらは本来、美しい言葉のはずなのに、最後のmost を言う魔女のセリフには、危険な香りがムンムン漂っていたよね。「ルパン三世」では、トモエは、前の時代の人のハズ…

  • 祝 サッカー日本代表ワールドカップ進出、、、そしてポルトガル!

    終わってみれば、残り1試合でW杯進出を決められた日本代表。よかったよかった♡ みなさん、ひとまずおつかれさまでしたー。 (以下、敬称略で失礼します!)だいぶ焦らされての89分、日本ゴール!川崎フロンターレ仕込みの山根、守田(←私はこの人に次元の魅力を垣間見てる!)、三笘の以心伝心で決まったのは、地元出身としては、さらに嬉しかった。 アディショナルタイムでの追加点は、左で三笘がボールを持った時、もう、これは一人で行くなと思ったね。時間も時間だし、既に自身で得点してるしで、色々な意味で余裕があったからね。もしや下手にパスカットされてカウンターなんて流れの方がヤバイからねえ。 昔、初めて、三笘のピッ…

  • 怖い怖い毒のはなし、、オロチんゆー/「毒薬と魔術とルパン三世」/他

    「ゴンズイの毒は、死んだ後もまだ残ってるから気をつけるのよ!」釣ったゴンズイを、まな板の上でさばきながらコメントしていた “オロチんゆー” のYouTubeを家族が見ていて、それを聞きとめてゾッとした!オロチんゆー曰く、魚のゴンズイは背びれや胸びれに猛毒があって要注意らしいね。釣り人ならば常識のようだけど。♪ さそりの毒は後で効くのよ〜♪ 反射的に、美川憲一さんの歌で有名な「さそり座の女」の歌詞のラストを私は口ずさんでいたwwゴンズイは死してなお毒を残す なんて、怖いですネ! 「ルパン三世」の作品では毒薬がよく出てくるが、タイトルにもなっている「毒薬と魔術とルパン三世」がやはり真っ先に浮かぶね…

  • マートル「ハリポタ」/ アンジェリカ「シェークスピアを知ってるかい」

    ハリポタで、ヴォルデモートが分霊箱を作る時の犠牲者の1人となった「嘆きのマートル」。原作ではとても美しい女子学生だったそうだ。映画のキャラクターは、少しコミカル寄りに演出されているね。 マートルとは、そもそもギリシャ伝説によると、美しい巫女で、しつこい求愛者から守るために女神ビーナスによって植物(ハーブ)に変えられたという。マートルは、純潔な美しさゆえに人以外に変えられたり、はたまた、偶然とはいえ殺されたりと、長く生きることは許されなかった宿命の乙女だ。 ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさんの本によると、マートルの花で作るフローラルウォーターは、さわやかな香りで、切り傷につけたり、打…

  • 「帰り道は遠回りしたくなる」、、乃木坂46

    今日の話に入る前に、一昨日前の地震で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 3、11の時は、家の食器扉が開くが早いか、食器が次々前へ発射して、ガラスが割れる音は怖いわ、建物は揺れ続けるわで、生きた心地がしませんでしたが、今回はその記憶が蘇るほどでした。 地震はもうこれっきりでありたいものですね。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2018年にヒットした、乃木坂46のこの曲「帰り道は遠回りしたくなる」は、タイトルからして、女子のいじらしい気持ちがよく表れてると思います。 曲の流れも、だんだんと遠慮気味に畳みかけてくる手法が、心憎いですね。 センター西野七瀬さんの卒業の曲として、思い出深…

  • 箒(ほうき)の話、、、「小さい魔女」「ハリポタ」etc

    ドイツの児童文学者による「小さい魔女」という、昔から人気の児童書がある。主人公の小さい魔女(127歳でも、その世界では “ひよっこ” だそう)が、新しい箒と格闘する場面が印象的だ。箒と新しい乗り手とのちょっとした力比べみたい場面で、箒はずいぶん暴れて、魔女を試すのだ。魔法世界ハリポタで大人気の「クィディッチ」では、箒は大切な道具となるが、乗り手の腕次第で、箒のグレードも違ってくるらしい。 以前、初めて馬に乗る機会があった時、最初のうちは、初心者丸出しの乗り手の私をバカにして、しょっちゅう草を喰むは喰むわ、、馬のその洞察力に逆に感心したくらいだったなw そのうち、馬はちゃんと歩いてくれて、私は馬…

  • 永遠の美を留める、、/「眠れる森の美女」「ルパン対奇人二面相」

    物語「眠れる森の美女」に登場する魔法には、次のような解釈のものがある。美しい姫オーロラは、その類稀なる「美」ゆえに、魔法によって16歳の美をそのまま永遠に残されようとした。、、(頼んでもないのに?) この物語で皆がよく知る魔女マレフィセントは、ただただ悪者という分かり易い描かれ方がされる。だが、この物語の諸説ある魔女の元ネタの一つ、魔女の名が「カラボス」の場合、その魔女自身には、悪い魔法をかけているという認識は全く無く、むしろ逆で、オーロラにとっても良かれと思ってやってあげている、、という解釈のものがある。 全ては「美」の為に! この場合カラボスは、あくまで悪魔では無い?? 「ルパン対奇人二面…

  • シュールレアリスム、、ダリ /山田五郎さんのYouTube /「ルパン対奇人二面相」

    数十年前、フランスのロスチャイルド家の夫人(ナディア)が、パリの元ダンサーから夫人になったという自伝を著し、来日してTV出演などされていた。明るくエネルギッシュで、とても前向きな方という印象だった。その自伝にも彼女の活力はみなぎっていて、当時興味深く読んだが、その中で、画家「ダリ」に触れている箇所があり、「ダリ夫妻はとてもお金にうるさかった」と、ずいぶんとハッキリ書かれていた! 彼女自身はパリ社交界でのオオモノだから、芸術家とも当然、交流があっただろうし、狭い社会でこそ流れる情報や感じ得る印象には、高い信憑性を感じたものだ。 私自身、ダリの絵は、グニャッとした時計で知られるあの「記憶の固執」な…

  • 少女ムルーの恋の妄想世界!from「うたかたの島へようこそ」

    現在放送中の「ルパン三世」part6の前回放送「うたかたの島へようこそ」では、少女ムルーによる恋の妄想ワールドが展開される。妄想と現実のパラレルワールドが同時展開というひと味違った嗜好が面白かった。 現実の方は、少女の妄想とは真逆の「おしごと」なんかの会話が繰り広がってたのにネ!本作は、夢語りのところでは、少女ムルーの声による語りで展開されていくのも可愛いネ。 便利なのは、妄想ワールドというのは、もうなんでもありなことw だからそこはムルーに託して、彼女に頑張ってもらった結果、おかげさまで次元や五ヱ門のファンタジーな映像がたっぷり楽しめました♡ 一方で、ルパンを描く恋の世界の方は安定に普遍で、…

  • カルメンは悪女か?いい女か?

    歌劇「カルメン」のラストシーンの演出では、カルメンはドン・ホセにもらった指輪を投げ返す。それで応えが分かったホセは、カルメンを短刀で刺し、自分をも刺して双方果てる、、ということになっている。 筋書きとしては、もちろんそれで間違いないのだが、刺された後のカルメンの断末魔のセリフとして「それでも、あんたが好きだったよ」というのが、原作にはあるという。 以前、野田秀樹さん進行による「セイコー・スイッチ・オン・クラシック」というラジオ深夜放送があった。彼の語りが面白く、それも大きな楽しみの一つで、色々なクラシック音楽を聞いたものだ。博学の彼はカルメンの原作も読んでいたのだろう、その番組でカルメンの楽曲…

  • 塔の春、、祝「みんなのうた」60周年

    明日3月5日夜、Eテレで「みんなのうた60フィナーレ〜」という特集があるのを知り、昨年「ルパン三世」テレビアニメ化50周年を迎えたように、「みんなのうた」も60年の歴史を紡いできたことを知った。モンキー・パンチ先生が「ルパン三世」を漫画に起こした時期を合わせると、この2つはほぼ同時期の発祥のように思う。 小1の頃より数年間キングレコードの童謡部門専属になってから、合唱団だけでなく歌の個人レッスンも受けることになった。その時の主なテキストが、この「みんなのうた」歌曲集だった。これをカバンに入れて、レッスンに通ったものだ! その頃の発表会に、ソロで歌った思い出の曲が「塔の春」。 ♪ 五重の塔のすぐ…

  • 箱根彫刻の森美術館 開館式セレモニー

    箱根にある「彫刻の森美術館」は、1969年に開館している。まだ幼かった私は、児童合唱団の一員として、セレモニーのお祝いの歌を歌いに、東京からマイクロバスで箱根まで。当日は、あいにくのドシャ降りで、バスから降りて館内に入るまでの間に、靴の中まで雨でビショビショ!大変な日であった。 晴れていれば、彫刻の点在する広いお庭で、ゆったりとセレモニーが行われるハズだったと思うが、急遽、館内で、叩きつける雨のガラス越しにお庭を見ながら式は進行された。本来なら来館客も多かったろうに、なんせ山の雨はスゴイからね、、式関連のエライ人と合唱の子供達、、ともかくも関係者で執り行われた。ちなみに、歌ったのはベートーベン…

  • 「天下茶屋」の読み方、略し方!

    “大阪の地名の略し方” という動画を遊びで見ていて、「天下茶屋」のモンダイの時、「てんちゃ」かな?なんて思っていたら、この動画での答えは「がちゃ」。尤も、コメント欄で多くの人から「てんちゃ」の方が普通だ と騒がれていたけど、既に私の興味はもうそこには無かった!(動画の方の答え)「がちゃ」ってことは、ソコ、まさかの「てんが」って読むわけ?? お釈迦さまの「天上天下唯我独尊」の時は、「てんげ」で、時に「てんが」。この場合は絶対「てんか」とは読まないネ! でも、「てんか」と読まない例を、これ以外にはすぐに思いつかないなー。 全国展開のラーメンチェーン店「天下一品」も、「てんか〜」と読むしねw 関東の…

  • 大変ねえ〜印(じるし) 双方の体験!

    育児最盛期のこと。子供が年子だったこともあり、身近な身内からかなり頻繁に、 「大変ねえ。(えらいわ〜)」と声をかけられた。 始めの数回は素直に受けていたが、あまりにも度重なり、その言葉の方がよっぽど重くなってきた! その頃の私は、結構、嬉々として育児をしていたので、大変大変って言われてもピンと来ないほどで、「大変ねえ」印をペタッと貼られ出鼻をくじかれると、むしろそのことで疲れを感じるようになったのだw 誰かに大変ってそんなに言われるほど、哀れなことしてる?私! 相手は、多分100%、ねぎらったり褒めたりする気持ちから言ってるらしかったので(つまり善意から)、処置なしだ!悪意からならむしろ悩まな…

  • 大変ねえ〜印(じるし) 双方の体験!

    育児最盛期のこと。子供が年子だったこともあり、身近な身内からかなり頻繁に、 「大変ねえ。(えらいわ〜)」と声をかけられた。 始めの数回は素直に受けていたが、あまりにも度重なり、その言葉の方がよっぽど重くなってきた! その頃の私は、結構、嬉々として育児をしていたので、大変大変って言われてもピンと来ないほどで、「大変ねえ」印をペタッと貼られ出鼻をくじかれると、むしろそのことで疲れを感じるようになったのだw 誰かに大変ってそんなに言われるほど、哀れなことしてる?私! 相手は、多分100%、ねぎらったり褒めたりする気持ちから言ってるらしかったので(つまり善意から)、処置なしだ!悪意からならむしろ悩まな…

  • わんちゃん、ねこちゃん、、、敬称モンダイ

    今日は2月22日でニャンニャンニャンの猫の日だそうで、こんな話題にしてみた! TV番組「ワイドナショー」では、松本さんと東野さんが、よく、このモンダイを口の端に上らせることがある。人気商売の方は大変だ! 犬とか猫とか呼び捨てにすると冷たい人間と思われる最近の風潮から、「ちゃん」を付けるようになったって。東野さんなんて、そう言いながらも心の中ではいつも「⚪︎△×?!って感じだ」って白状してたけどw ペットを飼う人口が増加しているようだから尚更、何かしら「敬称」をつける方がいいのかもしれない。ペットは家族同然になっていくから、他人の子供を呼び捨てにしないのと同様に、ワンちゃんとかねこちゃんとかね。…

  • 桜田門、、警視庁/ 「作戦名は忠臣蔵」銭形警部

    皇居のお堀にはいくつかの橋がかけられているが、それぞれには名前がついている。 桜田門もその一つだ。 歴史好きなら、その門の直前の道路上で起きた「桜田門外の変」が思い浮かぶかもしれないね。そして、それらを見渡す向きに建てられている庁舎が「警視庁」。 立地からか、警視庁のことを通称「桜田門」と呼ぶこともあるらしい。 住所も千代田区霞ヶ関2ー1ー1だって。 警察たるもの、さすが1ー1なんだね!! ついでにザックリ言うと、「警察庁」の方は国の行政の管轄で中央官庁の一つ。「警視庁」の方は、東京都の警察署の本部という区分けのようです! なんかワードのイメージでは、私的には逆な感じがしてるので、いつも混同し…

  • 銭形不死身最強説!

    「ルパン三世」の作品には、銭形がルパンにやられて、無事なんだろうか?と思われるものが、実はいくつもある! ルパンの原作者のモンキー・パンチさんが、モデルにしたという「トムとジェリー」の中で、ぺったんこになっても直ぐ復活するジェリーよろしく、銭形も復活することになっている?? (←Question!) 例えば、、 「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」 次五を助けに重装備で出立するルパンが、張っていたゼニに遭遇。こういう緊急時、ルパンはゼニに目もくれない勢いで飛び出していくのだが、「とっつぁんと遊んでいる暇はねえんだよ、あばよ」って言い残し、逆に、火薬が嵌まったわっぱをかけられたゼニは、遠くで爆発してたけ…

  • 八芳園 お庭散策

    1月中旬のある昼下がり、都内港区の八芳園へ。 まずは、園内のカフェでお茶しながら、入り口でいただいたお庭の案内書を眺めて予習!その時、スタッフの女性が親切にも声をかけてくれたので、沢山の緑に触れたくてここのお庭をめざして来た旨告げると、喜んで見どころを教えてくれた。中心に池のある回遊式庭園で、そのほとりの「水亭」は特にお薦めとのこと。実際、早速歩いてみたら、ホントに素敵でした。池の中に張り出して造ってある感じで、珍しくも足元には大きな石が幾つも敷かれている。 そこで暫く、池や景色を堪能した。 庭園には、石塔や幾つもの石灯籠もある。中でも「十三層塔」は、そこの解説プレートに、「〜剣客、荒木又右衛…

  • 地券の話 from「落窪物語」part2

    平安文学の代表作とも言える「源氏物語」が書かれる前、それに影響を与えた作品の一つと言われているものが、この「落窪物語」。 この物語は、継子いじめからの復讐譚というかなり世俗的なものだ。このブログでは既に「三郎の君」について「落窪物語part1」をupしたことがある。 今日は、この物語が子供向けに平易に書かれた「しあわせになったおひめさま」という、私がかつて読んだ児童書の中で、印象に残っている他のシーンについて、、。 いじめられた落窪の君が、閉じ込められた納屋から少将の君に救い出された後、亡くなった生母より落窪の君が譲り受けていた二条邸に、中納言家(いじめた側)が勝手に引っ越そうとした時に、中将…

  • シュバルツバルダー(黒い森)、、森の話

    学生時代、一年間ほどお菓子教室に通ったことがある。 結構本格的な西洋菓子を作る所で、講師が知的好奇心の高い方だったと思うが、最初に、菓子の由来や背景を語ってくださり、それも楽しみだった。「シュバルツバルダー・キルシュ・トルテ」を作った時は特に印象深く、これは、ドイツに広がる黒い森(シュバルツバルト)をチョコで表現し、その森で採れるサクランボから絞ったリキュール(キルシュ)を染み込ませて作ることから命名されている。 そして、この深い黒い森が今日の話題となる。 このところのマイブームで、ナイト(騎士)関連の小説や映画に立て続けに触れたことも、もちろん影響しているw このブログの読者が、マイブームに…

  • 前へ

    ポジティブ シンキング! ポジティブ、ポジティブ〜!って言葉、ちょっとバカっぽくて抵抗ある人いるかもしれないねw カタカナ英語のせいもある? なんか、気持ちだけ空回りしてそうで怖い とか、下手すると、逆にダメそう な響きまで感じることもww 本来、この発想自体は、こういう世の中、ますます大事なのはホントのようだが、気合の掛け言葉としては、最初で心が折れたら残念だからねー。 「ハリポタ」の最終章最終コーナー、ダンブルドア校長とハリーが、白いキングスクロス駅のような、この世とあの世の中間で色々話すシーンは、ハリーの心のそれまでの謎解きができたりと、印象的なところだ。 ハリーの今後の選択について、そ…

  • 「すてきに帯らいふ」、、応募ハガキ(多分)はずれ〜!!

    「水ダウ」は、「ラヴィット」に潜入した“あのちゃん回”(あれ、生で見てた)とか、スリリングにギリギリを攻めていて面白いが、昨年末、番組の企画で、お笑いコンビ“ニューヨーク”をMCとして、「すてきに帯らいふ」という深夜帯の番組が実現した! 私自身は箏や茶道などの和の趣味もあるため、特に若い頃は着物を着る機会が多かった。なので、この番組には個人的にもすごく興味があり、また、歌舞伎や邦楽の番組で、岩下尚史さんの解説をよく聞いていたりしたので、今回、出演者に彼を見つけ、オ〜ッ、これは本格派!と思ったのだった。この後、番組中、嶋佐さんだけが、(指令もあったのだろう)セッセとボケをかましたが、それがスベリ…

  • 嗚呼、次元  from「祝福の鐘に響けよ、銃声」      (ネタバレ注意!)

    放映中のpart6次回予告を見た時、昔知っていた女医さんっていうので、「我が手に拳銃を」に出てきたあのステキな女(ひと)、リービアかと思ったら、今回は違うひと、ミレーヌ。 回想シーンで、傷ついた次元を介抱するところは、「国境は別れの顔」のモニカを思い出す、、。つまり、次元はモテるひとなのよね! 今回のお宝「マルセイユの涙」は、結局、ミレーヌが次元を垣間見るための誘い水として仕掛けたものだった。 「インベーダー金庫は開いたか」での死期迫るキャサリンも、最期ひと目、次元に会いたくて、自ら仕掛けるんだよね〜。次元って、なかなかの悲恋の人なんだけど、相手からもう一度会いたい って思われる、深く愛される…

  • サマンサの家、、TVドラマ「奥さまは魔女」

    「ルパン三世」で、海外でアジトになっている家はシャレたものが多いけど、私には、あんな家に住んでみた〜い!という夢の家がありますw それは、昔流行ったアメリカのTVドラマ「奥さまは魔女」のサマンサの住む家です。 もうあれ以上でも以下でもありません! このドラマは好き過ぎて、多分全話見ています♡ でも〜? サマンサの家の2階の部屋は、スタジオセットで別撮りしていると知った時、少しガッカリでした。夢の家もまた夢を見ていた訳ですネ! あの家は撮影用ゆえ、1階の間取りにトイレもなかったような、、。 大工さんの動画を見ていた時、よく駆け出しの大工さんに間取り図を書かせると、トイレを書くのを忘れがち という…

  • 「ルパン三世」に聞く、東西 鐘の音/「108つの鐘は鳴ったか」他

    「ルパン三世」では、いろいろな鐘が登場するが、思いつくまま、3作ほどご紹介しよう。(この他にもあるかもだが、悪しからず) まずは、東西、催眠系を2つ日本版では、お寺の除夜の鐘 from「108つの鐘は鳴ったか」 まずは、お寺の鐘に催眠装置を仕掛け、コレで境内のみんなを眠らせてからのルパン達のお仕事開始! 五ヱ門が本堂の屋根の上で、律儀に除夜の鐘を数える当番をしていたよw そして、五ヱ門はルパンに108つの煩悩の解説をしたが、ルパンは、 「ほんじゃ、後はよろしく頼むぜ、ボンノウ!」 って、意に返してない風だったネww 西洋版では、教会の鐘 from「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」 やはり鐘に仕掛けら…

  • 「さそり座の女」美川憲一さん

    M1グランプリ2021 のファイナルステージでのファーストバッター、“モグライダー”の芸は、「さそり座の女」の一本勝負! 否定から始まるあの歌詞はインパクト大なので、ネタになるのも無理もない。美川さん曰く、 「地獄の果てまでついて行く、、が大事なのよ」 とのことだが、さそり座の女の特徴なのだろうか? 牡羊座の私には、良くも悪くも真似できないことではありますww ともあれ、作詞家の方には脱帽だ。 ついでに言えばこの曲は、「一途な星よ〜」のところの危うい音程が、不気味さがあってゾクゾクするね!「さそり座の女」のWikiに、「美川さん本人は牡牛座の男性」とあり、性別まで書いてあるところに吹いた!かつ…

  • 「BITTER RAIN 」、、、「ルパン三世」part6 2クール目 ED曲

    大野雄二さん作曲の今度のED曲は、Jazzy なブルースというテイストで、1クール目「MILK TEA」の軽く甘い雰囲気とはまた変えてきたネ。 なんせ今度は、“ビター”だもんね。 歌うのは、歌手の藤原さくらさん。 ダイハツ・ムーヴキャンバス のCM挿入歌「君は天然色」、、大瀧詠一さんの懐かしい曲のサビ部分を、サラリとさり気なく歌っていて、耳心地よく残っていた声だが、その人だ。「BITTER RAIN (ビターレイン)」は曲調が渋いから、もう少し年上の女性を想像していたが、藤原さんを画像検索したら驚いた! 若くても、どんな曲調もこなす実力派なのね。 ギターの弾き語りの動画もあったョ。 そういう実…

  • ナイト(knight )入門! from「三銃士」

    「アーサー王物語」を読んだ勢いで、このところナイトづき、家の本棚から今度は「三銃士」を取りあげた! いずれも青少年向けの文庫の厚みなんだが、今の私にはその位がちょうどいいw その立て続けの読書で、西欧のナイト(騎士)たるもの、どういうものか?ということが少しわかってきたので、右から左にという感じではあるが、早速皆さんにもお伝えしようと思った。西欧の人なら、何かしら見聞きして育っただろう「ナイト(騎士)」について、知っておいても損は無いと思うので。(こちらも知りたての付け焼き刃の知識ゆえ、浅いものだが、知らんよりよかろうて!) まず、ナイトが忠誠を誓うのは、1人の君主と心ときめかせた1人の貴婦人…

  • 名剣エクスカリバー   from「アーサー王物語」

    十数年前、サッカーのTVアニメ「イナズマイレブン」を子供達と毎週楽しみに見ていたが、その時、色々な技の名前が面白かったのが印象深い。「皇帝ペンギン3号」とか「ストライクサンバ」「カテナチオカウンター」とか。 そのうちの一つに「エクスカリバー」というのがあって、このアニメがきっかけで、それが「アーサー王物語」に出てくる名剣だと知った。 当時、子供に買ったその本を、最近、私自身が読み始めていた。 中身は、似たような(カタカナの)人名が多く、また、結構エグい戦闘シーンも多くて、読み進めるのにかなり難航していたところ、先月タイミングよく、「トゥルーナイト」という「アーサー王物語」をベースにした映画のT…

  • マツケンさん 慎吾さん 他 年末年始TV番組より、、

    このブログでは、折りに触れて「マツケンサンバⅡ」推しをしていたので、各CM、年末のMステや紅白などでの松平健さんのご活躍を讃えて、今年のブログをスタートさせようと思う。 Mステは、豪華フルバージョンでド派手に演出してくれて、マツケンサンバらしさに徹し、心躍ったネ♡ 紅白の方は、オリパラ開会式の「幻の夢」を実現するという独自色を打ち出したようだな。何より、マツケンさんが、各局の演出家の色々な要望(スケボーまで!)に応えて、皆んなに感動を届けてくれて、ありがとう&おつかれ様でした♡ 今年もどうぞお身体に気をつけて、ますますご活躍くださいネ。 ドラマ「倫敦ノ山本五十六」で、香取慎吾さん演じる山本五十…

  • フィジリのパスタ! with ブロッコリー 

    このブログを読んでくださる皆さまに、たまには役に立つ話題を、、、 ということで、年末年始のイベント食に飽きた時にいかが?と思い、簡単なレシピを書こうと思いました!これは、割に家でも若者にウケがいいのでw (別に、得意料理でも料理得意でもなんでもないです!) フィジリのパスタとブロッコリー、オリーブオイル、塩、輪切りの唐辛子、(それに、できればアンチョビの缶1つか、ペーストチューブ。無くてもOK)、ニンニクを2かけほどご用意ください。フィジリはスーパーでも手に入ります。500g入りが多いけど、2人分で400g使う という目安で書きますね。(1袋使っても、ブロッコリーは1つでよい。大量に作って冷凍…

  • 山本五十六役、、香取慎吾さん / 「南十字星がダイヤに見えた」

    マツケンサンバを真似たカツケンサンバの動画を「いいね」とこのブログでも紹介したことがあったが、その香取慎吾さんが、今月30日の夜、NHKの TVドラマで、山本五十六役を主演するという。 香取慎吾さんは、丸刈りにして気合十分でこの役に挑む。 思うに、アイドルスターで走り続けた彼は、それゆえの人生の荒波を経てきたことは、素人の私でさえも推し測られるほどなので、その山谷の経験が血肉となって、存分に演じられたことだろう。予告で見ると、体格も合ってるよね。今から試聴予約で楽しみにしている♡ 彼がこの役にご縁があったということは、役が彼を引き寄せたんだろうと思っている。 見逃した、、となると残念なので、事…

  • M-1 グランプリ 2021、、あれこれ!

    家では、みんな「お笑い」好きで、先ごろの「M-1」を楽しんだ。 (以下、お笑いコンビ名や人名に敬称略、悪しからず) 今回、ファイナリスト達の芸は、高いレベルで横並びの感あり、特に最後の決勝は、素人ながらも1位を決められない!結果はご存知、「錦鯉」の優勝。その時の彼らの涙と審査員数名の涙に、もらい泣きしそうだった。私は、実は違うコンビを想定していたのだが、錦鯉の2人だからこそこれだけの感動を呼べたことを思うと、我ながらそういう想像が出来なかったことを少しく反省。木を見て森を見ずだったなあ! もちろん、誰を推しても自由なんだけどね。 暗く、心沈むニュースでザワザワする昨今、長年頑張ってきた、最年長…

  • アニメ、、背景専門会社 by タモリ倶楽部

    TV番組「プレバト」の水彩画部門での先生のお手本には、いつも感嘆しているが、「ルパン三世」を見ていて、風景の画面にこれと同じ感動を覚え、キッレイだなあ、スゴイ腕だなあと、実は感心することしばしばなのだ! 最近放映された「タモリ倶楽部」で「背景」についての特集があり、アニメなどの背景の為の「背景専門会社」がいくつもあることを知って驚きだった。まさに彼らの職人芸のなせるワザだったのだ。 それに、こういうのを業界用語で「背景」、そのスタッフは「背景さん」ということも知った。私はド素人なので、これまでブログ内で、「絵」とか、「風景」とか表現していたのは、背景さんの仕事だったのだ。背景さんの苦労談による…

  • 結界のはなし、、江戸/ホグワーツ/高野山 

    「結界」については、書物などからの情報で知るばかりで、特に、宗教的に私自身が詳しいわけではない。 ただ、その響きに、神秘的なものは感じてる! 徳川家康が江戸幕府を開く時、江戸城を中心として、天海和尚に四方に結界を張ってもらったという話は、割に有名だと思う。 また、小説ハリーポッターでは、ホグワーツ城(学校)には、ダンブルドア校長が強力な結界を張っていたことも、ご存知の方が多いだろう。登場する結界はそれだけじゃなくて、ハリーや仲間たちを守るため、様々な急所に張られていて、それら無くしては最終章まで続かなかったよね! 特に、校長亡き後の最終決戦で、ホグワーツの有能な教職員達がそれぞれ杖で結界を張る…

  • 忠犬ハチ公 / 忠臣蔵

    主(あるじ)に対して忠義だった時、「忠」をつけて命名されるもので、おそらく誰でも知っているのはこの2つ。 こういう時「忠」をつけるのは、命名された時代背景もあるだろう。 私のかなり年上の身内で80年以上前に名付けられた人に、「忠」「礼子」など、南総里見八犬伝の数珠玉にも登場する名前の人たちがいたな。 ハチ公の場合は、ハチというその犬の名前に、さらに公をつけられた訳だね。今だに、渋谷駅の待ち合わせ場所の一つとしても人々の役に立っているなんて、えらいなぁ。 忠臣蔵の蔵は、大石内蔵助の蔵から採ったとか、他にも諸説あって、はっきりしてないらしい。先程12月14日に合わせて、私のブログの過去記事をtwi…

  • バレエ漫画「アラベスク」その2 by 山岸涼子

    その2、、「芸術論」編 「レニングラードの優雅さは、すべてをおし殺した中にあるんだ」 これはレニングラードバレエ団のバレリーナ、主人公ノンナ・ペトロワが、ボリショイの天才ラーラとの(前半での)バレエ対決で、自分のバレエを見失い、どんどん自信を失っていった時に、師匠のユーリ・ミロノフに言われた言葉だ。ラーラの派手ぶりな晴れのする舞台というのも、天才ゆえに完結していて、十分見事なものだ。一方、ユーリのめざすのは派手さを抑えた表現なため、高度で、実現はなかなか困難なものとなる。豊かな叙情性とか高い精神性とか、、。(全8巻中)後半でもこのテーマは出てきており、ユーリのライバル、エーディクが図らずも、「…

  • バレエ漫画「アラベスク」その1 by 山岸涼子

    その1、、「体格」編!小学生の頃、「りぼん」という分厚い漫画雑誌で、バレエ漫画の「アラベスク」を始めて知ってから面白くてどハマりし、後に単行本になった上下8巻を熟読へ、、 山岸涼子さんの漫画は、主に、人物が縦長でシュッとしていて、キレイでカッコいい。少女漫画の大半は、人物が丸っこくて可愛さ重視でそれが主流のようだけど。 さらに、「アラベスク」はバレエ漫画なだけに、手足の長さは特に強調される。主人公のノンナ・ペトロワは、中でも長身過ぎるのがバレリーナとしてコンプレックスだったりする。ゼイタクだな〜! 当時、この漫画を兄が見て「この人、10頭身以上あって、こんな人間いないよっ」てからかったが、いい…

  • レディーファースト

    最寄りの駅前に、洒落たカフェができた。 お天気のいい日は、所々ヒーターが置かれているオープンカフェ席にもお客さんがいる。寒がりの私は、この季節、もう室内席がいいけれど!通りがかった時、カップルが座っていて微笑ましかったんだが、ん?ん?ヒーターを背にした席にこちら向きに男性が、向かい側にはあちら向きに女性が座っている、、。 2人がそれでいいなら、ホントおっきなお世話なんだけど、その男性は見るからに丈夫そうで、少し上気さえして楽しそうにこちらを向いていて、風邪上がりというわけでも無さそうだし、、。ここに来た時、彼は無造作にその席にドッカと座ったのかなあ?「寒くない?こっちに座る?」とかなんとか無か…

  • クジャク、、、ハリポタ・マルフォイ家/孔雀明王/くじゃく窓

    以前、ネットで白クジャクの綺麗な画像を見つけ、その美しさに魅せられて、しばらくの間、ロック画面に使っていたことがある(今は、ルパン関連のものになっているけれど!)。 小説ハリー・ポッター「死の秘宝1」の冒頭に、マルフォイ家の庭で放し飼いになっているクジャクが、一瞬登場する。なんと豪勢な! 家で飼うペットと言っても、魔法族の貴族の館ともなるとスケールが違うようだ。まあ、館の主人や女主人が自らペットの世話をするわけでも無いしネ!原本では、a pure-white peacock とあるので、このクジャクは 純白のクジャク らしいよ。館の門近く、イチイの生垣の上を威厳たっぷりに歩く白クジャク、、マル…

  • アカサカサカス / 呪文

    今日は、ちょっと笑える話を集めてみた。 「アカサカサカス」とは、東京・赤坂にあるTBS界隈の複合施設を指す言葉。 これをうっかり、アサカ と言い始めたら一生元に戻らないよ! 言ってるうちにいつか言えるんじゃないかと期待するんだけど、そのうちムリだと気づくよ! カサカサ言い始めて、ア〜ってなるからやってみて〜 「ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライA缶」やはり港区にあるお菓子屋さんの美味な高級クッキーの名。何もA缶でなくてもよく、B缶、C缶〜とあるらしいが、呪文風には、A缶でよいだろうw 大変人気で、予約した方が確実とか、お昼までになくなることも〜なんて言われているため、私は、未だいただいた…

  • サッカーチームのエンブレム / ご当地ゆるキャラ

    家では親子でサッカー好きだが、特に、川崎フロンターレ & アーセナルのファンの息子に、イングランドプレミアチームのエンブレムを、動画でカチカチ飛ばしながら見せてもらった。 それぞれのエンブレムは、ご当地ゆかりの図柄があって、個性的。 興味津々でそれらを眺めた。 個人的に印象に残ったものを少し挙げると、、ランカスターのエンブレムは、英国で有名な薔薇戦争の時のランカスター家の赤薔薇がモチーフ。この興味から、あの複雑な薔薇戦争の関連動画を見て、今度こそついて行こう(わかろう)と意気込んだものの、英国史の中でもこの頃はとりわけ、「〜家の誰」が多くて、複雑過ぎて早々に撤退! 倍速で聞いたから尚更ムリだっ…

  • 書家 & 政治家、、王羲之 (おうぎし)

    まず、名前の王羲之の字が漢字変換できなかったら、諦めようとしたテーマであることを告白する!そういうの全般、苦手なもので、、w すっと一発で出てきたのでセーフ。今時、当たり前?! 王羲之は、世界史受験生泣かせの書取り漢字でも有名な人! 中国文化史では他に、顔真卿(がんしんけい)とかもネ。 なので、ちょっとヤな思い出とともに、そこ止まりになってる人も多いかもしれないw これまで何回か、書道教室に通ったことがあるが、王羲之はその度に登場してきた書道界の大家だから、テキストでもお馴染みの人だ。その頃はいつも、王羲之の文章の内容に踏み込んだことはなく、字体を見つめるばかりだったので、彼は書道一筋、それが…

  • 絆、、きずな? ほだし?

    「絆」(きずな)という言葉は、現代ではご存知いい意味。 でも、古文単語では、同じ漢字を当てて「ほだし」と読んで、「束縛」というマイナスイメージのものが、主なる意味となる。 出家を志した時に、家族などの存在がそれを阻むことになる、、なんて時によく出てくる思いらしい。今でも「情にほだされる」などと使う動詞では使われていて、時に、それが為に苦労することがあるよね。 人の世は「きずな」でグループが出来上がっても、時に次第にヒエラルキーが形成されがちなもので、よほどデキタ人物が上方にいないと、下方は「ほだし」でいい迷惑にもなるんだよねえ! 「きずな」という美名の下の呪縛!! 狭い例では、家族などでもそう…

  • 祝!紅白特別企画枠、マツケン出場!

    今日、嬉しい記事を見つけました! マツケンの五輪への出場期待から始まって、受けて立ってくれた、Mステ、水ダウに続き、紅白が、(主にSNSの)皆んなのこういう声をひろってくれました。 私は、いつの間にか、この小さなブログ内で、マツケンサンバⅡ 私設応援団みたいになってるけど、おかげで年末の楽しみが増えました。 みんなをハッピーにしてくれるマツケンの舞台を、楽しみにしています♡ 最初(8/21)にupした記事を以下に、載せます。 気持ちを共有していただけると嬉しいワ! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 五輪の開会式か閉会式にマツケンサンバを! と思っていたクチでした、私。 コロナ禍に耐えて五…

  • 「ルパン三世」ファミリーの 女装!

    「ルパン三世」の諸作品の中には、ルパンファミリーによる艶やかな、或いは、そうも言えなくもない 女装姿が見れるものがある。(モレもあると思うが) 思いつくままに書いていきますネ! テレスペ「お宝返却大作戦‼︎」では、彼らの姿が殊にコミカルですよ! 流れで、銭形のそれまで見れちゃいます。ちょっと気の毒でしたけど。女装になるのは、銭形、五ヱ門の順で嫌がってますネ、、無理もない? 「ボクたちのパパは泥棒」では、ル次ゴがお揃いで、雑な女装! 時間なかったからね。この時は不二子も一緒だけど、こちらはソノママだよね。 五ヱ門は、次元に「アンタ、似合うわねえ」ってからかわれて、「やめてくれ」って、嫌がってたけ…

  • おとうさんへのおてがみ  /  タバコ

    小学校低学年の頃、父宛に私が書いた手紙が実家で見つかった。夏休みに祖父母の所へ行った時、仕事で残った父に出したもの。その父はもう他界したが、手にした時の笑顔を想像する。祖父母は、お菓子屋さんを開いていて、一角でタバコも売っていた。そこへ行った時は、タバコ番の売り子をするのが楽しみの一つだった。 「ルパン三世」に再会し、これをきっかけにこうしてブログで文章を綴るようになったが、この「おてがみ」には、逆に、新鮮なものを感じたので、よかったらおつき合い下さいませ。読みづらいけど敢えてそのまま載せるので、子供の息遣いを感じていただけたら嬉しい。 タバコが大流行りだった、「ルパン三世」で言うところのPA…

  • 樂 吉左衛門さん / 楽茶碗

    先日、用事で日本橋に出向いた折、高島屋の上階からエスカレーターで降りて来ると、左前方の「襲名記念 樂吉左衛門展」という墨字の文字が目に飛び込んできた。 学生の頃、茶道会というサークルに所属していて、京都合宿の時、樂茶碗で有名な樂美術館を皆で訪問したことがある。その際、先代(第15代当主)樂吉左衛門さん直々に、ご説明をいただいた。今回の第16代ご襲名は、その息子さんに当たる。時の経つのは早いものだ。何とも感慨深い。 第15代吉左衛門さんはお会いした当時、まだ30歳代でご襲名まもない頃だった。私たちに、歳が割と近かった親近感もあったが、何より、年下の私達に対して、とても丁寧に接していただいたことが…

  • “笑い” 、、、薔薇の名前 by エーコ / 「100分de名著」

    ウンベルト・エーコ作「薔薇の名前」は、映画化されていて、初代ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリーが怪演している。 不可解な連続殺人と禁書を巡り、謎解きをしていくミステリー映画だ。 この映画は最初から最後まで一貫して、暗くてグロくて、万人受けはしないが(おそらく)玄人が好みそうな作品だ。 「薔薇の名前」は、TV番組「100分de名著」でも扱われ、和田忠彦先生の詳しい解説のお陰で、一見不気味なこの映画が興味深いものへと変わった。 ネタバレになるが、本作での禁書とは、アリストテレスの「詩学」の“笑い” の項目だった。中世ヨーロッパのキリスト教カトリック厳格主義派にとって “笑い” とは、快楽や堕落…

  • 笑えよ、五ヱ門 from 「その時、古くからの相棒は言った」

    「ルパン三世」part5「その時、古くからの相棒は言った」では、妄執からルパンを切ってしまった五ヱ門が、護送コンテナの中で横たわるルパンを前にして、悔恨に駆られている。 そんな五ヱ門に、ルパンは「笑えよ」と語りかける。ルパンの優しさだ。「終わったことはみんな笑い話さー。」 「笑うしかねえだろう?こんな時は。」そして、2人は笑い合う。 銭形は、そんな2人をリモートで見届ける。銭形の愛は深くて大きい。 これに続き、次元はルパン達を救うべく、銃を次々と駆使。 愛を行動で示す感じだ。 内外で、4人のそれぞれの想いが通い合う。 part2「五ヱ門の復讐」のラストでも、五ヱ門の師匠、自然(じねん)先生が秘…

  • 東京と大阪の違い by 中川家

    お笑いの動画も好きで色々と見ているが、中でも、中川家の「東京と大阪(の違い)3部作」は、いつ見ても笑える。 私はこれまで、引っ越しをしても関東圏内だったので、関西のことは、お笑いやTV番組を通して知るくらい。ただ、人に活気はあるし、いつも楽しそうでいいなあ という羨望はある! この動画で特にツボったのは「自転車」だ。歩行者と自転車がぶつかりそうになって、 東京では、 「ごめんなさい」「いえ、どうぞ」なんて言い合ってる。 これは、なんとなく肌でわかる。一方、大阪では、 「チリンチリン」 って、ベルと口でも言いながら、 「危ないなー、アホちゃうかー」 って文句まで言って去って行く〜! この時、礼ニ…

  • 哲学者、カトリーヌドヌーヴ / 「シェルブールの雨傘」

    「ルパン三世」part6のエンディングアニメで、「シェルブールの雨傘」を思わせるお洒落な傘が描かれて、キュートな不二子ちゃんが、一瞬、主演のカトリーヌドヌーヴを連想させる。映画「シェルブール〜」は、さすがフランス映画と思わせるオトナな?感覚が散りばめられている。特にラスト、ドヌーヴ(本名の方で!)と元彼のガソリンスタンドでの再会シーン。すれ違いから既に違う人生を歩み、それぞれに伴侶もいる2人の会話は、もう、昔のそれではない、、。ハリウッド映画だったら、もう少し違う演出のような気がするが、コレがヨーロッパの映画なのよね。ロマンの中にもリアリズムみたいな、、。 ルパンの「インベーダー金庫は開いたか…

ブログリーダー」を活用して、エレンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
エレンさん
ブログタイトル
ルパン三世 & something
フォロー
ルパン三世 & something

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用