chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
デジタルプリアンプを作ろう https://aeoliand.hatenablog.com/

かつては高根の花だった高性能プリアンプが PCを使って実現できるようになりました.そんなデジタルプリアンプを作っていきましょう. あとは,Dirac Live,室内音響,音場補正,音楽のお話です.

ブログ担当
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/06/25

1件〜100件

  • 「よい音」とは?

    「よい音」とは 「音」と「音の響き」について オーディオで「よい音」の再生はムリ!? 「よい音」を再現するための3要素 周波数特性と時間・位相特性 「響き」の要因 音楽再生のプロセス 「よい音(響き)」の音源 録音過程 音源制作過程 「よい音(響き)」の再生 反射音の知覚に及ぼす影響 「よい音(響き)」の認識 音像の定位/サウンドステージ まとめ 「よい音」とは 以前のコラムで「よい音」についてふれたところ,いくつかご意見を頂いたので,もう少し考えてみたいと思います. aeoliand.hatenablog.com 結論を言うと,管理人は,多数決で決まる「よい音」というのはあるだろうけど,万人…

  • USB-DAC の WiFi 接続

    PC に USB-DAC を USBケーブルで接続して音楽を聴くのは使い勝手が悪いというお問い合わせを頂くことがあります. まったくその通りで,管理人はオーディオ用のノートPC を用意してアンプの近くに置いてあるので妥協できる範囲なのですが,もしノートPC が一台しかなければ,かなり使いにくいと思います. せっかくハイレゾストリーミングで CD の取り扱いの面倒さから解放されても,接続が面倒なのであればメリットが少なくなります. そこで少し調べたところ,WiFi対応の USBデバイスサーバーというものがあったのでご紹介させていただきます. 管理人が調べた範囲では , サイレックス・テクノロジー…

  • Dirac Live の使いこなし(2)-ターゲットカーブ編

    Dirac Live のターゲットカーブとは 音の問題のレベル 具体的なターゲットカーブデザイン Dirac カーブ 世界的に好まれているターゲットカーブ ターゲットカーブの微調整 「よい音」とは 一人ひとり耳の特性が違う 一人ひとり音の好みも違う 音楽のリスニング体験,特にサウンドステージを向上させる強力なソリューションである Dirac Live ですが,その初期設定としてなじみのない作業をしなければいけないことが唯一の問題です.それは, 室内音響の測定 自分に合ったターゲットカーブのデザイン です. 室内音響の測定については前回お伝えした通りです. aeoliand.hatenablog…

  • Dirac Live 搭載アンプ

    Dirac Live を使いたいのだけど,PC ではなく,組み込まれた製品はないのかという方のために調べてみました. 取扱店に行けば Dirac Live の試聴ができるかもしれません. Dirac Live のユーザーは欧米に 20万人 Dirac Live は日本ではほとんど知られていませんが,欧米に 20万人のユーザーがいます. そのなかには PC ユーザーに加え Dirac Live 搭載製品のユーザーも含まれており,以下のような製品があるようです. あまり日本でなじみのない,しかも高額な製品が多いですね.いくつかは日本での取り扱いがあるようなので試聴できるかもしれません. ONKYO…

  • Dirac Live の使いこなし(1) -測定編

    Dirac Live の欠点 正しい音響測定 適切なターゲットカーブ 音響測定の前に スピーカーのセッティング 測定マイクのセッティング Tightly Focused Imaging Focused Imaging Wide Imaging 最後に Dirac Live の欠点 もう少し暖かい音にならないのか.低音が不自然に響く.音像の定位があまい.音の鮮明さに欠ける.空気感が伝わってこない,など音の聴感上の諸問題を解決するのに従来のオーディオシステムの買い替え,ケーブルの交換,セッティングの見直し等にくらべ,はるかに直接的で有効な Dirac Live ですが,大きな欠点が2つあります. …

  • Dirac Live で Amazon Music HD を聴こう

    Windows 10 に限られてしまいますが,各種ストリーミングサービスを Dirac Live で聴くことができます. SACDに代表されるハイレゾ音源が供給されて久しいのですが,お手頃価格の SACDプレーヤーが手に入りにくくなったいま,もっともお手軽にハイレゾを聴くことができるのはストリーミング,ダウンロードサービスになりました. PrimeSeat,mora qualitas,Apple Music,TIDAL,Qobuz,Deezer HiFi などありますが,ここでは Amazon Music HD を Dirac Live で聴く方法をご紹介します. 測定用マイクさえあれば 14…

  • Dirac Live のよくある質問

    Dirac Live についてのよくある質問 Dirac Live についてのよくある質問 Dirac Live は私のオーディオシステムの性能を上げてくれますか? では,Dirac Live は何をしてくれるのですか? Dirac Live は私のオーディオシステムのセッティングの問題を解決してくれますか? 吸音材や反射板などによる音響処理は必要ないのでしょうか? Dirac Live はマルチスピーカー,マルチアンプに対応していますか? Dirac Live はグラフィックイコライザー/パラメトリックイコライザーと何が違うのですか? Dirac Live は音場補正技術と何が違うのですか?…

  • 音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Liveを語る(2)

    世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ 2/25/2021 (2nd version) 世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ Rami Yacoubは,高い評価を得ているアーティストと仕事をする中で,新しいソフトウェアを使えば,どんな環境でも音の豊かなスタジオに変えられることを知りました すべてのスタジオは異なっている 冷蔵庫サイズのバストラップは必要なし 今後について Rami Yacoubは,高い評価を得ているアーティストと仕事をする中で,新しいソフトウェアを使えば,どんな環境でも音の豊かなスタジオに変えられるこ…

  • 音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Live を語る(1)

    Rami Yacoub,画期的な室内音響最適化ソフトウェア Dirac Live for Studio を使ってスタジオ音響を完璧にする方法を語る 2/25/2021 (※ 2021年 8月 Dirac Live for Studio は Dirac Live Room Correction Suite と名称が変わりました) ブリトニー・スピアーズのヒット曲「...Baby One More Time」をはじめとするヒット曲の共同作曲を手がけた後も,スウェーデンの名プロデューサー兼ソングライターであるRami Yacoub は最適なサウンドを追求してきました.完璧なサウンドを追求する中で,Y…

  • ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう(リッピング)

    ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう 高性能な CD プレーヤーとは デジタルプリアンプでの CD 再生の戦略 JRMC の設定をしよう CD のデータを取り込もう(リッピング) リッピングのもう一つのメリット さてここまでの作業で,とりあえず PC に接続された CD ドライブで CD を聴くことができるようになりました. しかし,高性能なデジタルプリアンプを作ったのはいいけど,こんな安物の CDドライブで,本当にいい音で CD が再生できるのかと心配された方もいるでしょう. ごもっともな心配です.結論から言えば,大丈夫です.これから説明するように …

  • Dirac Live のバージョン履歴

    Dirac Live のバージョン履歴 最新の Dirac Live アプリケーションはバージョン 3 シリーズになります. このページでバージョン履歴を紹介していきます. v3.0.0 (2020/6/3) Dirac Live Bass Control 正式対応 ユーザーインターフェースの改良 テキストフィールドへのキーボード入力 Bass Control計算時のユーザーフィードバック 測定されたスプレッドの表示機能 MacOS 10.11、10.12、10.13 非公式に対応 v3.0.4 (2020/8/17) ログインしているユーザーを表示 モデルがサポートしているゲイン差より大きい…

  • 64bit デジタルボリュームの設定

    JRiver Media Center のボリューム調整には 64bitデジタルボリュームのモードがあります.アンプのボリュームと違い,ボリュームを絞ってもノイズが発生しないため,これを使用することはとても有効な方法です

  • 5. Dirac Live for Studio の組み込み

    添付画像に従い Dirac Live Processor を JRiver Media Center のプラグインとして組み込んで下さい.次にJRiver Media Center でスピーカーから音が出ることを確認し,Dirac Liveで室内音響測定に移ります

  • 4. JRiver Media Center のインストール

    Dirac Live for Studio のインストールが終わったので,次に JRiver Media Center の無料評価版(30日間有効)を PCにインストールしましょう.インストール手順は添付画像を参照しながら作業を進めて下さい

  • 3. Dirac Live for Studio のインストール

    ライセンス登録が終わったので,Dirac Live for Studio を構成する 2つのソフト,Dirac Live アプリケーションと Dirac Live Processor をダウンロードし,PCにインストールします.手順は添付画像を参照して下さい

  • 2. Dirac Live のライセンス登録

    Dirac Live for Studio をインストールしましょう.まず,Dirac Live for Studio 無料お試しライセンスを入手し,Dirac Live アカウントを作成し,ライセンス登録をします.手順は添付画像を参照しながら作業を進めて下さい

  • 15. Dirac Live for Studio 室内音響最適化 まとめ -完-

    Dirac Live は音場補正 室内音響最適化ソリューションとしては優れた製品です.費やした費用に対してこれほどのレベルの音の改善を実現する方法を他に知りません.私の部屋の音響に与えられた効果は,私の耳にもわかるし,測定可能です

  • 14. Dirac Live リスニングテスト:スティーヴィー・レイ・ヴォーン

    Dirac Live による効果をリスニングテストにより検証.スティーヴィーレイヴォーンの Tin Pan Alley では,スムーズに聞こえる素晴らしいベースラインです.また広い最適化エリアで聴いても,優れた空間イメージングは崩れません

  • 13. Dirac Live リスニングテスト:レベッカ・ピジョン

    Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果をリスニングにより検証する.レベッカ・ピジョンの Spanish Harlem ではベースギターの音が,低音域音量のバランスが適切になり,低音の一音一音が簡潔に,かつ均一に聴こえる

  • 12. Dirac Live による最適化のリスニングテスト

    Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果をリスニングテストで検証.マドンナの Power of Goodbye では,Dirac Live を有効にすると低音のレスポンスがすべての周波数でそろい,しっかりとした力強い低音が得られた

  • デジタルプリアンプを作ろう

    実際にPCでデジタルプリアンプを作りましょう.まずは機材を用意します.PC,USB-DAC,測定マイク,マイクスタンド,ケーブルが必要です.JRiver Media Center,Dirac Live for Studio は無料お試し版を利用します

  • 4. 音の到着時間のズレ

    室内音響の影響で音の反射により耳に届く音の到着時間にズレが発生し,音質に大きな影響を与え,臨場感が失われ,音源本来のサウンドステージを再現しない.乱れた周波数特性,音のズレを復元することが室内音響問題の解決

  • 11. Dirac Live による時間応答最適化の検証

    Dirac Live により音場補正 室内音響最適化された時間応答領域での効果を検証する.その結果,マルチウェイのユニット間の時間のズレが補正され,ステップ応答の立ち上がりが完全にタイムアライメントされていることがわかる

  • 3. 音の定位の悪い ブレた音像

    室内音響の影響で左右のスピーカーの特性はそろっておらず,再生された音の定位は乱れ,音像はブレている.そのため,臨場感が失われ,音源が本来持っているサウンドステージを再現しない

  • 10. Dirac Live による最適化の検証

    Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果を検証します.その結果,定在波による低域の特性ががすっきりとし,左右のスピーカーの特性もそろい,スタジオ音響標準規格に準拠するようになった

  • 9. Dirac Live による最適化の検証測定

    Dirac Live for Studio は 8個のフィルターを保存でき,音楽を再生しながら瞬時に切り替えることで,その効果が容易に検証できる.また,Dirac Live による音場補正 室内音響最適化の効果を REW により再測定し,検証をおこなう

  • 2. 室内音響が引き起こす問題

    実際に耳にする音響特性は測定しないとわからない.典型的な特性は左右のスピーカーの音がそろっておらず,低音の特性は大きく乱れており,音源本来の音を再現せず,デフォルメされた音になっている

  • 室内音響問題とは?

    室内音響はオーディオ再生上の最大の問題.部屋が 20dB にもおよぶ大変な悪さをし,オーディオ機器のもつ実力が発揮できない.そのため,いくら性能のよいオーディオ機器や高価なケーブルを買いそろえても効果は大きくない

  • 7. デジタルプリアンプのトーンコントロールはとても強力

    トーンコントロールを担う Dirac Live for Studio は音の悪化も位相の乱れも起こさず,音の波形をそのまま伝え,周波数特性はとても細かな調節ができます.更にオーディオ再生上最大の問題である室内音響の問題に対処できます

  • 8. Dirac Live による時間特性の最適化

    Dirac Live で周波数特性のみならず,時間特性がどのように音響補正され,最適化されるかを検証する.その結果,Dirac Live は定在波,室内共鳴,初期反射など,時間特性もうまく最適化することがわかった

  • 7. Dirac Live による部分的な補正

    Dirac Live による全周波数帯域の補正ではなく,部分的な周波数帯域で補正を行い,その違いをみる.また,広いリスニングエリアでの音響測定も行い,最適化 補正フィルターを設計,生成し,音響補正効果の違いを後に検証する

  • 6. Dirac Live 最適化フィルターの設計と生成

    複数の地点で音響測定された室内音響特性を分析しながら,リスニングエリアで目標とする周波数特性を設計し,最適化 音場補正フィルターを生成する.その後,ホストに組み込まれた プラグインに生成されたフィルターをエクスポートする

  • 5. Dirac Live による室内音響の測定

    選択した音響最適化エリアに従い,リスニングエリアの複数個所で音響測定を行う.その後,音響測定値に基づきリスニングエリアでの目標周波数特性を設計します.ホームオーディオの場合フラットな特性は理想的ではありません

  • 4. Dirac Live による音響測定の準備

    Dirac Live により音響測定をするために,まずホストに組み込まれた Dirac Live Processorと接続し,測定マイクを選択した後,スピーカー音量とマイクゲインを適切に調整.その後,音響最適化エリアを選択する

  • 6. デジタルプリアンプのボリュームは 64bit 処理

    音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールをデジタル処理するために JRiver Media Center,Dirac Live for Studio を使用.これらは全て 64bit 処理のため,CD の 16bit 処理と比べると,音の悪化はほぼありません

  • 3. Dirac Live for Studio の構成

    Dirac Live for Studio は VST プラグインの Dirac Live Processor と 音響測定し,補正フィルターを生成する Dirac Live アプリから構成され,直感的なウィザードにより簡単に音響測定,音場補正が可能

  • 5. デジタルプリアンプとは

    プリアンプの機能,音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールは全て音を悪化させます.悪化を抑えるためには高価になります.しかし,これらをデジタル的に処理すれば,音の悪化はありません.そんなデジタルプリアンプをPCで作ろう

  • 2. 室内音響問題とDirac Live

    オーディオ再生上最大の問題,室内音響問題に対し,音場補正,室内音響最適化ソリューション Dirac Live は周波数特性,時間特性を最適化し,多点の音響測定により,広い領域で音の定位の優れた,真のサウンドステージを届けます

  • 4. トーンコントロールは音を悪化させる

    トーンコントロールは音を少し悪化させ,さらには音の位相を変化させます.そのため音の通過時間が周波数ごとに異なり,元の音の波形を壊してしまいます.また,トーンコントロールは音の全体の特性を変えるため細かな調節ができません

  • Dirac Live for Studio デジタル室内音響補正の検証 -全15回-

    Audiophile Style に ミッチ バーネットが投稿した Dirac Live のレビュー記事,Dirac Live for Studio デジタル室内音場補正の検証-全15回-を,ご本人の承諾の元,抄訳でご紹介します

  • 3. ボリュームは音を悪化させる

    スイッチもボリュームも音を少し悪化させる.通常,私たちはボリュームを絞って聴くが,ボリュームは絞れば絞るほど音が悪化する.また,ボリュームは絞れば絞るほど音量の細かな調節ができない.

  • 2. プリアンプはなぜ高価なのか?

    プリアンプはなぜ高価なのでしょうか.どんな価格帯のアンプにも,音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールは着いています.安いアンプと高価なアンプではいったい何が違うのでしょうか.

ブログリーダー」を活用して、ブログ担当さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ブログ担当さん
ブログタイトル
デジタルプリアンプを作ろう
フォロー
デジタルプリアンプを作ろう

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用