searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

私流、生き方さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ホームギャラリーRei
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/rei-hitachi
ブログ紹介文
ホームギャラリーから、ふと目にしたこと、芸術・文化や歴史に関わること日々のゆったり暮らしなど発信します
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2021/06/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、私流、生き方さんをフォローしませんか?

ハンドル名
私流、生き方さん
ブログタイトル
ホームギャラリーRei
更新頻度
集計中
フォロー
ホームギャラリーRei

私流、生き方さんの新着記事

1件〜30件

  • ほっこりシニアライフ

    ほっこりシニアライフ2021・1月〜5月お家時間1921・5・22朝雨が降って庭の緑がきれいお家時間が長くなりました。里山の生活パターンはかわりませんが自然の移り変わりは毎年新鮮です。1月刻々変化する庭をウオッチング3月庭の雪が解けて2月冬季は休みのレストランオーナー手作りのランチを一緒に5月のレストラン裏*樹々が芽吹いたレストランの林散策しました3月自宅の庭の福寿草3月*町内の湿原のミズバショウ4月田んぼの雪も解けて4月*梅・桜・その他の草木の花々は同時に咲く4月〜5月親しくしていたKさん宅の緑の桜(御衣黄ギョイコウ)樹も花も緑なので、桜とわからない4月〜5月*同じ庭のKさん宅のツバキを頂きました。5月久々に博物館へ各駅停車の乗り換え駅で*東北歴史博物館特別展・デンマーク・デザイン1回目のコロナワクチン接種終...ほっこりシニアライフ

  • go to art Rei 水彩画展

    2020Rei水彩画展2020・9/21〜9/24ホームギャラリーRei作品Steyhome絵のある空間で庭の萩もどうぞ!コロナ禍でもあるので今年の展覧会はどうするか散々迷いながら開きました。年に1回の萩の咲く時期だけオープンするホームギャラリーです。いつも見てくださる方にDMでお知らせするのですが、今年はそれをせず、親しい方にメールでお知らせし、あとは口コミに頼りました。展示作品庭の萩も赤、白とも満開で、天気も穏やかの秋日和で口コミとはいえ多くの方に足を運んでいただき、コロナ禍のおりご覧いただいたことに感謝いたします。おわりgotoartRei水彩画展

  • 庭でヨガをやろう、、、の予定が。

    庭でみんなでヨガを、、、10月25日心地よい天気なので我が家の庭でヨガをやりましょう、と計画し、伸びた芝生を刈ったり、垂れ下がった萩の枝を切ったり、準備したのですが、天気がクルクル変わります。ここは山沿いなので、晴れたり、すぐ時雨がぽつぽつ降ったり。天気に振り回され、結局屋内でしました。今日は6名参加。ガラス戸を全開にし外の景色をみ、気持ちは外気分でした。インストラクターは抜群に指導が上手く、静かに優しくそして褒めてくれるのでみんなその気になり、とても気持ちよくなる。窓から入る風も小鳥のさえずりも心地よくしてくれる。体を流れる「気」を思いっきり体感しながら全員満足する。ニャンコもいっしょにやりました。庭でヨガをやろう、、、の予定が。

  • おうち時間 私の ヒュッゲ暮らし Part2

    おうち時間わたしのヒュッゲ暮らしPart22020・5・23私の夜の過ごし方家の一室の画像を紹介します亡き母と私の作った茶碗いろいろ小物を組み合わせたり、あっち、こっち置いてみたり、離してみたり楽しむ時間。竹炭の枝とエアープランツを組み合わせて小花をドライにして作品制作するコーナー。好きなバルバラの唄(シャンソン)を聴きながら夜の「おうち時間」をこんな風にゆったり過ごしてます。おうち時間私のヒュッゲ暮らしPart2

  • ホームギャラリー企画「うめ と わか」展

    2019・9月15日〜21日ホームギャラリーRei企画展「うめとわか」展Reiの祖母うめと母わかを紹介します。うめ1892年〜1970年(明治25年〜昭和45年79歳没)若き日のうめは「明治」という新しい日本のうねりの中で、自立した女性の育成を理念に掲げた女子教育を受け、その能力を発揮しました。うめ15歳から17歳までの作品(水彩画)およそ120年前の作品15歳水彩画17歳水彩画16歳日本刺繍15歳日本刺繍わか1919〜2018(大正8〜平成3098歳没)うめの二女として宮崎村生まれ(現在の加美町)父、秀平は士族の末子に生まれ、若い頃から村の発展のため奔走して活動に夢中になる。当然のことながら家計は母うめの肩にかかり、わかの若い頃の生活は苦しくなるが、娘たちの教育は受けさせる。わかの尋常小学校(現在の小学校5・...ホームギャラリー企画「うめとわか」展

  • 私の「ヒュッゲ」暮らし

    私のヒュッゲ暮らし1社交ダンス入門の記(ブログろごすの世界を読んで)社交ダンスの個人レッスンを始めて2年。学生時代のダンスの延長ぐらいに軽く考えて受けたのだが、そこはプロの指導でひたすら体幹を鍛えるためのトレーニング、ストレッチや筋トレと足の運びのウオーキングで、基礎をきっちり身につけ綺麗な動きが出来ることが主。若い時から体が柔軟な方で体を動かすことが気にならず、これだけでも体調がいいので苦にならないがこれはスポーツだと実感する。家の庭なぜダンスをならっているかは、結論から言うと私流の生き方のスタイルの一部にダンスもたしなみとして身につけたいと思っているからである。外国の豪華客船でクルージングをよくする友人が言うには「日本人は『私のダンスを見てください』的にフロアで踊るのよね。」と。明らかにヨーロッパの人たちは...私の「ヒュッゲ」暮らし

  • 母の平穏死

    母の平穏死Part3母が好んだサンルーム。寝込むまでよく座っていた。寝込んでからたった3ヶ月後の事でした。暑いとか寒いとかという感覚や感情の表現も要求もなく静かにじっと寝るだけでしたが食事は私の手から食べました。絵を描くのも96歳までで最後の絵はいつもと違い抽象画のようでしたが、それなりに続けさせようと私は薦めましたがもう限界といいただベットに入る事だけが最高に心地よいとその時間が多くなりました。その母がいつの間に運んだのかクローゼットに古ぼけたいくつもの菓子箱が見つかり、その中に90年前の尋常小学校の作文や自分の生き方を象徴するような原稿や、戦死した父との戦地への書簡や写真などがでてきました。(押入れから出てきた遺品の一部を展示)これも逝った後に絵の展覧会の準備中に見つけました。生前に話もせず、所在も写真も知...母の平穏死

  • 白寿の祝い・水彩画展  part 2

    ①お礼状86歳から描き始めた水彩画「白寿の祝い・水彩画展」をご覧いただきありがとうございました。母わか98歳(8月10日永眠)あと1ヶ月で白寿を迎えようとしていましたが、人生最期を自宅で穏やかに迎えた平穏死でした。本人が望んでいた無宗教の家族葬も自宅で見送りました。家族にとっても平穏死で見送れて安堵しています。高齢になっても病院にかからず、常用する薬もなく、心身ともに自律心が強かったのは、戦争をくぐり抜けた人生観があったからでしょうか。遺品を整理すると、思いがけなく戦死した父と母の手紙や当時の社会状況が推定されるような貴重な資料も出てきて展覧会の機会にご覧いただくことが出来ました。これらはいずれ公の機関にお願いする予定です。庭でスケッチグループ展で展示(自分の作品を見る)自宅のギャラリーの展示会で私設学芸員(?...白寿の祝い・水彩画展part2

  •  人生の最期を穏やかに迎えた、母の平穏死 (Part1)

    86歳から始めた水彩画86歳の作品91〜92歳の作品94歳95〜96歳晩年の作品r展覧会の様子白寿を祝う続きは(Part2)をご覧ください。人生の最期を穏やかに迎えた、母の平穏死(Part1)

  • ~もうすぐ春ですね〜 ハンドベルコンサート

    〜もうすぐ春ですね〜ハンドベルコンサートハンドベルコンサート春が待ちどうしい林の中のレストランGENJIROの敷地内のホールでやくらい薪の会主催のハンドベルサークル「カリオン」のコンサート。ストーブでほっこりと暖まりながら素敵な音色の響きにいやされました。~もうすぐ春ですね〜ハンドベルコンサート

カテゴリー一覧
商用