searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Avocadoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Avocadoの投資・トレード日記
ブログURL
https://avocado.hateblo.jp/
ブログ紹介文
資金250万円からの個別株システムトレード記録です。日々の成長を記録します。同じような小資金で始める方に参考にしていただければ。
ブログ村参加
2020/12/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Avocadoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Avocadoさん
ブログタイトル
Avocadoの投資・トレード日記
フォロー
Avocadoの投資・トレード日記

Avocadoさんの新着記事

1件〜30件

  • フォワードテスト期間中の戦略見直しなど

    今月は開発した本番用の売買ルールのフォワードテスト期間中です。 来月より本格運用ですが、 その前にテスト期間を置いたことで、いろいろとメリットがありました。

  • 【随時更新】投資・(システム)トレードに関するおすすめ書籍11選

    Avocadoです。 今まで自分が読んできた投資・トレード本の中で、 オススメなものをまとめてご紹介いたします。 ファンダメンタルなものよりは、 システムトレードに役立ちそうなものを選んでいます。

  • ■現在の投資・トレード目標と方針(2021年9月版)■

    裁量トレードからシステムトレードへ転向したため、 記載していた投資・トレード目標と方針についても、 改訂しておきたいと思います。

  • 投資本の血肉化

    今年の前半まで、私は他の読書や趣味を脇に置いて、 投資本を読み漁ることを最優先としていました。 本を読むことで、自分の知識がアップデートされ、 新鮮な気持ちで投資・トレードに向かうことができていたと思います。 しかし、読書をしたからと言って、 即、投資・トレードの実力向上にはつながりませんでした。

  • 売買ルール完成!運用への大きな一歩

    売買ルールの検証が一段落し、 いよいよシステムトレードの運用開始が近づいてきました。

  • 投資・トレードに向き合うための当たり前過ぎる問い

    トレードのスタンスについては、 個別株のシステムトレードのみに絞ってトレードを行うことにしました。 しばらくは取引戦略を開発するために、 取引の休止状態が続きます。 ブログの更新も最低限の状態が続き、 更新楽しみにしていられる方には申し訳ありません。 それとは別に、私生活での多忙な状況も続きました。 必然的に「相場との距離感」を考えざるを得ませんでした。 そして、「これについては答えられるようにしておいた方がいいのではないか?」 という問いに気づきました。

  • 2020年5月の投資・トレードまとめ

    トレードスタイルをだいぶ模索する月となりました。

  • トレードへの幻想が晴れたとき

    最近、今までで最もトレードへのモチベーションが低い状態となっています。 それはなぜなのか。 ちょっと自己分析してみると、 「トレードに対するある種の幻想が晴れた」ことに起因することがわかりました。 このことについて、詳しく書いてみたいと思います。

  • 今後のトレードの課題…確率的思考と一本釣り的思考からの対応力

    今月に入り、個別株、先物・オプションでのトレードに絞ることにしましたが、 いくつかの壁に突き当たることになりました。 できるだけ課題を言語化して整理して、 より良い取引ができるようにしたいと思います。 この記事はその一つです。 突き当たった壁の一つは、「確率的思考」と「一本釣り思考」についてでした。

  • 2020年4月の投資・トレードまとめ

    今月の大きな利益は、2月からのポジション、ドル円でした。 105円前半から110円台までトレンドフォローを引っ張ったおかげで、 今までのFX取引で一番大きな利益となりました。

  • 小資金を倍々にするために必要なこと、突き当たる壁

    このブログのサブタイトルには「100万円からの~」とあります。 これは「小資金から倍々を狙う」という意味を含めています。 株やFXを始める方の中には少なからず、 私と同じように100万円程度、あるいはもっと小さい金額から 取引を始める方が決して少なくないと思います。 そして、「ゆくゆくは1億を稼ぐ…」と夢や目標を掲げる方も。 私もそうです。 FIRE(早期にリタイアする)はできなくても、 仕事を定年退職よりは早く辞め、稼いだ資金で旅行ができたらと思います。 しかし、そのために必要なことは何でしょうか。

  • ブラック・スワンに魅了されて

    私がオプション取引を始めた大きな理由の一つは、 ナシーム・ニコラス・タレブの『ブラック・スワン』を読んだことでした。

  • 投資・トレードスタイルの模索は続く…

    ドル円が110円超え、再度109円台に戻ったところで決済しました。 2月23日の日足押し目からのドル円ロングであったため、 十分な利益がでるものでした。 ただ、細かい損切りが続くということもあり、 トレンドフォローの爆発力と忍耐の必要さを感じるトレードとなりました。

  • 2020年3月の投資・トレードまとめ

    今月のトレードは月初と月末に集中する形となりました。

  • 2020年2月の投資・トレードまとめ

    相場復帰して2ヶ月が過ぎようとしています。

  • 今面している、投資・トレードでの壁

    投資・トレード方法を変えて、 トレンドフォロー系のシステムトレードを行おうと考えていましたが、 資金面で問題があることがわかりました。

  • 年を新たに、相場復帰

    あけましておめでとうございます。 年も変わり、新たな気持ちで、相場に臨みたいと考えています。

  • 相場に復帰するための最低条件

    投資・トレードを休止してから、もう少しで3ヶ月となります。 現在は、いろいろと準備を行っています。 復帰に向けての最低条件を満たすためです。 その条件とは…

  • 相場を休んでほぼ2カ月…何か進展があったか?

    記事を書いている今日は勤労感謝の日。 相場は開いており、CMEの日経先物は25900円を超え、26000円を臨んでいます。 今月末で相場を休んで2カ月になります。 休んでいながらも、価格やニュースを追うようにはしていたのですが、

  • 相場を休むことの重要性

    コロナショックで現物株を中心に利益が出ていたものの、 6月以降の相場では、先物・オプションで継続的なドローダウンが出ていました。 加えて、FXも手をつけたために、トレードの負荷が不必要に多くなりました。 これは取引戦略・ルールに改善が必要だと感じ、 頭を冷やす意味で3ヶ月の休止期間を置くことにしました。 現在ほぼ1ヶ月が経ちます。 おかげで見えてきたものがいろいろとあります。 以下に、簡易ながら書き留めておきたいと思います。

  • 菅政権発足の月の資産変動まとめ

    集計期間2020/8/31~2020/9/30

  • 値動きの異なる金融商品をどう扱うか(FXや日経平均など…)

    最近トレードルールを追加し、FXの取引を再開しました。 取引の前にかなり検証を行ったため、比較的堅牢な手法であり、 いまのところ損小利大のトレードができています。 このまま着実に利益を積み上げたいところです。 ところで素朴な疑問です。 FXと日経平均の値動きは何が異なるのでしょうか。

  • キチンと待ったエントリーの重要性

    投資・トレードにおいて、 チャンスを待つというのは利益を上げるために、とても重要な要素です。

  • ■首相辞任までの資産変動まとめと今後の方針

    編集 集計期間2020/8/4~2020/8/31

  • メタな立場でいることと、お金を守る合理性

    最近読んだ本に『適応的市場仮説』という本があります。 適応的市場仮説とは、旧来の効率的市場仮説に対比するもののとしての、 市場の新しい理論体系です。

  • ■コロナウィルス第2波懸念中の資産変動まとめと今後の方針

    集計期間2020/5/29~2020/7/1 ●投資・トレード用資産の変動 2,494,967円 → 2,514,352円 うち 入金資金 100,000円 相対損益 -80,615円(未決済株式、掛け捨てオプション含む) ●振り返り 6月初旬までの金融緩和バブルを感じさせるようなブル相場から一転、 各国でのコロナウィルス第2波懸念によりレンジ相場が続きました。 運用資産は相対的に損失を計上していますが、 これは5/29日時点の米国株資産が高値をつけていたための、 相対的な資産減少が第一の理由です。現在も含み益の状態です。 第2の理由としては、コロナウィルス第2波懸念に対応するための 掛け捨て…

  • 爆発する屑オプションで利益を得るには

    夢のあるポジション 屑オプション…「価格が10円以下で安いオプション」は夢があると言われています。 それは、購入価格の何十倍もの利益をもたらすことがあるからです。 最近では、まずコロナショックがあります。 この時、2020年04月限の権利行使価格16250円プットは 16円(2020/2/25時点)から1100円(2020/3/18時点)となりました。 また、2020/5/25(月)からの日経平均の急騰がありました。 この時、2020年6月限の権利行使価格23000円のコールは、 4円だったものが300円を超える状態になりました。 売りポジションであれば、大変なことになっていますが、 買いポジ…

  • All or Nothing ではない建玉操作

    運用資金が100万円から300万円近く増えたことで、 建玉の枚数・株数に広がりをもたせることができるようになってきた。 例えば、100株でしか買えなかったものが、300株まで買えるようになったり、 少し大きめのデルタリスク(日経先物ミニ2枚程度)を持てる様になった。 ふと違和感を感じるようになった。 一気に買うか、買わないか。一気に利食いをするか、しないか。 で投資・トレードをしていたけれど、 「建玉操作」という技術を学んでいたほうが良いのではないか。 機械的に行うだけでもだいぶメリットになるという技術がある。 そこで、いままで本やネットで拾い集めた情報をまとめておきたい。 エントリー方法に関…

  • ■コロナショックによる資産変動まとめと今後の方針

    集計期間2020/3/4~5/29 ●投資・トレード用資産の変動 1,897,557円 → 2,497,976円 うち 入金資金 342,600円 利益 257,819円(未確定損益含む) ●振り返り コロナショックが起こった事により、大相場となりました。 生き残ることを最優先にポジションを取りましたが、 ・ショック時のVI先物のロングポジション ・ショック後のリバウンド時の日本株・米国株買い ・5月に入ってからの株式相場の上昇に乗じたオプションコール買い が功を奏し、資金量に対してそこそこ大きな利益を得ることができました。 反省点としては、利益の出ているポジションについては、 半分利確し、様…

カテゴリー一覧
商用