chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
好きな写真と写真機と http://kanaosundeep.blog67.fc2.com/

好きな写真と写真機について語っております。当面はポートフォリオ作りを兼ねて、自写真の紹介をします。

写真機を持った彷徨い人。1枚で完結する絵作りを目指しています。 好きな写真家は、Edouard Boubat、Sarah Moon、Henri Cartier-Bresson、Jeanloup Sieff、岩合光昭、Mary Ellen Mark、ハナブサ・リュウ、Edward Weston など。 ご感想、アドバイスなどいただけたらありがたいです。

Kanao
フォロー
住所
マレーシア
出身
東京都
ブログ村参加

2020/10/28

arrow_drop_down
  • 風景22、ランカウイ島、マレーシア、2003年

    Landscapes 22, Langkawi, Malaysia 2003 ランカウイ島の南西の端にあるパンタイ・チェナンという砂浜の夕暮れです。ペナン島で知り合ったドイツ人一家に誘われて遊びに行きました。彼らがホテルを選んだためか、周りを見渡しても日本人は皆無。静かで、砂浜以外何も無いようなリゾートでした。 今はなんでもAI(人工知能)ばやりで。絵画もテーマを与えればそれっぽい物を描いてくれるそうですね。僕はAIの専門家ではありません...

  • 光景27、Temple of Fine Arts, ペナン、マレーシア 2003

    Scenes 27, Temple of Fine Arts, Penang, Malaysia 2003 Temple of Fine Arts は芸術活動、特に舞台に力を入れているヒンズー教のお寺です。この時は許可をもらって写真を撮らせていただきました。暗い舞台なので決めポーズの止まった瞬間でないとシャープな写真は難しい。特に20年前の素人にも手が出る撮影機材では厳しかったですね。何枚かはそこそこシャープな写真もあるのですが、20年間経った今見直してみると、別な写真が...

  • 街景31、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Townscapes, Kuala Lumpur, Malaysia 2012 マレーシアは明日、明後日(月曜日、火曜日)が中国正月でお休みなので4連休です。 さて、今回の写真はクアラルンプールのホテルで撮ったものです。マレーシアのリゾートにあるホテルはエントランスやロビーがとても広くて開放的なものが多いです。ここのロビーはそのまま中庭に通じていて、大きな開口から噴水が見えています。光の廻り方が綺麗だな、と。 この写真を撮ったのは12年ほ...

  • 練習7:正月の花飾り 2023年1月

    Studies 7, New Year Celebration, Tokyo, Japan 2023 妻が正月飾りに生けた花の写真を撮ってみました。花瓶は28年前にアムステルダムに出張した際に買い求めたロイヤルデルフトのもの。ロイヤルデルフトと言えばデルフト・ブルーと呼ばれる藍色が有名ですが、こちらはちょっと変わっていて緑色の絵付けです。先週の人形とは逆に花瓶の照り返し部を除いて諧調をトバさないように撮影してみました。 メインの花は、実は黄色です。...

  • 練習6:人形 2022

    Studies 6, Doll, Tokyo, Japan 人形の写真を紹介するのは初めてですね。お絵描きのモデルとして我が家に30年ほど前にやってきたクララちゃんです。こういう白一色の服は描くのがとても難しい。写真もライティングと露出の決定がポイントになると思います。窓から入ってくる朝の間接光がきれいだったので、ちょっとポーズをとってもらい、露出はブラケッティングで。服のハイエストライトをトバシ気味にしたかったので、M9Pの自動...

  • 風景21、キナバル山、マレーシア、2014年

    Townscapes 30, Kuala Lumpur, Malaysia, 2021 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 新年に相応しい高山、マレーシアの最高峰、キナバル山(標高 4095.2 m)のサウスピーク(3900 m)です。メインピークは別にあるのですが、サウスピークの形が良いためか、キナバル山の紹介記事に良く出てきます。 小型軽量のニコン1は山登りの良い相棒です。10-100 mm (換算 27-270 ㎜)レンズは無事2回目の...

  • 街景30、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Townscapes 30, Kuala Lumpur, Malaysia, 2021 早いもので今年最後の更新となりました。1年間お付き合いいただきましてありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。 クアラルンプールのランドマークと言えばツインタワーなわけですが、ごらんのとおり、その周りには高層建築が林立し、かつての威容は感じられません。この写真は2021年のもの。その後、ツインタワーの向こう側に、さらに高いビル、世界で2番目に高...

  • お猫様27 クアラルンプール、マレーシア 2012

    Cats 27, Kuala Lumpur, Malaysia 2012 僕が勝手にソフィアと呼んでいた職場のお猫様。いろいろな人が献上するカリカリで生活し、僕の知っているだけで3回ぐらい子猫を生んだ美猫ママさんだった。10月9日に紹介した子猫たちの親も、たしか、ソフィア。ソフィアは誰にでも人懐こい穏やかな性格のコだったけれど、ほかのお猫様同様、いつの間にか居なくなってしまった。 このフォクトレンダーの25㎜、解像力はAPS-Cの範囲まらまず...

  • 天空景19、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Spherescapes 19, Kuala Lumpur, Malaysia 2021 空もドラマチックな日ばかりではないわけで。2021年のクアラルンプールは新型コロナウィルス対策のロックダウンの影響を引きずっており、その中で暮らしてきた自身の精神状態は最悪に近くなっていました。食料の買い出し以外は殆ど外出できず、ましてや日本に戻ることもできず、一人で住居に籠る日々。責任者として職場の様子を見に行くにも特別許可を取らなければいけない。これは...

  • 光景26、福井県三方五湖、日本 2022

    Scenes 26, Five Lakes of Mikata, Japan 2022 先月、日本に一時帰国時の写真です。仕事の関係で福井県に行き、40年来の友人に会いました。その際に連れて行っていただいた三方五湖。五湖の一つ、水月湖の年縞についての講演を直前に聞いていたので、感慨深くこの不思議な光景を眺めました。 同位体炭素による年代測定についてはかなり前から知っていましたが、その原理について今一つ理解できていませんでした。それもそのはず...

  • 天空景18、リヨン、フランス 2007

    Spherescapes 18, Lyon, France, 2007 次の写真を選ぼうといろいろ見返していると、かつては良く欧米に行っていたなぁと思います。ここ数年はマレーシアと日本の往復ぐらいで、いろいろ苦労してまで欧米まで行く気力が無くなりつつある。もちろん、新型コロナウィルスの影響は大きいんですが、必ずしもそれだけではなくて。仕事で海外に行くというのは、いろいろと抵抗勢力の力も働くのでなおのこと、メンドクサイ。個人で遊びに...

  • 光景25、ミナレット、マレーシア 2022

    Scenes 25, Minaret, Malaysia 2022 ごく最近の写真。実は先週掲載したイスラム教モスクのミナレット(尖塔)を別の角度から見たものです。このミナレットは幾何学的でかなり現代的なデザインですが、それがイスラム教、そしてマレーシアを象徴しているように感じます。 撮影機材は昨年買い替えたスマホです。安い交換レンズ1本分もしない価格でしたが、一億画素の撮影モードがあるそうで。ちょっと前の僕の主力機、ニコンD800の...

  • 街景29、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Townscapes 29, Kuala Lumpur, Malaysia, 2012 雨に煙るイスラム教のモスクとクアラルンプールのランドマークであるツインタワーです。2012年当時はこのツインタワーが何処からでも良く見えたのですが、この10年間で高いビルがたくさん建ち、今はこのような眺めは殆ど見ることができなくなりました。 このところ本業が忙しく、仕事以外でネットを覗く暇がありません。現在日本出張中で、今日、マレーシアに帰ります。帰ったら帰...

  • 風景20、ポートディクソン、マレーシア、2011年

    Landscapes 20, Port Dickson, Malaysia, 2011 ポートディクソンはマラッカ海峡で有名なマラッカのそばにあるリゾート地です。この辺りにはウミガメやサンゴを見ることができる水族館や陸軍博物館があります。遠浅の海では子供達が水遊びをしていました。 ニコン1の超望遠レンズを入手するまでは、タムロンのFマウント用レンズを使っていました。価格が手ごろなのに解像度が高いと評判だったレンズです。画像を2.7倍に拡大して吟...

  • 街景28、クアラルンプール、マレーシア 2018

    Townscapes 28, Kuala Lumpur, Malaysia, 2018 今の時期、マレーシアではヒンズー教の祭日であるディパバリが祝われます。光(善)が闇(悪)に打ち勝つことを願い、新月の日に闇をランプで照らして祝うというものです。「今の時期」と書いたのは、この日は太陰太陽暦の一つであるヒンズー暦に従うため、グレゴリオ暦の中では決まった月日にならないからです。マレーシアでは太陰暦に従うイスラム教の祝日、中華系の太陰太陽暦に...

  • 天空景17、クアラルンプール、マレーシア 2015

    Spherescapes 17, Kuala Lumpur, Malaysia, 2015 職場の窓から、クアラルンプール朝一の眺めです。ポコポコと発達しているのは積乱雲でしょうか。ここでは日本と違い、夜明け前に激しい雷雨になることがあるので、たぶん、これらの雲がその原因なのではないかと思います。見えている物の中でも一番近くの雲の頭頂部がちぎれかけていて、右から射す朝陽で輝いてちょっと不思議な光景に。 1995年のドイツ出張時にケルンで見つけ...

  • 街景27、トリノ、イタリア 2013

    Townscape 27, Torino, Italy, 2013 お猫様の次はお犬様で。 トリノもいろいろと絵になる街でした。絵になり過ぎて、そういうのを外すのに苦労するぐらい。食べ物も美味しかったし、また行ってみたい街の1つです。 11月に仕事で日本に一時帰国します。ようやく修理が終わって自宅に届けられた10-100㎜に再会できます。↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。にほんブログ村...

  • お猫様26 クアラルンプール、マレーシア 2012

    Cats 26, Kuala Lumpur, Malaysia 2012 職場の野良子猫様達。ちょうど10年前、次から次へと子猫が生まれ、どの子も人懐こくて良い時代でした。それが2020年からの新型コロナウィルス対策のためのロックダウンで、ごはんを献上する下僕が職場に入れなくなり、お猫様の数が激減。残ったお猫様達は人を怖がるギスギスした性格の個体が多くなりました。残念なことです。 当時メインだった。リコーGXRとフォクトレンダー25㎜の組み...

  • 光景24、熱帯庭園、マレーシア 2012

    Scenes 24, Tropical Garden, Malaysia 2012 日本一時帰国時の写真は前回まででひと段落として、今回は10年前の写真です。2回目のマレーシア赴任から1年弱経ったころ。熱帯の植生はやはり日本とはかなり違っておりまして、多様性がすごい。もちろん、日本の野山だって植物の多様性はあると思うんですが、ここではなんと言いますが、形態の多様性がすごい。 「写真は引き算」と習いますね。確かに写真を始めた頃は興味のある物に...

  • 天空景16、栂池自然園、日本 2022

    Spherescapes 16, Tsugaike Nature Park, Japan 2022 高原の空。昼間の荒天に続き、夕暮れ時も晴天とはいきませんでした。雨が上がった空には目まぐるしく雲が流れ、時折ぽっかりと穴が開いて青い空をも顔を出しました。一段高いところにある雲に西から陽が射して真っ白く輝いていますね。山のヒュッテで早めの夕食の後、ほろ酔い気分でドラマチックな空模様をしばし楽しむことができました。 使用機材は何度もお話しした組み合...

  • 光景23、戸隠神社中社の三本杉の「い」、日本 2022

    Scenes 23: Sacred cedar tree at Togakushi shrine, Japan 2022 長く海外で暮らしていると、こういう純日本的な物が心に染みます。日本で暮らしていたころは、半ば日常の一部だったわけですが、それが非日常の光景になってくるといいますか。これは三本杉の中の「い」です。「ろ」と「は」は思ったよりも離れたところに植えられてました。いずれもたいそう立派な杉の木で、美しく縒られた注連縄(しめなわ)から大切にされてい...

  • お猫様25 東京、日本 2022

    Cats 25, Tokyo, Japan 2022 我が家のお猫様。最新の写真です。15歳と9か月の爺さんです。食が細くなりガリガリですが、病院通いのおかげで一応元気に過ごしています。夏の暑い日でも日向ぼっこが好きで、この日も熱い布団の上で気持ちよさそうに体を伸ばして爪を立てていました。元気に長生きしてね。 実は、新しいレンズを入手してしまいました。月のお小遣いが2万円なのですが、コロナ禍の影響もあり、あまり使うことが無い...

  • 光景22、キヌガサソウとダケカンバ、日本 2022

    Scenes 22: Paris japonica, Tsugaike Nature Park, Japan 2022 花期が過ぎてしまいました。すみません。キヌガサソウも好きな花です。アプローチが長くしかも見晴らしの無い山道は気分が落ち込みますが、そんな時にこの花を見つけると良い気晴らしになります。栂池自然園ではそんな苦労とは別に簡単に見ることができますね。この時は大小7つの花が出迎えてくれて、平地では無い非日常感を味わいました。 タムロンのレンズは描...

  • 天空景15、東京都調布市、日本 2022

    Spherescapes 15, Tokyo, Japan 2022 8月1日。長野県に小旅行に行く前に撮影した写真です。日本でみる飛行機雲はヨーロッパとは違い、湿った感じになりますね。夕方ですが、そこは日の長い夏。まだ空は明るく、うっすら巻層雲に覆われていました。 このところ使用頻度がとても高いタムロン A071。望遠端の200㎜。少し周辺を落としたかったので絞りは開放のF5.6です。 ニコンサービスセンターから修理に出していたNikon 1 の 10-...

  • その他5、ソバナ、栂池自然園、日本 2022

    MISC. 5, Adenophora remotiflora, Tsugaike Nature Park, Japan 2022 8月の頭、白馬乗鞍岳まで登った翌日、栂池自然園を回りました。花という意味ではベストシーズンを過ぎていたようです。マレーシアから一時帰国したついでの夏休みですので、なかなか自然の都合に合わせて夏休みを取ることも適わず、、、残念。しかも天候にも恵まれず。前日の登山は白馬大池まで往復の予定があまりの雨風に断念。乗鞍岳で引き返しました。栂池...

  • 光景21、不忍池、日本 2022

    Scenes 21, Shinobazu Pond, Tokyo, Japan 2022 日本一時帰国時の写真です。まずは不忍池の蓮から。蓮には不思議な魅力がありますよね。実は、蓮は僕にとって特別に思い入れのある花でして。不忍池で蓮というと、川瀬巴水の版画がお気に入りで、8年ほど前に入手しました。マレーシアで額装してもらい、今は職場の部屋に飾ってあります。 蓮に限りませんが、花の写真は難しい。どうしても撮らされている感じになるし、多くの素敵...

  • 風景19、本栖湖、日本、2022年

    Landscape 19, Lake Motosu, Japan 2022 今年の春の訪れた本栖湖の写真です。この場所から見る本栖湖は別の惑星に来たような不思議な景観です。 この21㎜ではないですが、プラナー50㎜をコシナに送り、ヘリコイドの調整をお願いしました。修理に出した 1 Nikkor の 10-100mm もですが、日本の自宅に送り返してもらい、次回日本一時帰国時に手にすることになります。気に入った道具は手を入れながら長く使いたい。 今日、...

  • お猫様24 クアラルンプール、マレーシア 2015

    Cats 24, Kuala Lumpur, Malaysia 2015 ちょっとイカ耳になりかけているお猫様です。開けた場所なので、正面の僕も後ろの物音も気になっている様子。なかなかの美猫さんでした。、 6月12日の記事で話題にしたニコン1の便利ズーム10-100㎜です。実は、一昨日、新宿のニコンサービスセンターに持っていきました。このレンズはまだ修理してもらえるようです。見積もりは、返送料金も含めて2万円強。前回は4万円弱だった(4万円以上...

  • 街景26、クアラルンプール、マレーシア 2018

    Townscape 26, KLCC Park, Kuala Lumpur, Malaysia 2018 何度かご紹介した KLCC公園の池です。ペトロナスツインタワーの真ん前にあります。何かの宣伝で、いろいろな表情をした、しかし一様にちょっと不思議な象さんの像がたくさん置かれていました。背景にはこの公園の売り物の噴水が見えます。こちらではデートスポットの一つで、多くのカップルが訪れます。 撮影に使用したのはコシナ・フォクトレンダーのパンケーキレンズ21...

  • お猫様23 セランゴール州、マレーシア 2017

    Cats 23, Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque, Malaysia 2017 2017年、妻が友達を誘ってマレーシアまで遊びに来ました。クアラルンプール近郊を観光案内したんですが、その際に訪れたのが通称ブルーモスクと呼ばれるこのイスラム教の礼拝所です。と言いながらお猫様の写真を見せられても困りますよね。。。内部を案内してくださったガイドの方には写真を撮っても良いと言われたのですが、本来このモスク内部は撮影禁止。お言葉...

  • 風景18、ティオマン島、マレーシア、2018年

    Landscape 18, Tioman Island, Malaysia 2018 マレーシア東海岸の沖に浮かぶ小さな島、ティオマン島。ちょっとこだわったリゾートホテルに泊まってみました。食事は美味しく洒落ていて快適なコテージ型のホテルだけど、携帯電話のシグナルは立たないしインターネットも無い。部屋にはテレビもオーディオもなく波の音のBGMだけ。宿泊予約は半島の東海岸にある事務所で受付。「ここに来て、自然以外を楽しむな!」と。経営者は英国...

  • 天空景14、クアラルンプール、マレーシア 2022

    Spherescapte 14, Kuala Lumpur, Malaysia 2022 この雲は乱層雲で合っているでしょうか?澄み渡った青空はもちろん良いんですが、暗雲立ち込める雰囲気も、嫌いではありません。心が晴れ晴れとするのは青空に白い雲の日かもしれませんが、心が騒ぐのはこういう空の日ではないか、と。スカッと爽やか清く正しい物語より、いろいろと背景があってストレートにはいかないものの方が味があるのと似ているように思います。 さて、クー...

  • 光景20、トレンガヌ州、マレーシア 2017

    Scene 20, Terengganu, Malaysia, 2017 「ハレの日」という言葉がありますね。対する言葉が「ケの日」。ちょっと調べた限りでは、これらの定義は流動的で現在でもきっちりとは定まっていないようです。大雑把に言って、「ハレの日」は非日常の中でも比較的お目出たい日を示すのに使われますね。そして「ハレの日」には写真を撮る機会が多い。お誕生日、入学式、収穫祭、等々。 しかし写真機には「ケの日」→「ハレの日」転換装置...

  • 街景25、札幌、日本 2012

    Townscape 25, Sapporo, Japan, 2012 写真の醍醐味はいろいろとあり、何が重要かは人それぞれだと思いますが、個人的には「選択」に面白みを感じています。空間的な意味では「切り取り」と言っても良いかもしれません。撮影時には、光景の中の部分、撮影角度、画角、露出補正、ピント位置、そして瞬間を選択。僕の中ではこの順番のことが多いですね。絞りとフィルターはその日の天候などで前もって決めていてあまりいじらず、シャ...

  • お猫様22 福岡、日本 2014

    Cats 22, Fukuoka, Japan 2014 我が家のお猫様、三度登場にゃ。この頃は7歳、まだ若かったですね。じっと見つめる真摯な視線の先は、、、何なんでしょう?何か考えているようで、何も考えていないであろうところがお猫様の良さです。もうすぐ16歳。食欲不振で心配させられたりすることもありますが、まだまだ元気。長生きして欲しいです。 ところでこのブログ、週一で日曜日の更新としております。で、壁にかけておいて「何度で...

  • 街景24、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Townscape 24, Kuala Lumpur, Malaysia, 2012©wankana.comRICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2 ここ数十年、クアラルンプールでの鉄道の発展は目覚ましい物がありますが、それでも広範な都市の交通網をカバーするのは難しい。自家用車の所有も一般的になってきていますが、一方で庶民の足としてのバスも重要です。バスターミナルのある駅前などはたくさんのバスがぎっちりと停められていて、人々...

  • 天空景13、クアラルンプール、マレーシア 2022

    Spherescapte 13, Kuala Lumpur, Malaysia 2022©wankana.comSONY α7 II + Planar T* 2/50 ZM 山、海、そして空。自然を見ていると、人間の行いはいかにも小さく見えます。その人間の行いにすら、大して影響も貢献もできていない自分は、本当に小さいなぁと。僕は、まあ、平均的であると自認しておりますので、多くの人は同じような感じなんじゃないかと思うんですが、そんな人間でも、80億も集まると、地球全体の温度をほんのちょ...

  • 街景23、サンフランシスコ、アメリカ 2010

    Townscape 23, San Francisco, USA, 20010©wankana.comNikon COOLPIX P7000 サンフランシスコといえば、坂の街。そこに真っすぐに作られた道がどこまでも波打っています。そしてサンフランシスコといえば、霧の街。渋滞に巻き込まれた車の赤いテールランプの列が延々と続き霧の中に消えていきます。 前にもご紹介した通り、サンフランシスコはお気に入りの街です。2010年にも訪問していたのですね。確か、出張だったと思います。...

  • お猫様21 クアラルンプール、マレーシア 2011

    Cats 21, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comRICOH GXR MOUNT A12 + SIGMA AF 28mm F1.8 II Aspherical HIGH-SPEED WIDE マレーシアの首都クアラルンプールの街角にたたずむお猫様です。時々、車ではなく電車で通勤する時があり、その道すがら撮った写真ですね。この辺りは、まず観光客が通ることのない住宅街になります。50年ぐらい前の日本にはこんな所があったよな、という懐かしさを覚える街です。 この頃はお猫様撮影...

  • 風景17、サンタ・モニカ、アメリカ、2017年

    Santa Monica State Beach, U.S.A., 2017©wankana.comSONY α7 II + Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z) デジタル写真に移行した後の約20年間のストックを見直すという本来の形に戻します。米国、ロサンゼルス近くのサンタモニカ海岸での写真です。サンタモニカ・ピアから撮影しました。この桟橋も観光地でなかなかの賑わいです。サンフランシスコのピア39ほどではないですが。長い浜に太平洋から打ち寄せる波が引くたびに白く...

  • レフレックス・ニッコールで庭の花、東京、日本 2022

    Persian ButtercupGrape HyacinthAnemoneChristmas RoseGarden flowers by Reflex Nikkor 500mm, Tokyo 2022©wankana.comSONY α7R II + Reflex-NIKKOR 500mm F8 日本に一時帰国した際、3月末に撮影した庭の花です。ラナンキュラスとアネモネは最近妻が導入した新顔。ラナンキュラスって何かカッコいい名前ですが、ハナキンポウゲともいうんですね。英語名はまた全然違って面白い。ムスカリはやたらに増えて少々閉口していますが、...

  • 練習5:冬枯れの落葉樹 2022

    Deciduous Trees in Winter, Tokyo 2022©wankana.comLeica M Monochrome + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount 冬の落葉樹って結構好きです。日本に帰って来れるタイミングが限られるので、冬枯れと言うにはちょっと遅い3月の撮影ですが。秋になると一斉に葉を落とし、じっと耐えながら春に備える生きざまに、いろいろと感じるものがあります。 一枚目はいかにもズマロンって描写ですね。単にコーティングの性能が悪い昔のレンズ...

  • 光景19、桜、東京都 2022

    Scene 19, Cherry Blossoms, Tokyo 2022©wankana.comLeica M Monochrome + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount もう一枚、新宿御苑の桜にお付き合いください。「桜」というよりも、木のシルエットの写真みたいですが。しかし、その枝についてるのは紛れもなく満開の桜花。この季節ならではの光景です。 逆光ではとかくフラットな描写になり、ゴーストも盛大に発生することが多いズマロンですが、今回は頑張ってくれました。レン...

  • ポートフォリオ No. 1: 光景 No. 10-18

    Portfolio No.9 Scenes No. 10-18©wankana.com ポートフォリオNo.1

  • 光景18、桜、東京都 2022

    Scene 18, Cherry Blossoms, Tokyo 2022©wankana.comSONY α7R II + Voigtländer COLOR-SKOPAR 21mm F4 P 3月末に訪れた新宿御苑での桜です。ほぼ満開でした。この10年間ほどはマレーシアで暮らしていて、日本に一時帰国するのは盆暮れを除いて不定期なものですから、なかなか満開の桜を見るチャンスがありませんでした。今年は良いタイミングで帰国できて、あちこちで満開の桜を堪能できました。 普通にカラーで花のアップとか、...

  • 光景17、桜、東京都 2022

    Scene 17, Cherry Blossoms, Tokyo 2022©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) 昨日早朝にマレーシアに戻ってきました。通常運転に戻りたいと思います。日本滞在中は、日本に居ないとできないことを優先してやっていました。写真も多少撮りましたので、ボツボツあげていきたいと思います。 この季節ですと、まずは桜ですね。井之頭公園とか、墨田川とか、新宿御苑とか、桜の名所を満開の...

  • 天空景12、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Spherescapte 12, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL 先週は時間が取れず、とうとう更新を怠ってしまいました。ご訪問いただいた皆様には失礼いたしました。一時帰国以来、いろいろと慌ただしく、なかなかPCを開く余裕がありませんでした。 日本では志賀高原までスキーに行った以外、特に予定は入れてなかったのですが、マレーシアから仕事が追いかけて...

  • 光景16、ペナン、マレーシア 2015

    Scene 16, Penang, Malaysia, 2015©wankana.comNikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 日本の入国管理方法が更新され、マレーシアからでブースターショット済の人は検疫隔離無しで入国できるようになりました。ということで、一昨日の午後、日本に戻ってきました。その前後はバタバタとしていてこちらの更新が遅くなりました。また、お馴染みさんのところにも訪問できておらず、すみません。お休みをいただいての一時帰国...

  • 街景22、トリノ、イタリア 2013

    Townscape 22, Torino, Italy, 2013©wankana.comNikon 1 V1 + 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6 僕は基本お猫様派ですが、犬も絵になりますね。こういうシーンですと。ヨーロッパの街並みで犬とくれば、マグナムのElliott Erwittですね。彼へのオマージュということで。 この旅行ではニコン1に50㎜相当の単焦点と、27-270㎜相当の便利ズームを持っていきました。これでたいていのものは撮ることができます。それがビジネスバッグの...

  • お猫様20 クアラルンプール、マレーシア 2022

    Cats 20, Kuala Lumpur, Malaysia 2022©wankana.comLeica M Monochrome + Elmar f = 5 cm 1:2,8 M mount 最近の写真が続きます。ちょっとメンタルに弱っていて、過去の写真を収めているハードディスクドライブを彷徨い歩く気力が湧かないのです。 食料の買い出しのために使った鉄道の最寄り駅で佇むお猫様。写真機を向けても「ふん、撮るなら撮れば」みたいな感じ。この図太さはすごい。時には改札口の真ん前で身づくろいして...

  • 天空景11、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Spherescapte 11, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comLeica M Monochrome + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount 比較的最近の写真から。昨年大みそかに撮った写真です。ここ2年間ほどコロナ禍の影響で、自宅を含め職場から半径5㎞以内で生活しています。唯一の例外が昨年9月の日本への一時帰国。したがって、撮影対象も限られてきます。そんな中で、空は毎日違う姿を見せてくれるので、つい写真機を向けることになります。...

  • 天空景10、トリノ、イタリア 2013

    Spherescapte, Trajectory II, Torino, Italy 2013©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6 トリノで撮った飛行機雲です。やはり、日本やマレーシアとは空気が違う感じですね。新型コロナの影響で身動きが取れないせいか、こんな写真を見ていると、なんか突き動かされる感じがします。早く、写真機片手にいろいろな所を彷徨い歩きたい。 一昨年の9月に、自分で撮った写真の中からお気に入りを紹介するのを始めて、...

  • ポートフォリオ No. 9: 天空景 No. 1-9

    Portfolio No.9 Sperescapes No. 1-9©wankana.com ポートフォリオNo9 天空景の写真が9枚になったのを失念しておりました、コンタクトプリントの形で1-9枚目をまとめておきます。各記事には左の PF9:Spherescapes からアクセスできます。 ↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。にほんブログ村...

  • お猫様19 クアラルンプール、マレーシア 2011

    Cat No. 19, Kuala Lumpur, Malaysia, 2011©wankana.comRICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2 綺麗な子でしょう?職場のお猫様。男の子です。すごく綺麗なトラ模様で、性格はおっとりで、手足が大きくて力強い感じだったので勝手に「マックス」と呼んでました。でもおっとりした性格が災いしたのか、猫社会では不遇だったようで、ある日、片目に喧嘩によるものと思われる大けがをしていて、その後...

  • ポートフォリオ No. 6: お猫様 No. 10-18

    Portfolio No.6 Cats No. 10-18©wankana.com ポートフォリオNo6 お猫様の写真が18枚になったのを失念しておりました、コンタクトプリントの形で10-18枚目をまとめておきます。まとめてみることで、何らかの一貫性のようなものを感じていただければいいなと。各記事には左の PF6: Cats からアクセスできます。 僕にとってお猫様は重要な存在ですが、単に可愛い・綺麗というだけではない、僕とお猫様の関係のようなものが写ってい...

  • 街景21、グリフィス天文台、ロサンゼルス、アメリカ 2017

    Townscape No.21, Griffith Observatory, L.A., U.S.A., 2017©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL 今回は、ロサンゼルスにあるグリフィス天文台での写真です。映画「ラ・ラ・ランド」で重要な舞台となった場所としてご記憶の方も多いかと思います。ロサンゼルスの夜景が売りとのことでしたので、夕方から日暮れまで滞在しましたが、確かに素敵な所でした。 ただ車が無いと、なかなか訪...

  • 街景20、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Townscape No.20, Kuala Lumpur, Malaysia, 2012©wankana.comRICOH GXR + Mount A12 + PC NIKKOR 1:2.8 f=35mm マレーシアが世界に誇るツインタワーが写っています。1998年竣工。452mの高さは建設当時、ビルとしては世界最高を誇ってました。現在の順位はたぶん20位。世界的に超高層ビルの建設ラッシュで、どの情報が最新かよく分からないので、「たぶん」。ツインタワーとしては今も世界最高だそうです。なお、マレーシアでは今...

  • 天空景9、リヨン、フランス 2009

    Spherescape 9, Lyon, France 2009©wankana.comRICOH CX1 この写真を見ながら、また「ああ、リヨンに行きたい」と思ってしまった。コロナ禍がなければ、仕事で訪問する可能性もあったのに。何でこんなことになったのか。かの地でも日に何万人もの感染者が出ていると聞きます。少しでも多くの方が助かりますように、と、願うことしかできない。 最近、また、写真が分からなくなってきていて。「もともと全然分かって無かったでし...

  • 天空景8、クアラルンプール、マレーシア、2020年10月

    Spherescape 8, Kuala Lumpur, Malaysia 2020©wankana.comSONY α7 II + New Nikkor 50mm F1.4 クアラルンプールでは昼は晴れて夕方にざっと夕立、あるいは夜間雨、というパターンが多い。そんなまっ昼間、青い空を背景に白い積雲が我が物顔で流れていく。今日の主役は積雲にしてみた。その積雲をバックに、はるか上空をコウノトリが飛んでいる、という風景。 先週木曜日に新型コロナ対応のワクチン、ブースター接種を受けてきま...

  • 風景16、志賀高原寺子屋スキー場、日本、2009年

    Terakoya Ski Slope, Shiga-Kogen, Japan, 2009©wankana.comNikon Coolpix S1 明けましておめでとうございます。2022年が良い年となりますよう。国をまたいだ移動が自由にできるようになりますよう。 日本では年を越す前から最近では珍しく雪に恵まれているようで。雪で苦労されている地域の皆様にお見舞い申し上げます。ただ、僕はスキーヤーなので。ここ10年ほど、年末日本に一時帰国してスキー場に行くと、雨、とか。雪が少な...

  • 風景15、キナバル山、マレーシア、2014年

    Landscape15, Mt. Kinabaru, Malaysia, 2014©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6 マレーシアはマレー半島とボルネオ島の一部から成り立っています。キナバル山はそのボルネオ島の北東、サバ州にあります。その標高は4,095.2m,、富士山よりもだいぶ高いです。マレーシア最高峰であり世界遺産でもあります。なお、東南アジア最高峰とも言われますが、東南アジアと南アジアやオセアニアとの境には4,000m峰、5,000m...

  • 風景14、雪の室積海岸と月、日本、2005年

    Landscape14, Murozumi beach with snow, Japan, 2005©wankana.comNikon D100 + AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 瀬戸内海に面していて温暖な山口県室積海岸ですが、まれに積もるほどの雪が降ることがあります。夜が更けるころ雪になった2005年12月18日の翌朝、海岸は真っ白に染まっていました。青空となった西の空には満月を過ぎた月が浮かんでいます。紺色の瀬戸内海と合わせて、白と青の世界でした。 2005年12月と...

  • お猫様18 ヤンゴン、ミャンマー 2013

    Cat No.18, Yangon, Myammar 2013©wankana.comNikon COOLPIX P7000 ミャンマーの首都ヤンゴンにある仏教寺院シュエダゴン・パゴダのお猫様達です。2013年12月の撮影です。ミャンマーは日本の2倍近い国土に日本の約半分ぐらいの人たちが暮らしている国です。現在のシュエダゴン・パゴダは15世紀に原型が作られたと考えられているようですが、伝説では仏教成立直後の2500年前に起源があるとも言われるそうです。黄金に輝く巨大な尖...

  • 天空景7、クアラルンプール、マレーシア、2021年

    Spherescape 7, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL 層雲の切れ間に高層雲の仲間が見えている感じでしょうか。空は本当に複雑な表情を見せてくれます。例によってライカ-スクリューマウント用コシナ-フォクトレンダー15mm、α7IIのレンズアプリで歪曲と周辺減光マックスで撮影した写真です。 お知らせなんですが、写真掲載の頻度を前に戻し、週に1回、日...

  • 風景13、ペナン、マレーシア、2000年

    Landscape13, Penang, Malaysia, 2000©wankana.comNikon COOLPIX950 Exif のデータによると2000年12月3日の撮影。つい最近のような気がしてましたが、この頃に生まれた赤ん坊が成人してしまったぐらいの年月が経っていますね。「東洋の真珠」とも称されるペナン島。その北側は有名なリゾート地で、高級ホテルの前の海はプライベートビーチになっていますが、現地の人たちが楽しむビーチも存在します。なんの設備もないシンプルな...

  • お猫様16、17 クアラルンプール、マレーシア 2020

    Cat No. 16, Kuala Lumpur, Malaysia, 2020©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6Cat No. 17, Kuala Lumpur, Malaysia, 2020©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR 18.5 mm f/1.8 前回紹介した「シロタビ」です。やっぱり、この手が可愛い。猫の手フェチです。シロタビは我が家のお猫様と同じぐらいの大きさだと思いますが、手はずっとしっかりしてる感じです。もちろんうちの子のほっそりした手が一番可愛いんですが...

  • お猫様15、クアラルンプール、マレーシア 2020

    Cat No. 15, Kuala Lumpur, Malaysia, 2020©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR 18.5 mm f/1.8 近所のマーケットに住み着いていて、僕が「シロタビ」と呼んでいるお猫様。ごはんをあげたことはないけどよく懐いて、こういうくつろいだ表情を撮らせてくれる。全く警戒されていない。屋台のハンバーガー屋さんなど多くの下僕が献上するカリカリで生活されていたが、最近見かけなくなったけど、元気にしているかな。 ニコン1。うん。...

  • リンク その6

    本日11月24日に、「凧と浜風」をリンクに加えさせていただきました。綺麗な写真と分かりやすい解説で各地の山の様子などが紹介されています。若いころよく山に登っていた僕にとっては、懐かしい風景をたくさん見ることができるブログで、紹介されている山に行ってみたいと思わせてくれます。 kite さん、リンクのご承諾いただきありがとうございました。↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。にほんブロ...

  • 風景12、トレンガヌ、マレーシア、2014年

    Landscape12, Kuala Dungun, Terengganu, Malaysia, 2014©wankana.comNikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 夕凪のマレーシア東海岸。西海岸のような大都市は無く、自然が溢れるのどかな所。海に浸かって釣りをしている男女は夫婦だろうか。イスラム教らしく女性はスカーフを巻いている。レジャーとして釣りをしているわけではなさそう。といって仕事という感じでもない。今晩のおかずが目的か。しばらく見ていたが釣果...

  • 光景15、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Scene 15, Kuala Lumpur, Malaysia, 2021©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL ここは何処で、自分は何で、何故ここに存在して、何をすべきなのだろう。そんなことをよく考えます。還暦過ぎて何言ってるんだ、という感じですが、人生の最終コーナーにさしかかって、そのあたりがあやふやなまま宿題になっている。というか、なまじいろいろ分かってくると、ますます根本の部分が未解決で...

  • リンク その5

    本日3月10日に、「酒とソラの日々 / Lazy Days of Liquor and the Skies」をリンクに加えさせていただきました。僕の好きな空にまつわるいろいろなことが綺麗な写真を伴って語られていて、いつも勉強させていただいております。 さえき奎 さん、リンクのご承諾いただきありがとうございました。...

  • 街景19、クアラルンプール、マレーシア 2014

    Townscape No.19, Kuala Lumpur, Malaysia, 2014©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR 18.5 mm f/1.8 マレーシアではアメリカみたいな黄色いスクールバスが走ってます。バスのスペルはBUSではなくBASです。最初にローマ字を習うことからアルファベットに親しんだ日本人にとっては共感度高いと思いませんか。ちなみにアイスクリームは ais krim です。英語と全然違いますね。 1ニッコール18.5㎜は二回目の登場でしょうか。すごくシ...

  • 天空景6、クアラルンプール、マレーシア、2021年3月

    Spherescape 6, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL 向こう側へのゲートって、重層的に開いていることもあって。穴が開いていて、その向こうにまた穴があって、みたいな。雲や植物はそういう感覚を誘起することが多いです。向こう側に何があるのかは分からないのですが。 人間の視覚に近い画角のレンズは何mmかという話が良く出ますが、僕にとってはどう...

  • ポートフォリオ No. 4: 街景 No. 10-18

    Portfolio No.4 Townscape No. 10-18©wankana.com ポートフォリオNo.4

  • 街景18、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Townscape 18, Kuala Lumpur, Malaysia, 2012©wankana.comNikon 1 V1 + 1 NIKKOR 10 mm f/2.8 小さなニコン1を使ったクアラルンプールのスナップです。ファイルの撮影日を確認すると2012年11月17日。僕の誕生日ですね。52歳になった日。今回の仕事でマレーシアに赴任して丸一年、慣れない環境に四苦八苦していたころです。雨の日のスナップで、人影がシルエットで、それが濡れた地面に折り返して、傘の色は赤と青で、右端の黄色...

  • お猫様14、東京、日本 2021

    Cat No. 14, Tokyo, Japan, 2021©wankana.comLeica M Monochrome + Summaron f = 3,5 cm 1:3,5 M mount + marumi Y2 * UNX-5333 再び登場、我が家のお猫様です。前回はカーテン越しだったので、素顔を晒すのは初めてですね。僕の一時帰国のタイミングでしか会えないので19か月ぶりの対面でした。帰宅直後でも特に変わった風はなく、フンフンと匂いを嗅いで挨拶し、いつもの通り。僕をちゃんと覚えていたのか、宅配のお兄さんにも...

  • カラー風景15-23、志賀高原、日本、2021年10月

    Color landscapes 15-23, Shiga Kogen, Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)SONY α7R II + + Voigtländer COLOR-SKOPAR 21mm F4 PSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071)SONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di ...

  • 天空景5、志賀高原日陰湿原、日本、2021年10月

    Spherescape 5, Shiga Kogen Hikage Wetland, Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) これも志賀高原での写真です。探勝歩道を三角(みすま)池から上の小池に向かう途中、日陰湿原という小さな湿原がありました。地図には載っていないですね。後で調べたら、近くの洞穴のヒカリゴケが有名なようです。 その湿原の上に絹層雲を背景に吹きちぎられたような雲が。 子供のころか...

  • 風景11、志賀高原田ノ原湿原、日本、2021年10月

    Landscape 11, Shiga Kogen Tanohara Wetland, Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) 志賀高原の写真を続けます。撮って2週間も経っていない写真をこんなに立て続けに出すのは異例ですね。それでも、少し間をおいたので、ある程度納得感がでてきました。僕の場合、やっぱり少し寝かせて、客観的に見ることができるようになるための時間が必要なようです。あと、やはりモノクロ...

  • カラー風景14、志賀高焼額山付近、日本、2021年10月

    Color landscape 14, Shiga Kogen Mt., Yakebitai Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) 志賀高原散策の二日目。山の中は小雨交じりの霧でした。初日のカラフルな写真もいろいろあるのですが、彩度高めは苦手なので、こんなところで。湿度を感じさせる淡い色合いも日本らしくて好きです。 世間では旧型でディスコンになったα7RIIですが、僕にとっては新鋭機。こういうスクエ...

  • ポートフォリオ No. 2: 風景 No. 1-9

    Portfolio No.2 Landscapes No. 1-9©wankana.com ポートフォリオNo.2 風景の写真が9枚になりましたので、コンタクトプリントの形でまとめておきます。各記事には左の PF2: Landscapes からアクセスできます。↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。にほんブログ村...

  • 風景10、志賀高原田ノ原湿原、日本、2021年10月

    Landscape 10, Shiga Kogen Tanohara Wetland, Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) 志賀高原散策の一日目。田ノ原湿原の白樺も良い感じでした。朝方は快晴でしたがこの湿原に来た昼前には雲が出てきて、それはそれで良い感じの風情になりました。何処を切り取っても絵になるので、つい撮らされてしまうあたり、まだまだ未熟ですね。なかなか自分の絵に持ち込むことができませ...

  • 風景9、志賀高原横手山、日本、2021年10月

    Landscape 9, Shiga Kogen Mt. Yokote, Japan 2021©wankana.comSONY α7R II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) 日本に一時帰国後、2週間の検疫隔離を経てようやく自由の身となり、志賀高原を訪ねてきました。で、ネットになかなかつながらず、ブログのチェックが滞っておりました。スキー以外で志賀高原を訪れたのは初めてです。紅葉の素晴らしい季節、初日は好天にも恵まれ、日本の秋を満喫してきました。写真...

  • イタリアンレストランにて、福岡、日本

    At an Italian Restaurant, Fukuoka, Japan©wankana.comSONY α7 II + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870) サイトをリニューアルしてから自分の写真を紹介してきましたが、このポートレートで100点目となりました。ご高覧頂いている皆様に改めて感謝いたします。 ポートレート写真に関しては、ご本人からの許可を得て掲載しております。念のため重ねて申し上げますが、僕は著作権を放棄しておりませんし、モデルの方の肖像権...

  • 風景8、上高地、日本、2019年10月

    Landscape 8, Kamikouchi, Japan 2019©wankana.comNikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR まだ新型コロナの問題が他所の国の話と思うことができていた2019年秋の日本、妻と連れ立って上高地を訪れました。釜トンネルが閉鎖される直前、まさにシーズン終わりのタイミングで、紅葉も最後の最後。空は深く青く、絹雲が妙に白く、クッキリと見えたのが不思議な感じでした。僕は「巻雲」ではなく「絹雲」と習った世代です。 ...

  • 天空景4、山口県光市、日本 2006年9月

    Spherescape 4, Yamaguchi, Japan 2006©wankana.comNikon D200 + AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED 空の写真です。高度から考えて高積雲でしょう。雲に影も出てますし。15年も前の山口県、夕暮れ時でしたが、青い空に白い雲が印象的でした。思えば、この15年間のうち、10年間はマレーシアを拠点として過ごしています。年に5,6回は出張で日本に来ていたので浦島太郎という感じでは無かったのですが、最近19か月間は新型...

  • 光景14、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Scene 14, Kuala Lumpur, Malaysia, 2021©wankana.comSONY α7 II + Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL この写真を掲載することに関しては、「なんか、すみません」という感じを禁じ得ないです。僕が若かりし頃、1980年代には「セルフポートレート」などと称して良く見たタイプの写真ですが、自己満足の匂いがかなり強く漂っている気がして。僕自身、この手の写真を撮ったのは、実に30年ぶりぐらいで、懐かしさ...

  • 街景17、トリノ、イタリア 2013

    Townscape 17, Torino, Italy, 2013©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 18.5 mm f/1.8 トリノは工業都市ですが、そこはそれ、イタリア。やっぱり街並みはお洒落ですし、待ちゆく人も粋で絵になってます。ヨーロッパらしい光と影の一コマということで。 ニコン1は小さいですが、この換算50㎜の単焦点レンズは本当に良く写ると思います。↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉しいです。にほんブログ村...

  • お猫様13、クアラルンプール、マレーシア 2020

    Cat, Kuala Lumpur, Malaysia, November 2020©wankana.comNikon 1 V1, 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6 「ニャンすか?ニャンか用すか?」と、お猫様はいつも真っすぐに見返してくる。何とか可愛いお猫様を撮ってやろうというこちらの邪な下心を見透かすかのような視線。お猫様はいつも余計なことは考えない。ただ、生きることに一生懸命だ。一生懸命食べ、遊び、日向ぼっこし、時には縄張りを争って喧嘩もする。この真っすぐな視線...

  • 街景16、クアラルンプール、マレーシア 2018

    Kuala Lumpur, Malaysia, November 2018©wankana.comSONY α7 II + Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (SEL35F28Z) 改めましてマレーシアの首都クアラルンプールです。緑の多い街であることが改めてご理解いただけるかと思います。街中でも、植物と建築物がせめぎ合っているような姿をよく目にします。 再登場、ソニーEマウント用のツアイス・ゾナー35㎜。本当に良く写るレンズです。↓ お気に召したらクリックで応援していただけると嬉し...

  • 天空景、クアラルンプール、マレーシア 2020年9月

    Spherescape, Kuala Lumpur, Malaysia 2020 September©wankana.comRICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2 ちょうど一年前の写真。9月は雨期なのか乾季なのか、、、。マレーシアは年間の気候変動(四季のようなもの)より年ごとの変化(エルニーニョとかラニーニャとか)の影響が大きいように思う。こちらの日本人の間で有名な笑い話に「『マレーシアは何時が雨季?』と聞かれて即答できるのは、マ...

  • シマキンパラ、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Scaly-breasted munia, Kuala Lumpur, Malaysia2021©wankana.comSONY α7 II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) もう一枚、鳥の写真を。今日はお気に入りの写真というより、使ったレンズにたまげたので、その報告という感じです。先月末に、職場のクリニックを訪ねる用があり、ロックダウン中ですが、特別に許可をもらって敷地に入りました。で、クリニックまで歩いていくと、何やら変な飛び方をするスズメがい...

  • ムネアカゴシキドリ、ペナン、マレーシア 2006

    Coppersmith barbet, Penang, Malaysia 2006©wankana.comNikon D200 + AI AF-I Teleconverter TC-20E + AF-S VR Nikkor 300mm f/2.8G IF-ED 鳥の写真を続けます。どうせなら、日本の皆さんにあまりなじみのない鳥をと。キツツキの親戚、ゴシキドリの仲間です。なんか、マンガのような顔をしてますね。留まっている木の穴の中で、子育て中です。キツツキの仲間らしく、丈夫そうな上下二本ずつの指と、硬そうな尾羽。地面で虫でも漁...

  • コウライウグイス、クアラルンプール、マレーシア 2021

    Hydrangea, Kuala Lumpur, Malaysia 2012©wankana.comNikon 1 V2 + FT-1 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED V 相変わらずロックダウン中のクアラルンプールです。コンドミニアムの部屋の窓からの鳥撮りシリーズ。今回はコウライウグイスです。この子もマッカーサー・パームの実を食べに来ます。ウグイスと名につく通り、澄んだ綺麗な声で鳴きます。そしてこのインパクトのあるデザイン。ちなみに目は透明な赤です。この個体は...

  • アジサイ、クアラルンプール、マレーシア 2012

    Hydrangea, Kuala Lumpur, Malaysia 2012©wankana.comRICOH GXR MOUNT A12 + Voigtländer COLOR SKOPAR 25mm F4P with LH-2 「おいおい、何で今頃アジサイ、、、季節外れも甚だしい」と思われた方もいらっしゃるでしょうね。実は、クアラルンプールでは9月にアジサイが花盛りなのです。年にもよりますが、8~9月が雨季でして。9年前、今はもう引退された現地の同僚が、ラマダン(断食月)明けのお祝いにお家に招いて下さいまし...

  • 阿蘇山南麓、熊本県、日本 2015

    Mt. Aso, Kumamoto, Japan 2015©wankana.comNikon D800 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 二回目のマレーシア赴任で単身生活に入ってから4年目のころの写真です。海外生活が長くなると、日本の風景の美しさ、食べ物のおいしさが恋しくなります。海外は海外で良い所もたくさんありますが、そこはやはり日本人なので、美味しいお米を食べたいとか、メンチカツを食べたい、とか、ね。 2015年、夏休みを取って一時帰国した際、妻と...

  • コスモス、群馬県沼田市、日本 2002

    Cosmos, Gunma, Numata-shi, Japan 2002©wankana.comNikon D100 + Ai AF Zoom Nikkor 28-70mm F3.5-4.5D この写真を撮ったのは、2002年8月23日。もう19年も前ですね。群馬県沼田市、吹割の滝のあたりの野菜直売所だったと記憶しています。マレーシアから家族を連れて一時帰国して、日光から沼田を抜けるドライブに連れていった時のことです。戦場ヶ原から金精峠を抜けるドライブコースは、今でもお気に入りです。 コスモスは子供...

  • 練習4:タムロンのミラーレス用便利ズーム 2021

    A Leaf Tip, Kuala Lumpur, Malaysia 2021©wankana.comSONY α7 II + TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di IIIRXD (Model A071) マレーシアでも新型コロナウイルスの猛威が止まず、感染拡大が続いています。それでも経済対策のためか、行動制限令が少し緩和されて、外での写真撮影は許されるようになったようです。僕は慎重な方なので、とても出歩く気にはなりませんけれど。なので、今住んでいるコンドミニアムの中で見かけた観葉植物の...

  • 足の間に入りたがるお猫様、クアラルンプール、マレーシア 2020

    A Cat in my working place, Kuala Lumpur, Malaysia 2020©wankana.comLeica M9P + 4th SUMMICRON-M 1:2/50 職場に住み着いているお猫様です。こういうお猫様はたくさんいらして、逃げるニャンと逃げないニャンに大別できます。逃げないニャンの中には、このチャトランのように目が合うとスタスタと寄ってくるコも。僕からはご飯をもらえないのは分かっているはずなのですが、足の間に入り込んで、何かを訴えています。何か僕が...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Kanaoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kanaoさん
ブログタイトル
好きな写真と写真機と
フォロー
好きな写真と写真機と

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用