searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぼき犬さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
簿記の気になる情報まとめ
ブログURL
https://sattstv.com
ブログ紹介文
簿記初心者の気になる疑問におこたえする情報発信ブログ
ブログ村参加
2020/10/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ぼき犬さんの新着記事

1件〜100件

  • 貸付金と手形貸付金の違いや見分け方について解説します!【簿記3級】

    簿記の勘定科目である「貸付金」と「手形貸付金」。 仕訳問題をやっている時に、この2つの勘定科目の違いが曖昧でどちらを選べばいいのかわからなくなってしまったことはありませんか? 今回は「貸付金」と「手形貸付金」の違いや見分け方についてお話ししていきます。

  • 受取手形と手形貸付金の違いや見分け方について具体的に解説!【簿記3級】

    簿記の勘定科目である「受取手形」と「手形貸付金」。 少し似ているところがあってややこしいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は「受取手形」と「手形貸付金」の違いについてお話ししていきます。

  • 【簿記3級】手形貸付金の仕訳について具体例を交えて解説!

    今回は簿記の勘定科目の一つ「手形貸付金」の仕訳についてお話をします。 具体的には手形による貸付けをした場合の仕訳や手形貸付金の回収時の仕訳方法を解説します。 また、仕訳をする際に手形貸付金の利息の計算が必要な問題もありますので一緒に見ていきましょう。

  • 【簿記の勘定科目】手形貸付金とは?意味をわかりやすく解説します!

    企業が取引先などにお金を貸し付けた際、一般的には借用証書を受け取ります。 しかし、借用証書の代わりに約束手形を受け取ることがあります。 その場合は「手形貸付金」という勘定科目を使って処理をします。 今回は簿記の勘定科目「手形貸付金」について意味をわかりやすく解説します。

  • 【簿記の勘定科目】手形貸付金とは?意味をわかりやすく解説します!

    企業が取引先などにお金を貸し付けた際、一般的には借用証書を受け取ります。 しかし、借用証書の代わりに約束手形を受け取ることがあります。 その場合は「手形貸付金」という勘定科目を使って処理をします。 今回は簿記の勘定科目「手形貸付金」について意味をわかりやすく解説します。

  • 勘定科目「繰越商品」を使った仕訳をわかりやすく解説!【簿記3級】

    今回は簿記の勘定科目の一つ『繰越商品』を使った仕訳についてお話しします。 売れ残った在庫商品を意味する繰越商品ですが、どのように仕訳をするのでしょうか? 簿記3級の出題範囲である繰越商品を使って売上原価を算定する決算整理仕訳について深掘りしていきます。

  • 受取手形と支払手形の違いや見分け方について【簿記3級レベル】

    約束手形って振り出したり、決済されたり、戻ってきたり、少々ややこしいですよね。 仕訳をやっていても受取手形・支払手形のどちらを選べばいいのかわからず一瞬戸惑ってしまう問題も多々あります。 ただ、ポイントさえつかんでしまえば見分け方はつくようになります。 今回は受取手形と支払手形の違いや見分け方についてお話しをします。

  • 簿記の勘定科目「繰越商品」とは?意味をわかりやすく解説します!

    今回は簿記の勘定科目「繰越商品」とは何なのかをわかりやすくお話しします。 会社はたくさんの商品を仕入れますよね。 その商品は期末までに全部売れるかというとそうではなく在庫が残ることが多いです。 簿記ではそんな商品の在庫を繰越商品という勘定科目を使って処理します。

  • 受取手形とは何かをわかりやすく解説!意味や特徴などをご紹介します【簿記3級】

    商品を販売し、代金を回収する方法として手形を受け取ることがあります。 手形を受け取った人は受取手形という勘定科目を使って帳簿に記帳します。 でもそもそも受取手形とはどういったものなのでしょうか? 今回は簿記の勘定科目の一つ「受取手形」について意味や特徴をわかりやすく解説します。

  • 小口現金の練習問題まとめ!例題を解いて基礎を身に付けよう!【簿記3級】

    今回は簿記3級に出てくる勘定科目の一つ「小口現金」の練習問題・例題をご紹介します。 小口現金の仕訳は「経理係が小口係に現金を前渡しした時」・「小口係から支払いの報告を受けた時」・「小口現金を補充をした時」の3つのタイミングで行われます。 それでは小口現金の練習問題を一緒に解いていきましょう!

  • 小口現金と仮払金の違いは?それぞれの異なる点を解説します!

    簿記の勘定科目である「小口現金」と「仮払金」。 どちらも現金を渡した時点ではどの科目にいくら使うか決まっていない点など、少し似ているところがあり違いがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、小口現金と仮払金は意味も処理の仕方も異なる別物になります。 今回は「小口現金」と「仮払金」の違いについてのお話しをします。

  • 現金と小口現金の違いは?区別して管理している理由はなぜ?

    簿記の勘定科目である「現金」と「小口現金」。 どちらも同じ紙幣や硬貨ですが簿記上では分けて管理をします。 では2つの違いや分けて管理する理由はなぜなのでしょうか? 今回は勘定科目「現金」と「小口現金」の違いや別々に管理する理由についてお話をします。

  • 小口現金の仕訳ルールを解説!支払いや補充をした時の具体例もご紹介!

    日々の少額な取引の支払いのために用意されている小口現金。 そんな小口現金はどのように仕訳を行うのでしょうか? 今回は小口現金の仕訳ルールや仕訳例をご紹介します。 小口現金の「前渡し時」、「日々の支払い」、「報告を受けた時」、「補充時」など流れに沿ってお話ししていきます。

  • 小口現金とは何かをわかりやすく解説!意味や定義などの基礎知識をご紹介!

    会社では経理部がお金を管理していますが、他の部署も日常的なお金の支払いがあります。 でも他部署の人がわざわざ経理部に都度お金をもらいに行くのは大変ですよね。 もし、それぞれの部署であらかじめ現金を用意しておけば支払いがスムーズにできます。 今回は簿記の勘定科目の一つ『小口現金』とは何なのか、意味や定義をわかりやすく解説します。

  • 簿記の勘定科目【商品】とは?意味をわかりやすく解説します!

    小売業などでは商品を仕入れて、その商品をお客様に販売します。 普段何気なく使われている商品という言葉ですが、簿記ではどのように使われているのでしょうか? 今回は簿記の勘定科目の一つ『商品』の意味や定義をわかりやすく解説します。

  • 売掛金と買掛金の相殺について解説!仕訳の仕方を事例を交えて紹介!

    一つの取引先に売掛金と買掛金の両方がある場合がありますよね。 つまり同じ取引先から掛けで商品を販売したり購入したりしているケースです。 そのような場合、売掛金と買掛金を相殺して決済することができます。 ではどのように仕訳をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金と買掛金の相殺についてのお話し仕訳の方法を事例を交えてご紹介します。

  • 【簿記】売掛金が回収不能になったら?取引先が倒産した時の仕訳を解説!

    商品を掛けで売上げたのに取引先の倒産などで代金を受取れなくなってしまうことがあります。 「夜逃げなどで売上代金を回収できなくなった」なんて話を聞いたことがある人はいるのではないでしょうか? そんなことになった場合、どのように仕訳処理をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金が回収不能になった場合に簿記ではどのように仕訳をするのかお話しします。

  • 売掛金と前受金を使った仕訳!売上代金を手付金と相殺した時の処理方法は?

    商品の注文を受けた時点で前もって商品代金の一部または全部を受取ることがありますよね。 そして商品を売り上げた際に事前に受け取った手付金を相殺して残額を掛けとする取引きがあります。 こういったケースが出てきた場合、どのように処理をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金と前受金を相殺する仕訳についてのお話しをします。

  • 簿記初級の勘定科目まとめ【2021度版】これだけ身につければOK!

    簿記の世界で使われる勘定科目。 記帳をする際には誰がみてもわかるように取引を勘定科目(用語)を使って記録します。 今回は簿記初級で使われる勘定科目をまとめてみました!

  • あああ

    あああ

  • 売掛金の訂正仕訳をする方法!3つの手順で簡単に修正できる!

    日々、多くの仕訳をしているとどうしても間違ってしまうこともありますよね。 書いてすぐに気が付いたものであれば修正ができますが、すでに帳簿に記入されたものは消しゴムや修正ペンで訂正することができないんです。 では売掛金の仕訳を間違って記帳してしまった場合にはどのように修正をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金の訂正仕訳をする方法をお伝えします。 3つの手順で簡単に修正できますので流れを見ていきましょう

  • 売掛金を約束手形で回収した時の仕訳!手形を受取った時はどうすればいい?

    掛けで売上げた商品代金を手形で受け取ることがありますよね。 期日に決まった金額の支払いをするために振り出される約束手形。 そんな手形を受取った時にはどのように処理をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金を約束手形で回収した時の仕訳についてお話します。

  • 売掛金を電子記録債権に振替える仕訳!記入方法をわかりやすく解説!

    電子記録機関に登録をすることにより発生する債権である電子記録債権。 売掛金も電子記録債権を使って回収することができます。 簿記では電子記録債権の発生記録の請求が行われ、それを承諾すると売掛金から電子記録債権に振替える仕訳をします。 簿記3級を学習している方にとってはなんだか難しい言葉が色々と並んでいて混乱してしまうかもしれませんが、仕訳はいたってシンプルです。 ではその仕訳についてみていきましょう。

  • 売掛金の入金時に手数料が発生した時の仕訳!振込手数料の扱いについて解説!

    売掛金を回収する際、代金は預金口座に振り込まれることが多いですよね。 そして、お金を振り込む時に必要になってくるのが銀行に支払う振込手数料。 手数料をこちらで負担しなければならない時、簿記ではどのように処理をすればいいのでしょうか? 今回は売掛金の入金で手数料が差し引かれた時の仕訳について解説していきます。

  • 【簿記3級】勘定科目一覧表2020!試験合格のための覚え方もご紹介!

    簿記を習得するために必須となるのが勘定科目を把握することですよね。 初めのうちは意味のよくわからない漢字がズラッと並んでいて、苦手意識を持ってしまう方もいるでしょう。 しかし、やみくもに覚えるのではなくコツを掴むことでスッと頭に入ってくるようになります。 今回は日商簿記試験3級に出てくる勘定科目の一覧表と試験に合格するための覚え方のコツをご紹介します!

  • 【簿記】売掛金の仕訳!売上計上や小切手・現金で回収した時の具体例を紹介!

    今回は簿記の勘定科目の一つ『売掛金』を使った仕訳についてお話します。 掛け(後払い)で商品を販売した時に使用する勘定科目『売掛金』。 簿記では売掛金科目を使ってどのように仕訳をしていくのでしょうか? 売上計上や小切手または現金で回収した時の仕訳例を流れに沿ってご紹介します。

  • 【簿記】売掛金とは?意味や定義をわかりやすく解説します!

    今回は簿記の勘定科目の一つ『売掛金』のお話をします。 会社やお店は商品を即金ではなく、後払いで販売することが多々あります。 そんな時に出てくるのが売掛金。 簿記でも頻繁に出てくる科目の一つです。 そもそも売掛金とは何なの? という方のために、売掛金の意味や定義をなるべく簡単にわかりやすく解説していきます!

  • 【簿記】現金と当座預金の違いは?間違いやすいポイントを解説!

    簿記でよくできてくる勘定科目と言えば「現金」と「当座預金」。 どちらも資産のグループの科目ですが、仕訳の際にどちらを選べばいいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 特に小切手での取引では誰が振り出したかによって、現金で仕訳をするのか当座預金なのかが変わってきます。 そこで今回は簿記で使われる現金と当座預金の違いについてお話をします。

  • 同店振り出しの小切手で受け取った時は現金?それとも当座預金?

    簿記の問題では独特の言い回しがあり、最初はいまいち意味が理解できないものもありますよね。 問題を解いていると「同店振り出しの小切手で受け取った」という文言がよく出てきます。 いったいこれはどう意味なのでしょうか? 小切手で回収したことはわかりますが、勘定科目は現金なのかそれとも当座預金なのかわからないという方も中にはいらっしゃるでしょう。 今回は簿記で「同店振り出しの小切手で受け取った」という問題が出てきた時の解釈と仕訳の方法についてお話します。

  • 【簿記】同社または同店振出しの小切手とは?勘定科目は何になるの?

    簿記の問題を解いていて問題文の意味や解釈がわからないことがよくありますよね。 特に応用問題などで、そういった傾向が強いと感じてしまいます。 例えば「同社または同店振出しの小切手」という文言ができていますよね。 これは誰のことを指し、勘定科目は何にすれば良いのでしょうか?

  • 【簿記】現金の仕訳!仕入れの支払いや売上代金の回収など様々な例でご紹介!

    今回は簿記の勘定科目の一つ『現金』を使った仕訳についてのお話です。 普段みなさんが使っている現金と簿記の現金は少し異なる点があります。 ただ、色んなパターンの仕訳をすることでしっかり理解できるようになります。 現金を使っての仕入れの支払いや売上代金の回収など様々な仕訳例を見ていきましょう!

  • 【簿記】現金の定義や種類は?現金扱いする範囲をわかりやすく解説!

    簿記の勘定科目の一つである『現金』。 現金というと紙幣や硬貨のことを思い浮かべてしまいますよね。 でも簿記の世界では他にも現金扱いするものがあるんです。 そこで今回は簿記においての現金の定義や現金扱いするものの種類についてお話をします。

  • 【簿記】当座預金の例題まとめ!練習問題を一緒に解いてみよう!

    今回は簿記の勘定科目の一つ当座預金の例題についてです。 簿記の世界ではこの当座預金科目を使った仕訳問題は良く出題されますよね。 当座預金に預け入れをした時や小切手を振り出した時など、基本的な練習問題を一緒に解いていきましょう!

  • 当座預金はなぜ通帳がない?取引はどうやって確認すればいいの?

    銀行預金の一種である当座預金。 個人にはあまりなじみがないですが、企業ではよく使われる決済手段の一つです。 小切手や手形で取引をすることができるので、現金を持ち歩く必要がないなどのメリットがあります。 そして普通預金や定期預金との違いの一つに通帳がありません。 では当座預金はなぜ通帳がないのでしょうか? また日々の取引はどのように確認すればよいのでしょうか?

  • 【簿記】当座預金の仕訳例!預け入れや引き出しの処理をわかりやすい事例で紹介!

    今回は簿記の勘定科目『当座預金』を使った仕訳についてのお話しです。 普通預金に比べると一般的にはあまりなじみのない当座預金ですが、簿記では頻繁に登場します。 そんな当座預金科目を使った基礎的な仕訳をしていきます。 預け入れや引き出しなどがあった時の仕訳例をわかりやすい事例でご紹介します!

  • 【簿記】当座預金とは?意味や特徴をわかりやすくお話しします!

    今回は当座預金についてのお話をします。 みなさん普通預金や定期預金はなじみがあるかもしれませんが、簿記をはじめたばかりの方は当座預金という言葉はあまり聞きなれないかもしれません。 でもこの当座預金、簿記の世界では頻繁に出てきます。 ではどういった意味や特徴があるのでしょうか? ということで簿記の勘定科目『当座預金』とは何なのかわかりやすく解説します。

  • 【簿記】定期預金の仕訳!預け入れや振り替え処理の方法を解説!

    今回は簿記の勘定科目『定期預金』科目を使った仕訳についてのお話をします。 簿記を知らない人にもなじみのある定期預金という言葉。 簿記では定期預金に預け入れた時や他の預金口座へ振り替えた時にはどのように処理をすればいいのでしょうか? 基本的な仕訳例を使ってご紹介していきます。

  • 【簿記の勘定科目】定期預金とは?意味をわかりやすく解説します!

    今回は簿記の定期預金についてお話をします。 普通預金と同じくなじみのある定期預金という言葉。 いったいどういう意味でどのように使われるのでしょうか? 簿記の勘定科目『定期預金』とは何なのかわかりやすく解説していきます。

  • 【簿記】普通預金・定期預金・当座預金の違い!銀行口座の特徴を確認しよう!

    簿記の3級・初級に出てくる預金の種類は3つ。 普通預金と定期預金・当座預金です。 普通預金や定期預金は私たちにもなじみがある銀行口座ですよね。 そして、当座預金は簿記を習うと頻出する勘定科目です。 これらの口座はどういった特徴があり、どんな違いがあるのでしょうか? 今回は簿記の勘定科目「普通預金」、「定期預金」、「当座預金」の違いについてお話ししていきます。

  • 【簿記】普通預金の問題まとめ!はじめての方でも理解できる解説付き!

    簿記の勘定科目の一つ【普通預金】。 預金はもちろんのこと、預け入れや引き出し・送金ができます。 普通預金にお金を預けていると利息が付いたり、振り込みをする時は手数料がかかったります。 今回はそんな普通預金を使った仕訳の問題を解いていきましょう。

  • 【簿記】普通預金の取引で手数料が発生したら?処理方法をやさしく解説!

    今回は普通預金の取引で手数料が発生した際の処理の方法についてのお話しです。 普通預金での振り込みや入金の時に手数料がかかる場合、簿記ではどのように処理をすればいいのでしょうか? 簿記初心者向けに処理の仕方を解説していきます。

ブログリーダー」を活用して、ぼき犬さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ぼき犬さん
ブログタイトル
簿記の気になる情報まとめ
フォロー
簿記の気になる情報まとめ
カテゴリー一覧
商用