searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

gakuchanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
蔵王のしずく
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nara5963
ブログ紹介文
あらゆることを本音で話す。
更新頻度(1年)

5回 / 10日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/10/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、gakuchanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
gakuchanさん
ブログタイトル
蔵王のしずく
更新頻度
5回 / 10日(平均3.5回/週)
読者になる
蔵王のしずく

gakuchanさんの新着記事

1件〜30件

  • 横浜市へのカジノ誘致について

    横浜市の林市長は「市政に金がかかる」という理由を取り上げ、その使用を、教育、福祉、医療などに向けると主張しています。市民に耳触りの良い分野を取り上げて、賛意を得ようとしているのではないでしょうか。どんな理由を取り上げても、カジノはギャンブルです。「ギャンブルに助けられた教育」が成り立つのでしょうか。ギャンブルで巻き上げた(裕福な人のだけではない)金を福祉に向けて市民は幸せになれるのでしょうか。私も、モナコはじめ、いくつかの世界のカジノへ、足を運んだことがあります。よく言われるように、ギャンブルはきれいごとではすみません。世界中から黒いマネーも集まります。必ず取り締まり強化などの対策が必要になり、諸外国でも警察力だけでは対応しきれないのが現状です。「毒には毒をもって制する」裏世界の人々の力を借りなければならなくな...横浜市へのカジノ誘致について

  • いじめに敏感な対応を

    体育会の会場で、ほかの生徒の目の前で、頭を粘着テープでぐるぐる巻きにされ、体や腕を縛られたうえ、その後も殴るけるの暴行を受けた男子生徒。大津市立中学2年生の男子生徒には“自殺の練習”など数々の嫌がらせが続いていたという。学校へ行きたくないと言いながら、このひどい状況を両親にも言えなかった辛さは誰が聞いても痛ましい。いじめの中心になっていたと思われる3人の同級生は「いじめという認識はなかった」と言う。3人に向かって、「これがいじめと言うのだ」と改めて声を荒げたくなるような気持になる。「いじめでない」というのが3人の本心だとすれば、さらに許せない。放置すれば次の犠牲者が出ることが確実だからだ。今、きちんと諌められなければ、この3人は社会に出てもことあるごとにいろいろな形でいじめを繰り返すだろう。3人がどんな育ち方を...いじめに敏感な対応を

  • 大変だったギャンブルからの脱却

    政府・自民党は、「オリンピック後の成長戦略の一環として今国会でのIR法案成立を目指している」と言うが、いったいどのような運営を考えているのだろうか。多くの国民の間では、カジノ設置に関して強い不安が残ったままだ。今はギャンブルをしない私。実はパチンコ、麻雀には大いに悩まされた。振り返れば、50歳ごろまで終業後、毎晩のようにマージャンをしていた。酒を飲み、たばこを吸いつつ、ラーメン、チャーハンを片手に夜食を取り,休日前は徹夜になることも多かった。考えて見ただけで「よく体がもってくれたなあ」と今になって我ながらゾッとする思いだ。自分で言うのもおこがましいが、わたしは生来、比較的意志が強い方だと自認している。酒もタバコもやめた。健康、毎日の生活。良いと思うことはシッカリと続けている。でも、二十代の頃のパチンコ脱却には苦...大変だったギャンブルからの脱却

  • 不安増す日銀の景気政策

    日銀の黒田東彦総裁は、28日都内のシンポジウムの講演で、歴史的な金融緩和にもかかわらず、目立った効果がないことに関連して「原油下落で物価上昇に転ずると思ったが、不可解なことだ」と述べ、更なる緩和策に踏み切ることも匂わせた。本当にそのような認識でいるのだろうか。だとしたら、むなしく勝ち戦を唱えて負けた先の戦時と変わらない大変な失策を招こうとしているという警告を発したい。物価が上がらないのは「国民が将来の物価高を予見できない」からではない。物価高を不安に感じても、「先買い」する余裕もないのだ。講演で言及した米国の経済とは本質的に違うことに気付いてほしい。日本は国民の高齢化と人口減、国債の乱発行、生活面では教育、年金、医療福祉、さらには地方経済の衰退やエネルギー問題など、課題は山積するのに政治は、どの問題に対しても決...不安増す日銀の景気政策

  • 認知症社会 ~納得できない相続争い~

    ことし、79歳になる私は男と女2人ずつの4人兄弟の長男です。弟(75歳)は、20代で勤めを辞め、子供がいない親類の家の夫婦養子になり、義理の両親の死後、その家の不動産管理業で暮らしていました。私の父は、2000年に84歳で亡くなりましたが、当時から軽い認知症と見られた母は、その後2013年94歳で死去するまでの11年間、次男と共に暮らしていました・・・。というより、次男に囲われた生活をしていました。争いは父の死後、遺産相続がもつれ、父が生前にほぼ均等に分けてあった母の約5000万円の預貯金と住宅の確保を次男が目論んだことから始まりました。長男の私は、両親の希望に沿って4人の兄妹が平等に相続できるようにすると言っていましたが、次男は自分の資産が膨大なので、生家からの相続分が少なくなるのではないかと兄の私に不信感を...認知症社会~納得できない相続争い~

  • 原発安全の理想と現実     2013.3.31

    原発の再稼働について政府は、「東電福島第一原発事故の教訓を踏まえて、原子力規制員会のもとで妥協することなく、安全性を高める新たな安全文化を作り上げる」と言っている。安倍政権が、民主党政権下で策定された「原発稼働ゼロ」の政策転換を図ったもので、国民からもおおむね支持されている。一方で原子力規制委員会は現在新しい安全基準を創案中だがこの中で、有識者会合が日本原子力発電敦賀発電所、東北電力の東通発電所敷地内の断層について「活断層の可能性」を指摘した。このため両原発とも今のところ、稼働の目途が立っていない。政府は発電所の敷地が『活断層の上にある』という事だけでは稼働禁止の絶対条件にはならないとしているが、規制委は12~3万年前以降の活動が否定できなければ稼働を認めない方針だ。問題はこの12~3万年前という時間の長さでは...原発安全の理想と現実2013.3.31

  • 「いじめ」に敏感な対応を

    体育会の会場で、ほかの生徒の目の前で、頭を粘着テープでぐるぐる巻きにされ、体や腕を縛られたうえ、その後も殴るけるの暴行を受けた男子生徒。大津市立中学2年生の男子生徒には“自殺の練習”など数々の嫌がらせが続いていたという。学校へ行きたくないと言いながら、このひどい状況を両親にも言えなかった辛さは誰が聞いても痛ましい。いじめの中心になっていたと思われる3人の同級生は「いじめという認識はなかった」と言う。3人に向かって、「これがいじめと言うのだ」と改めて声を荒げたくなるような気持になる。「いじめでない」というのが3人の本心だとすれば、さらに許せない。放置すれば次の犠牲者が出ることが確実だからだ。今、きちんと諌められなければ、この3人は社会に出てもことあるごとにいろいろな形でいじめを繰り返すだろう。3人がどんな育ち方を...「いじめ」に敏感な対応を

  • 潔く対処せよ。小沢一郎の民主党

    ■小沢一郎幹事長。国民の多くが考えていたとおり「やはり」、ということになりつつあるのが残念です。あなたは、常々「法に反することはしていない」と言っていますが、「法に触れないように抜け道をたどってきた」と言うべきでしょう。しかし、今回は迂闊にも検察にしっぽを捕まれましたね。もうこうなった以上は、潔くシャッポを脱いで、国民、選挙民の前で深く謝罪したらどうですか。もしかして「不起訴」などと言う、甘い期待をしているのかも知れませんが、検察、ましてや国民の目はあなたの本性を見抜いてしまっています。新年度予算関連の陳情窓口を、幹事長一本に絞り、全国の自治体首長まで、ゼネコンのように自分のいいなりにしようとしている目的も見え透いていますよ。ここで曖昧な姿勢で居るとあなたの政治生命は、近々絶たれるでしょう。政治手腕は人望があっ...潔く対処せよ。小沢一郎の民主党

  • いまさら、国債依存とは

    10年度予算について、藤井財務相は、20日の会見で、税収の不足分は、国債で補い、発行額は、50兆円を超える事もあり得る、と発言した。どういうことなのか。ただでさえ、国債発行残高が1千兆円に上り、国民は、将来に大きな不安を覚えているのに、さらにつけ回しをするのか。無駄をなくして、増税なしに、国民の生活を立て直すという公約は、どうするのか。つい、数日前まで、マニフェスト実現が最優先と言っていたのは、どういう意味か。きわめて腹立たしい話だ。民主党を見放したい。とりあえず、25日の参院補選では、民主党の候補に投じないつもりだ。と私の周囲では言っている。この話は今後、国民的な議論をまねき、日本の将来を、左右する問題になるだろう。早めに発言を取り消してほしい。因みに、総選挙前の今年6月には、歳出削減で9・1兆円、埋蔵金の活...いまさら、国債依存とは

  • 定額給付金

    これは、経営不振の企業が、自社の留保金を社員に配って、自社製品を買わせるのと同じではないか。会社の経営は、一時的には、良くなるように見えるが、製品自体が変わらない限り、会社の繁栄は期待できない。麻生総理は「景気刺激のため」と言っいるが、刺激した後、どのように景気を維持するのかが見えないと、景気の浮揚にはつながらないのではないか。国民は、自分で払った金を、均等に払い戻してもらって、当面の生活に使うことになろうが、本当に困っている人々は、無駄な買い物はできない。払えなかった食費、光熱費、教育、医療費などに充当するのが精一杯だろう。この様な使い方は浮揚にはならない。給付の時期についても、年を越した今、まだもたついている。困窮者の救済にもなっていない。やる、やらないの議論をしているうちに、本当に困っている人たちは倒れて...定額給付金

カテゴリー一覧
商用