searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

yousanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
フロムYtoT 二人に残された日々
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yujin53113
ブログ紹介文
私と妻と家族の現在と過去を綴り、これまで書きためた私の未完の小説の完結を目指したいと考えています。
更新頻度(1年)

7回 / 24日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2020/10/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yousanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yousanさん
ブログタイトル
フロムYtoT 二人に残された日々
更新頻度
7回 / 24日(平均2.0回/週)
読者になる
フロムYtoT 二人に残された日々

yousanさんの新着記事

1件〜30件

  • フリオとの別れ

    「スペインに戻って仕事を見つけたら連絡する。必ずスペインに来てほしい。そしてボクと結婚してほしい。」フリオがスペインに戻って三ヶ月あまり経った。その間、優子の誕生日に家族と一緒に写った写真を添えた手紙が送られてきたが、写真の中に収まったフリオは見るからに幸せそうで、その中に優子の入り込む余地は無いように感じられた。「なかなか就職が決まらないので、もう少し待ってほしい」手紙の内容は簡単なものだった。フリオとのことは夢の中の出来事だったのではないか。もし現実であったとしても、フリオがスペインに戻って、心変わりをしているのではないか。そんな思いが過ぎっていく。十月に入って、待ちに待った手紙が届いた。手紙には仕事も決まり、両親や家族も優子がスペインに来ることを待ちわびているという内容だった。無邪気に喜べない自分がもどか...フリオとの別れ

  • 父への日記

    今日は帰りが遅くなり、孫たちがいなくなったらギターの練習をしようと思っていたのですが、食事をして自室に戻ったのは10時近くで、近所迷惑になると思い控えました。週に2回から3回は練習をしていて、左手の指にタコができはじめているのですが、まだコード進行がスムーズにできるレベルにはありません。過去の日記を見ていて、この日記をコピペして更新をしようと思い、投稿しています。父は90歳で他界しました。その前は、母が父の介護で体を壊し、父は老人ホームに入っていました。時折、母や妻や子供や孫を連れて訪れていたのですが、体調を壊して亡くなる前に母と妻と訪れた時に、「おまえ、今、なんしヨウトカ。名刺もっとるならクレンカ」というのです。休日なので名刺入れは持ってきていないのですが、免許証入れに万が一のために名刺を入れていたので、父に...父への日記

  • 5人目の孫

    2020.10.18(日曜日)14日に長男の第3子が生まれ、長男の嫁が入院中、孫2人を預かっていました。長男の子供たち2人は天真爛漫で、10分ごとに喜怒哀楽をくり返しています。微笑んだり、怒ったり、泣いたり、笑ったり、そして、走ったり、跳んだり、叫んだり・・・・。妻は、いつもより朝早く起きて、2人を幼稚園に送り出す準備をしています。昼間は洗濯や掃除をしても幼稚園のお迎えに出かけます。孫が帰ってくると、妻の言うことを聞かない孫を、妻は叱ったり、抱きしめたり、抱っこしたり、たべもので-服従させたり、いつもとは違った姿で頑張っています。気疲れしていると思います。(妻の母性には頭が下がります。私のことは、そっちのけで、孫に対する母性を全開にしています。私にとっては、少しだけありがたい・・・・)私と妻の家族は、私たち夫婦...5人目の孫

  • 「セカンド ステージ」

    以下は私が50歳、20年近く前に妻に書き連ねた日記です。このときに考えていたような人生は歩んでいませんが、妻とはケンカをしながらも仲良くやっています。まあ、人生とはそんなものだと思っています。「セカンドステージ」平成十五年十一月一六日僕は後一ヶ月余りで五十歳を迎えようとしている。小学生の頃、僕は社会科の先生になりたかった。建築家になりたかった。中学生の頃、僕は小説家になりたかった。映画監督になりたかった。高校生の頃、僕は自分が嫌で嫌で仕方なく、自分自身を見失っていた。大学生の頃、僕は商社マンになって世界を駆けめぐりたいと思っていた。おまえと出逢うまでの僕の将来の夢と言えばこんなものだったと思う。中学生の頃からおまえと出逢うまで書き続けてきた何冊もの日記帳も、今では何処に行ってしまったのかも分からなくなって、その...「セカンドステージ」

  • 第三章 優子とフリオ 出会い(2001年4月)

    今日は8時半に起きて朝食を済ませたのち、午前中を妻とだらだらとテレビを観ながら、途中うとうとしたりして過ごしていました。昼食の後、妻はソフトバンクの試合をテレビ観戦をしたいというので、私は一人でお気に入りの糸島の浜辺の一つへ出かけました。台風14号の影響か、浜辺には強い北西の風が吹ていて、押しては返す波の騒めきや、吹き付ける風の唸り声を浴びながら、玄海島や糸島の小高い山並みを眺めて、一時を過ごしました。(心が洗われました)帰って来ると、長男から、孫2人の幼稚園の運動会の様子を様子がラインで送られてきており、2人で孫の動画を何度も繰り返し見ていました。第三章優子とフリオ出会い(2001年4月)優子は大学を出てから何度も職を変えている。最初は地元最大手の銀行。その銀行にはちょうど三年間働いた。それから四年間は、三ヶ...第三章優子とフリオ出会い(2001年4月)

  • 息子への想い

    2日前から私にとって5人目の孫ですが、息子の嫁が陣痛で入院し(陣痛は落ち着き退院しました)、長男の孫を2人預かっていました。今夜は久しぶりに2人だけの夜です。騒がしいけれど、たのしい2日間でした。妻は、この2日間、急に、子供のように手がかかる夫(私はそうは思っていませんが、妻はそう思っていると思います。私は一人で机に座っているのが好きです)の他に、孫のために朝早く孫のために起きて朝食の準備をし、孫の幼稚園の送り迎え、子守などが加わり、大変だと思いいます。2人だけの生活に戻り、私が赤霧島の水割りを作りに台所に行ったついでに妻のお尻をちょっとだけ触りました。妻は、「youさん。ナンシヨット。触ランデ。警察言うよ。タバコ吸いヨロウガ。酒も飲みすぎ、臭いよ。皆に嫌われトウヨ」と次々に責め立てます。私は妻の言葉を背に自室...息子への想い

  • アルブニヨルの谷間 フリオとその家族

    弟二章アルブニヨルの谷間フリオとその家族優子はいつものスーパーに向かう坂道を自転車で下っていた。大通りを通って行くこともできるのだが、カルロスの自動車修理工場の手前から細い道を下っていけばスーパーまでの近道になるので、いつもカルロスの店の前から右折して急な坂道を下っていた。ホセのレストランを過ぎたところだった。人がやっと一人通れるぐらいの細道から、突然、ホセの娘のマルティナが笑いながら飛び出してきて通せんぼをした。たぶんマルティナは、悪気はなく、優子を脅かそうとしただけだったのだろう。優子が急ブレーキをかけると自転車の後輪が浮き上がり、ほほ一回転する形で転倒した。流産をしていることは病院のベッドで眠りから覚めて間もなくフリオの口から告げられた。「ごめんなさい」やっとの思いでフリオに言った。「優子は謝る必要は無い...アルブニヨルの谷間フリオとその家族

  • 妻との旅行 1

    私は妻と結婚してから、3年前までは、妻と海外旅行をしたことは2回しかありませんでした。1回は40年以上前の新婚旅行で行った香港・澳門(当時はカメラはフィルムの時代で、途中でフィルムが引っかかり、うっかり開けてしまい、妻との大事な想い出の3分の1を失ってしまいました。・・・・私はいつも肝心なときにとんでもないミスをしてしまうのです)。そして、もう1回は台湾。国内旅行は家族を連れて良く出かけていましたが、当時は、仕事で一杯一杯の状態で、妻と長期で旅行する気持ちの余裕はありませんでした。私は、仕事で中国に3回、韓国に1回、台湾に1回、それとスキューバダイビングのライセンスを取りに息子とグアムに1回です。妻は台湾に数回、韓国に数回、ベトナムに1回、子供たちや友達と出かけています。私は銀行にいたときも大型のプロジェクト案...妻との旅行1

  • 3連休~その1~ここ1ヶ月で体重が3キロ以上増えました

    2006.01.10私は7日は、○○○○○会という集まりの新年会で、正午から夜の10時過ぎまで飲んでいました。その大半を家の近くのリゾートホテルで飲み食いをしていまして、途中、一時間ほどホテルの大浴場で風呂に入っていました。ホテルの最上階の見晴らしの良い部屋を借り切っての新年会で、部屋からは福岡市の南側と西側を一望することができます。南側は、遠くに、まるで水墨画のように中腹まで雪に覆われた背振山系の山並みが見渡せ、近くに、福岡市の町並みが広がっています。西側は、遠くに、博多湾に浮かぶ能古の島や糸島半島のなだらかな山並みや生の松原、近くに、私の住むタワーを中心としたベイサイドエリアが広がっています。景色だけでも幸せな気分になります。そのうえ、ホテルが北海道フェアを催していまして、北海道の幸を使った中華料理が最高で...3連休~その1~ここ1ヶ月で体重が3キロ以上増えました

  • 憧れのギター

    連休2日目私は50年近く前に、兄からヤマハのクラッシックギターを買ってもらいました。大学時代は読書とギターと麻雀に明け暮れていました。勉強は、ほぼ一夜漬けでした。妻と知り合ってからは、下宿で小椋佳やかぐや姫や井上陽水やさだまさしの曲をクラッシックギターで弾いて、妻と一緒に歌っていました。就職をした後、ギターを弾くこともなくなって、暫く経ってギターを出してみると、調弦をしてギターを弾いた後、何年もそのままにしていて、ネックが反って、とても弾けない状態になっていました。粗大ゴミと化していました。5年ほど前に、またギターを始めてみようと、初心者向けのギターセットを買いました。これがまた、○○国製で、弦高が異常に高く、コードを押さえても押さえられず諦めました。(今回、解ったのですが、このギターは定価1万円の合板製のギタ...憧れのギター

  • 墓参り

    4連休の初日。私と妻は、妻の実家がある直方に出かけました。妻の実家にはこれまで1ヶ月に1回程度は行っているのですが、今回は、コロナの影響もあり、2ヶ月以上間隔が空いてしまいました。義父は、私たちが預けた携帯電話で朝起きたら必ず安否確認の電話をしてくれます。毎日、私が仕事に行く前に安否確認を知らせる電話があり、94才になった義父の変わらぬ気丈さが窺えます。妻は実家に戻った直後から義父に教育的指導を畳み掛けます。「お父さん。自分で梅の木やら柿の木やら切ったろうガ。ケガしたらどうするト」「畑も止めリィ。お父さんから貰ワンでも店で買えるトヤカラ。解ットウトといった会話が続きます。義父は、「オウ。オウ。解トウ」と繰り返しています。私は義父がかわいそうで、二人の話が聴きづらくなって、外にでました。私に妻が同じことを言ったら...墓参り

  • 第一章  ひまわり畑 (2004年7月)

    第一章ひまわり畑(2004年7月)バスは右折するとオリーブ畑の中を抜けて海が見渡せる海岸沿いの道路に出た。すると急に大きく視界が開け、空と海、山並みや丘陵、水平線や岬や島影が焼き付くような鮮やかさで飛び込んできた。道路は丘陵地が海に落ち込む海岸沿いの高台を走っているので、バスの窓からはビーチを見下ろすことができない。水平線近くの淡い水色から天空へ向かって次第に瑠璃色へと変化する空。エメラルドグリーン、コバルトブルー、群青色、藍色と様々な色彩を見せる海。空も海もいつも通りの吸い込まれるような青さで、深緑の島影、赤茶けた岬、黄土色の山肌、灌木に覆われた常磐色の丘、岬の突端に立つ白い灯台、朱色の屋根に亜麻色の外壁の別荘、小さな集落の目映いばかりの白い塗り壁と樺色や鳶色の屋根瓦を、それぞれに鮮やかなコントラストをつけて...第一章ひまわり畑(2004年7月)

  • 息子の15才の頃

    今日はgooブログで、いろんなところの旅の話や自分が買っているネコの話などを題材にしておられる女性のブログを拝見しました。爽やかな話が多くて、感激して、異常なくらいに、ポチッを送りました。たぶん「誰だ、コイツ」と思っておられると思います。(私です)まだ、このブログを初めて2ヶ月あまりなので許してください。これから何回かに分けて、息子の記事をアップしようと考えています。息子は中学時代、県下でトップの高校(毎年、国立の医学部だけでも、かなりの数が合格します)に一番合格者を出す中学校に通っていました。身長は私に似てホビット族に近いのですが、顔はカワイイ(私に似て?)、成績は常に10番前後、スポーツは万能、生徒会では2年間副会長を務めていて、妻も私も、末は博士か大臣(トンビが鷹の子?)かと思っていました。妻は近所のママ...息子の15才の頃

  • 台風10号 狂騒曲 2

    今日、妻と一緒に部屋の整理をするために、少し早めに会社を出て自宅に戻りました。自宅に戻ると、部屋に残ったベランダの残置物は、燃えるゴミ、燃えないゴミ、大型ゴミに仕分けされて、大型ゴミの回収も、妻は手配済みだというのです。「よう、頑張ったね。ありがとう」というと、妻は、鼻をヒクヒクさせて、満面にドヤ顔を浮かべていました。(チョットだけカワイイ!!!)ベランダ沿いの窓に貼ったガムテープは、そのままだったので、「窓のガムテープ、俺が剥がそうか」というと、「もう一回、台風が来るかも知れんケン、当分、残しトコうと思っトウト。」(なるほど)夕方、とりあえず4袋の「燃えるゴミ」を二人で捨てに行きました。総括すると、これまでの台風被害の中では、被害に遭われた方々には申し訳ないですが、我が家にとっては最小限の被害でした。これから...台風10号狂騒曲2

  • 台風10号 狂騒曲

    妻は金曜日から頭の中は台風10号でいっぱいです。妻は、おそらく、マスコミや気象庁の、「かって経験したことがない」とか、「特別警報級の勢力」とか、「命を守る行動」とかいった報道に怯えています。金曜日、仕事から私が帰ってくると、LINEで子供たちや友達との台風10号に関する情報交換(LINEが頻繁にピコピコとなっています)や、義父に電話で防災に関する詳細にわたる教育的指導を行っていました。(義父は94才ですが、頭はしっかりしています。妻の父親に対する愛情からだと思いますが、子供扱い、言葉がきつい!!かわいそう!!聞いている私がつらい。私が義父だったら、黙って、そっと電話を切ります)妻は、既に買い物リストを作っています。「youさん。明日、10時前には出て行って、○○ラパスと、○○ディと、○○○タウンに買い物行くョ。...台風10号狂騒曲

カテゴリー一覧
商用