chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • パンプローナが世界に誇るサン・フェルミン祭(Fiesta de San Fermín)【スペイン】

    サン・フェルミン祭(Fiesta de San Fermín)をご存知ですか? 「牛追い祭り」であれば、聞いたことがある方もいるかと思います。 日本人には牛追い祭りとして知られているサン・フェルミン祭は、スペイン北部のナバラ州(Navarra)の州都「パンプローナ(Pamplona)」で毎年7月6日から2週間開催されている、歴史のあるお祭です。 現在では、バレンシアの火祭り(Fallas de Valencia)、セビリアの春祭り(Feria de abril de Sevilla)と並んで、スペイン3大祭の一つとなっています。 この記事では、スペインを代表するお祭であるサン・フェルミン祭を紹…

  • サン・フェルミン祭(Fiesta de San Fermín):パンプローナで牛追い祭り【スペイン】

    サン・フェルミン祭(Fiesta de San Fermín)をご存知ですか? 「牛追い祭り」であれば、聞いたことがある方もいるかと思います。 日本人には牛追い祭りとして知られているサン・フェルミン祭は、スペイン北部のナバラ州(Navarra)の州都「パンプローナ(Pamplona)」で毎年7月6日から2週間開催されている、歴史のあるお祭です。 現在では、バレンシアの火祭り(Fallas de Valencia)、セビリアの春祭り(Feria de abril de Sevilla)と並んで、スペイン3大祭の一つとなっています。 この記事では、スペインを代表するお祭であるサン・フェルミン祭を紹…

  • バリ島:空港から市街地までの5つのアクセス方法【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ バリ州政府は、バリ州の文化及び自然の保護を目的として、2024年2月14日から、バリ島を訪問する外国人観光客に対し、「外国人観光客徴収金」を課し、一人あたり15万ルピアの徴収を開始しています。 在インドネシア日本国大使館:バリ州が徴収を予定している「外国人観光客徴収金」について 在インドネシア日本国大使館 初めてバリ島を訪れる旅行客が戸惑うのが空港からクタやスミニャックなど市街地、バリ島の最初の目的地までの交通機関を利用することで、何も情報を得ず訪れると、交通手段を手配するのがどれほど困難であるかというものです。 最近は、少し改善された気もしますが… 長時間フライト…

  • バリ島:入国審査の際に必要な税関申告書の申請方法【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ バリ州政府は、バリ州の文化及び自然の保護を目的として、2024年2月14日から、バリ島を訪問する外国人観光客に対し、「外国人観光客徴収金」を課し、一人あたり15万ルピアの徴収を開始する予定です。 在インドネシア日本国大使館:バリ州が徴収を予定している「外国人観光客徴収金」について 在インドネシア日本国大使館 関連記事 バリ島:2024年2月より観光税(入島税)の導入開始【インドネシア】 現在インドネシアに訪問する際、税関申告書の事前申請が必須となっています。 以前までは機内などで用紙で配布され、それに記入していたのですが、現在はオンラインでの事前申請が必要です。 こ…

  • バリ島:2024年2月より観光税(入島税)の導入開始【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 2024年2月14日から、バリ島を訪れる外国人観光客を対象として「外国人観光客徴収金」が導入されます。 この観光税(入島税)によって、バリの人々の習慣や伝統、芸術や文化を守ることを目的とした支援の形としての徴収となるそうです。 観光税の費用は一人当たりIDR150,000となり、バリ島到着前もしくは、旅行中にオンラインシステム「Love Bali」より支払う必要があります。 ビザも必要となって、入国前…

  • バリ島観光:入国の際に必要なビザ(VOA)について&取得方法【インドネシア】

    コロナ前までインドネシアに入国する際、日本国籍保持者である私は観光目的で30日以内の滞在であればビザの申請が必要なかったのですが、今はビザが必要になっているのですね。 この記事では、2024年3月バリ島に訪れた際のビザについての最新情報を紹介したいと思います。 バリ島観光:インドネシア入国の際に必要なビザ(VOA)について インドネシアへの入国:アライバルビザ(Visa on Arrival) インドネシアの空港到着時に申請 オンラインでのアライバルビザ事前申請(e-VOA) インドネシアビザ(VOA):オンライン事前申請方法 駐日インドネシア大使館・領事館 最後に… バリ島観光:インドネシア…

  • 2024年1月開始:デジタル・アライバルカード(MDAC)の登録から入国について【マレーシア】

    コロナ前までマレーシアの入国の際は、ビザもなければ、特に必要な手続きもなく、パスポート片手に何も考えずに訪れていたんですが、コロナ以降様々な国で入国方法が変わっているので、マレーシアも調べてみたら、案の定「デジタル・アライバルカード」というものができていました。 3月以降、東南アジアに長期滞在予定で、マレーシアのデジタル・アライバルカードについて調べましたので詳しく紹介したいと思います。 2024年1月開始:デジタル・アライバルカードの登録から入国について(MDAC) デジタル・アライバルカード:登録方法 クアラルンプール国際空港(T1&T2):自動ゲートについて 最後に… 2024年1月開始…

  • ホーチミン:日本人に人気のスパとお薦めスパ6選【ベトナム】

    東南アジアを旅する中で大きな楽しみの一つが、スパやマッサージ。 長時間のフライト後の疲れを取るために…一日観光して疲れた身体を癒すために…観光や仕事のちょっとした空き時間に。 ベトナムにはたくさんのスパがあり、その種類も豊富。 アロマオイルや贅沢にハーブを使用したハーバルボール、ホットストーンでのマッサージ、タイ式やバリ式など、様々なメニューの中からお好みのマッサージを選びます。 この記事では、ホーチミンにある日本人に人気のスパ「Miu Miu Spa」と、その他お薦めのスパを紹介したいと思います。 ホーチミン:日本人に人気のスパとお薦めスパ6選 日本人に人気のスパ「Miu Miu Spa」 …

  • バリ島:アメッドで訪れるべき場所&体験すべきアクティビティ10選【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ バリ州政府は、バリ州の文化及び自然の保護を目的として、2024年2月14日から、バリ島を訪問する外国人観光客に対し、「外国人観光客徴収金」を課し、一人あたり15万ルピアの徴収を開始する予定です。 在インドネシア日本国大使館:バリ州が徴収を予定している「外国人観光客徴収金」について 在インドネシア日本国大使館 関連記事 バリ島:2024年2月より観光税(入島税)の導入開始【イ…

  • バリ島:お薦めのコワーキングスペース6選【インドネシア】

    働く場所や時間にとらわれず、好きな場所で好きな時に仕事ができたら、どれだけ心に余裕ができるでしょうか。 近年、多くのデジタルノマドやリモートワーカーが誕生しています。 Covid-19の規制によって、世界中でリモートワークが一般的となり、企業もそれを推奨するようになりました。 デジタルノマドのライフスタイルは魅力的です。 バリ島はデジタルノマドにとって、素晴らしい環境を提供してくれる場所です。 南国特有の穏やかなライフスタイル、低コストな生活費、生活の質、活気に満ちたコミュニティ、そして数えきれないほどの観光スポットやアクティビティを備えたバリ島は、人生に素晴らしいインスピレーションを与え、ま…

  • ヴェルサイユ宮殿:チケットは時間指定の優先入場券の事前予約がマスト【経験談&予約方法】

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2025年以降に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site フランスを代表する観光名所といえば「ヴェルサイユ宮殿(Château de Vers…

  • 世界最大級にして超穴場!チューリップ畑といえば「ザイプ(Zijpe)」です【オランダ】

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2025年以降に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site 春にオランダを訪れる方は、チューリップ畑を目当てに訪れる方も多いのではないでしょうか…

  • ペニダ島:バリ島の喧騒から逃れて静かに観光をする3日間の旅【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ バリ州政府は、バリ州の文化及び自然の保護を目的として、2024年2月14日から、バリ島を訪問する外国人観光客に対し、「外国人観光客徴収金」を課し、一人あたり15万ルピアの徴収を開始する予定です。 在インドネシア日本国大使館:バリ州が徴収を予定している「外国人観光客徴収金」について 在インドネシア日本国大使館 関連記事 バリ島:2024年2月より観光税(入島税)の導入開始【イ…

  • プングリプラン村(Desa Penglipuran):バリ島の伝統的な生活の体験【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 バリ島の伝統的な生活環境を体験してみたいと思いませんか? バリ島の中心部であるデンパサールから約45kmの場所にあるバンリの南に位置するプングリプラン村は、バリ島の伝統的な建築様式の家々が並び、穏やかな時間が流れています。 バリの村や各家庭の配置は、バリ・ヒンドゥー教の方位決めに沿って決められていますが、観光地化が進む南部や観光地では、その方位決めに基づいた家々の並びは、どんどん失われています。 そん…

  • ニュピ(Nyepi):バリ島の新年を祝う静寂の日【インドネシア】

    世界中にある全ての宗教や文化には、新年を祝う独自の方法があります。 例えば、中華圏をはじめとしたアジアのいくつかの国では旧正月、イスラム社会にはムハッラム(مُحَرَّم:Muharram)があり、グレゴリオ歴を使用している世界中の人々は1月1日に新年を祝います。 世界中の多くでは、新年を盛大なパーティや花火で迎えますが、それとは対照的にバリでは静かに新年を迎えます。 これは、ニュピの日と呼ばれ、春分のティルム(Tilem:新月)の翌日にあたり、西暦78年に始まったサカ暦の新年が始まります。 ニュピの日は、バリ島内の全ての活動が停止され、空港の離発着もなく、通りからは人が消え、観光はもちろん…

  • ギリ島:バリ島から訪れるサンゴ礁に囲まれた楽園【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 白い砂浜、熱帯のサンゴ礁、ターコイズブルーの海。 美しいビーチとサンゴに囲まれた手つかずの自然が残るギリ島は、バリ島から高速船で訪れることのできる楽園の島です。 島内では車やバイクなどが走ってなく、美しい熱帯の島の風景以外に気を取られるものが何もないギリ島は、まさに休暇に理想的な場所となっています。 シュノーケリングで水中美術館(The Nest)を観覧したり、色鮮やかな熱帯魚と遊んだり、ビーチで肌を…

  • トゥカッチュプンの滝(Tukad Cepung Waterfall):バリ島内陸の神秘的な光景に出会う【インドネシア】

    自然の美しさで有名な熱帯の楽園バリ島には、手つかずの秘境と言われる場所が無数にあります。 その秘境の一つとして、この記事で紹介したいのが、バリ島にある「トゥカッチュプンの滝(Tukad Cepung Waterfall)」です。 トゥカッチュプンの滝は、最近まであまり知られていない秘境の地でしたが、インスタグラムなどのSNSで数多く発信され、バリ島の滝の中でも人気が高い滝となっています。 輝く滝に、太陽の光が降り注ぎ、虹がかかるその光景は、インスタ映え間違いなしの光景で、瞬く間に世界中に広がり、日々最高の写真を撮るために観光客が訪れています。 巨大な岩々に隠れ、洞窟の中にあるように感じるトゥカ…

  • カスティリオーネ・ドルチャ(Castiglione d’Orcia):トスカーナ中心部にある千年の歴史を持つ村【イタリア】

    オルチャ渓谷にそびえる標高540mの丘の上にある村、カスティリオーネ・ドルチャ(Castiglione d’Orcia)。 関連記事 オルチャ渓谷(ヴァル・ドルチャ):インスタグラムで見るトスカーナの絶景へ【イタリア】 カスティリオーネ・ドルチャは、典型的なトスカーナの村で、その中心部は、ベッキエッタ(Vecchietta)として知られる15世紀のシエナ派の画家であるロレンツォ・ディ・ピエトロ(Lorenzo di Pietro)に捧げられた広場「ベッキエッタ広場(Piazza il Vecchietta)」にあります。 この村の歴史は、南トスカーナ出身のイタリアの貴族アルドブランデスキ家(A…

  • 地球上で最も美しい20の島

    旅系インフルエンサーのInstagramなどのSNSで数多く観る世界中の美しい島。 いつも、ここは何処なんだろう…と思いながら眺めていたので、世界にある美しい島をピックアップしてみました。 それぞれの島に、それぞれのアイデンティティがあり、その島を代表する多種多様の文化に触れることができます。 島といえば、まずはビーチをイメージしますが、島の中には鋭い岩の断崖があったり、山や洞窟などもあるので、海だけではなく内陸部を探検することも楽しみの一つだったりしませんか。 ここで紹介する楽園に訪れることができたら、恐らく一生忘れられない絶景と自然の美しさを目にすること間違いなしです。 ぜひ、お気に入りの…

  • モンタルチーノ(Montalcino):ブルネッロの故郷を歩く【イタリア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年4月29日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、イタリア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 モンタルチーノは、イタリア中部のトスカーナ州に位置し、シエナから南へ約40㎞程の手つかずの自然が残る風景を持つ丘陸地帯にあり、そのほとんどが森林で覆われた大きな一つの丘からなっています。 長い歴史と類まれなる美しさを備えたこの田園風景は、2004年にユネスコ世界遺産に登録されました。 Check Val d'Orcia - UNESCO World Heritage Centre 世界的にも有名なワイン…

  • ピエンツァ観光:理想のルネサンス都市を訪ねて【イタリア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年4月29日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、イタリア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 イタリア中部に位置する美しい田園地帯が広がるトスカーナの古都シエナ(Siena)から1時間とちょっと。 オルチャ渓谷と呼ばれる美しい渓谷にピエンツァ(Pienza)という小さな町があります。 世界遺産にも登録されているオルチャ渓谷のなだらかな起伏のある丘と素晴らしい自然の風景に囲まれている町で、オルチャ渓谷全体を一望できる丘の上にあり、素晴らしい景色を眺めることができます。 関連記事 オルチャ渓谷(ヴァ…

  • オルチャ渓谷(ヴァル・ドルチャ):インスタグラムで見るトスカーナの絶景へ【イタリア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年4月29日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、イタリア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 中世の城、曲がりくねった道、古くからある村、糸杉の並木道、ポツンと佇む農家、農場、一面に広がるブドウ畑にオリーブ畑、黄金色に輝くひまわり畑。 幻想的で調和のとれた風景を堪能できるオルチャ渓谷(ヴァル・ドルチャ:Val d'Orcia)。 この緑豊かな渓谷は、イタリアのトスカーナ州南部にあり、シエナ(Siena)とグロッセート(Grosseto)の間に広がる渓谷です。 この地域全体が2004年に「オルチャ…

  • パシュパティナート:ネパール最大のヒンドゥー教寺院観光で「生」と「死」に触れる【ネパール】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月7日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ネパール入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ヒンドゥー教と仏教の信仰は、過去も現在もネパール文化のあらゆる側面に見られます。 古代の神聖な寺院や華麗な仏塔、リスペクトされる僧侶など、ネパールでは宗教学習が日常生活の中心となっています。 17世紀に建てられたパゴダ様式の寺院であるパシュパティナート寺院(Pashupatinath Temple:पशुपतिनाथ मन्दिर)は、ネパールのヒンドゥー教徒にとって、最も神聖なシヴァ寺院になっています。…

  • 一人旅で犯しがちな9つの失敗&回避方法【海外旅行】

    旅行中毒者であれば、いずれ迎えるであろう一人旅の経験。 私も初めての一人旅のときは、本当にドキドキしました。 友達と行く海外では何でもない事が、本当にできるのか?本当に大丈夫か?などと色々と心配になったものです。 一人旅の最大のメリットといえば、好きなときに好きな場所に行くことができ、好きなものを好きなときに食べることができ、ある場所では意味もなく長い時間滞在してみたり、またはすぐに滞在先を変更したりなど、自由気ままに旅をすることができることです。 関連記事 一人旅初心者にお薦めの国7選【海外旅行】 もちろん自由と共に、トラブルに見舞われた際、必ず自分で判断&解決しなければならない状況もセット…

  • カトマンズ:空港から市内(タメル地区)7つのアクセス方法【ネパール】

    ネパールにある唯一の国際空港であるトリブバン国際空港(त्रिभुवन अन्तर्राष्ट्रिय विमानस्थल/Tribhuvan International Airport)は、カトマンズ市内の中心部タメル地区から約5.4㎞の場所にあります。 初めて訪れる国で、一番最初に立ちはだかるミッションが、空港からの移動じゃないですか? ただでさえ長時間のフライトで疲れているのに、入国後の移動がスムーズにいかなかったら、大きなストレスですよね。 カトマンズでは、空港から市内までの移動手段がいくつかありますので、トリブバン国際空港からカトマンズの中心部タメル地区までの移動方法を紹介したいと思…

  • バリ島に訪れるべき11の理由【インドネシア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年6月9日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、インドネシア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 いつか書きたいと思っていたバリ島について… バリに訪れた回数は、バリLoverの方に比べて圧倒的に少ないのですが、2ヶ月ほど滞在して感じたバリの素晴らしさは、何から書いていいのか、どうまとめたら良いのか…など考えていたら、なかなか記事にできず。 私は完全にバリに恋をしたのです♡ 初めてバリを訪れたのは2017年で、私の長い人生の中でまだまだ最近のことですが、2週間程度の休暇の際に訪れました。 日本人に…

  • ツーリスト(観光)ビザ申請・取得方法【ネパール】

    神々しい山々に囲まれたヒマラヤ登山の玄関口。 北海道のわずか1.8倍ほどの国土でありながら、標高5,000mを越える高地から亜熱帯の低地まで、変化に富んだ自然の中に30以上の民族が暮らすネパール。 関連記事 カトマンズ旅行で訪れるべき8の場所【ネパール】 日本国籍保有者は、ネパールに入国する際に必ず観光ビザが必要となっています。 この記事では、ネパール入国時に必要な観光ビザの申請から取得までの方法を紹介したいと思います。 ツーリスト(観光)ビザ申請・取得方法【ネパール】 観光ビザ申請・取得:事前申請 日本国外で申請する場合 観光ビザ申請・取得:アライバルビザ ビザ延長について 最後に・・・ ツ…

  • 旅先で友達を作る4つの簡単な方法【一人旅】

    キューバ旅行を計画している際に、珍しく決して小さくはない不安を感じていました。 一人旅は慣れているし、元々自由気ままな単独行動を好む私にとって、一人で旅行は最高の贅沢なのです。 関連記事 一人旅で犯しがちな9つの失敗&回避方法【海外旅行】 初めての南米という事で、まずキューバの言語であるスペイン語は話せないし、中南米とはいえども南米の治安についてのネガティブな情報はいくつも持ち合わせている状況で、一度も訪れたことのない場所に女一人、本当に行って大丈夫なのだろうか?という思いが、出発を前にどんどん大きくなっていました。 一人旅で初めての行き先、皆さんはどのような感情が生まれるのでしょうか? 不安…

  • 一人旅初心者にお薦めの国7選【海外旅行】

    緊張と不安とワクワク感満載、初めての一人旅。 恐らく不安の方が大きいんじゃないかな…と思います。 そんな一人旅初心者の方に、初心者に易しい国をいくつかピックアップしてみました。 私自身、一人旅を始めて既に10年以上経っていて、今まで一人で30ヶ国以上を訪れています。 一人旅に慣れてしまうと、友達と行くより一人で行くほうが予定が立てやすいし、新しい出会いも生まれやすいしで、一人旅の方が満足感が高かったりします。 もちろん友達と行く旅行も楽しいですが。 ぜひ、初めての一人旅を計画にしている方は、ここで紹介する国を参考にしただけたら嬉しいです。 一人旅初心者にオススメの国7選 一人旅初心者にお薦めの…

  • Rottnest Express:クオッカの島「ロットネスト島」行きフェリー予約方法【オーストラリア】

    「地球上で最も幸せな動物(The happiest animal on Earth)」と言われているクオッカのいる島、ロットネスト島。 関連記事 地球上で最も幸せな動物「クオッカ」に会いに行こう!!【オーストラリア】 ロットネスト島には、西オーストラリアのパースを経由してフェリー「Rottnest Express」で向かいます。 この記事では、Rottnest Expressの予約方法を解説します。 ロットネストエクスプレス:Rottnest Express ロットネストエクスプレス:乗船場所 ロットネストエクスプレス:予約方法 最後に… ロットネストエクスプレス:Rottnest Expre…

  • 最低限の解決策:ネームタグに書くべきこと&避けるべきこと【ロストバゲージ】

    空港到着後、バゲージクレーム(手荷物引取所)で自分の荷物を待つ時間は、旅行のスタートの中でも少しドキドキする時間の1つではないですか? ロストバゲージに遭った経験のある方であれば尚更のこと、自分のスーツケースがベルトコンベア(carousel)になかなか姿を見せてくれないときの緊張感は何とも言いがたいものがありますよね。 ただ、現在では紛失したバッグの約97%が発見され、2日以内に所有者に返送されているとのデータもあるので、完全になくなってしまうことは稀ともいえます。 Check Lost luggage surprise: 97% of bags are found, returned wi…

  • 観光ビザ必須!ビザ取得について重要なこと【オーストラリア】

    ◆ATTENTION◆ オーストラリアに観光目的で入国する際に必要なETAS(電子渡航許可)の申請方法が変更され、現在は専用アプリ「AustralianETA」という英語対応のみのアプリから申請が必要となっており、この記事で解説しているETASの申請方法は停止されています。 AustralianETA Department of Home Affairs無料posted withアプリーチ 参照:ビザと国籍登録 ◆ATTENTION◆ 2023年5月8日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、オーストラリア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃とな…

  • イスタンブール観光:初めてのイスタンブールでオススメの4つの地区【トルコ】

    ◆ATTENTION◆ 2022年6月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、トルコ入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 初めてのイスタンブールを訪れる方向けに、この記事を書いています。 とても不思議な魅力をもったイスタンブールは、トルコ最大の都市であり旧市街にある歴史的建造物群は「イスタンブール歴史地域(Historic Areas of Istanbul)」としてユネスコ世界遺産にも登録されている素晴らしい都市です。 Check Historic Areas of Istanbul - UNESCO World Herit…

  • クアンシーの滝:大自然の中にある天然のプール【ラオス】

    ◆ATTENTION◆ 2022年12月23日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ラオス入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ラオスはルアンパバーン(Luang Phabang)の旅で必ず訪れてほしい場所の一つ、クアンシーの滝(Kuang Si Waterfall)。 ルアンパバーンの中心部から約30㎞の場所にある、メコン川(Mekong River)の支流となっているこの滝は、流れ落ちる水がとても綺麗なことで有名で、地元の人や観光客の間で人気のハイキングスポットとなっています。 日帰り旅行や半日旅行として非常に人気があり、特…

  • ルアンパバーンで托鉢体験【ラオス】

    ◆ATTENTION◆ 2022年12月23日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ラオス入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ラオスの朝は早い。 毎朝僧侶が町を練り歩く「托鉢」があるから。 この記事では、ラオスはルアンパバーン(Luang Phabang)で体験した托鉢について詳しくお話したいと思います。 ラオスでは、早朝5時半頃から鮮やかなオレンジ色の袈裟を纏った僧侶が、喜捨を求め長い行列をつくって歩いています。 これがラオスの一日の始まりの風景です。 旅行中、目覚まし時計をかけることを嫌う私ですが、ラオスにはとんでもない目…

  • 「エッフェル塔(La tour Eiffel)」観光:徹底ガイド【フランス】

    ◆ATTENTION◆ 2022年8月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、フランス入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年以降日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式…

  • 年越しカウントダウン:新年を迎えるのに最適な世界の場所13選【2023-2024】

    2023年、あなたにとってどんな一年でしたか? 日本も一気に脱コロナになった2023年、海外旅行にも自由にいけるようになり、多くの方が海外旅行を再開されたのではないでしょうか。 海外旅行再開の恩恵で、私のブログのアクセス数がかなりアップした一年でもありました(笑)ありがとうございます。 心配性の国民性も相まって?まだ世の中ではコロナワクチン、コロナの変異種などとまだ完全に脱コロナができてはないかもしれませんが、もうそろそろコロナを忘れて新年を迎える準備をしませんか? 新年といえば、全てのことをリセットできるときであり、過去を忘れるのではなく教訓にして新たな決意することのできる絶好の機会です。 …

  • ロコロトンド(Locorotondo):クリスマスシーズンに行きたい場所【イタリア】

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site そろそろ2023年クリスマスシーズンを迎えようとしていますが、クリスマスの計画は立ててい…

  • 北ヨーロッパ:オススメのクリスマスマーケット8選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね! 海外旅行も制限なく自由に行けるよ…

  • 南ヨーロッパ:お薦めのクリスマスマーケット5選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね! 海外旅行も制限なく自由に行けるよ…

  • 西ヨーロッパ(ドイツ):オススメのクリスマスマーケット9選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね! 海外旅行も制限なく自由に行けるよ…

  • 西ヨーロッパ:オススメのクリスマスマーケット10選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね! 海外旅行も制限なく自由に行けるよ…

  • 東ヨーロッパ:お薦めのクリスマスマーケット9選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパの冬といえば、クリスマスマーケットですよね! 海外旅行も制限なく自由に行けるよ…

  • カルボナーラ発祥のお店?「La Carbonara」:ローマでカルボナーラお薦めレストラン5選【イタリア】

    ◆ATTENTION◆ 2023年4月29日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、イタリア入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式…

  • モン・サン=ミシェル(Le Mont-Saint-Michel):ホテルは対岸派?島内派?宿泊体験記【フランス】

    ◆ATTENTION◆ 2022年8月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、フランス入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サ…

  • 比較的日本人観光客が少ないオススメのヨーロッパ7選

    ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サイト:ETIAS(エティアス)EU 申請ウェブサイト ETIAS application site ヨーロッパは、日本人の私たちにとって異国情緒あふれた魅力いっぱいの国がたくさんあります。…

  • ブダペスト:リスト・フェレンツ国際空港(Budapest Ferenc Liszt International Airport)【世界の空港情報】

    ◆ATTENTION◆ 2022年3月7日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ハンガリー国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2024年に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 公式サ…

  • マリーナベイサンズ:高さ200mのプールからの絶景を観よう【シンガポール】

    シンガポールのランドマークとして有名なマリーナベイ・サンズ。 シンガポールといえば、女子旅で人気の場所でもあり、このブログでも以前紹介させていただいたのですが、初心者の一人旅でも行きやすい国の一つです。 関連記事 一人旅初心者にオススメの国7選【海外】 治安も良く清潔感もあり、海外にいるのか日本のどこかの都市にいるのか…という感覚になります。 安心感はハンパない!! マーライオンに負けず劣らずシンガポールのランドマークとなったマリーナベイ・サンズは、ホテルやショッピングモール、美術館などが備わった総合施設で、中でも世界中の観光客をひきつけるのは、タワーの屋上にある全長150mにも及ぶ世界最大の…

  • カトマンズ旅行で訪れるべき8の場所【ネパール】

    ◆ATTENTION◆ COVID-19以降ネパール入国の際に提示の必要があった「アライバル・フォーム(ネパール入国者が事前にCovid-19 Crisis Management Centerのウェブサイトにアクセスし、フライトや滞在に関する情報を入力するもの)」について、2022年7月30日以降は不要となっています。 アライバル・フォームは不要となっていますが、ワクチン接種証明書の提示は引き続き必要です(ワクチン接種証明書が提示できない場合は、ネパールへの出発前72時間以降に取得した陰性証明書でも可)。 ネパールのほぼ中央に位置する首都「カトマンズ(काठमाडौं:Kathmandu)」は…

  • 「エッフェル塔(La tour Eiffel)」徹底ガイド:深夜1時の特別なライトアップを観るために【フランス】

    ◆ATTENTION◆ 2022年8月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、フランス入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2023年11月に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。 …

  • リスト・フェレンツ国際空港からブダペスト市内への行き方【ハンガリー】

    ◆ATTENTION◆ 2022年3月7日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ハンガリー入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2023年11月に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があります。…

  • あなたの人生、あと何年ありますか?【人生の時間割】

    自分の人生の時間を考えたことはありますか? 私は、80歳まで生きれるとしたら、あと何回誕生日を迎えられる…とか、旅行が好きで、死ぬまでにできる限り多くの世界を観てみたいと思っているので、年間何ヵ国行けば世界制覇できるんだろう…とか、大まかですが結構考える方です。 そんな人生の時間を深堀してみました。 人生の時間割 人生の時間割:睡眠 人生の時間割:食事 人生の時間割:トイレ 人生の時間割:仕事 人生の時間割:通勤時間 最後に…「あなたが自由に使える時間、あと何年ありますか?」 人生の時間割 人生が80年だとして、自由に使える時間を考えたことはありますか? 80年を「長い」と思うか「短い」と思う…

  • 人類の課題:「環境問題」を突きつけるオススメ映画9選

    私たちの暮らしが日々豊かになるにつれて、自然環境を無視した開発が行われたり、石油や石炭などの資源をたくさん使用するようになりました。 そのため自然の生態系が崩れ、世界各地で様々な環境問題が起きているのをご存知ですか? 地球温暖化や環境汚染が問題であることは、誰もが何となく心得ているのですが、自分たちへの影響がそこまでないと、なかなか自分事にはならない。 これは人間の残念な性なのでしょうか。 この記事では、もっと環境問題を身近に、そして真剣にとらえられるよう、環境問題に特化したお薦め映画を紹介します。 人類の課題:「環境問題」を突きつけるお薦め映画 「環境問題」を突きつけるお薦め映画:エリン・ブ…

  • 世界屈指の富裕国「ルクセンブルク」観光:旧市街を歩く【ルクセンブルク】

    ◆ATTENTION◆ 2022年10月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ルクセンブルク入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2023年11月に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があり…

  • ルクセンブルク・ドイツ・フランス国境を跨いで散歩【ルクセンブルク】

    ◆ATTENTION◆ 2022年10月1日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ルクセンブルク入国時の陰性証明書、ワクチン接種証明書の提示は不要、入国規制等も撤廃となっています。 ◆ATTENTION◆ EUでは、テロの脅威、観光客の増加、継続する地域への移民流入への対応として、ヨーロッパ旅行情報認証システム(ETIAS:事前渡航認証システム)を開始する予定で、欧州旅行情報認証制度、またはETIASビザ免除は、2023年11月に日本からヨーロッパへ旅行するための旅行要件となります。 日本国籍保持者がヨーロッパを旅行する場合、ETIASビザ免除をオンラインで申請する必要があり…

  • デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】

    ◆ATTENTION◆ 2022年6月15日以降、新型コロナウイルス関連の入国規制は解除されており、ジョージア入国時の陰性証明書・ワクチン接種証明書の提示は不要となっています。 どこにいても仕事ができるとしたら、あなたはどこを選択しますか? 2020年、COVID-19によって世界中が大きく変わりました。 人口の多い都市部で生活すること自体がリスクという見方も出てきた昨今、恐らく働き方を見直す方も多いのではないでしょうか。 世界の国々では、Cocid-19によってリモートワークが普及したことにより、住む場所に関する制約が薄れつつある今だからこそ、自分が理想とする住環境を国外に求める人も増えてく…

  • オーロラに包まれる宿泊体験:バブル(ドーム型)ホテル「THE 5 MILLION STAR HOTEL」【アイスランド】

    星空の下で眠ったり、ベッドに寝転んでオーロラを観たり、まるで夢のような世界を体験できるホテルが存在することをご存じですか? 多くの旅人のばけっどリストに入っているオーロラ鑑賞。 オーロラに出会うことができたら、外で凍えながら観ても寒さを忘れるくらい素晴らしいのですが、そんな光景をベッドから眺めることができるとしたら、一生忘れることのできない体験になること間違いなしです。 この記事では、そんな夢のような世界を体験できる、アイスランドにあるホテルを紹介したいと思います。 オーロラに包まれる宿泊体験【アイスランド】 オーロラに包まれる宿泊体験:バブル(ドーム型)ホテル「THE 5 MILLION S…

  • 冬に訪れるべき世界の場所6選

    もうすぐ北半球では春を迎えるわけですが、いかがお過ごしでしょうか。 寒い季節はなんだか室内にこもりがちで外に出ることが億劫に感じられる方も多いかと思いますが、冬だからこそ行きたくなる場所が世界には数多く存在します。 そんな冬にしか見られない美しい世界の場所を紹介したいと思います。 来年もしくは再来年、はたまた5年後10年後、未来の予定に入れてみてはいかがでしょうか。 冬に訪れるべき世界の場所6選 只見川:Tadamigawa バンフ国立公園:Banff National Park バイエルン:Bavaria ハルシュタット:Hallstatt センヤ島:Senja ブレッド湖:Lake Ble…

  • 地球上で最も幸せな動物「クオッカ」に会いに行こう!!【オーストラリア】

    クオッカに会いたい!! という方向けにブログを書いています。 「地球上で最も幸せな動物(The happiest animal on Earth)」と呼ばれ、その愛らしい外見から一躍人気者になったオーストラリアの有袋類動物の一種「クオッカ」。 初めてオーストラリアを訪れたときに、大きな自然の中でおおらかな人々が多く、自然と動物と人間が共存しているという印象を強く持ちました。 だから、地球上で最も幸せな動物がオーストラリアに存在すると聞いたとき、なんだか納得しました。 地球上で最も幸せな動物「クオッカ」に会いに行こう!! ロットネスト島:アクセス方法 パース:フェリー乗り場「Barrack St…

  • コアラ抱っこ体験記:パース(Perth)【オーストラリア】

    コアラを抱っこしたい!! そんな方向けに、私の体験記をお届けします。 日本ではなかなかお目にかかれないコアラ。 だから、「野生のコアラ」とか考えられないですよね。 そんな日本では希少なコアラを抱っこしたい方向けに、参考にしていただける記事になっています。 コアラ抱っこ体験記:オーストラリア 【体験記】パース(Perth)でコアラを抱っこ Cohunu Koala Park(コフヌ・コアラパーク):行き方 オーストラリア:コアラが抱っこできる16の動物園 コアラが抱っこできる動物園:クイーンズランド州(Queensland) コアラが抱っこできる動物園:南オーストラリア州(South Austr…

  • トレド観光:もしスペインに1日しかいられないのなら、迷わずトレドに行け!【スペイン】

    スペイン中部のカスティーリャ=ラ・マンチャ州(Castilla-La Mancha)にある、スペインの古都「トレド(Toledo)」は、1986年にサンタ・マリア・デ・トレド大聖堂(Catedral de Toledo)など旧市街全域が「古都トレド(Historic City of Toledo)」としてユネスコ世界遺産に登録され、「もしスペインに1日しかいられないのなら、迷わずトレドに行け!」などと言われるほど魅力にあふれた有名な町です。 関連記事 Historic City of Toledo - UNESCO World Heritage Centre トレドは、首都マドリードから南に約…

  • 日本人が知らないバルセロナで№1の絶景:カルメル要塞(Bunkers del Carmel)【スペイン】

    スペイン、バルセロナといえば「サグラダ・ファミリア(Sagrada Família)」を筆頭に、アントニ・ガウディ(Antoni Gaudí)の作品が数多く観られる世界でも屈指の観光地です。 サグラダ・ファミリアを聞いたことはないなんて方でも、写真を見れば見たことある!となるはずの歴史的建築物ですよね。 View this post on Instagram A post shared by 🅜🅘🅚🅐 🌎 🅃🅁🄰🅅🄴🄻🄴🅁 (@beautyaroma217) その他にも「カサ・ミラ(Casa Milà)」や「カサ・バトリョ(Casa Batlló)」など、有名なガウディ作品の建築物が多数あるの…

  • パリから「モン・サン=ミシェル」への行き方全7通り徹底ガイド【フランス】

    フランス西海岸のサン・マロ湾(Saint-Malo)に浮かぶ「モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)」は、1979年に「モン・サン=ミシェルとその湾(Mont Saint-Michel and its Bay)」として世界遺産に登録されたフランスを代表する観光地です。 Check Mont-Saint-Michel and its Bay - UNESCO World Heritage Centre 「西洋の驚異」や「海上のピラミッド」と称される孤高の寺院モン・サン=ミシェルは、16世紀に完成したフランスの中でも最も有名な巡礼地です。 1979年に世界遺産に登録されたこの場…

  • モンセラット(Montserrat):バルセロナから日帰り観光できる人気のパワースポット【スペイン】

    スペインはカタルーニャ州バルセロナから北西へ約50kmほど離れた長閑な田園風景の中に、灰白色の岩山が聳え立っています。 その岩山の名前は「モンセラット(モンセラート:Montserrat)」。 モンセラットは、カタルーニャで最も代表的な山であり、その奇岩といわれる形も相まって、カタルーニャのシンボルの一つになっていて、年間200万人以上の観光客が訪れています。 奇岩ともいわれる珍しい山の形状から、カタルーニャ語で「のこぎり山」という意味があり、あの「サグラダ・ファミリア(Templo Expiatorio de la Sagrada Familia)」で有名な建築家「アントニ・ガウディ(Ant…

  • すっかり秋になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

    お久しぶりです。 すっかり秋になりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 今年の5月30日を最後にブログの更新&PDCA(巷ではもう古いなんて言われていたり…)を怠っていたこのブログですが・・・ 今年の6月には、新居への引越しがあったり、引越しがあったり、引越しがあったり…って引越以外特別変わったことは何もないんですが、少しブログから遠のいていました。 コロナで日本に隔離状態が続く中で、私の中で心境の変化もあり、まずはこの場所に居心地のいい場所を作ろうと、コロナ前だったら旅費に当てていた資金を引越に使ってみました。 予想以上に出費が嵩み旅費はすっからかん状態です(笑) お部屋の決め手は、私の大好…

  • まさに自然の神秘!!光るキノコ見たことありますか?ホタルが見れるオプション付き【高知県】

    「光るキノコ」があると知って、高知県越知町にある横倉山に行ってきました。 そもそも光るキノコの存在を知っていますか? 私は知らなかったのですが、「日本の神秘的な〇〇10選」のような特集で知り、好奇心をかなり刺激されたのです。 この記事では、横倉山にある「光るキノコ」の全貌を解説したいと思います。 まさに自然の神秘!!光るキノコ見たことありますか?ホタルが見れるオプション付き 光るキノコ(高知県)観賞:時期 光るキノコ(高知県)観賞:横倉山 横倉山:行き方 高知市内観光 高知市内観光:ホテル 最後に… まさに自然の神秘!!光るキノコ見たことありますか?ホタルが見れるオプション付き 光るキノコの名…

  • 世界一退屈な都市?トランスファーの空き時間で「ドーハ」観光9選【カタール】

    「世界一退屈な都市」と言われる、カタールの首都「ドーハ(الدوحة:Doha)」を目的地として選択する日本人は、どのくらいいるのでしょうか。 恐らくカタール航空でヨーロッパに向かう途中のトランスファーのみでスルーする方が多いかと思います。 この記事を書いている私自身も、ヨーロッパに向かうトランスファーで何度もスルーしてきたタイプです。 これは、ドーハをスルーし続けた私が、カタールに降り立ちドーハを散策した際の記録であり、カタールの魅力をお伝えする記事になっています。 ドーハでストップオーバーするのは…という方向けに、トランスファーの空き時間でも観光できる場所をいくつかピックアップしてみました…

  • ToDoリスト:初めての海外移住で必要な準備【ノマドライフ】

    COVID-19の流行によって、世界中で普及したリモートワークが進化して、働き方、居住地などの新たな選択肢が生まれつつあります。 脱オフィス化が進むIT業界では、日本企業も例外ではなく、オフィスを半減させる企業も出てきています。 リモートワークでも働ける人が増えた昨今、東京圏在住者の49.8%の人が地方暮らしに関心を持っているそうです。 これも、リモートワークが当たり前の時代になれば、全く非現実的なことではありません。 もちろんリモートワークであれば、日本国内に留まらず世界中に居住地を求めることも可能です。 関連記事 デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【ジョージア】 デジ…

  • 【VIO脱毛】ほぼ完了しての感想…「結論:やるべき」経験談から不安を解消します!

    VIO脱毛…興味あるんだけど、恥ずかしいし痛そう。 そんな不安を私の経験から感想と共に解消していきます。 本記事の内容 ✔ VIO脱毛の体験談 ✔ 脱毛方法 ✔ 人気サロン紹介 最近では、かなり一般的になってきたVIO脱毛ですが、やはりやる前には様々な不安が付きまとう部位だと思います。 この記事では、VIO脱毛をやるかやらないか迷っている方向けに、既にVIO脱毛10回の施術が終了していて、もう行かなくてもいいかな…と思っている私の経験談をお話ししたいと思います。 【VIO脱毛】ほぼ完了しての感想…「結論:やるべき」経験談から不安を解消します! VIO脱毛:施術10回の体験談 VIO施術10回体…

  • 厳しいと噂のイギリス入国審査:その前に目的地とは違う飛行機に搭乗してしまう…なんてオプション付きの話【イングランド】

    H~~~~i!! Hi… How are you?! ( ゚Д゚)…Good(何このテンション?) Sightseeing? ( ゚Д゚)…Yes Welco~~~~me♪♪ ( ゚Д゚)…oh, okay? Yup!! So, Where ○ △ ☆ ♯♭ ● □ ▲ ★? 旅人の間では超厳しいと有名なロンドンで入国に必要だった会話… 「観光?」「はい」だけでした。 私は意図も簡単にイングランド入国を果たしたわけです。 ロンドンに行くなら「ロンドン・ヒースロー空港」ではなく「ロンドン・シティ空港」を選べばかなり時短!! 頻繁に旅行をされる方、ヨーロッパ方面が好きな方、その多くの方がご存知かと…

  • デジタルノマドビザ:余暇を楽しみながら働くワーケーション【エストニア】

    どこにいても仕事ができるとしたら、あなたはどこを選択しますか? こんな質問を受けたとしたら、何と答えるでしょうか。 今日、世界ではリゾート地に滞在しながらリモートワークをする外国人客の誘致を進める国や地域が相次いでいます。 その最たる業界といえばIT業界であり、「どこに住むかは社員の自由」という日本企業さえも出てきました。 そのきっかけといえば、やはり2020年のCOVID-19であり、人間生活全てに大きな影響を与えたのは言うまでもありません。 COVID-19によって、世界は大きく変わり、人口の多い都市部で生活すること自体がリスクという見方も出てきた昨今、働き方の見直しが一斉に行われています…

  • RIMOWA修理費用:思ってるほど高くない【リモワクライアントサービス】

    リモワのスーツケースが壊れた。どうすればいいの?修理高いのかな? そんな方の疑問にお答えします。 いつも一人旅の私にとって、一番のたびの友といえばスーツケースです。 旅好きの方であれば、スーツケースにこだわりがある方も多いのではないかと思います。 私は定番ですが、もう10年以上リモワを愛用しています。 リモワの中でもやはり、ド定番の「RIMOWA TOPAS(現:ORIGINAL)」が好きで、7~8年前に店頭でTOPASのシャンパンゴールドに一目惚れ。 ちょうどその前後辺りに、海外便の受託手荷物のサイズが変更になった時期で、タイミングも良く受託可能なギリギリのサイズ82Lを購入しました。 そん…

  • 要注意「FLiX BUS」:予約した夜行バスが来なくて危く野宿コース【イングランド】

    例えば台風や地震、何かしらの天変地異があったときに、公共交通機関が麻痺して運休になることは世界中で日々起こっています。 私たちの住むここ日本も、台風に地震と自然災害の多い国ですから、災害後の交通機関が運休になることは多々起こり得ることで、そのような場合の予定変更への免疫はそれなりにあるわけです。 あと、日本では少ないけれど、ヨーロッパではよく聞くストライキ。 ただ、ストライキの場合、前日などに何かしらのお知らせがありますよね。 このお話は…「さすがヨーロッパ」と言うべきなのか… ロンドンからブリュッセルに行く夜行バスをFLiX BUSで予約した結果、理由も分からぬままバスが来ませんでした。 要…

  • 超初心者向け:目次の作成方法と簡単カスタマイズ4種類【はてなブログ】

    はてなブログ初心者あるある。 はてなブログって記事作成中に色んなカスタマイズが簡単にできる機能がたくさんあるみたいなんだけど、使い方が分からない。 これが始めた当初の私でした。 目次1つ作れない…みたいな。 この記事では、はてなブログを継続する過程で覚えた目次の作成から、初心者でも簡単にできる、ちょっとしたカスタマイズの方法を分かりやすく解説したいと思います。 この記事が「週間はてなブログ」に掲載されました!! 超初心者向け:目次の作成方法と簡単カスタマイズ4種類 目次:基本 目次:作成方法 目次:カスタマイズ 目次カスタマイズ:背景色 目次カスタマイズ:タイトル 目次カスタマイズ:目次の枠 …

  • 超初心者向け:SEOで重要なドメインパワーの調べ方

    ブログのアクセス数を増やすには検索上位を狙わないといけないらしい…検索上位を狙うにはSEO対策が重要らしい…そのSEO対策には「ドメインパワー」も関係するらしい…そもそもドメインパワーってどこで調べるの? 私同様、右も左も分からずにブログ運営を始めて、何となくここまでたどり着いた方に向けた内容になっています。 SEO対策について、様々な記事を読んでいるんだけど、理解できているのかできていないのか曖昧な状況… 関連記事 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅱ【SEO対策】(実体験&再現性超あり) それでも「ドメインパワー」というものの存在を知ると、自分の現在のドメインパ…

  • 最新版:にほんブログ村に登録してアクセスアップ【はてなブログ】

    ブログ初心者が、アクセスアップを狙う上でランキングサイトに登録することが推奨されているんだけど、どうすればいいの?そもそもランキングサイトの実態は? このような疑問にお答えします。 本記事の内容 ✔ ランキングサイトについて ✔ 登録方法 ✔ 使用方法 ✔ 登録後の効果 ブログ開設初期のアクセスアップには、ランキングサイトが一番効果を得やすいと思いますし、特に知識やスキルも要らないので、ぜひランキングサイトに登録してみてはいかがでしょうか。 にほんブログ村に登録して数年となり、ブログ開設当初のアクセスアップは実感があったものの、正直その後いまいち効果を感じられずに放置していました。 最近ランキ…

  • 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅰ【準備】(実体験&再現性超あり)

    こんにちは。 この記事が日の目を見たということは、私がこの記事通りにブログを書き、私が行っているアクセスアップ対策に何かしらの結果が出た実体験ということになりますので、アクセスアップ対策を日々試行錯誤されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。 瞬間的なアクセスアップではなく、検索エンジン(GoogleやYahoo等からの検索・閲覧)から長期的かつ継続的に得られるアクセスを増やすための方法になります。 ブログを始めて「SEO」だとか、「検索エンジン」だとか、多くの専門用語を目にしていると思います。 ネットを徘徊していると、「知識0、スキル0でもできるアクセスアップ方法」なるブログ運営のノウハ…

  • 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅱ【SEO対策】(実体験&再現性超あり)

    こんにちは。 前回の「初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅰ【準備】(実体験&再現性超あり)」に続き、この記事では実践編を解説していきたいと思います。 前回の記事で、準備として「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」を導入することはできたと思いいます。 なお、この記事は前回の記事「初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅰ【準備】(実体験&再現性超あり)」の続編であり、検証記事「最新版:にほんブログ村に登録してアクセスアップ【はてなブログ】」で解説していきますので、前回の記事を読まれてない方は、ぜひ前回の記事から目を通して…

  • 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅲ【マインドマップ&記事作成】(実体験&再現性超あり)

    こんにちは。 3回に分けて書いてきた「初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策」シリーズですが、この記事で一旦最終回となります。 前回までのあらすじは、まず検索エンジンからのアクセスアップを目指すための準備、「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」の登録をすることをお伝えしました。 関連記事 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅰ【準備】(実体験&再現性超あり) その後、SEO対策を学び、検索エンジンで上位表示されている記事の分析をしました。 関連記事 初心者限定:正真正銘全て0から始めるブログのアクセスアップ対策Ⅱ【SE…

  • モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)の全て:観光徹底ガイド【フランス】

    フランス西海岸のサン・マロ湾に浮かぶ約9700㎡ほどの小島「モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)」は1979年に世界遺産に登録されたフランスを代表する観光地です。 フランス旅行を計画するほとんどの方が、目的地として計画の中に入れるのではないでうか。 モン・サン=ミシェルはパリから約350kmほど離れており少し遠いのですが、時間のない方は日帰りでも観光ができる場所となっています。 日帰りにするか一泊にするか…時間のない日本人にとっては迷うところですよね。 そんな方に向けて、モン・サン=ミシェルの見どころなど全て記事に書いていますので、ご自身にあった観光の計画を立ててみてくだ…

  • 未経験で始める投資信託の積立運用:書籍「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」を実践

    幸か不幸か世界でもトップクラスの先進国に生まれた私たち。 私も漏れなくその中の一人なんですが、どうもしっくり来ない。 生活に不満があるわけでもなく、日々何かに怯えて生きる必要もなく、今日明日のご飯に困ることもない。だけど将来への不安が絶えず押し寄せて消えることはない。 そんな緊急ではないけど漠然とした不安を抱えて生きる現代の私たちに有益な書籍の紹介をします。 昔からそんなに多くを望むタイプではなかったし、大金持ちになりたい!なんて夢を見る事もなく結構流れに任せて生きてきたんだけど、 やりたくない事だけは明確で、いかに自分の人生に無駄だと思うことを避けて生きるかを常に考えて模索して、結構いつも短…

  • プランバナン寺院群:死ぬまでに観るべき絶景「ボロブドゥール遺跡」と併せて行きたい場所【インドネシア】

    以前、死ぬまでに観るべき絶景として、インドネシアはジョグジャカルタにある「ボロブドゥール遺跡」を紹介しました。 関連記事 死ぬまでに観るべき絶景:ボロブドゥール遺跡のサンライズツアーの全て【インドネシア】 ボロブドゥール遺跡に行くのであれば、ジョグジャカルタには他にも必ず訪れて欲しい場所があります。 それは「プランバナン寺院群」です。 この記事では、プランバナン寺院群の紹介をしたいと思います。 プランバナン寺院群(Candi Prambanan) プランバナン寺院:行き方 ジョグジャカルタ観光 ジョグジャカルタ観光:クラトン(Keraton Ngayogyakarta Hadiningrat)…

  • 両替詐欺:バリの中心で詐欺師と戦う【インドネシア】

    皆様、旅先での両替ってどうしていますか?旅慣れた方であれば、ATMから引き出す方が多いのでしょうか… 私は一応クレジットカードも国際キャッシュカードも持っていく派なんですが、両替は基本的にキャッシュで行います。 理由は、ATMにクレジットカードが吸い込まれるトラブルに巻き込まれたくないからです。 勝手の分からない海外では極力トラブルに巻き込まれないよう対策をしますよね。 現金を盗られても、腹は立てど事後処理が必要ないけど、クレジットカードのトラブルって後々やる事がありますよね。 そういう煩わしいことが苦手なんです。 そんなトラブルに対して人一倍対策を練っているつもりの私ですが、実はゆるゆるな面…

  • 死ぬまでに観るべき絶景:ボロブドゥール遺跡を訪れる【インドネシア】

    死ぬまでに絶対行きたい場所ってありますか? 旅人であれば、1つと言わずいくつも行きたい場所のリストがありますよね。 もし、まだインドネシアはジャワ島にあるユネスコ世界遺産に登録されている「ボロブドゥール 寺院遺跡群(Kompleks Candi Borobudur)」に行った事がないという方は、早速訪れる準備を始めてください。 関連記事 Borobudur Temple Compounds - UNESCO World Heritage Centre この記事では、アメリカCNNで「地球がどれほど素晴らしいかを思い出す27のスポット」として選ばれたボロブドゥール遺跡の全てを経験談をまじえながら…

  • 旅好き女子オススメ:旅を記憶・記録してくれる厳選アプリ3選

    人それぞれ旅の仕方って違うし、好みの旅スタイルも十人十色。 一つの国をじっくり周りたい人、 短期間で良いとこ取りの旅をしたい人。 私はどちらのスタイルも好きで、 例えば2週間でヨーロッパ5カ国周ってきたばかりだし、 数ヶ月間アジアのリゾート地なんかでのんびり過ごしたりもする。 30歳になったときふと思ったことがあって、 私の人生が80歳までだとしたら、あと残り50年。 世界には200カ国くらいあるから、全部に行こうと思ったら… 少なくとも年間4カ国は制覇していかないと、 全世界を見ることは出来ない。とか途方もない事を思ったの(笑) もちろん50年間健康であることが前提で。 ちなみに今のところ、…

  • 初心者が思う英語が話せないから海外に行けないという残念な思い込み

    英語話せないけど大丈夫かな… 初めて一人旅を計画したときに一番心配になったこと。 そんな海外旅行初心者が不安に思う「英語が話せないけど大丈夫かな…」という発想がいかに無意味でくだらないことなのか、英語が全く分からないまま世界各地を一人で旅した私が解消します。 そして英語が話せなくても充分に海外旅行が楽しめるということを解説したいと思います。 99.99%勇気を与える自信があります。 ちなみに海外旅行初心者だった頃の私の語学力を披露しておきます。 これはもう15年ほど前になるのですが、ラスベガスに友達と訪れた際に、カフェでとある欧米人のおじさんに「How are you?」と声をかけられました。…

  • 注意喚起:平和ボケしている私が中南米なんか行くとiPhone盗られるのです【キューバ】

    What time? って聞かれた時、腕時計をしてなかったら? 何を確認しますか? 携帯確認しません?(笑) まぁ、人によると思うのですが… 大きな声では言えないけど、 私はあっさりこの手口でiPhoneを盗られたのさ@キューバ 海外には行き慣れている方ではあるけど、 初めてのキューバ、初めての中南米、 警戒心はアジアやヨーロッパ、北米に行くときよりもあったはず。 人通りのある場所だったし、 周りに人がいる状況で時間を聞かれて携帯盗られるなんて思いますか? あ、思いますよね・・・ 私は思わなかったんだなぁ…恐らく。 スリ対策として、カバンは前で抱え、お金はお腹にくっつけて、 iPhoneはカバ…

  • フランス国鉄SNCF:「TGV(高速鉄道)」の予約方法【ヨーロッパ】

    ヨーロッパの鉄道やバスなど交通機関の予約を日本語でできるサイトはいくつもあるんですが、正規料金に手数料上乗せがほとんどで、結構その手数料が高かったりするんですよね。 だから私は極力正規料金で購入できる公式サイトから予約するようにしているんですが、やはり日本語じゃないと色々と不安な部分もあります。 この記事では、フランス国鉄が運行する高速列車:TGVの公式サイトからの予約方法を小学生でも理解できるように解説をしていきます。 フランス国鉄の予約はPCとアプリから予約が可能で、日本出発前に予約するのであればPCからでも予約できるのですが、旅先で急遽移動をしたくなったときや、チケット情報を確認したくな…

  • 超初心者向け:お問い合わせフォーム簡単作成方法【はてなブログ】

    本来なら旅ブログを作成しているはずの私ですが、コロナさんのお陰で旅へのモチベーションが全く上がらず、ブログの攻略ばかりしております... 7月頃までは何とかして日本を脱出する方法や快適に過ごせる国はないかとか色々としてたんですが、調べれば調べるほど絶望的になり挙句旅へのモチベーションも下がり、パスポートが今年の11月に切れるというのに更新さえもしておりません。 そんな私ですが、色々な方のブログを読み漁っていると、まぁ知らない事が多い多い(笑) 旅ブログを作成していく上で、読者さんから私が訪れた国についての質問なんかに答えられたら嬉しいな…なんて妄想だけはしっかりしてたんですが、お問い合わせフォ…

  • 超初心者向け:プライバシーポリシー簡単作成方法【はてなブログ】

    アナログでありながらブログを一つずつ一つずつ自分のものにするため日々奮闘している今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 そんな私から唐突な質問失礼します。。。 ブログにプライバシーポリシーとやらを設置ってされていますか? このサイトで現状収益に繋がる記事もないような状況で果たしてプライバシーポリシーが必要なのかとさえ思いますが(笑) ・プライバシーポリシーを設定してない ・プライバシーポリシーなんてそんなもの書き方が分からないよ ・アドセンス申請してみようかな なんて方向けに、今日プライバシーポリシーを設置したばかりのアナログ人間が、色々調べた結果プライバシーポリシーの必要性を噛み砕いた…

  • 他人に迷惑をかけてはいけない日本で「相談して!」は何の役にも立たない

    突然ですが…日本での年間自殺者数ってご存知ですか? 日本における年間自殺者数は、2003年の34,427人をピークに年々減りつつありますが、依然20,000人を超える方々が毎年自ら命を絶っています。 日本での交通事故死亡者数が毎年3,000~4,000人前後なので、約6~7倍の人が自殺を選んでいるのです。 他人に迷惑をかけてはいけない日本で「相談して!」は何の役にも立たない いつも自殺のニュースを見て思うことがある。 逃げ道はなかったのかな? 身近な誰かが亡くなったとき、必ず周りの人が言う。 なんで相談してくれなかったんだろう。相談してくれれば… 身近な誰かが人生を踏み外したとき、必ず周りの人…

  • 死ぬまでに観るべき絶景:ボロブドゥール遺跡のサンライズツアーの全て【インドネシア】

    死ぬまでに絶対行きたい場所ってありますか? 恐らく旅好きの人なら、一つ二つは必ずあると思います。 今回は旅のプロが選んだ死ぬまでに絶対行きたい世界遺産100選に選ばれた、 インドネシアにあるボロブドゥール遺跡について行き方、お勧めの過ごし方、訪れた感想など書きたいと思います。 (1)ボロブドゥール遺跡って? (2)ボロブドゥール遺跡のおススメ (3)ボロブドゥールへの行き方 (4)入場料は? (5)時間に余裕があれば… (1)ボロブドゥール遺跡って? インドネシアの中部ジャワにあるジョグジャカルタという都市にあって、 ジョグジャカルタ市街地からは車で1時間半ほどの所にある、 世界最大級の仏教寺…

  • 超初心者向け:Googleアナリティクス簡単導入方法・基礎の基礎【はてなブログ】

    ブログを始めたときに、アクセスアップさせるには「Googleアナリティクス(以下:アナリティクス)」と「Googleサーチコンソール(以下:サーチコンソール)」を登録すべきとの記事があり登録してからはや2年ほど経ちました。 当初は本当に意味不明なままでの登録で、活用もほとんど出来てない状態でしたが、初心者でも導入して現状問題なく使用できている現状を踏まえて超初心者向けに、とりあえず手順道理に登録すれば登録完了、いつでも分析できる状態にしておけるよう解説したいと思います。 本記事の内容 ◆ Googleアナリティクスとは? ◆ Googleアナリティクスの導入 ◆ Googleアナリティクスの初…

  • ワクチン(ファイザー)2回接種完了:副反応体験しました【COVID-19】

    こんばんは。 先日のワクチン接種1回目に続き、2回目接種が完了したので備忘録として残しています。 関連記事 ワクチン(ファイザー)1回目接種しました【COVID-19】 COVID-19 Vaccinated 一昨日、コロナウイルスワクチン2回目の接種が終わりました。 前回1回目の接種時は、全く副反応らしきものは見られなかったのですが、2回目は副反応が出る確率が高いと言われている通り、バッチリ副反応に苦しみました。 とは言っても、そこまで酷くはないのかも… それほど風邪を滅多に引かない私にとって、発熱自体がもう何年ぶり?何十年?という感じで、熱に対する免疫がないのです。 という事で、「なりきり…

  • 将来地図から消えてしまうかもしれない世界の10の場所

    旅行好きあるある…死ぬまでに見れるだけ絶景を見たい!行けるだけ知らない世界に行きたい。 そんな衝動をなかなか抑えるのは難しい事ですが、一旅行者として少し立ち止まって目を向けて欲しい現実があるので、この記事を書きました。 世界中の誰もが旅行リストに入れるような人気観光地ですが、将来的に消滅の危機がある場所が世界にはいくつもあります。 そんな消滅の危機にある場所をいくつかピックアップしてみました。 ⒈ 万里の長城:The Great Wall(中国) ⒉ タージ・マハル:The Taj Mahal(インド) ⒊ モルディブ:The Maldives ⒋ グレートバリアリーフ:The Great B…

  • パンプローナ:サン・フェルミン祭「牛追い祭り」への行き方【スペイン】

    スペインの牛追い祭りで知られている「サン・フェルミン祭」が開催されるパンプローナは、スペインの首都マドリードから約450km、フランスとの国境から約100kmの場所にあります。 関連記事 サン・フェルミン祭(Fiesta de San Fermín):パンプローナで牛追い祭り【スペイン】 マドリードやバルセロナからは一見遠く感じる場所ですが、とてもアクセスのしやすい場所なので、ヨーロッパ各国から簡単に訪れることができます。 この記事では、パンプローナまでの行き方を解説したいと思います。 パンプローナ:サン・フェルミン祭「牛追い祭り」への行き方【スペイン】 サン・フェルミン祭(Fiestas d…

  • スペイン国鉄:レンフェ(Renfe)の予約方法【ヨーロッパ】

    ヨーロッパの鉄道やバスなど交通機関の予約を日本語でできるサイトはいくつかあるんですが、正規料金に手数料が上乗せで、結構その手数料が高かったりします。 そのため、私は極力正規料金で購入できる公式サイトから予約するのですが、やはり日本語じゃないと色々と不安になったりしますよね。 この記事では、スペイン国鉄が運行するレンフェ:Renfeの公式サイトからの予約を簡単にできるように解説をしていきます。 ヨーロッパの交通機関は日本とは比べ物にならないほど安く、物価の高いヨーロッパですが、移動費はそれほどかからず周遊がしやすいです。 その中でも一番安い交通機関はバスになっており、ヨーロッパのバスといえばFl…

  • 観光・ビジネス:ビザ取得5つの方法徹底解説【カンボジア】

    アンコールワットで有名なカンボジア。 入国時のビザ免除国が多い日本国籍保持者にとって数少ないビザ必須国の一つです。 外交・公用パスポート保持者以外の一般旅券であれば、短期の旅行であっても必ずビザの取得が必要となります。 この記事では、カンボジア入国の際に必要なビザ取得方法を詳しく解説します。 観光・ビジネス:ビザ取得5つの方法徹底解説【カンボジア】 カンボジア:ビザ ツーリストビザ&ビジネスビザ ビザ:取得方法 アライバルビザ カンボジア国境取得:陸路で入国の方 カンボジアオンラインビザ:E-visa 在日カンボジア大使館・領事館で取得 在日本カンボジア王国大使館 在札幌カンボジア王国名誉領事…

  • ワクチン(ファイザー)1回目接種しました【COVID-19】

    こんばんは。 珍しく今日は、備忘録で簡単な日記を書いています。 COVID-19 Vaccinated 昨日、晴れて新型コロナウイルスワクチンの1回目接種が完了しました。 自治体によって、接種までの流れや方法が違うと思いますが、私は病院での個別接種で、ワクチンの種類はファイザーを接種しました。 都会では若い方々の接種ができないとの事で、かなり大変なようですが、ここは日時や場所などの希望を言わなければ、今のところ打てない…という状況ではありません。 ワクチン接種が4月に始まって早5ヶ月近くになろうとしていますが、流石に病院も慣れたもので、いい意味で流れ作業と化している感じで全てがスムーズ。 ただ…

  • カミーノ(Camino)Day3:「ZUBIRI~PAMPLONA」サンティアゴ巡礼【スペイン】

    Welcome to Camino! ようこそサンティアゴ巡礼へ。 この10数年で、カミーノは世界で最も人気のあるキリスト教巡礼路としての地位を確立しました。 このサンティアゴ巡礼は10世紀以上にわたって信仰目的で巡礼をする方、観光目的で巡礼をする方など、多くの人々の人生に影響を与えてきました。 そして、1987年に「欧州議会による文化の道(Cultural Routes of the Council of Europe)」に選ばれ、1993年にはユネスコ世界遺産に登録されました。 関連記事:Routes of Santiago de Compostela: Camino Francés an…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Beauty Aromaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Beauty Aromaさん
ブログタイトル
日常と非日常の間
フォロー
日常と非日常の間

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用
日常と非日常の間

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

日常と非日常の間

 一人旅をこよなく愛する30代女性の旅日記ヾ(▽⌒*)

フォロー