chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
宇宙英雄ローダン・シリーズあらすじ紹介(2600話から) https://rhodan2600.fc2.net/

ペリー・ローダン シリーズを2600話から紹介していきます。当初は毎月1話ずつでしたが、現在は毎週日曜日に1話ずつ紹介しています。また、適宜その他の関連記事も紹介していまっす。 よろしくお願いします。

ローダン2600
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/09/15

1件〜100件

  • 第2662話「カオウエンの決定」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ラモズ、ローダンらが、2648話「艦隊の魂」で、アノーマリーの中に多数の艦隊を見つけたところから続きます。 アペラスコッカイア・ドックが破壊され、キン・シが行方不明...

  • 第2661話「アナリー」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ペリー・ローダンが星の宝石に触れる。その結果、彼の頭の中には、プロト・エンソネンのアナリーのライフストーリーが投影される。NGZ1469年11月18日午前0時から11月19日午...

  • ハーフチェンジャー(異星人)

    ハーフチェンジャーは、ポリポートシステムのオペレーターを務めていた。それを他の種族が利用できるようにし、銀河間距離を問題なく移動できるようになった。ハーフチェンジャーは非常に平和を愛している。したがって、彼らは攻撃的な武器を使用しない。彼らの惑星の唯一の防御は、その座標の秘密と比較的弱い保護シールドだけである。...

  • 第2660話「飛び跳ねる星」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2648話で、ラモズがアノーマリー内部の艦隊をコントロールすることに成功した話の続きです。  ラモズは、過去の記憶に圧倒されている。彼はそれをモンドラ・ダイアモンド...

  • 第2659話「トゥフェック」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 本話は、トゥフェックと星屑同盟の話です。  キリスト誕生の500年以上前、バビロニアの執政官ベルシャザールの時代、ネフド砂漠の端にあるオアシスの町ティアマトは、盗賊...

  • 第2658話「政庁の時間」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 デロリアン・ローダンは太陽系の包括的な保護を約束したが、早くてもNGZ1469年11月28日だった。チョソムが要請した援軍が早く到着すれば、冬の沈黙の秘密指令で動けなくなっ...

  • 第2657話「秘密指令・冬の沈黙」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2634話「テラの新しい主人」,2644話「テラニアのゲリラ」で、ブルが自らの死を偽装し、太陽系がファゲシーとセイポラナーに占領されたとこらから続きます。  主な登場人物...

  • 第2656話「ファインマン・コマンド」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2647話で、宇宙船トルバが砦に入場しようとし、レジナルド・ブルが入場許可を出したところでした。  NGZ1469年11月22日、宇宙船トルバが砦に停泊する。レジナルド・ブルは...

  • ユニター(異星人)

    ユニターの外見は不器用に見える。なめらかで非常に丈夫な肌は薄茶色。半円形の頭は、首がなく肩に直接座っており、ほとんど動かせない。目は非常に大きい。2本の太いずんぐりした腕は4本の指の親指のない手で終わっている。両足は円柱状。長さ1メートル・腕の太さのトランクは、ユニターの多機能器官である。それは、呼吸のためだけでなく、追加の触覚および把持ツールとしても機能する。...

  • ガラボ

    2人で行うアルコンの戦力ゲーム。戦略的推論を学ぶための最良の方法。テラのチェスもガラボに基づいており、アトランによって広められた可能性がある。...

  • 第2655話「ガラボがフェヌベを打ち負かす」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 捕まる前、トルマナック・ダ・ホザリウスは救難信号を出すことができ、グレスドゥールが彼を救い出した。マポック・ダ・アッカトに何が起こったかを伝えると、彼は応援を約...

  • 第2654話「時代の兆候」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 主な組織、人の名前  センテンツァ ; アルコンの組織。  トルマナック・ダ・ホザリウス ;アルコン人。  アクタクル ; アルコン人。惑星ウレンゴルに領地を持つ主...

  • 第2653話「アルコンの陰謀」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 主な組織、人の名前  トルマナック・ダ・ホザリウス ;アルコン人。  クララセン ;テラの組織のようである。  クレゴン ;トルマナックの教育を行う。本名はシャ...

  • 第2652話「バジス救出(真の思考の夢)」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 主な登場人物・団体 ボスティク ;アルコンの皇帝 アネラグ ;ボスティクの甥 トルマナック・ダ・ホザリウス ;アルコン皇帝の顧問 ナート・グレスドゥール ;トルマ...

  • エンソネン(異星人)

    エンソネンは大きな黒い目をしています。昔のアラスカ・シェーデレーアはよく覚えていますが、そのの肌は真っ白で、髪は肩の長さで漆黒です。非常に長寿で、平均寿命は数千年です。エンソネンの歴史についてはほとんど知られていません。彼女らは超越知性体アンの「光」の補助種族として、重要な地位を占めていました。彼女らは、アン・アーホーフェンの銀河に住んでいました。最初の25世紀、ヴァリアーのように、彼女らは「光」の...

  • 第2651話「バジス救出!」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ニモ・パルティジャンは、サンブリ・ユラの遺体が遺伝的に不安定であることを発見する。それはおそらく、本物のエンソネンではなく、レプリカだったのだろう。旧バジスの超...

  • 第2650話「ファーネス回路」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 様々な困難を乗り越えてアノーマリーを去った「ミクル・ジョン」とエネルハールの「光の細胞」は、再びバジスの場所へと飛んでいく。遠方の古い宇宙船は、大きさの異なる2つ...

  • 第2649話「バジスのビルダー」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2631話で、カオウエンがキン・シに召喚された話の続きです。  キン・シは失敗を罰するためにカオウエンを殺す。プロテクターの精神が新しいクローンの体を与えられる前に...

  • オラッカ(異星人)

     チャンダ銀河の知性体。人型で、身長は約4フィート。彼らは歩く骸骨に似ており、ローブを着ている。通常、顔や手はスカーフやローブで覆われている。...

  • 第2648話「艦隊の魂」の紹介

    第2648話「艦隊の魂」の紹介 初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2639話では、ミクル・ジョンに乗ったローダンとラモズが、アノーマリー内部に入りました。すると、そこには多数の船があったのです。本話はその...

  • 第2647話「ウンブリアン・ゴング」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。   「影」の助けを借りて、シャロウン・ベフェゴール、バリッシュ・ガーダ、マットウィリーのスナコ、ファゲシーのオアチョノは、フィドー・レオダンの子分たちから逃れる...

  • 第2646話「影の日々」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 キン・シは個人的にマルギズに連絡し、太陽系の進捗状況について話す。パラ能力によりスペンタと交信できる古代の解説者チョーワイルによると、アルヘティムのプシコーパス...

  • 第2645話「秘密のない街」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2619話「フォーマターの世界」から続きます。本話では、2605話「惑星間の橋」で死んだザカリーの脳が、またも重要な役割を果たします。徐々に、色々な事件の繋がりが見えて...

  • 第2644話「テラニアのゲリラ」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2634話「テラの新しい主人」の続きです。テラは、セイポラーナのマルギズとファゲシーのチョソムがテラを占領し、首席テラナーのイバリがレジスタンスを組織して抵抗してい...

  • 第2643話「タネドラの人形」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 アラスカ・シェーデレーアはタネドラの話を聞いて、エスカランを受け取った。これによって、彼は調和の領域ではもはや異人ではなく、他のエスカランの保持者を自動的に信頼...

  • 第2642話「マスクメーカー」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 アラスカ・シェーデレーアには、タネドラがあまり話をすることに熱心でないように思われた。実際、超越知性体は、その物語をこれ以上語りたいという欲求をほとんど持ってい...

  • 第2648話「艦隊の魂」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2639話では、ミクル・ジョンに乗ったローダンとラモズが、アノーマリー内部に入りました。すると、そこには多数の船があったのです。本話はその続きです。 ミクル・ジョは...

  • 第2641話「タネドラ到着」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 調和の領域のエスカランを持つすべての生物が、タネドラ(TANEDRAR)の到着に伴う恍惚感に浸る中、アラスカ・シェーデレーアは、ハイパー物理的な混乱に見舞われた島宇宙(銀河...

  • 超越知性体タネドラ(TANEDRAR)

     タネドラ(TANEDRAR)は、TAFALLA、NETBURA、DRANAT、ARDENの4つの精神的存在の結合から生まれました。その名前は、これら4つの存在の先頭の文字から作られました。この結合のために、超越知性体タネドラは「1つである4つ」とも呼ばれます。統合体はある程度可逆的です。4つの存在のうちの1つは、一定期間、統合体を離れることができます。 タネドラは、エスカリアンに影響を与えます。 タネドラは、彼の意識の断片を秘密にして...

  • 第2640話「超越知性体の破片」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2623話「第二のアノーマリー」で、アラスカがアノーマリーから脱出したところから話が続きます。  アノーマリーを出た小型船リリーネは、調和の帝国の宇宙船に囲まれてい...

  • トリオルタンの口

     トリオルタンの喉と呼ばれることもあります。通常、漏斗状で、直径が数万キロメートルあり、黒い亀裂がある深紅の発光現象が印象的です。 狭くなる漏斗の部分は数十万キロメートルの長さに達します。口が「通常の」ハイパーストームに合流するため、半径数百万キロメートル以内の宇宙船が危険にさらされます。トリオルタンの口を通ると、他の場所に移動したり、再物質化したりする可能性があります。...

  • 第2639話「緑の太陽」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ラモズは目を覚ましたが、様子がおかしい。意味不明な言葉を発し、誰も認識していないようである。エネルハールの測定結果によると、かつての動物の目から成長しているとげ...

  • 第2638話「目的地・モルフォイス星系」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 少し話が遡って、2602話で舞台となった惑星オロンテスでの話から続きます。そこでは、トートリンガーという種族が「世界の惨劇」を恐れていました。 オロンテスのトートリ...

  • 第2637話「情報ハンター」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 グッキーはNGZ1469年10月4日、ネモ・パルティジャンと共にアペラスコッカイア・ドックの内部にテレポートし、情報を探す。しかし、そこに設置されたプシトラップ(精神力の罠...

  • 第2636話「宇宙の仕組み」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2631話で、ローダン達は「世界の惨劇」をくい止めた話の続きです  「世界の惨劇」が解消された後、ペリー・ローダンはバジスのクルーザー「SICHOU-1」とともにアペラスコ...

  • セイポラナー

     セイポランとも呼ばれる。故郷の銀河はエアで、封印された地域の1つでした セイポラナーのクールテアードは、チャンダを彼の故郷の銀河と呼んでいます。 セイポラナーは人型で、身長約1.60 mでスリムで、非常に人間に似ています。女性と男性のセイポラナーがいますが、外見からはわかりません。 その肌は、作り上げたピエロのように白いですが、同時に、真珠層のように乳白色で虹色に輝いているように見えます。目の虹彩は鈍い...

  • 第2635話「ガドメネアを探す」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 第2619話で、シャムスール・ラウスは娘のアニセを追って未知の惑星に到着しました。そこには行方不明となった若者がおり、それぞれに義理の親がついて再フォーマットのため...

  • 第2634話「テラの新しい主人」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きです。  メキシコのソナで地震が発生する前に、レジナルド・ブルは「不在の友」協会に属する円筒形宇宙船「レディ・ラバーナ号」で地球を離れる。ナハタウグの...

  • 第2633話「大地の戦争」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きです。  三隻のガレオン船の墜落は策略だった。宇宙船は、地球に兵器を密かに輸送するために、わざと犠牲になったのだ。その兵器とは、自己複製し結合してミニ...

  • 第2632話「雨の巨人の夜」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。  2618話「橋の世界からの脱出」の続きです。2618話で、ヴァハナを収容したエクスプローラー船ボンベイは地球に向かいますが、異星人の罠により、黒い卵型の物体「戦争胚珠...

  • 第2631話「ブレンダーの時間」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話からの続きで、トクン・ガヴァンの話から始まります。  NGZ1379年にオゴク・アティンバル(永久恐怖者)に変身してからわずか数週間後、トクン・ガヴァンは以前の力に...

  • 第2630話「侵略の兆候の下で」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ドサンティのトクン・ガヴァンの紹介で話が始まります。  惑星メラウイディルのハイパーショックの日に、ドサンティのトクン・ガヴァンが生まれた。同世代の多くの仲間と...

  • 第2629話「世界の惨劇」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ペリー・ローダンは、「世界の惨劇」に対抗する武器「デスパレート・レジスタンス」を初めて投入する宇宙船「チャンドリー号」のゲストとして乗船していた。その武器はブレ...

  • 第2628話「絶望的なレジスタンス」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2615話 ローダンのデスハントの続きです。ローダンとクイスタスは、プロテクターのカオウエンに追われましたが、辛うじてトランジットフロアを通って逃げることができまし...

  • 第2627話「ゲンマ・フリシウス号の最後の日々」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話で被害にあった、ゲンマ・フリシウス号の話です。  ロナルド・テケナーはチームを率いてゲンマ・フリシウス号に向かった。 内部の破壊は、乗務員が未知の敵と戦った...

  • LFT(自由テラナー連盟)

     太陽系帝国を継承するテラナーの国家。テラを含め銀河系で生まれたテラナーは全員が市民権を得られる。3586年1月1日に創設を宣言。 主席テラナー、最高テラ評議員、テラ評議員が国家中枢である。第1回の選挙でジュリアン・ティフラーが主席テラナーに、マイケル・ローダンが最高テラ評議員に選出された。...

  • 第2626話「セクター・ゼロでの調査」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話に引き続き、太陽系が消失した場所、セクター・ゼロでの話です。  ロナルド・テケナーの指揮のもと、ジュール・ヴェルヌの科学者たちはセクター・ゼロを調査する。ジ...

  • 第2625話「プレアデス星団暗殺」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話のプレアデス星団が舞台です。 太陽系の消滅により、一刻も早く埋めなければならない権力の空白ができてしまった。プレアデス星団にある繁栄したテラの植民地、マハラ...

  • 著作権について

     本の紹介記事を書くにあたって、素人なりに著作権について調べました。 日本の法律では、簡単なあらすじは良いが、詳細なあらすじは著作権法違反らしいです。 2624話までは、私なりに作成したあらすじで、詳細ではないので問題ないと考えています。 また、2625話以降は、ドイツ語サイトの「Perrypedia」の内容を翻訳し、追記しました。Perrypediaのコンテンツは、GNU Free Document Licenseです。私の理解では、「コピーレフ...

  • 第2624話「死の罠 セクター・ゼロ」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎週1話ずつ日曜日に紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 本話は、太陽系があった場所が舞台で、そこはセクター・ゼロと呼ばれています。アルコン皇帝で新銀河系会長のボスティクが、太陽系の消失という危機をどのように利用しよう...

  • ボットネットを巡って

     キン・シ、サンブリ・ユラ、アラスカ、エネルハールがボットネットを巡って競っています。  ボットネットとは、ショロウバと名前が知られていない超越知性体によってつくられた、混沌の勢力に対抗するための兵器です。アラスカとエネルハールは、それぞれ別の存在の指令によりボットネットを探しに、トーテムハイン銀河の惑星コッパーズホルストに来ました。しかし、それは既にキン・シによって盗まれていたのです。 そして、...

  • コスモヌクレオチド

     ヌクレオチドは、生物のDNAやRNAを構成する単位で、遺伝情報を構成しています。  コスモヌクレオチドは宇宙的な情報を保有しており、それは宇宙の進化のプロセスをプログラミングしたものです。その情報は、メッセンジャーによって伝えられ、銀河の生成・崩壊を起こし、知性体の出現・星間帝国の興亡にも影響を及ぼします。場合によっては、ネガスフィアを崩壊させることもあります。 そのため、コスモヌクレオチドを巡って、...

  • 記事の投稿予定(毎週1回、日曜日に変更)

    記事の投稿予定(毎週1回、日曜日に変更)第2600話から2699話を紹介します。 2020年10月から毎月1話ずつ、2021年4月から毎月2話ずつ紹介してきましたが、2022年1月から毎週1話ずつ、日曜日に紹介します。これで、2025年2月終了予定だったのが、2023年6月終了となります。 また、不定期に、紹介した話の補足あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿していきます。 ちなみに、早川書房から第2600話が出版されるのは、2048年11...

  • 第2623話「第二のアノーマリー」

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きです。記憶をとりもどすために伝説の星ピーンに行ったアラスカが、そこで突然攻撃を受けます。 攻撃を避けるためにアラスカは下草の間を這って隠れ...

  • 細胞活性装置

     生物が不死になるための装置です。 もともとは、ローダンが永遠の生命の星のシュプールを追い、宇宙空間を放浪している惑星「ワンダラー」にたどりついたことから始まります。 その星には

  • 第2622話「エスカリアンの反乱」

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話で、アラスカは麻痺させられグライダーで連れ去られました。その続きです。  アラスカは、何度も蹴られ痛みをこらえています。やっと、暴行が止んだとき...

  • エスカラン

     エスカリアンのすべての個人は、生まれたときから、この銀河の超知性であるタネドラに、事実上、直接つながっている。そして、一人一人に

  • 第2621話「調和警備隊」

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話で、女公爵・アラスカ達は調和の帝国と思われる船に拿捕されてしまいました。一方、調和警備員のウヤリ・リズポルは、ユレスカを追ってたどりついてキャン...

  • 第2620話「調和の帝国の異人」

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2611話で、アラスカは、アノーマリーからエスカリアの行政宮殿を救ったのですが、女公爵の指示により拘束されてしまいました。その続きです。  アラスカは、...

  • 第2619話「フォーマターの惑星」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2607話で、ラウスが娘のアネセを追いかけるために、アウグレンのトランジットフロアを超えたところから話しが続きます。そのために、ラウスは相棒のプクに自分...

  • 第2618話「橋の世界からの脱出」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2606話の、橋によって繋がれた2つの惑星での話の続きです。スチールシールドの下にある超越知性体アルダーの墓を訪れたジェンケ達は、そこに遺体が無いことを...

  • プランク長

     2617話で、フィンブル殻はプランク長よりも薄いと表現されている。   基本的な物理量として、光の速度(c)、プランク定数(h)がある。光の速度は長さの定義の基準値、プランク定数は重さの定義の基準値として使われている。そして、光の速度は物質の速度の上限値、プランク定数は角運動量の下限(正確にはh/4πが最小値)である。 一方、プランク長は、光の速度・プランク定数・万有引力定数を組み合わせて定義される値で、1.6m×1...

  • 第2617話「最も暗い日」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話に続き、太陽が危機に陥っているところです。  テラニアにいる首席テラナー ヘンリケ・イバリに報告がはいりました。17分前に未知の性質の衝撃前線を検...

  • 第2616話「太陽のカウントダウン」の補足

     ストラドプラスは、最初は謎の人物として登場しましたが、徐々にその正体を現しました。フェヌベを演奏する、また紹介文には記述しませんでしたが、瞳孔が垂直で虹彩は金色という、アウグレンの特徴を備えています。 彼は、アマテラスの行動を妨害するために、何ヶ月も前から行動してコルビニアンを取り込んでいます。 本話で、アウグレンとスペンタが関係していることは明らかになりましたが、その関係の詳細は不明です。今後...

  • 第2616話「太陽のカウントダウン」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2607話「ハンマーインパルス」の続きです。太陽系は何者かによってミニチュア宇宙に移動しました。アウグレンは人類を「再フォーマット」するために、子供や青...

  • 第2615話「ローダンのデスハント」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きで、ローダンとクイスタスが乗った救命ボートは、巨大なメタン・水素ガスの惑星に不時着しました。  ローダンのセラン防護服は損傷を受けましたが...

  • 第2614話「ナビゲータ・クイスタス」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ローダンとエネルハールの隠れ家が発見され、爆弾を投げ込まれたところから話しは続きます。  エネルハールの特殊装置がまた効果を発揮します。今度は、迷彩...

  • 第2613話「超越知性体の代理人」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きで、ローダンとエネルハールがバジスの灰色の部屋に向かうところから始まります。ローダンはテラの標準の宇宙服セランの上に、宇宙のスーツを着てい...

  • 宇宙のスーツ

     制作者は不明だが「スーツメーカー」バーフィオーラーノだと思われる。薄い青い材料で作られている。ペリー・ローダンは、通常この下にテラの標準防護服セランを着ている。 スーツの着用者にとって、視野は特別な方法で広がることができる。 彼は、自分の宇宙を「見る」ことができる。宇宙の構造、銀河の巨大なクラスター、宇宙の空隙。また、宇宙全体を満たす量子泡のレベルまで。そして、他の宇宙を垣間見ることができる。...

  • 第2612話「目的地バジス」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 本話は、第2603話の続きでペリー・ローダンが、二重銀河チャンダで行方不明のバジスを探します。  ドサンティ一族から、ローダンとその一行は愛機ミクル・ジ...

  • ストレンジネス

     ローダン・シリーズでのストレンジネスとは、0から1の間の数値で、異質な宇宙間の差の度合いを表すものである。標準的な宇宙はゼロで、別の宇宙は標準宇宙から遠いほど、0から遠ざかる。 異質の宇宙とは、基本的な物理量が異なった宇宙のことである。例えば、光速・重力定数などが違うため、物理法則が異なった結果を生み出すことになる。 異なった宇宙が衝突すると様々な異常現象が発生する。それは、ストレンジネス・ショッ...

  • 第2611話「狂気に対して」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 アラスカ・シェーデレーアとアンドロイドのエロイン・ブリッツアーは、ローターGが破壊されたので救命艇で宮殿に向かおうとしています。また、「光の力」上の...

  • 第2610話「アンドロイドの決断」の補足

     この時代のアンドロイドやコンピュータは自我を持っているようです。エロイン・ブリッツアー、ファルン・フィラウフらのアンドロイドは、サンブリ・ユラを尊敬していてその捜索に全力を尽くしています。一方、船内コンピュータDANは、サンブリ・ユラを探す使命よりも何か他のことを優先しているようです。 それが何かは不明です。いずれ、明らかになることを期待しています。 また、前回の紹介文では書けませんでしたが、エロ...

  • 第2610話「アンドロイドの決断」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。  前話に続き、宮殿の一族(スカリア人)の体調不良の原因はアラスカにあると思われ、アラスカ・シェーデレーアとアンドロイドのエロイン・ブリッツアーが女公爵...

  • 超光速飛行

     現実の世界では、光の速度を超えて移動することはできません。しかし、宇宙を舞台にしたSFでは光速度を超えて宇宙船を飛ばす必要があります。 ローダン・シリーズでは、5つの方法が順次登場します。1)遷移飛行、2)リニア飛行、3)メタグラブエンジン、4)プシオン航法、5)ポリポートネットワークの利用。 遷移飛行は、最初にアルコン人から学んだ方法です。空間のある地点から別の地点まで、ハイパー空間を通って遷移(ジャンプ)...

  • 第2609話「仮面の領域で」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話の続きです。未知の宇宙船に乗っていたマスクをつけたヒューマノイドと会うところから始まります。  アラスカは、救命艇のローターGで相手の船に近づき...

  • 「アラスカ・シェーデレーア」の紹介(登場人物)

     アラスカは細胞活性装置保持者の1人なので、事故・暴力によらなければ死なず、老化・病死しません。 彼は常に仮面をかぶっています。西暦3428年に転送機で移動中のハイパー空間内でカピン一族と衝突し、顔に“カピンの断片”が融合してしまいました。“カピンの断片”を見たものは発狂し、死に至ります。カピンの断片が放射する光の影響のためです。 事故後、常に仮面を被る必要があったため、人との交際を避けるようになりました...

  • 第2608話「アンドロイドの対立」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 本話は、未知の場所で活動しているフィリビリムという一族と、コスモクラートの船で宇宙を飛んでいる仮面の男アラスカ・シェーデレーアの話です。  フィリビ...

  • 第2607話「ハンマーインパルス」の補足

     第2607話のタイトルのハンマーインパルスは動物園から発せられたインパルスのことかもしれませんが、それよりもフィンブル・インパルスのことを指している可能性が高いと思います。 また、本話では超越知性体の死体が太陽に埋葬されていましたが、それは時々あるようです。ローダンの部下だったジュリアン・ティフラーが百万年の放浪の中で、アルヘティムの埋葬に関わったようです。この話は、2000話までには登場しないようです...

  • 第2607話「ハンマーインパルス」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期(8日,22日)に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 2604話の続きで、テラと太陽が舞台となります。  シャンダ・サルモッテは、テラで瓦礫に埋もれている子供の救助活動を行っていた。彼女はテレパスなので、そ...

  • コスモクラートとカオターク

     ローダン・シリーズでは、この2つの存在が対立するものとして描かれています。 コスモクラートは、進化の最高の発展段階に達した存在。大宇宙の向こう側、物質の泉の彼岸にいます。そして、大宇宙に調和のとれた秩序をもたらしそれを維持することを目標としています。そのために、超越知性体や多くの生命体に影響を及ぼしたり、自ら現れることもあります。 一方、カオタークは混沌の勢力とも言われています。コスモクラートと...

  • 第2606話「スチールシールドの下」の紹介

     初めて読まれる方は、右欄の「カテゴリ」の「本編およびその補足(第2600話~)」をクリックすると最初から読むことができます。また、毎月1日と15日に1話ずつ紹介し、不定期に紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 前話に引き続き、ネクストストップの惑星での話です。  ジェンケを隊長とした探検隊の一行は、2つの惑星をつないでいる「橋」に向かいます。乗り物は、ファトロッチェ...

  • 記事の投稿予定(月2回に変更)

     第2600話から2699話を紹介します。 2020年10月から毎月1話ずつ紹介してきましたが、2021年4月から毎月1日と15日で月に2話ずつ紹介していきます。これで、2028年1月終了予定だったのが、2025年2月終了となります。 また、不定期に、紹介した話の補足あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿していきます。 ゆっくりしたペースですが、よろしくお願いします。  なお、原書で読みたい方は、amazonで「Rhodan 2600」のよ...

  • 第2605話「惑星間の橋」の補足

     ファヴァダライが死者の脳を保存し、それが集団知性のように働くというのが2605話のテーマでした。非常に奇妙な出来事ですが、ファヴァダライは人間から見ると特異な生物として登場しています。例えば、頭部に口などはなく、表情もありません。代わりに、帆のようなものを揺らして音を発生します。また、ギザギザの感覚器が感情に応じて色が変わります。言語も昼と夜と使い分けており、そのため明け方と夕暮れには話をすることは...

  • ポジトロニクス

     「エレクトロニクス」は電子機器及びそれを利用する技術のことですが、「ポジトロニクス」は、それが発展した機器および技術のことを指しています。敏感な機器なので、2605話などではポジトロニクスだけが動作しなくなる場面が登場しています。 電子をエレクトロンと言いますが、その反物質の陽電子をポジトロンと言います。 アシモフが通常のロボットを超える非常に知能の高いロボットを描いた場面がありましたが、そのロボッ...

  • 第2605話「惑星間の橋」の紹介

     前話ではミニチュア宇宙にある他の星、ネクストストップにエクスプローラ船ボンベイが出発しました。本話では、そこが舞台になります。 エクスプローラ船ボンベイの司令官ヌルザマン大佐、副司令官のジェンケ・シューボー、双子のアイデンとザカリーがテラナーの主な登場人物です。ネクストストップには非ヒューマノイドの住民がおり、その惑星と自分達ををファヴァダライと呼んでいます。発明家のシムコがファヴァダライの中心...

  • 第2604話「アウグレンの時間」の補足

     ラウスはゴシュ湖での集会のとき、そこに向かう途中で鶴に会い、その鶴は彼の腕の中で死んだ。夢が現実となったのだ。このエピソードは、奇妙な宇宙の特性かもしれません。 また、彼はさらに、「古い原則は、誰が行為の恩恵を受けたかだ。カタストロフィの時、アウグレンの時計は正しい時を刻んでいたのでは?」と語っている。アウグレンの虹彩は金色だったことも合わせると、彼らはテラナーでなく、黒幕あるいは黒幕の手下だと...

  • 第2604話「アウグレンの時間」の紹介

     本話の舞台はテラで、アウグレンという人々が中心になって話が展開します。  首席テラナーのイバリは完全な闇の中で墜落していた。彼女の足元の地面も無くなったような感じだった。記憶の欠落もある。非常灯もついておらず、太陽政庁も真っ暗だった。テラ最大のコンピュータ老子も沈黙している。 イバリは、太陽政庁で会議を開いた。 太陽系の空間特性は天の川銀河の空間特性と異なっており、太陽系が強制的に転送された確率...

  • 2603話「不安定な世界」の補足

     ローダン・シリーズでは、プシオンエネルギーが大きな役割を果たしています。1200話あたりの場面となる深淵の地では、プシオンエネルギーで物質を作るなど、何でもできてしまいます。 2603話ででてくるハイパーエネルギーもそれに近い役割をこれからするのでしょうか。まだ想像できないのですが、これから楽しみにして読んでいきたいと思っています。 いつものように、ドイツ語について一言。人の名前・船の名前などの固有名詞...

  • 第2603話「不安定な世界」の紹介

     前話の最後で緊急通信が入ったコルベット2台を救出に向かう話と、死にそうになっているロル・エリを助けるという話が並行して進みます。  コルベットの救出にローダンらはミクル・ジョンで向かいます。到着してみると、クアルネー・ケレツェンという種族とサビレンという種族が戦っており、そこにコルベットが巻き込まれています。ローダンがコルベットの救出に向かうと、戦っていた2つの種族が共同でローダン,コルベットを襲...

  • 2602話の補足

     トートリンガーの生態が丁寧に描写されていましたが、全く知らないことですので読むのに苦労しました。(当たり前(^_^;)) 例えばTodringerと書かれていても、「死を叫ぶ者」などと読んでしまうと、????です。しばらく経ってから、やっと種族の名前だと分かりました。ドイツ人はどうやって理解しているのでしょうか。 また、子供を産むのはクランの母親で、育てるのは教師父親・教師母親と役割分担されています。蜂や蟻の世界の...

  • 「グッキー」の紹介(登場人物)

     惑星トラムプの出身。イルト族の一員。ビーバーとネズミの間の姿をしているので、ネズミビーバーと呼ばれることも多い。 第17話で、アルコン人の伝説の「永遠の生命の星」を探す途中にたどり着いた星がトラムプだった。そこで、原因不明の事故が多発し、それはイルト族が超能力を使っていたずらをしたためだと判明。イルト族は夜になると知性が低下するが、グッキーは夜も知性が高いままだった。また、他のメンバーよりも超能力...

  • 第2602話「オロンテスのトートリンガー(死の呼び声)」の紹介

     本話は、チゾムとオロンテスの地下が主な舞台になります。  チゾムでは、多くの人がドサンティの攻撃の影響やオロンテス近辺の環境のため病気に苦しんでいます。ロル・エリという少女は今にも死にそうです。また、ラモズも目から棘が生えるなど、異様な状態となっています。船の修理のためにもしばらくオロンテスに滞在する必要があります。 オロンテスの地下には生物が住んでいるようなので、滞在の許可を得るために、ローダ...

  • 第2601話「混乱の銀河」の補足

     ハイパー空間を移動している最中にデロリアンがまた現れ、キン・シが太陽系を欲しがっていると告げます。そして、エネルハールはローダンらを支援すると言います。エネルハールは怪しげな人物でしたが、信用しても良さそうです。この後、どう関係してくるのか楽しみです。 また、ストレンジネスの偏位とか、ハイパーエネルギーに関係した話がドンドン出てきます。また、グッキーのテレポートが目標と微妙にずれるという説明も随...

  • リンクの登録

    ローダン・シリーズの紹介を行っている他の人のサイトへのリンクを「リンク」に追加しました。全体の紹介、各サイクルのまとめ等があります。ご覧になってみてください。...

  • 第2601話の紹介

     ドサンティの攻撃は主にハイパーエネルギーを使ったメンタルなものです。多くの乗組員は、パニックに襲われ精神に大きなダメージをうけます。ハイパー物理学者のニモ・パルティジャンもそうでした。また、モンドラが飼っている猛獣のラモズも衰弱しています。ただ、細胞活性装置をもっている、ローダン・グッキー・モンドラは比較的大丈夫でした。 そして、ハイパー空間を移動させられ、太陽系も消えてしまいます。ローダンらは...

  • 記事の投稿予定

     第2600話から2699話を、毎月1日に1話紹介する予定です。単純に計算すると8年4ヶ月かかりますので、2028年1月に終了する予定です。 また、毎月15日に、紹介した話の補足、あるいはローダン・シリーズに関係した話を投稿する予定です。 ゆっくりしたペースですが、よろしくお願いします。 なお、原書で読みたい方は、amazonで「Rhodan 2600」のように検索できますので、Kindele版を275円で購入できます(50冊まとまったバンドル...

  • 第2600話の補足

     ローダンが、宇宙船バジスの中で宇宙のスーツを手に入れています。宇宙のスーツを着ると、「多元眼球」を使って、多次元宇宙を見ることができるようです。宇宙の城サイクルというシリーズで、ライレの目というのが出てきました。それは、遠くを見ることができ、そこに瞬間移動もできることものでした。 この多元眼球も異次元の宇宙に移動できる機能が隠されているのかもしれません。 読んでいて、ドイツ語で悩みました。宇宙の...

  • 第2600話紹介

     これから始まる100話のシーズンの最初の話です。本話ではここから読み始める読者に配慮して、ここまでの背景を多少なりとも説明しています。 ポリポートネットワークをローダンが発見して超遠距離の移動が可能になったが、大きな戦いが発生し、やっと6年前に宇宙が落ち着き始めたところです。 そして物語の年代はNGZ1469年で、ローダンは既に現役を引退しています。1200話辺り(NGZ427年)ではテラ艦隊の旗艦であったバジスも改...

  • ペリー・ローダン シリーズとの関わり

    ローダン・シリーズを、初めて読んだのは学生のときで、それからほぼリアルタイムで読んでいます。(年齢がばれますか(^^;)) 残された時間を考えると、日本語で読めるのは2200話程度までですが、その先にもっと面白そうなストーリーがあります。そこで、一念発起して、2600話から100話をなんとか読もうと思った次第です。 とはいうものの、この年になってドイツ語の勉強を始めたので、Kindleの翻訳機能を使いながらも、1ヶ月に1話...

ブログリーダー」を活用して、ローダン2600さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ローダン2600さん
ブログタイトル
宇宙英雄ローダン・シリーズあらすじ紹介(2600話から)
フォロー
宇宙英雄ローダン・シリーズあらすじ紹介(2600話から)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用