searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
herbie
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/05/06

1件〜100件

  • <「親の所得で学力差」、悲しい現実?救いは?>

    こんにちは、Yです。 2022年5月20日、日本経済新聞オンラインに、耳塚寛明・青学大特任教授へのインタビュー

  • <英語の4技能と、英語によるコミュニケーション>

    こんにちは、Yです。 今週、英語に関する記事を2つ書きました。<大学における教科「英語」について><中学生・高

  • <中学生・高校生の英語力、そして、英語教師の英語力>

    こんにちは、Yです。 2022年5月18日、文部科学省が、令和3年度「英語教育実施状況調査」概要を公表しました

  • <大学における教科「英語」について>

    こんにちは、Yです。 大学には、学習指導要領がありませんから、各科目の時間数や教える内容には自由度があると思い

  • <早大・ベネッセによる学習習慣調査から、睡眠習慣を考える>

    こんにちは、Yです。 早稲田大学 理工学術院 柴田重信研究室とベネッセ教育総合研究所による「子どもの生活リズム

  • <大学キャンパス近況、活気が戻りつつあります>

    こんにちは、Yです。 大学キャンパスが活気を取り戻しています。 東京大学東大駒場キャンパスの駒場食堂。(写真:

  • <「慶應ブランド」って何ですか?>

    こんにちは、Yです。 2022年4月27日、朝日新聞EduAに、慶應義塾・山内慶太常任理事のインタビュー記事「

  • <「大学受験」と「経済力」を考える、東大生の場合>

    こんにちは、Yです。 東京大学新聞社が実施した「新入生アンケート2022」から引用します。 質問)東大合格に必

  • <どうしても、「合格歴」と「経済力」を結びつけたいのですか>

    こんにちは、Yです。 日本経済新聞オンライン、2022年5月5日の記事「『合格歴競争』格差を再生産 難関突破、

  • <東大・ベネッセの「親子調査2021」の結果、「学習意欲は低下傾向」>

    2022年4月20日、東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所が、「子どもの生活と学びに関する親子調査2

  • <身近な春の情景>

    こんにちは、Yです。 汗ばむような陽気になったかと思えば、肌寒さを感じる日が戻ってきたりして、季節の変化に身体

  • <慶應義塾ニューヨーク学院、Yには疑問の多い学校です>

    こんにちは、Yです。 一昨日(4月30日)の記事<いいとこ取りの高校、早稲田渋谷シンガポール校>で、早稲田渋谷

  • <いいとこ取りの高校、早稲田渋谷シンガポール校>

    こんにちは、Yです。 朝日新聞EduA、2022年4月28日の記事「早稲田大学と渋谷教育学園が共同経営するシン

  • <広尾学園中学校高等学校、すてきな学校です>

    こんにちは、Yです。 テレビ番組「THE名門校」の最新の放送「広尾学園中学校高等学校」をネット配信で見ました。この番組を見るのは久しぶりです。広尾学園は、2021年の海外大学合格実績が日本一ということで興味がありました。 […]

  • <新大学生J、一足早く、五月病でしょうか>

    こんにちは、Yです。 新大学生のJですが、元気がないように見えます。本人に自覚はありません。 履修科目が決まり、指定教科書を購入し、授業が始まって2週間ほどです。Qが新大学生だったとき(2年前)と違って、ほとんどが対面授 […]

  • <大学生の就職先人気企業ランキング、理系男子の選択に疑問>

    こんにちは、Yです。 ダイヤモンド・ヒューマンリソースが発表した「2022年【春】大学生が選んだ就職先人気企業ランキング」の理系・男子を見て、驚きました。ランキングは、「文系・男子」「理系・男子」「文系・女子」「理系・女 […]

  • <東京大学が、対面授業中心に変わりました>

    こんにちは、Yです。 東京大学は、2020~2021年度の2年間、頑なにオンライン中心の授業を続けてきました。入学年度によって多少の違いはあるでしょうが、ほとんどの東大生は、この2年間、ほぼ自宅(あるいは下宿先)に軟禁状 […]

  • <早慶の合計合格者数ランキングを見て気づくこと>

    こんにちは、Yです。 朝日新聞EduAが、2022年4月19日、「早慶の合計合格者数ランキング」を掲載しました。このランキングでは、「延べ合格者数」を採用しています。したがって、併願可能なケースでは、合格者を重複して数え […]

  • <東大の進学選択制度と入学時の進路希望>

    こんにちは、Yです。 2022年4月14日の記事<2022年度東大新入生は、東大以外にどこを受験したのか>で東京大学新聞の「新入生アンケート2022」に触れました。そこでは、「東大以外に受験した大学」に関する2項目を紹介 […]

  • <ランクインしてほしくない「年収が低い会社ランキング」>

    こんにちは、Yです。 DIAMOND onlineが、2022年4月18日、「年収が低い会社ランキング【平均年齢30代後半・500社完全版】」を掲載しました。このランキングですが、「上場企業」、「従業員の平均年齢30代後 […]

  • <東大卒業生はつるまない、東大校友会の活動は?>

    こんにちは、Yです。 2022年4月11日、DIAMOND onlineに、伊藤潤一氏(東大金融研究会創設者)による「なぜ東大の卒業生はつるまないのか?」という記事が掲載されました。この記事では、伊藤潤一著「東大金融研究 […]

  • <春の大学学園祭>

    こんにちは、Yです。 新型コロナウイルス感染症は、収束していません。収束を待っていたら、学園祭など永遠に開催できなくなりそうです。これまでの知見をもとに、密にならない程度に入場を制限し、感染拡大防止策を講じ、細心の注意を […]

  • <2022年度東大新入生は、東大以外にどこを受験したのか>

    こんにちは、Yです。 東京大学新聞最新号(2022年4月12日発行)に「新入生アンケート2022」が掲載されています。全体で40項目のアンケートです。・ 2022年度新入生: 3,084人(一般選抜2,996人+学校推薦 […]

  • <「貧乏だと頭が悪くなる」PRESIDENT Onlineの記事より>

    こんにちは、Yです。 PRESIDENT Online、2022年4月10日の記事のひとつが、脳科学者・中野信子さんと精神科医・和田秀樹さんの対談です。「頭が悪いから貧乏になるのではなく、貧乏だと頭が悪くなる・・・みんな […]

  • <入学して3年目、ようやく、キャンパスライフが始まりました>

    こんにちは、Yです。 Qが大学に進学したのは、2020年4月です。それからの2年間、コロナ禍のため、オンライン授業ばかりでした。対面授業の割合は、1~2割といったところ。キャンパスへ出向くのは、週に1度ほど。キャンパスへ […]

  • <新大学生Jは、履修科目選択に悩みました>

    こんにちは、Yです。 新大学生にとって、最初の難問は、履修科目選択と登録ではないでしょうか。必修科目は好むと好まざるとにかかわらず、履修しなければなりません。考える必要がありません。問題は、選択科目です。 入学してすぐは […]

  • <日本武道館は、大学入学式ラッシュです>

    こんにちは、Yです。 日本武道館では、毎日、日替わりで、大学入学式が開催されています。 4月2日(土) 東京電機大学4月3日(日) 法政大学4月4日(月) 帝京大学4月5日(火) 専修大学4月6日(水) 東洋大学4月7日 […]

  • <「世界大学ランキング」は、曲者でした>

    こんにちは、Yです。 2022年3月31日の記事<文科省資料より、指定国立大学の世界大学ランキング推移>に書きましたが、文科省が世界大学ランキングを取り上げることを、Yは意外に思いました。なぜなら、「世界大学ランキング」 […]

  • <Jが、大学生になりました>

    こんにちは、Yです。 Jが大学生になりました。私立大学・理工学部の新大学生です。 ワクワク、ウキウキ、ドキドキ、そんな気分が入り混じって、うれしいけれど、ちょっぴり不安で、ふわふわした落ちつかない気持ちかなと思っていたら […]

  • <東進調査、2022東大現役合格者の61.9%が「留学をしたい」>

    こんにちは、Yです。 コロナ禍が長びいて、留学を躊躇している人は多いでしょう。断念した人もいるかと思います。留学は、タイミングがありますから、仕方ないこととは言え、機を逸してしまうのは、残念で悔しいことです。 経済面です […]

  • <文科省の資料より、指定国立大学の世界大学ランキング推移>

    こんにちは、Yです。 国立大学法人評価委員会の1分科会がまとめた報告書「第4期中期目標期間に向けた指定国立大学法人構想の展開について」の別添資料のひとつが、「大学ランキングの状況」です。 この資料の中で、Times Hi […]

  • <傑作歴史漫画「風雲児たち-幕末編-」未完、に思うこと>

    こんにちは、Yです。 みなもと太郎著「風雲児たち」「風雲児たち-幕末編-」は、多くの方がご存知のことと思いますが、改めて、ご紹介したいと思います。(2020年5月15日に、紹介しました。) 「風雲児たち」が、全20巻で完 […]

  • <新大学生、男女の意識の違い>

    こんにちは、Yです。 LINEリサーチによる、2022年3月22日の調査レポート「新大学生が新年度に向けて、がんばりたいこと・準備していることは?」を読みました。 調査のひとつ、「新大学生が新年度に向けて準備していること […]

  • <東京大学五月祭、今年度は、ハイブリッド開催(予定)>

    こんにちは、Yです。 東京大学の学園祭(五月祭と駒場祭)は、2020年、2021年ともオンライン開催でした。今年2022年度の五月祭は、ハイブリッド開催になります。大学当局が心変わりして、ふたたびオンライン開催にされない […]

  • <公立高校の東大合格実績、東京・神奈川と千葉・埼玉で、明暗分かれる>

    こんにちは、Yです。 東京大学の入学定員が増えない限り、ある学校の合格者数が増えれば、別の学校の合格者数が減ります。あたりまえの話です。首都圏1都3県の公立高等学校の、2022年度東大合格実績について、各都県の、1番校、 […]

  • <東京大学・学校推薦型選抜に強い高等学校>

    こんにちは、Yです。 東京大学・学校推薦型選抜は、2016年度入試から導入されました。今年2022年度は、7年目になります。2022年度の合格者は、88人でした。(募集人員:100人)1校あたりの推薦枠は合計4人、ただし […]

  • <2021年度大学等卒業予定者の就職内定状況、0.2ポイント上昇>

    こんにちは、Yです。 先日、G家の近くで、ウグイスの鳴き声を聞きました。春です。たくさんの花粉が飛んでいます。花粉症のYにはつらい季節。抗アレルギー剤を服用しています。抗アレルギー点眼剤も手放せません。 2022年3月1 […]

  • <中学受験、午後入試の受験生が多いことに驚きます>

    こんにちは、Yです。 DIAMOND onlineの、2022年3月16日の記事「絶好調の東京「中高一貫校」入試、データで見る3つの注目点とは」は、東京入試の2月1日から3日までの受験動向についてです。 基本的なことをま […]

  • <東大教養学部が対面授業再開、駒場のキャンパスライフ復活か>

    こんにちは、Yです。東京大学に合格されたみなさま、おめでとうございます。 昨日届いた、東京大学新聞・増刊(2022年3月10日発行)によりますと、「東大教養学部は、4月の授業開始3週目から原則として対面授業を実施予定」だ […]

  • <東京大学合格者数ランキングの宴を横目に、独り言part 2>

    こんにちは、Yです。 開成の東京大学合格者数192名は素晴らしいです。受験したのは、何名だったのでしょうか。合格率を知りたくなります。合格率が100%は、ありえないでしょう。 合格者数が多ければ多いほど、開成の東大不合格 […]

  • <医学部受験、東京の一般家庭にとって、意外と選択肢は狭い>

    こんにちは、Yです。 昨年、Yのいとこの息子が、国立大学医学部に進学しました。しかし、自県の国立大学ではありませんでした。その息子は、医師になることが望みです。家庭の経済状況から、私立大学医学部進学は無理です。国公立大学 […]

  • <東京大学合格者数ランキングの宴を横目に、独り言>

    こんにちは、Yです。 まだ発表していない高校(筑大駒場)がありますが、上位10位までの顔ぶれは、昨年と同じになりそうです。 開成の192名は、素晴らしいです。昨年より、48名も増えました。 灘は、昨年より5名減り、92名 […]

  • <東大合格発表、合格者平均点は昨年より大幅ダウン>

    こんにちは、Yです。 東京大学の「一般選抜第2次学力試験合格者の最高点・最低点・平均点」が発表されました。すべての文科類、すべての理科類において、最高点、最低点、平均点が、昨年より、大幅にダウンしました。入試問題の難化が […]

  • <鉄緑会御三家の通塾率と、東大合格者数の関係>

    こんにちは、Yです。 戦記さんが、2022年3月8日、ご自身のブログ「桜○戦記」の記事「新中1/鉄緑会:指定校の鉄緑会比率の2015年→2022年の変化」で、鉄緑会指定校の通塾率変化を記しています。興味深い比較です。 そ […]

  • <最近の東京大学、寸描>

    こんにちは、Yです。 2022年3月10日は、東京大学の合格者発表です。今年も、合格者受験番号が、ウェブサイトに掲載されます。本郷キャンパスでの、合格者受験番号の掲示は、一昨年、昨年に続き実施されないようです。自分の受験 […]

  • <国立大学・前期日程の合格発表が始まります>

    こんにちは、Yです。 今日から、国立大学・前期日程の合格発表が始まります。関東のおもな国立大学の合格発表日です。 ・ 3月6日: 東京外国語大学、東京農工大学、埼玉大学、ほか・ 3月7日: 東京医科歯科大学、東京海洋大学 […]

  • <早稲田大学、附属・系属校からの入学者は17.5%(2021年度)>

    こんにちは、Yです。 朝日新聞EduA、2022年2月9日の記事、早稲田大学・恩藏直人常任理事「AO入学者の成績評価が高い」に、Yが知りたかった情報が掲載されていました。入試方式ごとの入学者の割合です。 このデータでは、 […]

  • <東大生は・・・のおはなしには、矛盾が多いようです>

    こんにちは、Yです。 PRESIDENT Online、2022年1月4日の記事「デジタルじゃダメ・・・『8割超の東大生の家にあった』意外なアナログ製品」を読むと、笑えます。 東京大学の現役生249人に聞いたところ、ある […]

  • <開成中と偏差値と進学塾の都合>

    こんにちは、Yです。 中学入試で、偏差値が話題になるとき、S偏差値、Y偏差値という言い方をします。SもYも、進学塾のイニシャルです。中学校の偏差値情報を提供しているのは、大手進学塾です。その偏差値に、進学塾の思惑(都合) […]

  • <「首都圏『中学受験2022』を総括」を読んで、考えたこと>

    こんにちは、Yです。 DIAMOND online、2022年2月22日の記事「首都圏『中学受験2022』を総括、史上最高水準の受験比率となった2月1日入試」から、気になった箇所を取り上げます。 22年に最も顕著だったの […]

  • <国立・前期の2次試験、Qの挑戦は2年前>

    こんにちは、Yです。 2022年度、国公立大学・前期日程の個別学力試験が終わりました。受験生の皆さま、おつかれさまでした。 東京大学・第2次学力試験の1日目(2月25日)は国語と数学でした。問題と解答例が、代々木ゼミナー […]

  • <2月24日、国公立大学入試・前期日程の前日>

    こんにちは、Yです。 昨日は、天皇陛下の誕生日でした。国民に寄り添った、おもいやりあふれるおことばが胸にしみます。 「ロシア軍がウクライナに軍事侵攻」のニュースが流れました。政治のことはよくわかりませんが、最悪の選択がさ […]

  • <東大学校推薦型選抜、多数の東大合格実績のない高校から>

    こんにちは、Yです。 令和4年度東京大学・学校推薦型選抜の合格者は88人でした。週刊誌が、学校名と合格者数を報じています。開成や麻布といった、東大合格者数ランキング常連校からの合格者がいます。驚きもなにもありません。 一 […]

  • <国公立大学、第1段階選抜の不合格者は3,029人>

    こんにちは、Yです。 本日、文部科学省は、「令和4年度国公立大学入学者選抜の確定志願状況及び2段階選抜実施状況(前期日程)」を公表しました。 第1段階選抜不合格者は、3,029人でした。(国立:2,396人、公立:633 […]

  • <東大学校推薦型選抜、渋谷渋谷の躍進はつづく、日比谷もあっぱれ>

    こんにちは、Yです。 東京大学の学校推薦型選抜ですが、1校あたりの推薦人数には制限があります。共学校の場合、男女2人ずつの計4人、男子校・女子校の場合、3人までとなっています。 2022年2月15日、令和4年度東京大学・ […]

  • <インターナショナルスクール開校、外国籍の開成生、広尾学園>

    こんにちは、Yです。 NIKKEI STYLE、2022年1月30日の記事、「東大よりハーバード 開成、渋幕に異国のライバル校」から、面白いと思った話題を取り上げます。 インターナショナルスクール開校 今夏(8月)に英国 […]

  • <中学入試、難関校の繰り上げ状況、声教チャンネル>

    こんにちは、Yです。 北京オリンピックで、女子選手の活躍が素晴らしいです。 高木美帆選手、スピードスケート女子1000m、五輪新で金メダル。銀、銀、銀、そして、金、なんと、一大会で4個のメダル。フィジカルも、メンタルも、 […]

  • <筑波大学附属高等学校>

    こんにちは、Yです。 筑波大学は茨城県にあります。筑波大学の附属学校は、11校ありますが、どれも茨城県ではありません。筑波大学附属学校教育局(東京都)というのがあって、ここが附属学校を運営しています。筑波大学との関係は、 […]

  • <東京大学、学校推薦型選抜の合格者発表>

    こんにちは、Yです。 本日、2月15日、令和4年度東京大学・学校推薦型選抜の合格者発表がありました。一足早く、東大合格を勝ち取った、88名の皆さま、おめでとうございます。 合格者総数が、昨年度より、4名少ない結果となりま […]

  • <私大薬学部、定員割れ、高退学率、処方箋はないでしょうか>

    こんにちは、Yです。 コンビニ、ガソリンスタンド、郵便局より多いのが、薬局です。薬局数は、全国に、6万店以上です。厚生労働省は、今後、薬剤師は余ると予測しています。2021年10月7日の記事<私立大学の「学部系統別入学定 […]

  • <2022年度、麻布中入試の社会で、難民問題が出題されました>

    こんにちは、Yです。 2022年度、麻布中学校入試の社会では、難民問題と政策について出題されました。 問題文は長く、そこに含まれる用語は、「国籍法」、「出入国管理法及び難民認定法」、「植民地支配と特別永住者」、「不法滞在 […]

  • <駅弁大学より「駅伝大学」、「駅名大学」もあります>

    こんにちは、Yです。 夜になって、みぞれに変わりました。大雪にならなければいいのですが。 インターネット上でよく目にする名称で、「駅弁大学」があります。地方国立大学を指します。国立大学は各県にあって、位置づけも様々ですの […]

  • <博士になるのは楽じゃない、博士になっても楽じゃない、博士人材追跡調査>

    こんにちは、Yです。 2022年1月25日、科学技術・学術政策研究所(文部科学省直轄の国立試験研究機関)が、「博士人材追跡調査」第4次報告書を公表しました。 本報告書によりますと、博士課程入学者は、2003年度には18, […]

  • <国大協、2024年度以降の入試、共通テストで「情報」を追加>

    こんにちは、Yです。 2022年1月28日、国立大学協会が、「2024年度以降の国立大学の入学者選抜制度―国立大学協会の基本方針―」を公表しました。 大きな変更点は、「情報」科目の追加でしょう。 「一般選抜」においては、 […]

  • <開成中学校の入試で、合格者数が増えました>

    こんにちは、Yです。 Yは過去に、開成中学校の繰り上げ合格について、ふたつの記事を書きました。・ 2020年11月3日、<開成中学校の繰り上げ合格について、一考察>・ 2021年1月12日、<中学受験、難関校の繰り上げ合 […]

  • <教員不足は深刻、小中高教員2558人不足>

    こんにちは、Yです。 2月1日の読売新聞、1面の見出しは、「小中高教員2558人不足 文科省初調査 欠員深刻1897校」でした。 本文で、教員不足が深刻である事例を紹介しています。・ 一部の小学校では担任を置けない。・ […]

  • <渋谷幕張中学校、二次入学試験の合格発表>

    こんにちは、Yです。 本日、渋谷幕張中学校二次入学試験の合格発表がありました。合格された受験生の皆さま、おめでとうございます。一次、二次とも、厳しい入試でした。 今年も、コロナ禍での入試となってしまいましたが、応募者、受 […]

  • <私大補助金、社会問題、K大学とN大学、理不尽か?>

    こんにちは、Yです。 昨日の記事<2020年度私立大学等経常費補助金>で、上位20校の交付額を示しました。日本大学は、2位で、9,026,130(千円)、慶應義塾大学は、3位で、8,222,048(千円)でした。 そして […]

  • <2020年度私立大学等経常費補助金>

    こんにちは、Yです。 2020年度私立大学等経常費補助金、上位20校の交付額です。 上位20大学は、2019年度と同じ顔ぶれでした。上位10大学も、2019年度と同じで、昭和大学と東海大学が入れ替わったほかは、順位に変動 […]

  • <東京大学、共通テストを未受験でも受験できます>

    こんにちは、Yです。 2022年1月28日、東京大学が、「令和4年度東京大学一般選抜(前期日程)の出願者のうち、大学入学共通テスト本試験及び追試験を受験できなかった場合の取り扱いについて」という記事を掲載し、「東京大学と […]

  • <共通テストの問題流出、喜劇に見えなくもない>

    こんにちは、Yです。 入学試験で不正をしてはいけません。ずるをしてはいけません。共通テストで、試験中に、問題を外部へ洩らしてはいけません。それは、悪いことです。正論ですけれども・・・ この共通テストの問題流出ですが、喜劇 […]

  • <渋渋が鉄緑会指定校に、余計なお世話というか、迷惑な話では>

    こんにちは、Yです。 渋渋(渋谷教育学園渋谷中学高等学校)が鉄緑会指定校になりました。鉄緑会指定校というのは、どのように決めているのでしょうか。鉄緑会ホームページでは、指定校について、次のように言及しています。「鉄緑会で […]

  • <共通テストの得点調整はなし、段階表示の問題、国立大学の出願>

    こんにちは、Yです。 2022年1月25日の末松文部科学大臣記者会見で、毎日新聞の記者が、共通テストの段階表示について質問しました。「数学Iにおいては、48点~100点が段階9になっているが、48点と100点が同じ評価に […]

  • <慶應生の“成人式イベント”、慶應塾生新聞に続報、驚きの内容>

    こんにちは、Yです。 慶應塾生新聞ONLINEに、「一貫教育高校の卒業生を中心とした多人数会合およびそれに関連する二次会や三次会」に関する詳細な続報が掲載されました。概要を転載します。 (1)慶應義塾高等学校「慶應義塾高 […]

  • <慶應の成人を祝う会、三次会まで、そしてコロナ陽性者>

    こんにちは、Yです。 慶應塾生新聞ONLINEによりますと、「一貫教育高校の卒業生を中心とした多人数会合およびそれに関連する二次会や三次会」の報道には、誤りがあるそうです。慶應塾生新聞は、ご丁寧に、独自の聞き取り調査をし […]

  • <千葉は今日も快晴、私立中学校の入試が進行中>

    こんにちは、Yです。 千葉県私立中学校の入試が始まって3日目です。昨日は風が強かったですが、この3日間、快晴が続いています。 今日は、渋谷幕張中学校の入試でした。算数の5番、立方体の問題、難しいですね。受験生のみなさま、 […]

  • <日本政府、国費留学生87人の入国を認める>

    こんにちは、Yです。 2022年1月17日のニュースです。「日本政府、国費留学生87人の入国を認める方針」 現在、オミクロン株の水際対策として、日本政府は、外国人の新規入国を原則停止しています。そんな状況下で、国費留学生 […]

  • <共通テスト、大学入試センターが中間集計を発表>

    こんにちは、Yです。 大学入試センターより、令和4年度大学入学共通テスト平均点等(中間集計)が発表されました。数学I・A、数学II・Bともに、河合塾の予想平均点より高いです。 令和4年度大学入学共通テスト(中間集計)・ […]

  • <共通テストの数学、おつかれさまでした>

    こんにちは、Yです。 共通テストの数学が、とんでもなく難しかったようです。 悲鳴をあげた、頭が真っ白になった、突然泣き出した、問題用紙を破った、泣きながら帰った、自己採点で涙が出た、そんな生々しい声から、受験生の苦しさが […]

  • <共通テスト利用入試、7大学が検定料無料、検定料問題を考えます>

    こんにちは、Yです。 大学入学共通テスト本試験が終了しました。受験生の皆さま、おつかれさまでした。 大学ジャーナルONLINE、2022年1月5日の記事、「私立大学の共通テスト利用入試の出願始まる、7大学が検定料無料の特 […]

  • <共テ会場の東大前で刺傷事件、ヘリ飛ばすテレビ局、お祓いでもしてほしい>

    こんにちは、Yです。 共通テストで悲劇がおこりました。共通テスト会場の東京大学前で、受験生ら3人が刺されるという痛ましい事件です。事件をおこしたのは、名古屋市在住の17歳の男子高校生。私立高校2年生ということで、共通テス […]

  • <無茶を言い出した文科省、2次試験だけで判定>

    こんにちは、Yです。 2022年1月11日に文部科学省が公表した「大学入試の救済策」を巡って混乱が生じています。どうやって収束させるのでしょう。 疑問だらけです。 なぜ、1月15、16日の大学入学共通テストを直前に控えた […]

  • <前受け受験について、さらに考えました>

    こんにちは、Yです。 「前受け受験」で得をするのは誰でしょうか。進学塾、そして、埼玉県と千葉県の私立中学校ではないか、と思います。 進学塾にとって、上位難関校の合格実績は重要です。新規顧客へのアピールになります。同じくら […]

  • <中学受験が始まりました、前受け受験を考えます>

    こんにちは、Yです。 1月10日は、埼玉県私立中学校の入試解禁日。1月20日は、千葉県私立中学校の入試解禁日。2月1日は、東京都、神奈川県私立中学校の入試解禁日。 昨日、埼玉県私立中学校の入試が始まりました。東京や神奈川 […]

  • <オミクロン株の感染拡大、濃厚接触者はタクシーで試験会場へ>

    こんにちは、Yです。 新型コロナウイルスの新規感染者が急増しています。 1月6日: 全国で、4,478人(東京都:641人) 1月7日: 全国で、6,215人(東京都:922人) 1月8日: 全国で、8,311人(東京都 […]

  • <東大、ラムネ、ぶどう糖、受験のお守り>

    こんにちは、Yです。 ちょっと古いですが、東大新聞オンライン、2018年10月5日の記事、「東大生も愛用 ぶどう糖90%の意外なお菓子とは?」を紹介します。入試を間近に控え、タイムリーな内容だと思います。 この記事によれ […]

  • <英検が2022年度の検定料値下げ、高校生らの署名活動実る>

    こんにちは、Yです。 2021年12月23日、日本英語検定協会が、2022年度「英検」その他の検定料値下げを発表しました。納得できる内容か否かは別として、値下げは、いいニュースです。 日本英語検定協会は、2021年度まで […]

  • <大学付属校が増えて、私立大学入試の一般選抜はどうなる?>

    こんにちは、Yです。 大学付属校のメリットは、あちこちで、いろいろと、語られています。有名大学付属となりますと、どこも人気校です。 2019年のデータですが、「内部進学率が高い有名大学附属・系属校ランキング」を見てみます […]

  • <大学付属校・系属校をめぐる最近の話題、明治大学>

    こんにちは、Yです。 2021年12月23日、明治大学が、「日本学園と系列校化に向けた基本合意書を締結」を公表しました。 その内容は、次のとおりです。 3年前になりますが、浦和ルーテル学院が、青山学院大学の系属校になるこ […]

  • <謹賀新年、オミクロン株濃厚接触者の大学受験はどうなる?>

    あけましておめでとうございます。Yです。本年もよろしくお願いいたします。 大晦日の深夜、NHK恒例の番組「ゆく年くる年」で、日本各地から、神社の初詣が中継されていました。東京浅草の浅草寺など、有名な寺には、多くの参拝者が […]

  • <大晦日、アクセスの多かった記事ベスト3を発表します>

    こんにちは、Yです。 本年も、目標といったものはなく、だらだらと、綴ってまいりました。しっかり調べて、分析し、考察して、まとめた記事でも、ほとんど見向きもされなかったりしました。正直、ちょっとがっかりです。一方、ちょっと […]

  • <「ゆる受験」、それで結構じゃありませんか>

    こんにちは、Yです。 EduA朝日新聞、2021年12月27日の、矢野耕平先生が寄稿した記事、「『ゆる受験』の言葉に感じる疑問 中学受験は『逆上がり』、塾通い短いと『キツ受験』に」を読みました。理解できませんでした。 こ […]

  • <「親ガチャ」、英語では、「parent lottery」というようです>

    こんにちは、Yです。 「親ガチャ」は、2021年の流行語大賞・トップテンに入りました。どんな親のもとに生まれてくるかで子どもの人生が決まってしまうという意味ですが、別段、新しい概念ではありません。しかし、新たにネーミング […]

  • <国公私立大学の授業料等の推移>

    こんにちは、Yです。 昨日の記事に関連した内容です。文部科学省が、2021年12月24日、「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」を公表しました。 昨日は、参考資料の […]

  • <私立大学の初年度学生納付金>

    こんにちは、Yです。 文部科学省が、2021年12月24日、「令和3年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」を公表しました。 入学料は、何に使われるのでしょうか。文科系学部と […]

  • <それで、安全な「安全校」ですか?>

    こんにちは、Yです。 eduNavi、2021年12月16日の記事、「中学受験を最後までやり遂げるために。「安全校」の考え方【矢野耕平先生】」ですが、どうしても、ツッコミたくなりました。 Yは、12月1日~7日に、<私見 […]

  • <「二月の勝者」、中学受験は「指定席特急券」>

    こんにちは、Yです。 東洋経済ONLINEでは、「二月の勝者」の一部(ほんの一部)を紹介して、中学受験の現実を解説しています。原作の漫画を読んでいないYには、この紹介は、うれしいです。また、原作を知らないばかりに、かえっ […]

  • <入学率の低い国立大学、意外にも、横国大、医歯大、北大>

    こんにちは、Yです。 大学ジャーナルONLINE、2021年12月20日の記事、「国公立大学入試のハードルは下がっている?一部の大学は意外に低い入学率」を読みました。 文部科学省が公表している「令和2年度国公私立大学入学 […]

  • <東大合格には、サピックスより日能研かも>

    こんにちは、Yです。 東京大学新聞12月号に、「東大生は小学校時代の算数にどう向き合った?」という記事があります。東京大学新聞社が実施したアンケートの結果をまとめたものです。回答者は、現役東大生436人。 アンケート項目 […]

  • <入試の「早慶戦」?ワイドショーですか>

    こんにちは、Yです。 朝日新聞EduA、2021年12月14日の記事、「入試の『早慶戦』二十数年ぶりの大変動 政経学部の入試改革が引き金、ダブル合格者の進学先で」を読みました。まるで、ワイドショーのようなタイトルの付け方 […]

ブログリーダー」を活用して、herbieさんをフォローしませんか?

ハンドル名
herbieさん
ブログタイトル
音符の細流と天の川
フォロー
音符の細流と天の川

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用