searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

shin717jpさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

難しいことは抜きにして 「楽しく、そして気持ちよく撮りたい♪」 これがモットーかな?(笑) 旅写真から風景、人物、街なみ…等々 いろんなジャンルにチャレンジしてみたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

ブログタイトル
Pentax Heaven
ブログURL
http://pentaxheaven.blog.jp/
ブログ紹介文
愛機PENTAXを片手に 写真修行に勤しむ毎日です
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/04/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、shin717jpさんをフォローしませんか?

ハンドル名
shin717jpさん
ブログタイトル
Pentax Heaven
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
Pentax Heaven

shin717jpさんの新着記事

1件〜30件

  • ランチを撮る

    食卓にならぶ料理の撮影。簡単そうに思っていたけれどこれ....実際に料理を前にカメラを構えてみるとなかなか手ごわい被写体だっていうことにあらためて気づかされる。一番苦労したのが光の扱い方。順光じゃないなぁ。逆光か、半逆光か....。さらに、明るい方がいいか、暗い

  • 明石小久保跨線橋

    明石上ヶ池公園の片隅に置かれているアーチ橋。小久保跨線橋と呼ばれているこの鉄橋。今は公園内の歩道に設置されているけれどもともとは明治中頃に九州鉄道の鉄道橋として架けられた橋。ドイツ製の鋼製単桁橋。リベット止めではなく、すべてピンで結合される造りで明治のこ

  • 海峡に初夏の日差しが降り注ぐ午後

    5月。初夏の陽射しってどうしてこんなに眩しいんだろう。真夏の海も好きだけれどこの時期の眩しいくらいにきらめく海にもまた魅せられるものがある。それぞれが思い思いの時間を過ごす5月の海。今年はどんな夏がやってくるんだろう。 

  • せせらぎを聞きながら

    森の中を流れる小さなせせらぎ。耳をすませば聞こえてくる清水の流れる音。耳に心地よく、なんだかとても癒される優しい音。手をつけてみるとその冷たさにびっくり。時がたつのも忘れていつまでもこのせせらぎを聴いていたい…。そんな気持ちにさせられた初夏の森の午後。

  • 多聞寺のカキツバタ

    今年もまた多聞寺からの花便りが届く。境内の池一面に咲き誇るカキツバタの花。今年も見事な咲っぷりに感激。その数3000株とも言われている。カキツバタだけではなくこの時期、多聞寺の境内ではつつじも花を開かせる。カキツバタの紫色そして赤、白、ピンクのつつじの花。色

  • 須磨寺と源平合戦

    源平の戦い。一の谷の合戦で源義経の本陣が置かれたのがこの須磨寺の地だったといわれている。境内にある源平の庭で再現されているのは馬に乗った平敦盛と熊谷直実の一騎打ちの場面。平家一門の若きリーダー敦盛が源氏武将の熊谷直実に討たれる場面はあの平家物語の中でも悲

  • 新緑萌える須磨寺にて

    新緑の季節を迎えた須磨寺へ。仁王像に迎えられて参道を奥へ。赤い三重塔と眩いばかりの緑の木々。須磨寺は、神戸須磨区にある真言宗のお寺。お大師さんの名で親しまれ古くから地域の人々の信仰の場として栄えてきた寺院。慶長年間に豊臣秀頼の手によって再建された本堂。本

  • コロッケのまんま

    その名前の通り....コロッケのまんま。コロッケが中に入ってるのかと思いきや裏の表示を見てみるとスナック菓子。コロッケがスナックになるなんてあり得るのだろうか....Σ( ̄ロ ̄|||)まさか、コロッケがそのまま入っていたりして? ・ ・ ・ ・ ・ 中身を取り出してみ

  • 居酒屋のひとコマ

    仕事帰りにちょっと一杯。これって日常の中の本当に当たり前のひとこまだったんだけどな。もう1年ほどこういう場には足を運んでいないかなぁ。なんかすっかり遠い遠い風景になってしまった。いったいいつになったら当たり前の日常が当たり前に戻ってくるんだろう…。 

  • 瀬戸内のとある朝

    重苦しい雲が立ち込める瀬戸内のとある朝。 やがてその雲を切り裂くかのような陽の光が。そして漁へと向かう漁船。なにか神々しいものを感じずにはおれないそんな海の光景を見たような気がした。

  • 緑の小径を歩く

    新緑の季節。緑がまぶしい季節になってきた。K-5Ⅱsにお気に入りの35mmをセットして川沿いの緑の小径を歩く。2年めを迎えることになってしまったコロナ禍の春。先の見えない重苦しい日々は続くけれどそんな僕らの毎日とは何の関わりなく森は今年もまた緑萌える季節を迎えてい

  • 青龍神社

    青龍神社は明石江井ヶ島の海を見渡す小高い丘の上に鎮座するお社。海の安全、そして豊漁祈願の神社として地元の人たちから崇められている。創建は鎌倉時代の13世紀半ば。なかなか古い歴史を持つお社。縄文時代の遺物も発見されたというからこの地は、かなり古くから栄えてい

  • 巣篭もりのGWは…

    ステイホームのGW。読書三昧の5日間。こういう過ごし方も悪くないなぁ。 

  • あさご芸術の森にて

    あさご芸術の森は兵庫県朝来市にある緑地公園。園内には多数の彫刻作品が展示されている。現代美術は何だかよくわからないものが多いけれどこんな緑豊かな自然の中に配置されていると不思議とその風景に溶けこんでいるように見えてくるから不思議。園内の入り口にはこんな動

  • タム9で撮る花壇の花たち

    花撮りってなぜかとてもワクワクしてきてしまう。名前の知らない花もたくさんあるのにただただ咲き誇る花たちにレンズを向ける....これだけでとってもハッピーな気持ちになれるのが不思議。スパラキシス。和名はスイセンアヤメ。マクロレンズだからもっと寄れるんだけど花全

  • いちご狩り

    摘みたてのイチゴってやっぱり最高♪ 妙に甘ったるくなくてちょっと酸っぱいくらいの味がホントのイチゴなんだなぁ。ちょっと遅い時期かなって思ったけれどいやいやまだまだGWが終わることまでが旬なんだとか。いちごの花も咲いてたぞ。今では年中食べることができるいちご

  • 我が家の歴代コンデジたち

    まだデジタル一眼に出会う前愛用してきた我が家の歴代コンデジたち。Panasonic LUMIX DMC-FX35(2008年)バイクツーリングに持ち出すための購入。広い風景を収めたかったので広角系のこのモデルを選んだ。10000画素だけど、色乗りもよく使い勝手のいいカメラだった。Nikon CO

  • Limitedレンズで花撮り散歩

    4月から5月にかけて。この季節って花があちらこちらで楽しめる。家の近所の公園へ。ほんの小一時間の散歩だけど、いろんな花たちに出会えるのが嬉しい。飲み会も行かない、会食もしない。仕事から帰れば、ずっと巣ごもりの自粛生活…。天気のいい日にほんのちょっとの時間だ

  • 大歳金刀比羅神社にて

    出かけた先で古い社寺や建物を見ると ついつい足を止めて立ち寄ってしまう。古い建造物にはなにか人を惹きつける何かがあるんだろうなぁ。この日立ち寄ったのは兵庫多可町にある大歳金刀比羅神社。鳥居から本殿まで整然と並ぶ灯籠が圧巻。創建は不明。でも江戸時代の検地帳

  • DA50mmF1.8で撮る海峡の風景

    DA50mmF1.8。久しぶりに使ってみたらこのレンズの面白さを思い出してしまったぞ。写りもやっぱいいなぁ....。もう少しこのレンズで楽しみたくなって、海峡公園まで出かけてみた。このレンズK-5Ⅱsの取り付けると焦点距離は76.5mmに。中望遠の画角になるんだけど海峡大橋のダ

  • 久しぶりに持ち出してみた@DA50mmF1.8

    同じ50mmでもFAレンズとDAレンズでは絵の雰囲気が違うなぁ。久しぶりにDA50mmF1.8 を持ち出してみて、その違いに気がついた。 DA50mmのほうがカリッと感が強いのかなぁ。FA50mmもなかなかシャープな描写をしてくれるんだけどDAレンズのそれとはちょっと違うような気がする。

  • 神戸南京町を歩く

    路地裏を抜けて元町の南京町まで歩いてみた。元町の駅南。200mほどの通りに100あまりの店が軒を連ねる中華街。久しぶりに来た見てけれどやっぱりこのご時世…本当に人は少ない。いつもなら長蛇の列が続く有名な肉まんのお店。だぁれも並んでないなんて…ちょっと驚き。ホント

  • 神戸路地裏スナップ

    出張帰り。時間が余ったので、神戸の駅で途中下車。三宮から元町あたりまで。足を運んでみたのは繁華街から外れた路地裏通り。ここに立ち寄ってみたいとかこんなものを撮りたいとか… そんな目的はなぁんにもなかった。ただ、カメラ片手にブラっと歩くだけ。でも、そんな路

  • バナナケーキを焼いてみた

    おうち時間にケーキを焼いてみた。バナナ4本とクルミをたっぷり入れ込んだバナナケーキ。ケーキって粉をこねるときからもう楽しいんだけどきれいな色合いで焼き上がったときの感動はこれまたひとしお。部屋中に立ち込める、あのバターの焼けたいい匂い。もぉ、これだけで満足

  • セーム革でカメラの手入れ

    クラシックカメラを愛用している知人が勧めてくれたセーム革。これがなかなかいい。鹿の皮をなめした革でとても柔らかく水気や埃、塵等を拭き取るのに適している。デジタルカメラの液晶部分の油汚れもこのセーム皮で軽く拭き上げるだけできれいに落ちてしまう。汚れれば何度

  • ツツジが見頃になってきた

    桜の季節が終わるとツツジたちが澄んだ青空を背景に次々と花を開かせ始める。ツツジってこの季節にはどこでも見かけることができる花だけどその歴史も古く江戸時代頃から育成が盛んに行われ、当時から品種の改良もなされてきた花らしい。初夏の訪れを告げる日本人にとっては

  • 大阪府立図書館

    これ....本当に図書館?って、初めて訪ねたとき、自分の目を疑ったのを覚えている。荘厳な雰囲気と重厚感漂う建物。古代ヨーロッパの神殿を思い起こすよう造り。とにかく迫力のある正面玄関なのだ。中に入ってまた驚き。歴史を感じさせる独特の雰囲気が漂う階段。見上げれば

  • ダム湖の春

    黒川ダムは兵庫朝来の市川本川水系に建造されたダム。高さが100m近くにもなるロックフィルダム。下から見上げると何層にも積み上げられた岩石がなかなかの迫力。ダムの上に上がるとなかなかの見晴らし。300mを超える堤頂。ほんと....でかい建造物だなぁ、ダムって。ダム湖周

  • Limitedレンズで初めて撮ったものは野菜だった。

    HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited。初めて手にしたlimitedレンズ。この35mmLimitedで初めて撮影したものが....なんと野菜だった。 なんでこんなもの撮ったんだろ....って今にして思うんだけどあのときはなんか嬉しくて仕方がなかったんだろうなぁ。台所に並んでいた野

  • 霧に浮かぶ海峡大橋

    春の朝。窓を開けると海峡を覆う一面の濃霧。偶然出会えたこの光景に思わずシャッターを切った。霧に浮かぶ海峡大橋。長年ここに住んでるけれどこんな景色を見たのは初めてかもしれない。300m近くあるあの明石海峡大橋の主塔。そのほぼ半分近くまで霧に埋もれてしまっている

カテゴリー一覧
商用