searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

風と木と水の記録さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
shizukanakurashiのブログ
ブログURL
https://shizukanakurashi.muragon.com/
ブログ紹介文
人生の砂時計 のこりの一粒まで自分らしく生き生きと
更新頻度(1年)

69回 / 93日(平均5.2回/週)

ブログ村参加:2020/04/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風と木と水の記録さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風と木と水の記録さん
ブログタイトル
shizukanakurashiのブログ
更新頻度
69回 / 93日(平均5.2回/週)
読者になる
shizukanakurashiのブログ

風と木と水の記録さんの新着記事

1件〜30件

  • しばらくは

    あれ⁉️  卵かけご飯かな❓ なんかちょっと違う気がする‥‥ 出来ました。あんずのシロップ煮。 さっそく朝ご飯に。   ことしは炊飯器と琺瑯鍋。 なべは、どうやら香典返しのカタログ交換 箱のまま20年。 母はなにを作ろうとしていたのかな。 柄はイマイチだけどこの日のために ...

  • 静かな自衛

    週末の夜の繁華街の様子がニュースで映る 飲み会に興じる若い世代や働き盛りの人々 なんだかうっすら ぞっとする 毎日通勤で同じ車両に乗り 隣にびったりと立つのは あんなふうに夜の街に繰り出して アクリル板を勝手にどけてしまうような輩 ではないことを願う しばらく会えなかったか...

  • 向日葵とあんずの便り

    まだ早いけれど   少し元気をもらえるように    いつかまた向日葵畑に行けるかな      こんな風景に会いに行きたい      まち詫びていたあんずの実が届いた コロナ自粛が無かったら 満開のころのあんずの里に行こうと 思っていた。 駅のホームであんず狩り 来年こそ訪ね...

  • きのうの帰り道 

    雨上がりの帰り道   日も落ちるまでに歩いて帰ろう いつもの道 いつもの店 いつもの窓 まえに来たのは冬のはじめだった いつもが戻りつつあることを しみじみと感じる 好きな景色はひとりがいい おしゃべりに巻き込まれ うっかり見逃すことがないから つゆどきの海     グレー...

  • ここに来るわけ

    j " てらワーク2 はたらいて 坐る はたらいて 食す   歩いて 見る 立ち止まって 聞く すべては 默の中 日常のもやもや  土砂降りの雨が 帰りには晴れた また泥だらけになったら ここへ

  • それぞれ時間

    人それぞれに時計🕰があって 人それぞれここまでの物語がある 「何にもしないをしている」って 確かプーさんのセリフだったかな。 かつて付き添いで通った夢のネズミの国。 あの頃は胡散臭いと思ってて あんまり楽しめなかったけれど この言葉にはうなずけた。 ここから3日の時間がす...

  • きままな計算

    「机上の空論」 「しょーげきだね」 「ふりかえりは大事らしい」 「いろいろ数字が飛び交っている」 「夏すぎにはGO to トラベルキャンペーンも あるらしい。 まだまだよくわからないんだけど‥」 「お安く、小さな旅行が出来るようになるといいな」 「ぶらり途中下車の旅でもいい...

  • 朝活と腸活

    「やっと晴れたね〜」 「取り置きばかりでつまらないから       きのうは8時半に寝てたよ」 「小学生か」 「いまは小学生のほうが忙しいのです」   「お日様はありがたい」 「午前中が勝負です」 「朝から洗濯魔❗️」 「やあ久しぶり」 「なんか親近感感じるなぁ〜。    ...

  • てらワーク オヤジな一日

    今日は在宅勤務の日 地元を南下して 「テレワーク」ならぬ「寺ワーク」 「またお寺なのー⁉️」 「厳しい修行で君たちを鍛え直します❗️❗️」 というのは冗談で、 在宅勤務などでお寺の静かなスペースを提供していただけるという新しいの試みだそうです。 風か抜け 鳥のさえずりが聴こ...

  • 十年ほど前から 聴覚に障害のある人と仕事をしています。 教えられたことが沢山あります。   手話が出来なくとも 私の口元を読みとってくれ 聞こえていないことを忘れてしまうほど 身振り手振りと わかりにくいことは筆談です 仕事という現場では あやふやな表現は相手を混乱させてし...

  • 少しばかり早帰り

    「熱い1日だったね」 「君に会いたかったよ」 「かき氷の季節」 「ダメだよ今から冷たいものばかりじゃ」 「あんまり暑いと食欲も落ちるね」 「見て見て、すごいよ。スーパーで見つけた」 「うわーっ❗️」 「50センチ超え❗️❗️」 「折れないように背負ってきたよ。」 「美味しそ...

  • ハレの日 ケの日

    「去年の実がつけっぱなし‥   葉っぱも元気が無いし、切っすてちゃお。  雨に呆けて水切れに気がつかず     ガラス蒸れで虫もわく       ベランダ鉢は難しい 「また油断して枯らした〜」 梅雨どきの水やりは難しい       鉢の楓は何度も枯らした     生き返る木...

  • 静かな参道

    とある朝 「雨だね」 「今日もやみそうもないね」 「歩行者天国も再開だって昨日はニュースでやってたよ。」 「それなら、猫バスで🚌ひとっ飛び」 「やあこんにちは」 「よく来たね」 「コロナ自粛が解除になったと思ったら、          雨が続いてガラガラだよ」 「今日まで...

  • 梅雨の家しごと

    「ギョギョ❗️      小松菜が78円〜❗️」    「なんか野菜がお買い得」  「よし❗️梅雨のキリリ🎐おうち版❗️」 「大葉が巨大だな」 「できすぎ野菜もジュースなら関係ないさー」 「小松菜がパセリ、大葉🥬 レモン汁🍋 なんでも入れちゃえ〜」 「このオンボロジュ...

  • 「しょうぶ」な一日 

    菖蒲湯とはこれ如何    歩いていたら目が覚めた        通りの真ん中仁王立ち   心意気を感じるカレー屋さんの看板  店主さん 熱いメッセージ ありがとう    「567に負けるな❗️」    ひとりひとりが もう少し頑張ろう

  • 梅雨入りですが、キリッと

    密集回避の休業日。 やっと今頃取得許可。 散歩途中の自販機になんか気になる新商品。 思わず「ジャケ買い」ならぬ「缶買」 味は冒険してみます。   日中の蒸し蒸しと夕方の超豪雨。 おまけにマスクも外せない。 せめて目だけは涼しくね。

  • 疲れ果てて寝ても  目覚めると忘れている       単純な自分          だけど  それでいい    くさってたって仕方ない          また一から始めよう        朝があって          ありがとう            

  • 時の記念日

    木に年輪あり     「人生にフシあり‥」 さざれ石は巌となりて   「三年も居たら馴染むね〜」 苔のむすまて   「保湿効果がスゴイ‥」 時間は誰にでも平等に与えられた唯一のものです。 有効に使うか、無駄に使うかはその人次第。 二度と取り戻せない大切なもの。 6月10日 ...

  • このごろの日常

       「やぁ、毎日更新大変だね」 「生きてる言葉を出してるだけだよ    見たまんまのことをさ」 「それにしても‥」 「どこでも透明シートごしの会話」 「これって‥」   『あなた 変わりはないですか』   『ああ』 「面会ごっこ!」      新しい生活様式です

  • 重たい月曜日

    月曜日 週の始まりはいつも気が重い いつも通りでない今年は 何事も変更変更でしんどい 臨機応変 力量のある人は きっと変化や困難も 楽しむ余裕があるのだろう 「あそび」があるって大切 「まかせて、カァ〜っ❗️」 人は頭が固くなると変化に対応できず、 傘の下で威張って動かない...

  • 水際会議

    「みなさーん!  お集まり頂きありがとうございます。  今日の議題はこの夏をいかに乗り切るかです。  ご意見をお出しください。」 一同「はーい❗️」 「まずはコロナ対策」 「水の中ではマスクが難しいです」 「できるだけお互い距離をとるよう           心がけてくださ...

  • 随所に 疎

    大きなものの前に立つと        自分の存在が小さく感じます

  • ひととき 閑

    こういう一日も必要

  • 静かな闘い

     まだ        闘いは続いている   闘いの相手はコロナウイルス   闘いはまだ収束が見えないのに        人と人が争っている  関係ないとか、遠い異国のこととは思えない        悲しくてやりきれない       人間は何をやっているのだ       せめ...

  • 根性ゆり

    「日常って 大変だったんだ」 「今まで 密、密、密」 「気づかなかっただけ」 「 人  時間  お金の余裕もね。」 「仕事がつらい‥‥」 「見つけたよ」 「いつも駐車場に咲くんだ」   「 どんな年も 切られても ここに咲く 」 「 純潔で つよい 」 「二輪になった」 「...

  • そろそろ来るね

    「そろそろ来るね」   「そろそろ来る」   「ことしも来るよ」 「ことしも来る」 「いつもはグレーでブルーだけど」 「まいにち、お空がね」 「ことしはみんなと一緒だから楽しめそうさ」   「お家時間が長かったからだね」 「何もかもが新鮮だよ」  梅雨入りもそろそろ    ...

  • 6月1日

    きょうから街に    少しずつ日常が戻ります 「ダメだ〜。   おうちに居すぎてやる気が出ない〜」 「ぼくも同感」 「お2階さん、大丈夫かな。」 「おーい❗️お仕事だよー。」 「やっぱり働くって気持ちがいい」 「気持ちがいい❗️」    手から手に 人から人に  「この花を...

  • ステップ2

    5月が終わる 商店街には「6月1日再開」の貼り紙が多い 学校も再開のニュース いっせいに動きだす予感 ゆるゆる村も良かったな 5月と6月のあいだには     川が流れているみたい 実質的には新年度 電車も混んでくるのかな 5月最後の1日を味わおう まだまだコロナに注意です

  • 一滴魂💧

    「87歳の五木寛之さんが言っておった‥ 『 これからは     アローン アンド トゥギャザー     (ALONE AND TOGETHER)     ひとりでいてもみんなと一緒           の時代 』じゃと❗️❗️」 「個々に生活し離れていて、いざというときはネ...

  • クロスオーバーのしあわせ

    自分にとっての幸せは     他の人にはわからない。  ああそうそうって    同調しても 微妙ところは人それぞれ。 歳をとっての幸せは    自分流が楽しいこと。 コンビニで買えるパンは たまに贅沢するグラノーラより生活に欠かせない 有名パティシエのスィーツより お得お得...

カテゴリー一覧
商用