searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

星の旅人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自作ペルチェ冷却カメラ 冷却温度コントローラー ボールドライブ自作微動装置 ミラーレス改造

ブログタイトル
星の旅人★あれこれ日記
ブログURL
http://hoshitabi.ldblog.jp
ブログ紹介文
北緯44度、冬の寒さとヒグマに身体を震わせながら、、、、、でも、の~んびり星空散歩を楽しんでいます。天体写真アルバム、自作冷却カメラ、スケアリング調整の悪戦苦闘ぶり等が満載!!
更新頻度(1年)

40回 / 323日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/03/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、星の旅人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
星の旅人さん
ブログタイトル
星の旅人★あれこれ日記
更新頻度
40回 / 323日(平均0.9回/週)
読者になる
星の旅人★あれこれ日記

星の旅人さんの新着記事

1件〜30件

  • APT+FP2+PHD2+SB10=快適

    リモートによるピント合わせをするため、Astro Photography Tool(APT)を導入してみました。APTについては、電動フォーカサーを自作してからずっと考えていたのですが、myFocuserPro2やPHD2、STAR BOOK TENとの関係がいまひとつイメージできなかったこともあって、「のびの

  • 今が旬!IC417近くの「三種盛り」

    ★IC417+M38★勾玉星雲のそばにあるIC417とM38です。散開星団M38の星粒、ピンクがかったIC417と棒状の赤い星雲のコントラストが美しい領域です。ノーマルの処理では夥しい微光星に埋もれてしまいそうになります。微光星を抑えると星雲が目立たなくなり、星雲を強調すると画面

  • Ced214・???マーク星雲中心部です!

    ★Ced214+NGC7822★今の時期、撮りたい対象がありすぎて困りますねえこの日は快晴!「クエスチョンマーク星雲」の中心部を狙ってみました。というより、、、、、、、全体が入らないんですよね゜(´Д`)゜。長時間露光のため子午線をまたいでしまいます。鏡筒の反転により

  • 分子雲の季節到来!vdB27・LDN1495

    ★vdB27・LDN1495★おうし座を中心に、分子雲を撮影する季節がやってきました。天文雑誌などで見るベテランの方々の分子雲は、天体写真ファンにはとってまさに垂涎の的。「自分もいつかこのような写真を」と憧れる対象です。とはいえ、実際に挑戦してみると、それはそれは難

  • 淡~いけど美しい!!LBN534

    ★LBN534★「いつかは撮ってみたいリスト」の1つ、LBN534に挑戦してみました。やはり、淡い( ̄▽ ̄;)!!ガーン私の環境では「10時間もの」だということがわかりました。それにしてもこの対象、位置も地味、名前も地味、ですが本当に美しいベテランの方々が撮った写真を見ては、

  • 29分のプレアデス星団

    ★M45★半年ぶりの撮影です(^_^)ニコニコ電動フォーカサーを取り付けてから、天候やら体調やら、、、、、ストレスが溜まっていたのですが、今週の火曜日、好天に恵まれやっと出かけることができました。あれも撮りたい、これも撮りたい!と勇んで行ったのですが、トラブル続きで

  • 最終回 ピント合わせの実際

    今回はPC(FP2)からのピント合わせの操作手順を紹介します。(1)大体のピント位置にドロチューブを移動させ、ピントゲージを「0」にセットする(2)モーター側の電源をONにしてからFP2を立ち上げるここで確認するところがいくつかあります。□COMポート□LCD Enabled□Coil Pow

  • 第10回 電動フォーカサーの取付け

    電動フォーカサーをε130Dに取付ける日がやってきました。まずは、鏡筒バンドに取付けるL字アングルを注文。「アルミ不等辺アングル(R無し)生地材」というものです。横山テクノさんでカットしてもらいました。厚さ5mmをチョイス、先にAliexpressで購入していたモーター金具

  • 第9回 コンパイル~チップ書込み作業

    コンパイルに使ったスケッチは「myFP2_DRV8825_298.ino」です。サイズは46KBですが、コンパイル後のプログラム本体サイズは22KBほどになります。コンパイルが成功したら第1段階クリアです。第2段階は書き込み作業です。「ボードへの書き込みが完了しました」のメッセージが

  • 第8回 組立ての実際

    いよいよコントローラーの組立て開始です。何度も回路図と実際の動作を確認した後、少しずつ進めていきました。使った回路図は「myFocuserPro2M DRV8825HW203」というものです。サイトには様々な回路図が掲載されていますが、使うパーツの種類などを考え、自分に合ったものを

  • 第7回 「myFocuserPro DIY」からのdownload

    myFocuserProでフォーカサーをコントロールするために必要なファイルをdownloadします。私は、次のようなファイルを用意しました。Pro、Pro2のどちらが動作するかわからなかったこと、どのバージョンがよいのか、説明書もどれがどれなのかさっぱりわからないので、少し「多め

  • 第6回 ドキドキ楽しい?動作テストの話

    「Arduino」に慣れるため、まずは基本のスケッチを色々試してみることから始めました。ブレッドボードにNanoをセット、LEDの点滅。「オー!点滅した!」こんなレベルからです。次はスケッチの書換えで点滅時間を変更。「オー!!変わった!!」こんなことも初めての体験です

  • 第5回 Arduinoに慣れる

    プログラミングといえば、BASIC、C言語などはきいたことはありましたが、今回は「Arduino」です。プログラムを用意した後、「Arduino IDE」というツールでコンパイル、UnoやNanoのRAMに書き込む、といった流れです。プログラムの拡張子は「*.ino」です。「Arduino」ではこの

  • 第4回 電流(電圧)調整は慎重に!

    1つの計算式を理解していなかった(知らなかった)ため、ドライバやUno、Nanoを数個壊してしまいました。chipが見事に?焼きただれています一瞬の「出来事」でした、、、、何らかの損傷を受けるとLEDがまぶしく点灯、こんな状態になります。その計算式とは、Imax=Vref×2(DR

  • 第3回 パーツ購入

    取付アングルなどをのぞけば、パーツ代はなんと約2000円くらいです ほとんどのパーツは、AliExpressからの購入です。とにかく安いので、壊れてもすぐ交換できるようにと複数注文しました。(実際、知識不足から何個かはアッという間に壊してしまいました、、、、)Uno、Nano

  • 第2回 完成までのプロセス

    右も左も分からないため、とにかく過去の製作サイトを見ることにしました。しかし、「国内版」のものは少ないようで、検索してヒットするのは「外国版」ばかり。ステッピングモーターに関するYoutubeの動画も数多く見ました。英語、タイ語?、スペイン語、フランス語、ロシア

  • 第1回 「電動フォーカサー製作記」連載スタート!

    電動フォーカサーの自作、という私にとってはハードルの高い工作にチャレンジしてから約2か月、このほど本格導入のめどがたちましたので、製作メモを連載することにしました。これから作ってみたい方は是非ごらんください。(参考になるかどうかわかりませんが、、、、、)ま

  • 斜鏡マークと等光度曲線~その2~

    前回に引き続き、斜鏡マークと等光度曲線の関係性について備忘録的に載せておくことにしました。「カメラの天地縦横」によって「法則」に違いがあることの検証です。下の図は、前回のカメラ位置から90度反時計回りに回転させた時のフラットフレームの結果です。この場合、

  • 2020/6月号 天文ガイドの彗星特集(^.^)

    天文ガイドの6月号にアトラス彗星の写真が掲載されました今年の3月25日、「増光中」のアトラスを2時間かけて撮影したものです。この頃は、天文ファンの期待を背負いながら太陽めがけてグイグイ進んでいたのだと思います。まさか核が崩壊するとは、、、、、あらためて天文現

  • 斜鏡マークと等光度曲線の「深~い関係」

    斜鏡マークの位置と等光度曲線の関係を「暴く」検証メモです。先日は冷却カメラ1号機で、ある程度満足した結果が得られました。その後、縦位置撮影専用としての2号機でも確認したところ、何か様子がへん、、、、こりもせず、最初からやり直してみることにしました。まずは

  • 斜鏡マークと等光度曲線の「深~い関係」

    斜鏡マークの位置と等光度曲線の関係を「暴く」検証メモです。先日は冷却カメラ1号機で、ある程度満足した結果が得られました。その後、縦位置撮影専用としての2号機でも確認したところ、何か様子がへん、、、、こりもせず、最初からやり直してみることにしました。まずは

  • 初挑戦!青い宝石箱 IC4601

    ★IC4601★一度は撮ってみたいエリアに挑戦してみました。分子雲をはっきり表現するためには、画像処理が未熟ということもあり、1時間や2時間の露光時間では「厳しい」と実感できました今まで経験したことのない5時間露光。頑張って画像処理に挑みましたが、結果はごらん

  • みんなで応援!アトラス彗星の勇姿(4/28撮影)

    ★C/2019 Y4(アトラス彗星)★月明かりの中、久々にアトラス彗星を写しました。北国では北天の視野が広いため、すっきりとした姿をとらえることができました。核が「崩壊」とのことで、ちょっと心配していましたが、まだまだ「頑張って」いるようです。中心核もしっかり存在

  • 激安!フラット用LEDパネルを作りました。

    「LEDテープライト」でフラット用LEDパネルができるか、作ってみることにしました。以前からELシートの自作例を見てはいたのですが、最近はLEDが主流ということで「一度は自作に挑戦」という私のDIYスピリット?が起動してしまいました作例は「広告用」「LEDバックパネル」で

  • 「S字状暗黒星雲」が砂嵐の中に?!

    ★S字状暗黒星雲★やっと視界に入ってきたS字状暗黒星雲。今まで赤い散光星雲や深宇宙の銀河を撮影してきましたが、こんなに夥しい数の微光星は初めてのこと。どうやって画像処理したらよいものやら、、、、、戸惑うばかりです(;´Д`)ベテランの方々の写真をお手本にしな

  • クジラ銀河を撮りました。サンマにも見える?

    ★NGC4631(クジラ銀河)+NGC4656,57★本格的な天の川シーズンを直前に控え、何を撮ろうかと物色。この時期、ほぼ天頂に位置する「クジラ銀河」を撮ってみました。(またまた、身の程知らず、、、、、)8分1枚ものでも結構はっきり写っていたので、ワクワクしながら撮影を

  • ε 銀河?を撮影しました!

    ★NGC4038,4039(アンテナ銀河)★大口径、長焦点の対象とは思いつつ、以前から気になっていたアンテナ銀河を撮ってみました。(「身の程知らず」と言われそうですが、、、、)星と星が宇宙の中で衝突するのは何となくわかりますが、銀河と銀河が衝突するなんて、宇宙の壮大

  • サヨウナラ、、、かもめ星雲

    ★IC2177(かもめ星雲)★3月末に撮影したかもめ星雲です。構図は、430mmの焦点距離にAPS-Cセンサーでは「ぎゅうぎゅう詰め」状態。また、このあたりのターゲットは、南中高度も低くてカブリも大きく、iso1600で3分露光が限界でした。いつものことですが、画像処理が苦手な

  • LED照明付き光軸調整台を作りました。

    光軸調整台を作ってみました。私は斜鏡マークを調整する際、εの鏡筒を横に寝かせて作業をしています。そのたびに、クッションなどを敷いていましたが、どうも安定性が悪いので時間があれば自作しようと考えていました。最近は時間がたっぷりある?ので、手がけることにしま

  • バーティノフマスク対決!勝負は?

    昨晩は自作冷却カメラ第2号機のスケアリング調整をしました。2号機は「縦型構図専用」として製作しましたが、ヒートシンクとファンがボディの真後ろにあるため、バランスがいいようです。あっ、「バーティノフマスク対決」でしたね(´;ω;`)1等星、1秒露出で比べてみました

カテゴリー一覧
商用