searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

たぴすけさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

金融関連の内部情報や豆知識を綴っています。よろしくお願いします!

ブログタイトル
現役銀行員の銀行業務相談所
ブログURL
https://www.tapisuke.com/
ブログ紹介文
現役銀行員が金融関連の話題について解説します。借金や融資等お金についての相談も実施中です!
更新頻度(1年)

58回 / 346日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たぴすけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たぴすけさん
ブログタイトル
現役銀行員の銀行業務相談所
更新頻度
58回 / 346日(平均1.2回/週)
読者になる
現役銀行員の銀行業務相談所

たぴすけさんの新着記事

1件〜30件

  • 巨額損失を計上したJALは再び破綻してしまうのか?上場廃止となる可能性も考察!

    皆さんこんにちは。 2020年7月29日にANAが、8月3日にJAL(日本航空)は、2021年3月期第1四半期の決算短信を発表しました。 その内容は937億円の純損失というショッキングな内容でした。 今回は、JALの2021年3月期第1四半期の分析及び今後の倒産確率について考察していきたいと思います。 上場企業が倒産した際に保有株式がどうなるかを下記記事でまとめておりますので、ご参照ください! JALは大赤字で倒産の危機に直面?建て直す可能性はあるのか? JALの2021年3月期第1四半期損益計算書 2021年3月期第1四半期の貸借対照表 2021年3月期通期のJALの決算はどうなるのか? J…

  • アメリカと中国の対立は第三次世界大戦の引き金となるのか?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスによる不況を原因としてアメリカと中国の対立が激化しています。 今回は、米中関係の現状と今後の展望について考察していきたいと思います。 国際的な経済問題については下記記事もご参照ください。 米中関係のこじれは東西冷戦の再来となるか?第三次世界大戦の引き金となる可能性も? 米中関係の対立は宿命的? トランプ大統領も反中色を鮮明に 米中対立の舞台となるのは自由貿易体制 中国の経済成長の原動力である輸出に陰りが出てくる可能性 今後は地政学リスクの高まりに注意 まとめ 米中関係のこじれは東西冷戦の再来となるか?第三次世界大戦の引き金となる可能性も? 米中関係の対立は…

  • すまい給付金と住宅ローン減税を活用した50万円お得な住宅購入の方法とは

    皆さんこんにちは。 現在、日本で家を購入する際に活用できる制度としては「すまい給付金」と「住宅ローン減税」の2つが最も重要です。 今回はその中からすまい給付金について詳しく解説していきます。 なお、住宅ローン減税については、下の記事で詳しく解説を行いましたので、ご参照ください。 すまい給付金を活用すれば最大50万円お得に住宅が購入可能! すまい給付金とは? 2019年10月の消費増税で給付額が50万円まで増額 すまい給付金の申請方法は? まとめ すまい給付金を活用すれば最大50万円お得に住宅が購入可能! すまい給付金とは? 2014年に消費税率が5%から8%に上がることを受け、増税による住宅購…

  • 住宅ローン控除は確定申告すると所得税と住民税が還付される?

    皆さんこんにちは。 新築住宅やマンションを購入すると、控除を受けることができるのが住宅ローン控除です。 今回は、この住宅ローン控除の詳細と手続きについて詳しく解説していきます(情報は2020年7月現在のものです)。 最長13年間税金が還付される住宅ローン控除を受ける方法とは?住民税も対象となるのか? 住宅ローン控除とは 住宅ローン控除が適用される条件とは 住宅ローン控除の適用対象外となるパターン 連帯債務者も住宅ローン控除の適用を受けることができる 住宅ローン控除を受けるための手続きとは? 2年目以降の手続き 住宅ローン控除で住民税は控除されるのか 住民税の控除に必要な手続きは? 住民税の控除…

  • ソーラーシェアリングに最適な農作物は榊!失敗しない栽培方法は?

    皆さんこんにちは。 2020年度より一般的な野立て型太陽光発電は、全量売電が不可能となりました。 その一方、例外的に全量売電が認められているソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が注目されています。 今回は、そんなソーラーシェアリングにおいて栽培に最適な農作物である榊について、解説していきます。 ソーラーシェアリングのメリットや事業スキームについては以下の記事を参照ください。 ソーラーシェアリングで栽培が成功しやすい榊の育成方法とは? 榊とは? なぜ榊はソーラーシェアリングに最適なのか? 榊の販売ルートは? 販路の開拓はJAにまかせる まとめ ソーラーシェアリングで栽培が成功しやすい榊の育成…

  • ゾンビ企業が淘汰されるのは好況(景気回復)時でなければならない理由

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルス感染拡大による影響を最小限に抑えるために、政府・日銀は大規模な財政政策・金融緩和等により、企業の資金繰りを支援することで、連鎖的に景気が悪化することを防ごうとしています。 この政策は失業者の増加を防ぐことにつながるため、不況時の対策としては功を奏していると思われますが、同時に本来は経済の回転の中で淘汰されていくべき企業、いわゆる「ゾンビ企業」を生み出しているとも言われています。 今回は、このゾンビ企業とは何なのか、また本来は経済のどのような局面で淘汰されるべきなのか、について考察していきたいと思います。 ゾンビ企業は不況時には判別できない!倒産させるべきな…

  • レオパレス21は倒産や上場廃止となるのか?赤字となった2020年3月期決算を分析!

    皆さんこんにちは。 施工不良問題が2019年に発覚した株式会社レオパレス21が2020年3月期決算を発表しました。 その内容は、約800億円の大赤字を計上する非常に苦しいものとなりました。 今回は、レオパレス21が今後、経営再建を成し遂げることができるのか、業績改善の余地について考察していきたいと思います。 レオパレス21は2021年3月期に債務超過となる?上場廃止の可能性は? レオパレス21の2020年3月期決算内容 レオパレス21の財務状況 果たしてレオパレス21は倒産するのか? レオパレス21は上場廃止となるのか?株価は? まとめ レオパレス21は2021年3月期に債務超過となる?上場廃…

  • アフターコロナ・ウィズコロナ時代の到来で日本経済はどう変わるのか

    皆さんこんにちは。 最近は、新型コロナウイルスの感染拡大も収束に向かい、日本では全国的に緊急事態宣言が解除され、世界的にみても、先進国では規制の緩和が進んでいますが、新規感染者数は0にはなっていません。 今回は、新型コロナウイルスと人類の今後の付き合いについて考察していきたいと思います。 過去の新型コロナウイルス関連記事も読んでみてください! 新型コロナウイルスと人類は共生せざるを得ない?終息宣言がでなければ経済ダメージは甚大に? パンデミック不況後のマクロ経済は? 各国政府は新型コロナウイルスの感染収束を放棄 感染者が0にならなければV字型の景気回復は望めない 日本だけが感染終息しても世界的…

  • 不動産取得税の軽減措置を受ける方法とは?【令和2年度〜3年度版】

    皆さんこんにちは。 住宅を新築する際にかかる税金の一つに不動産取得税という都道府県民税があります。 今回は、この不動産取得税の内容の詳細や軽減措置を受ける方法について解説していきます。 不動産取得税の軽減措置により高額な税金が0円に?でも軽減措置を受けるには自己申告が必要! 不動産取得税とは? 不動産取得税の税額計算方法は? 不動産取得税の軽減措置とは? 軽減措置により受けることが特例は? 土地と建物で名義が異なる場合でも軽減措置は受けることができる 軽減を受けるために必要な対応 都道府県によっては市役所員の検査により軽減措置の適用に申告が不要となる場合も 不動産取得税の軽減措置を受けた場合の…

  • 個人が家計簿をつけるメリットとは?一般家庭ではアプリがおすすめ!

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、収入の減少に悩んでいる方も多々いるとおもいます。 今回は、毎月の収入と支出を確認することで、確実に貯蓄を行うことができるようになるために、子育て世代から単身世帯が家計簿をつける重要性について、FP(ファイナンシャルプランナー)有資格者でもある私が解説していきます。 なぜ家計簿はつけるべきなのか?確実な貯蓄を行うために必要なコツとは? 家計簿をつける意味とは? わかりやすい家計簿の項目の仕分け方は? 節約可能な項目の洗い出しにより初めて節約が可能となる 家計簿をつけるには手書き・エクセル・アプリのどれがベストか? おすすめする家計簿ア…

  • 赤字計上で倒産の危機?ソフトバンクショックは起こり得るのか?

    皆さんこんにちは。 2020年5月18日に発表されたソフトバンクグループの2020年3月期決算は、過去に類を見ない大赤字となりました。 今回は、1兆3646億円もの営業損失を出したソフトバンクグループが倒産まで追い込まれる可能性について考察していきます。 投資会社と化したソフトバンクグループは資金調達ができなくなると倒産する? ソフトバンクグループの2020年3月期連結決算は大幅赤字 ソフトバンクグループは倒産する可能性があるのか ソフトバンクグループのキャッシュフローは良好 なぜ赤字なのに営業キャッシュフローがプラスなのか まとめ 投資会社と化したソフトバンクグループは資金調達ができなくなる…

  • 住宅ローンの延滞で優遇金利が無効に?利息が突然高額になる可能性は?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、金融機関からの借入の返済が滞る方が増加しています。 今回は、借入の中でも特に延滞に気をつけなければならない住宅ローンについて、なぜ延滞をしてはいけないのか解説していきます。 住宅ローンを延滞すると家が競売される?一家離散の危機を防ぐためには? 住宅ローンを一回でも延滞すると支払利息が倍増する可能性がある 住宅ローンの返済を滞納すると金利優遇特約が解除される 優遇金利の適用が解除されると毎月の返済額が増加する 返済が厳しくなった場合はどうすれば良いのか まとめ 住宅ローンを延滞すると家が競売される?一家離散の危機を防ぐためには? 住宅ローン…

  • 不動産価格の評価は収益還元法で行う?DCF法や積算法との違いは?

    皆さんこんにちは。 不動産投資を行う際に、購入価格が適正かどうかを調べることは非常に重要であり、投資で成功している方々は必ず、購入前に不動産の価値を自分で調べています。 今回は不動産の価値を調べる上で最もポピュラーな収益還元法について解説していきます。 また、物件の価格ではなく、収益性をさらに詳細に求める方法について下記の記事で記載していますのでご参照ください。 不動産投資に失敗しない不動産価値の調べ方! 収益還元法とは? 直接還元法とは 還元利回りの算出方法 DCF法とは DCF法の計算式 銀行は賃貸住宅ローンの担保評価に収益還元法と積算法を使う まとめ 不動産投資に失敗しない不動産価値の調…

  • 上場企業が倒産すると保有株式はどうなる?100%減資と99%減資の違いとは?

    皆さんこんにちは。 2020年5月15日、とうとう新型コロナウイルスの影響を受けて、東証一部上場企業であるアパレル大手の株式会社レナウンが民事再生開始決定を受けました。 新型コロナショックによる上場企業の倒産はこれが初となるとのことですが、今回は、上場企業が倒産すると、株主がどうなってしまうのか解説していきたいと思います。 新型コロナショックによる上場企業の倒産で株主の保有株式の価値が0円になる? 民事再生手続と会社更生法の違いは?破産とは違うのか? 債務超過の場合は株式の価値は0になる 資産超過となる場合でも「100%減資」が行われると価値は0になる まとめ 新型コロナショックによる上場企業…

  • 銀行株が不況時にこそ株価が上がる可能性がある理由

    皆さんこんにちは。 最近は大分値を戻してきていますが、新型コロナウイルスの影響で世界中の主要株価は軒並み下落しています。 今回は、その中でも特に低迷している銀行株が今後見直される可能性について解説していきます。 新型コロナウイルスの影響で融資要請が殺到する銀行の株価は上昇するのか 新型コロナウイルスの感染拡大により収支が改善する可能性 全ての融資要請に対応すると銀行は破綻する可能性がある 新型コロナウイルスの影響による緊急融資は公的資金を利用すれば問題ない 融資担当者には生き残る企業を見極める目利き力が求められる 銀行株はあまりにも割安すぎる 銀行株は配当利回りが段違いで高い まとめ 新型コロ…

  • コロナウイルスの影響による不景気ででインフレは起こりうるのか?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、テレビや新聞、ネット記事では有識者によりインフレーションが起こる可能性が指摘されています。 今回は、有識者が指摘するように、インフレーションは実際に起こるのかを検証していきたいと思います。 コストプッシュ・インフレとスタグフレーションが起こると庶民の懐はさらに厳しくなる? スタグフレーションとは? コロナウイルスの影響で中央銀行の金融緩和が進むとスタグフレーションにつながる可能性 さらに金融緩和が進んでもスタグフレーションとなる可能性は低い 民間企業の内部留保はさらに過剰となる可能性も まとめ コストプッシュ・インフレとスタグフ…

  • 金融円滑化対応とは?銀行は事業融資だけでなく住宅ローンにも対応する?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、資金需要が高まった結果一躍脚光を浴びている金融業界ですが、注目されているのは新規融資だけではありません。 今回は、顧客が融資やローンが返せなくなりそうな場合に金融機関が行う条件変更と金融円滑化対応について解説していきます。 銀行融資の返済が厳しくなった時は金融円滑化対応が可能!新型コロナウイルスの影響による対応は? 金融円滑化対応とは? 金融円滑化の対象資金は事業融資と住宅ローンのみ 金融円滑化対応のメリットとデメリット 金融円滑化対応を金融機関に行ってもらうためには 事業資金の金融円滑化を受けるためには「経営改善計画」の策定が必要 まと…

  • 実質無利子・無担保融資を民間の銀行で利用する方法とは?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、広い分野の中小企業の経営が悪化しています。 今回は、経済産業省が事業者支援のために打ち出した民間金融機関でも利用可能な「実質無利子・無担保融資施策である信用保証付き融資における保証料・利子減免」について解説していきます。 実質無利子・無担保融資の利用方法を詳しく説明! 実質無利子・無担保融資とは? 新型コロナウイルス感染症特例貸付とは? 特別利子補給制度とは? 民間の金融機関でも対応を開始 民間による実質無利子・無担保融資の対象者 セーフティネット保証とは? セーフティネット保証4号とは? セーフティネット保証5号とは? まとめ 実質無利…

  • パチンコ業界が休業できないのは固定費が高額すぎるから?銀行の融資はうけられる?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大阪府が府内のパチンコ店に休業を求めた問題については、休業を拒んで店名を公表されていた全店舗が2020年4月30日に休業を決定し、決着が付きました。 また、東京都や兵庫県等も同様に休業を要請しています。 しかし、この問題が解決するまでには、行政とパチンコ店の間で、休業をするか否かの激しい攻防がありました。 今回はなぜ、パチンコ店がこれほどまでに休業を拒んだのか、について解説していきたいと思います。 なぜパチンコ業界は行政に逆らってまで休業を拒むのか? パチンコ業界の利益率は年々下がっている。 利益率を下げたのは風営法施行規則の改正 パ…

  • コロナウイルスの影響でイタリアがEUを離脱?EUの景気回復は大幅に遅れる可能性

    皆さんこんにちは。 日本では連日、新型コロナウイルス感染拡大の報道が続いていますが、欧米では感染拡大のピークは過ぎたように感じます。 しかし、感染による人的被害が収まっても、経済的な影響は続きます。 今回は、現在EUが抱えている経済問題と、今後、EUが崩壊する可能性について考察していきたいと思います。 マーストリヒト条約によりイタリアはEU離脱へ?財政政策・金融政策の足かせとなるEUは無用の長物化 イタリアはユーロ圏にいるせいで財政支援が行えない ECB(欧州中央銀行)の活動も制限される イタリアとスペインの国民感情は反EUへ コロナ債発行の構想の頓挫 EUの制度上の大きな欠陥が明らかに 財政…

  • 日銀に新型コロナウイルス対策の追加金融緩和を行う余力はあるのか?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大による景気への影響に対し、2020年4月23日、日本銀行(以下、日銀)は追加の金融緩和策を検討する方向であると報じられました。 今回は、今後、日銀が行うことができるであろう追加の金融緩和策について考察していきます。 日銀の追加金融緩和策はもう手詰まり?新型コロナウイルスへの対策はあるのか? 日銀が行う金融緩和策とは? 日銀の新型コロナウイルスによる景気後退への対策はあまり効果がない 日銀に残された対策は政府への圧力のみ まとめ 日銀の追加金融緩和策はもう手詰まり?新型コロナウイルスへの対策はあるのか? 日銀が行う金融緩和策とは? 現在、日銀が行な…

  • 原油価格はなぜマイナス圏に突入したのか。国内ガソリン価格への影響は?

    皆さんこんにちは。 2020年4月20日にはニューヨーク市場での原油価格がマイナス圏となり、21日のロンドン市場の原油価格もおよそ18年5か月ぶりの安値にまで下落しました。 マイナス圏に突入したのは、原油先物市場の長い歴史上初めての出来事であり、世界的に大きなインパクトを伴って報道されています。 今回は、下落し続ける原油価格が今後どうなっていくのか、また、マイナス圏突入が何を意味するのかについて考察していきたいと思います。 原油価格の急落した原因は新型コロナウイルス?なぜ下げ止まらないのか? マイナス価格となったことの意味とは 原油価格が下げ止まらない原因 アメリカは自国のシェールオイル関連企…

  • 個人事業主が100万円もらえるコロナ対策支援の持続化給付金の受取方法は?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスが猛威を震い続けていますが、最も被害を受けているのは、飲食業や小売業の個人事業主(フリーランサー)です。 今回は、新型コロナウイルスの影響で、休業等により売上が大幅に減少した個人事業主やフリーランサーが受け取ることができる「持続化給付金」について詳しく解説していきます。 個人事業主(フリーランス)は100万円、中小企業は200万円がもらえる?持続化給付金について詳しく解説! 持続化給付金とは? 給付額の算出方法は? 持続化給付金の給付申請時の必要書類は? 申請の開始時期・申請方法と給付されるまでの期間 まとめ 個人事業主(フリーランス)は100万円、中小企…

  • 不動産賃貸業者が飲食業者等の入居するテナントビル賃料を減額すると固定資産税が減免される?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、飲食業界や小売業界は甚大なダメージを受けています。 特に飲食業は、政府からの休業要請により、休業したり、売上が大幅に減少したりしているため、毎月のテナント賃料支払いが厳しくなって来ています。 今回は、そんな飲食業者や小売業者に対し、支払賃料の減額を行なっているテナントビルのオーナーや賃貸事業者向けの支援策として行われる、固定資産税の減免や社会保険料などの納付猶予についてはついて解説していきます。 テナントビルオーナーや賃貸事業者はコロナウイルス対策として固定資産税減免や社会保険料の納付猶予が受けられる? なぜ固定資産税の減免や社会保険料の…

  • 緊急小口資金と総合支援資金は無利子で借入可能!返済免除の可能性も?

    皆さんこんにちは。 前回の記事では、経済的に困窮した場合(現時点では特に新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けた場合)の金融機関の対応について解説を行いました。 詳しくは下記の記事をご覧ください。 また、人が生活するために最低限必要となる「住まい」については、住宅確保給付金が存在することも解説しました。 今回は、休業や廃業せざるを得なくなった個人事業主の方や、給料が減少した方向けとして政府が整備した当座の生活資金を支援するための無利子貸付について解説していきます。 コロナウイルス対策として緊急小口資金と総合支援資金を無利子で借りる方法! 緊急小口資金とは? 総合支援資金とは? 緊急小口資金…

  • 銀行の住宅ローンを返済猶予してもらう方法はある?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、休業している自営業者が増加したり、サラリーマンでも減給が行われたりする等で収入が減少した方たちから、住宅ローンの返済猶予を申し込みが増加しています。 今回は、銀行で住宅ローンを借りている方で、返済が苦しくなってきた方向けに各金融機関が実施している「返済猶予」を受ける方法を解説していきます。 新型コロナウイルスで延滞しそうな時は「返済猶予」や「返済額の軽減」を受けることができる! 返済猶予とは 全国銀行協会や金融庁は金融機関へ柔軟な対応を求めている 全国銀行協会も申し合わせを公表 電話でも条件変更の申込みを行うことができる まとめ 新型コロ…

  • 住宅確保給付金で支給される9ヶ月分の家賃の支給対象となる条件は?

    皆さんこんにちは。 新型コロナウイルスの感染拡大により、業績が悪化した企業では給与が減少したり、勤務していた企業が倒産した場合では無収入になる等、経済的に困窮している方が今後増加する可能性があります。 そんな時に、居住する住宅を保証してくれる公的な制度として、「住宅確保給付金」があります。 今回は、この住宅確保給付金について、詳しく解説していきます。 住宅確保給付金で賃貸住宅オーナーと入居者の双方が救われる? 住宅確保給付金とは? 賃貸住宅オーナーとしても知っておきたい理由 新型コロナウイルス感染拡大による景気後退で制度の条件が緩和される 年齢要件が撤廃され65歳以上も対象となる(2020年4…

  • 銀行の自己資本比率規制緩和はコロナウイルス対策になり得るか

    皆さんこんにちは。 コロナウイルスの感染拡大による影響により、景気は確実に悪化しています。 このような時に、世界中の金融機関は金融危機を起こさないよう資金の運用に慎重になります。 コロナウイルスにより金融危機が引き起こされる可能性については下記記事をご覧ください。 今回はこのような景気後退局面において、重要な役割を果たす民間の金融機関が、今後どのような対応を行う可能性があるか考察していきます。 自己資本比率規制が緩和されても銀行は貸し倒れのリスクを背負ってまで中小企業への融資を行わない? 自己資本比率規制の緩和とは? なぜ自己資本比率規制は緩和されるのか? 日産は5,000億円の融資を要請 リ…

  • シェール革命で沸いたアメリカのシェールオイル業界は破綻寸前?

    皆さんこんにちは。 以前の記事で、現在の原油価格が暴落している原因と、今後、世界の原油市場がどうなってしまうのかを考察しました。 詳しくは下記記事をご覧ください。 その中で、ロシアとサウジアラビアは、アメリカのシェールオイル関連企業にダメージを与えるまでは、原油価格の暴落を招いた原油の増産を止める可能性は低いと解説していましたが、それが現実味を帯びてきました。 今回は、今後のアメリカのシェールオイル業界がどうなっていくのか、考察したいと思います。 アメリカのシェールオイル業界は虫の息?破産する企業が続発すれば世界恐慌の可能性も? シェールオイルとは? シェールオイル業界は苦境に立たされている …

カテゴリー一覧
商用