searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Mirukoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
みる子のビジネス診断書
ブログURL
https://mirukognosis.com/
ブログ紹介文
ITと経営・上司先輩が教えてくれない大事なこと・仕事人生が好転する知識集を、コミカルな会話形式でご紹介するブログ。資格、キャリアアップ、働き方、IT、会計、中小企業診断士に関わる情報発信。
更新頻度(1年)

92回 / 304日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mirukoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mirukoさん
ブログタイトル
みる子のビジネス診断書
更新頻度
92回 / 304日(平均2.1回/週)
読者になる
みる子のビジネス診断書

Mirukoさんの新着記事

1件〜30件

  • 大統領選挙関連の英語ニュースを読むときに知っておくと便利な英単語100選

    大統領選挙の話題が盛り上がりを見せている。 今回は英語ソースの記事を読む際に知っておくと便利な英単語100選をまとめた。 これらを抑えておけば、機械翻訳に頼らずに記事の大部分を理解できるようになるので、より効率的に原典にあたれるようになるはずだ。

  • 電子書籍は社会人の生活向上に必須です【Kindle unlimited vs Kinoppy】

    社会人になると色々なビジネス書や参考書を読んで自己研鑽しようというモチベーションも高まります。そしてもちろん、収入を得て自由に使えるお金が手元に出来るので、欲しかったマンガを大人買いしちゃったりもするでしょう。 つまり社会人になると本をたくさん買うようになるのですが、社会人は電子書籍を導入することが断然おススメです。

  • 【SAP知識】データが大きすぎてエクスポートできないときの対処法

    クエリやTr:SE16N、その他ALV形式の一覧機能を使用しているとき、こんなメッセージを見たことがあるのではないだろうか。 「一覧オブジェクトは大きすぎてエクスポートできません」(Msg番号 PC020) 今回は、このようなメッセージが出た時の対処法について説明する。

  • 【SAP共通】SAP組織構造の解説(事業領域とは?会社コード、販売組織、購買組織など)

    SAPには会社コードを始め、事業領域、管理領域、販売組織、購買組織、プラントといった様々な組織設定が存在する。こうした組織設定の構造とその意味合いを把握しておくことは、SAP導入する際の全体的な構想を立案または理解する上で必要なこととなる。今回は、SAP組織構造の解説と、技術的な意味での構造整理を行う。

  • 【SAP知識】主要SAP用語の日英対応リストまとめ

    SAPを扱っているとグローバル導入になることも多くあり、海外(英語圏)の技術者と打ち合わせをしなければならない局面も出てくる。そういった時に主要なSAP用語の英語訳を一通り知っておくと、コミュニケーションがスムーズになる。今回は各モジュールの主要な用語について日英対応リストをまとめた。

  • 「Hignull」でプロジェクト管理を効率化!プロマネなら知っておきたい管理ツール(PR)

    業務効率化を推進する上で活用できるツール「Hignull」を紹介します。 このツールを上手く活用することで、社内のプロジェクト管理を効率化し、管理コストを抑えつつプロジェクト状況の「見える化」を推進できます。 Hignullには秘書機能BOTという管理サポート機能があり、注目ポイントです。

  • 【SAP MM】「照会タイプ」による購買伝票一覧の表示設定を解説

    SAP標準の仕入先別一覧(Tr:ME2L)や品目別一覧(Tr:ME2M)といったレポートを使ったことがある人は、第一画面で「照会タイプ」という項目を目にしたことがあるはずだ。 この照会タイプを使うと、一覧の表示方法を制御することができる。今回は「照会タイプ」のカスタマイズについて解説する。

  • 【SAP CO知識】標準原価の履歴の調べ方(テーブル:MBEW、MBEWH)

    SAPでは履歴テーブルがいくつか存在しており、テーブルと仕組を知っておけば、過去時点のデータを取得する要件に対応する際に役立つ。今回はテーブルMBEW(品目評価)およびMBEWH(品目評価:履歴)の特徴を解説するとともに、標準原価の履歴を取得する方法についてご紹介する。

  • 【SAP FI知識】会計伝票の日付項目の解説(伝票日付、転記日付、支払基準日など)

    SAPの伝票上には多数の日付項目がある。伝票日付や転記日付については、多くのモジュールで共通している概念なので知っている人も多いと思われる。 今回は会計伝票上に存在する各種日付について、その用途や意味を解説する。

  • 【SAP技術者向け】権限ロール系テーブルの解説

    権限ロールに紐づく情報を一括で取得したい場合、標準テーブルから落とすのが便利だ。 権限のテーブル構成は誰かに教えてもらわないとあまり知る機会もないので、権限の設計や保守に必要な主要テーブルおよび用途については本記事にまとめておく。

  • 【SAP MM】自動仕訳(Tr:OBYC)の解説

    今回は自動仕訳(Tr:OBYC)の概要について解説する。 SAPでは、入庫や請求書照合を行うと同時に、バックグラウンドで「会計伝票」を登録する。この会計伝票は勝手に起票されるわけではなく、自動仕訳(Tr:OBYC)にてどのような条件でどのような勘定コードを計上するのか、といった指定を予め行っておく必要がある。

  • 【SAP PP】PPモジュール担当者が業務理解のために読む本

    SAP PP領域の担当になった、あるいは担当外ではあるがPPに関わる範囲の業務知識について知りたいという人のために、生産管理の良書をご紹介したい。生産現場を知らない限り、業務理解のためには基本的には書物を頼ることになるのだが、多数の本をパラパラと読むよりも、厳選した4冊のみご紹介する。

  • 【SAP PP】保管場所設計とプル一覧

    導入プロジェクトで重要な議題の一つとなるのが、工場における実体の倉庫とシステム上の「保管場所」をどう紐づけるかという話だ。今回は原材料保管場所と生産保管場所の関係及び、それらの間の原材料供給をシステム上で効率的に行うためのトランザクション、またはその設定について解説する。

  • 【SAP FI】FIモジュール担当者が業務理解のために読む本

    「SAP FI領域の担当になったから」、あるいは「担当外ではあるがFIに関わる範囲の業務知識について知りたい」という声は多くある。 ほとんどのSAP FIコンサルは経理部門に所属したことなどは無いはずで、書物などからそれを知るしかないのだが、その中でも業務理解のために特に重要な本についてご紹介させて頂きたい。

  • 【SAP固定資産機能 FI-AA】勘定設定と償却領域の概説

    SAPには固定資産管理の会計機能が備わっており、固定資産マスタの管理、固定資産の各取引に応じた会計処理をSAP上で行うことが可能となっている。まず前提として固定資産の会計処理、SAPの固定資産機能の概説と、勘定設定・償却領域といった会計処理の前提となる設定の成り立ちについて説明する。

  • 【SAP技術者向け】意外と答えづらい「SAPの今のバージョンなに?」と質問された時の確認箇所

    システム保守をやっていると、「SAPの今のバージョンなに?」と訊かれることがある。 自分が今扱っているシステムなのだからバージョンくらい答えられて当たり前……と思いきや、これが意外と答え辛い。今回はシステムの各種バージョン・環境情報を訊かれたときに確認すべき箇所についてまとめる。

  • 【楽天カード】と【楽天銀行カード】の違いを解説。二枚持ちはできない?どのカードがおススメ?

    楽天のサービスは、名前が似ているものがけっこうあるようです。 その中でも、ちょっと混乱を招きそうだな、というのが「楽天カード」と「楽天銀行カード」のちがい。 これらの違いを極力わかりやすく解説しつつ、楽天経済圏でお得に生活するうえでおすすめのカードもご紹介します。

  • 【SAP技術者向け】IDocを一覧データとして取得・検索する方法

    IDocは階層構造を持ち、階層はそれぞれ「セグメント」として定義し、セグメント内に項目並びと階層構造を設定する。この階層構造ゆえに送受信したデータの一覧化や検索が難しいという側面もある。例えば「ある伝票番号がデータ連携されたかどうか調べたい」といった場合、一覧化のためにひと工夫が必要となる。

  • 【SAP技術者向け】システム障害のときに役立つ監視系トランザクション

    SAPに限らず、システムの保守をしていれば、障害や不具合に出くわすことは一度や二度では済まない。たいていはなんとなく原因にアタリがつくものも多いが、たまに異常が起きてはいるようだが原因箇所がわからないという状況にも遭遇する。 そうした時に確認するべきトランザクションについてご紹介する。

  • 【職場でドヤれる会計知識】もう忘れない!仕訳の覚え方

    仕訳というのは、取引を貸借の形で記述するものだ。このとき、「貸借ってどっちが右で、どっちが左だっけ」「勘定を貸借どっちに書くか分からない」「そもそも何が増えて、何が減るんだっけ」といった混乱があるので、まず初心者はここで壁に当たる。今回はこれらの覚え方について解説する。

  • システム改修見積のやり方【完全ガイド】

    工数見積を行う上での手順、背景にある概念や手続き、留意すべきことなどを解説する。 システム改修や導入をするときに必要となるのが工数見積。システム開発工程としては【上流工程】に属する。 「実はあまり関わったことがないから、何をするのかよくわからない」という技術者も実は多いのではないだろうか。

  • 社会人におススメのビジネス漫画まとめ100選

    ビジネスマン・社会人におススメしたい、仕事やビジネス知識を題材にした漫画を100作品選びました。 マイナーだけど面白い作品も多いので、是非読んでみてください。 社会人の仕事や生活について考えるきっかけとなる作品です。

  • 【SAP SD基礎】販売管理(SD)の機能概要

    企業の販売・出荷プロセスにかかわる管理機能全般を備えるのがSAPのSDモジュール。 具体的には、得意先からの引き合いを登録する受注管理機能、出荷やピッキングの管理、得意先への請求機能および売上・出荷の財務会計モジュールへの連携といった機能がSAP SDではカバーされている。

  • 【SAP MM知識】在庫数の履歴の調べ方(テーブル:MARD、MARDH)

    在庫領域の機能構築をする際、「過去の特定時点の在庫数量を取得したい」という要件が出ることがある。 今回はテーブルMARD(保管場所在庫)およびMARDH(保管場所在庫の履歴)の特徴について説明し、そういった要件への対応方法について整理する。

  • SAP需要予測機能の解説(まとめ)

    ある品目が将来的に必要となる数量(所要量)を、これまでの在庫移動実績(出荷や消費)の過去データに基づき、数理的なモデルを用いて予測する機能が、SAP標準機能として存在する。この記事では3点についてまとめる。 ・SAP標準で使用できる需要予測モデル ・マスタ設定およびカスタマイズ設定 ・SAP需要予測機能の実行フロー

  • 【SAP知識】需要予測機能の解説(③運用編 品目需要予測と販売事業計画)

    SAPの需要予測機能を運用するにあたり、各機能をどのようなフローで扱えばいいのかについて解説する。 SAPの需要予測は「品目需要予測」を使用するか「販売事業計画」を使用するかにより、フローが若干異なってくる。今回は、まず全体的なフローを俯瞰した上で、運用の各段階で必要とされるオペレーションなどを詳しく説明する。

  • 【SAP知識】需要予測機能の解説(②品目マスタ・カスタマイズ設定編)

    SAPの需要予測機能を使用する上で、前提となる各種設定(品目マスタ需要予測タブの設定、需要予測プロファイルおよびMRPタイプ等のカスタマイズ設定)について解説する。 設定内容は、需要予測機能のうち、「品目需要予測」を使用するか「販売事業計画」の需要予測機能を使用するかによって、設定箇所が異なる。

  • 【SAP知識】需要予測機能の解説(①需要予測モデル編)

    SAPでは主に4つの需要予測モデルから、各品目や販売事業計画ごとに、どのモデルを適用するかを選択することが出来る。 4つの需要予測モデル ・恒常変動モデル ・季節モデル ・傾向変動モデル ・季節傾向モデル 今回はこれらのモデルについて、計算方法や実行時に指定するパラメータについて解説する。

  • 需要予測の基礎知識(単純移動平均、加重移動平均、指数平滑法)

    商品や製品の売れ行きの過去データを蓄積し、それをもとに将来の必要量を計算する需要予測。 正確な需要予測が可能となれば、それは市場を支配したのと同義であり、需要予測はビジネスにおいて重要な役割を持つ。 今回は数理的なモデルにより将来の需要を計算する基本的な手法についてご紹介する。

  • 【SAP知識】クラスと特性 設定方法の解説

    SAPにはクラスおよび特性というものがあり、品目やロットの属性情報を指定するために使える設定だ。品目分類や在庫ロットの属性情報、品質検査ロットの検査項目などの設定に必要となる。 そうした機能の前提となるクラスと特性の設定方法について解説する。

カテゴリー一覧
商用