searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とらのすけさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
特別支援学級(情緒学級)の担任、とらのすけのブログ
ブログURL
https://gakkoukyouiku.com/
ブログ紹介文
教師になって今年で16年目・情緒学級は2年目です
更新頻度(1年)

22回 / 334日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とらのすけさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とらのすけさん
ブログタイトル
特別支援学級(情緒学級)の担任、とらのすけのブログ
更新頻度
22回 / 334日(平均0.5回/週)
読者になる
特別支援学級(情緒学級)の担任、とらのすけのブログ

とらのすけさんの新着記事

1件〜30件

  • 小学校指導、ソーシャルディスタンス・手を洗う・からかわない・咳エチケット

    こんにちは。とらのすけです。 僕が勤務する自治体では、通常登校が始まって3週間が経ちました。ちなみに息子の小学校では、今週から通常登校です。割と近いのですが、自治体によって対応はまばらです。 学校では、様々な対応がとられています。  勤務校

  • 【相当キツい】教科書の約2割を授業外で学ぶことができるとする通知

     ・学習はどのように進めていくべきか こんにちは。とらのすけです。 夏休みが削られ、行事も縮小・カットで授業時数を確保しようと、どの学校も躍起になっています。 文科省には、「学習内容を削る」という発想はないようです。 そのしわ寄せは、もちろ

  • 今、教師や保護者が気をつけるべきこと

    こんにちは。とらのすけです。 学校が再開して2週間というところも多いかと思います。  お子さん達の様子はいかがですか?私のクラスの子達は、意外とすんなり元の生活に戻ることができています。  休校中に保護者と電話で話したときには「昼夜逆転して

  • コロナ対策(マスク・咳エチケット)の指導【小学校情緒学級の場合】

    こんにちは。とらのすけです。 今、どこの学校も「コロナ対策」に力を入れていることと思います。地域差はあるとはいえ、ワクチンができるまでは対応しないわけにはいきません。 でも、これがまた情緒学級の子達と合わないものばかりでして…。 まず、マ

  • 分散登校で小学校の担任が地味に気をつけていること

    ・午前と午後で同じことをするこんにちは。とらのすけです。勤務校では、5月後半から分散登校が始まっています。  午前と午後に30分4コマずつ。今月から、45分3コマになりました。僕たち担任が地味に気をつけていることは、「午前と午後で同じことを

  • 5月中旬から(いきなり)始まった分散登校、こんな風に行っています

     こんにちは。とらのすけです。お久しぶりです。一連のコロナウイルス騒動が少し落ち着いたかと思ったら、早くも第二波の予感が…。  僕たち教員も、上からの指示に振り回されながら、何とかやっております。   さて、今日は「分散登校」をテーマにお伝

  • 小学校新年度がスタートして1週間、コロナの影響で始業式翌日から再び休校

     新年度がスタートして1週間 こんにちは。とらのすけです。 地域によって事情は様々だと思いますが、私の自治体は、始業式翌日から再び休校となっております。   入学式も、GW明けに延期。 先週の時点では、分散登校を予定していましたが、政府の緊

  • 小学校担任が新年度初日にやったこと(コロナウイルスで3月から休校)

     お久しぶりです。とらのすけです。  しばらく発信が滞っていました。その間、世間はコロナウイルスの話題で持ちきりですね。  僕の自治体も、3月から休校となっていました。卒業式は縮小して行われました。 在校生は、本来なら修了式があった日のみ、

  • 発達障害の子どもたち(講談社現代新書)毎年1回読んでいる本

     こんにちは。とらのすけです。今回ご紹介するのは、『発達障害の子どもたち』(講談社現代新書)です。 僕は、毎年1回はこの本を読むようにしています。購入したのが12年ほど前ですから、12回くらいは読んでいることになります。 10年以上前となる

  • 特別支援教育に関する本でオススメの2冊【冬休み中の読書】

     こんにちは。とらのすけです。 あけましておめでとうございます。 冬休みは、いかがお過ごしでしたか?僕は、職場で事務仕事をこなしたり、友達と会ったり、実家に帰省したりしていました。  まだ冬休みが続く地域もあるようですが、僕の自治体は昨日か

  • 小学校の担任が冬休み中にしておくべきこと(16年目の僕の場合)

    こんにちは。とらのすけです。もう、ほとんどの学校が冬休みに入ったことと思います。僕も、24日(火)から冬休みになりました。 きっと、前々から旅行の計画を立てていたり、年末年始の準備があったり、慌ただしい毎日を送る人も多いのではないでしょうか

  • 特別支援学級に在籍する子ども達の進路(特別な配慮編5つ)

    こんにちは。とらのすけです。 前回は、「高校入試」についてお伝えしました。 前回の記事はこちらです。    今回は、入試の際の「特別な配慮」についてです。  今回の話題で最も重要なのは、「普段からなされている『特別な配慮』は、入試の際にも認

  • 特別支援学級に在籍する子ども達の進路(高校入試編)

    こんにちは。とらのすけです。前回は、「小学校から中学校へ進学」する際のことをお伝えしました。 前回の記事はこちらです。   今回は、「中学校から高等学校へ進学」する際のことについてです。ちょっとシビアです…。  まず、中学校で支援学級に所属

  • 特別支援学級に在籍する子ども達の進路(中学校進学時のこと)

    こんにちは。とらのすけです。 今年も残り半月。今年度も残り3か月となってまいりました。  新年度を気にするにはまだ早い気もしますが、進学を控える学年、もしくはその1つ下の学年は、人生の岐路が迫ってきています。 それは、進学先での所属先です

  • 特別支援学級に入級・転籍するには?【先生編】

    こんにちは。とらのすけです。前回は保護者向けの内容でした。  特別支援学級に入級・転籍するには?【保護者編】  今回は先生方向けとなっております。   先生方は、入学前のことについてはほとんど介入できないため、実際には通常学級から支援学級に

  • 特別支援学級に入級・転籍するには?【保護者編】

     こんにちは。とらのすけです。  「発達障がい」「特別支援教育」という言葉が世間でもよく聞かれるようになりました。  テレビでも、特集が組まれることもあります。  そのことから、保護者の中には「うちの子、発達障がいかも…」という観点からお子

  • 小学校教師の服装(男性)僕は、基本的には「普段着」で授業をしています

     こんにちは。とらのすけです。  僕たち教師は、場面によって服装が変わります。 入学式や卒業式、始業式などの「式典関係」の時には「平服」です。出張や研修会に参加する時もそうですね。  体育の授業をする時には、もちろんジャージ。 この時期はと

  • 保護者からの苦情(小学校・特別支援学級)教師の信頼度がその大きさを変えていく

     こんにちは。とらのすけです。  最近、いくつかミスをして保護者にごめんなさいすることが続いています…。  そのほとんどが「確認したけど見落とした」か「確認のし忘れ」のミスです。子どもにうまく対応できなくて、謝ることもあります。  学期末に

  • 情緒学級に在籍する子ども達、「知的学級」と「情緒学級」の違い

    こんにちは。とらのすけです。  特別支援学級は、「知的学級」と「情緒学級」の2つに別れます。 とはいえ、「この子は明らかにこっち」とは判断できないことの方が多いです。  なぜなら、子ども達全員が医師の診断を受けているわけではないからです。 

  • 支援学級から通常学級の担任に戻ることは可能か

    こんにちは。とらのすけです。 最近複数の市合同の授業研究会に参加しました。  授業後の検討会で、支援学級になって2年目の先生と一緒になりました。  「教員になられて何年目ですか?」と聞いてみたところ、3年目とのこと。  つまり、初任で通常学

  • 情緒学級の基本的なスケジュール(放課後編)引き継ぎノートが重宝しています

     こんにちは。とらのすけです。前回は「授業の時間」までお伝えしました。(前回の記事はこちらです)今回は、放課後(子どもが帰った後)についてです。  優先順位が高い仕事は、当然「学校全体に関わる仕事」です。校務分掌と言われる、学校内で分担され

  • 情緒学級担任の1日の基本的なスケジュール(朝の時間編)

    こんにちは。とらのすけです。  小学校って、日本に住んでいれば全員が通うので、子どもがいる時間帯の教師の仕事ってイメージしやすいと思います。   でもその時間帯ですら、友達と遊んだり委員会の仕事などをしていると、自分の担任の先生が何をして

  • 特別支援学級の体制、支援員さんに感謝!

     こんにちは。とらのすけです。  今回は、1クラスの定員や支援員さんのことについてお伝えします。  まず、1クラスの定員については前回もお伝えした通りマックス8人です。1人の教員につき、最大でも8人のお子さんを見ることになります。 ただし、

  • 通常学級と特別支援学級の違い。秘書もやっています。

    こんにちは。とらのすけです。 通常学級と特別支援学級とでは、どんな違いがあるのか。どちらも経験してみて感じたことをまとめてみます。通常学級と特別支援学級の違い「クラスの児童数」まず、大きな違いは「クラスの児童数」です。通常学級は、定員が40

  • 情緒学級の宿題「みんなが同じ宿題」をやる必要はないと思います

    こんにちは。とらのすけです。  今日は「宿題」がテーマです。 まず、宿題ってなぜやるんでしょうかね?情緒学級に限らず、日本全国ほとんどの学級で毎日のように出されますよね。  ・なぜやるのか? ①学力をつけるため? ②授業中に課題が終わらなか

  • 僕が情緒学級で働き始めた理由(教師になって16年目)

    こんにちは。とらのすけです。  教師になって、16年目になります。1年間行政職に就いていたので、担任は15回目です。   一昨年の2学期、校長先生に突然呼ばれました。  校長先生「うちの学校に情緒学級を作ろうと思うんだよね。来年度、情緒学級

  • はじめまして。公立小学校で教員をしている【とらのすけ】です。

    はじめまして。公立小学校で教員をしている【とらのすけ】です。 昨年度から特別支援学級(情緒学級)を担任することになりました。  大学時代に取得した主免許が「特別支援教育」(当時は特殊教育でしたが…)でした。  それもあって、特学の担任になる

カテゴリー一覧
商用