chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ゼロから分かる俳句超入門 https://www.kohaneko.tokyo/

初心者にも分かる俳句の作り方、コツ、ポイントなどを紹介しています。 初心者につまづきやすいポイントや注意点なども記事にしますので、俳句を作る際に役立つと思います。

芭蕉ネコ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/27

1件〜100件

  • だからか!「字余りをするなら上五」のわけ

      「俳句では字余りや字足らずをしないこと」「字余りをするならなるべく上五ですること」   俳句を始めたばかりの人は先輩から、「字余り」について一度はこのようなことを言われているのではないでしょうか   一体ここで言う「字余りをするなら上五でしなさい」というの...

  • 「文語の俳句を鑑賞」できても、「文語の俳句が書ける」訳ではない

    まずはっきりさせたいのですが 文語で書かれている俳句を 「鑑賞する」 ことと 文語で書かれている俳句を 「書くこと」 は、まったく別物です それぞれの勉強方法もまったく違います ここを理解しておかないといけません なぜこんなことを言うのかというと 文語...

  • 頭の痛い「俳句の旧仮名・文語」は、この手順で勉強しよう

    「旧仮名・文語」で俳句を作るのが難しい 「旧仮名・文語」の勉強をしても分からない という声をよく聞きます 「旧仮名・文語」を理解するには勉強の順番があります 順番がばらばらだと理解できなかったり、無駄な時間を費やすことになります 「旧仮名・文語」の...

  • 制約だらけの俳句。制約だらけだから良いのです!!

    俳句はなぜこれほど制約があるのか と不満に感じる人は多いと思います 十七音で作ること 五・七・五のリズムで作ること 季語を入れて作ること これだけでも、かなり厳しい制約ですが、さらに 動詞、擬人化、比喩、形容詞を多用しないこと 説明をし...

  • 文法の間違い、俳句に多い「べし」

    俳句でみられる「べし」の誤用について、説明します 例えば、次の句 風止まば手の草笛は捨つるべし 風が止んだなら、草笛は捨てるのがよい ということを言っているのですが 「べし」は終止形の動詞につく言葉ですので「捨つべし」でなくてはいけません 「捨つる...

  • 詠む事柄は、絞って絞って一つに絞ろう!!

    これは重要です! 「俳句を詠むときは、一つの事柄だけに絞りましょう」 例えば 「今日はるんるん気分で帰り道を歩いていたら、桜が咲いていた。桜を見ていたら鳥が3匹やってきた。3匹は常に仲良さそうにしていて、たまに、蜜を吸ったり鳴き合っていて可愛かった」 これを俳...

  • 「こんなもんでいいでしょ?」という俳句があるが・・・

    句会などに参加していると「こんなもんでいいでしょ?」というように作られた俳句を目にします 例えば、綺麗な桜を俳句にしようとして 桜が綺麗だった、とだけ言っているのです 桜がどのように綺麗だったのか、を頑張って言おうとした形跡がないのです また、表現方法にも...

  • 口語と文語で活用は違うので注意

    春の川 ほどける 水の音清し 上の句で使われている「ほどける」は口語です 文語で俳句を作る場合は、ここは「ほどける」ではなく「ほどくる」となるので注意しましょう 口語の活用表と、文語の活用表を比較してみます 口語では基本形(終止形)が「解ける」で、連体...

  • 俳句の間違いで多い「現れる」

    俳句作品の中で見かける、「現れる」という言葉は、文語にはありません 現代の言葉(口語)では「現れる」がありますが、文語の場合は「現る」になります ですから、文語で俳句を作る場合は、注意しましょう 実際に、俳句作品を見てみましょう 夕空や帰燕の一羽 ...

  • 「切り口の独創性」は「新しい発見」のこと

    俳句で大切なのは、「切り口の独創性」と言われます 切り口の独創性というと 人がびっくりするような物事を探さなければいけないの? 難しい言葉を使った方がいいの? 皆がはっとするような、言い回しを探した方がいいの? などと、思う人もいると思いますが、そのような...

  • やってしまいがち!!季語の中に「の」を入れる間違い

    季語や子季語の中には、「の」が含まれるものがあり、使うときには注意をしましょう 「夏の川、夏の朝、夏の山」などの使い方はよいのですが、問題は次の使い方です 〇「花冷え」 ×「花の冷え」 このように「花冷え」という言葉に「の」を付けて、「花の冷え」など...

  • 579 俳句に意味はありません

    よく 「この俳句はどういう意味ですか?」 と聞かれることがあります 特に、俳句をやったことの無い人や、始めたばかりの人に聞かれます 俳句の中には、含み隠された内容や、メッセージのようなものがあると思われているようですが、基本的に、そのような物はありま...

  • 573 先達の俳人が残した言葉

    先達の俳人が残した言葉です ページを表示するたびに、新しい言葉が表示されます 毎日俳句を作る前に見ても良いと思います 「 」

  • 578 俳句で使える色々な「連体形止め」

    俳句をやっていると「連体形止め」という言葉を、一度は聞いたことがあると思います 俳句の最後(文末)が連体形になっているものを言います 連体形で終わらせる(俳句を止める)ことから、「連体形止め」と呼びます ではこの「連体形止め」 いったい、どういうときに使わ...

  • 576 季語の「桜散る」は動詞としてカウントされる?

      季語の「桜散る」は動詞としてカウントされるのか?についてですが 動詞としてカウントされます 俳句では動詞が複数あることが嫌がられるので 季語である「桜散る」は、できれば動詞としてカウントされなければ良いな、と期待を持ってしまいますが 動詞としてカウント...

  • 575 俳句の間違いで多い「つ」と「つつ」の使い分け

    俳句の実作で見かける言葉、「つ」と「つつ」ですが 間違った使い方を見かけるので、紹介します 最初に、意味の違いを説明します 「つ」は、完了の意味合いがあり「・・・てしまった」「・・・てしまう」 「つつ」は反復や継続などの意味合いがあり「何度も・・・ては」「...

  • 572 希望のオノマトペを探したいときは、こちらから

    オノマトペの一覧を載せています 「あ」の入ったオノマトペを抽出したい場合は、検索窓に「あ」と入力して検索をかけてください あーん あいーん あうっ あぐあぐ あたふた あっ あっさり あっはっは あっぱっぱ あっぷ ...

  • 574 俳句では、なぜ動詞が嫌われるのか?

    俳句を作るときに、先輩から「あまり動詞は多く入れないほうがいいよ」とアドバイスを貰ったことのある人は多いと思います なぜ、俳句ではあまり動詞を入れない方がよいのか、ですが 理由の一つは、動詞を入れると説明的になるから、です ○○がある、○○が来た、○○が揺れ...

  • 583 俳句で「漢語」を使うか「和語」を使うか

      わずか 17 音しかない俳句では、漢語を使うか和語を使うかで、一句の印象がガラッと変わりますので、句作の際には意識をするといいと思います   漢語と和語の違いは、おおむねこのような感じです   漢語 和語 ...

  • 582 「日」と「陽」の違いに注意しよう

      俳句を作るときに、「日」と「陽」のどちらを使うべきか迷ったことのある人は多いのではないでしょうか 使い分けの際の区別は次の通りです   「日」は、太陽そのもの、太陽の光、太陽の照らす一日など、太陽に関するすべてに使う 「陽」は、太陽の光に限定して使う   ...

  • 571 音数から季語を探したい人は、こちらから

    音数から季語を探したいときがありますよね。そんな時に使ってください 「春の2音」をクリックすると、「春の2音の季語」が表示されます    ↓クリックすると表示されます          全て開く   全て閉じる 春 ...

  • 581 読者に思い出してもらう俳句を作ろう

    俳句は風景や情景を読者に伝えるのではなく、読者に思い出してもらった方が上手くいきます その時の風景や情景を読者が思い出すことで、読者自身がその時に感じた、寂しさや嬉しさを再び思い出し、感動をするからです   読者が鑑賞して頭に思い描くことができるものは、必然的に過去の...

  • 580 俳句の初心者は、最初のころの気持ちを大切に

      俳句を始めたばかりの人は、歳時記を見て、実際に自然に触れたときに、こんなにも多くの自然が周りに溢れていたのか、と感動をしたはずです そして、その感動を一つも余さず詠んでみたい、とも思うのではないでしょうか この気持ちは、今後絶対に忘れないようにしたほうがいいと思います...

  • 579 俳句の省略(7つの方法)

    俳句はいかに省略できるか、と言われます 省略すれば音数を節約できるし、表現もすっきりします 表現がすっきりすれば、読者の印象にも強く残ります なので、初心者でも簡単にできる省略の場所をあげてみます     ①     「ごとき」「ような」を消す 雪の ...

  • 578 俳句では、なぜ省略をしなさいと言われるのか

      俳句での省略は、主に鑑賞者の想像の引き金になる それを狙って省略をする   例えば   桜が風に吹かれて揺れている 桜が吹かれた   前者は、最後まで結論を言っているため、それ以上の想像は広がらないが 後者は、吹かれたのだけれど、吹かれた後...

  • 570 「季語の読みが苦手」と言う人はこちら

    季語の読みが苦手、と言う人は多いと思います 季語をクリックすると、読み方が表示されますので、読み方の勉強に使ってください   春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 新年の季語 ...

  • 577 俳句では、かわった読みかたをすることがある

    俳句を鑑賞すると、ときどき変わった読みかたを目にすることがあります 例えば 大根が「だいこ」 夕焼けが「ゆやけ」など   最初は「これは何なんだ?」と思うかもしれません その気持ちは重要で、あなたがそのように思ったということは 俳句をやっていない鑑賞者...

  • 576 俳句は、絶対に「五七五」で作るべき

        俳句は十七音の詩と言われます このように言われると、勘違いをしてしまう人がいるのですが 俳句は十七音が大事なのではなく、「五七五」が絶対的に大事です   大抵、無理だと思われる状況でも、必死に考えれば99%は「五七五」でまとめることができます 俳句...

  • 575 俳句を作るときに意識したい「時間」とは

      俳句を詠むときは、「どれくらいの時間幅」の出来事を詠むのかを意識するといいと思います 意識すると、俳句が詠みやすくなりますし、読む物事を絞ることができます     例えば、次の6句はすべて桜の俳句ですが、どれも詠んでいる出来事の時間の長さが違います   ...

  • 569 俳句の穴埋めクイズ

    下のカッコに入る言葉(主に季語および、季語を含めた語)を当てて、記憶力、発想力を鍛えましょう また、先達の発想と自分の発想を比較することで、今後自分はどこを鍛えて行けばよいのか、ヒントが得られるかもしれません TAG index Webサイト 答え   ...

  • 574 「旧仮名・文語」を勉強するには順番がある

        俳句を旧仮名・文語で作りたいけれど、難しい、勉強の仕方が分からない という人のために、どのような流れで勉強をすればよいのかを、記事にしました   俳句では、多くが旧仮名・文語で作られています 俳句を始めたばかりの人は、この「旧仮名・文語」で苦労している人が多いのではないで...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 7日目

        「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスター...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 6日目

        「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスター...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 5日目

      「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスターする...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 4日目

      「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスターする...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 3日目

      「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスターする...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 2日目

       「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのための 「旧仮名・文語を1週間でマスターす...

  • 「旧仮名・文語を1週間でマスターする手順」 1日目

      「旧仮名・文語」 を使って俳句を作っているけれど、いつも間違いを指摘される 「旧仮名・文語」 を使いたいけれど、使い方が良くわからない 「旧仮名・文語」 は、学生時代には分かっていたけれど、もう忘れてしまった   そのような人たちのために 「旧仮名・文語を1週間でマスターする...

  • 568 兼題・席題が決まらないときは、こちらから(季語のランダム表示)

      下のボタンを押すと、季語がランダムで表示されます 「兼題・席題が決まらない」「 俳句を作っても、いつも同じ季語ばかりを使ってしまう」 そんな時に押してください  ─   ─  ...

  • 567 新年・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 566 三冬・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 565 晩冬・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 564 仲冬・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 563 初冬・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 562 冬・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 561 三秋・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 560 晩秋・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 559 仲秋・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 558 初秋・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 557 秋・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 556 三夏・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 555 晩夏・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 554 仲夏・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 553 初夏・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 552 夏・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 551 三春・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 550 晩春・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 549 仲春・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 548 初春・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 547 春・季語一覧(画像検索リンクあり)

      ◎ 春・季語一覧(画像検索リンクあり)  >>>       ●初春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●仲春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●晩春・季語一覧(画像検索リンクあり) >>       ●三春・季語一覧(画像検索リンクあり) ...

  • 544 「木の実」の季語と子季語

      季語の一つ「 木の実 」と、「 木の実 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 543 「胡麻」の季語と子季語

      季語の一つ「 胡麻 」と、「 胡麻 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 542 「皀角子」の季語と子季語

      季語の一つ「 皀角子 」と、「 皀角子 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 541 「鮭」の季語と子季語

      季語の一つ「 鮭 」と、「 鮭 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 540 「サフラン」の季語と子季語

      季語の一つ「 サフラン 」と、「 サフラン 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 539 「鹿」の季語と子季語

      季語の一つ「 鹿 」と、「 鹿 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 538 「芝神明祭」の季語と子季語

      季語の一つ「 芝神明祭 」と、「 芝神明祭 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 537 「新酒」の季語と子季語

      季語の一つ「 新酒 」と、「 新酒 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 536 「芒」の季語と子季語

      季語の一つ「 芒 」と、「 芒 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 535 「清水」の季語と子季語

      季語の一つ「 清水 」と、「 清水 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。       ...

  • 534 「蛍」の季語と子季語

      季語の一つ「 蛍 」と、「 蛍 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 533 「時鳥」の季語と子季語

        季語の一つ「 時鳥 」と、「 時鳥 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 532 「繭」の季語と子季語

      季語の一つ「 繭 」と、「 繭 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。        ...

  • 531 「南風」の季語と子季語

        季語の一つ「 南風 」と、「 南風 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 546  季語一覧ページの紹介です

    下記のページに、季語の一覧を作っています(季寄せのようなページです) それぞれの季語をクリックすると、そのままグーグル検索できます ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  ◎ 春・季語一覧(Google検索リンクあり)  >>>     ...

  • 530 「簗」の季語と子季語

      季語の一つ「 簗 」と、「 簗 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 529 「川床」の季語と子季語

      季語の一つ「 川床 」と、「 川床 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。       ...

  • 528 「湯帷子」の季語と子季語

      季語の一つ「 湯帷子 」と、「 湯帷子 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 527 「葭簀」の季語と子季語

    季語の一つ「 葭簀 」と、「 葭簀 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。     ...

  • 545 句集を作ります(購入希望の方ご連絡ください)

    2022年1月頃に 俳句仲間9人(1人45句掲載)の合同句集を作ります 価格 2千円予定 購入募集期間 2021年9月末まで わたしは、今までの大会で受賞した句などを入れますので、俳句大会に挑戦されている方は参考になるはずです >>> 芭蕉ねこ、入選歴 9...

  • 526 「霞」の季語と子季語

      日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 霞 」と、「 霞 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 そ...

  • 517 9音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる         9音の季語は 先頭か最後 に置いた方が良い どちらに置くかは、実際に季語を置いたときに、季語がどのように切れる...

  • 525 「蛙」の季語と子季語

      日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 蛙 」と、「 蛙 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 そ...

  • 516 8音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語の音数が8音以上になってくると、置く場所も限られてくる ただ、その中でも置きやすい場所がまったく無いわけではない 考え方としては、次の2つを意識するといい       ① 8音の季語は 先頭か最後のどちらかに置く ただ、どちらか に置く...

  • 524 「麗らか」の季語と子季語

      日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 麗らか 」と、「 麗らか 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがありま...

  • 515 7音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる     7音 の季語を使う場合は ①  上五に置く ②  中七に置く と作りやすい         具体的には...

  • 523 「梅」の季語と子季語

      日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 梅 」と、「 梅 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 そ...

  • 514 6音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる       6音 の季語を使う場合は ① 上五・下五に置く ②「季語(6音)」 + 「助詞」にして、中七に置く と作りやすい ...

  • 522 「苜蓿」の季語と子季語

        日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 苜蓿 」と、「 苜蓿 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあ...

  • 513 5音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる       5音の季語は 上五・下五に置く と作りやすい   例えば、こんな感じ   光芒と しての...

  • 521 「鷽」の季語と子季語

      日本には四季を感じさせる美しい言葉があります。俳句の世界では「季語」という名前で親しまれています。 ここでは、季語の一つ「 鷽 」と、「 鷽 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。...

  • 512 4音の季語は、ここに置くと作りやすい

      季語はそれぞれの音数ごとに、置きやすい場所がある その場所をあらかじめ知っておくと、俳句を作る過程がずいぶん楽になる         4音の季語を使う場合は、赤丸部分に置こう ●●●● +(て・を・に・は) / 〇〇〇〇〇〇〇 / 〇〇〇〇〇 ...

ブログリーダー」を活用して、芭蕉ネコさんをフォローしませんか?

ハンドル名
芭蕉ネコさん
ブログタイトル
ゼロから分かる俳句超入門
フォロー
ゼロから分かる俳句超入門

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用