searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

万年NAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
万年NAバイク日記
ブログURL
https://mannenna.hatenablog.com/
ブログ紹介文
北陸のポンコツ乗り ツーリングを中心に ‘70~85年式のポンコツ弄り  
更新頻度(1年)

308回 / 259日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、万年NAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
万年NAさん
ブログタイトル
万年NAバイク日記
更新頻度
308回 / 259日(平均8.3回/週)
読者になる
万年NAバイク日記

万年NAさんの新着記事

1件〜30件

  • 久しぶりの能登 その2

    土曜日の能登ツーリング 西海から内陸方面へ 田植えの終わった水田の景色は 初夏 気温も上がってきました 峠のワインデングを楽しんで 中島側に抜けると 麦が黄金色 「麦秋」ですね 国道を横断して七尾湾方面へ 海に突き当たったら 左折 牡蠣小屋が見えてきました 養殖牡蠣のシーズンは終わってしまったので 誰もいません 今の時期に出回っている牡蠣は 一般的な牡蠣より一回り大きい天然の岩ガキ 丁度お昼のサイレンが鳴る その後の静寂 ほぼ無風 止まっていると暑いくらい ツインブリッジの橋詰 七尾西湾を挟んで 能登島大橋 ツインブリッジ渡り 能登島上陸 七尾北湾側 お食事処 みず到着 コロナ前にくらべ お客…

  • トライアルバイク空気圧

    コータローさまより トラ車のタイヤ空気圧の質問がありました ヤマハTY250Sで 一般公道を走る場合 サービスマニュアルの数値 フロント 1.25Kg/cm³ リア 1.5kg/cm³ しかしコンペになると フロント 0.4~0.45Kg/cm³ リア 0.33~0.3Kg/cm³ と極端に低くなります 数字に多少幅があるのは ライダーの好みやセクションに合わせて 多少変えたりします 砂斜面なんかでは低め 尖ったロックでは高めの方が乗りやすい 困るのはその中間 ツーリングトライアルでは 一般的に F 0.5Kg/cm³ R 0.4Kg/cm³ と言われてますが 私はもう少し低めで走ってました …

  • ナナハン結局キャブバラシ

    長い禁欲生活で(自粛生活とも云う) 日曜の午前中はTVを見る習慣が出来てしまった お気に入りは「ゲゲゲの鬼太郎」 猫娘がセクシーになり過ぎである 思わず見入って禁欲の処理をしてしまいますが そのストーリーも風刺が効いていて 50過ぎのおじさんが見ても面白い ノンビリ朝の時間を過ごしたら 当然バイク ガレージから出して ガソリンコックON 途端に 「妖怪お漏らし」登場 以前手抜きで1番のみパッキン交換でしのぎましたが 今回は 1番と2番がお漏らし 取りあえず ガレージ内のバイクを出して 2番は分かるけど 交換した1番まで何故? 仕方ないのでキャブ外して手抜きせずに 修理することに タンク外して …

  • 久しぶりの能登 その1

    宣言解除になったので 偵察兼ねて 近場県内ソロツーリング 今日は無難にGX750をチョイス 能登里山里海街道に向かう途中 左側は金沢港 右側は 河北潟に繋がる大野川 里山里海街道 車の量は以前の週末の5~7割くらいの交通量 下道に降りて安倍屋海岸 殆ど無風 気温は20度チョイ 安倍屋漁港 釣り人は散見しますが 静かです 正面の水平線は乳白色 すこし 実度は上がって来たようです 海岸沿いの作業道は雑草が茂り始め 太陽が高くなってきて 風景のコントラストが上がる 福浦漁港 巌門の遊覧船は係留されたまま 港から丘を上がり ドライブインの駐車場 ドライブイン自体は閑散としていて まだ営業してない 巌門…

  • TVを信じちゃイケないよ

    「モーニングショー」が撮り鉄に謝罪 「クソ」ハッシュタグがトレンドに デイリースポーツ 2020/05/20 13:58 © デイリースポーツ テレビ朝日 テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」が20日、“撮り鉄”に謝罪する一幕があった。この日の放送で、19日に、千葉市のJR蘇我駅で車両を撮影するために駅や周辺に鉄道ファンが集まったと報道。この中で使用した、ホームにあふれんばかりの鉄道ファンが殺到した写真が、実際には3月に撮影されたものだったとして、番組内で訂正した。 キハ40系車両 只見線 蘇我駅は、JR只見線で福島県を走行していた「キハ40系」の車両が、千葉県の小湊鉄道へ譲渡され…

  • 白バイステアケース

    石川県警の白バイ隊員 ステアケースクルマ越えの実演 www.youtube.com www.bing.com ベテランのNさん 国際B級(私と同じ年に昇格) と 大ベテラン Sさん 国際B旧 私の知る限り 石川県警でトライアル国際B級はこの2人だけ 最近は IBどころか NAもいないんじゃないかな・・・ 訓練風景 www.youtube.com セクション 簡単すぎ ↓頑張れ 石川県警白バイ特練 にほんブログ村

  • GX750 リアサスの色

    GX750のリアサスですが 元々付いていたものが抜けてきたので 社外品の安いダブルタンクのモノに交換 元々汎用品で400~750クラス対応なので セッテングは重い750ということで バネは締め込み硬め 全長も変更できるので5mmほど伸ばして フォークのキャスター角を立て目にして 今風ハンドリングに少しでも近い乗り味を目指し ダンピングはそろそろアタリが付いてきたのでこれからの課題 外観はアルマイトの赤で 目立ち過ぎで 田舎臭さを演出してますね・・・ そこで 仮ですが 色を暗めに振ってみました とりあえずなので 雑な塗装ですが こちらの雰囲気の方が 良いかな 暇な時に もう少し丁寧に塗ってみまし…

  • 輪島オートモビルミーティング その3

    会場のバイク置き場はこんな感じ 1970年代~80年代車が大半 普通のバイクで来た人は空港駐車場側に停める カワサキKH 250と400がそろい踏み KHもコンパクトな車体にメカが凝縮した感じが カッコイイ 北陸はZの個体は多いですね 元々カワサキの販売網が強い地域 W1も珍しくないですが 貴重なZも多く集まる CB750FOURは少ない・・・ ブースを廻ってみます かなりリアルなブリキ玩具 お馴染み ステッカー これ ミニカー釣りかな 此方 値段お高めの精密なミニカー オッサンになった今でも みていると欲しくなる ハンドルがバイクと同じ様な頃の3輪車 ミゼット スクーターに近い雰囲気 ハンド…

  • 輪島オートモビルミーティング その2

    2015年の輪島オートモビルミーティング 今年も開催されるなら 私もレースクイーンのお姉さんを撮りたい と仰る方 今年は残念ながら コロナの影響で大元となる輪島市のイベント自体が中止 これも来年に期待です 来年こそ盛大に 早くも 満足した感が否めませんが 会場のバイクを見ていきましょう 主催者側のブース ピカピカのCL125 奥には Z1や スズキΓ250 マッハH1 自然なヤレ感が良いですね このマッハ よく白山麗ですれ違うんですが 今だライダーとは面識なし ピカピカのW1SA ノンチ号 やっぱりランドセルの再利サイドバック 頑丈さに使い勝手はこれに勝るモノなし C100 OHVエンジンの初…

  • 輪島オートモビルミーティング その1

    コロナのご時世なので 過去記事が続きますが バイクは乗れないせめてブログでのバイク活動は絶やしたくないですね ということで 2015年 6月 初旬 輪島オートモビルのイベント開催日 会場の輪島空港目指して 能登里山里海街道 高松PA SA横は浜 県道の道着を着た女学生さん これから大会にでも行くのでしょうか? SRX400 価格は安く手に入りやすい車種でコスパの高い 乗ると楽しいし このバイクも会場に行くのかな? W1SAですね ピカピカに磨きこんであります キャブは社外品に交換 安定した走りが楽しめそう 高松SAからSA西山PAに移動 ここで 三ケ月さま夫妻と ヒョウタンツギさま親子と合流 …

  • 松波人形キリコ

    旧内浦町松波 赤崎イチゴで知られる赤崎岬を右側に飯田湾を左側に 眺める漁港の街 2019年7月27日 梅雨明けの蒸し暑さの中 街中は キリコ祭りで賑わう 街中の9つの町会 それぞれの紋様をデザインしたTシャツ それぞれの町会が1基のキリコを繰り出す キリコの重さは1.5トン以上 肩当をしないと かき手が壊れる 半端では進むことも不可 松波のキリコの最大の特徴は キリコの前側に人形が飾られていること 毎年造り変えられる 後ろ側は太鼓や鐘の舞台となる 子供たちがお囃子を担当 笛は綺麗なお姉さま方も加わる 梅雨明けの暑さに 1.5トンの人形キリコ 全てが全力 で こうなる 芸術が爆発 人形のモチーフ…

  • CB750FOUR ブレーキ強化 その5

    ノーマルブレーキからシングルディスクのブレンボ4ポットに改造したCB750FOUR フロントフォークは改造部品が豊富なヤマハSR400用を流用できたので あとは 好みにアレンジするだけ 因みに このキット取り外したので 余ってます 5000円で誰か買わない? SR(97~00の右側デスク車種に限る)又はTX650Ⅲ型以降 バイク持ち込めば 実費で交換しますよ 部品は揃いました 今回はブレンボを使います 因みに GX750では キャリバーは「フランド」パチモノを使いまし ブランド品のブレンボ かたや パチフランド 使ったバイクがCBとGX ローター外径が320mmと292mm 条件は違う(320…

  • CB750FOUR ブレーキ強化 その4

    とりあえず シングルディスクでのブレーキ強化 ブレーキの利きも 操作性も良いし 重量が軽いのでハンドリングにも良い影響 元々のブレーキ強化計画の経緯が 手の怪我による 握力低下を補うモノ であったことから この仕様でも十分でした 手の怪我 今でも痛みますし 普通にバイクには乗れますが トライアルのコンペはもうキツイでしょうね CB界隈では SRのフロントフォークを使っての改造はマイナーですが W1界隈では私がやる前から 実はメジャーな改造方法 ・・・私が知らなかっただけ 写真は RS400のフロントフォークですね W1SAでサーキットも楽しんでしまう K林様と その一派 ノーマルではドラムブレ…

  • CB750FOUR ブレーキ強化

    CB SR400のフロントフォークをベースにFブレーキ強化の方向性で部品手配 Yオクで中古部品ゲット SR400よりCB750FOURは車重も重いので 整備のついでにセッテング オイルは規定量より5cc多めに バネはスペーサー代わりのワッシャ追加で硬めに振る 5mm分 追加 組付け完了 SR400でも此方のエアバルブ付きのFフォークの方がセッテング変更に便利 GX750から取り外したフロントホイルと 実は安かったんで思わす買っちゃった SR400用ブレンボ改造キットの中古 このキットで 計画したWデスクにする前に とりあえずシングルで組んでみることに フロントホイル 右側 CB750FOUR純…

  • CB750FOUR ブレーキ強化その2

    CB750FOUR ブレーキの強化 先ずは方向性の決定と 部品の手配 元々はシングルの型押しタイプのキャリパー 古い年式のバイクで有っても ヤマハのXS650E 1972年 コイツだけは 例外的にブレーキの利きが良い その要因は 1 車重が軽い 2 キャリパーが対向ピストン 3 フローティング構造と同じ効果を期待できる ディスクの取り付け構造 ↓ フローティングディスク 一般的には写真の様にピンで摺動部分が柔軟に左右に動く構造 パッドとディスクの摺動面が均一に当たるので 利きタッチ共に良い ・・・この頃にこれだけのブレーキ発想出来るヤマハって 凄い でもXSからモデルチェンジした TX650で…

  • CB750FOUR ブレーキ強化 その1

    此処に見に来る多くのライダーはご存じとは 思いますが CB750FOURは世界で一番最初に油圧ディスクブレーキを採用した 市販公道用オートバイ 当時は熱に強く 連続使用でも安定した制動力で 画期的なシステムと評価されました・・・・50年前の話です 2017年当時の状態の CB750FOUR 万年号 ブレーキはノーマル状態から 小改造は実施 ①パッド交換 > 濡れた時の利きは向上 ②穴空きディスク > 水切り性向上 少しの軽量化 それでも50年前の基本的な性能はそのまま 以前から Fブレーキの強化は課題でした ナナハンライダーの多くがやっているブレーキ強化の手法が Wデスク化 カッコイイですね …

  • W1旅 最終

    奥飛騨で温泉に浸かり 火照った身体で 蒲田温泉奥のヘリポート駐車場 笠ヶ岳が白く空へ ヘリポートから 奥飛騨大橋 振り返ると 笠ヶ岳の頂上付近は若干の雲 来た道を戻ります 飛騨は山また山 開けた場所は少ない 蒲田温泉 焼岳の北西斜面 そして栃尾温泉 平湯~栃尾までが 温泉の湯量も豊富な湯の花街道 あとは R471で神岡 >R41で細入 右手の川は神通川 細入で 神通川は神通峡呼ばれる峡谷地形から 富山平野の手前の丘陵地帯へ 国道41号から離れ 八尾>山田 この場所を覚えているでしょうか? 山田の棚田 カメラを構えると 1日目は霞んで見えにくかった 立山連峰 2日目の帰りは空気も澄んで 光は順光…

  • W1旅 奥飛騨

    R158号の長野側で昼食 その後 安房峠トンネル経由で奥飛騨 安房峠旧道はGW期間中はまだ冬季閉鎖 最近は6月に入ってから通れるパターン 年によって開通日はバラバラなので旧道を通りたい方は事前確認が必要 それから松本側の看板は冬季通行止めが明けても 通行止め表示のままの看板があるので注意 事前チェックしなかった場合 手前の道の駅「風穴の里」のインフォメーションで昼間なら確認可能 安房トンネルぬけると そこは奥飛騨 R471を神岡方向へ 写真は 新平湯温泉辺り この年は桜の開花がすこし遅く GWに桜が見ごろ 栃尾温泉 砂防堰堤の沢 沢の両岸の桜並木も満開 1000mの高低差 河原のコンクリ升には…

  • ヤマハGX750 石川県の在庫車

    GX750 万年号ですが ウチに来たのが 2016年春 今の状態にするまでベース入手含めや部品、部品取り、シート張替え ブレーキ強化 などなど 合計で35諭吉くらいかかっているかな(保険・車検・登録は含まず) ポンコツって 例えベースが安く入っても 普通に走るようにするには 手間以外にも それなりのお金はかかります ・・・手間かけるのは楽しみの一つではありますが 自分の手に負えない(治らない)というリスクもありますから 値段が安いからと 普通の人がポンコツに手を出すことは お勧めしません それなら絶版バイクでも お店から買う方がリスクは少ないし 安心できるお店て買えば 後々面倒見てくれる 結果…

  • W1旅 お昼は

    2017年 GW後半のW1旅 美ヶ原高原 美術館側には寄らず そのまま直進 武石側へ県道を降るルートへ 途中の白樺林 路肩が広い場所にバイク停める 広葉樹の白樺なので葉が付く前の林は明るい W1SA ビートルック号 此処まで 調子は良い 富山オートバイクラブのベテランから教えてもらいながら 整備 今回のツーリングでも安心して走れる仕上がり W3 万年NA号 オーツカ先生の手が入った中身はスペシャル仕上げ 今回の様な登りや下りの連続でも全く問題なし やっぱり 信州は気持ちいい K464>K62 写真は武石峠手前 美ヶ原林道 対向してくる スポーツタイプの自転車が多い ビートルックさま曰く この美…

  • W1旅 美ヶ原

    ビーナスライン 車山~霧ケ峰 高原の山は GWですとまだ枯草 行きかう オートバイ ここから S字カーブへ アプローチの正面は御嶽山 いよいよカーブ 左カーブ 右カーブとクリアー やがて霧ケ峰のドライブインが正面に 交差点を右折 八島ヶ原湿原に寄ってみるも 雪が解けたばかりの茶色い風景 のんびりと 先へ 美ヶ原牧場のロッジ駐車場 見下ろすとビーナスライン 丸い山が蓼科山 その麓からビーナスラインは此処まで伸びる 牧場ロッジから 王ヶ頭までは一般車両は入れない 徒歩になります 気温は高くないのですが 日差しは強い 牧場に牛はこの時はいませんでした 奥に見えるのが 王ケ頭のアンテナ群 その更に奥は…

  • W1旅 朝のビーナス

    2017年 5月4日 朝飯食って そのまま 長野の県道40号線を女神湖方面に 標高が上がっていくと 道路わきにはモクレンや桜 更には 日陰は3分咲き 日向 五部咲き 下界では4月半ばには散ってしまう桜も GWに信州来れば 2度美味しい 標高が上がると そんな花も少なくなり 白樺林 女神湖近くまで来ました 女神湖>白樺湖と繋いでビーナスライン 朝ですが それなりに車はいる 冨士見展望台駐車場到着 富士山は・・・ 南側に見えれば 八ヶ岳の右端から頭が見えるのですが 冷え込みで 甲府盆地の朝霧の影響で 見えませんね・・・ 南から西の方へ目を移すと 南アルプス 塩見岳 日本2位の標高を誇る 北岳 甲斐…

  • W1旅 一日目終了

    K36 アルプス展望道路 一旦小川村に抜けオリンピック道路 そこから再びK36 信州新町でK12にスイッチ 千曲川の支流 犀川 渡る 県道12号は細いうねうねから 高原の快走路へ 無心になって走ります GWですが 桜が満開 そして 此処は 北アルプスが逆光で霞む 大岡の道祖伸 今年は挨拶にいけるだろうか? お日様は 蓮華岳方向に 小川の展望台で行先斜め前に見えていた山が いま後方 麻績の街が見えてきました 先を急ぎましょう 道の駅青木で最後の休憩 別所温泉を抜けK82>千曲ビューライン 夕暮れギリギリに 布引観音温泉到着 一風呂浴びたら 鹿曲さんへ 一日走って ビールは最高 天ぷらはこの季節の…

  • W1旅 アルプス展望ロード

    信州小川 アルプス展望道路 県道36号 鬼無里から峠を登ると 北アルプスが一望 そして集落には桜 右手に北アルプスを見ながら流す 展望台発見 バイク停める 展望台の絵を見ると 野口五郎岳 ・・黒部川源流の一つ 蓮華岳 ・・戦国時代の武将で前田利家のライバル 佐々成政が厳冬期に 北アルプスを超えで徳川家康に面会に行ったさらさら越えのルート 当時の装備で歴史的快挙をやってのけた 成政でしたが 結局家康に相手にされず 秀吉の軍門に下り 悲劇の最後を遂げた成政ですが 「信長の最後の忠臣」 大河ドラマの主人公にしても面白い人物とも 鹿島槍と五竜 北アルプスの中でも目立つ山 富山から見れば 後ろ立山と云わ…

  • W1旅 鬼無里

    猫鼻の湯に寄り道 R148 左側の鉄道は大糸線 編成の長い列車は特急あすさ号 前の車がノロノロ運転なのですが 列車の方の速度も遅く 並行して走る あとから つかぼんさまに聞いたら 大糸線の線路の地盤は脆いので 列車のスピードが出せないそうで 特急 あずさ つかぼんさま曰く 指定席取るときは西側の席の方が景色がよくておすすめ R148の視界がいきなり開ける 白馬ですね・・・と云いつつ この写真には白馬岳は映ってませんが コレ 白馬岳 ↓ 白馬のスキージャンプ台 誰も練習してません 白馬からR406 鬼無里街道へ 峠のトンネル手前 ↓ 武田信玄の家紋が入って五竜岳 この季節が一番はっきり見えます …

  • W1旅 湯原温泉

    W1旅 何回も書きますが 2017年 新潟県糸魚川 ヒスイ峡 明星山北壁 来た道を一旦戻る 右側は小滝川 R148に戻り 新潟>長野への県境を超え 長いトンネルを抜けて 招き猫がいる焼き道左折 スノーシェッドの右わき入り 少し下ると 手造り感満載の小屋 駐車場には数台の車 ここは 小谷村 湯原温泉 小屋に入ると 右側に厨房 左に休憩所 厨房にいたお姉さんに 入浴料500払い 右側奥にある男湯に行こうとすると休憩している 常連さんに 「上の露天風呂開いてるよ」と教えてもらい 厨房のお姉さんに聞くと 「そちらの方が広い」とのこと ふたたび外へでる 小屋の増設部分は 宿泊湯治小屋かな 駐車場を挟んで…

  • BT-46

    10年前の CB750FOUR K4 万年NA号 スポークとリムを組みなおしたばっかりで 足回りが奇麗なんですが タイヤは ブリヂストンのBT-45 リアも BT-45 当時は 1 ライフが長持ち 2 コーナーリングは安定 と言うことで 最初は気に入って履いていたのですが 乗り込むウチに 1 冷間時やウエットではグリップが悪い 2 使って行くと変摩耗(特にフロント)で気色悪いハンドリングに ということで 次第に使わなくなっていましたが 今度 BT-45の改良版 BT-46 というのが発売されたらしく 以下 コピー ニュースリリース2輪車用ツーリングバイアスタイヤ「BATTLAX BT46」を発…

  • 2017年のGW 私とビートルック様の2台のW1 W1国道148号から 右側の脇道へ 左を流れる川は姫川の支流 小滝川 一旦川から離れ 山深く入って行く 標高が上がると共に 季節が逆戻り 路肩には残雪 山の上の方は まだ冬枯れ 駐車場に入ると ブルで除けられた雪の固まり ここは 高浪池 池の主の大きな魚のオブジェ、 晴れていれば寝ころんでくつろげそうな 芝生 釣りに興じる子供たち 釣り竿は近くの山小屋で貸してくれる キャンプ場も併設 ここなら 夜の星が綺麗でしょう しかし 我々が行きたいのは この先 山小屋から林道を更に進む 今度は標高を下げていくと 正面に 岩山 「明星山」1188m 明星山…

  • W1ツーリング 糸魚川

    富山の立山町 此処からも 県道や農道を繋いで 新川スーパー林道 で黒部川 一旦 R8に出た後 旧道へ バイクを停める 芭蕉の句碑 芭蕉が東北を回遊し その帰路に使ったのが 越後路 ここで 読まれている句「一家に遊女もねたり萩と月」の内容 【意味】みすぼらしい僧形の自分と同じ宿に、はなやかな遊女が偶然居合わせた。その宿にわびしく咲く萩を、こうこうと月が照らしている。なんだか自分が萩で遊女が月に思えてくる。 我々にしてみれば 排気ガス臭い旅のライダーに 華やかな何処かのお嬢さんの集団の対比みたいなかんじでしょうか むこうにしてみれば 我々の方が自由に見えるんでしょうね 市振漁港 道の駅 市振 DR…

  • GW 劔・立山

    GWツーリング 南砺>井波>旧山田村と県道を繋ぎ 富山を東進 代掻きが終わった田んぼ 空は薄曇りで立山は見えません 小さなグランドには鯉のぼり 宿坊大橋 スピードメーター 修理前です 越中八尾 井田川を越したころ 正面に立山連峰 庄川を渡る 立山を源流とする 常願寺川を超えると 立山町 劔岳 大日岳 代掻きが終わった田んぼの水面にはさざ波 水面に山が鏡写しとはなりませんでしたが しばし その姿に見とれる ↓ 最近ランクダウン ポチ願う にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用
読者になる