searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

つくつくさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
農業でセミリタイア
ブログURL
https://www.syoboi-nougyou.com/
ブログ紹介文
田舎で気の抜けた農的暮らしを楽しんでます。脱サラ自由人の夫と、社会不適合な妻。2019年10月から果樹農家さんに弟子入りして、りんごとぶどうの栽培について教わっています。
更新頻度(1年)

80回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/09/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、つくつくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
つくつくさん
ブログタイトル
農業でセミリタイア
更新頻度
80回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
農業でセミリタイア

つくつくさんの新着記事

1件〜30件

  • 【新型コロナ×大地震】もし今、首都圏で避難が必要になったら?【想定外じゃ済まされない】 

    きょう未明、茨城県南部を震源とするマグニチュード5.1の地震がありました。 www3.nhk.or.jp けさの報道を見ている限り、さほど大きな被害はなかったようです。一安心です。 昨夜は夫婦共に夜更かしをしていて、Twitterで地震について知り、すぐさまテレビを付けて被害状況を確認しました。(ちなみに、うちは揺れとは無縁の地域です) そこで、妻がぽつりと一言。 「いま大地震が起きて避難が必要になったら、どうなるんだろうね」 新型コロナウイルスが蔓延する最中、避難が必要なお年寄りが避難所に押し寄せるのは、リスクが高すぎます。 実際のところ、今回もまた「想定外の出来事」じゃ済まされませんよね。…

  • 【コロナ騒動に思う】やっぱり行きつくところは自給自足かも

    世間は新型コロナウイルスに翻弄されていますね。 自宅と研修先の農家さんのところを行き来しているわたしたち夫婦には、さほど大きな影響はないんですが。 東京をはじめ各地で感染拡大に歯止めがかからない状況を見ていると、先の見えないトンネルの中にいるようですね。 一体いつになったら、日常が戻ってくるんでしょうか。 生活必需品の争奪戦 暮らしを脅かすコロナ 一番尊い瞬間は「おいしい」

  • 会社勤めをやめたら車の運転速度が遅くなった【人ってかくも変わるもんか】

    最近、車を運転していて、あることに気が付きました。 ちょっと気を抜くと、制限時速に達していない! どうりでよく煽られるわけだ。とくに朝の通勤時間帯に。 会社勤めをしていたときには、ビュンビュン飛ばしていたんですがね。 勤めていたときは、スピード違反で定期的につかまっていました。(あまり、大きな声じゃ言えませんが) のろのろ運転の軽トラの後ろについたときには、カリカリしていたな~ まさか、のろのろ運転する側に回ることになろうとは。(まだ軽トラ持っていませんが。カリカリさせる側に回るのは、時間の問題でしょう) 「なんで、こんなに変わったんだろう」 昨夜、制限時速ギリギリの遅さで車を走らせながら、ふ…

  • 【新規就農Q&A】初めての確定申告~実践編~:脱サラして研修中のあなたへ

    わたしのように農業次世代人材投資資金(準備型)の補助金を受けて、農業研修を受けている場合、就農前であっても確定申告をしなければなりません。 農水省のホームページには、「資金を受給された方は、原則として全員自らが資金を受給した年の所得税及び復興特別所得税について確定申告を行うことが必要です」とあります。 このことについては、前回の記事で触れました。まだお読みでない方は、以下のリンクからどうぞ。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 会社勤めの頃は、年末調整さえも、ろくに理解していなかったわたし。一体、「確定申告」って、何すればいいの?と、戦々恐々としていました。 わたしのよ…

  • アトピー根治を目指すチャレンジ【原因は体の内側にある?】

    新規就農する前の準備期間の今。アトピーの状態も安定させられないかと、試行錯誤の日々が続いています。 アトピーシリーズの前回の記事では、初めて受診した病院で信頼できる先生と出会ったことについて書きました。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com これが、昨年12月のことでした。 残念なことに、その後の経過はすこぶる悪く…良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、次第に掻き壊しのペースが優勢に。 前の会社にいた頃は、激務のため、体も心もギリギリの状態でした。そうしたストレスからは解放されたはずなのに、思うようによくならない。 1月はかなり落ち込んでました。それで、最終的に吹っ切…

  • 【日経新聞が無料で読めちゃう】楽天証券のうれしい特典をご紹介します

    ここのところ続けて、「積み立て投資を始めよう!」をテーマに書いています。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 実は、楽天証券で口座を作ったことで、とってもうれしい特典がありました。 それは、日経新聞が無料で購読できること。これ、驚きじゃないですか! 今は、農家見習いとして、節約生活に徹している身。毎月支払う新聞の購読料は、かなり手痛い出費です。(ちなみに、日経新聞電子版だと、4277円/月) そのため、日本農業新聞や地元の新聞は、研修先の農家さんにお願いして研修の休憩時間に読ませてもらっていました。 まさか、こんな形で新聞を読めるようになるとは!うれしい誤算でした😉 し…

  • 【投資には証券口座が必要です】わたしは楽天証券を選びました【楽天ユーザーゆえに】

    前回に続いて、「さぁ、積み立て投資を始めよう」というお話です。 これは、まったくの投資初心者の方を対象に書いています。「そんなこと知っているよ」という方にとっては、「そんなこと知っているよ」程度のことでしょう。 知っていましたか。投資をするには、証券口座という専用の口座が必要なことを! そうなんです!必要なんです。 だから今回は、「楽天証券の口座を作りました」というご報告を兼ねて、そのあたりのことを書こうと思います。 わたしは「楽天証券」にしました 頼れる両学長のお墨付きも 買い物は楽天カードにまとめてお得に

  • 【しょぼい入金力でもOK】積み立て投資でお金を増やす【早ければ早いほどいい】

    「投資始めます!」と高らかに宣言した、以前の記事から早2か月。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 毎月一定の収入があるサラリーマンを辞めて、夫婦でつつましい生活を送る農業研修生のわたし。 毎月投入できる「入金力」が乏しくてもできる―。そんな投資方法を探していました。 わたしに唯一あるのは、時間です。少額の入金をコツコツと続けて、将来の資産が築ける…そんな投資があればいいのにな~ と思っていたら、すんばらしい一冊に出会いました! 【20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす】 // リンク 「投資の知識ゼロだけど、ちょっと興味がある」という方。ぜひ読んでみてくだ…

  • 【新規就農Q&A】研修中の「経費」って?:節税になります!知らない方は必見

    きょうは、農業研修中に忘れてはならない節税の基本をお伝えします。 といっても、方法はとても簡単で、研修のために使った作業着代、交通費、授業料といったものをきちんと把握しておき、領収書など証明できるものを取っておくだけです。 なぜかというと、これらの費用は確定申告するときに「経費」として計上できるから。 農業研修を始めるに当たり、作業着や靴、手袋など必要なものが次から次へと出てきて、最初は出費がかさみます。 せっかく経費として扱えるのに、それを知らずにレシートを捨ててしまうと、必要以上に税金を納めなくてはならなくなってしまいます! 本当に簡単ですので、今のうちから基本を押さえておきましょう。 そ…

  • 【新規就農Q&A】初めての確定申告はどうすれば?:無料のクラウド会計でラクしましょう【準備編】

    確定申告の時期が近づいてきました。 わたしは現在、農業研修中のため、収入は国からの補助金のみです。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 農業次世代人材投資資金(準備型)の受給者は、確定申告をしなければなりません。 ほとんどの新規就農者は、確定申告の経験がないと思います。もともと会社勤めだったわたしにとっても、初めての経験です。 独立後は、特別控除が受けられる「青色申告」をするつもりです。ただ、研修1年目の今回は、クラウド会計のフリープランを利用して「白色申告」をするつもりです。 まずは準備編として、主要なクラウド会計サービスを比較検討してみましょう。 農業次世代人材投資…

  • 【しょぼい農業の教科書】「しょぼい起業で生きていく」「農で起業する!」「半農半Xという生き方」

    当ブログ「しょぼい農業で生きていく」 をご訪問いただきありがとうございます。 今回は、しょぼい農業を実践するにあたり、参考にしてもらいたい3冊の本を紹介していきたいと思います。 まず前提として、「しょぼい農業」がどんな人に向いているか、改めて整理します。 自分のペースで仕事をしたい 自然の中で陽の光を浴びるのが好き 大金持ちになろうとは思っていない この条件に当てはまり、少しでも「しょぼい農業」に関心がある方は、この先にお進みください。 もしかしたら、あなたの人生をハッピーにする選択肢の一つになるかもしれません。 「しょぼい起業で生きていく」 「逃げの起業」だっていいんです えらてん流「しょぼ…

  • 【大人の勉強時間1日6分の衝撃】勉強することが生きる上で最高のリスクヘッジになる

    これを知って、本当に驚きました。 日本の社会人の平均勉強時間は「1日あたり6分」だそうで。これはどう考えてもブルーオーシャンなんですよね。これから確実に消費時間は増えていくはず。大人になっても勉強を続けることは、当たり前になる。というか、そうならないと本格的に日本はヤバいw — イケハヤ@YouTube登録11万人 (@IHayato) December 25, 2019 「勉強」がブルーオーシャンって…なんか、切ない響きですよね。でも、まぁ仕方ないです。事実ですから。 調べてみますと、これは、総務省による2016年の「社会生活基本調査」で明らかになった数字だそうです。 その結果、社会人が学習…

  • 【有給取れない会社に残る理由を論破】あなたの代わりはいくらでもいます【不都合な真実】

    毎日、妻と食卓を囲める幸せ 何も考えずに湯舟につかれる幸せ 土曜休んだのに、日曜も休める幸せ 多くの人にとっては、当たり前の「日常」かもしれません。 でも、つい半年までは、こんな日々が来るとは思ってもみませんでした。 だって、前の職場にいた頃は、毎日時間に追われていたんだもん😬 うちに帰るのは毎日深夜。1人になれるシャワーの時間は、いつも仕事のことばかり考えていました。 休日も、家庭より仕事を優先するのは当たり前。どこかに出掛けるときは、携帯電話とパソコンを肌身離さず持ち歩いていました。 当然、有給だって1日も取ったことはありません。 「うんうん、わかるわかる」とうなづいてしまっている、そこの…

  • 【新規就農Q&A】脱サラだと年金や健康保険はどうなるの?:お得な選択を教えます【後編】

    「脱サラして新規就農をする場合、社会保険はどうなるの?」という疑問にお答えするシリーズの後編です。 前回は「年金」をテーマとし、国民年金の加入の仕方やお得な納付方法について解説しました。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 今回は「健康保険」について解説します。こちらも適当に決めてしまうと、保険料を余分に支払うことになってしまいます。 それでは、始まり~。 「国保」or「任意継続」 国保と任意継続は、どっちがお得? 国保の保険料は市役所でチェック わたしは、任意継続の方がお得でした! 現役組合員と同じ恩恵が受けられます 1・2年目の変化に要注意! 退職後14日以内に手続…

  • 【新規就農Q&A】脱サラすると年金や健康保険はどうなるの?:お得な方法を教えます【前編】

    脱サラして農業を始めるにあたり、大きく変わることといえば、年金と健康保険です。 会社員時代には、いずれの保険料も月々の給料から天引きされていました。それが脱サラをすると、自分自身で手続きをする必要があります。 ずっと会社勤めをしていると、こういうことには疎かったりしますよね。実際、わたしもそうでした。(疎いどころか、まったくの無知でした) 現在、年金は「国民年金」に加入し、健康保険は前の職場で入っていた会社の保険を「任意継続」しています。 今回は、「年金とか健康保険とか、さっぱり分からない!基本の『き』から教えてほしい」という人に向けて解説していきます。 保険料が節約できるポイントもお伝えしま…

  • 【妻の観察日記】「ちょっと川見に行ってくる」:正月早々ダウンするお決まりのパターン

    「ちょっと川が増水してないか見てくる」 正月とは思えないポカポカ陽気の昼下がり。妻が意味不明な理由を口にして出かけていきました。 上下とも防風防寒の完全防備で、大きなリュックサックを背負い、「カワセミ~~~の、カワちゃん♪」と口ずさみながら。 休み明けにダウンするお決まりのパターン 大晦日から1月2日まで予定が目白押しで、ようやく一息ついているきょう。「新年早々、風邪ひいたかもしれない」と起きてきた妻。 きょうは安静にしているように言ったんですが、うちのすぐ近くにカワセミの住処を見つけたらしく…我慢できずに出かけていきました。 ちなみに、カワセミとは、こういう鳥です。 ちまたでは「空飛ぶ宝石」…

  • 【ボブ・ディランが語る】50人の観客を相手にする難しさ【ノーベル賞スピーチより】

    2019年も残すところ、あと1日となりました。今年は、わたしにとって忘れられない年になりました。 新卒以来勤めた会社を退職し、10月からは夫婦で農業研修を受けています。1年前の大晦日には考えもしていなかったことです。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com ブログを立ち上げて、早4か月 研修が始まるのを前に、9月1日にこちらのブログを立ち上げました。 きょうまでに、予想をはるかに上回るアクセスがありました。読者の皆さまには、心から感謝しています。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com きょうまでの4か月間で、たくさんの記事を書きました。これで82本目に…

  • 【新規就農Q&A】生計が立つまでの年数は?:全国調査の結果をお伝えします

    きのう、こんな記事を書きました。 www.syoboi-nougyou.com 友人に「農業って、どのくらい稼げるの?」とよく聞かれるんですが、「農業=自営業者なので、稼ぎはピンキリですよ。あなた次第です」という内容を書きました。 すると、読者の方から貴重なご意見をいただきました。 納得しました。ただ、実際問題として、〇〇万以上稼ぐ農家は全体の何割いて、〇〇万以上稼ぐ農家は全体の何割いるみたいな年収分布の実態は知りたくなりますね。 おっしゃる通りです!独りよがりで記事を書いていると、結論ありきになってしまっていけませんね😌 わたしも気になったので、早速調べてみました。 今回は、こちらの質問に回…

  • 【新規就農Q&A】農業って、どのくらい稼げるの?:まずはこの考え方から抜け出しましょう

    「農業って、どのくらい稼げるの?」 わたしの新規就農に興味を持ってくれる友人たちによくこう聞かれます。 けれど、この質問ってあんまり意味がないんですよね。なぜなら、自営業の場合、稼ぎに天井はないですから。 答えは「いくらでも」。こうなっちゃいます。 わたしも会社員でしたので、同じ疑問を抱きました。けれど、実際に新規就農を目指すなら、まずはこの考え方から抜け出す必要があります。 サラリーマンにとっての「稼ぎ」 サラリーマンの場合、年齢を重ねるにつれて給料が上がります。 役職の有無によって差は出るものの、だいたい一定のペースで上がっていくため、同世代の人たちは同じような給料をもらっている場合が多い…

  • 【半農半Xという生き方】クラウドソーシングで広がるXの選択肢:熱烈歓迎の先進県も?!

    「しょぼい農業で生きていく」をブログの主題(というか人生の主題)に掲げていますが、本当に生きていけるんでしょうか。 肝心かなめのそこのところを、きょうは掘り下げてみようと思います。 まず第一に、ベースにあるのは、「しょぼい起業」という考え方です。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com 「2019年に出会えて良かった本」ランキングで堂々の第1位!に輝きました(あ…わたしの個人的なランキングですので、あしからず)。 これで起業=就農のハードルがぐっと下がります。 そして、もう1つ。わたしがよりどころにしているのが「半農半X」という生き方です。 一般には、広く知られていないかと…

  • 【妻の観察日記】ようやく迎えた「冬至」:できることなら常夏の国に住みたいらしい

    冬になると調子が優れなくなる妻。11月から絶賛、絶不調な日々が続いています。 《関連記事》 www.syoboi-nougyou.com それでも、なんだかんだと弱音を吐きながら、なんとかこの日を迎えられました。 一年で最も昼が短い日。すなわち、「冬至」です。 冬季うつの人にとって特別な「冬至」 妻のように、冬になると気分が落ち込んだり、朝起きられなくなったりする「冬季うつ」の皆さんにとって、「冬至」は特別な一日なんです。 「一年で最も昼が短い日」ということは、言い換えれば、「次の日からは少しずつ昼が長くなる」ということ。 妻の思いを代弁して、こんなツイートをしました。 【冬季うつの皆さんに朗…

  • 【新規就農Q&A】農業研修は夫婦で受けるべき?:うちはこうやって決めました

    ご夫婦で新規就農を予定されている、じぃみぃさんご夫婦が先日、Twitterでこんな質問をされていました。 今後、新規就農にあたって。農業研修制度は夫婦でするべきか、それとも夫のみか?農業研修を受けて新規就農した方の率直な意見が聞きたいです。👩‍🌾#新規就農者 #農業研修 #新規就農 #agric #agriculteurs #agriculture — shifarm (@shifarm1) December 16, 2019 わたしも似たような境遇ですので、ぜひ力になりたい!と思い、気の利いた回答をしようと頭をひねったのですが、なかなか難しく…結局こうなりました。 うちは夫婦での研修です。た…

  • 【SNSはフリーランスの武器になる】自分を発信するチャンネルは持っておくべき

    皆さん、SNSはお好きですか? わたしは正直言って苦手です。というか、好きか嫌いかでいうと、嫌いでした。 友達がこの週末を誰と、どこで、どう過ごしているかなんて、知るか!…と言いつつ、見ちゃったりするんですよね~。そんなことに大切な時間を費やすなんてもったいない! 実際、勤め始めてからは、FacebookやTwitterのアカウントは放置してました(ただ単に激務だったので、自然と疎遠になっていった、という方が正しいかもしれません)。

  • 【新規就農Q&A】おすすめの本はありますか?:杉山経昌さんの「農で起業する!」は必読書

    新規就農をするにあたり、「新規就農」がテーマの本を読み漁りました。 図書館にある本を端から借りてきて読みつくした挙句、これだけは読んでほしいと思う一冊があります。 その本とは、杉山経昌さんの「農で起業する! 脱サラ農業のススメ」(築地書館)です。 // リンク この本を読んだ後に、「自分もやってやる」という抑えきれない感情がこみ上げてきたら、思い切って一歩を踏み出すことをおすすめします。 「ちょっとマネできないな」とか「思い描いていた理想と違うな」というように、心にブレーキがかかったら、一度頭を冷やした方がいいかもしれません。 いずれにせよ、新規就農に興味があるのなら、読んでおいて損はない一冊…

  • 【防寒対策に最強のズボン】ユニクロの防風エクストラウォームイージーパンツ【バイク乗りにもおすすめ】

    また、寒い季節がやってきました。許されるのなら、いつまでもこたつに首までつかっていたいですよね。 けれど、誰にだって、外に出なければならない用事はあります。 農家見習いのわたしもそうです。どんなに気温が低かろうが、どんなに冷たい風が吹いていようが、畑に出なければなりません。 そんなわたしが、この冬出会ってしまった、最強のズボンを紹介したいと思います。 誇張ではなく、これさえあれば、どんなに寒い日でも、大丈夫! 翌日の天気予報を見て、「うっそ!寒すぎでしょ~~~」とげんなりすることも金輪際なくなります。 そのズボンは、こちら! ユニクロオンラインストア限定の「防風エクストラウォームイージーパンツ…

  • 【これぞ学校】“おかしなルールは変えましょう”とは教えない【そりゃ不登校も増えるよね】

    こういうニュースを見ていると、嫌でも学校に行かなければならない子どもたちに同情したくなります。 「タイツの色はベージュ以外認めない」という校則を巡り、生徒と高校の攻防を取り上げたものです。 《関連記事》www3.nhk.or.jp ベージュのタイツが良くて、黒タイツがダメな理由についての、校長の説明はこうです。 校長「やっぱり紺のセーラー服、紺のスカート。そして白のソックス。これが斐太高校の制服ですよというふうにずっと見てきたし、見られてきた。周囲の高校は、紺だったり黒のタイツだったりするので、それとの区別というか。斐太高校はこうだっていう、そこへのこだわり。それを覆すだけの理由が出てこなかっ…

  • 【悪いのはどっち?】人間vsイノシシ:ダレノガレさんが招いた不毛な議論

    ダレノガレ明美さんのツイートが議論を呼んでいます。 問題となったのはこちらのつぶやきです。 イノシシの居場所をとってしまってるのは人間だよね。悲しいね。食べるものがないから街に行くしかないのよね。イノシシだって人間の住む街に行きたいわけじゃないはず。だから、危ないけれどもイノシシを殺さないでほしいな。 pic.twitter.com/ss6rVaeEbi — ダレノガレ明美 (@The_Darenogare) December 10, 2019 「農家は被害にあっている」 「イノシシの怖さを知らない」 「なら、イノシシを引き取って」 などと、批判の声が殺到しているそうです。

  • 【アトピーの治療】信頼できる医師と予想外の効能:最近、すこぶる良好です

    先日、皮膚科の病院を受診しました。 9月に引っ越してきたので、初めて受診する病院でした。 これまで、進学や転勤で転居を繰り返してきたので、これが5か所目。どちらも治療の方針は基本的に同じで、今回も大きな変更はありませんでした。 けれど、この病院を受診してから、すこぶる調子がいいんです。 それはどうしてなのか。自分なりに考察してみました。

  • 【どうにもならないことに耐える力】“ネガティブ・ケイパビリティ”が試される時代

    「どうにも答えの出ない、対処しようのない事態に耐える能力」 これが、“ネガティブ・ケイパビリティ(Negative Capability)”です。 直訳すると、「消極的な能力」です。一見、不思議な言葉ですよね。 詩人のジョン・キーツ(1795~1821)が「不確実なものや未解決のものを受容する能力」をこう表したのが最初。その後、精神科医のビオンが再発見したそうです。 生まれてきたことを後悔する子ども。生き続けることに意味を見出せない大人。悲しいことに、自ら死を選ぶ人が後を絶ちません。 まさしくこの、ネガティブ・ケイパビリティが試される時代なんだろうな、と思います。 どうにもならないこと=死 「…

  • 【人口減少って言うけれど】1億人の日本って最近の話でしょ:“少子化対策”への違和感

    Twitterのタイムラインを眺めていたら、日本の将来を憂うツイートが流れてきました。 国会で「桜を見る会」のことばかり議論していないで、高齢化対策・少子化対策にこそ取り組まないと。国の構造や仕組みが壊れかけている。わたしたちの暮らしもダメになっちゃうよ …という趣旨のツイート。 言いたいことは、よく分かります。ようは、国会議員の皆さん、やるべきことをやってください!ということでしょう。 でも、“少子化対策”っていう言葉。どうしても、好きになれないんですよね。 そもそも、いつから日本列島に1億人も住んでいるか…あなたは知っていますか?

カテゴリー一覧
商用
読者になる