chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 吉く釣れている野川遠征

    午前1時に目覚めたので、トイレ行くついでに起床して、高知県立川PAまでワープしました。この間約2時間。立川PAで5時頃まで仮眠して、道の駅大杉に行きました。ここでも暫く散布をするなどして川の様子をみました。7時頃にオトリ屋さん(木村)に電話して、オトリを確保しました。ついでにファミリーマートで日券も購入しました。オトリ屋さんは親切に穴内川の専用区や立川川の専用区についても案内までしてくれました。吉野川は初めてなので、土佐町の道の駅にまで行って、地蔵寺川も見ました。川に入るための適当な駐車場が見当たらず、入川は断念しました。本流筋を見て回った結果、JR豊永駅近くの瀬が入川も簡単そうだし、実際に釣り人の姿が確認できたので、ここに入りました。時刻は9時半を回っていました。水温は20℃前後で、冷たさを感じる水温で...吉く釣れている野川遠征

  • ピオーネの生育状況

    今朝、ピオーネの脇芽を切除する作業をしていたところ、袋掛けするのを忘れていたと思われるピオーネの房を発見しました。なかなか粒張りも良く、色付きも今の時期としては良い色をしています。収穫までには後一月ほどもありますので、更に黒さを増してくるでしょう。今年は、硬核期である7月中旬の最低気温が20℃を下回っていたので、色付きは良いだろうと期待していました。心配の種は、水です。此処の処全く降雨が無い状態が続いているので、ゲリラ豪雨は嫌ですが、夕立くらいは大歓迎です。ピオーネの生育状況

  • お寺の掃除と花筒の準備

    今日は朝7時からお寺の掃除でした。暑い日だったのに正午までの4時間の労働奉仕でした。檀家が総出で掃除をするわけではなく、檀家の中で地区ごとに総代という世話役だけなのですが、3年前から総代になっています。午後からは休憩の後、お盆中お墓に花を供えるための花筒を作りました。夕方から始めたので、18時頃には蚊が出てきたので止めました。残りは明日の作業とします。お寺の掃除と花筒の準備

  • 緊急防除 コナカイガラムシ対策

    昨日、シャインマスカットの脇芽の切除作業を行っていたところ、白っぽい長さ1cm位のマークのようなものを新梢の途中に見つけました。途中と言ってもどちらかと言えば先端に近い部位です。写真の撮影を試みましたが、手持ちのデジカメではピンボケしてうまく撮影できませんでした。指を伸ばして触ろうとすると、何かがピョンと飛び跳ねたような感じがしました。どうようの白っぽい箇所を何カ所か見つけたので、注意深く観察すると・・・どうやら虫のようです。長さは5㎜位です。帰宅してネットで調べたところ、コナカイガラムシらしいことが分かりました。これは大変です。昨年は、コナカイガラムシの被害はほゞゼロでしたが、一昨年は、黒くなって(コナカイガラムシの糞らしい)いた房10位がありました。そのために、昨年はスタークルを幹に塗布するという対策...緊急防除コナカイガラムシ対策

  • 今日もアナグマを2頭捕獲

    今朝、草刈りをするついでにブドウ園に行って罠をチェックすると、1つの罠は転倒していて食い逃げされていましたが、もう一つの罠にはアナグマらしい体系の成獣が入っていました。食い逃げされた罠のトリガーは外れていましたが、その瞬間にアナグマが暴れて罠が転倒してしまい、かんぬきが掛からない状態で横倒しになったようです。そのためにまんまと罠から抜け出ることができたと考えられます。かんぬきがちゃんと掛かっていれば横倒しになっても大丈夫な筈なのですが残念です。次回からは、箱罠が転倒しないように、鉄筋棒などで固定するようにしたいと思います。夕方の作業ををするために、5時前にブドウ園に行った時に、朝設置しなおした罠をチェックすると・・・またまたアナグマが掛かっていました。今日は朝と夕に1頭づつ・・・合計2頭を捕獲しました。こ...今日もアナグマを2頭捕獲

  • アナグマ対策は無効だったのでモモを収穫

    昨日、急遽、もう1本のモモの樹をアナグマから守るためにワイヤーメッシュとネットで囲いました。今朝、確認しに行って見ると軽ーくかいくぐってモモを召し上がっていらっしゃいました。これ以上、追加の対策をしても無駄だと観念して、完熟とまでは行っていませんが、全部収穫することにしました。これぞ、究極の対策とも言えるでしょう。アナグマに引っかかれたモモや割れたモモなども一緒に収穫しました。これらのモモは、アナグマのエサとして活用する予定です。収穫したモモは、大型の冷蔵庫に入れて追熟させた後に食べるつもりです。昼間は暑いので、昼寝をしています。夕方、ブドウ園に作業するために行ったついでに罠をチェックすると、昨日よりは少し大きめでアナグマらしい毛並みのヤツが罠に入っていました。これで合計4頭のアナグマを捕獲したので、ブド...アナグマ対策は無効だったのでモモを収穫

  • 防除⑧&アナグマ捕獲

    午前5時半起床で防除作業をしました。ピオーネとシャインマスカットおよび安芸クイーンに、アビオンE(1000倍)+ムッシュボルドーDF(500倍)+コロマイト(2000倍)の薬液を400リットル調整してSSで散布しました。その後、追加で200リットル調整して散布しました。安芸クイーンには、SSの手打ち機能で散布しました。散布後、SSを高圧洗浄機で綺麗に洗車すると9時半を回っていました。モモをアナグマに取られてしまったので、なんとか懲らしめてやりたいという一念で、昨夕罠をしかけていました。今朝点検すると、見事にエサ取りされていました。あそこに行けばエサがあるという図式がアナグマの脳裏に焼き付いているようです。昨夕の罠のセッティングは私の方にも問題がありました。柔らかいモモをフックに掛けていたので、夜中に落ちた...防除⑧&アナグマ捕獲

  • 中生のモモ(白鳳)はほゞ全滅

    今朝家に着いた後、洗濯ものなどを片づけてから直ぐにブドウ園に行ってみました。妻から電話では聞いていましたが、中生のモモ(白鳳)が何らかの野生生物に荒らされていました。急いで収穫しましたが、まともな果実は20個程でした。多くのモモが①整理落下していたり、②袋の中で成長せずに腐っていたり、③傷があり傷の処から腐り始めていたりで、袋掛けは150以上したのに残念です。原因は、白鳳の場合、双胚果の見分けが難しいのか袋掛け後に生理落果する割合が多かったことや、鮎釣りに出かけていて、収穫適期を逃がしてしまったことがありますが、一番の原因はアナグマのようです。アナグマはモモの樹に登って実を落とし、食べたと考えられます。当初、犯人はカラスかと思いましたが、違ったようです。今年は、身太りも良く、日照にも恵まれたので、割りと良...中生のモモ(白鳳)はほゞ全滅

  • 鮎釣師の日焼け

    今年3回目の九頭竜川遠征に幕を閉じて、夕方、永平寺温泉・禅の里で垢を落とした後、まじまじと鏡に映った自分の顔を見ると、しっかり日焼けしているのがハッキリわかりました。パンダの目の周りは黒いのですが、鮎釣師の目の周りは白くなっているのです。パンダというよりは、水中メガネの跡がクッキリついているようです。目を守るためと、川の中を歩き回る時に水中の石がわかりやすいように、偏向サングラスをしているので、目の周りは日焼けし難いのですが、帽子のツバで直射日光は遮られても水面で反射する光で顔が日焼けします。会社勤めの若い人などは、日焼けを避けるために顔全体を覆うプロテクターをしていらっしゃいますが、私の場合日焼け止めクリームも塗らずに露出させているので、良く焼けました。下手でも鮎釣師の顔になってきました。鮎釣師の日焼け

  • G杯全国大会

    7月31日から8月2日までの3日間、ここ九頭竜川でgamakatsu杯全国大会が開催されます。試合は8月1日と2日の2日間ですが、地区大会を勝ち上がった強者共が7月31日は下見のために谷口、飯島、北島の3か所の下見にやってきています。おまけに日曜日とあって、一般のサラリーマン釣り客が多数いるので、へたっぴの私の立つ瀬はありません。午前中は強風用の竿を作りました。フナヤの8.1mを2本抜いて、それに約1mのハカマをつけて約6mになりました。竿は硬いので瀬で掛かっても平気の筈です。実釣試験をするために飯島の頭首工の窪みを狙って穴釣りを試みました。短くて硬いので、鮎をピンポイントで誘導することができます。1時間程で5尾とまずまずの釣果でした。中には22㎝の大物もいたので、穴釣りなんて・・・とあなどれません。G杯全国大会

  • 猛暑日は鮎釣りに限る

    ここ永平寺町でも猛暑日が続いています。こういう暑い日は鮎釣りに限ります。九頭竜川の水は水温約20℃と冷たくて、清涼感満点です。明日も明後日も晴れで猛暑日の天気予報です。土曜日とあって釣り客も多かったのですが、水に浸かっているだけでも快適なアウトドアライフです。猛暑日は鮎釣りに限る

  • 砂利の足場は危険

    今朝は吉波に行きました。最初チャラ瀬でやっていましたが、掛かる鮎が小さくてきつい流れではオトリとして力不足なので、下のトロ場でも指そうと思ってやっていたところ、砂利が積みあがったところを歩いていたところ、ずるっと滑って流されてしまいました。幸いトロ場だったので事無きを得ましたが、想定外のハプニなるべくた。砂利が積みあがったところはなるべく歩かないようにしたいと思います。砂利の足場は危険

  • ナイロン泳がせ釣り

    今朝目覚めると、昨夕の増水と濁りが嘘のように解消されて、昨日と同じレベルに戻っていました。今日の天気は晴れで風弱く鮎釣り日和でした。午前中は瀬で釣りをしましたが、流れが急だと足場が悪くて、鮎が掛かっても身切れや取込ミスでバラシてしまうことが多々あります。結局オトリが弱って、釣果が上がらないということもしばしばです。それに比べて、トロ場の泳がせ釣りというのは、リスクが小さくて安全な釣りと言えます。トロ場の泳がせにはナイロン糸が良いという話は昔から聞いていましたが、実際にナイロンを使ったことがなかったんで、試してみました。今更ジロー・・・という感がありますが、細い金属糸などから始めたので、0.2号などのナイロンの細い糸を使うのは初めてでした。トロ場で泳がせていると、掛かればビューーと目印が動いてビジュアル的に...ナイロン泳がせ釣り

  • ゲリラ雨

    天気予報では正午前後に小雨が降るということでしたが、午後3時頃までは晴れていて風もなく鮎釣り日和でした。午後4時頃から雷が鳴り始めたので、4時半には釣りを止めて川から上がりました。その直後に土砂降りの雨になりました。川の水位は徐々に上がり、濁りもでてきました。京都府の一部の地域では時間雨量が90㎜を越えたところもあるのです。近くの勝山のアメダスのデータを見ると、2時間で5㎜位の降水があったようです。ゲリラ雨

  • 鮎釣りに風は大敵

    午前中は風もなく、穏やかな天気だったので、釣果えはは別として機嫌よく釣りができました。しかし、午後からは風がでてきて、5m/s以上の風が吹いて、とても9mの鮎竿を持って釣りができる状態ではありませんでした。仕方なく川から上がって、昼寝でもしようかと思いましたが、晴天でもあり車内の温度が高すぎて快適とは言い難いので、短い竿でチャレンジすることにしました。8.1mのフナヤの竿を出してみましたが、これでも未だ風の影響を受けるので、がまかつの7.2mの支流用の竿を出してみたところ、これならまぁ行けそうでした。短い竿を持って一番瀬の左岸に入りました。風のせいで貸し切り状態です。この竿は胴調子というのか柔らかいので、大きな鮎が掛かると引き抜きに手間がかかり、結局ばらしてしまい、小さな鮎なら引き抜くことができました。ち...鮎釣りに風は大敵

  • 鮎竿のキャップについて思うこと

    天気晴れ、水位は平水よりも約10㎝高、濁りなし。月曜日なので、釣り人は少なめ。そこそこ釣れたので満足です。鮎竿のキャップを落としてしまい、一生懸命探したところやっと見つけることができました。竿袋から竿を取り出した時に、抜けたようです。キャップを部品単体として注文すると、1万円以上します。部品の注文にはディスカウントが通用しないので、かなりお高いのです。今回キャップを落とした竿は3年前に購入したものですが、それ以外の竿のキャップはどれもどこかに落として、コルクの栓で代用しています。今回の竿にも、スパーリングワインのコルク栓で代用品を作りました。直径の差異は、ビニールテープを巻いて調整しました。見た目は正規の栓よりも貧相ですが、全周がビニールテープなので、摩擦力が高く、抜けにくくなりました。何よりも、材料代は...鮎竿のキャップについて思うこと

  • 今朝の食卓

    今日は良い天気で、概ね晴れでした。やっと夏らしくなり、避暑としての鮎釣り日和でした。明日も同じように晴れの予報です。昨日よりは釣り人は多かっ回sたのですが、例年に比べると少ないように感じます。今日でキャンプ2日目ですが、5時頃から目が覚めて、何もすることがないので手分けして朝食の準備をしました。いい加減な食事をしているんじゃあないかとご心配の向きもあろうかと思いますので、今朝のメニューと写真に撮ったので紹介します。ご飯、みそ汁、出汁巻き卵、ベーコンの炒めもの、トマトとキュウリ、白瓜の浅漬け、キュウリのからし浸け、キュウリのマヨネーズ和え・・・とこんなもんです。今朝の食卓

  • 第3次九頭竜川遠征 初日

    またまた九頭竜川にやってきました。深夜にドライブしましたが、金曜日の夜だというのに、SA/PAはそれほど混んでいませんでした。コロナのせいなのでしょうか?私が20代の頃には、今頃に季節には、職場の仲間と一緒に海水浴などに出かけたことを思い出しました。天気はイマイチで、午前中は雨が降っていました。川の水位は約50㎝高く、少し濁りがあります。午前中は仕掛けを作ったりして過ごしましたが、昼から少し晴れ間がでてきたので、吉波に行きました。土曜日なのに、釣り人はチラホラで、釣果も1桁でした。土用だというのに少し肌寒く感じたので、早めに上がって、永平寺温泉に浸かって、道〇さんにうな丼をご馳走してもらいました。第3次九頭竜川遠征初日

  • 安芸クイーンに防除⑧ 他

    アビオンE(1000倍)、ムッシュボルドーDF(500倍)、コロマイト水和剤(2000倍)の薬液を100リットルだけ調整して、動力噴霧器を使って、安芸クイーンにだけ散布しました。安芸クイーンは他の品種よりも若干成長が早いこともあってか、毎年のようにサビ病に悩まされています。例年は他のブドウと同じタイミングで8月上旬に防除作業をするのですが、今年は安芸クイーンだけ早めてみました。シャインマスカットの樹が4本あるのですが、防除の後、頑張って夏季剪定をしました。妻も手伝ってくれたので、4時前には終わりました。以上の2件の農作業を終えたので、安心して鮎釣りに行くことができます。今夕、出発予定です。その前に、キャンピングカー(ハイエース)でのモバイルバッテリーの安定した設置場所を確保するために、手持ちの材料で台を即...安芸クイーンに防除⑧他

  • ピオーネの夏季剪定完了

    7月17日から始めたピオーネの夏季剪定が終わりました。昨日のブログに掲載したBeforeの写真と比較すると分かると思いますが、散髪してさっぱりした!って感じです。7月19日に降った雨で、我が家の溜池の水位がどのように変化したのか見に行ってみました。近所のアメダスのデータだと80㎜位の降水量が記録されています。7月17日と比べると、水位が約2m程アップしていました。漏水の量は、7月17日の時よりも多くなっていました。地中には沢山の水が含まれていると思いますが、この水位をいつまで維持できるかが問題です。ピオーネの夏季剪定完了

  • 幻のフラスターマジック

    6月24日にフラスター液剤(1000倍)を遅伸びするピオーネとシャインマスカットに散布しました。フラスター液剤は、植物成長ホルモン剤で、「新梢成長を抑制し、品質を安定させます」と効能書きに書いてあるので、期待を込めて見守ってきましたが、今の処従来通りの成長で、期待した効果はでていません。フラスターマジックは幻だったようです。私は、V字整枝しているということと、SSが通り易くするために、SSが通る列は副梢をビニールの上に伸ばしています。上の写真からわかるように、SSが通る列(中央+両端の合計3列)は副梢が防鳥ネットを突き抜けて上に勢いよく伸びています。一方、SSが通らない列は、積極的には上に伸ばしていないので、地面に向かって伸びていて、多くの新梢が地面を這う程に成長しています。早く、夏季剪定を行わないと、房...幻のフラスターマジック

  • DMの作成

    未明から雨風共に強く、大雨警報が出されていました。そういう状況なので、野良仕事は諦めてデスクワークをしました。7月下旬には、ブドウ予約販売のダイレクトメールを発送したいと思い、ちょびちょびと準備していましたが、今日は雨のためじっくりと腰を落ち着けて作業することができたので、明日には郵便局に持ち込めそうです。DMの作成

  • 曳舟を購入即塗装

    先週九頭竜川に行った時、道〇さんの曳舟と大型魚籠(胴丸)が濁流に流されてしまいました。私の曳舟は大丈夫だったのですが、「曳舟を買うとしたらこんなのが良い・・・」という談議になり、SHIMANOのADVANCEPOWERが良いという話になりました。私の持っている曳舟もどれも今一だったので、その話に乗って、帰宅すると直ぐにネットで注文しました。価格は税込みで1万円弱、翌日には配達されました。ADVANCEPOWERの最大の特徴は、「大型の鮎でも入れやすい」という点です。実際に購入して手にしてみると、鮎を入れる口の処に窪みがあって、すんなり入りそうです。SHIMANOはこれを「スルットINシステム」と称しているようです。私が従来使っていたADVANCEPOWERと比較すると、口の部分の若干大きくなっていました。...曳舟を購入即塗装

  • パワーコンディショナーの猛暑対策

    太陽光発電所を開設してから今年で10年になります。昨年1基、一昨年1基のパワーコンディショナーが壊れてしまい、修理してもらいました。修理と言っても、再生品との交換です。10kWのパワーコンディショナーが合計2基で20kWの太陽光発電所なので、両方とも一度は故障したということです。新品とは違って再生品なので、今度いつ故障するのかヒヤヒヤものです。今度故障したら、新品との交換かなぁ・・・?一昨年に修理したときは20万円弱だったのに、昨年修理した時は10万円程余分に掛かりました。10kWパワーコンディショナーだと新品を買っても50~60万円位だと思うのに、再生品と交換するのに30万円というのは厳しいです。固定価格買取制度の契約期間は、全量買い取りなので、あと10年あります。再生品で10年を乗り切るのは無理だと思...パワーコンディショナーの猛暑対策

  • 安芸クイーンとデラウェアの夏季剪定

    昨日、安芸クイーンとデラウェアが果粒軟化していることを確認できたので、今日は早速、夏季剪定を行いました。枝や副梢が無駄に長くてもブドウの果実を甘くすることには貢献せず、むしろ貢献度の高い房近傍の葉を陰にしてしまって逆効果なので、これらを切除します。夏季剪定すると残った葉達はお日様を十分に浴びることができるようになって嬉しそうです。安芸クイーンとデラウェアの夏季剪定

  • シャインマスカットの防除⑦&袋掛け

    6時半頃からシャインマスカットの防除作業を行いました。薬液はSSに作り置きしていて、SSで散布するだけなので、30分程で終わりました。薬液が乾くまで、草刈りをしました。はじめ刈り払い機で法面の草刈りをし、後でF1MASAOを使ってブドウ棚の下を草刈りしました。刈り払い機で草刈をした後、家に帰る途中、ブッポウソウの羽根を1本だけ拾いました。全体的に黒い羽根なのですが、光の当たり方で、青く輝きます。何とも不思議な感じです。午前中は天気が良かったので、10時頃からシャインマスカットの袋掛けを開始しました。午後からも袋掛けを引き続き行いましたが、2時頃から猛烈な雨が降りました。1時間程の間に30㎜位降ったようです。その間もブドウ棚の下で袋掛けをずっとやっていました。ブドウ棚のビニールの下だと雨に濡れないのですが、...シャインマスカットの防除⑦&袋掛け

  • 果粒軟化しはじめたデラウェアと安芸クイーン

    5日間程遊んできたので、今朝は早速ブドウ園に様子を見に行きました。デラウェアは色付き始めていて果粒軟化していました。安芸クイーンは色付きは未だのようですが、果粒軟化が始まっているようです。ピオーネも確かめてみましたが、まだ果粒は硬いままでした。果粒軟化が始まったデラウェアと安芸クイーンは、夏季剪定をすることができます。ピオーネも4~5日もすれば果粒軟化が始まるでしょう。明日は、シャインマスカットの袋掛けを予定しているので、最終チェックをして歩きました。シャインマスカットの袋掛けをして、デラウェアと安芸クイーンおよびピオーネの夏季剪定が終われば、また鮎釣りに出かけたいと思っています。果粒軟化しはじめたデラウェアと安芸クイーン

  • 第2次九頭竜川遠征撤収

    昨日は大増水のため、曳き船やオトリ缶が夕方になっても回収できませんでしたが、今朝は水位が下がっていたので、やっと回収できました。中の鮎は約半数が死んでいました。水位は、平水より約20㎝高い位でした。笹濁りで鮎釣りが可能かなぁ?というレベルでしたので、9時過ぎから竿を出してみました。2時間程やって、やっと2尾という釣果でした。昼前から雨が降り出したので、やる気が失せてしまいました。できれば夕方までやって帰ろうかと思っていましたが、正午頃には撤収作業を始めました。今日は平日なので、高速道路の休日割引はありません。深夜割引が使えるように、0時過ぎに出口ICを通過したいので、途中でゆっくり休憩しながら帰宅するつもりです。第2次九頭竜川遠征撤収

  • 九頭竜川は大増水に泥濁り

    未明の1時~3時頃に降った雨で九頭竜川は大増水しました。飯島の水位で+1m位だと思われます。オマケに泥濁りなので、今日の鮎釣りは無理です。夜が明けた頃には雨は上がり、昼前には陽が射して暑いのなんの・・・九頭竜川に涼みに来たのに、泥濁りの川に入るわけにいかず困ったものです。こんな時は、オーニングの下で仕掛けづくりです。今シーズン初めての仕掛けづくりに励みました。九頭竜川は大増水に泥濁り

  • ダイワの鮎シューズとモンベルのパドリングパンツの組合せ

    前回九頭竜川の解禁時に今年初めての鮎釣りをしましたが、長年使っていた鮎タビの靴底が摩耗していてそろそろ買い時だと感じたので、早速ネットショップで注文しました。今回の遠征で、ダイワの2022年モデルの鮎シューズを使いました。私は3年程前から、鮎タイツの代わりに、モンベルのパドリングパンツを使っていましたが、履いているうちに砂が靴に入るのが難点でした。今年買ったダイワの鮎シューズには、砂利ガードというのか、砂が中に入るのを防止するカバーが付いていました。この組み合わせで鮎釣りを2日して、「こりゃぁ良いわぁ」と感じました。モンベルのパドリングジョンというパンツは、鮎タイツと違ってオーバーオールになっているので、押しが強い処に入っても水流の影響を受けることがなく、かつ1万円を切った価格なのでコスパ最高です。これに...ダイワの鮎シューズとモンベルのパドリングパンツの組合せ

  • 第2次九頭竜川キャンプ初日

    昨夜時頃家をに朝食出発して、途中で2回程仮眠をとって、永平寺町には午前3時頃に到着しました。未だ暗かったので、谷口の駐車場で5時頃まで寝ました。5時過ぎに飯島に行くといつものメンバーが勢ぞろいしていました。皆と一緒に朝の食を採った後、8時過ぎに五松橋下流に行きました。朝の九頭竜川は超減水で、解禁日の時よりも更に10㎝位水が少なかったので、全く釣れる気がしませんでした。でも、これは裏目だったと後で聞いて知りました。五松橋下流では11時過ぎまでやって、やっと5尾の釣果でした。11時頃に釣れるポイントを見つけたのですが、皆の弁当を購入する役目を仰せつかっていたので、11時過ぎやむなく川から上がりました。昼食後、昨夜の睡眠不足がたたって眠かったので2時過ぎまで昼寝しました。午後2時過ぎから、飯島の3番瀬に入川しま...第2次九頭竜川キャンプ初日

  • 白瓜の収穫

    暫くの間、留守にする予定なので、食べられるサイズに成長した白瓜を全部収穫しました。妻が奈良漬けにしてくれるようです。今夕、九頭竜川に向けて出発の予定なので、午前中は買い出しに行ったり、荷物の整理、積み込みなどをしました。アマチュア無線は当分お休みなので、落雷の影響を最小にするために、アンテナケーブルとACコードを全部抜いておきました。ついでに、ローテーターのケーブルを全部外しました。多分、大丈夫でしょう!白瓜の収穫

  • ピオーネの袋掛け完了

    今朝は5時半に起床し、朝飯前に、袋掛け予定のピオーネの棚に防除⑦をしました。朝食後、昨日袋掛けをやり残した別のブドウ棚の袋掛けを行って、9時過ぎから今日防除したピオーネの棚の袋掛けをしました。今日も暑い一日でしたが、妻の協力してくれたので昨日と今日の二日でピオーネ約3000房の袋掛け作業を完了することができました。ちなみに、昨年は途中で雨が降ったこともあって4日もかかったのでした。袋掛けが残っているのはシャインマスカット(約1000房)のみですが、こちらは来週作業予定です。なので、明日の夕方出発して、暫く九頭竜川に涼みに行ってこようと思います。ピオーネの袋掛け完了

  • ピオーネの袋掛けを開始

    朝一番にピオーネの棚の一部に防除⑦の農薬をSSで散布しました。薬が乾くのまでの時間に、安芸クイーンの棚下に白いシートを敷き詰めました。このシートを設置する目的は、安芸クイーンの色着きをよくするためです。たったそれだけのために、こんなことまでしないといけないなんて・・・手間のかかる品種です。昨日ピオーネの一部の樹に施した「環状剥皮」が上手くいけば、来年は安芸クイーンにもやってみようと思います。9時半頃からピオーネの袋掛けを開始しました。明後日は雨が降る予報なので、それまでに終えたいところです。ピオーネの袋掛けを開始

  • ピオーネを環状剥皮してみた

    最近は地球温暖化の影響なのか、標高430mの我がブドウ園でさえピオーネの着色不良に悩まされています。つまり、収穫期になってもブドウの粒の色が黒くならず、赤いままなのです。赤ならまだしも、中には白いピオーネさえあるのです。着色不良なのは遅伸びする樹なので、今年は遅伸び対策としてフラスター液剤を散布してみましたが、今の処効いたのか効かなかったのかは不明です。ピオーネの着色を良くする方法として、「環状剥皮」という方法があることは5年程前から知っていました。一昨年、環状剥皮するために道具を購入していましたが、これまで環状剥皮をやったことはありません。今年はフラスター液剤を散布しているものの、あまり着色が悪いようなら、いっそ伐ってしまおうかと思ったりもしましたが、ついつい惰性に流されて粒間引きまで来てしまい、後は袋...ピオーネを環状剥皮してみた

  • シャインマスカットの仕上げ間引き完了

    昨日からシャインマスカットの仕上げ間引きを始めていました。今日はぐずついた天気でしたが、朝と夕にブドウ園に行ってシャインマスカットの仕上げ間引きをしたところ、完了しました。未だ粒が小さいので袋掛け前にもう一度チェックする必要があるかもしれません。袋掛けをしてしまえば手が出せないので、安心して遊びに行くことができます。シャインマスカットの前にピオーネの袋掛けをしたいのですが、ぐずついた天気が続く予報のため、袋掛け直前の防除ができないので困りものです。ブドウ園の脇で育てているトウモロコシと白瓜を収穫してみました。トウモロコシは、あと1週間もすれば美味しく頂けそうです。白瓜は浅漬けにしていただきましたがグーでした。シャインマスカットの仕上げ間引き完了

  • 全然電話が掛けられないぞ~!

    1年程前からDocomoからUQmobileに乗り換えました。これまで特に問題はありませんでしたが、今回のau通信障害事件では丸一日以上経過した現時点でも全く電話を掛ける(発信)することができません。勿論着信もできません。ネットのニュースでは西日本は半日ほど前から、東日本でも既に復旧作業は完了したと報じられいます。しかし・・・私のスマホではデータ通信(ブラウザでインターネットの見る)はできますが、電話機能は使えません。再起動してみましたが、やはりデータは使えても電話は使えません。一体いつになったら電話が使えるようになるんでしょうか?auはOKだけどUQmobileはダメということなのでしょうか?KDDIの説明ではVoLTEの輻輳が原因とのことですが、未明の時間帯に電話の輻輳が起きるなんて信じられません。誰...全然電話が掛けられないぞ~!

  • ピオーネの仕上げ間引き・安芸クイーンの袋掛け

    朝一番の仕事は、安芸クイーンの棚に袋掛け前の防除⑦でした。防除後の薬液の雫が乾くまでと思ってピオーネの仕上げ間引きをしていましたが、8時頃になっても全然乾かないので、10時過ぎまでピオーネの仕上げ間引きを続行しました。昼食は、娘夫婦の家を訪問してお呼ばれしました。娘夫婦の家から帰宅して、昼寝をしていたところ目覚めたのは4時半頃でした。丁度涼しくなって仕事に適した時間帯なので、ブドウ園に行って安芸クイーンの袋掛けをしました。袋掛けが終わると、ブドウの仕込みが終わったなぁ・・・と実感できます。これから台風4号の影響もあってか、あるいは戻り梅雨なのか、雨がちな天気が続く予報なので、いつごろ全体の袋掛けが終わるかわかりませんが、そろそろ終盤に近付いていることは確かです。ピオーネの仕上げ間引き・安芸クイーンの袋掛け

  • 池の土手の草刈り

    溜池の補修工事以降、雨は全く降っていませんが、樋をしっかり閉めていなかったことを思い出したのと、草刈りもしなきゃあということで、朝一番に池の土手の草刈りをしました。今日も30℃を超える猛暑日になることが予想されたので、草刈りのような肉体労働は朝一でないと無理です。池に行ってみると、工事をした時よりほんの少しだけ水位が上がっていました。湧水量の方が漏水量よりも多いということです。雨が降らないかなぁ・・・と思うのですが、来週の水木あたりに台風4号が接近するので、あまり悪さをしない程度に雨が降って欲しいと願っています。今日の水位よりも1m位水位が上昇したら、池の修理はサクセス!と見てサイフォンに注水したいと思います。午後一番は、あまりの暑さのために、クーラーの効いた部屋で鮎釣りの仕掛けを作って過ごしました。午後...池の土手の草刈り

  • ポータブル焼却器の製作

    使用済みになった草刈り機用のチップソーの利用方法は何かないのか?・・・と思っていたところ、そうだ!焼却器のサナ(ロストル)にすればい穴の部分から空気が入って良いかも!・・・と思い付きました。今日、近所の自動車屋さんでハイエースのタイヤ交換をしてもらった際に、オイル缶を1つ分けて貰いましたので、それで早速作ってみました。穴あけには、エアプラズマカッターを使えば自由な大きさや形の穴を明けることができます。当初は、サナの下と上に空気穴があれば良いかなぁと思って製作して、試運転をしたところ、上の方にも空気取り入れ用の穴があった方が良いだろうと感じたので、焼却器が冷えるまで待ってから、もう一度中部から上部にかけて穴を明けて、再び試運転しました。まぁこんなもんかなぁ的なレベルにはなったと思います。廃品で作ったので材料...ポータブル焼却器の製作

  • 池の修理・リベンジ編

    6月10日のブログで紹介しているように、我が家のブドウ園の水源である溜池が水漏れしています。2年程前にも、同様のトラブルがあり、木栓を交換するなどしたら治ったような気がしていましたが、やはり木栓の樋以外のところから漏水しているようです。水量は、水道の蛇口を弱めに緩めた程度ですが、その量が池全体の流入量よりも多いと徐々に減水して干上がってしまうのです。今年は例年になく異常に早い梅雨明けなので、水不足が心配されるところですが、溜池の水漏れ修理をするには好機到来です。Thinkpositive!!ピンチの裏にはチャンスありですかね?!6月10日にインスタントセメント(1袋20kg)を5袋投入しましたが、効果は見られませんでしたので、今回はドライ生コン(1袋20kg)を10袋購入して、修理のやり直しをしました。今...池の修理・リベンジ編

  • 防除⑥

    今朝は5時半に起床して、防除作業をしました。セイビアーF202000倍、レーバスF3000倍、サムコルF105000倍の薬液を500リットル調整しました。SSのタンク容量ギリギリですが、地面がぬかるんでいなかったので思い切って1回の調整で済むかどうトライしてみました。目論見通り、殆ど薬液が残らず丁度良い位でした。ピオーネの粒は丁度ビー玉位の大きさになっています。安芸クイーンはそれよりも一回り大きく、シャインマスカットは未だ小さな粒です。午後から昼寝をした後、安芸クイーンの仕上げ間引きをしました。防除⑥

  • トウモロコシとサツマイモと白瓜の世話

    ブドウの世話が一区切りついて、一服という状況です。今まであまり手が入れられなかった野菜類の世話をしました。トウモロコシの雄花をそろそろ除去しようと思ってよく見てみると・・・なんと!アワノメイガの食入痕後らしいものを見つけました。嗚呼何と言うことでしょう!ネットで調べると、防除は雄花が咲き始めた頃とあります。もう手遅れかもしれませんが、諦めるのは悔しいので、ダメ元でトレポン乳剤を1000倍にした薬液を散布しました。全部の株に食入しているとは限らないので、無傷のものがいくらかはあるでしょう。トウモロコシの実が入りだすと、アワノメイガが食い荒らすだけではなく、カラスがやってきて食べることがあります。カラス対策として、ネットを上から被せました。これで、アナグマとカラスの対策は万全です。ブドウ園の周囲に電柵(おじろ...トウモロコシとサツマイモと白瓜の世話

  • 雨蛙が高電圧でショック死

    今朝も、いつものようにマメコガネを手作業で駆除していたところ、近くで「パチッ・パチッ・パチッ」という音が周期的に発生していることに気付きました。これは、猿がブドウ園に侵入することを防ぐために設置している高電圧発生装置から発生した高電圧が、どこかでリークしている時の音です。放置しておくと、故障の原因にもなり兼ねないので、音を手掛かりにリークしている場所を探したところ、雨蛙がよじ登ろうとしたときに高電気でショック死したようです。見ていると、パチッと音がする時に、同時にピカッと光って稲妻のようなものが見えました。この高電圧発生装置には人間が触ってもびっくりする位のショックがありますので、カエルにはヒトタマリもなかったのでしょうね。今日もシャインマスカットの摘粒作業をしました。午後3時前には、ひとまずシャインマス...雨蛙が高電圧でショック死

  • シャインマスカットの摘粒を開始

    ピオーネの摘粒が終わったので、次はシャインマスカットです。摘粒(粒まびき)のついでに、副梢や副副梢も綺麗にかぎ取りました。今日一日で、約半分の作業を終えたので、明日も頑張れば全部終えることができるでしょう。昨夜夕立がありましたが、極短時間だったので、降水量は約10mmでした。今年の梅雨はもうすぐ終わるという見方があるようですが、もう少し雨が降ってくれないと、水不足が心配です。シャインマスカットの摘粒を開始

  • 風にも負けず

    昨夜早く就寝したためか、今朝は5時前に目覚めました。そうだ!今日は早朝にフラスター液剤を散布しよう!と急に思い立ちました。あまり遅くなって適期を逃してはいけません。ネットで天気予報を見ると・・・風が強い予報です。6時でも風速2m/s、昼間は4m/sの予報でした。明日も同じように風が強い予報だったので、日和見的に予定をずらすのは不味いので、思い切って少々風が強くても(風にも負けず)決行することにしました。幸い、うちのブドウ園の周囲には耕作地がなく、ドリフトによる悪影響を心配する必要はありません。そうと決まったら、なるべく早朝の方が風が弱いので、パパッと準備して、朝飯も食べずにブドウ園に出かけました。フラスター液剤1000倍の薬液を200リットル調整して、動力噴霧器で散布しました。フラスター液剤は、遅伸びする...風にも負けず

  • 山椒の実を収穫

    今日もブドウ園でピオーネの摘粒作業をしました。午後になって、ようやく終了しました。昼食後の休み時間に、山椒の実(実山椒)を収穫しました。早速、茄子の油いために山椒の実をスパイスとして少し加えたものが出てきました。このように、山椒の実は、少量でもスパイスとして独特の辛さと香りを楽しむことができます。冷凍しておけば、保存できるので重宝します。山椒の実を収穫

  • 防除⑤

    昨日見た天気予報では午前中は雨の予報だったので、ゆっくり遅寝したところ、目覚めると雨は降っていなかったので、急遽、防除作業をすることにしました。防除⑤は、本来ならもう少し早めにしなければならないのですが、昨日は雨だったので延期していたのです。サイフォンが使えないので、SS(スピードスプレーヤー)に溜めていた水とタンクに溜めていた水で賄いました。燃料を給油したり、水中ポンプで給水したりで少し手間取りました。ペンコゼブ1000倍、フルピカF3000倍、コテツF2000倍の薬液を400リットル調整して、SSで散布しました。全体の6割程の散布を終えた時点で、100リットルを追加して薬液を調整しました。合計500リットルで散布を完了しました。丁度良い位の量でした。散布を終えた後、次回の防除作業のために、家の貯水槽か...防除⑤

  • 雨にも負けず(その3)

    今日は一日中雨の天気予報でした。午前中の早い時間帯は曇りでしたが、予報通り、8時頃から降り始めました。お気に入りのレインウェアを着込んで、雨にも負けずのブドウ園でピオーネの摘果作業をしました。摘果作業は、ビニール被覆したトンネルメッシュの下で作業するので、殆ど濡れずに済みます。従って、ゴム手袋をしなくても、手や袖口が濡れることもなく、雨音を聞きながら黙々と作業しました。午前10時から、ブドウ部会の管理講習会があったので、参加しました。講師の先生は全農岡山の有吉さんでした。丁度昨日からピオーネの摘果を始めたばかりでしたので、役に立ちました。毎年同じような話を聞くのですが、1年前の話は忘れてしまうのです。講師によって説明の仕方が違いますが、特に有吉さんの話は面白くてかつ為になります。摘果に関して、「早めに落と...雨にも負けず(その3)

  • ピオーネの摘果・シャインの2回目ジベ処理1巡目

    今朝7時に我が家に到着しました。帰路の途中、2回に分けて仮眠をとっていたので、それほど疲れは感じていませんでした。道具を片づけて、洗濯してから、早速ブドウ園に出かけました。ピオーネの摘粒の時期なので、摘粒作業を開始しました。しかし、11時頃まで作業すると腹は減るし、疲れがどっと出てきました。早めの昼食にして、1時間半程昼寝をしました。2時頃から再びブドウ園にいって、シャインマスカットの2回目ジベ処理の1巡目をしました。1回目から今日で10日目です。ジベ処理を終えた後、再び、ピオーネの摘粒作業をしました。ピオーネの摘果・シャインの2回目ジベ処理1巡目

  • 祭りの後

    昨日は解禁日だったので、言わば、お祭りです。なので、今日は、祭りの後となります。朝から晴れて良い天気なので、絶好の鮎を釣り日和なのですが、昨日あれだけ釣れなかったので、人影はまばらです。朝7時に目覚めて、ゆっくり朝食を皆で作って食べたあと、9時頃から、いわばシャアナシで川に入りました。昨日の今日なので、釣れそうな予感は無しです。それでも昼までに4尾程掛かりました。サイズは18㎝位で小振りでした。昼間もずっと照り込んでいたので、お昼寝タイムにしました。風が少しあって、リアハッチとサイドドアを開けると涼しい風が入ってきます。1時間程寝ると疲れが取れました。2時過ぎからもう一度着替えして川に入りました。4時過ぎまで歩きまわりましたが、釣果は1尾のみでした。釣れれば、もう一日程居ようかと思っていましたが、間違えて...祭りの後

  • 祝九頭竜川鮎解禁

    昨夕家を出発して、今朝6時頃には永平寺町飯島に到着しました。飯島には今年新規開業したオトリ屋さんがあるというので、年券はそのオトリ屋さんで買うことにして、直接オトリ屋さんの小屋の傍の駐車場にきました。7時半頃には期待を込めて川に入りましたが、2時間やって釣果はマイナス1でした。周りの人もあまり釣れている様子はありません。天気は曇りだったので、鮎の活性もイマイチです。ダメだこりゃと思って鮎たびなどを全部脱ぎ捨てて、昼寝にしました。気を取り直して、午後からトロ場で泳がせをしてみたところ、ポツポツ掛かりました。型は小さくて九頭竜川の鮎とは思えないサイズ(約15㎝)でした。お世辞にもよく釣れたとは言えない釣果でしたが、解禁=お祭りなので、宴会をしに来たのだと思えば、それはそれで楽しいひと時です。今年も九頭竜川で楽...祝九頭竜川鮎解禁

  • アナグマからトウモロコシを守る柵

    ブドウ園の空き地にトウモロコシを24本程植えて育てています。今の処、順調に育っています。しかし、ブドウ園にはアナグマが毎日にように出没しています。箱罠を設置していますが、なかなか捕まえさせてくれません。ブドウ園や家の周りで何度も大きさや毛色の違うアナグマを目撃しているので、おそらく最低でも3匹はいると思います。トウモロコシは、雄花の花穂が出始めていて、そろそろ雌花が咲く時期です。そうなると、アナグマにやられる可能性大なので、先に対策をしました。トウモロコシの周囲をワイヤーメッシュで囲んで、更にワイヤーメッシュの下の方を網で覆いました。そのために、朝一番から篠竹(女子竹)を伐り出しました。ワイヤーメッシュを支える杭にするためです。ワイヤーメッシュに網を留める際に、テープナーを使いました。用途外の利用方法だと...アナグマからトウモロコシを守る柵

  • シャインマスカットの1回目ジベ処理2巡目他

    今日は天気が回復しそうな天気予報だったので、朝一番からシャインマスカットの1回目ジベ処理の2巡目をしました。1巡目の時には未だ満開に至っておらず見送りにした花穂が対象です。1巡目の作業は6月10日だったので、雨が降ったとは言え6日も経過してためか、流石に大多数の2巡目対象の花穂は満開を過ぎていました。それでも片手程の花穂は満開に至っておらず、それらはカットしました。1巡目と2巡目で6日も間を開けてしまったので、2回目ジベ処理を同日に行うことは躊躇われます。2回目ジベ処理も2回に分けてしようかなぁ・・・1巡目にジベ処理をした新梢には、テープナーで印を付けているので、わかるのです。これが、花穂に車を残して目印にした場合、目印だけで1巡目だったのか2巡目だったのかを見分けるのは困難なので、テープナーで目印の方に...シャインマスカットの1回目ジベ処理2巡目他

  • 雨にも負けず(その2)

    今日も小雨が降る中、簡易被覆栽培のブドウ棚の下で作業をしました。朝見た天気予報では、午前9時ごろまでには雨が上がるとの予報だったので、雨が上がったらシャインマスカットのジベ処理をしようと予定していました。それまで、様子を見ながらピオーネの副梢を摘心することにしました。しかし、小雨ながらずっと降り続いてしまい、雨が上がったのは午後4時頃でした。それから、ジベ処理をしようかと思いましたが、また降りだすと困るので明日に持ち越すことにしました。結局、一日中、小雨の中、鋏を持って副梢の摘心作業をしました。6月6日のブログに書いているように、モンベルのレインウェア(上下)を着ていると蒸れたりせず、比較的快適でした。しかし、上を向いての作業ですし、ブドウの枝の一部は雨滴がついているので、素手だと手首のあたりから浸水して...雨にも負けず(その2)

  • やっと梅雨入りだそうです

    未明から雨が降り始めて、今日は一日中小雨でした。ニュースによれば、今日、中国地方は梅雨入りしたそうです。平年よりも8日遅いそうです。昨年よりも1か月遅いようですが、昨年の梅雨入り宣言が早すぎたとも言えます。いずれにしても、これから梅雨前線が南北に移動して、それによって晴れだったり雨だったりの繰り返しになるんでしょうね。我が家の庭先に、タチアオイの花が咲いています。この花がテッペンまで開花すると梅雨が明けると言われていますが、既に7割方の花が咲いています。梅雨明けは、いつ頃になるんでしょうか?鮎釣り師匠のMさんから連絡がありました。今週末に九頭竜川の鮎釣りが解禁とのことです。ブドウが忙しいので、鮎釣りの情報収集も準備も全くできていません。野良仕事を後3日頑張れば2日位は休んでも良さそうな気がします。今日も小...やっと梅雨入りだそうです

  • 防蛾灯の設置と猿対策用電柵の準備

    朝一番に、シャインマスカットの1回目ジベ処理2巡目をしようかと思っていましたが、未だ開花していない花穂が多かったので、ピオーネの副梢の剪定をしました。少し早めに昼飯にして、その後、F1MASAOでブドウ園の棚下以外の部分やブドウ園隣地の草刈りをしました。その後、今週は猿の見回り当番なので、捕獲檻を見回ったところ1頭入っていたので、始末するのに1時間程かかりました。先日から防蛾灯の準備をしていましたが、今日はソーラーパネルを運んで配線しました。夜蛾はモモの大敵なので、そろそろ夜間モモを照明して夜蛾が来ないようにします。昨年買ったLEDライトの一つが点灯しませんでした。LEDライトは長寿命だと思うのですが、なんだかなぁ・・・って感じです。ついでに、猿からブドウを守るための策(柵)である「おじろ用心棒」に高電圧...防蛾灯の設置と猿対策用電柵の準備

  • 安芸クイーン2回目ジベ処理とピオーネ1回ジベ処理2巡目

    今日で安芸クイーンの満開日から10日目になるので、2回目ジベ処理をしました。既に果粒は小豆位の大きさになっています。少し大きめのカップに替えて浸漬処理をしました。ピオーネのジベ処理は1回処理にしています。1巡目は6月7日でしたので、5日が経過しています。今日、満開になっていない花穂はカットしました。カットした花穂はおそらく20以下だったと思います。1巡目の時には、ジベ処理した新梢にテープナーでで目印をしました。この作業は妻に手伝って貰いました。今日は、この目印を見ながら、処理済みの花穂はパスして、未処理のものを探してジベ処理しました。2巡目は一人で作業できましたし、1巡目よりも早く終わりました。安芸クイーン2回目ジベ処理とピオーネ1回ジベ処理2巡目

  • モモの袋掛けと草刈り

    昨日、ホームセンターにインスタントセメントを買いに行ったついでに、モモの掛け袋300枚を購入してきました。シーズンも終盤ということなのか、モモの掛け袋の在庫は300枚だったので、これで間に合せることにしました。昨年の残りが25枚あったので、合計325枚です。これを、白鳳に172枚、おかやま夢白桃に173枚割り当てました。袋が掛かっていない果実がいくつか残っていますが、後日、摘果するつもりです。袋を掛けないとどの程度品質が劣化するのかという実験のために袋掛けしない果実も少し残したいと思います。午後からナイロンカッターで草刈をしました。前回の草刈りは5月18日だったので、3週間以上前です。今、きれいに草刈りしておけば、今後の摘粒や枝管理、袋掛けなどの作業が楽になります。今年初めて、ナイロンコードカッターできれ...モモの袋掛けと草刈り

  • シャインマスカットの1回目ジベ処理1巡目・池の修理

    今日の朝一番の仕事はシャインマスカットの1回目ジベ処理です。テキストでは、ジベ処理の適期は「満開日~3日後」とありますが、フルメットの取扱説明書には「開花始~満開前又は満開時~満開3日後」とあり、特に害はなさそうなので、7割程度咲いている花穂は満開とみなして浸漬処理しました。こういう風に判断したせいか、約8割方の花穂をジベ処理することができました。2巡目の処理予定は4日後の6月14日です。池の水漏れを対策するなら梅雨前の今でしょ!ということで、昨日池に行って樋を抜いていたところ、ほぼ干上がった状態になっていました。急遽、ホームセンターに行って「インスタントセメント」という商品名のセメントと砂が混ぜ合わせてあるもの(20kg入り)を5袋購入してきました。樋から漏水する対策として、池の底の泥に混ぜ合わせるなど...シャインマスカットの1回目ジベ処理1巡目・池の修理

  • イチジクとデラウェアとゴールデンキウイのお世話

    今朝一番の仕事は、ブドウ園北側道路沿いの草刈りでした。その後、安芸クイーンの棚下をナイロンコードカッターで草刈しました。午後一番は、イチジクのお世話です。昨年、カミキリムシの被害が著しかった成木を2本伐り倒したので、今年は代わりの若木を育成する予定です。一応、幼木は昨年から育てているので、今年で2年目です。イチジク栽培で重要なのは、樹形です。一文字の樹形にするために、新梢を誘引しました。3時頃から、シャインマスカットの棚下をナイロンコードカッターで草刈しました。前回の草刈りから2週間目位なので、草丈が短く、ナイロンコードカッターでも高速に草刈りが出来ました。チップソーよりもハイペースで草刈できたような気がします。夕方4時頃から、デラウェアの2回目ジベ処理をしました。500mlのPETボトルにジベレリン50...イチジクとデラウェアとゴールデンキウイのお世話

  • モモの摘果・核割れ果の見分け方

    今日はモモ(白鳳とおかやま夢白桃)の袋掛け前の最終摘果をしました。そろそろ袋掛けの時期ですが、未だ袋さえ準備できていません。しかし、袋を掛ける掛けないに係わらず、最終摘果だけはこの時期に行う必要があります。白鳳などは、袋掛けしなくても良いという説もあります。確かに、私の経験でも袋を掛けるのを忘れたモモが立派に成長しているのを見たことがあります。袋が無い分赤い色が着きますが、売り物ではないので問題ありません。モモの最終摘果の際には、左右のバランスが4:6程度に偏った果実を残すということが重要です。昨年は、このことを知りながら、見分け方が良く分からなかったので、いい加減な最終摘果をしてしまい、収穫できたのは袋掛けしたものの半分位でした。そこで、昨晩は、Youtubeでモモの摘果の仕方・・・双胚果の見分け方など...モモの摘果・核割れ果の見分け方

  • ピオーネのジベ処理1巡目

    今日はピオーネのジベ処理をしました。ピオーネの場合、花冠が残って果粒に付着し易く、放置すると収穫した時でも付着したままになっていることがあるので、花冠が自然に取れるように「トルキャップ」という剤をジベ処理の薬液(GA25ppm+F10ppm)に500倍に希釈して混ぜたものを使用します。ニッキの香りがして芳ばしいのが特徴です。昨年は1巡目で7~8割方の花穂をジベ処理できましたが、今年は花の時期が不揃いで、1巡目で処理できたのは5割位でした。2巡目は6月9日または10日を予定しています。ピオーネのジベ処理1巡目

  • 雨にも負けず

    昨夕からまとまった雨が降ったので一安心です。吉備中央のアメダスによれば、降り始めからの雨量は63.5mmでした。今朝も雨が残っていましたが、ブドウ園に出かけて野良仕事をしました。こういう日もあろうかと思って、モンベルのレインウェアを購入していたのです。おニューを下ろしました。スキーを楽しむためには板や靴は無論、スキーウェアが必須のアイテムです。そういう観点で、雨の日に野良仕事をするにはレインウェアは必須です。お陰で快適に作業できました。雨にも負けず

  • 安芸クイーンのジベ処理

    安芸クイーンの満開日は6月2日頃であっただろうと思われます。ジベ処理は、満開日から満開3日後までの期間に行うのが良いとされているので、是非今朝行いたかったのです。ジベ処理前後に乾燥した状態が続くことは好ましくないとされているので、SSで水を撒くことにして、昨日からSSに水を溜めて準備していました。今朝は5時半頃起床して、先ず、SSで農薬散布時よりも速度を遅く(散布量を多く)して水を撒きました。その後から、GA(ジベレリン)25ppmの処理液に花穂を浸漬させました。今日は、午前8時から町内会の草刈りがあり、12時頃に解散となりました。草刈り機の燃料タンク2杯分も草刈りをして、へとへとになりました。午後から小雨がパラパラし始めましたが、ブドウ棚のビニールの下だと大丈夫なので、シャインマスカットの花穂整形と副梢...安芸クイーンのジベ処理

  • SSが通り易くするためにブドウ棚を改良

    これからの時期、ブドウの新梢が伸びてくると、防除作業の邪魔になります。特にスピードスプレーヤー(SS)を使う場合などには特別な配慮が必要です。これまでの数年間は、SSの通り道だけは、左右に伸びたブドウの新梢同士をテープナーでバインドするなどして、垂れ下がらないようにしていましたが。防除作業のたびに、この作業が必要なため、面倒だと感じていました。そこで、ブドウ棚のトンネルメッシュの中間にロープを張って、新梢を支えることを思い付きました。今朝、試しに1本だけ、ロープを張ってみました。このために、直径4.5㎜、長さ200mのロープ(漁業用?)を3巻購入しました。1巻あたり税込みで4000円位と安価です。しかし、リールやスプールがないので、解く時に注意しなければ縺れてしまいます。昨日、試しに1巻解いてみましたが、...SSが通り易くするためにブドウ棚を改良

  • 防除④・モバイルバッテリー大活躍

    今朝は6時過ぎに起床して、安芸クイーン以外のブドウ棚に防除④を実施しました。昨日、SSのノズルの一部を塞いだので効率良く散布できたように思います。ブドウも成長するので、次回の散布では真上のノズルからも散布できるように、ノズルを交換する予定です。150リットルの薬液を追加で調整して、少し余る位でした。薬液を追加する時には、ブドウ園に設置している水タンク(500リットル)からSSに水中ポンプを使って水汲みしました。また、防除作業終了後に、SSを清掃する際には、ケルヒャーの高圧洗浄機を使いました。水中ポンプや高圧洗浄機はAC100Vで動作する器具ですが、モバイルバッテリーで動作させました。夕方には、SSを給水車のようにして家の水タンクに溜めた水をブドウ園のタンクに運びました。この時にも、SSからタンクに水を汲み...防除④・モバイルバッテリー大活躍

  • スピードスプレーヤーのノズルを改善

    先日スピードスプレーヤー(SS)の試運転をしていた時、噴霧するノズルの方向について「無駄なんじゃないの?」と疑問に思いました。SSはブドウやモモなどの果樹だけではなく、野菜などにも使用できるように設計されている筈です。ブドウの防除の時に、真横や真上に薬液が噴霧されるのは無駄なんじゃないかと思うのです。ノズルの取り付け方向を変えるという方法がありますが、真横や真上を向いたノズルは塞いでしまうという方法もあります。後者の方法を試してみることにしました。ノズルを塞ぐために、ノズル内部に設置されたセラミック製の部品(写真で白の部品)のダミーの部品(写真で黄色の部品)を3Dプリンタで作りました。材質は3Dプリンタ用のPLAですが、わざと目詰まりさせて薬液を流さないので耐摩耗性は不要だと考えられます。今日は、部品を製...スピードスプレーヤーのノズルを改善

  • 防除④・蔓切り・副梢摘心

    朝一番には、もうじき開花しそうな安芸クイーンの防除をしました。リドミルゴールドMZ1000倍+カンタスDF1500倍+スタークル顆粒2000倍の薬液をとりあえず400リットル調整しました。全体では約600リットル必要ですが、200リットル追加で薬液を作るために農薬が少し足りないことに気付きました。明日にでも農協で農薬を買って、明後日、残りの棚に散布しようと思います。防除作業後に少し休憩してから、蔓切りと副梢の摘心および花穂整形の仕上げをしました。ブドウの蔓は成長が早く、放置しておくとトンネルメッシュや他の新梢に絡まったりして面倒なことになるので、この時期に一斉に切除しています。ついでに、副梢が伸びていれば摘心して、花穂を3~3.5cmに切り揃えます。この作業も結構手間がかかり、1列あたり1時間30分くらいを要し...防除④・蔓切り・副梢摘心

  • デラウェアが満開・モモの摘果

    昨夕雨が降ったので、ブドウの葉などに露が着いている心配があったので、シャインマスカットの花穂整形の前に草刈りをしました。草刈りは久しぶりです。草刈りの後で、デラウェアの開花状況を確認しに行くと、9割くらいの花穂が満開になっていました。草刈りを終えると9時を回っていたので、休憩の後にシャインマスカットの花穂整形をしました。これで、花穂整形器の仕事は今シーズンは終わりです。切れ味が少し悪くなったように思えるので、忘れない内に研いでおきたいと思います。そろそろ、開花前の防除をする必要があるのですが、池が干上がっていることが判明したので、防除のために薬液を調整する水にも事欠く始末です。仕方がないので、家で野菜の水遣りのために湧き水を溜めている1kリットルのタンクからスピードスプレーヤーに水を入れました。家からブドウ園ま...デラウェアが満開・モモの摘果

  • シャインマスカットのマイシン処理と摘心

    今日は曇りで時折パラパラっと雨粒が落ちてくるような天気でした。夕方やや強い雨が降りましたが、短時間だったので、我が家の気象観測装置で測定した雨量は2㎜でした。朝はシャインマスカットのマイシン処理をしました。シャインマスカットの花軸は、安芸クイーンとは違って柔らかいので、少々曲げても大丈夫です。シャインマスカットの花穂は未だ切り込みをしていないので大きなままですが、花穂の先端が約4㎝も浸かればOKです。その後、安芸クイーンの花穂整形(仕上げ)をしました。開花を間近に控えているので、花のキャップが赤く色付いています。昼前にシャインマスカットの摘心をしました。テキストによると、シャインマスカットの場合、房先本葉4~6枚を残せば良いということなので、以前、鋏でバチバチ切ったところ、花軸がコイル状になったり花振るいしたこ...シャインマスカットのマイシン処理と摘心

  • 溜池の水が干上がりました

    今日も暑い日でした。午前中、ピオーネの花穂整形をした後、お昼の休憩中に、ブドウに潅水するためにバルブを開きました。休憩が終わってブドウ園にやってくると、スプリンクラーの勢いがいつもと違って弱いことに気付きました。原因を探るために、溜池に行ってみました。すると案の定、溜池が干上がっていて、サイフォンの吸水口が露出していました。こうなると何も為す術がありません。ひたすら雨が降るのを祈るばかりです。明日は雨が降るという天気予報なので、期待したいところです。今年は4月から晴天が続いており、降水量が平年に比べるとかなり少ないように思います。晴れの国を過ぎて、晴れ過ぎの国岡山です。溜池の水が干上がりました

  • 安芸クイーンの摘心

    今朝は、安芸クイーンの摘心をしました。ついでに、副梢も摘心しました。安芸クイーンについては、満開までに花穂整形の仕上げを残すのみになりました。安芸クイーンの摘心

  • デラウェアの摘心と安芸クイーンのマイシン処理

    デラウェアの様子を見に行ったところ、花が咲き始めていました。そう言えば、ジベ処理以来ホッタラカシです。すっかり摘心するのを忘れていました。実留まりをよくするために摘心は必須です。新梢の先端を指で潰すことで、摘心作業としました。ついでに、副梢も摘心しておきました。安芸クイーンの種無し処理を確実なものにするために、開花前にマイシン処理をしました。アグレプト液1000倍に花穂を浸漬して処理するつもりで開始しましたが、安芸クイーンの花軸は硬くて脆いため、2本程折れてしまいました。昨年も一昨年も同様の経験があることを思い出しました。従来は、デラウェアやピオーネ、シャインマスカットなどと同じように、PETボトルのカットしたカップに処理液を入れて浸漬していました。折れやすいのを承知で恐々と処理するよりも、別の方法を試したいと...デラウェアの摘心と安芸クイーンのマイシン処理

  • 誘引作業は難し~い

    今日は正午頃から雨が降るという天気予報だったので、今朝は6時半頃からピオーネの花穂整形作業を始めました。3時間弱で3列のペースでした。1列は約50mなので、50m/時です。花穂整形とは言え、粗く作業しているので後日仕上げ作業が必要です。ピオーネとシャインとの合計は18列なので、後15時間かかるという計算です。満開までに処理できれば良いので、なんとかなるでしょう。ちなみに昨年のピオーネの満開日は6月6日でした。花穂整形をしている時に、一昨日の誘引作業の結果、枝が取れてしまったものを多数目撃しました。ブドウを作っていて、この姿を見と悲しくなります。枝は沢山あるので、少々折れても大丈夫だと割り切りたいところですが、自分に原因があるので複雑な気持ちです。私の場合、未熟者が故に、誘引作業は心理的苦痛を伴うのですが、この作...誘引作業は難し~い

  • 安芸クイーンの花穂整形

    朝一番は、いつも通り草刈りでスタートしました。誘引をやりたいところですが、午前中に誘引をするとロクなことにならないので、安芸クイーンの花穂整形をしました。上の写真がBeforeで下の写真がAfterです。最終的には、満開時の花穂の長さを3.5cm程度にするつもりですが、今回は花穂整形の第1弾ということで、花穂整形器という刃物を使って粗く整形しました。仕上げは後日、鋏を使って作業する予定です。花穂整形器の方が鋏よりも作業の能率が上がります。今の時期は、他にすることが沢山あるので、なるべく早くやっつけてしまいたいのです。花穂整形器を使って目印を作るのは困難なので、目印は作りません。他の方法でジベ処理済かどうかを判断しています。昼間の暑い時間帯は、F1MASAO(乗用草刈機)で太陽光発電所の草刈りをして、その後、F1...安芸クイーンの花穂整形

  • モモにスミチオン乳剤は失敗だったかも・・・

    昨日、モモの摘果をしていたところ、イラガを見つけました。モモの幼果が何かに食害されていたので、イラガが犯人なのかもしれません。手おくれにならないうちになんとかせねば・・・と思い、防除を思い付きました。害虫は見つけた時に退治するのが基本です。ブドウ用に購入している殺虫剤で、イラガに効きそうなものはありませんでしたが、栗の毛虫対策用に購入していたスミチオンがあったので、それを使うことにしました。ラベルとみると、一応モモにも使えることになっていたので、1000倍に希釈した薬液を10リットル調整して、家庭用噴霧器で散布しました。この噴霧器はAC100Vで動作するので、モバイルバッテリーを持って行きました。我が家のモモの樹は小さく作っているので、1m程の竿の先のノズルで噴霧しても十分全体に散布することができました。散布量...モモにスミチオン乳剤は失敗だったかも・・・

  • 防除③

    朝6時に起床して、早朝から防除作業を行いました。ロブラール(水)1500倍、トランスフォーム2000倍、アビオンE500倍の薬液を、まず300リットル調整して、その後200リットル追加で調整して合計500を散布しました。今回は、SS(スピードスプレーヤー)を使いました。1列(50m)あたり約50リットルのペースで散布すればOKです。今年初めてのSSによる防除作業だったので、どうやってペース配分するのか思い出しながらの作業でした。ペース(単位面積あたりの散布量)は、①ギヤポジション、②ポンプの圧力、③ノズルにつながる弁の開度で調整できます。あれこれ触ってなんとか500リットルの薬液を使い切るように調整しました。今日も晴れて、夏を思わせる気温でした。晴れの日が続いているお陰で、ブドウの成長が例年に比べて早いように感...防除③

  • スピードスプレーヤーの点検・整備

    今日も晴れて暑い日でした。我が家の気象観測装置での測定結果によれば、最高気温は32.8℃(@15:30)でした。暑くなってくると、防除作業が辛くなってくるので、次回からはSS(スピードスプレーヤー)を使いたいので、車庫から出して点検・整備をしました。点検項目の詳細は定めていませんが、①エンジンがかかって、②走行できて、③ポンプやファンが動作し、④噴霧てきれば良しとしています。ドレインボルトの不要によりエンジンオイルが漏れていますが、漏洩量は半年間で約200ml程度なので、深刻に考える程のことはないでしょう。漏れた分を補給するという方法で対処します。オイルゲージを見ながら少しずつ給油して、MAXレベル程度にしました。ラジエータ用のファン(電動式)が駆動する際にベルトがスリップするような音がしますが、何が原因なのか...スピードスプレーヤーの点検・整備

  • ピオーネの誘引を開始

    先日、捻枝したピオーネの誘引作業をしました。新梢が勢い良く出揃ってきたので、多くの新梢を誘引しましたが、誘引できたのは3~4割程なので、誘引作業は始まったばかりです。ピオーネの誘引を開始

  • デラウェアの開花前ジベ処理

    一週間程前から、いつジベ処理をしようかとデラウェアの展葉の様子を観察していました。そろそろ、もう良いでしょ!ということで、本日、ジベ処理を決行しました。デラウェアの開花前ジベ処理は、満開14日前が適期だとされているので、いつ満開になるのかを予測しなければならないのです。占い師でもない私にとって、予測するなどという大胆なことなど到底できる筈もなく、新梢の成長度合い・・・展葉すなわち葉が何枚開くかを観察して、ジベ処理を適期を決めているのです。展葉10~12枚が、ジベ処理適期と言われています。ジベレリン100ppmにフルメット5ppmの薬液に花穂を浸漬します。フルメットを加えることにより、ジベ処理適期を4日程拡大することができるそうです。なので、18日後の6月7日までに満開になっていればOKです。もしも、6月7日にな...デラウェアの開花前ジベ処理

  • ピオーネとシャインマスカットを捻枝

    今日も午前中と午後の2回に分けて、燃料タンク1杯ずつナイロンカッターでブドウ棚の下を草刈りしました。午前の草刈りの後でシャインマスカットの捻枝をし、午後の草刈りの後でピオーネの捻枝をしました。安芸クイーンとデラウェアは、既に誘引を始めていますが、ピオーネとシャインマスカットは未だ誘引を開始していません。できるだけ多くの枝を一度に誘引したいので新枝が伸び揃うのを待っています。しかし、中には成長が早い新梢があり、放置しておくと先端部がビニールにつかえて折れてしまうことがあります。このような事態を避けるために、新梢を捻じって元気を削ぐようなことをします。捻枝とは、文字通り枝を捻じることなのですが、新梢の繊維がブチっと切れる音がするくらい捻じります。時には樹液が飛んでくるともあります。これくらい虐めると成長速度にブレー...ピオーネとシャインマスカットを捻枝

  • ゴールデンキウイの雌花は満開なのに・・・

    連日気温が25℃を超えて、夏の陽気になっています。我が家のゴールデンキウイの雌花が満開になっています。しかし、ヘイワード種の雌花や雄花は未だ蕾の状態です。このままでは、ゴールデンキウイは結果しないという淋しい事態になりそうです。このような状態は今年に限ったことではありません。昨年はなんとかヘイワード種の雄花の開花時期とゴールデンキウイの雌花の開花時期がオーバーラップしたので、収穫できましたが、やはりゴールデンキウイの方が開花時期が幾分早いようです。一昨年は殆ど収穫できませんでしたので、このような事態に備えて、ヘイワード種の雄花から採取した花粉を冷凍保存しているので、それを使って人工授粉することにしました。道具は、このためにホームセンターで買って来たオイル差しです。花粉を金網(ざる状に加工されているもの)でフルイ...ゴールデンキウイの雌花は満開なのに・・・

  • ナイロンカッターで草刈

    昨年、初めてナイロンカッターを試したので、今年で2年目です。当初は、石垣やワイヤーメッシュの近くの草刈りをする時だけに限定して使用していましたが、今年はブドウ棚の下もナイロンカッターで草刈しています。昨年までは、ブドウ棚の下に落ち葉を敷いていたのですが、今年は試験的にやめてみることにしました。落ち葉を集めるのが面倒だし、落ち葉を半年間保管して、今頃ブドウ棚の下に敷き詰めるのも手間なので、落ち葉なしで済ませることができるのなら、それに越したことはないのです。落ち葉を敷くことの目的は、1)防草、2)保湿、3)土壌改良だと勝手に思っていますが、3)の効果の程は不明です。1)に関しては、今から7月中旬位までの間、ブドウ園での作業をしやすくするために必要なことですが、草刈りや除草剤という代替え手段があります。2)に関して...ナイロンカッターで草刈

  • ブドウの若木を育てるのも楽じゃない

    3年前に定植したシャインマスカットの若木を1本育成中です。ピオーネの摘穂の途中で、ちらっと見ると、先端部の新梢が枯れかけているのを発見しました。何だろう?!と思ってよく見ると、先端から1m位の処の節のあたりに虫害の跡があるのに気付きました。その部分を折ってみると、接合部がパサパサです。これじゃあ水分や栄養分が届きません。更に、ナイフで削ってみると、虫に食害された跡がありました。この手の虫に効く薬ってあるんでしょうか?ハダニやスリップス・カイガラムシのような小さな虫に対する殺虫剤はありますが、それらでも適期に散布しないと効果はありません。今回食害されたような虫は、見えない程小さくはないものの、見つけて捕殺するというのはかなり困難です。ブドウを作っていて思うのですが、虫が一番怖いです。サルやアナグマに果実を採られて...ブドウの若木を育てるのも楽じゃない

  • ピオーネの摘穂開始

    朝一番は1時間程草刈りをしました。その後、ピオーネの摘穂を始めました。午後も作業して、半分終了しました。昨年の農業日誌と見比べると、摘穂作業は1週間ほど早いようです。今年は成長が早いというよりも、昨年はブドウ棚の下に落ち葉を敷き詰めていたので、作業の時期がずれているように思います。昨年秋に落ち葉を集めなかったので、今年は落ち葉を敷く作業は無しです。何か作業をしなくては手持ちぶさたなので、前倒しで摘穂をしているような感じです。どっちにしても摘穂という作業は必要なので、前倒しできれば、それで良いんじゃない?と思います。ピオーネの摘穂開始

  • 安芸クイーンとデラウェアの摘穂し誘引を開始

    昨日、一昨日と雨降りだったので野良仕事を休みました。今日は張り切って、朝一番はブドウ園南法面の草刈りです。その後で、ブドウの生育状況を確認したところ、昨年よりも早く成長しているようです。午後から、デラウェアと安芸クイーンの摘穂と誘引をしました。昨年よりも1週間程早めです。ということは・・・デラウェアのジベ処理が間近です。展葉枚数を確認したところ、早い新梢で8~9枚です。開花前ジベ処理適期は、展葉10~12枚とのことなので、もう直ぐです。フルメットを加えると適期を拡張できるとのことなので、明日か明後日にはデラウェアの開花前ジベ処理をしたいと思います。安芸クイーンとデラウェアの摘穂し誘引を開始

  • 気象観測装置の改良(その3)

    雨のシーズンを前に、従来のシステムに雨量と風向・風速が観測できるように改良しました。心臓部であるラズパイなどの基板類を百葉箱のようなものを製作して収納するようにしました。この箱の上に雨量を観測するための円筒を設置し、箱の中に鹿威し方式の雨量枡を設けて、雨量を測定します。強風で転倒する心配があったので、アウトリガーを設けて、その上にコンクリートブロックを載せて押さえています。気温を正確に測定するために、ガラリを設けて換気が十分できるようにしています。雨量計のアルゴリズムは次のようなものとしました。1)GPIOのエッジ割込みを利用して、計量マスの転倒回数を計測する。2)その間、1分(60秒)に1回の割合でタイムアウトし、時刻が59分台だったらRAMディスクに雨量を記録する。3)この時、計量マス転倒回数をリセットする...気象観測装置の改良(その3)

  • CQ WW contest 2021 CW部門の結果

    先日、CQWWccontest2021CW部門の結果が発表されました。昨年は一昨年に比べて運用時間が23.3時間と少なく、スコアも一昨年の半分程にしかならなかったので、全く期待していませんでしたが、なんとJA4エリアトップという成績でした。一昨年は倍近くのスコアでしたがJA4エリアで3位でASIA14位だったのにです・・・。しかし、昨年の結果はJA4エリアトップでもASIA31位でしたので、JA4エリアの一昨年私の上にいた人達が、昨年は別の部門に移ったというだけのことですね。SOA-HPA部門でJA4エリアトップになったのは2015年以来6年ぶりでした。CQWWcontest2021CW部門の結果

  • VP5MA Turks and Caicos Islands

    長い連休が終わって、日常に戻ったように気がします。というのは、正月とゴールデンウィークはパイルアップに参加しても飛ばないと1990年代からずっと思っていて、これらの期間は無線機のスイッチを入れるのを控えているのです。昨日の朝、野良仕事に出かける前にワッチを開始したら、いきなりVP5MA(TurksandCaicosIsland)が15mバンドに出ているというので、チューニングして呼ぶと直ぐに応答がありました。FT8では初VP5です。今日は朝から雨だったので、無線小屋で過ごしました。電子工作をしながらワッチしていると、VP5MAが17mバンドに出ているというので、呼ぶと、比較的簡単にQSOできました。17mではバンドニューです。いずれもF/Hモードでした。QRZ.comを見ると、ClublogのOQRSでQSL請...VP5MATurksandCaicosIslands

  • 芋の葉が齧られた

    今朝、ブドウ園の一角に植えているサツマイモの苗に水遣りをしに行くと・・・なんと!昨日定植したばかりのサツマイモの苗の葉が齧られているではありませんか!ショックです。最初、2株植えていたのですが、植える時にもう1株植えられるだろうと思ってスペースを開けていて、昨日、ホームセンターに立ち寄って植えたばかりなのです。多分、犯人は野兎です。葉っぱが5枚程なくなっています。幸い、成長点である先端部は残っているので、大丈夫じゃないかと思うのですが、このままでは、他の苗も食べられてしまいそうなので、対策を講じました。ピッチの狭いワイヤーメッシュを2枚山形に組み合わせて、両側の隙間にネットを詰めました。このワイヤーメッシュからはみ出る位まで成長したら、ワイヤーメッシュを取り外そうと思います。それにしても、野兎の奴め!・・・ブド...芋の葉が齧られた

  • 防除②

    GWが終わったこととは無関係ですが、今週の中頃から雨が続きそうなので、防除作業をしました。2番目の必行防除なので、防除②と呼んでいます。ハダニ対策として、ピラニカ水和剤2000倍と展着剤アビオンE500倍の薬液を400リットル調整しました。今回も動力噴霧器を使用して散布しました。今日は曇天が続いて涼しいくらいだったので、良かったです。次回からは、スピードスプレーヤーを使用する予定です。7時半頃から作業を開始して、10時頃までかかりました。GWが終わったので、午後からお酒やつまみなどを買い物に出かけました。買い物から帰って、スズメバチトラップが満員状態になっていたので、トラップにかかったスズメバチなどを取り出して、トラップの中を密だけのクリーンな状態にリフレッシュしました。5月5日に設置してから僅か4日経っただけ...防除②

  • ブドウの株元に畳表を敷く

    毎年この時期になると、ブドウの樹の株元に畳表を敷きます。勿論、畳表は廃品で、知り合いの畳屋さんから頂戴したものです。1本あたり2枚(二畳)を敷いて、Uピンで固定しました。目的は防草で、ブドウの樹の株元に草が生えないようにして、コウモリ蛾などの虫害を防ぐためです。その他、朝一には1時間程草刈りをして、午後から新アンテナタワーのコンテナハウス周辺とアンテナタワーの基部周辺に除草剤を散布しました。その後、ブドウとモモに潅水しました。ブドウの株元に畳表を敷く

  • VB.NETで書いたMySQLアプリが突然動作不能に

    昨日、とある方から電話があり、私が書いたアプリが動作しなくなった(エラー終了する)というのです。Linux(Ubuntu)上でMySQLサーバーが動作しており、Windows10パソコンからMySQLサーバーにアクセスするというシステムで、Windows10側のアプリはVB.NET2019で書いています。今日、電話で詳しく状況を確認すると、Windows10パソコン側でMySQLWorkbechを使ってMySQLにアクセスすると正常にデータベース(テーブル)にアクセスできるというので、ネットワークを含めハードウェアは正常に動作しており、データベースも正常に動作しているようです。電話では、これ以上のことは分からないと判断し、詳しい状況確認のために、岡山市内まで車を走らせました。VisualStudioを使ってVB...VB.NETで書いたMySQLアプリが突然動作不能に

  • DXCC Challengeのプラックが届きました

    昨年末にDXCCChallengeが2000になったのを機に、プラックを申込みました。3月に申込んで、4月上旬に発送されたのがやっと届きました。またまたARRLを儲けさせてしまいました。今朝は、新アンテナファームの草刈りをしました。現在、6m用のアンテナ(ブーム長15mの10エレ八木)を下ろしていますがが、もうじきマルチホップのDXシーズンなので、ボチボチ準備に取り掛かるつもりです。3時のおやつに、妻にかしわ餅を作ってもらいました。毎年、この時期にかしわ餅を食べるのを楽しみにしています。このために、柏の樹を家の近くに植えて、あまり高くならないように管理しています。今年は、虫食いの穴が少ない葉が採れました。DXCCChallengeのプラックが届きました

  • スズメバチ捕獲トラップの設置

    昨年のブログを見ると、4月23日にはスズメバチを捕獲するための罠(トラップ)を設置していましたが、今年は今日設置しました。トラップは、昨年使っていたものを掃除して再利用しました。エサ(蜜)は昨年と同じレシピで作りました。2リットル入りのコーラのPETボトルを加工したトラップ4本に蜜を底から4㎝位のところまで入れました。10時過ぎに設置作業を完了ました。その後、草刈りやブドウの芽かぎなどの作業を終えて、3時過ぎに無線小屋に行った時にトラップを見ると、たった数時間しか経っていないのに、複数のスズメバチが入っていました。中には、5㎝もあろうかというオオスズメバチもいました。設置した4本のトラップのうち、1本を除く3本に複数のスズメバチが入っていて、合計で10匹以上も捕れました。いやはや、タイムリーというか信じられない...スズメバチ捕獲トラップの設置

  • 草刈の日々

    朝は刈り払い機でブドウ園の法面の草刈りをしました。その後、ピオーネの2巡目の芽かぎをしました。未だ出揃っていないような感じなので、芽かぎをするには早すぎたのかもしれません。昨日、北木島に釣りに行った娘婿は、しっかり鯛を3尾釣ってきたとのことで、今日のランチは町内に住む娘夫妻の家にごちそうしてもらいました。近くに住んでくれているというのは、ちょくちょく行き来ができて有難いことです。昼下がりに帰宅してから、今度は乗用草刈機でブドウ棚の下や、隣地の草刈りをしました。草刈の日々

  • トウモロコシと白瓜の定植

    今日は早朝から苗の定植作業をしました。種を蒔いてポット苗で育てていたトウモロコシと白瓜が定植できるサイズに成長したので、定植しました。作業を終えてからピザ窯を暖めて、今日男もピザパーティーをしました。SUNTORYの翠ジンソーダ缶を初めて試しました。甘過ぎず、適度なアルコール度数(7%)、さっぱりしたテイストで、癖になりそうです。私は、夏になるとジントニックを良く飲むのですが、自分で作らなくても手軽にジントニックが楽しめそうです。ジントニックを作るには、ジンと炭酸水(私が好きなのはウィルキンソン)とライムまたはレモン系のジュースを揃える必要があり、面倒さを感じていたところです。トウモロコシと白瓜の定植

  • 牛窓でセーリング

    今日も牛窓に行きました。今日の天気予報は晴れで、適度に風が吹くとのことでした。今日は娘婿と一緒です。娘婿は初めてクルーザー乗船体験なので、とても期待しているようです。10時過ぎに牛窓ヨットハーバーに着きました。この時には5m/s位でした。沖に出ると次第に風が強くなり、12時頃には10m/s(20knt)位の風で白波が立つ位の良い風でした。風があって、天気は晴れという絶好のセーリング日和でした。3日間待った甲斐があったというものです。娘婿も大いにセーリングを満喫できたようで、良かった良かった。牛窓でセーリング

  • 牛窓から朝帰り

    昨日は、久しぶりにセーリングを楽しむために牛窓に行きました。10時半頃から、クルー5人とキャプテンを合わせて6人で沖に出ましたが、生憎の凪でセーリングとまではいきませんでした。天気は良かったので、海の上でくつろぐことが出来ました。前島の東からヨットハーバーを目指して帰っている途中で、辛坊治郎さんに会いました。牛窓ヨットハーバーに彼の船が係留されているという噂は聞いていましたが、まさか本人が来ているとは思わなかったのでびっくりでした。昨夜は、お酒を飲んで牛窓で一泊しました。今日、風が吹けばセーリングに出ようと思っていましたが、今朝も凪だったので9時半頃牛窓を出て帰宅しました。牛窓から朝帰り

ブログリーダー」を活用して、hidefさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hidefさん
ブログタイトル
南無ちゃんのブログ    http://namva.net
フォロー
南無ちゃんのブログ    http://namva.net

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用