プロフィールPROFILE

hidefさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
南無ちゃんのブログ    http://namva.net
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/namva
ブログ紹介文
天下御免の夢中人=南無ちゃんは、今日も元気で明るく楽しく逞しく生きてゆく。
更新頻度(1年)

38回 / 38日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hidefさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hidefさん
ブログタイトル
南無ちゃんのブログ    http://namva.net
更新頻度
38回 / 38日(平均7.0回/週)
読者になる
南無ちゃんのブログ    http://namva.net

hidefさんの新着記事

1件〜30件

  • アンテナ工作

    今日は一日中アンテナ工作をして遊びました。エレメントをブーム(角パイプ)に通して、CA止め輪で固定しました。最初に、CS止め輪の位置をパイプに墨入れしておきます。その後、CA止め輪をステンレスパイプφ9.5mmで、所定の位置まで押します。CA止め輪を使った固定方法は、コストパフォーマンス的には抜群です。ただし、簡単に取り外すことはできないので、これが欠点とも言えます。ブームの長さが7.35mにもなるので、かなりたわみます。まして、35mm角パイプ(t2.0)に30mm角パイプ(t2.0)を継ぎ足す構造なので尚更です。継ぎ足し部分には、数値的には1.0mmの隙間があります。この隙間に、100均で買った400mmのステンレス製定規(幅約25mm厚さ0.8mm)を10cm位の長さに切って、隙間に挿入することで、少しで...アンテナ工作

  • 160mと80mのバンド拡張大歓迎

    昨日(令和2年1月17日)、総務省から「無線局免許手続規則の一部を改正する省令案等に係る意見募集」が発表されました。いわゆるパブコメですが、中味を見ると、各種省令・告示等の変更案が高市大臣名まで含めて記載されていました。後は、告示日の日付を入れるだけの状態なので、パブコメの締め切りである2月17日を過ぎたら閣議決定を経て早々に施行されるものと考えられます。現在の免許のまま(手続きなしで)、拡張されたバンドでオンエアできるように、変更案はカバーしているので、施行されれは即日オンエアできます。いつ施行されるのかが重大関心事です。当分、総務省のHPから目が離せません。さて、変更の内容が気になるところです。中でも160mと80mのバンド拡張が重要です。分かり易く図示されている資料があったので、その抜粋を示します。私自身...160mと80mのバンド拡張大歓迎

  • 2m用ローパスフィルターの設計

    EMEのために2mバンドで500Wの免許を受ける予定です。2月下旬に検査を予定しているので、東京ハイパワー製HV-500が、万が一スプリアス規制をクリアできないなんてことになったらまずいので、LPFを用意しておくことしたいと思っています。そのために、ローパスフィルターを設計してみました。ARRLハンドブックなどを紐解いて調べていると、ELSIEというフィルター設計用ソフトがあるというので、早速ダウンロードして使ってみました。慣れるまで少々時間がかかりましたが、一応満足できる数値が得られました。このソフトでは、バターワース、チェビシェフ、ベッセル、定Kなどの各種特性のフィルターが簡単に設計できます。このソフトの名前の由来はLC・・・エルシー・・・ELSIEということのようで、オヤジギャグ的なネーミングになっていま...2m用ローパスフィルターの設計

  • 炭焼きと棚起こし

    ブドウの仮剪定をした残骸である剪定枝を炭窯に詰めて、炭焼きをしました。今年(今シーズン)初めての炭焼きです。9時頃に火を入れて、窯の目止めをしたのは4時過ぎでした。その間、火が絶えないように炭窯の口焚きをずっとする必要があるので、ブドウ園で野良仕事をしながら火の番をしました。ブドウ園では、安芸クイーンの棚起こしをしました。昨年7月の台風の時に、倒れてしまった安芸クイーンの棚をちゃんと起こす作業です。台風直後の棚起こしでは、とりあえず起こしただけで、棚の高さが低くてSSで通るのがやっとの状態です。あの時は、ブドウの実も付いていて、最善を尽くしたつもりですが、ブドウの幹は45度位傾いています。今は、身も葉も無く身軽になっているので、レバーブロックやシメラーを使って引き起こしました。明日も未だ作業は続きます。炭焼きと棚起こし

  • 無線局変更許可通知書が届きました

    1月5日に電子申請Liteで月面反射通信のために144MHz帯での500W出力の変更申請を出していました。翌6日には、携帯電話に不備の連絡があり、当日の夜には補正して再提出していたところ、1月9日には返信用封筒を送付するよう連絡があったので、1月11日に返信用封筒を投函しました。本日、1月15日に変更許可通知書が返信されてきました。なんと、僅か10日で処理されたのです。今後のスケジュールですが、登録点検事業者に変更検査を打診していたところ、2月下旬の3連休あたりに検査していただけそうです。アンテナを現在製作中ですが、2月下旬までにはなんとかなりそうです。今日もアンテナの一部である給電部およびUバランを製作しました。とりあえず、1本だけでも組み上げて、SWRを測定したいと思います。それから2本目と分配器を製作する...無線局変更許可通知書が届きました

  • 430MHz EMEのアクティビティーが低い・・・

    今朝は月が地球に近づくため、減衰が小さくて月面反射通信には最適なコンディションでした。アンテナを製作して、無線機を入れる小屋まで作ったので、なんとか受信だけでもしたいと思って待ち構えていました。ところが、HB9Qのチャットを見て、その参加者が少ないのにため息が出ました。私を含めて、たったの3人です。これじゃあいくらコンディションが良くても、意味ねぇ~!仕方がないので、アンテナが自動追尾するのを確認しました。早朝のため、霜が降りていたので、ブルブル震えながら観察しました。430MHzEMEのアクティビティーが低い・・・

  • クロスマウントの製作

    2mバンド用12エレ八木をブームに取り付けるためのクロスマウントを製作しました。ブームにアルミ角パイプを使うので、普通の丸パイプ用のクロスマウントだとグラつく可能性があるんじゃあないかと思われたので、自前で製作しました。今回は、ジャンク部品の活用はほぼなしで、殆どの部品を当たらに購入する予定です。クロスマウントの主な材料は次の通りです。1)ジュラルミン板A2017P200x150mmt6.0mm・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・横山テクノで購入2)コ型ボルトM642x35mmユニクロメッキ仕上げ・・・・・・・・・・・・・・・・・モノタロウで購入3)U型クランプM8φ50mmユニクロメッキ仕上げ・・・・・・・・・・・・・・・・・・モノタロウで購入クロスマウントの製作

  • 牛窓ニューイヤーセーリングデイ

    今日は牛窓に行ってヨットに乗りました。牛窓ヨットクラブ恒例の新春イベントであるニューイヤーセーリングデイです。10時スタートで犬島を回る草レースです。スタート前後は10knt前後の風が吹いていましたが、そのうちに風が弱くなり、犬島を回った頃にはエンジンを回してハーバーに帰りました。ハーバーでは、焼き牡蠣やおでん、豚汁、焼肉などを囲んで、倶楽部の方々と懇談しました。牛窓ニューイヤーセーリングデイ

  • ブーム補正

    アンテナを自作する時に、アンテナシミュレータは頼りになる道具の一つです。しかし、UVHFの八木アンテナの場合、ブームの影響を考慮してエレメントの寸法を決定する必要があります。さもなければ、中心周波数が予定していた周波数よりも少し高い方にシフトしてしまいます。ブーム補正とは、ブームの影響を相殺するために、エレメントを長くすることです。尤も、ブームが木やプラスティックで出来ていれば、ブーム補正は不要です。ブームとエレメントの幾何学的配置により、2通りに分かれます。1つはブームの上(下)にエレメントを配置するやり方で、もう一つはエレメントをブームに貫通させるやり方です。前者の場合であってもブームの影響を受けるので、ブーム補正が必要です。ブーム貫通する場合でも、ブームとエレメントを絶縁するのか接触させるのかにより、ブー...ブーム補正

  • IC-7851の問題点と対策

    今朝も少し早起きして160mバンドをワッチしていました。大した収穫はありませんでしたが、気になる現象を目にしました。デュアルワッチ機能を使って、1908kHzと1840kHzを同時に受信してJTDXを2画面起動してワッチしているのですが、両方にコールサインが見えるJA局があるのです。たまに1840kHzで誤って送信しているJA局を見かけることがあるのですが、今日のはそうではありません。信号強度は1840Hzの方が20dB程小さいのですが、同じオフセット(AF)で同時にデコードされています。何が原因でそうなるのか色々考えた末、IC-7851内部で回り込んでいるんだろうという仮説が一番濃厚です。今朝はJ**4**B局とJ**3**Lの2局で同様の現象を見かけたので、送信側の問題では無さそうです。これらの局は150k...IC-7851の問題点と対策

  • 144MHz帯用12エレ八木のシミュレーション

    EMEのために新しいアンテナを設計中です。ベースはYU7EFのEF0212(2mバンド用12エレ)で、これにTマッチを追加しました。4nec2ではTマッチセクションも含めてシミュレーションしました。EF0212では中心周波数は144.3MHzでしたが、私はEMEに使用するので、144.12MHzに変更しました。このため全体的にエレメントの長さを2mm程短くしました。エレメントの導体直径は6mmとしました。最終的に、ゲイン15.98dBi、F/B比21.74dB、SWR1.01、になりました。これを2スタックにすれば18.98dBi、4スタックにすれば21.98dBiになります。現在使用中の9エレ八木単体のゲインは14.65dBiなので、1.33dBのゲインアップになります。ブーム長を2.3m長くして、3本もエレ...144MHz帯用12エレ八木のシミュレーション

  • ZC4UW, UK Sovereign Base Area on Cyprus

    地中海のキプロス島にある英軍基地から、ZC4UWというコールサインでDXペディションチームがオンエアしています。1月2日に運用開始しましたが、今日までの予定です。今朝は160mバンドのCWで強く入感していましたが、結局QSOには至りませんでした。しかしながら、80m/40m/30m/20mの各バンドでQSOできていて、80mはバンドニューです。英軍基地ということもあり、チームのメンバーは英国人だけだったようです。このDXペディションでは、オンラインログとしてClublogのLiveStreamが使われており、リアルタイムにQSO成立の可否を確認することができました。12月初旬に行われたTO9W,SaintMartinのDXペディションで初めてClublogのLiveStreamを見ました、動きがぎこちなくて頼り...ZC4UW,UKSovereignBaseAreaonCyprus

  • 9バンドDXCC達成

    昨年末には毎朝早起きして160mバンドで精力的にDXハンティングをしていた甲斐あって、12月31日朝にQSOできたHB90CXZがコンファームできて、遂に100カントリーになりました。これで、9つのバンドでDXCCを達成することができました。さて、次の目標は10バンドDXCCですが、昨年夏の6mバンドの状況を思い出すと、2020年内の達成は無理そうです。なぜなら、夏至の前後2か月の期間はブドウの栽培が忙しいため、無線に時間を割くことが困難だからです。それに、このシーズンのマルチホップは私にとって壁が高いとも感じています。中々聞こえませんし、呼んでも届かないという挫折を昨シーズンは味わったのです。6mでのDXCC達成は次のサイクルのピークが到来する2025年あたりを目標にして進めていきたいと思います。その間に、1...9バンドDXCC達成

  • 144MHz帯500Wの変更申請を提出

    月面反射通信で安定的な通信を行うために、144MHz帯で500W出力の免許を受けたいので、中国総合通信局に変更申請書を昨夕提出しました。必要な書類は正月期間中に作成して準備していました。電子申請Liteを使って申請しました。通常のWebから入力する事項の他、次のような書類をpdfファイルで添付して提出しました。1)第5送信機系統図(IC-9700+リニアアンプ)2)変更申請理由書3)周辺地図および空中線の位置4)空中線と道路との位置関係(断面図)5)電波防護確認6)空中線の指向特性図お役所は今日から仕事始めなので、問題があれば、そのうち連絡があるだろうと思っていたのですが、なんと、今日の午後、携帯電話に連絡がありました。「書類に不備があるため差戻しする」とのことで、工事設計書に技適機種の発射可能な電波形式や変調...144MHz帯500Wの変更申請を提出

  • パソコンの時計修正アプリを製作

    今朝も6時頃に起床して160mバンドをワッチしていましたが、目ぼしい獲物は見つかりませんでした。他のバンドに目をやると、40m/FT8でV51WH(アフリカ・ナミビア)が-10dBと割と強く入感していたので、呼ぶことにしました。しかし、なかなかコールバックがありません。V51WHは何度もCQを出しています。時々、JA局にコールバックがあるのですが、何度も同じ局に応答しています。よく見ると、DT(時間差)が1.1になっています。コントロールパネルの「日付と時刻」で時刻の修正を試みましたが1秒以下に調整するのは困難です。相手の時計の自分の時計の時刻にズレがあると、デコード能力に影響することが知られています。信号が強ければ少々ずれていてもデコードできますが、時刻の差がゼロなのがベストです。相手の局が発展途上国だったり...パソコンの時計修正アプリを製作

  • 野良仕事はじめ

    三が日も済んだし、良い天気だったので、ブドウ園に行って野良仕事をしました。シャインマスカット4本の仮剪定です。その後は、安芸クイーンの棚を修理するための準備をしました。正月明けから野良仕事なんて大変だなぁと思われるかもしれませんが、私としてはじっとしているよりも屋外で体を動かしている方が余程暖かいのです。野良仕事はじめ

  • FT818用リモコンアプリの製作

    今日はまだ松の内なので、野良仕事は控えて室内で遊びました。昨年の今時分に作り始めて、何時しか途中辞めになっていたFT818用のリモートコントロールをするアプリを製作しました。昨日から作り始めて、今日までに何とか形になりました。FT818はFT991に比べて、コマンドの種類が少なくて、リモートコントロールできるパラメータが少ないのですが、本体の操作ボタンが小さいので、傍に置いていてもパソコンで操作したほうが使い易いと思います。現時点ではパソコンとFT818の間は、USBシリアル変換ケーブルで接続していますが、ESP32を使ってパソコンからWiFiでワイヤレスでリモートコントロールできるようにしてみるのも面白いかもしれません。FT818用リモコンアプリの製作

  • JARL QSOパーティー

    毎年1月2日は、JARLQSOパーティーに参加するようにしているので、今年も午後から2時間程参加しました。最初は、アンテナやリモートコントロールでの運用を試したかったので、430MHzでの運用を試みましたが、全然聞こえないので断念しました。やはり、国内QSOで昼間と言えば7MHzです。CQを出している局を呼んで回ろうかとトライしましたが、インバーテッドVに100Wでは中々応答がないので、痺れを切らしてCQを出したところ、ほぼ途切れることなく呼ばれ続けました。3時頃お客さんが来られたので打ち止めにしましたが、30局弱とQSOできました。JARLQSOパーティー

  • 初詣

    朝は雑煮を、昼はお節料理を食べてお腹一杯。腹ごなしのために、近所のお宮に初詣しました。初詣

  • DR-03SXをQRPpに改造

    アルインコの29MHz帯FMトランシーバをQRPpに改造してみました。もともと、この機種は10/5/2Wの3段階にパワーが切り替えられるようになっていますが、STLに使うとすれば、バッテリーがパワーソースなので、少しでも消費電力を小さくしたいところです。無線小屋と山の上との距離は直線で300m程なので、2Wもの電力は必要ないのではないかと思いQRPp改造してみました。付属の取扱説明書などには回路図は付属していませんでしたが、ネットで調べてサービスマニュアルを入手しました。回路図や基板の配置図などを見ると、終段部が取り外しまたは交換できるようになっています。QRPp改造するには、この終段部を取り外して(取り外さないまでも、ショートカットして)ドライブ段から直接アンテナスイッチにジャンパー配線しました。写真の右側の...DR-03SXをQRPpに改造

  • アマチュアSTLの実験

    放送局の場合、スタジオと送信所はかなり離れていて遠隔操作するのが普通です。昔は、この間をマイクロ回線でつないでいたようで、これをSTL(StudiotoTransmitterLink)と呼んでいたようです。山の上の無線機を、これと同じような形態で遠隔操作したいと思って、実験しています。FMやSSBの他、JT65やFT8の信号は音声帯域の信号なので、これを無線小屋(Studio)から50MHz帯のFM波で送信して、山の上の50MHz受信機で受信して、復調した音声信号を山の上の送信機で任意の周波数に発射しようという企みです。放送局と違って、アマチュア無線の場合、送信したり受信したりしなければなりません。送信するタイミング(スタンバイ信号)を何らかの形で遠隔操作する必要があるので、トーンスケルチ(CTCSS)を使おう...アマチュアSTLの実験

  • 近所の方々と昼間から忘年会

    年末も近くになり、手持ちぶたさなオヤジ連中が集まって昼間から一杯やりました。メインディッシュは猪肉のしゃぶしゃぶでした。薄くスライスした猪肉を湯にくぐらせて、ポン酢でいただきました。猪肉のしゃぶしゃぶは初めてでしたが、なかなか行けます。近所の方々と昼間から忘年会

  • ブドウ棚再建の行程表

    今年7月の台風で倒壊した安芸クイーンの棚を再建しなくてはなりません。現在の棚は、倒壊直後に応急処置として立て直したもので、グネグネ曲がっていて、棚の高さが低く、ブドウの樹が未だ斜めに倒れているので、これらをちゃんと直したいのです。今日は天気が良かったので、久々に野良仕事に出かけて、ブドウ棚再建の準備作業をしました。具体的には、鳥対策として上部に張っていた網(防鳥ネット)を取り外しました。今後、どのような順に作業を進めて行けば良いのか、順序と行程を洗い出してみました。①防風ネットの除去②ブドウの樹を支柱で支える③ブドウの樹を支持している紐をブドウ棚から除去する④支線を取り外す⑤棚の両サイドにアンカーとして1mの単管パイプ杭を合計6本打ち込む⑥ブドウ棚の東西方向の桁(単管パイプ)を上に約20㎝移動する⑦ブドウ棚の南...ブドウ棚再建の行程表

  • 次のアンテナ工作のために

    2mバンドのEMEのためにQRO(出力アップ)する計画ですが、アンテナも新しくして、ゲインアップしたいと考えています。今使っているアンテナは、丸パイプのブームを使っていますが、エレメントをブーム貫通させていて、この穴を直線的に配置するよう加工する時に苦心しました。しかし、クロスエレメントとなると正確に90度交差させて穴をあけるのは、素人の私には無理だと諦めて、角パイプを使うことにしました。市販されているアルミ角パイプを組み合わせて7m~7.5mのブームを構成するために、35㎜角肉厚2㎜のものと30㎜角肉厚2㎜のものを組み合わせることにする予定で、とりあえず4mのアルミ角パイプを4本づつ購入しました。30㎜角のパイプを35㎜角のパイプに入れてみました。なんとか、この組み合わせで使えそうです。次の2m用アンテナの候...次のアンテナ工作のために

  • まにわ温泉 白梅の湯

    今日は雨なので、落合・久世方面に出かけました。久世でピザ&パスタの昼食にしようと思っていたのですが、丁度12時頃にお店についたので、駐車場が満車のため、予定を変更して回転寿司にしました。その後、スーパーで買い物をしてから、まにわ温泉「白梅の湯」に行きました。この前の道路は何回も通ったことがあり、どんな温泉なのかなぁと気になっていました。サウナや露天風呂もあり、設備が充実しています。ナトリウム泉とのことですが、割とアッサリしていました。まにわ温泉白梅の湯

  • ブドウの仮剪定

    今日からブドウの仮剪定を開始しました。仮剪定というのは必須作業ではありませんが、この時期は他にすることもなく、仮剪定をしていると、2月下旬頃に行う本剪定の作業が幾分楽になるので、毎年この時期に行っています。仮剪定作業中にブドウの採り残しを見つけると、少し得をした気になります。もともと、袋掛けさえしていない房なので、種はあるし酸っぱいものが大半です。偶に甘いものに当たると、すごくラッキーな気持ちになります。明日は雨の天気予報のため、野良仕事はできそうにないので、少し頑張って作業しました。今日の作業で全体の約4割の仮剪定が終わりました。ブドウの仮剪定

  • 門松作り

    今年もあと一週間になりました。年の瀬が迫りすぎると、門松作りにもプレッシャーを感じてしまうので、余裕のある内に作ってしまいました。先ずは、裏の竹藪に行って竹を伐ってきて、断面を斜めに切りました。この作業が一番手間がかかります。束ねてみてバランスが悪ければ、もう一本竹を切るなどして調整しました。そのあと、オイル缶に菰を巻いて、縄で縛ります。先に竹だけを据えてバランスを見ます。OKとなれば、山に行って松の枝を切ったり、梅や南天の枝を家の周りから調達して、飾りつけました。門松作り

  • 温泉巡り

    昨日から妻の実家に来ていて、今日は自宅に向けての移動日です。朝、8時30分頃萩市(旧田万川町)を出て、浜田市三隅町のコワ温泉に行きました。いつも、三隅のあたりを通過するときに、「コワ温泉」という看板を見て気になっていたのでした。9時半頃に到着したので、まだ準備中でした。10時には開館するようでしたが、近くの美都温泉に行きました。三隅から美都への道路はちょっと狭くて、対向車がきたらどちらかがバックしなければなりません。幸いなことに対向車に出会うことはありませんでした。美都温泉には9時50分頃到着しましたが、こちらは8時から開館していたようです。朝風呂なので、それほどゆっくりもせず、10時半頃には上がりました。単純アルカリ泉ですこし滑りがあって、良い湯でした。温泉巡り

  • 猪肉でベーコン作り

    12月中旬に、近所の猟師さんに大量の猪肉を貰いました。小分けして、大半は冷蔵庫に入れて保存しましたが、バラ肉4切れをベーコンにすることにしました。塩分4%位の塩水に1週間程浸けた後、一日流水で塩抜きして、翌日一日間外に吊るして乾燥させていました。仕上げは燻製です。自作の燻製器で4時間程、桜のチップで燻製しました。良いベーコンが出来上がりましたので、晩酌の時のツマミとしてはもちろん、量が多いので、お節料理にも使えそうです。猪肉でベーコン作り

  • 桃の剪定

    今日は桃の剪定をしました。桃の樹は2本だけなので、2時間足らずで終了しました。摘蕾や摘花、摘果などの手間を省くために、かなり強く剪定しました。桃の剪定

カテゴリー一覧
商用