searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

私のパパはボディガードさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
私のパパはボディガード
ブログURL
https://mauioamama.muragon.com/
ブログ紹介文
2019年8月…最愛の妻が他界。私55歳、娘3歳。職業ボディガード。人としてパパとしてボディガードと
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/08/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、私のパパはボディガードさんの読者になりませんか?

ハンドル名
私のパパはボディガードさん
ブログタイトル
私のパパはボディガード
更新頻度
集計中
読者になる
私のパパはボディガード

私のパパはボディガードさんの新着記事

1件〜30件

  • 一向に施されない治療

    治療は施されることなく1週間余りが続いた… その間、点滴もなく、栄養補給もない。 完全に放置である… なぜ…点滴がされないのか、なぜ…栄養補給がされないのか…それに対しての医師の答えはない。 例え健康な人でも、水が飲めない食べれない状態で命が何日持つのか… 妻が苦しみやつれ...

  • 準委任契約と応招義務

    医師と患者の間には「準委任契約」が成立している。準委任契約とは、受任者が負う義務は「善良な管理者の注意を持ってその業務にあたること」あります。 これは善管注意義務ともいわれていることで「普通に要求される注意義務」というこつです。つまり、医師とっての「普通に要求される注意義務...

  • 守るべき大切な人

    身を呈して依頼者の命を守るのが私の仕事… 妻は他の誰よりも大切な人であり、どんな事があっても守るべき人だった。 妻も絶対に助けてくれると信じていたのに、助ける事が出来なかった。悔やんでも悔やみきれない。 病院がやるべき治療をやらなかったとは言え、妻が頼りにしていたのは私だか...

  • 悪質な看護師

    「白衣の天使」なんて言葉がありますが、東京病院には「白衣の天使」はほとんどいませんが、羊の皮を被った狼はたくさんいます。 看護師としての知識もなければ、そのレベルも低い。病院全体としてのレベルが低ければ、看護師のレベルが低くなるのは当然です。 患者に対する対応が雑であり、な...

  • インフォームドコンセント

    この病院のインフォームドコンセントの倫理は崩壊している。 医療職の説明が不十分である。医療職が患者・家族の権利を尊重できていないため十分な合意形成ができないまま医療が提供されることが多い。 そのため、患者・家族が、病状説明の内容が腑に落ちない、医療職に対して不信感を抱くなど...

  • 話のすり替え

    私の推測では、ガンの治療薬である「分子標的薬 タグリッソ」の副作用により、肺血栓塞栓症が発症した。 副作用の兆候は数日前から出ていたもの、検査に至る事はなかった。 患者親族からの検査をするべきであると言う申し出があったにも関わらず。 ここで医師は重大なミスを犯したことになる...

  • 余命宣告

    呼吸困難に陥って3日後…. 急に医師から余命宣告を受けた。 あと…2〜3時間の命だと思います。 私に理解できるはずがなかった。 なぜなら、ガンの病に伴う余命ではなく、肺血栓塞栓症の悪化に伴う余命だからである。 素人考えでは、肺血栓塞栓症の治療を行えば何ら問題はないのではと思...

  • 呼吸困難

    呼吸困難は続き、その苦しみを軽減するためにモルヒネが投与される。 次第に食事も喉を通らなくなり酸素マスクを必要とする状態まで悪化した。

  • 薬の副作用

    肺腺ガンの治療のために入院して約一週間が過ぎた頃、足の浮腫が発生した。 私は、肺腺ガンの治療薬である「分子標的薬 タグリッソ」の副作用ではないかと看護師に指摘するとともに検査の必要性があるのではないかと指摘した。 しかし、私の言葉は受け入れられることは無かった。 その2日後...

  • 短かすぎた人生

    2019年8月…12年間連れ添った妻が他界した。 2019年7月…病の治療の為 東京都清瀬市にある「東京病院」に入院。 入院して三週間目 妻は44歳の短い人生を終えた… 死亡原因は…医療過誤

カテゴリー一覧
商用