chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
第一級陸上無線技術士への”裏技” https://rikugi.com/

第一級陸上無線技術士の資格を取得するための 有益な情報を提供しています 専門知識の勉強も解説しますが それよりも受験に合格するための テクニックなどを中心に紹介していきます

ひろー 
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/07/21

1件〜100件

  • パルス立ち上がり時間の値

    無線工学Aの無線測定分野であるパルス立ち上がり時間の値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 目的外使用の禁止等

    無線工学の法規の無線局の運用分野である、目的外使用の禁止等に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 主任無線従事者の講習

    無線工学の法規の無線局の無線従事者分野である、主任無線従事者の講習・期間に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 無線設備の安全性の確保、保安設備

    無線工学の法規の無線局の無線設備分野である、無線設備の安全性の確保、空中線等の保安設備に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 電源回路に用いるツェナーダイオード

    無線工学Aの電源分野であるに電源回路に用いるツェナーダイオードに関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • リサジュー図形による周波数の測定問題

    無線工学の基礎の電磁測定分野である、リサジュー図形による周波数の測定に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • QPSK,16QAM信号の信号点間距離

    無線工学Aの変調・復調分野であるQPSK,16QAM信号の信号点間距離に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • FM波に含まれる側帯波の最大次数

    無線工学Aの変調・復調分野であるFM波に含まれる側帯波の最大次数に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • FET 図記号と伝達特性

    無線工学の基礎の電子回路分野である、FET 図記号と伝達特性に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 磁界中を正方形導線が移動した時の誘起電圧

    無線工学の基礎の電気物理分野である、磁界中を正方形導線が移動した時の誘起電圧に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 円形コイルと直線導体に流れる電流が作る合成磁界

    無線工学の基礎の電気物理分野である、円形コイルと直線導体に流れる電流が作る合成磁界に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 円形コイルの中心軸上の磁界の強さ

    無線工学の基礎の電気物理分野である、円形コイルの中心軸上の磁界の強さに関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 抵抗値の温度による変化

    無線工学の基礎の電気物理分野である、抵抗値の温度による変化に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 集中定数回路による整合

    無線工学Bの給電線分野である、集中定数回路による整合に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • マクスウェルの方程式 その2

    無線工学Bの基礎分野である、マクスウェルの方程式に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 対数周期ダイポールアンテナの構造、特性

    無線工学Bのアンテナの実際分野である、対数周期ダイポールアンテナの構造、特性に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • お得に勉強する方法

    資格試験では参考書の購入に意外とお金がかかります。また実は購入することのデメリットもあります。この記事ではお金をあまりかけず効率的に勉強するためのツールを紹介します。

  • パラボラアンテナの電界強度

    無線工学Bのアンテナの実際分野である、パラボラアンテナの電界強度に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • はしご形回路の合成抵抗(補足)

    無線工学の基礎の電気回路分野である、はしご形回路の合成抵抗に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 三角形配置の無限長平行導線電流が作る電磁力の値

    無線工学の基礎の電気物理分野である、三角形配置の無限長平行導線電流が作る電磁力の値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 一陸技、二陸技、一陸特、どれを取るべきか?

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の類似資格として二陸技や一陸特があり、どれを取得すればいいのか悩んでいる方が多いと思いますが、ずばり一陸技を目指すのが一番良く、その理由などについて説明します。

  • 第一級陸上無線技術士とその他無線資格との違い

    無線の資格には第一級陸上無線技術士(一陸技)だけでなく、総合、海上、航空無線通信士など様々な資格があります。それぞれの資格の違いについて整理して何を取得すればよいのかを説明します。

  • 第一級陸上無線技術士のメリット

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の資格を取得するメリットについて、就職先、収入など、具体的な企業名などを入れて解説します。またそれ以外にも、教師や独立開業など意外なキャリアパスがあるのでそれについても解説していきます。

  • 2個のコイルの和動接続と差動接続

    無線工学の基礎の電気物理分野である、2個のコイルの和動接続と差動接続に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 混信等の防止

    無線工学の法規の無線局の運用分野である、混信等の防止に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 人工衛星局の条件

    無線工学の法規の無線局の無線設備分野である、人工衛星局の条件・位置の維持に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 免許証の再交付 免許証の返納

    無線工学の法規の無線局の無線従事者分野である、免許証の再交付・免許証の返納に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 効率的な暗記方法

    第一級陸上無線技術士(一陸技)試験の多くは過去問の流用であり、暗記するだけで解けてしまう問題が多いです。ここでは筆者が実践したツールなどを活用し効率的に暗記する方法を紹介します。

  • 第一級陸上無線技術士 最新試験日

    第一級陸上無線技術士、次回(令和4年1月期)の試験日と申請方法について説明します。次回試験日は第一回:令和4年1月17日(月)、18日(火)第二回:令和4年1月19(水)、20日(木)となっています。

  • 抵抗又はその消費電力の測定誤差、誤差率

    無線工学の基礎の電磁測定・その他分野である、抵抗又はその消費電力の測定誤差、誤差率に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 同軸線路の特性インピーダンス

    無線工学Bの給電線分野である、同軸線路の特性インピーダンス関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • PCM の信号対量子化雑音比の改善

    無線工学Aの変調・復調であるPCM 信号対量子化雑音比の改善に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • コイルの分布容量の測定

    無線工学の基礎の電磁測定・その他分野である、コイルの分布容量に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 航空機用ドプラレーダーによる対地速度

    無線工学Aの電波航法分野である航空機用ドプラレーダーによる対地速度に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 最大電子密度と臨海周波数の関係

    無線工学Bの電波伝搬分野である、最大電子密度と臨海周波数の関係に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • トランジスタのバイアス回路

    無線工学の基礎の電子回路分野である、トランジスタのバイアス回路に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 選択肢で迷ったときは正答率が高いものを選べ! 無線工学B編

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験で選択肢に迷ったときは何を選ぶと良いか?過去問の統計データからどの選択肢を選ぶのが良いのか考察しています。このサイトではそのようなテクニックを紹介していきます!

  • アンテナの指向性利得とビーム面積

    無線工学Bの基礎分野である、アンテナの指向性利得とビーム面積に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 直流ブリッジ回路による抵抗値

    無線工学の基礎の電磁計測分野である、直流ブリッジ回路による抵抗値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • ★必須★アイテム! 無線従事者国家試験問題解答集

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験に合格するための必須アイテム「一陸技 無線従事者国家試験問題解答集」を紹介します。一陸技に合格した筆者が自身の経験を踏まえて何で必要かを説明します。

  • 側波帯の電力の値

    無線工学Aの送信機分野であるAM波の側波帯の電力の値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 側波帯の電力の値

    無線工学Aの送信機分野であるAM波の側波帯の電力の値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 最短で合格するための勉強戦略!

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験範囲はとても広いのでやみくもに勉強したのでは到底時間がたりません。最小の努力で合格するためにどのように勉強すればよいか説明します!

  • 複数の電圧計、電流計で測定できる電圧、電流の最大値

    無線工学の基礎の電磁計測分野である、複数の電圧計、電流計で測定できる電圧、電流の最大値に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 選択肢で迷ったときは正答率が高いものを選べ! 無線工学A編

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験で選択肢に迷ったときは何を選ぶと良いか?過去問の統計データからどの選択肢を選ぶのが良いのか考察しています。このサイトではそのようなテクニックを紹介していきます!

  • 選択肢で迷ったときは? 無線工学の基礎編

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験で選択肢に迷ったときは何を選ぶと良いか?過去問の統計データからどの選択肢を選ぶのが良いのか考察しています。このサイトではそのようなテクニックを紹介していきます!

  • レーダーの最大探知距離

    無線工学Aの無線測定分野であるレーダーの最大探知距離に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 選択肢で迷ったときは? 法規編

    第一級陸上無線技術士(一陸技)の試験で選択肢に迷ったときは何を選ぶと良いか?過去問の統計データからどの選択肢を選ぶのが良いのか考察しています。このサイトではそのようなテクニックを紹介していきます!

  • 一陸技合格までの勉強時間

    第一級陸上無線技術士(一陸技)試験を独学で勉強するのに必要な時間は890時間です。しかし忙しい社会人などはこんなに勉強に時間を費やせないので、工夫をすることで時間を大幅に減らすことが可能になります。このサイトではその方法を紹介していきます!

  • アイパターン

    無線工学Aの無線測定分野である波形のアイパターンに関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 一陸技の難易度

    第一級陸上無線技術士(一陸技)試験の合格率は例年25%前後で偏差値66、無線工学や法規などの各科目は大卒レベルの知識が必要と言われていて難易度はかなり高いです。しかし試験の出題傾向に特徴があったり、一度合格した科目は免除される科目免除制度などにより、やり方によってはかなり簡単に取得できる資格です。

  • インピーダンスのベクトル軌跡

    無線工学の基礎の電気回路分野である、インピーダンスのベクトル軌跡に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 無線従事者規則の一部を改正する省令案

    いつもブログをご覧いただきありがとうございます。無事に一陸技の資格を取得すると無線従事者という立場になりますが最近、総務省にてこの無線従事者に規則を改訂しようとしているのをご存じでしょうか?変更点はというと、以下のことが新規に追加となります

  • 無損失給電線の負荷側を見たインピーダンス

    無線工学Bの給電線分野である無損失給電線の負荷側を見たインピーダンスに関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

  • 双ループアンテナの構成、特性

    無線工学Bのアンテナの実際分野である、双ループアンテナの構成、特性に関する問題の解説。第一級陸上無線技術士(一陸技)試験 過去問の解答と解説。難しい理論や計算を使わずに、資格試験特有の決まり事や出題パターンから簡単に回答を導き出します。

ブログリーダー」を活用して、ひろー さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひろー さん
ブログタイトル
第一級陸上無線技術士への”裏技”
フォロー
第一級陸上無線技術士への”裏技”

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用