searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

のと爺さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
のと爺の古事記散歩
ブログURL
https://kojikint70.hatenablog.com
ブログ紹介文
古希まじかの爺さんが勝手きままに古事記を散歩します。 神様とか、神社とかを独断と偏見でレポートします。
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/07/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、のと爺さんをフォローしませんか?

ハンドル名
のと爺さん
ブログタイトル
のと爺の古事記散歩
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
フォロー
のと爺の古事記散歩

のと爺さんの新着記事

1件〜30件

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(20)~大生郷天満宮~日本三大天満宮ってホント?

    皆様は日本三大天満宮をご存じでしょうか? 天満宮と言えばすぐ思い浮かぶのは、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮だと思いますが、三つ目はどこでしょうか? 実は諸説ある中の一つに茨城県常総市にある大生郷天満宮(おおのごうてんまんぐう)があります。あくまでも諸説の内の一つです。 私もネットを見ていてこの天満宮のことを初めて知りました。えぇー!三大天満宮の一つが茨城にあったんけ!こりゃ行かねばなんめぇー。ということで、今回、古事記の神様とは違いますが行って来ました。 ただ、少しばかり気になることがあったんです。それは、ネットでの「茨城県の寺社ランキング20社」に入っていないこと、「茨城県神社庁が紹介…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(19)~上野公園をぐるぐる巡りその2

    さて、前回に続いて上野公園をぐるぐる巡りましょう。上野大仏から不忍池方面に少し下ると五條天神社と花園稲荷神社という神社二社が隣り合って建っています。 1.場所 2.花園稲荷神社と五條天神社 3.清水観音堂 4.まとめ 1.場所 ここです。 2.花園稲荷神社と五條天神社 上野大仏を出てまもなく、右手に鳥居が見えます。ん?花園稲荷神社と五條天神社の参道とありますが、どっちやねん!? 鳥居の前には強面狛犬が。あれ?稲荷なのに狛犬か? わけ分かんない、とりあえず進みましょう。坂を下るんですね。 右手に社殿がありました。 狐さんが子取り、玉取りです。狛犬ならよく見ますが、狐さんでは珍しい! 参拝して振り…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(18)~上野公園をぐるぐる巡りその1

    前回お話ししましたが、東京国立博物館で「聖林寺十一面観音特別展」観覧の後、上野公園内の寺社巡りをしました。あっ、ぐるぐる巡りましたが、老人の徘徊じゃありませんよー、念のため。 博物館⇒開山堂⇒上野東照宮⇒上野大仏・パゴダ薬師堂⇒花園稲荷神社・五條天神社⇒清水観音堂の順番で訪れました。東照宮は前回をご覧下さいね。 今回は博物館から上野大仏・パゴダ薬師堂までをお伝えします。 1.場所 2.東京国立博物館 3.開山堂(両大師) 4.上野大仏・パゴダ薬師堂 5.まとめ 1.場所 2.東京国立博物館 現在、日本彫刻の最高傑作と言われる、国宝「聖林寺十一面観音菩薩立像」が展示されています。聖林寺は奈良県桜…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(17)~上野東照宮~金ピカやでー!

    皆様ご存じ、東照宮といえば御祭神は徳川家康ですね。ということで、今回は古事記の神様とは異なりますのでご了承下さい。 東照宮といえば、思い浮かぶのは静岡県の久能山東照宮、栃木県の日光東照宮でしょうか。しかし、現在は全国に20数カ所も東照宮があるそうです。そして、東京都にもあるんですね。爺さんは2019年9月に芝東照宮を訪れましたが、今回は上野東照宮です。コロナ禍で東京方面の神社巡りを控えていたのに、なぜ上野かというと、現在、上野恩賜公園に隣接した東京国立博物館で開催中の「聖林寺十一面観音」特別展を見に行ったので、その帰りに参拝に訪れた次第です。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.社殿 …

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(16)~鹿島神宮~一の鳥居を巡ったよ!

    昨年10月に東国三社(鹿島神宮、息栖神社、香取神宮)巡りをしました。その際に、鹿島神宮入口の大鳥居は二の鳥居で、実は東西南北に一の鳥居があり、それらを結んだ区域内は神域であるという話をしました。 多分、今回の記事を読まれた皆さんは、「この爺さん、よっぽど暇なんやなぁ~。」と思われることと推察します。そうなんです、金はないけど暇はたっぷりあるんです。南の一の鳥居は息栖神社で昨年行っていますので、今回は東西北の一の鳥居と、これまたマニアックな跡宮を訪れました。 1.鹿島神宮について 2.一の鳥居巡り 3.西の一の鳥居 4.東の一の鳥居 5.北の一の鳥居 6.神野(かの)の跡宮 7.鹿島立ちの語源 …

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(15)~大原神社~狛犬が逆立ち、アラヨッ!

    良縁をもたらすパワースポットとして若い方に人気があるのが、千葉県習志野市にある大原神社(おおはらじんじゃ)です。ここは、月ごとにモチーフが変わる季節限定ご朱印がいただけることでも有名なんですね。行ってみて分かりました。参拝者は9割方女性で、カップルもいらっしゃいました。くたびれた爺さんは私だけ、トホホ・・・。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.拝殿の屋根に注目! 6.本殿 7.境内社 8.その他境内 9.ご朱印 10.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 平安時代の天治元年(1124年)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀って実籾本郷(みもみほんごう)に創建され、…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(14)~二宮神社~「嵐」ファンの聖地!

    近年、「二宮」つながりで「嵐」ファンの聖地と言われている神社があることをご存じでしょうか。それが千葉県船橋市にある二宮神社(にのみやじんじゃ)です。また、一定地域の方しかご存じないかと思いますが、船橋市非公認の人気キャラクターであるふなっしーとコラボした御守も頒布されていることなどから、若者を中心に人気があるようです。しかし、それだけではありません。歴史的にも素晴らしい神社なんです。 実は、爺さんも愛読書情報で初めて知った神社で、前回の菊田神社とつながりがあるとのことから行って来ました。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内 7.ご朱印 8.まとめ 1.場所 こ…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(13)~菊田神社~愛嬌ある狛犬がアイ~ン!

    志村けんさんのギャグで「アイ~ン!」は、どなたもご存じと思います。この「アイ~ン」の表情をしている(ように見える)狛犬がいるのが、千葉県習志野市にある菊田神社(きくたじんじゃ)です。縁結びのご利益と、テレビでも紹介された愛嬌ある狛犬がいる神社として女性に人気があるようで、爺さんが訪れた時も参拝者は圧倒的に女性が多かったです。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社 7.その他境内 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所 2.御由緒と御祭神 古くはこの一帯を久久田村といい、平安時代の弘仁年間(810年代)に久久田大明神(くぐただいみょうじん)として大己貴大神(おおなむじ…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(12)~松戸神社~ヤマトタケルが部下を待った地

    ヤマトタケルの東征のお話しはご存じでしょうか。今回訪れたのは、東征の途中、この付近でタケルが部下と待ち合わせをしたという言い伝えがある松戸神社(まつどじんじゃ)です。2019年9月以来の2度目の参拝になります。 待ち合わせをした土地だから「まつど」⇒「待つ土」⇒「松戸」になったとか!? 洒落か? 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社 7.その他境内 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと、古事記では倭建命)が東征の際に、この付近で部下と待ち合わせたという言い伝えがあり、その時に陣営した場所に後世、ヤマト…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(11)~野田愛宕神社~江戸後期再建の本殿が現存

    愛宕神社と言えば、関東では東京都港区にある出世階段で有名な愛宕神社が思い浮かびますが、全国に900社あるといわれる同神社の総本宮は京都市右京区にあります。 今回訪れたのは、爺さんが住む千葉県柏市のお隣、野田市にある愛宕神社です。 前回の大宝八幡宮は、初めてご朱印帳をいただいた神社とお話ししましたが、今回の愛宕神社は、爺さんが一人神社巡りを始めて一番最初に行った神社なんです。1年9ヶ月振りに行って来ました。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.社殿 5.本殿 6.境内社 7.その他境内 8.別当寺 西光院 9.ご朱印 10.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 かつて野田郷と…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(10)~大宝八幡宮~関東最古の八幡様

    今回は、関東最古の八幡様と言われる、茨城県下妻市にある大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)です。実は、爺さんのブログでは二度目の登場です。一度目は2019年9月でしたが、記事の内容たるや稚拙そのものでした。しかしながら、ここは爺さんが初めて御朱印帳をいただいた神社で、ちょっとばかり思い入れがあります。久々に訪れ、前回では紹介していない細かいこともお伝えします。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.摂末社 7.ご神木 8.その他境内 9.社務所 10.ご朱印 11.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 御由緒板がありましたが、ちょっと読みづらいので当社のHP…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(9)~蛟蝄神社~再び、これ読めますか?

    意識して探しているわけではないのですが、前回に続き今回も難読神社です。どうでしょう、お読みになれるでしょうか。地元の方以外でお読みになれたら、あなたは間違いなく天才です。 茨城県北相馬郡利根町にある蛟蝄神社です。ここは、一般的にはこうもうじんじゃと読みますが、後述の延喜式神名帳にはみつちじんじゃと書かれているとのことです。これが正式名のようです。うひょー!誰が読めるねん! 拙宅から1時間弱で行ける距離なので、晴天に誘われ不要不急の外出をしてしまいました。でも、コロナ収束を願ってきましたので、ごめんね、ごめんねー! 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.その他境内 7.…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(8)~女化神社~これ読めますか?

    ネットで神社情報をいろいろ見ていたら、変わった名前の神社を見つけました。茨城県龍ケ崎市にある女化神社です。なんて読むか分かりますか? 地元の方以外で読めたなら、あなたは天才かも。 実はおなばけじんじゃと読みます。 この一帯は茨城県牛久市女化町(おなばけちょう)という地域なのですが、この神社の住所は龍ケ崎市です。どうやら牛久市の中に飛地で龍ケ崎市の一画があり、そこに神社が建っているということらしいです。 それにしても、女が化ける神社?ひぇーっ、恐! どんなとこか、恐さ見たさに行って来ました。ヒューッ、ドロドロドロ~・・・。キャーッ、出たー!!!?? 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.狐の恩返し伝…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(7)~鳩ヶ谷氷川神社~家康が境内で休憩した!

    今回は、慶長5年(1600年)7月、徳川家康が奥州出陣の途中に同社境内で休息したという故事がある神社です。埼玉県川口市にある鳩ヶ谷氷川神社(はとがやひかわじんじゃ)に行って来ました。1600年といえば関ヶ原の戦いが9月ですから、家康が当社で休んだのが7月ということは、会津の上杉征伐の途中ということでしょうか。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社 7.ご神木 8.その他境内 9.ご朱印 10.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 氷川神社は東京、埼玉近郊に280社あるといわれています。その総本社はさいたま市大宮区にある武蔵国一宮氷川神社です。そして…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(6)~金ヶ作熊野神社~ご朱印が個性的!

    新年度が始まりましたねー。コロナは収束どころか第四波が来るみたいだし、コロナ前の世の中にはもう戻れないかも知れませんね。世間の常識を逸脱した政治家や官僚には呆れるばかりです。自分の身は自分で守る、もうこれしかないでしょう。 ということで感染対策を施しながら、今回は千葉県松戸市にある金ヶ作熊野神社(かねがさくくまのじんじゃ)に行って来ました。ご朱印が個性的なんです! 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.社殿 5.境内社 6.ご神木 7.その他境内 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 金ヶ作地域の鎮守として、天明3年(1783年)に創建されました。当時、この地…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(5)~櫻木神社~しだれ桜が見頃です!

    私のブログでは4度目の登場になります。柏市のお隣、野田市にある櫻木神社にお花見に行って来ました。櫻木神社にはその名の通り、40種類の桜が植えられています。そろそろ見頃になってきたかなと思い、天気も良かったので行って来ました。 今回は桜を見ることが目的で行ったのと、4度目のブログ登場ということもあり、神社についての細かいことは省きます。 1.場所 2.当社HPと過去記事 3.しだれ桜が見頃です! 4.境内 5.ご朱印 6.まとめ 1.場所 ここです。 2.当社HPと過去記事 HPはこちらです。 爺さんの過去記事もご覧下さい。 3.しだれ桜が見頃です! 大鳥居の脇にある紅しだれ桜が見頃になっていま…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(4)~大曽根八幡神社~本殿の彫刻は一見の価値大!

    前回、越谷香取神社の本殿彫刻が凄いとご紹介しましたが、今回の埼玉県八潮市にある大曽根八幡神社(おおそねはちまんじんじゃ)も同様に凄いんです。「彫刻のお社」という別名があるとのことですが、納得です。これまでも彫刻が素晴らしい神社は何社かありましたが、ここはそのトップクラスではないかと思いました。(意見には個人差があります。) 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社 7.ご朱印 8.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 ネットでHPを調べましたが見当たりませんでした。境内の由緒板を見ると歴史ある神社であることが分かります。 文亀二年(1502年)に勧請さ…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(3)~越谷香取神社

    香取神社は全国に約400社あるそうですが、埼玉県越谷市にも越谷香取神社(こしがやかとりじんじゃ)があります。この神社は、毎月のようにいろいろな行事があるのですが、今は500体以上の雛人形が展示されています。(爺さんの愛読書情報) 爺さんは特別、雛人形に愛着があるわけではないのですが、500体以上も展示されているなんて滅多にないだろうし、越谷ならそれほど遠くはないし、天気もまずまずだしということで行って来ました。金はないけど暇はあるんです。県境跨ぎ🙏。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社 7.その他境内 8.その他 9.ご朱印 10.まとめ 1.場所 ここです…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(2)~和樂備神社

    以前、某カルチャーセンターの神社巡りに参加していたことはお話ししたと思いますが、その後、コロナ禍もあってしばらく途絶えています。ずっーとぼっち神社巡りをしているので、そろそろどこかで募集していないかなと思い、いくつかのカルチャーセンターの4月からの募集記事を見ていたところ、ひとつあったんですね。 ところが、正式参拝なので男性はネクタイ着用とあるんです。えーっ、神社巡りにもドレスコードかぁーい!! どんなところへ行くのか見てみると、月1回×6ヶ月のほとんどが東京、神奈川方面なんですね。このコロナ禍で東京、神奈川方面行きの電車に乗るのはちょっとキツイよなーと思っていたら、一つだけ埼玉県の神社があり…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part3(1)~埴生神社

    先日、別ブログ「のと爺のお寺散歩」を始め、最初にご紹介したのは成田山新勝寺でしたね。この新勝寺から徒歩10分ぐらいのところに埴生神社(はぶじんじゃ)があります。参道のお店を見たり、名物のウナギを食べたくて新勝寺を再訪しましたので、足を延ばして埴生神社へ行って来ました。金運、美・健康運、恋愛運等の神様なのですが、成田空港が近いこともあり、空の安全を祈願する空港関係者の参拝も多いそうです。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.社殿 5.境内には 6.ご朱印 7.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 こりゃ、字が小さくて読めませんよね。 社務所でいただいたパンフレットには、このよ…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2~お知らせです

    前回、神社参拝100社を達成しました。さて、次からはどうすっぺ、と夜も寝ないで昼寝して考えました。 そして、錆び付いた脳ミソが出した結論です。 私の根底には古事記がありますので、古事記関連ブログをやめることはありません。ということで、「のと爺の古事記散歩・古事記の神様と神社」は今後も続けます。目標は参拝150社とします。 まぁ、コロナが終息し、私の体力と資金が続けばの話ですが・・・。 そしてもう一つ、今後は仏閣、つまりお寺も巡ってみようと思い立ちました。 二つ目のブログ「のと爺のお寺散歩」を始めます。神社とお寺をどういうタイミングで巡るかは特に決めずに、それこそ勝って気ままに行きます。 どうか…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(40)~麻賀多神社・奥宮

    前回は麻賀多神社の本宮をお伝えしました。今回は麻賀多神社奥宮です。一般的?には、奥宮というと本宮の敷地の一角にある(鹿島神宮とか香取神宮はそうでしたね)のですが、ここは創始経緯から、本宮とは完全に独立した場所にあります。本宮は成田市台方に、奥宮は成田市船形です。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿と本殿 5.末社 6.ご神木 7.伊都許利命の墳墓 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 本宮と奥宮の御由緒については前回にお話ししましたね。簡単に言うとこうです。 応神天皇20年(285年ごろ)、印旛国造伊都許利命(いつこりのみこと)が現在の成田市船形に社殿…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(39)~麻賀多神社 参拝100社達成\(^o^)/

    千葉県成田市に「東日本一の大杉」と言われるご神木がある麻賀多神社(まかたじんじゃ)があります。どんなご神木なんだんべ、是非、行ってみなきゃなんねぇなぁ、と以前から思っていました。しかし、この神社は月に1日と15日の二日しか社務所が開きません。つまり、それ以外の日は参拝してもご朱印やお札などがいただけません。 どうせ行くならご朱印をいただける日だよね。そして、平日で天気が良い日がいいよね。ということで、数ヶ月の日程調整の上、今回、やっと行って来ました。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿と本殿 5.摂末社 6.ご神木 7.その他境内には 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所 ここです。…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(38)~熊野神社

    前回、伊勢神宮にはいつかは行きたいと思っているという話をしましたが、同じように行ってみたいと思っているのが熊野大社です。その熊野大社から分霊され、創建された神社が千葉県成田市にある熊野神社です。成田市には熊野神社がいくつかあるため、ここは成田豊住熊野神社(なりたとよすみくまのじんじゃ)と呼ばれています。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.八咫烏について 4.参拝 5.拝殿と本殿 6.境内社 7.ご朱印 8.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 全国に4700社以上ある、と言われる熊野神社の総本宮である紀州熊野大社から分霊され、延長元年(923年)に成田市南羽鳥に創建されました。ただ…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(37)~鎌数伊勢大神宮

    参拝100社まであと3社、勝手にぼっちカウントダウンに入っています。てなわけで、次はどこにすっぺと行き先をネットであちこち見ていたら、千葉にも伊勢神宮があることが分かったんです。えぇー!マジすかっ、あの伊勢神宮が?ほんとけ??でもなぁ、ここは爺さんの愛読している参考文献(前にも言いましたけど、市販のご朱印めぐりの雑誌ですが・・・。)には載ってないんですよねー。どんなとこだんべ、知ったからには行かずばなるめぇなぁ、ちょっとばかり遠いけんど・・・。 ということで、2時間ばかりかけて行って来ました。千葉県旭市鎌数に鎮座する鎌数伊勢大神宮(かまかずいせだいじんぐう)です。すごいでしょ!大神宮ですよ! …

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(36)~道野辺八幡宮

    「ひと廻りすれば人生に必要なすべてを守ってくれる。」とまで言われている神社をご存じでしょうか。そんなこと言われても分かりませんよねぇ。千葉県鎌ケ谷市(かまがやし)にある道野辺八幡宮(みちのべはちまんぐう)なんです。とってもローカルな八幡神社なんですが、なぜ、そんなふうに言われるのか。それはのちほど。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.境内社 6.その他境内には 7.ご朱印 8.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 残念ながら正確なことは分からないようですが、平安中期に平将門が中沢城を築く際、城の鬼門に当たるこの地に厄除けの神、弓矢兵馬の神、文武勝運守護の神として…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(35)~柏神社

    皆様、明けましておめでとうございます。爺さんもなんとか年を越すことができました。昨年は多くの方々に拙いブログを読んでいただき、感涙にむせんでおります。オヨヨ!(涙) そして、多分、いや間違いなくクオリティーは上がりませんが、本年もヨタヨタと書いていきますのでよろしくお願いします。 さてさて、新年第一弾として訪れたのは、地元の柏神社です。爺さんのブログでは4回目の登場ですので、できるだけこれまでと同じような内容にはならないようにしていきます。新年の雰囲気を感じていただければ幸いです。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.ご朱印 7.まとめ 1.場所 ここです。駅近の商…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(34)~小御門神社

    突然ですが問題です。「建武の中興」について説明せよ。」はぁ~!?なんだって? なんか日本史で習ったような微かな記憶が・・、と言う方がほとんどだと思います。そんなことない!知っとるでー、という方がいらっしゃったら🙏 なぜ、いきなりこんな話かというと、今回訪れたのは後醍醐天皇の忠臣とされる公家が祀られている小御門神社(こみかどじんじゃ)なのです。従って、古事記の神様は出て来ませんのでご了承下さい。でも、独特の雰囲気を持った神社ですよ!爺さんは嫌いじゃないです、テヘッ! 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.御祭神霊廟 7.その他、境内には 8.ご朱印 9.まとめ 1.場所…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(33)~柏諏訪神社

    私が住んでいる千葉県柏市の神社として、柏神社をこのブログで3回ほど紹介しましたが、もう1社代表的な神社として柏諏訪神社(かしわすわじんじゃ)があります。正式には諏訪神社なのですが、隣接の流山市にある諏訪神社と区別するため、前者を柏諏訪神社、後者を駒木諏訪神社と呼んでいるんですね。 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.拝殿 5.本殿 6.境内社、石碑 7.とても珍しいご朱印 8.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 残念なことに、HPには御由緒、御祭神については何も書かれていません。従って、創建不詳です。鎌倉時代に創建とも言われているようですが、詳細は分かりません。ただ、少な…

  • 古事記の神様と神社・ご近所編Part2(32)~豊受稲荷本宮

    今回参拝するのは、これまでとは違ってとても個性的な神社です。拙宅から車で20分ぐらいの所にあります。もちろん、存在は以前から知っていたのですが、なかなか行く機会がなく、今回が初めての参拝になります。豊受稲荷本宮(ゆたかいなりほんぐう)という神社です。「豊受」と書いて「ゆたか」と読むんですね。でも、個性的なところはまだまだありますよー! 1.場所 2.御由緒と御祭神 3.参拝 4.社殿 5.社殿裏 6.福絵 7.ご朱印 8.まとめ 1.場所 ここです。 2.御由緒と御祭神 稲荷社ですから御祭神は稲倉魂命(古事記では宇迦之御魂神)だと言うことはもうお分かりと思います。HPを見ても御由緒については書…

カテゴリー一覧
商用