searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まっしろシロクマさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Joy to the world.
ブログURL
https://yorokobi-jttw.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
「HSPとは何なのか?」を伝える、HSP/HSS当事者のブログ。ブログタイトルには、HSPも非HSPも「皆が不安なことなく生きられる世界」になるよう願いをこめてます。
更新頻度(1年)

23回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/07/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まっしろシロクマさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まっしろシロクマさん
ブログタイトル
Joy to the world.
更新頻度
23回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
Joy to the world.

まっしろシロクマさんの新着記事

1件〜30件

  • 自己紹介 <活動編>  (note更新)

    note.com note の方で更新をしました。 今回は私が何故、ブログ・note や Youtubeで 記事を書いたり、動画をupしたりしているのか? について少しだけお話しをさせて頂きました。 にほんブログ村 (↑モチベーションが上がるので、この記事が「いいな」と思ったらぜひクリックお願いします!) // '; $(this).replaceWith(video); }); // ]]>

  • 眼鏡を楽しもう (note)

    note の方で記事を書いてみました。 note.com これからしばらく、noteで記事を書くかもしれません。 にほんブログ村

  • それって本当に失敗ですか?

    ​_ HSPがもつ4つの特徴"DOES"の1つ「刺激過多」 "Over Stimulation"を紹介したこちらの記事。 yorokobi-jttw.hatenablog.jp この記事内で 叱責されて萎縮し、それを引きずっている‥という 1シーンとして描いたのが、こちら(↓)の絵です。 シロクマは、ライオンさんを怒らせて 「失敗したな‥」と後悔しています。 しかし、本当にそうなんでしょうか‥? 「怒り」に圧倒されてしまう HSPは相手が激怒してしまった場合、 相手の「怒り」に圧倒されてしまって 自分自身を冷静に 俯瞰して見られなくなってしまうことがあります。 (さらに、この自覚が意外と無い…

  • 「私は馬鹿なのかな?」と思っていた話

    ​_​_ HSP (Highly Sensitive Person) という概念があり、 自分がHSPであると知る以前、 「私は単純で馬鹿なんじゃなかろうか?」 と、思っていたことを 今回はお話ししていきます。 知らない人からやたら「動作がうつる」 私は、道を歩いているときに 向かいから歩いてきた知らない人が、 私の後ろを歩いている人に向かって手を振ると 自分まで手を振りそうになってしまいます。 手がピクッと反応してしまうのです‥。 知らない人が手を挙げただけでも同じような反応をしてしまいます。 また、似たような事例として、 「私に対して」ではない会釈に 会釈を返そうとする 「つられ会釈」…

  • こんな感じで作ってます③ (素材編)

    ​_​_ このブログやYoutube動画を作っている 環境について ご紹介するシリーズ。 第3回目は、 ブログと動画に使っている「フリー素材」のサイトです。 写真AC ブログのトップ画像に いつも使用しているのは、 写真ACさんに登録されている素材です。 www.photo-ac.com 登録されている写真素材がとにかく豊富です。 ただ、無料会員だと 1日にダウンロード出来る数などに 制限があったりします。 甘茶の音楽工房 Youtube動画のBGMに使用している音楽素材は 甘茶の音楽工房さんのものです。 amachamusic.chagasi.com こちらで公開されている「癒し系」の音…

  • こんな感じで作ってます② (動画編)

    ​_​_ このブログやYoutube動画を作っている 環境について紹介させて頂くシリーズ。 第2回目は、 動画を作っている環境(ソフトウェア)についてです。 www.youtube.com ソーシャル・ディスタンシングについての この動画(↑)を作っている時の ソフトのウィンドウ画面と一緒に 紹介してまいります。 ベースは ❝Impress❞ で作成 動画の文字や画像表示に使っているのは フリーソフト ❝LibreOffice❞ に 含まれているソフトの1つ、 ❝Impress❞ です。 ja.libreoffice.org この ❝Impress❞ は、 Microsoft社の ❝Pow…

  • ドーパミンマネジメントのススメ

    ​_​_ DRD4遺伝子が長く、 ドーパミン感受性が低いと 依存症のリスクを負っているそうです。 しかし、 「あなたは依存症のリスクを負っていますよ。」 と言われても「まさか!」と思うでしょうし、 受け入れられたとしても 「それじゃあ、どうすればいいの?」 でしょう。 そこで、提案したいのが 「ドーパミンマネジメント」です。 ドーパミン感受性の低いHSSは、 手短な方法に頼ることなく、かつ、 意識してドーパミンを分泌させる必要があるからです。 それでは、 ドーパミンの分泌を増やす生活習慣を紹介してまいります。 ① 創作的な趣味を持つ 「ものづくり」なら何でも良いです! 大切なのは「上手く作…

  • HSS型HSPは「依存症」にご用心

    ​_ 前回の記事で「ドーパミンの感受性」に影響する DRD4遺伝子についてお届けしました。 この「DRD4遺伝子が長い人」というのが、 HSS(High Sensation Seeking)ではないかと思われます。 《DRD4遺伝子が長い人の特徴》 新たな経験を得ることに情熱を傾ける あらゆる斬新なものを好む 同じことの繰り返しや日常業務、退屈な人には我慢できない 衝動的で気まぐれ 依存症におちいる可能性が高い 人生の早期に燃え尽きる恐れあり 早口で人を説得するタイプ 報酬を得るためなら進んでリスクを負う (マーティ・O・レイニー著「内向型を強みにする」より) さて、今回はこの特徴のうち5番…

  • 新奇性追求遺伝子(DRD4遺伝子)

    ​_ 前回の記事で、 HSS(High Sensation Seeking)についてふれました。 HSSとは、興奮を覚えるために好奇心が旺盛で、 刺激を求める「行動活性システム」が 強い人たちのことです。 hspjk.life.coocan.jp ところで、 「内向型を強みにする」(マーティ・O・レイニー著)の中に 「新奇性追求遺伝子」《D4DR(Dopamine Receptor D4)遺伝子》 についての記述があるのですが、 これがHSSの「行動活性システム」の原因となっている遺伝子では? と、感じるのです。 それなので、 今回はこの新奇性追求遺伝子(DRD4遺伝子※)について紹介してま…

  • プライバシーポリシー

    当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

  • 刺激追及型(HSS型)HSP

    ​_​_ HSPの中には HSS(High Sensation Seeking) と呼ばれる、繊細で慎重なのにも関わらず 「刺激」を追い求めてしまう人が 3割程度いるそうです。(HSS型HSP) かくいう私も、 エレイン・アーロン博士のHSSテストで 13項目当てはまるHSS型HSPです。 hspjk.life.coocan.jp 現状確認システム と 行動活性システム HSPは現状を見つめ、 次にどんな行動をとるかを決める前に 過去の似ている状況に照らし合わせて 確認するという「現状確認システム」が 強い傾向があります。 ところが、HSPの一部の人には、 「行動活性システム」というものも…

  • HSPと芸能・芸術

    ​_ HSPの4つの特性DOESは、 芸能・芸術分野に役立ちます。 Depth of Processing:処理の深さ Over Stimulation:刺激過多になりやすい Emotional Responsiveness & Empathy:感情反応の強さと高い共感性 Sensitive to Subtleties:微妙なことへの敏感さ それなので、芸能人はHSPが 多いと思います。 実際、TVを観ていると 「この人、HSPだろうなぁ‥」 と感じる方は結構いらっしゃいます。 以前、お笑い芸人さんのどなたかで 人間観察をするのが好きで、 その中からネタを作ったりする時がある、と 話している…

  • こんな感じで作ってます① (お絵描き編)

    ​_ 今回はHSPネタではなく、 このブログや動画を作っている 環境について紹介させて頂きます。 第1回目は、ブログなどの挿絵に している「お絵描き」の環境や 込めている思いについて、です。 ペンタブレットを使ってのお絵描き さて、ブログ・Youtube動画をスタートさせた当初は、 かなり昔にビッ○カメラで投げ売りされていたので なんとなくゲットしたペンタブレットを 使っていました。 (▲宝の持ち腐れ?なペンタブレット) しかし、ペンタブ購入直後もそうでしたが、 上手く使いこなせないのです‥。 絵をスキャンする方法に変更 そこで、昨年12月に方針変更。 画用紙にサインペンなどで描いて、 それ…

  • マスクとHSP/HSC

    ​_ 新型コロナウイルスの 世界的流行で マスクが入手困難になっています。 そのマスク、 子供の頃は苦手ではありませんでしたか? (もしかしたら、大人になっても) 親御さんは感染予防のために マスクをつけて欲しいと思っても、 子供はマスクを嫌がりますよね。 ひといちばい敏感な HSC(Highly Sensitive Child)は、 それが顕著かと思います。 私も子供の頃、マスクは大の苦手でした。 その理由を思い返してみたのですが、 ① 息苦しくて嫌 ② 顔に圧迫感があって嫌 ③ 顔に当たる、マスクの感触が嫌 ④ ゴムで耳が痛くなって嫌 こんな理由でした。 アラフォーになった今は 子供の頃…

  • 魔法の言葉と、気軽にお願い出来る世の中へ

    ​_ HSP(Highly Sensitive Person)は、 刺激過多になりやすく、 容易に圧倒されます。 HSPがそのような場面に 遭遇した時に使うと 万能で、とても便利な魔法の言葉(?)が 英語でありました。 それは、 "Please , tone down." です。 とは言っても、 私たちは日本語が母国語です。 日常生活では使えません。 ただ、"Please , tone down."は どのような場面で使うのか? それを今回は見て行きながら、 「HSPあるある」を共有できれば‥と 思います。 Polar Bear "Whity's" English Lesson. ① Ple…

  • 新型コロナウイルスで心配なあなたへ

    新型コロナウイルスの世界的流行で 皆様、色々と不安な日々を 送られているかと思います。 この不安な気持ち、 子供‥特にHSC(Highly Sensitive Child)や 発達障害をお持ちのお子さんは特に強く、 大人が思っている以上の ストレスを抱えているかもしれません。 我慢をしてしまうタイプのお子さんに、 不安な気持ちなどを 抱え込まないように呼びかける 動画を作ってみました。 youtu.be もしも、どこかで使えそうな場面があれば 二次使用フリーなので、 改変だけはせずに使用してください。 にほんブログ村 (↑モチベーションが上がるので、この記事が「いいな」と思ったらぜひクリックお…

  • 「重い」は罪ですか?

    今回は、タイトルからして 「重てぇよ!」 と、ツッコミたくなるかもしれませんね。 (わざとだよ?) HSPの中には 自分が「重たい人間」と思いこんで 悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 今回は、 それはどうして起きるのか? について、考えていきたいと思います。 さて、HSPはどうしても物事を「先回り」して あれこれ色々と考えてしまいます。 それは「取り越し苦労」になることが多いのですが、 それが分かっていても考えてしまいます。 それは、 「自分の言動が他人にどんな影響を与えるか?」 を、気にしていることが理由の1つだと思います。 HSPは自分自身が敏感で 「他人からの影響」をかなり受け…

  • 良い時も 悪い時も

    ​_ 私、シロクマ なんらかの「生きづらさ」を 抱えるHSPの方々に向けて 動画やブログを作っていますが、 その生きづらさの原因は 「自尊心の低さ」ではありませんか? 何故かというと、私自身がそうなのです。 自尊心とは 「自尊心」とは、 他人と比較することなく、 ありのままの自分を否定せず 自分自身で尊重することです。 (「自己肯定感」も近い意味で用いられていますが、 この言葉、少し定義が曖昧な部分があるようなので、 今回、私は「自尊心」を使わせていただきます) どんな時でも「自分を許す」 さて、「決めつけない、とらわれない」の時に 少しだけお話させていただきましたが、 どんな失敗をした時で…

  • 私が子供の頃に怖かったもの ~ HSCが怖いもの ~

    HSPは「良くないこと」に対しても敏感です。 そのため、 非HSPが「怖い」と感じないような事に対しても 敏感に反応します。 それは特に、「子供の頃」に顕著に現れます。 どうしても残ってしまうものもありますが、 それらは年を重ねるにしたがって 自然と慣れていったり、 また正しい知識を身に着けることで減っていきます。 今回は、私が子供だった頃、 つまりHSC(Highly Sensitive Child)だった時、 怖かったものを紹介して参ります。 他人からすると 「ええっ?そんなものが怖かったの?」と感じるような、 意外なもの3つです。 TVの「しばらくお待ちください」の画面 このTVの「しば…

  • HSPとものづくり

    最近、なんだかモヤモヤするなぁ‥。 そんな時には、ものづくり・創作活動をオススメします。 ちょっと疲れ気味で外出したくないときに ものづくりに打ち込むと、とても良いですよ。 打ち込んでいるうちに、 モヤモヤから解放されることもあります。 また、繊細で感受性の強いHSPは ものづくりにとても向いていて、 素敵な物が生まれる可能性が大いにあります。 それでは、 私が思いつくものを少し挙げてみます。 水彩画・粘土細工・彫刻・ステンドグラスアート・モザイクアート・塗り絵・書道・裁縫・編み物・刺繍・羊毛フェルト・ぬいぐるみ作り・レジンアクセサリー・料理・お菓子作り・ポエム・小説・プラモデル・消しゴムハン…

  • バイブル

    「生きづらさ」を抱えているHSPの方に オススメの本を2冊、紹介いたします。 今回、ご紹介する2冊は両方とも HSP研究の第一人者、エレイン・N・アーロン博士の 著書です。 残念ながら、2冊とも 発行から20年近く経ってしまっていて 絶版になっているのですが、 (2019年10月現在) 情報が古すぎるということはないので 何らかの「生きづらさ」を感じているHSPの方に 1度は手に取って頂きたい本です。 ぜひ、図書館で借りてみてください! ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 「HSPとは何か?」から始まって 「HSPである自分」との付き合い方を 健康・社会生活・仕事・恋愛・友情‥…

  • 決めつけない、とらわれない

    ​_ HSPが必ずもつ4つの特徴"DOES"。 Depth of Processing:処理の深さ Over Stimulation:刺激過多になりやすい Emotional Responsiveness & Empathy:感情反応の強さと高い共感性 Sensitive to Subtleties:微妙なことへの敏感さ これら4つ全てを持っている人が「HSPである」ということなんですが、「自分があてはまるのか、いまいちよく分からないな‥。」 そんな方は、HSP研究の第一人者エレイン・アーロン博士が作った、セルフテストがありますので、判断の参考になさって下さい。 【リンク】エレイン・アーロン…

  • 受け入れて、自分のトリセツを作ろう!

    HSPが必ずもつ4つの特徴❝DOES❞と「エンパス」ついて 1つずつ説明してまいりました。 Depth of Processing:処理の深さ Over Stimulation:刺激過多になりやすい Emotional Responsiveness & Empathy:感情反応の強さと高い共感性 Sensitive to Subtleties:微妙なことへの敏感さ それぞれの項目の具体例を挙げるために、 自分のことを色々と思い返したのですが、 複数の項目にまたがっているようなエピソードが多く、 1つの特徴 単独のエピソードは、 意外と難しいものでした。 実際、「刺激過多」と「敏感さ」の 2つに…

  • empathy と エンパス・HSPについて

    高い共感性を持っている人を、 スピリチュアルの世界では 「エンパス」と呼んでいるそうです。 さて、今回の記事では 「共感(empathy)」とは何なのか? 「エンパス」とは、具体的にどんな人たちなのか? 「HSP」と「エンパス」は、どう違うのか? 以上、3点について紹介して参ります。 sympathy と empathy の違い 日本語で 「共感」と言った時には、 英語で言うところの ・sympathy (シンパシー)・empathy (エンパシー) この2つの意味を含んでしまっています。 まずは、この2つの違いについて説明してまいります。 Sympathy Sympathyとは「同情」です。…

  • HSPがもつ特徴の1つ「感情反応の強さと高い共感性」

    HSPが必ずもっている4つの特徴の1つに 「感情反応の強さと高い共感性 (Emotional Responsiveness & Empathy)」 が あります。 感情反応の強さ(Emotional Responsiveness) まず、「感情反応の強さ」ですが、 これは「喜・怒・哀・楽」がハッキリしている と、言い換えて良いのかな?と 私は思います。 嬉しい時には 心の底から思い切り喜び、 悲しい時には 大号泣してしまう。 そんな感じです。 それでは、 具体例を挙げて見てみましょう。 (↑animation GIF) 失恋したヒロインに共感して 泣いていた その5分後には、次に始まった お笑…

  • HSPがもつ特徴の1つ「刺激過多になりやすい」

    ​_ HSPが必ずもっている4つの特徴の1つに 「刺激過多になりやすい(Over Stimulation)」 が あります。 「刺激過多」とはどういうことか? "Stimulation" とは、日本語で 「刺激」や「興奮」という意味だそうです。 それらが"Over(過多)"になりやすい、ということは 「神経がたかぶりやすい」ということでしょう。 さて、それでは HSPの「神経がたかぶりやすい」 とは、一体どういったことか? 具体例を挙げて見ていきしょう。 【例1】 映画や小説などに「我を忘れて」引き込まれやすい。 【例2】 遠足や旅行など イベントの前日・当日の夜に寝付けない。 前日・当日両…

  • HSPがもつ特徴の1つ「処理の深さ」

    HSPが必ずもっている4つの特徴の1つに 「処理の深さ(Depth of Processing)」 が あります。 この特徴は、簡単に例えてしまうと‥ 「The 考える人」です。 日常のあらゆる場面で 「考える人」のように ふかぁーーーく考え、 思いを巡らせるのがHSPです。 まるで将棋の対局中かのように、 本当にあれこれ、先の先まで考えます。 「ああ来たら、こうする。こうなったら、こうする‥。」 何か新しい物事を始める前には、 慎重に あれこれ対策を考えたり、 情報収集をします。 「石橋を叩いて渡る」 という ことわざを 地で行くのがHSPです。 しかし、起きる可能性が低いことにまで 考えが…

  • HSPがもつ特徴の1つ「微妙なことへの敏感さ」

    HSPが必ずもっている4つの特徴の1つに 「微妙なことへの敏感さ(Sensitive to Subtleties)」 が あります。 HSPを表す、代表的な単語「敏感」 「ささいなことに 敏感に気付く」「ちょっとした刺激にも 敏感に反応する」 という、HSPの特徴です。 【例1】 散髪した人に気付く (注)これは、Tモリさんの「話術」「ネタ」であり、 Tモリさんが HSPであるということではありません。 【例2】 チェーン展開している飲食店の料理の、店舗ごと 日ごとの 微妙な差に気付く。 【例3】 カフェインが 効果てきめん。 ~ AM 2:00 ~ 【例4】 アナログ時計のカチコチ音が気にな…

  • HSPが必ず全てをもっている 4つの特徴❝DOSE❞

    「HSPって何ですか?」 と聞かれたら、 「脳の感覚を処理する感受性が高い人」 「人間の約5人に1人はHSPで、 少数派ではあるけれど 特別珍しい人でもない」 「HSPは、病気でも 障害でもない」 と、私はまず答えます。 HSPの高い感受性とは? それでは、脳の感覚を処理する感受性が高い、 とは どういうことでしょうか。 これは、HSPが必ず全て持っているという 以下の4つの特徴に表されます。 Depth of Processing:処理の深さ Over Stimulation:刺激過多になりやすい Emotional Responsiveness & Empathy:感情反応の強さと高い共感…

カテゴリー一覧
商用